SCANDAL HARUNA初写真集 「SOMEWHERE」発売記念イベント開催

21.August.2018 | MUSIC

今月8月10日、SCANDAL HARUNAにとって30歳の誕生日であるこの日、ファースト写真集「SOMEWHERE」が発売。先日18日に東京・HMV&BOOKS SHIBUYA 6F イベントスペースにて本書の発売記念イベントが行われた。

 

10代に絶大な人気を誇るガールズバンドSCANDAL のフロントマンとして20 代を駆け抜けたHARUNA。本書は、日本でのツアーを終え、30歳を目前に旅に出たHARUNAを写真家オノツトムが写しとった一冊。今の彼女を表す言葉は、“ここではないどこかへ”という意味の「SOMEWHERE」。

バンド活動で得た自信。挫折しても屈しない勝ち気さ。何ごとも真っ直ぐに見つめようとする眼差し。少女のような笑顔。「バンド」のこと、「仕事」のこと、「恋」のことなどについて自然体で語ったロングインタビューも収録。

本書は予約を開始すると同時に注文が殺到し発売前に重版が決定。東京と大阪で行われる発売記念イベントもすぐさま予定人数に達するなど、人気の高さを伺わせた。

イベントの前に行われた囲み会見にはマスコミが16社出席。音楽以外の囲み会見は初めてということで「緊張していた」というHARUNA。写真集を出した感想について「少しホッとしています。予約の段階で増刷が決定したり、自分の目でファンのみなさんが買ってくださっているのを見て、すごくうれしかったですね」と語った。撮影のエピソードについて「夕日をバックに撮った写真があるんですけど、どんどん夕日の色が変化していって、すごくドラマチックな景色になっていくのが印象的で。あの撮影は忘れられないです」など、コメント。

インタビュー

――イベントを終えての感想は?

囲み以上は思ってた以上にすごく緊張しました(笑)。CDリリースのときとは全然違う角度での質問とか、距離感とか、すごくいい経験ができたなと思います。イベントは、すごくたくさんのファンの方が来てくださって。すでに買って見てくださった方や、同じ年の女の子と『一緒に30代がんばりましょうね』って話もできました。『この本を読んでもっとファンになりました』って言ってもらえたのもすごくうれしかったですね。写真集の中のインタビューでは、普段ライブで見せる姿以外にも、もうちょっとパーソナルなことも話しているので、そういう素の自分も含めて好きになってもらえるというところでも、今回本を出してよかったなと思いました」と語っていました。

 

――初写真集を発売した感想は?
少しホッとしています。自分一人で何かを発売したり、曲以外でリリースさせてもらうことが初めてなので、どれくらいの人が見てくれるのか想像ついてなかったんですけど、予約の段階で増刷が決定したり、発売後に自分の目でファンのみなさんが買ってくださっているのを見て、すごくうれしかったですね。

 

――写真集を出すことになったきっかけは?
マネージャーから話をいただいたんですが、その頃「もうすぐ30歳になるね」って話をしていていて。「ライブをやっていても楽しそうだしキラキラしていて今のHARUNAはすごくいいと思う」と言ってもらったので、そんな自分にもうちょっと自信をつけようと思って、写真を出そうという決断に至りました。

 

――セブ島での撮影の思い出は?
2日間という弾丸スケジュールだったんですが、すごく楽しくて。一番思い出に残っているのが、写真集の最後のほうのページに夕日をバックに撮った写真があるんですけど、どんどんバックの夕日の色が変化してすごくドラマチックな景色になっていくのがすごく印象的で。あの撮影は忘れられないです。

 

――お気に入りの写真は?
この写真だけじゃなくて、夜のプールで撮った写真がすごくお気に入りです。まず水着で写真を撮ること自体も初めてだったし、夜のプールで照明も全然ない中でどんな写真が撮れるんだろうなってすごく未知だったんですけど、こんなに鮮やかに撮れてるとは思わなかったし、水の中までちゃんと撮れていてすごく神秘的だなと。アートな写真が撮れたのが大満足です。

 

――ほかのメンバーからの反応は?
「30歳になってこういう形で発信できるのってすごいよね」って言ってもらいました。

 

