矢部ユウナとMIOCHINがナビゲート!この夏巡りたい原宿のフォトジェニックスポット

03.August.2018 | FEATURES / SPOT

独自の世界観を持つファッショニスタの矢部ユウナ&MIOCHINが送る別の特別企画!第一弾の古着企画に続いて、今回は第二弾!「この夏巡りたい!原宿のフォトジェニックスポット」と題して、二人のフォロワーの皆さんから募集した原宿のオススメインスタ映えスポットを実際に巡ります。更に二人の写真編集術も公開。人と差がつく写真で一目置かれる存在になっちゃいましょう!

 

感度高めの皆さんから教わる、原宿のインスタ映えスポット


毎日のように原宿に通っている矢部ユウナとMIOCHIN。しかし、毎日いるからこそ気づかないスポットや、まだまだ知らないスポットもあるかもしれない…と、フォロワーさんからオススメスポットを教えてもらうことに!


ユウナ「@killer_princess2さんからです。ここ、すごくない?!全部真っ黒だよ!コーデもモノトーンで合わせるとめちゃくちゃカッコいい写真が撮れそう!個人的にここには絶対行って見たいなぁ」

ユウナ「@misa.s.worldさんからです。お店のディスプレイかなぁ?すごくカッコいい場所!原宿には毎日のようにいるけど、まだまだ知らないスポットがあるんだなぁって思ったよ」

 

MIOCHIN「@kanon_thxさんからです。ここはMOSHI MOSHI NIPPONプロジェクトが運営する『MOSHI MOSHI BOX 原宿観光案内所』の世界時計モニュメント!原宿の有名なフォトスポットになっているよね。場所もわかりやすいし、カラフルでオススメ!」

 

MIOCHIN「@twintail.g__さんからです。カラフルなグラフィックが可愛い!友達とコーデを合わせて行くと、よりインスタ映えする写真が撮れそう♪」

インスタ映えスポットを送ってくれた皆さん、ありがとうございました♪今から早速写真を撮りに、二人で原宿さんぽにLet’s GO!!!

 

実際に二人で行ってみました!


まず訪れたのは、ファミリーマート渋谷キャットストリート店から少し歩いたところにある”Now Is Forever”と描かれたグラフィック。原宿を訪れた人に最も撮影されているインスタ映えスポットと言っても過言ではないはず。駅からは少し歩くけれど、カラフルなのでとても見つけやすく、簡単にインスタ映えする写真が撮れちゃいます。

 


”Now Is Forever”を背に竹下通りの方へ向かい、キャットストリートを越えて一本目の道を左折すると…ついに発見!真っ黒に塗られたコンクリート壁です。ユウナ「ここはフォロワーさんが送ってくれた写真を見て、絶対行きたかった場所!シンプルだけどなかなかない壁でオススメ!」

★POINT
黒い被写体を撮る場合、露出補正をマイナスにして撮影すると、黒が締まってきれいに写ります。使用しているアプリによって操作方法は変わりますが、太陽のアイコンで設定するアプリが多いです。

 


キャットストリートはグラフィティの宝庫。ただ歩いているだけでおしゃれなフォトスポットに出会うことができます。

 

★POINT
原宿の通りは狭かったり障害物があることが多いですが、逆にそれを活かせれば、他の人とちょっと差がつく写真が撮れちゃいます!今回は花壇のお花を前ボケに入れて華やかな一枚に。

ユウナ「アプリ・VSCOのC1フィルターをかけたよ。私は普段はあまり派手な加工はしない派だけど、VSCOのフィルターは自然でおしゃれに見えるからオススメ!」

 


キャットストリートにある複合商業施設「MICO神宮前」(渋谷区神宮前4-25-12)のレンガの壁もオススメスポット。全身コーデやシンプルな写真が撮りやすいです。

 

★POINT
撮影するときに余白を上手く利用しましょう。空いているところに後からスタンプなどを押すと、自分の世界観を出しやすくなります!

MIOCHIN「アプリ・LINEカメラを使ってスタンプを押したよ。シンプルな背景だからこそ、カラフルなスタンプが目立って可愛い!」

 


「MICO 神宮前」の階段を登ると、いきなり爽やかな小径が出現。原宿の喧騒から離れて、癒しのひと時を過ごすことができます。

 


キャットストリートから明治通りの表参道交差点近く、ラフォーレ原宿の脇を入る小路を歩いて行くと、通りが一気にヨーロッパ風の雰囲気に!

 


ここはモーツアルト通り、フォンテーヌ通りと呼ばれる通路になっています。美容室の入るビルの前で発見したのは…なんと噴水。原宿のど真ん中なのに異国情緒まで感じさせる存在感でした。

 

いかがでしたか?
今回は原宿のフォトジェニックスポットをお散歩してみましたが、まだまだご紹介しきれないほどのスポットが存在しています。お店やディスプレイ、グラフィックが日々変わっていくのも原宿の魅力の一つ。いつ来ても飽きずに楽しめる原宿の街を、夏休みに目一杯楽しんでみるのはいかがでしょうか。

 

今回の企画が動画でも楽しめちゃうYoutubeチャンネルもぜひチェックしてみて!

TALENT PROFILE

MIOCHIN

11歳からダンスを始める。16歳の頃に原宿系に目覚め、「今まで学んで身に付けてきた表現力・ダンス・ファッションを1つの作品にしたら、新しいものができるのではないか」と考え、強い思いを持つメンバーを集めてshow team「monaca」を創り上げる。また、個人としては自分が描くカラフルポップな世界観を「ミオノセカイ」と名付け、色々なイベント出演、イラストレーター、クリエイターとしても活動中。 Stager Liveアカウント @dtdq2828 Tik tokアカウント @dtdq2828 Mix channelアカウント @dtdq2828

矢部ユウナ

「Zipper」や「HR」を中心に活躍する類まれなるファッションセンスを持つ静岡が誇るファッショニスタ。 15歳の時「Zipper×ASOBISYSTEM専属モデルオーディション」でグランプリを獲得。 ファッションだけでなくメイクや、自身での動画編集なども得意とし、同世代への影響力も高い。最近ではMVへの出演なども務めるなど活躍の幅を広げており、今後さらなる活躍が期待される。

RECOMMENDED ENTRIES

  • 矢部ユウナとMIOCHINがナビゲート!この夏オススメの原宿 古着屋6選

    独自の世界観を持つファッショニスタの矢部ユウナ&MIOCHINが、「この夏オススメの原宿 古着屋6選」と題して、二人が個人的にもお気に入りだという個性的な古着屋を巡ります。

     

    リーズナブルで品揃えも豊富「3びきの子ねこ」

    本日最初にオススメするのは、原宿ALTA(アルタ)の2階にある「3びきの子ねこ」。ALTAは竹下通り沿いにあるのでアクセス抜群!迷う心配なく訪れることができます。

    3びきの子ねこの古着はとにかくリーズナブル!小・中学生から海外のお客さんまで、幅広い方が手に取りやすい値段設定になっています。珍しい柄物・キャラクターグッズ・アクセサリーも含めて品揃えも豊富なので、お気に入りの一点が必ず見つかるはず。

    早速ユウナ&MIOCHINもお買い物。まだ1軒目なのに財布の紐、ゆるみがちです…!

     

    ■Information
    3びきの子ねこ

    住所:東京都渋谷区神宮前1-16-4 原宿ALTA 2階

    営業時間:10:30〜20:00

    TEL:0570-07-5500

    URL:http://www.xn--3-k8tsa7he2a7297e.com/

     

     

    39年続く老舗古着屋「PANAMA BOY」

    次に訪れたのはレンガ壁の外観が特徴の「PANAMA BOY(パナマボーイ)」。なんと1979年から今と同じ場所でずっと営業しているという老舗の古着屋です。原宿店以外にも、札幌に2店舗・名古屋店・京都店・仙台店を展開しています。

    「古着ってちょっとハードルが高いかも…」という初心者でも大丈夫。品揃えが豊富なので、普段着に取り入れやすいカジュアルなデザインの古着もたくさん取り揃えられています!

    店舗の2階にはヴィンテージアイテムも。ヘッドドレスやレースグローブは、特別な日の衣装にオススメです。

     

    ショップオリジナルのリメイク古着も見逃せません。他のお店では見られないオリジナリティ溢れるアイテムもぜひチェックしてみて!