――写真で自分を表現するということについてどうですか?
正直、「バンドのメンバーが写真を出すのはどうなんだ」って言われるんだろうなって、思ってたんですけど、自分たちは、“バンドだから〇〇しちゃいけない”とか“バンドだからこうあるべきだ”というものをある意味壊して活動してきた自信があるので、こういった形でバンドのボーカルが写真集を出すってこともある意味自信を持ってやりました。生きてきた中で今が一番人生楽しめてるなって気がしているのでそういう姿を単純に見てもらえたらなと思っています。

 

――水着での撮影に抵抗はありましたか?
そのためにジムに通ったり、体を鍛えたりしたので、抵抗というよりは楽しんでできました。実際写真を撮ってもらっても、意外と自分は写真を撮られるのが好きなんだなっていうのもわかったので、いい発見でした。

 

――写真集の発売は今後何かにつながりそうですか?
つながるというか、あまりもう怖いものはないなという感じがしています。

 

――写真集の出来は何点ですか?
100点満点でいいですか? 100点です。自信を持ってお届けします。

 

――30歳を迎えての抱負は?
30代を迎えてからも、変わらず活動していくっていうのが今の目標でもありますし、例えば結婚とか出産とかも経験した上で、音楽を続けていくのが今の目標です。35歳くらいまでには結婚して出産したいなと思っています。

 

――音楽以外で新たに挑戦したいことは?
この数年で旅をすることが好きになって、自分でも旅行に行ったりとか、そういうことが好きになったので、「アナザースカイ」じゃないですけど(笑)、そういう旅番組はやってみたいですね。

 

――改めて今後の展望を教えて下さい。
SCANDALとして10年続けてこれたのもある意味奇跡的なことだと思うんです。女の子4人で10年音楽をやってきたっていうのは並大抵のことではないと思っていますし、その間に同期で解散してしまったバンドもたくさんいるので、10年続けてこれたことに自信を持って、この4人で続けられるところまで続けていくっていうのが今後の展望です。

 

今なお多くの人を引き付けてやまないHARUNAの魅力がたっぷり詰まった写真集「SOMEWHERE」。気になる人は是非チェックしてみて!

 

■Information
SOMEWHERE販売場所:全国の書店、ネット書店およびBOOKぴあ
発売日:8月10日(金)
価格:2500円+税
BOOKぴあ:http://piabook.com/shop/g/gZ9784835638768/セブンネットショッピング:https://7net.omni7.jp/detail/1106909205
Amazon:https://amzn.to/2KTs48r

RECOMMENDED ENTRIES

  • 【MMNインタビュー:前編】「アニメのキャラ」から「バンド」になったSCANDAL、デビューからの海外活動を語る

    23.February.2018 | FEATURES / MUSIC

    2016年に結成10周年、今年2018年秋にメジャーデビュー10周年を迎えるSCANDAL。今月リリースした8枚目のオリジナルアルバム「HONEY」は、配信開始日にiTunes総合アルバムチャート1位を獲得し、香港、タイ、シンガポール、マレーシア、ペルーなどのiTunesでもJ-POPチャート1位をマークした。また昨年、HARUNA(Vo, G)、MAMI(G, Vo)、TOMOMI(B, Vo)の3人が日本人女性アーティストでは初めてFender社とのエンドース契約を果たすなど、名実ともにこの国を代表するガールズバンドとしてキャリアを積み重ねている。今回はメンバー4人にこれまでの海外活動を振り返ってもらい、ガールズバンドという視点からさまざまな話を聞いた。

    取材・文 / 鳴田麻未

    scandal1

     

     

    ■海外の人は「アニメのキャラクターが演奏してる」って感覚があったんだろうな

    ――SCANDALの結成10周年特設サイト(http://scabest47.com/)の「HISTORY」欄では、「JAPAN」と「WORLD」の活動歴が並列で紹介されてますね。そのくらい海外活動が盛んなバンドなんだなと改めて感じます。まず、初の海外アクションが、2008年メジャーデビュー前に全米6都市ツアーってすごいですね。

     

    RINA(Dr, Vo):初ツアーがアメリカだったんですよね。日本でもまだツアーしたことがないインディーズバンドなのに。そのときはもう場所に関係なく、毎回やることを必死にやり終えていくっていう感じだったんですけど、当時から海外とのつながりっていうのは強いバンドで、その年から毎年欠かさず海外には行ってるんですよ。最初の頃はまだ子供だったんで訳もわからずって感じではあったんですけど、徐々に無視できないものになっていって。海外にコピーバンドがいたり、YouTubeで見て好きになってくれたっていうお客さんが自分たちの想像を超えるような人数集まってくれたり。私たちは基本的に「求めてくれる人がいるところにライブしに行きたい」っていうスタンスなので、国内外でボーダーラインを作らずに、ライブ中心に活動を続けてきてるっていう感覚はあります。