     

    ■Information
    PANAMA BOY原宿

    住所:東京都渋谷区神宮前1-16-6

    営業時間:10:30〜20:30

    TEL:03-3402-2425

    URL:http://www.panamaboy.co.jp

     

     

    ユニーク&リーズナブル!「KILO SHOP」

    フランス・パリに本店を置く古着屋「KILO SHOP(キロショップ)」。ビンテージの量り売りというユニークな手法が最大の特徴です。ヨーロッパの古着を中心とした品揃えで、週に何度か入荷があり、店内に所狭しと並ぶ商品数は圧巻。

    早速MIOCHINも重さを量ってみることに!古着に付いているタグの色と同じボタンを押して、計量開始。そのお値段は…

    なんと558円!あまりの安さに興奮が止まらないMIOCHIN。あなた次第でかなりお得な商品を見つけることも可能なはず。

    「KILO SHOP」の古着はどれもお店に足を運ばないと買えないものばかり。洋服を直接手に取る醍醐味を感じられるはずです。”宝探し”をする感覚でヴィンテージの一点ものを探してみてください。

     

    ■Information

    KILO SHOP ラフォーレ原宿店

    住所:東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿B1

    営業時間:11:00〜21:00

    TEL:03-6447-0083

    URL:http://kilo-shop.jp

     

    圧倒的な商品数が嬉しい「KINJI」

    続いて訪れたのは「KINJI(キンジ)」。明治通り沿い、ラフォーレ原宿の対面という好立地にあります。ビルのB1Fにあり、フロアを全て見るのに一体どれくらい時間がかかるんだろう…!?と思うほど広いんです。商品量とジャンルの多さは原宿一と言っても間違いなし。もちろん日々の入荷量もたくさんで、毎日訪れても飽きません。

     

    特に人気なのは80年代レトロコーナーとフェアリーコーナーだそう。どこから見ればいいか迷う人はまずはここから攻めてみてもいいかもしれません。

    二人も気になる古着を早速発見しました!もちろんそのまま購入〜♪

    ところで、「KINJI」という店名の由来を知っていますか?実は今の社長のお爺様の名前からいただいたものなんだそう。お店の歴史について知ると、より一層お店が愛しく思えてきますね!

     

    ■Information
    KINJI 原宿店

    住所:東京都渋谷区神宮前4-31-10 YMスクエア原宿B1F

    営業時間:11:00〜20:00

    TEL:03-6406-0505

    URL:http://www.kinji.jp

     

     

    10点以上の購入で半額に!「thrift-tokyo」

    続いて訪れたのは「thrift-tokyo(スリフトトーキョー)」。キャットストリートの裏手にあり、メンズもレディースも幅広い商品を取り揃えています。お店の外のラックにも並ぶカラフルな商品たち。店内に入る前からワクワクします。

    「thrift-tokyo」の驚くべきはその安さにあります。その安さに別の古着屋が仕入れに来ることもあるんだとか。でも更に驚きなのは…なんと、10点以上の購入で半額になること!(2人までなら同時購入OK /1,900円以上の商品のみ)

    ここでも二人は真剣にお買い物…。元々がリーズナブルな商品ばかりなのに、たくさん買うともっとお得になっちゃいます。友達と一緒に訪れてみては?

     

    ■Informationthrift-tokyo

    住所:東京都渋谷区神宮前3-18-18

    営業時間:12:00~20:00

    TEL:03-3479-7029

    URL:https://thrift-tokyo.stores.jp/

     

     

    レトロガーリーな個性派「G2?」

    本日最後にオススメするのは、レトロガーリーな雰囲気が魅力の「G2?(ジーツークエスチョン)」。アメリカやヨーロッパの50年代~70年代のヴィンテージ商品を中心にラインアップされており、ただ可愛いだけじゃなくどこかピリリとスパイスが効いたな個性的なアイテムが魅力です。

    おしゃれな女の子の部屋に迷い込んだような店内ディスプレイは、見ているだけでも楽しくなります。ヴィンテージのおもちゃのコーナーは外国の方にも人気なんだそう。

    オススメは本物のレコード盤を使用したリアルなデザインのバッグ。他にないデザインなのでファッションに取り入れれば人とちょっと差が付くかも。

     

    ■InformationG2?

    住所:東京都渋谷区神宮前3-22-7 神宮前ビル2階

    営業時間:平日 12:00〜20:00/土日祝 11:00〜20:00

    TEL:03-5786-4188

    URL:http://www.g2q.jp

     

    いかがでしたか?今年の夏休みは原宿を訪れて、あなたのお気に入りの古着屋を探してみてはいかがでしょう。今回の企画が動画でも楽しめちゃうYoutubeチャンネルもぜひチェックしてみて!

    TALENT PROFILE

    矢部ユウナ

    「Zipper」や「HR」を中心に活躍する類まれなるファッションセンスを持つ静岡が誇るファッショニスタ。 15歳の時「Zipper×ASOBISYSTEM専属モデルオーディション」でグランプリを獲得。 ファッションだけでなくメイクや、自身での動画編集なども得意とし、同世代への影響力も高い。最近ではMVへの出演なども務めるなど活躍の幅を広げており、今後さらなる活躍が期待される。

  • 東京観光でカワイイ写真を撮るならここ。原宿のフォトスポット7選

    23.December.2016 | SPOT

    東京の中でもファッション・トレンドの発信地として各国からオシャレな人が集まる街・原宿。

    原宿駅の近くには有名な観光スポットである明治神宮もあり、観光もショッピングも楽しめる、旅行にはもってこいの場所となっている。

    トレンドの発信地とあって、街の中には様々なKawaiiフォトスポットが。原宿に遊びに行ったらこの6箇所はぜひ周って写真をとってほしい。

     

    1 竹下通りの入り口

    img_5602

    原宿駅の竹下口改札を出て信号を渡ると、竹下通りの入口に到着する。入口を見上げると、LEDとかわいいバルーンアートが施された「TAKESHITA STREET」の看板が見えるだろう。このバルーンアートは時期によって取り替えられる他、LEDには歩行者の様子が映し出されることもある!竹下通りに遊びにきた記念としてぜひ写真に収めておきたい。

    360mほど続く竹下通りには10代向けに安い価格のアパレル商品が多数販売されている。

    その他にもプリクラの取れるお店や、カラフルなわたあめ屋さん、ALTA、CUTECUBEなどの商業施設も並んでおり、ストリートの様々な場所に原宿の”ポップ”な要素が詰まっている。

     

     

    2 CUTECUBE

    img_5603 img_5604

    竹下通りの入り口から約5分歩くと、CUTECUBEという商業施設にたどり着く。施設には日本の若者に人気の「SPINNS」やキャラクターとのコラボカフェなどが入っており多くの人で賑わっている。CUTECUBE施設の中央に設置されているのが、増田セバスチャン氏のモニュメント。

    カラフルなブロックや球体が積み重ねられたオブジェはカラフルでユニーク!また建物3Fにはタコにカラフルなブロックが付いたオブジェも設置されている。

     

     

    3 MOSHI MOSHI BOX 原宿観光案内所

    img_5605

    竹下通りを抜けて大通り(明治通り)を渡ると、鮮やかなブルーの建物が見えてくる。こちらは観光案内所機能を併設したMOSHI MOSHI BOX。

    観光案内機能のほか、外貨両替やフリーカラオケ、日本のお土産ショップなどが集まった、各国からの観光客で賑わうお店だ。MOSHI MOSHI BOX自体も鮮やかなブルーで写真に撮りたくなるポップな施設となっているが、正面部分には増田セバスチャン氏の作品「Colorful Rebellion -WORLD TIME CLOCK-」が展示されている。

    カラフルなおもちゃ、リボンなどが敷き詰められた世界時計は、日本が世界に発信するKawaii文化そのものである。

     

     

    4 もしもし着物サロン

    515ca5_6aabff96f7004e5c947b59eab2f54bdd-mv2_d_5520_3680_s_4_2-jpg_srz_426_316_85_22_0-50_1-20_0

    %e3%82%82%e3%81%97%e3%82%82%e3%81%97%e7%9d%80%e7%89%a9%e3%82%b5%e3%83%ad%e3%83%b3%ef%bc%882f%ef%bc%89

     

    MOSHI MOSHI BOXの2Fにある「もしもし着物サロン」。こちらのショップでは着物の着付け体験ができるだけでなく、着物を着たままお出かけすることも可能となっている。

    伝統的な日本の着物のほか、原宿ならではのレースやフリルが着いた着物など、ここでしか着用できない着物も。

    日本のKawaii文化に興味のある方は、ぜひこのもしもし着物サロンで自分好みの着物コーディネートを見つけてみてほしい。

     

     

    5 KWAII MONSTER CAFE

    52325124

    MOSHI MOSHI BOXを背にまっすぐ歩いていくと「YMスクエア」というビルが出てくる。そのビルの4Fにあるのが話題のカフェ、KAWAII MONSTER CAFE。

    エレベーターが開くと、すでにそこはテーマパーク!可愛くてオシャレなコスチュームを着た店員さんがお出迎えしてくれて、店内に入るとランプやテーブルなどの家具1つ1つがかわいく装飾されている。お店の中央にはメリーゴーランドがあり、モニュメントを背にした写真撮影も可能。絵本の世界に迷い込んだような気分になれるカフェだ。

    毎月季節にちなんだフォトジェニックなフードもあるのでお見逃しなく。

     

     

    6 原宿

    KAWAII MONSTER CAFEから、道路を反対側に渡ると出てくるのが「原宿」モニュメント。アパレルショップGALLERIE(ギャレリー)の店先に飾られているこのモニュメントは

    漢字がどん!と並んでおり、日本の原宿に遊びに来ました、というアピールにぴったり。

    店内には国内外のお店からセレクトされた洋服が並んでおり、日本のオシャレな若者に人気のショップとなっている。

     

    7 表参道のイルミネーション(冬季限定)

    img_5606

    ギャレリーを背にまっすぐ歩くと出てくるけやき並木。毎年冬の時期になるとキレイなイルミネーションが街を彩る。

    約50万球のLEDが彩る並木通りは日本国内でも有名なイルミネーションスポット。

    2016年は12月1日(木)〜12月25日まで、日没から22:00まで点灯されている。(低木は2017年1月4日(水)まで点灯)

     

     

     

    原宿は若い人の街というイメージがあるけれど、おじいちゃんおばあちゃん世代も楽しむ場所がある観光スポット!