     

    ――なるほど。細かく見ると、最初の数年は「Japan Expo」「AM2」といったジャパニーズカルチャーのイベントへの出演が多かったですね。制服風コスチュームを着て活動していた頃ですよね。

     

    MAMI(G, Vo):そうですね、“制服期”(笑)。アニメの主題歌をやっていた頃なので、そのつながりもあって日本のカルチャーを紹介するフェスに呼ばれてライブすることが多かったですね。

     

    TOMOMI(B, Vo):初期の頃、MySpaceのSCANDALの公式ページに、自分たちのアニメーションみたいなのを作って貼ってたんですよ。それに海外の方が反応してくれることも多かったので、「アニメーション」が日本のカルチャーとして世界に浸透してるんだなって感じてましたね。

     

    ――国際的な場に出て、日本の文化、ひいては日本のガールズバンド文化って海外でニーズがあるんだなと肌で感じてました?

     

    HARUNA(Vo, G):まだその当時は自分たちも無自覚で、単純に呼んでもらえることがうれしい、いろんなところでライブできるっていうことに喜びを感じて行ってましたね。ガールズバンドとしてちゃんと海外に向けて意識し出したのは、わりとここ最近かもしれません。

     

    RINA:ワンマンライブやるようになってから、その意識が強まったと思いますね。海外のお客さんの層も変化していって。カルチャーフェスでは自分たち目当てじゃない興味本位の人も大勢いたし、制服っていうコスチュームに日本のカルチャーを感じて面白がってくれてる人も多かった。海外の人から見たら、アニメのキャラクターが演奏してる、みたいな感覚がたぶんあったんだろうなって思います。

     

    ――2015年には日本、フランス、イギリス、ドイツ、アメリカ、メキシコ、シンガポール、台湾、香港の9カ国41公演という大規模なワールドツアーを開催しました。

     

    RINA:このツアーでは、アニメが入り口で知ってくれた人より、YouTubeでミュージックビデオを見て知って、バンドとして応援してくれる人がついてきたなと思って。会場の雰囲気も初期の頃と全然違いましたね。

     

    MAMI:SNSとか動画サイトとかで存在を知ってもらえた状況って、時代的なこともあるなと思うんです。活動し始めた頃はSNSなんて日本ではまだまだ使われてなかったし、YouTubeも今みたいな使われ方はされてなかった。海外とのつながりに関しては時代の移り変わりを感じますね。

     

     

    ■「SCANDAL」というバンド個体で見られるようになったワールドツアー

    ――9カ国を回って、ステージでもオフでも印象に残ってることがあったら教えてください。

     

    RINA:取材を受ける機会も多かったんですけど、このあたりから聞かれる内容が変わってきたなと思って。前は「アニメに対してどう思ってるか」「次はどういうアニメの主題歌をやりたいですか」みたいな、アニメ関連の質問が多かったのが、この頃からバンドに対しての質問が中心になって。そのとき、アニメを通さずに「SCANDAL」というバンド個体で見てくれるようになったんだなって感じました。

     

    MAMI:メキシコとか南米は特に、YouTubeでの日本のバンドの見方がほかの国と違ってて。ほかの国はマンガとかアニメが先行して、そこから派生して「こういうバンドがいるんだ」って見つけていくのが大まかな流れらしいんですけど、南米では「日本のバンド」がカルチャーのジャンルとして確立してて、初めから日本のバンドを検索して、自分で好きなものを見つけて友達に教えていくっていう逆輸入みたいな形ができあがってて。そういう見方をしてくれてたのはすごいうれしかったです。

     

    RINA:ステージで思い出すのは……お客さんのライブの楽しみ方。やっぱり国ごとに独特な文化があるなと思いましたね。日本だったら国旗を掲げて応援するっていうスタイルはないと思うんですけど、自国の国旗を振って盛り上がってくれたり、お酒飲みながら踊ってたり。

     

    TOMOMI:例えばメキシコはサッカーが盛んな国だから、暗転のときオーレーオレオレオレーって合唱したり、スポーツ観戦みたいな感じで見てくれてたね。

     