    家族旅行やデート、友達とのショピングなど、どんなシーンにもぴったりな原宿にぜひ足を運んでみて。

     

     

    関連記事:オシャスタグラマーになろう! 原宿のおしゃれな壁まとめ

     

    関連記事:【東京さんぽ】人気のグラフィティやアートな雑貨屋など個性あふれるスポットがたくさん!原宿を半日散歩

  • 原宿のスライム専門店!「SLIME NYANDA by日本スライムランド」に行ってみた

    27.July.2018 | SPOT

    みなさんこんにちは。もしもしボックスのミドリ・ブラックモアです。

    最近原宿でじわじわと流行ってきている韓国スライムの専門店がついに原宿にできたということで見に行ってきました!

    お店の名前は「SLIME NYANDA by日本スライムランド(スライム ニャンダ バイ 日本スライムランド)」。

    場所はプリンセスワンスプーンのとなりの建物の3階になります。ちょうどロールアイスクリームファクトリーと日本スクイーズセンターの間くらいの場所です。

     

    建物一階の看板を目印に登っていくと

    かわいいピンクの空間が!

    中はこんな感じであたり一面にスライムが並んでいます。

    色もカラフルでかわいい!

    値段はだいたい600円前後です。

    ナタデココスライムを作るキットも売られていました。

    その中でも私は水色のナタデココスライムを買ってみました。

    触ってみるとプルプルでクセになります〜!

    これはスクイーズを越すブームになるかも…?

    お店の営業時間などはツイッターを確認してみてくださいね

     

    ■InformationSLIME NYANDAby日本スライムランド

    住所:渋谷区神宮前4-27-3ビレッジ301

    アクセス:原宿竹下通り徒歩 1分

    https://twitter.com/japanslimeland

    WRITER PROFILE

    Midori Blackmore

    とにかく明るいメンヘラです。文章を書きます。可愛いものはなんでも好きだけど美味しいものはもっと好き!原宿観光案内所もしもしボックス元スタッフでミスiD2018セミファイナリスト。

  • 着物で原宿を楽しむ!着物が映える裏原宿のフォトスポット7選

    10.March.2018 | FASHION / FEATURES / SPOT

    みなさんこんにちは。MOSHI MOSHI BOX 原宿観光案内所館長の塩田です。
    原宿にはたくさんのフォトスポットがあり、TVやSNSでも話題になっていますよね。

    今回はMOSHI MOSHI BOX 併設の「もしもし着物サロン」スタッフのまほさんと裏原宿のフォトスポットを紹介します。いつもの場所も着物だと違って見えるのでおすすめです♪
    DSC_0004
    今回の着物は、これからの季節にもぴったりな黄緑色。帯も同色系で合わせることによって、派手すぎず町歩きにぴったりのコーディネートです。
    もしもし着物サロン名物のかわいい障子の前でパシャり!

    DSC_0014
    ビームス 原宿
    BEAMS原宿店傍の道を入るとある大きな壁画。ZIO ZIEGLERというアーティストが5時間かけて描いたものです。白黒の壁なので、色物が映えますね!
    ◼︎Information

    ビームス 原宿
    住所:東京都渋谷区神宮前3-24-7
    営業時間:11:00〜20:00
    アクセス:東京メトロ千代田線 明治神宮前駅 5番出口から徒歩6分
         JR山手線 原宿駅 竹下口から徒歩7分
    TEL: 03-3470-3947



    DSC_0022
    DSC_0036
    デザインフェスタギャラリー原宿
    カフェが併殺されたギャラリー。ギャラリー内だけでなく、外観もアートです。
    入場料は無料なので、ぜひ中にも立ち寄ってみてください!

    ◼︎Information

    DESIGN FESTA GALLERY 
    住所:東京都渋谷区神宮前3-20-18
    営業時間:11:00〜20:00
    定休日:03-3479-1442
    アクセス:東京メトロ千代田線 明治神宮前駅 5番出口から徒歩6分
         JR山手線 原宿駅 竹下口から徒歩8分
    TEL:03-3479-1442
    URL:https://designfestagallery.com/
    DSC_0050
    DSC_0063
    NOW IS FOREVER
    明治通りのニューバランスとムラサキスポーツの間を直進すると突き当たりにあるこの壁。
    TVでもとりあげられ、既に定番のスポットとなっています。

    DSC_0108
    DSC_0113
    サントニブンノイチ
    明治通りのニューバランスとムラサキスポーツの間を直進し、Family Martを右折。1本目の通りを右に曲がると左手に見えるカラフルな建物です。原宿の人気古着屋さん「サントニブンノイチ」の他にフォトジェニックなアイスクリーム屋さん「Eddy’s Ice Cream」も入っています。
    ◼︎Information

    サントニブンノイチ
    住所:東京都渋谷区 神宮前4-26-28
    営業時間:平日 13:00~20:00  土日 12:00~20:00
    アクセス:東京メトロ千代田線 明治神宮前駅 5番出口から徒歩7分

         JR山手線 原宿駅 竹下口から徒歩10分

     

     

     

    DSC_0082
    プリンセスワンスプーン東京
    500種類のアクセサリーをはじめ、乙女心をくすぐる雑貨、スイーツなどを販売するお店。 
    外観も外国のような雰囲気です原宿にいるとは思えない写真が撮れますよ。

    ◼︎Information
    プリンセスワンスプーン東京
    住所:東京都渋谷区神宮前4-27-4神宮前4-27-4 神宮前Sビル
    営業時間:11:00〜20:00
    アクセス:東京メトロ千代田線 明治神宮前駅 5番出口から徒歩6分
         JR山手線 原宿駅 竹下口から徒歩10分
    TEL:03-6434-7017
    URL:http://www.p1s.jp/

     

     

     

    DSC_0125
    とんちゃん通り
    MOSHI MOSHI BOX裏の道「とんちゃん通り」には、おしゃれな広告がたくさん。
    自分でお気に入りの場所を見つけてくださいね!


     

     

    DSC_0133
    SOUVENIR SHOP 菓頬
    ここでちょっと休憩。こちらは、明治通りからとんちゃん通りに差し掛かる場所にあるお店で購入したいちごのパフェ(税込 ¥1,200)。パワーストーン屋さんの上でお土産にぴったりなお菓子などを販売しているお店です。
    大粒のいちごがたっぷり入っていて嬉しい!アイスはジェラートのような食感でさっぱりしているので、一人でもペロリと食べられます。
    ◼︎Information

    SOUVENIR SHOP 菓頬

    住所:東京都渋谷区神宮前3-22-11
    営業時間:11:00〜20:00
    アクセス:東京メトロ千代田線 明治神宮前駅 5番出口から徒歩5分
         JR山手線 原宿駅 竹下口から徒歩7分
    TEL:03-5772-9528
    DSC_0136
    DSC_0144
    MOSHI MOSHI BOX 原宿観光案内所
    もしもしボックスにはきゃりーぱみゅぱみゅのアートディレクターも務めた増田セバスチャンがデザインした時計があります。雑誌やTV、アーティストのPVにも使用されている原宿のランドマークです。
    時計下の銀色の土台部分が見えないように撮るとカワイイ世界観バッチリに撮れますよ♡
    ■Information

    MOSHI MOSHI BOX原宿観光案内所
    住所:東京都渋谷区神宮前3丁目23-5 1F
    営業時間:10:00~18:00
    アクセス:東京メトロ千代田線 明治神宮前駅 5番出口から徒歩5分

         JR山手線 原宿駅 竹下口から徒歩7分

    TEL:03-6447-2225


    いかがでしたか?定番のものから新しいスポットまで、裏原宿のフォトスポットを紹介しました。
    場所がわからくなってしまった際はMOSHI MOSHI BOXまでお問い合わせください!

     

    前回のフォトスポット記事はこちら:

    https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/34561

     

    785b5ea02c3af2deeeda21c33ebd22e8

    ◼︎Information
    もしもし着物サロン Produced by 夢乃屋-YUMENOYA-
    住所:東京都渋谷区神宮前3-23-5 MOSHI MOSHI BOX 原宿観光案内所 1F
    営業時間:10:00〜18:00
    定休日:不定休
    問い合わせ:yumenoya.harajuku@gmail.com
    URL:https://www.tokyo-samurai.com/blank

     

     

     

    ■MOSHI MOSHI BOX 原宿観光案内所

    o_01 copy

    竹下通り・明治通り・原宿通りの交差する場所に位置する、観光案内所。
    原宿を熟知したスタッフが最新情報からディープな情報まで提供している。

    サービス一覧
    ・フリーwi-fi      ・フリーウォーター
    ・フリーPC&チャージ ・荷物預かり
    ・お土産屋       ・外貨両替

    営業時間:10:00〜18:00
    定休日:年末年始
    TEL:03-2225-6447
    Twitter・Instagram:@mmb_harajuku

  • インスタ映え確実!東京・レインボースイーツ6選

    01.May.2018 | FEATURES / FOOD / SPOT

    いま世界中で大人気のレインボースイーツ。海外で話題になってたレインボースイーツですが、最近は日本でも色々なショップが展開されています。

    今回は、東京で食べることができるレインボースイーツを紹介。インパクト抜群の色鮮やかな見た目は、インスタ映え100点満点です!