    RINA:ね! ヨーロッパでツアーしたときは、MCの人が入って盛り上げてくれて、「じゃあSCANDALの登場だー!」みたいなフリからSEが流れる、とか(笑)。国や大陸によって始まる流れも違うんだなって思いましたね。

     

    HARUNA:アジアだと、お客さんも全部一緒に歌ってくれることが多いですね。サビを一緒に歌うことなら日本でもよくあるけど、Aメロから全部一緒に歌ってくれるんですよね。

     

    RINA:HARUNAのマイクのボリュームよりお客さんの声のほうが大きい、みたいな(笑)。

     

    MAMI:台湾、香港、シンガポールはそんな感じだよね。日常的に聴いてくれて好きでいてくれてるんだなって、愛が伝わります。

     

    TOMOMI:日本と違うなと思うのは、お客さんのジャンル。そのライブハウスのファンみたいなご年配の方から尖ったパンクスまで、めちゃくちゃ幅広いんですよね。何からどういうふうにSCANDALを知ってくれたのか、すごい興味深い。まあSNSは大きいと思うんですけど、たぶん10年前だったら出会えてなかった人たちが今ワールドツアーに来てくれてるんだと思います。

     

    RINA:好きなものを簡単に見つけられたり、調べたりできるからこそ、アンテナはすごく研ぎ澄まされていってるんだろうなと思います。

     

     

    ■どう受け取られてもいい、楽しんでもらえればそれが一番

    ――パフォーマンスにおいて意識の違いはありますか?

     

    RINA:厳密に言えば機材やサウンドの違いはたくさんあるんですけど、曲は全部日本語で歌ってるし、気分的には演奏はどこに行っても変えず同じようにやりたいなと思ってます。変えるのはMCですね。その国の言葉でなるべく話そうと努力してます。

     

    MAMI:すごくノリが良いので、煽れば煽るだけついてきてくれるし、「楽しむぞ!」って気持ちを作ってライブハウスに来てくれてる感じがあるので、そこは心配なくやってますね。

     

    ――素朴な疑問なんですが、海外の音楽ファンってアイドルグループとガールズバンドを区別して捉えてるんですかね? 楽器の有無に関わらず、日本の女の子の集団は“アイドル”と思ってる人もいるんでしょうか。

     

    MAMI:「アイドル」って言葉の捉え方が日本とは違うのかなと思います。(日本では)1つのジャンルになってるけど、(海外では)自分に影響を与えてくれた人とか大好きな人、憧れ、スターみたいな存在。そっちの捉え方のほうが強いと思うので、そこで区別する人はそんなにいないかもしれない。

     

    RINA:でも誤解を恐れずに言うと、どう受け取られてもいいと思ってて。「アイドルじゃないですから」って自分たちからわざわざ言うことでもないですし。こういうふうに見てくれとは特別指示しないで、音楽を好きなように楽しんでもらえたらいいなって。というのも、私はアイドルもバンドもカッコいいと思ってるから。アイドルって本当にマルチプレイヤーだなと思ってて。歌もダンスもお芝居もバラエティも全部できて、かつ人間的にすごく外向きな人がなれるものだなと思うんですね。で、バンドという形態でも、アイドル性って武器というか魅力になるものだと思う。やっぱり人として楽しんでもらえる集団でありたいので、自分たちをアイドルって感覚で見てる人がいたとしても、モチベーション的には嫌な気持ちにはならないっていうのが正直なところです。「面白い人たちだな」って楽しんでもらえていたら、それが一番うれしいです。

     

    後編へ続く

     

    ■Information

    SCANDAL
    NEW ALBUM「HONEY」
    2018年2月14日(水)リリース

    ▼完全生産限定盤(CD+Tシャツ)
    AMIAYAプロデュースのオリジナルフォトTシャツ付き!
    価格:¥5,278(税抜)

    ▼初回生産限定盤(CD+DVD)
    DVD内容:Storytellers:SCANDAL
    価格:¥3,426(税抜)

    ▼通常盤(初回仕様)(CD)
    価格:¥2,963(税抜)