     

     

    LE SHINER (原宿・竹下通り)

    インスタ映えグルメとしてTVにも度々登場するお店。ピンクの熊さんが目印です!外観も可愛い♡

    LE SHINER レインボーアイスクリーム

    こちらが名物のレインボーソフトクリーム。カラフルなレインボーカラーの生クリームがピンクのアイスクリームの周りを覆っています。

     

     

     

    その他、レインボーケーキスティックやレインボーサンドなどカラフルなメニューがたくさん!

     

    詳しくはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/93444

     

    ◼︎Information

    LE SHINER(レ・シヤナー)

    住所:東京都渋谷区神宮前1-7-10 COXY176ビル1階

    営業時間:平日11:00~18:00 / 土日祝日10:30~19:00

    アクセス:JR山手線 原宿駅竹下口 から徒歩3分

    東京メトロ千代田線 明治神宮前駅 5番出口から徒歩4分

    TEL:070-1361-8686

     

     

     

    Totti Candy Factory(原宿・竹下通り)

    Totti Candy Factory

    可愛いプチケーキやわたあめなどを提供する、原宿の有名店。TVで持たことがある人もいるのではないでしょうか。

    目玉商品は何と言っても大きくてカラフルなわたあめ!

    Totti Candy Factory

    プレゼントやお土産にはカップ入りのものがおすすめです。

     

    ◼︎Information

    Totti Candy Factory

    住所:東京都渋谷区神宮前1-16-5 RYUアパルトマン 2F

    営業時間:平日:11:00-20:00

    土日祝:10:00-20:00

    アクセス:JR山手線 原宿駅竹下口 から徒歩3分

    TEL:03-3403-7007

    URL: http://www.totticandy.com/

     

     

     

    KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU (原宿)

    世界中から注目を集める原宿の新名所・可愛いモンスターカフェ。

     

    KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU カラフルポイズンパフェ

    名物のカラフルポイズンパフェは、アイスクリームとフルーツ、ロールケーキまでたっぷり乗った、豪華なフォトジェニックパフェです。

     

    KAWAII MONSTAR CAFE

    その他、レインボーカラーのケーキやパスタも!

     

    詳しくはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/64096

     

    ◼︎Information

    KAWAII MONSTAR CAFE(カワイイモンスターカフェ)

    住所:渋谷区神宮前4丁目31‐10 YMスクエア 4F

    営業時間:月-土・祝前 ランチ11:30~16:30(L.O.16:00)

    ※90分制 最終入店15:30迄

    ディナー 18:00~22:30(L.O.22:00)

    日・祝 11:00~20:00(L.O.19:30)

    定休日:なし ※イベント開催時はご入店いただけない場合がございます。

    アクセス:地下鉄 明治神宮前駅 5番出口 徒歩1分/JR原宿駅 表参道口 徒歩5分

    TEL:03-5413-6142※ご予約も承っております(土日祝は除く)

    URL:http://kawaiimonster.jp/day/pc/

     

     

     

    日本でのレインボースイーツの火付け役ともいえるLOLA’S Cupcakes。カップケーキが有名ですが、レインボーケーキも人気なんです!

    7色の生地は甘さ控えめで、バタークリームが挟まれています。

     

    ◼︎Information

    LOLA’S Cupcakes

     

    原宿

    住所:東京都渋谷区神宮前1-10-37 カスケード原宿 2F

    営業時間:11:00~20:00

    アクセス:東京メトロ千代田線、副都心線 明治神宮前駅 3番出口から徒歩2分

    JR山手線 原宿駅 表参道口から徒歩2分

    TEL:03-6447-1127

     

    六本木

    住所:東京都港区六本木6-4-1 六本木ヒルズメトロハット B1

    営業時間:11:00 – 21:00

    アクセス:東京メトロ日比谷線 六本木駅スグ(コンコース直結)

    都営地下鉄大江戸線 六本木駅 徒歩約4分

    TEL:03-3475-1127

     

    URL:http://lolascupcakes.co.jp/Default.aspx

     

     

     

    Haruka Uminoさん(@umiharu428)がシェアした投稿

    インスタグラムでも話題の古民家カフェ。ケーキは手づくりのため、無くなり次第終了してしまう人気店です。

     

    ☺︎ n a g i ☺︎さん(@i_am___nagi)がシェアした投稿

    レインボーカラーのチーズケーキだけでなく”ユニコーン”や”チシャ猫”などかわいくてフォトジェニックなケーキがたくさん♡

     

    ◼︎Information

    住所:東京都目黒区鷹番3-3-7

    営業時間:月火金日 11:30~22:00

    木 11:30〜16.00

    土 11:30~23:00(L.O.22:00)

    定休日:水曜日

    アクセス:東横線学芸大学駅 徒歩2分

    TEL:050-5570-3475

    URL:http://aworks.m-cobo.com/menu.html

     

     

     

    NEW NEW YORK CLUB (麻布十番駅、自由が丘駅)

    @ab_fried.shrimpがシェアした投稿

    ニューヨークのカルチャーや空気感を知って欲しい、味わって欲しいという気持ちから誕生したお店。

    レインボーカラーのベーグルは看板メニュー。土日だけの販売なので気をつけて!

     

    ◼︎Information

    NEW NEW YORK CLUB (ニュー ニューヨククラブ)

     

    麻布十番

    住所:東京都港区麻布十番3-8-5

    営業時間:9:00〜18:00 売り切れ次第終了

    定休日:不定休

    アクセス:東京メトロ南北線 麻布十番駅A1出口より徒歩3分

    TEL:03-6873-1537

     

    自由が丘

    住所:東京都目黒区緑ヶ丘2-15-14 古川荘1F

    営業時間:11:30~20:00

    定休日:火曜日

    アクセス:自由が丘駅から徒歩5分

    TEL:03-6459-5669

     

    URL:http://newnewyorkclub.com/

     

     

    東京ならではのフォトジェニックなレインボースイーツを食べに行こう!

     

  • 原宿スイーツ “かわいい・フォトジェニック” な アイスクリーム7選

    27.September.2017 | FEATURES / FOOD

    原宿の観光案内所・MOSHI MOSHI BOXで多く聞かれる、アイス・ソフトクリームやさん。今、かわいくてフォトジェニックなお店が若者の間で大ブーム!

     

    そこで今回は原宿で人気のアイス・ソフトクリーム7選をご紹介。

     

    Eddy’s Ice Cream

    IMG_9515

    裏原宿にあるEddy’s Ice Creamの店内は、ピンクと白で統一され、どこを撮ってもフォトジェニック。既にトッピングが決まっているグランドメニューが人気だが、コーン10種、ソフトクリーム3種、トッピング13種類の中から自分でカスタムすることも可能。人気NO.1メニューのユニコーン(¥1,200)は、パステルカラーの綿あめがミルクソフトクリームを覆っていて、新食感を楽しめる!

    詳しくはこちら:http://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/55473

     

    ■Information

    Eddy’s Ice Cream

    住所:東京都渋谷区 神宮前4-26-28 1F

    営業時間:11:00〜20:00

    定休日:不定休

    TEL:03-6438-9742

    URL:http://eddysicecream.jp/

     

     

     

    ロールアイスクリームファクトリー

    20170813_170815_0004

    今まであまり見た事のないロール状のアイスは、液体のアイスクリームと具材を冷たいプレートの上で混ぜ、薄く伸ばしていって完成。基本メニューを頼むだけではなく、自分でカスタムをすることも可能。お店のオススメは、「クッキーモンスター」!出来上がったアイスクリームだけではなく、アイスクリームを作る行程もフォトジェニック。

    詳しくはこちら:http://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/57007

     

    ■information

    ロールアイスクリームファクトリー

    住所:東京都渋谷区神宮前4-28-12ジャスト原宿1階

    営業時間:10:00~21:00

    定休日:不定休

    TEL:03-3470-0227

    URL:http://rollicecreamfactory.com/

     

     

    ななや 青山店

    38075-170804_ks_00092

    こちらは、藤枝市産の抹茶を贅沢に使ったジェラートのお店。抹茶ジェラートの濃さは、甘さ控えめのNo.7からスイートな甘さを堪能できるNo.1まで全部で7段階!一番人気は、世界一濃いと評判の抹茶プレミアムNo.7(シングル税込560円)。農林水産大臣賞を受賞した茶園の抹茶を使用しており、ビターな抹茶のほろ苦さの中にさわやかな甘みを感じされる上品な仕上がりとなっている。

     

    ■Information

    ななや青山店

    住所:東京都渋谷区渋谷2-7-12 1F

    営業時間:11:00~19:00

    定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

    TEL:03-6427-9008

    URL: http://nanaya-matcha.com

     

     

    抹茶カフェ舞妓

    img_131217_2-683x1024

    同じ抹茶でもこちらはハワイからの逆輸入!ハワイで2016年7月から展開している本格抹茶スタンド「MATCHA Stand MAIKO」が、表参道にオープン。「抹茶カフェ舞妓」の抹茶は、日本緑茶発祥の地として知られる京都・宇治田原の老舗「播磨園」で栽培された最高級抹茶を使用。薫り高い抹茶のうまみとコクを最大限に引き出し、他とは違うこだわりの抹茶ソフトクリームを楽しむことができる!