    アルバム特設サイト:http://www.scandal-honey.com/

    ニューアルバム『HONEY』ダウンロード配信:https://erj.lnk.to/-gqrHWN

    ライブ情報:http://www.scandal-4.com/live/archive/?43093

    SCANDALオフィシャルサイト:http://www.scandal-4.com/

    SCANDALオフィシャルYouTube Channel:https://www.youtube.com/user/scandalSMEJ

  • 【MMNインタビュー:後編】SCANDAL、日本を代表するガールズバンドとして「カッコよく生きていたい」

    26.February.2018 | FEATURES / MUSIC

    2016年に結成10周年、今年2018年秋にメジャーデビュー10周年を迎えるSCANDAL。今月リリースした8枚目のオリジナルアルバム「HONEY」は、配信開始日にiTunes総合アルバムチャート1位を獲得し、香港、タイ、シンガポール、マレーシア、ペルーなどのiTunesでもJ-POPチャート1位をマークした。また昨年、HARUNA(Vo, G)、MAMI(G, Vo)、TOMOMI(B, Vo)の3人が日本人女性アーティストでは初めてFender社とのエンドース契約を果たすなど、名実ともにこの国を代表するガールズバンドとしてキャリアを積み重ねている。今回はメンバー4人にこれまでの海外活動を振り返ってもらい、ガールズバンドという視点からさまざまな話を聞いた。
    <前編はこちら>

    取材・文 / 鳴田麻未

     

    ■世界中のリスナーが誇れるようカッコよく生きていたい

    ――SCANDALが世界に出ていくとき、やっぱり「日本を代表するガールズバンド」というキャッチコピーが名実ともにふさわしいと思うんですね。

    RINA(Dr, Vo):まだまだですけどね。でもうれしいです。

    MAMI(G, Vo):ただ、自分たちが海外活動を重視して過ごしてきたかと聞かれたらそうでもなくて、流れなんですよね。海外と日本をセパレートしてるつもりもなくやってきた。「日本を代表するガールズバンドになりたい」とか「海外で人気になりたい」とか、そういう意識を初めから自分たちで持っていたわけではないので、今そう言ってもらえることはすごくうれしいです。

    RINA:世界中にリスナーがいてくれるからこそ、「応援しててよかった」とか「SCANDALを応援してる自分、好きだな」と思ってもらえるようにカッコよくあろうって意識は高まりますね。いろんな人が聴いてくれてるっていう現状を受けて、ファンに後悔させたくないってめちゃくちゃ思うようになりましたね。SCANDALの音楽を聴いてることが自分への自信になるぐらい、カッコよく生きていたい。

    HARUNA(Vo, G):うん。12年続けてきたので、そういうことには自信を持ってやっていきたいですね。

    RINA:ファンの人のマインドも、国内外問わず似てるような気がするんですよね。1人ひとりに聞いたことはないからわかんないけど、会場の雰囲気とか見てて、年齢も性別も人種も宗教も全然違うのに、何か同じマインドを持ってる人たちがうちらのライブに集まってるような感じがある。そういうところでは世界中つながってるのかなって。

    HARUNA:海外のファンの人が日本のツアーに来てくれたり、逆に日本のファンが海外でやるときに来てくれたり、交流があるのはうれしいよね。

    TOMOMI(B, Vo):海外各国に「SCANDAL HEAVEN」っていうアンオフィシャルのファンクラブがあるんですけど、各国の支部みたいな人たちが集まってごはん食べてる写真をSNSで送ってきてくれることもあります。

    ――ファン同士が国境を越えて音楽でつながるのは、メンバーにとってもうれしい現象ですね。また、ガールズバンドシーンという点では、その中にいる皆さんならではの価値観があると思いますが。

    RINA:ガールズバンドは、日本カルチャーの1つとして海外で受け入れられてるところもあると思います。海外にガールズバンドってすごい少ないんです。長続きさせるのが難しいみたいで、デビューしてもすぐなくなっちゃうって話を聞くんですね。だから結成12年の自分たちに対して、「長くやってるガールズバンドってどんなんだろう」みたいな興味の持ち方をする人も多くて。存在自体にカルチャーとか面白味を感じてくれてる人もいるんだなって、向こうに行くと実感しますね。

    ――確かに、海外のガールズバンドと言われてパッと思い浮かぶものが……。

    RINA:最近だとHiNDSとかはすごいカッコいいし独特の雰囲気もあっていいなと思います。国ごとに面白いガールズバンドが増えてきたらもっと音楽シーンも盛り上がるだろうし、応援したいですね。

    ■日本の女の子は自分オリジナルの“カワイイ”を作るのが上手

    ――ところでSCANDALの皆さんが考える、日本の女の子の魅力とは?