    詳しくはこちら:http://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/47504

     

    ■Information:

    抹茶カフェ舞妓 表参道店

    住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1GYRE(ジャイル)B1階

    営業時間:11:00~20:00

    URL:http://www.matchacafe-maiko.jp/

     

    MATCHA Stand MAIKO

    住所:2310 Kuhio Ave. #143 Honolulu, HI 96815

    営業時間:11:30 AM~9:00 PM ※ハワイ時間

    TEL:(808) 369-8031

    URL:http://www.matchacafe-maiko.com/

     

     

     

    生クリーム専門店 ミルク

    d26745-3-593909-13

    渋谷にオープンした際、1ヶ月で3万人が来店するほど大盛況となったこちらのお店。普段はパンケーキなどのパートナーとして主役を引き立たせる脇役の生クリームの魅力を最大限に引き出すことを追求した。「ミルキークリームのシフォンケーキ」(780円)、「ミルキーソフトクリーム」(540円)、「ミルキーソフトのパフェ」(780円)など、生クリームが主役のスイーツを提供。期間限定ショップなので、お見逃し無く。

    詳しくはこちら:http://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/54360

     

    ■Information

    生クリーム専門店 ミルク

     

    ポップアップショップin原宿ジャスティン

    オープン日:2017年8月3日(木)※テイクアウトは8月10日(木)から

    住所:東京都渋谷区神宮前3-25-18 原宿JUSTIN

    営業時間:11:00〜18:00(※18:00からはジャスティンの通常営業)

     

    テイクアウト専門店inルミネエスト新宿店

    オープン日:2017年8月20日(日)

    住所:東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト1F

    営業時間:11:00〜22:00(土日祝は10:30〜21:30)

     

    URL:http://www.opefac.com/milk/

     

     

    sorama

    sorama6

    普通のアイスクリームじゃ物足りない!そんな人におすすめなアフォガート(¥550)。苦味強めのコーヒーが濃厚なアイスと合わさり口の中で溶け、コーヒーが苦手な人でも美味しく食べることができる。soramaは大通りの喧騒から離れた緩やかなな時間が流れるカフェ。ちょっと大人なアイスクリームが堪能できる。

    詳しくはこちら:http://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/32884

     

    ■Information

    sorama gallery+coffee

    住所:東京都渋谷区神宮前1-12-6 ドヒビル1階

    営業時間:9:30~11:00/12:00~19:00

    定休日 月曜日・火曜日・祝日

    TEL: 03-3423-2370

    URL:http://sorama.tokyo/coffee/

     

     

     

    coisof(コイソフ)

    sub11

    「森永乳業」と、表参道の超濃厚ごまアイス専門店「GOMAYA KUKI(ゴマヤ クキ)」がタッグを組みオープンした、ソフトクリーム専門店「coisof(コイソフ)」。世界一を目指した“濃い”ごまソフトクリームに、“恋”を呼ぶ縁起の良いお菓子として知られる香川県の伝統菓子「おいり」をカラフルにトッピング。一度食べたらクセになりそう!

    詳しくはこちら:http://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/54759

     

    ■Information

    coisof(コイソフ)

    住所:東京都渋谷区神宮前-1-8-24 OZ原宿ビル1F

    営業時間:10:00~20:00予定

    定休日:月曜日・火曜日・祝日

    TEL:070-1185-1309

    URL:http://gomayakuki.jp/

     

     

    いかがでしたか?かわいいの発信地・原宿でフォトジェニックなアイス・ソフトクリームを堪能しよう♡

     

    writer: Ellie

RELATED ENTRIES

  • 今週の朝ごはん:表参道「パンとエスプレッソと」 フレンチトースト

    17.September.2019 | FEATURES / FOOD

    週に1回、他のことは何もせず。

    ただただ美味しいご飯やスイーツを食べる。

    幸せに生きていく上で、とても大切な時間です。

     

    今日私が食べに行くのは朝ごはん。

    少しだけ早起きをして、お気に入りのカフェ 表参道「パンとエスプレッソと」へ。

    地下鉄・表参道駅のA2出口を出て徒歩5分。

    朝の表参道は歩いている人も少なく、いつもと違う街のよう。

     

    お店に入ると焼きたてのパンのいい香りがします。

    座りごこちの良いソファーに座り、モーニングのフレンチトーストセットを注文しました。

    隣の席との距離がゆったりしていて、過ごしやすい空間。

     

    店内にはオススメメニューが書かれたかわいい看板があります。

    次回は昼間にきて、ドルチェを頼むのもいいかも。

    そんなことを考えながら、ただただ、フレンチトーストを待ちます。

    フレンチトーストセット 800円 ドリンク付き

    優しく甘い匂いのフレンチトースト。

    お店の人気商品、バターたっぷりの食パン”ムー”を使っています。

    耳の部分はカリッとしていて、中はふんわりしっとり。

    口に入れると熱々でトロトロなパンがとけていき、卵の甘みが口の中いっぱいに広がります。

    そのまま食べても美味しいですが、はちみつをかけるとコクが出て、より濃密な甘さに。

    はちみつの独特な甘みや奥の方にある苦味が苦手なのですが、このはちみつはクセがないのでお気に入りです。

    食後には、スタッフの方が丁寧に入れてくれたセットドリンクのカプチーノを。

    朝の1時間はいつもよりゆっくり時間が流れているかのよう。

    ランチの慌ただしさとは違い、ドリンクもしっかりと味わいます。

     

    朝早く起きて、ゆっくり朝ご飯を食べる。

    たったそれだけのことだけど、忙しさでこわばった心と身体をゆるりと紐解いてくれる時間になりました。

    単純な私は、今週も前向きに1週間頑張れそうです。

     

     

    今日のおみや

    フツフル イチジク 420円

    フツウニフルウツ 400円

    美味しいごはんを食べた日は、家族や同僚にも幸せをおすそ分け。

    今日のおみやはフルーツサンド。

    たくさんのフルーツが食べられるように、と中までしっかりフルーツが入っています。

    季節の旬な果物が使われているので、何のサンドイッチが買えるかはお店に行ってからのお楽しみ。

     

     

    Writer:Sayuri Mizuno(MOSHI MOSHI NIPPON)

  • マイクロブタとふれあえる動物カフェ“mipig cafe“2号店が原宿にオープン

    28.August.2019 | SPOT

    マイクロブタとふれあえる“mipig cafe(マイピッグ カフェ)”の2号店が2019年11月に原宿でオープンします!

    今年3月1日にオープンした“mipig cafe”(目黒本店)は、「マイクロブタのおうち」をコンセプトとし、オープン半年で来店者数3万人を突破。連日予約で満席となっています。

     

    目黒店レポートはこちら!:TEMPURA KIDZ P→★の動物カフェ日記 #5 日本初のマイクロブタカフェ 目黒「mipig cafe」

    原宿店は「マイクロブタと絵本のおうち」というコンセプトを掲げ、“3匹の子ぶた”の絵本のような世界観の中で、マイクロブタとのひとときをが楽しめます。マイクロブタさんと一緒に素敵な思い出を作ってみてください♪

  • 原宿の街に泊まれるMOSHI MOSHI ROOMS 第2弾「ORIGAMI」が完成

    27.August.2019 | SPOT

    HARAJUKUカルチャーを世界に発信していくアソビシステム株式会社と、渋谷区を中心にユニークな民泊物件の運営を目指していく株式会社ロクヨンは、このたび、世界最大級の旅行コミュニティプラットフォームAirbnbを活用し、アソビシステムがプロデュースしたホームシェアリング施設 “MOSHI MOSHI ROOMS(もしもしルームス)”第2弾、「ORIGAMI(オリガミ)」 をオープンしました。

    MOSHI MOSHI ROOMS SAKURA 

    「MOSHI MOSHI ROOMS」は、既存のホテルやホームシェアリング施設には無いオリジナリティ溢れるコンセプトルームの宿泊サービスを提供します。昨年12月にオープンし、国内のみならず世界各国からの旅行者から高い評価を得ている「SAKURA」に続き、今回オープンした第2弾ルームのコンセプトは「ORIGAMI」。海外でも人気があり、日本文化の象徴の一つである折り紙をテーマに、日本文化を様々な視点で切り取った独創的なデザインを、部屋の各所に取り入れています。