    RINA:好きなものをミックスさせて、自分が思うオリジナルの“カワイイ”を作るのが上手。普通の学生の女の子でも、自分が好きな世界をInstagramのページで作ってるじゃないですか。きゃりー(ぱみゅぱみゅ)ちゃんのスタイルにもつながりますけど、甘いだけじゃなくてちょっと毒を入れるとか。セルフプロデュース力すごく高いですよね。

    HARUNA:みんな、自分に似合うものをよくわかってるなあって。メイクとかファッションのジャンルとか、似合うものをうまく取り入れてオリジナルのものを作ってるから素敵だなと思います。

    RINA:自分たちの最新アルバム「HONEY」も、まさに甘さとトゲがミックスされた曲たちができたなと思ってます。2017年に作った楽曲が中心のアルバムなんですけど、今回は“日本のロック”を改めて見直しながら日本語を大切にして作っていったので、海外の人が聴いたときに、今の日本のガールズロックをちゃんと伝えられる作品になってるんじゃないかなと。そういう意味で、甘さと毒と、いろんな影響を受けてきた10年分のSCANDALの集大成みたいなアルバムができたと思います。

     

    HONEY通常盤 2 copy

    ――2017年は10周年記念ベストアルバム、47都道府県ツアー、初の対バンツアーと、キャリアを総括しつつも、なお攻めていく充実した年だったのではと思います。

    RINA:去年は男らしいタフなライブの仕方をしてたんで、その中でガールズバンドってどういう曲をやるべきかなとか、自分たちの立ち位置、役目みたいなものを見直す期間でもあって。特に対バンツアーしたとき、「やっぱり“女の子だからできるロック”をやらないと面白くないな」って強く思ったんです。

    ――対バン相手はUNISON SQUARE GARDEN、04 Limited Sazabys、BLUE ENCOUNTの3組でしたね。

    RINA:今のフェスで中核になる3バンドとツアーして、改めてそう思って。だからここまでガーリーに振り切れたアルバムが作れたんだと思います。

    ――アルバムのビジュアルは、東京で活躍するファッションアイコンでもあるツインユニット・AMIAYAがプロデュースしました。このコラボレーションに至った経緯は?

    TOMOMI:AMIAYAちゃんは数年前、ねごとの(沙田)瑞紀の紹介で知り合って以来プライベートで仲良しなんですよ。で、アルバムを通してすごくパーソナルな内容に仕上がったなと思ってて。自分たちの生活範囲内での出来事だったり、好きな言葉とか匂いとか色とか、そういうものが詰め込めたって。そんなパーソナルな作品だからプライベートのお友達と一緒に作れたらいいなって思ったところからですね。今回のアルバムのカラーとAMIAYAちゃんのキャラクターがバッチリハマるなというのもありました。

    ――それにしても、メンバー全員曲が作れるってバンドとしてすごい強みだなあと思います。

    RINA:ふふふ(笑)。4人とも個性的だからバラバラの楽曲が生まれてくるけど、バンドで演奏したらしっかりSCANDALの曲になるって不思議ですよね。自分たちでやっていても飽きないし、いまだにずっとドキドキできる。今が一番楽しいなって思います。

    ■SCANDALの東京おすすめスポット

    ――アルバムもリリースし終えて、今のSCANDALはどんなモードですか?

    RINA:メジャーデビュー10周年を迎える2018年に、今一度自分たちが良いと思えるロックなものを振り切って作ることができたので、今は「HONEY」を作り終えた達成感がすごいです(笑)。このアルバムを引っさげてやるホールツアーは3年ぶりなので、今できるベストなステージを届けられたらなと思います。

    HARUNA:日本でのツアーのあとにアジアツアーもあります! 去年は海外ツアーがなかった上、今回フィリピンと中国は初めてなのですごく楽しみです。何年も前から「フィリピンに来てください」っていうメッセージをTwitterとかでもらってたので、やっと行けるなっていう気持ちですし、たぶんすごいパワー溜めてくれてると思う(笑)。

    RINA:アジアは「おかえり!」っていう感じで迎えてくれるから、いつも安心するよね! 空港にファンの人が仲間を連れて来てくれたりして、毎回新しい人が増えてる気がする。

    MAMI:うん。お客さんがガラッと変わってる地域もあるかもしれないし、このアルバムをどうやって聴いてくれてるかも気になる。それまでの曲の印象とはまったく違うノリ方とか景色が見えたりするので、めちゃくちゃ楽しみです。

    ――では最後に、4人それぞれ東京のおすすめスポットを教えてください。

    TOMOMI:地元の友達が遊びに来たときに、何回か隅田川の屋形船に乗ったんですよ。天ぷらとかの和食が食べられるし、川流れながらお台場もスカイツリーも一気に見れるし、マジで楽しかったです。そのコースはおすすめですね!

    MAMI:春の桜のシーズンに遊びに来られたら、新宿御苑とか目黒川とかはどうですかね? ああいう桜並木ってなかなか海外では見られないと思うので。派手!きらびやか!ってわけじゃない素朴な世界観ですけど、ひと目見ただけで日本を感じられるというか。四季も踏まえて遊びに来てもらえたら楽しいんじゃないかな。

    HARUNA:私、去年から御朱印帳を集めてて。外国人の方はスタンプラリーみたいな感覚で……って本当はそんな軽いものじゃないんですけど、せっかく日本に来たならそういう過ごし方も面白いかなーって思います。私は浅草寺で御朱印帳を買ってスタートしたんですけど、浅草寺だったらお寺に行くまでの仲見世通りもすごく楽しいし、いわゆる日本っぽい感じを楽しめると思います。

    RINA:私は……渋谷のタワーレコード。CDショップって海外ではどんどんなくなってて、日本が世界で一番数多いと思うんですけど、その中でも一番大きくてなんでもそろってる場所だと思うんですね。海外から来た方がタワレコの建物の写真撮ってる姿も見るから、やっぱりそういう見え方するんだなと思って。

    ――実際に在庫や坪数から見ても世界最大のCD小売店ですね。

    RINA:そうですよね。大切な場所になってる。タワーレコードの歴史をつづったドキュメンタリー映画(「ALL THINGS MUST PASS」)があるんですけど、それ見たあとに渋谷のタワレコ行ったら感動すると思います! レコードショップも今後どうなるかわからないから、あるうちに一番カッコいいCDショップを楽しんでいってもらえたらなと思います。

     

    ■Information

    SCANDAL
    NEW ALBUM「HONEY」
    2018年2月14日(水)リリース

    ▼完全生産限定盤(CD+Tシャツ)
    AMIAYAプロデュースのオリジナルフォトTシャツ付き!
    価格:¥5,278(税抜)

    ▼初回生産限定盤(CD+DVD)
    DVD内容:Storytellers:SCANDAL
    価格:¥3,426(税抜)

    ▼通常盤(初回仕様)(CD)
    価格:¥2,963(税抜)

    アルバム特設サイト
    http://www.scandal-honey.com/

    ニューアルバム『HONEY』ダウンロード配信
    https://erj.lnk.to/-gqrHWN

    ライブ情報:http://www.scandal-4.com/live/archive/?43093

    SCANDALオフィシャルサイト:http://www.scandal-4.com/

    SCANDALオフィシャルYouTube Channel:https://www.youtube.com/user/scandalSMEJ

     

RELATED ENTRIES

  • SCANDAL、国内ツアー全公演中止&ツアーを再現した生配信ライブ開催を発表

    27.May.2020 | MUSIC

    SCANDALが、今年予定していたワールドツアー「SCANDAL WORLD TOUR 2020 “Kiss from the darkness”」の国内全公演中止を発表した。

    2020年3月より予定していたワールドツアーの国内公演は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため開催を見合わせて延期を調整していたが、緊急事態宣言解除後も続く屋内イベントへの一部制限など万全の状態での開催が困難であり、さらなる会場のスケジュール調整の見通しも立っていないことから、全公演中止の判断に至ったとのこと。チケットの払い戻しの詳細は後日発表となる。

    ツアーの中止を受け、幻となってしまった本ツアーをSCANDAL結成14周年の記念日である、8月21日(金)に一夜限りの生配信ライブとして開催することが決定。視聴方法などの詳細は、SCANDALオフィシャルサイトを確認しよう。

  • SCANDAL、TOMOMIがボーカルを務める新曲を宅録音源で配信決定

    14.May.2020 | MUSIC

    SCANDALが、新曲「Living in the city」を2020年6月3日(水)に配信リリースすることが決定した。

    今作はもともと今年2月に発売された彼女たちの最新アルバム『Kiss from the darkness』の制作時にベースのTOMOMIによって作詞作曲された曲で、東京でのなんてことない日常が愛おしく思えるような情景が歌われたメロウなナンバーだ。自粛生活の続く今、「新たな意味合いをもって聴いてもらえる」と急遽リリースが決まった今作はSCANDALにとって初となる宅録音源のままでのリリースとなる。