     

    リビングルーム

    リビングルームには茶屋をイメージしたベンチや、スツールを設置。天井を見上げると、いくつもの和傘が空間を彩ります。カラフルな扇子や抹茶が点てられるセットなど、日本を象徴するアイテムも多数用意されています。

     

    ベッドルーム

    寝室の床は畳になっており、座椅子でゆったりとくつろぐことができます。提灯やカラフルな引き戸で部屋全体のワクワク感を演出。上段へ続く階段は「階段箪笥」になっており、荷物の収納も可能です。

    二段構造になっている上下に、横幅2.6メートルのベッドマットレスがそれぞれ設置されていて、合計6人まで宿泊可能。ベッドマットレスは西川㈱の商品を採用し、質の高い眠りにこだわっています。また、上下でマットレスの種類を変えており、異なる寝心地が体感できます。

     

    パウダールーム

    ゆったり座れるパウダールーム。テーブルも広々と使うことができます。綿棒・コットン・ゴムのアメニティも充実しています。

     

    シャワールーム

    シャワールームにはシャンプー・コンディショナー・ボディソープなどのアメニティを設置。洗面台は独立しており、トイレは温水洗浄式のトイレを導入しました。

     

    その他、アメニティ

    キッチン道具のほか、電子レンジ・冷蔵庫・洗濯機など生活必需品を多数揃えています。

    宿泊者の方には着物の羽織を貸し出し。写真撮影に利用してみてください。

     

    4Fエントランス・階段

    3Fから4Fにかけての階段からORIGAMIルームが始まり、ORIGAMIの入口ドアには畳を使用するなど、細部にもこだわりました。

     

    ビルエントランス

    旅行者の方にもわかりやすいように1Fのエントランスには「もしもしにっぽん」のネオン管を設置。

     

    屋上

    ゲストが利用できる屋上は、原宿を一望できるスペースです。

    「SAKURA」と今回オープンした「ORIGAMI」はAirbnbでのみ予約可能。国内外からの旅行者の宿泊先としてはもちろん、ステイケーション(気軽に自宅や近場で休暇を過ごすこと)や女子会など、様々な目的に応じて、ぜひ利用してみてください。

  • シナモンからの質問に答えて自分だけのドリンクをもらおう!「シナモロールお空のドリンクスタンド」

    21.August.2019 | FEATURES / FOOD / SPOT

    2019年8月22日(木)より4日間、東京・原宿にて、人気キャラクターの「シナモロール(愛称:シナモン)」と会話をすると、世界に一つ、あなただけの特別なドリンクを店長シナモン自ら作る 「シナモロールお空のドリンクスタンド」が期間限定でオープン!早速行ってきました。

     

    場所は原宿の竹下通り沿いにあります。

    お店の中は空の上にいるようなふわふわの空間!

    店内のあちこちにシナモンがいてとっても可愛いです♡

    まず、店内の券売機でチケットを購入して、シナモンたちのところに行きましょう!

    シナモンが作るドリンクは全部で27種類。シナモンへの質問に対しての返答によって、色やフレーバー、トッピングの組み合わせが変わります。また、ボトルにはシナモンによる手書きのネームラベルも貼られ、あなただけの特別なドリンクを受け取ることができます。

    タブレットの質問に答えていくと、シナモンたちがドリンクを作る様子が映されます。

    しばらく待つとドリンクが出てきました!

    キラキラでかわいいドリンクです♪ラベルの名前欄は「もしもし」にしました。私のドリンクは青いゼリーとしゅわしゅわが美味しい夏らしいドリンクでした。友達のドリンクと比較してみるのも楽しいかも!

    店内のフォトスポットで撮影するとより可愛いです。

     

    さらに、Google アシスタントに対応する「シナモロールトーク」で、事前にドリンクをオーダーすることが可能です。

    事前オーダーではスマートフォンなどで Google アシスタントを起動し、“OKGoogle, シナモンにお空のドリンクおねがい”と呼びかけた後、シナモンが登場しドリンクのオーダーが始まります。会話後に注文番号が発行され、お店の専用受付で注文番号を入力すればスムーズに受け取れます。また、店内ではシナモンとの秘密の会話ができるヒントも散りばめられていて、シナモンとの楽しいトークを体験することができます!

     

    シナモンが作る自分だけのドリンクで、夏の思い出を作ってみてくださいね♡

    WRITER PROFILE

    Midori Blackmore

    とにかく明るいメンヘラです。文章を書きます。可愛いものはなんでも好きだけど美味しいものはもっと好き!原宿観光案内所もしもしボックス元スタッフでミスiD2018セミファイナリスト。

  • 原宿「東郷神社」で民間企業主催”夏祭り”開催!東京五輪音頭や話題のグルメ登場

    14.August.2019 | BUSINESS / SPOT

    株式会社グローバルプロデュースは、8月23日(金)に原宿の名所「東郷神社」にて、初の民間企業主催「原宿夏祭り2019」を開催。古き良き日本文化と最新トレンドを融合させ、イベントのプロフェッショナル集団が大人の特別な夏祭りへ変貌させる。

    夏祭りではキッチンカーや屋台も複数出店予定で、猛暑に嬉しい富士山の天然水を使ったふわふわかき氷「氷屋bebe」や、鹿児島産の上質な茶葉を使った日本茶と生タピオカをトッピングしたタピオカ日本茶ラテ「一千花」が登場。その他にも今話題のグルメ店が複数出店予定となっている。更に豪華絢爛なやぐらも組み「原宿盆踊り2019」を開催。「東京五輪音頭-2020」も参加者全員で楽しめる。

    また本イベント内にて、おもてなしのプロフェッショナル集団「東京美人Project」の初お披露目も行われる。「知性×品格×おもいやり」を持った輝く日本女性が集結し、司会・通訳・アテンド・日本文化普及等、世界へ強く柔軟な女性をアピール。総勢100名のプロフェッショナル集団が、増加し続ける訪日外国人に対して最上級のおもてなしサービスを提供していく。当日は選抜されたメンバーが登壇する予定となっている。

  • 話題の東京タピオカランドって実際はどうなの?参加レポート

    14.August.2019 | FEATURES / FOOD

    みなさんこんにちは!もしもしにっぽん編集部のミドリです。

    今日本中でタピオカが大ブーム!タピオカの聖地・原宿には新しいお店が続々と登場しています。そんなタピオカをモチーフにしたテーマパークが原宿にオープン。オープン前からSNSを中心に話題になっていた「タピオカランド」に行って来ました。

    東京タピオカランドは副都心線・明治神宮前(原宿駅)から歩いて2分の建物「jing(ジング)」の中にあります。表参道口を出て左に進むとあるガラス張りの建物です。

    タピオカランドはjingの奥のスペースにあります。

    会場に入るとウェルカムドリンクがもらえます。

    ウェルカムドリンクは4種類。東京タピオカランドオリジナルドリンク、ねおちゃんドリンク、TikTok コラボドリンク、おおかみちゃんコラボドリンクです。並べてみると鮮やかで可愛い♡

    タピオカランドにはタピオカショップが4店舗出店しています。

    「ヤ」のカップがインパクト大!三軒茶屋の人気店で中目黒と海浜幕張にも出店する三茶ヤ(さんちゃや)。

    原宿をはじめ、地方にもどんどん出店している黒糖タピオカが人気の謝謝珍珠(シェイシェイパール)。

    まだオープン前の虎一茶(タイガーティー)は珍しいボトルタイプのタピオカドリンクです。


    原宿でのポップアップショップとしてオープンしていたLAB LAP(ラベラぺ)は六本木でのオープンを準備中のこと。

     

    三茶ヤ、謝謝珍珠はタピオカランド付近に実店舗があるのでタピオカランドに行かなくても買えるのですが、タピオカランドは実店舗よりも行列が短めで、並ぶところも室内なので快適に過ごせます。

     

    虎一茶、LAB LAPは今はタピオカランドのみで買えるものなので珍しいタピオカを飲んでみたい人にはおすすめです!特に虎一茶はボトルに入っているタイプのタピオカでボトルもおしゃれなので目立つと思います♡

     

    タピオカランドにはフォトスポットもあります。

    カートに入って撮影できるフォトスポットは、ロッカーのキラキラがかわいいです♡カートに入る時はタピオカをこぼさないように気をつけてくださいね。

    タピオカをイメージしたボールプールもあります。

    それ以外にもタピオカを可愛く撮影できるスポットがあります。壁がガラス張りなので自然光で自撮りができるのが地味にうれしいポイント!

     

    さて、タピオカランドは入場料1200円(前売り券は1000円)かかることや、タピオカを注文するには入場料と別にお店にタピオカ代(600円前後)を払わなければいけないこと、買ったタピオカを持ち出せないことなど「どうなの?」という意見がネットで出ています。

     

    実際に原宿にタピオカ屋さんが出店するたびにだいたい取材し、プライベートでもめちゃくちゃタピオカを飲む私の意見ですが、タピオカランドは「暑い中タピオカを買うときに並びたくない人」、「レアなタピオカを飲んでみたい人」にはおすすめできる場所だと思いました。

    現在原宿には30店舗以上のタピオカ屋さんがあり、原宿にしかないタピオカから全国にお店がある有名店まで個性豊かなタピオカショップが揃っています。

     

    一方タピオカランドは4店舗のみということで若干の物足りなさがあるかもしれません。特に謝謝珍珠は原宿にも店舗があるのでせっかくなら原宿にない関西地区や台湾のみのタピオカ屋さんがもっとあると良いなと思ってしまうのが正直なところです。

    関連記事:結局なにを飲めばいいの?原宿タピオカレポート7選

     

    またフォトスポットも原宿のタピオカショップにはそのお店オリジナルのフォトスポットが用意されている場合が多いのでわざわざタピオカランドで撮影する必要はないという方もいるかもしれません。

     

    私としてはボールプールやブランコは珍しいのでせっかくの記念や、タピオカだけでなくタピオカ+自分の写真を撮るにはとっておきのブースもあるのでそういった写真が撮りたい方にはおすすめです!タピオカランドでしか撮れないものばかりですし、期間限定なので夏の記念になると思います♡

    関連記事:タツノオトシゴのタピオカ!原宿駅前の辰杏珠(シンアンジュ)に行ってみた!

     

    原宿には、屋内で並ぶことができるタピオカ屋さんが他にもあります!ラフォーレ内のノナラパール、竹下通りの幸福堂茶加匠が有名です。

     

    関連記事:ついに日本上陸!台湾タピオカ「幸福堂」原宿竹下通りにオープン

    関連記事:タピオカドリンク・茶加匠(チャカショウ)が原宿竹下通りにオープン!実食レポ

     

    タピオカオタクの私としてはオープン前のタピオカ屋さんのタピオカが飲めて満足でした♡タピオカに特化した「タピオカランド」、夏の思い出にいかがでしょうか!

  • 原宿 竹下通りのいちご専門店「STRAWBERRYMANIA」のいちごソフトクリームが濃厚で美味しい♡

    13.August.2019 | FEATURES / FOOD

    みなさんこんにちは!もしもしにっぽん編集部のミドリです。

    夏の原宿はとっても可愛くて美味しいソフトクリームがたくさん登場しています!冷たいソフトクリームは食べ歩きしながらショッピングをしてもいいですし、カフェでゆっくり食べるのも楽しいですよね♡

    そこで今回はいちごが丸ごと乗っかったソフトクリームが話題の原宿竹下通りにあるいちごスイーツ専門店STRAWBERRYMANIA(ストロベリーマニア)原宿店に行ってきました!

    STRAWBERRYMANIAは原宿の竹下通りのセブンイレブンの上にあります。

    この看板が目印!この階段を上がるとお店の入り口があります。

    お店の中もいちごがたくさんでとっても可愛い♡

    ショーケースにはたくさんのいちごスイーツがあります。ショーケースのスイーツ以外はその場でシェフが作ってくれます!どれも可愛くて食べるのがもったいない!

    いちごソフトクリームはミルク、ストロベリー、ミックスから選べます。どちらも選べない私はミックスを注文しました。

    真っ赤なストロベリーソフトクリームと真っ白のミルクソフトクリームのコントラストがとっても綺麗なソフトクリームです。

    上には大粒のいちごが乗っています。

    早速食べてみるとストロベリーソフトクリームは味がとっても濃厚です。甘いけど酸味もしっかりあり、まるで本当のいちごを食べているかのようなソフトクリーム。ミルクのソフトクリームも優しい甘さがあり、牧場で売っているソフトクリームくらいミルクの風味があります。

    ソフトクリームはコーンのそこまでぎっしり詰まっていてとっても満足感があります。

    ソフトクリームはテイクアウトもできます♡席が混雑していてもテイクアウトならすぐゲットできることもあるようなのでそちらも試してみてください。

    STRAWBERRYMANIAはソフトクリーム以外にもかき氷やパフェなどいちごのメニューがたくさんあるのでそのほかのメニューも試してみて♪

    WRITER PROFILE

    Midori Blackmore

    とにかく明るいメンヘラです。文章を書きます。可愛いものはなんでも好きだけど美味しいものはもっと好き!原宿観光案内所もしもしボックス元スタッフでミスiD2018セミファイナリスト。

  • 原宿の回転スイーツ「 Cafe Ron Ron」で20代限定のナイトパーティ開催

    03.August.2019 | FASHION / FOOD

    毎日行列ができるほどの人気を誇る、原宿の回転スイーツ・カフェ「MAISON ABLE Cafe Ron Ron (メゾン エイブル カフェ ロンロン)」が、2019年8月2日(金)から20代限定の夜間イベント『Cafe Ron Ron 20ty’s Night Party -PINK FRIDAY- supported by MAISON ABLE』を開催!ワンコインで入場可能なナイトパーティを毎週金曜に実施します。

    ワンコインで入場すると、回転レーンのスナック類が時間無制限で食べ放題!更に追加オーダー制で5種類のフードメニューやアルコール含むドリンクメニューを注文することも可能です。

    これらのオーダーメニューも全品500円!とにかくコスパが良いんです♪

    スイーツは19:00以降、時間帯によって提供する時間もあるそう。また時期によってメニューが変わることもあるので、何が食べられるかは行ってからのお楽しみ!

    さらに、隣のファッションレンタルショップ「airCloset」とコラボし、浴衣を着て、カフェロンロンで食事を楽しむプランも提供中。

    食事後も1日中浴衣で原宿を散策できるので、お祭りや、原宿でのお出かけにオススメです。こちらは年齢制限なく開催しているので、詳細は公式サイトでチェックしてみてくださいね。

  • ラフォーレ原宿が今秋リニューアル!原宿ファッションの多様性を楽しもう

    01.August.2019 | FASHION / SPOT

    ラフォーレ原宿では、8月下旬を中心に秋のリニューアルを順次実施する。今回のリニューアルでは、「原宿らしい個性とクリエイティブの発信」をテーマとし、原宿のファッションの多様性を感じさせるショップを取り揃える。

     

    8.24 RENEWAL OPEN

    《1F》Vivienne Westwood RED LABEL Concept Store(ヴィヴィアン・ウエストウッド レッドレーベル コンセプトストア)

    ヴィヴィアン・ウエストウッドが、日本国内で展開するプレタポルテコレクション「レッドレーベル」と「アングロマニア」を1つのコレクションへと統合し、新生「レッドレーベル」を始動。それに伴い、ラフォーレ原宿には日本初となるレッドレーベルコンセプトストアがオープン。日本の旗艦店として、ユニークかつエキサイティングな消費体験を提供すべく、特別なカプセルコレクションも展開する。

     

    8.23 NEW OPEN

    《4F》Charles Chaton(シャルル シャトン)

    2019年3月にブランド初のPOP UP SHOPを出店した際、儚げでガーリーな世界観が人気を博したCharles Chaton が、今回はブランド初となる常設店を出店。Charles Chatonは“girl, forever!”をコンセプトに、ガールズカルチャーに生きる女の子たち、さらに50年後の女の子たちにもキャッチされるようなアイテムとヴィジュアルを発信するガールズブランドだ。ラフォーレ原宿店のコンセプトは“My Sweet Home!”。女の子が過ごす何気なくてかわいい日常を表現したショップとなっている。

     

    8.23 NEW OPEN

    《2F》starblinc (スターブリンク)

    “1960年代のポップでキュートな時代”をコンセプトに発色の良いカラーとシルエットにこだわり、懐かしさと未来的な新しさを感じさせるスタイルを発信。本社アトリエ内で縫製するメイドイン東京のワンピースは、独特かつ絶妙なシルエットに仕上がっている。starblincにしかないレトロフューチャーな世界観を楽しもう。

    この他にも、原宿ファッションが楽しめるショップがオープンするので、ぜひ足を運んでみてほしい。

  • LINE FRIENDS STORE 原宿で“ブラウン”の誕生日をお祝いしよう!

    31.July.2019 | SPOT

    8月8日(木)に「BROWN & FRIENDS」のキャラクター“ブラウン”が誕生日を迎えるにあたり、8月3日(土)〜8月8日(木)の期間中、「LINE FRIENDS flagship store in Harajuku」 (以下、LINE FRIENDS STORE 原宿)にて、「2019 HAPPY BROWN DAY」が開催される。

    「2019 HAPPY BROWN DAY」はブラウンの誕生日を記念し、みんなで一緒にお祝いするイベント。LINE FRIENDS STORE原宿でしか体験できない特別なコンテンツが用意されるなど、誰でも気軽に楽しめるイベントとなっている。

    誕生日当日の8月8日(木)は、LINE FRIENDS STORE原宿でブラウンと恋人のコニーによるグリーティングイベントを行う。ブラウンやコニーと写真撮影ができるほか、コニーと一緒にブラウンをお祝いする演出も登場。

    また、当日に「BROWN & FRIENDS」の商品を2点以上購入した方全員に、ブラウンやコニーのバルーンをプレゼント。バルーンと一緒に街を歩こう。

    さらに、ブラウンのアイテムを身につけて来店すると、先着88名の方に、抽選で豪華賞品が当たるプレゼント企画も!

    また開催期間中は、誕生日会のお祝いムードをイメージした店内装飾で、タキシード衣装におめかしした “メガブラウン”が迎えてくれるほか、「BROWN & FRIENDS」の全商品が10%OFFで購入できるキャンペーンなど、ブラウンの誕生日を一緒に楽しめるさまざまなコンテンツが用意されている。

     

    みんなでブラウンの誕生日をお祝いしよう!

  • 原宿BOTANIST Tokyoで”ヴィーガンタピオカ”を限定発売

    30.July.2019 | FOOD

    「BOTANIST Tokyo」は、店頭のティースタンドにて2019年8月1日(木)~2019年8月31日(土)の期間限定で、タピオカドリンク2種を1日合計100杯限定で発売する。

    ドリンクは“バタフライピーソイミルクティー”“抹茶ミルクティー”の2フレーバー。台湾のポップなカルチャーを届けるタピオカドリンク専門店「Bull Pulu」の本格タピオカを使用している。幅広い年代、国籍の方が利用する表参道・原宿の土地柄に配慮し、“バタフライピーソイミルクティー”はヴィーガン対応のギルトフリードリンクに仕上げられた。さらに、地球にやさしいエコカップと紙ストローで提供する。

    BOBA TEA BUTTERFLY PEA × SOY MILK タピオカ バタフライピーソイミルクティー 600円(税込)

    鮮やかなバタフライピーティーと、ソイミルクが2層に。トロピカルなココナッツシロップの甘さと風味がポイント。

    ※ヴィーガン対応食材を使用

    BOBA TEA MATCHA × MILK タピオカ 抹茶ミルクティー 600円(税込)

    まろやかで濃厚な抹茶フォームと、ミルクが2層に。ヘーゼルナッツシロップの香ばしい風味がアクセント。

    2種ともテイクアウト限定商品で、1Fのティースタンドで手軽に購入できるので、小腹がすいた時のおやつや、街歩きのお供にぜひ試してみて。

  • “OLひがし”のゆる渋谷日記 #2 原宿「BE A GOOD NEIGHBOR COFFEE KIOSK」

    29.July.2019 | FEATURES / FOOD / SPOT

    こんにちは。

    先日アラジンを見て感動した東です。

    正直に生きないとダメだとアラジンから学んだので、今日も自分に正直に生きるべく、会社からそっこーで帰り、朝から食べたいと思い続けていた餃子を食べてビールを飲んでます。

    今世界で一番幸せです。く~っ!

     

    そんな私ですが、大学生の頃早朝からサロンモデルの活動に勤しんでいたころ、サロンでの撮影後、表参道から新宿まで散歩をしてから帰るのが毎日の楽しみでした。

    その道中にあったのが、「BE A GOOD NEIGHBOR COFFEE KIOSK」というコーヒースタンド。

    その店員さんが気さくに「おはよう!」「今日は何かの帰りですか?」と笑顔で話しかけてくださるのが嬉しくて、

    そのお店に寄ってコーヒーを買い、テイクアウトして音楽を聴きながら新宿にうきうきで向かうが、いつもの私のコースでした。

    (テイクアウトカップの飲み口に貼ってくださるシールに「A NEW DAY STARTS HERE!」と書いてあるのが粋でかっこいい~とずっと思っていました。)

     

    社会人になって働くようになり、職場が離れているため、なかなかお店にお伺いすることはなくなりましたが

    「いつも気さくに話しかけてくださっていたあのお兄さん&お姉さんは今何をしているのかな」

    「あのお兄さん達はどんな思いで毎日お店に立っていて、どんな世界が見えているんだろう」とふと気になり…

     

    はい。会いに行ってきました。

     

    原宿駅 竹下口から歩いて7分ほど。

    明治通りを道なりに歩き、

    The DECK COFFEE and PIEの角を曲がると看板が見えてきました。

    あったー!!!!!

    髭の似合うお洒落お兄さんが出迎えてくれました。かっこいい!!

     

    さっそくコーヒーを頂きます。(ラテも頼んだのは内緒です)

    ああ、店員さんの醸し出す柔らかい雰囲気とコーヒーの香りで溢れるこの空間が大好きだったんだなあ、とふと思いだしました。

    ラテアートもお手の物!

    早速頂きます!

    し、幸せの味がする…!!><

    少し酸味のあるコーヒーが体に沁みて美味しい…!

    この日は雨だったので体の芯まで温まりました。

     

    「2010年にこのお店ができたんですか?」

    「正確に言うと1997年に家具の製造でランドスケーププロダクツを結成して、2000年に法人化し、神宮前の方にPlaymountainという家具屋さんを作ったんです。その後、2002年に千駄ヶ谷に移ってきました。」

     

    「もともと家具屋さんがはじまりだったんですね。」

     

    「はい、会社設立時に創業者が今後やりたいことを一覧で書き出したんです ね。そこには、喫茶店、出版、イベント事業などが記されていまして。それを一つ一つ具現化するように、2004年には千駄ヶ谷にTas Yardというカフェをオープンしたんです。」

    「会社も、作ったカフェも近くにあり、毎日通る道が千駄ヶ谷にできていて。カフェでランチや打ち合わせをし、会社で作業をして日々、道を行き来するちょうどその間に、タバコ屋さんがあったんです。

    タバコ屋さんの目の前にあるポストを使い、一服をし、毎日の忙しい日々に句読点を打つように、一息ここで休む人がたくさんいて。

    その景色を見て、『ここにコーヒー屋があったらいいんじゃないか』と創業者が考えたんです。

    そのあとたまたまタバコ屋さんのオーナーがその場所を出るということで、すぐ場所を貸して頂きました。」

     

    最初はイベントスペースとして場所を使っていたのですが、その時2つのちょうど大きな出会い・きっかけを経て、コーヒー屋を作ったという経緯です。」

     

    「二つの出会いですか…?」

     

    「はい。一つ目は鹿児島にあるVOILA COFFEEの井上さんとの出会いでした。

    井上さんは全国にその名を轟かせるほどコーヒーに関して熟知された方で、スペシャリティコーヒーを海外から買い付け、直焙焙煎して販売しています。また自分のお店の従業員を日本一のバリスタに育て上げたりするくらいコーヒーにも人にも真摯に向き合う方なんです。

    その方から、「コーヒーはフルーツであり、フルーツは酸味のあるもの。」という話を聞かせて頂き、コーヒー豆が本来持っている果実としての魅力に惹かれたとのことでした。

    二つ目は創業者の友人で、普段は一般企業に勤務しながら、週末に家に人を招いてエスプレッソマシンで様々なコーヒーを抽出し、振る舞う青年との出会いでした。どうやったらコーヒーが美味しくなるかを考え、機械をいじるようにどうやったら更においしいコーヒーが作れるのか日々研究する彼を見て、かなり影響を受けました。」

     

    それから研究を重ねてお店を開くに至ったのですが、最初はなかなか近所の方々においしいと言ってもらなかったそう。

    それでも模索を続け、「美味しくなったわよ」と近所の方に言っていただけるようになったとのことでした。

    こんなにも真摯に街の方々と向き合ってきたコーヒー屋さんだったなんて、全然知らなかった…

    お店で販売をしているこちらのラスクも、お知り合いのアヒルストアさんというお店のもの。人と人とのあたたかい繋がりを感じます。

     

    「毎日お店の前のポストに請求書を出しに来たりするときに、お店の前のベンチに座ってほっと一休みできるような場になれていたらと思います。

    周りの人たちにとっていい隣人になろう、一息休めるような居心地のいい存在になろう、というのが、BE A GOOD NEIGHBORという店名の由来にもなっているんですよ。」

     

    「うちのこだわりのこの味のコーヒーをを広めたい!、というものではなく、人々の生活に寄り添って変化をしてきたんですね。」

     

    「そうですね。私たちはマーケティングの観点がほどんどなく…会社の名前にもなっている『LANDSCAPE』にもあるように、風景を作っていく、ということに重きを置いています。

    「この道にコーヒー屋があったらいいな」「この景色に〇〇があったら…」というものを想像して、誰にとっても「いつ行っても変わらない場所」になれていたら嬉しいと思っています」

    今はもうテイクアウトカップの飲み口にシールは貼っていないそうなのですが

    「A NEW DAY STARTS HERE」というメッセージにもあるように

    毎日の中で新しい発見や自分に出会えるきっかけが欲しくなったら、是非この場所に是非足を運んでみてください。

    お兄さんが酸味の効いたコーヒーと一緒に、あたたかく迎えてくれますよ!

    気さくで優しくてハンサムな店長。最近六本木の店舗から移動してきたそうなので

    是非お近くに寄った際には会いに行ってみてください。

    TALENT PROFILE

    東美結

    大学入学を機にサロンモデルになったことをきっかけに読者モデルとして活動を始める。 170cmという抜群のスタイルをもち、ロンドンへの語学留学・独学でデザインを勉強するなど才色兼備なモデル。 コーヒー屋・カフェ巡り、ランニング等趣味が多い彼女の等身大なライフワークとその雰囲気で様々な業界から注目が集まる。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US