     

    Living in the city」Official Audio

    リリースに先駆け、SCANDALオフィシャルYouTubeチャンネルにて楽曲のショートバージョンが公開となっているので、是非チェックしてみてほしい。

  • SCANDAL、ワールドツアー初日延期を受けて、アルバム収録曲「月」のMVを急遽公開

    07.March.2020 | MUSIC

    2020年2月12日(水)にプライベートレーベル“her“より第1弾アルバムとなる『Kiss from the darkness』をリリースしたSCANDALが、アルバム収録曲「月」のSpecial MovieをSCANDALオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開した。

    3月7日(土)は、アルバムを引っ提げたワールドツアー「SCANDAL WORLD TOUR 2020 “Kiss from the darkness”」の初日である厚木市文化会館・大ホール公演が予定されていた日で、この度の日本国内における新型コロナウイルスの感染拡大の状況に伴い、感染の拡大を防止する観点から、延期を発表していた。

    今回、ツアーの開幕を楽しみにしていたファンに少しでもSCANDALの楽曲を届けられたらという想いのもと、急遽Special Movieを公開することとなった。

     

    「月」は、作詞をRINA、作曲をMAMIが手掛け、サウンドプロデューサーに立崎優介を迎えて制作した、大切な人との別れを歌った切ないミディアム・バラード。Special Movieは、SCANDALのライブ写真を多数撮影してきたフォトグラファー・ヤオタケシが初めて大野敏嗣と共に監督を務めた作品となる。ヤオ氏による撮り下ろしの写真で構成されており、思い出が詰まった写真と切ない歌詞があいまって、楽曲の世界観に浸ることができる作品に仕上がっている。

     

    「月」Special Movie

    https://youtu.be/rNpnU83HjcA

     

    SCANDAL (HARUNA) コメント

    急に楽しみにしていた予定が中止になったり、学校が休みになったり、在宅勤務になってしまったり、その他にも様々なニュースにみんな不安な日々を過ごしてると思います。
    こんな時こそ本来ならライブをやってモヤモヤした気持ちを吹き飛ばしたいのにそのライブができない。すごく悔しい想いで一杯です。
    とにかく今は一刻も早く事態が終息することを願います。そのためにみんなで感染予防に努めましょう。
    なにか少しでもみんなに元気を出してもらえる方法はないかと考え、本来ならばツアー初日をお客さんと一緒に迎えるはずだった今日、特別な映像を公開することにしました。
    NEW ALBUM「Kiss from the darkness」に収録している”月”という曲。
    少しでも平穏な気持ちを取り戻し、”それぞれの日々を照らして”いけたらと思います!

    ツアーの幕が開けたら、思いっきり楽しもうね!間違いなく、過去最高のツアーになるよ!みんなに会えるのを心待ちにしています!

  • SCANDAL、JFN PARKとSpotifyにてレギュラー番組配信決定

    03.March.2020 | MUSIC

    2020年2月12日(水)にプライベートレーベル“her“より第1弾アルバムとなる『Kiss from the darkness』をリリースしたSCANDALが、レギュラー番組「SCANDAL Catch up supported by 明治アポロ」を、スマホプリ「JFN PARK」と、Spotify のポッドキャストにてスタートすることが発表となった。初回配信は3月9日(月)となり、毎週月曜に配信となる。

     

    番組では、バンドの魅力・音楽性・裏エピソードはもちろんのこと、メンバーの個性を余すことなく伝えていく内容を予定しており、初めてSCANDALを知った人にも楽しめるSCANDALの「A to Z」的なプログラムとなっている。初回放送では、今後番組でトークしてみたいテーマをメンバー各自が自由奔放に発表していく。今後、メンバーの最新お気に入り楽曲のプレイリスト紹介コーナーやラジオドラマなど、メンバーの新しい一面も垣間見えるファン必見の企画も予定しているのでお楽しみに。

     

    リスナーからのメッセージも番組内でたくさん紹介していく予定だそうなので、ぜひJFNPARKまたはSpotifyのメッセージフォームからメッセージを送って番組に参加してみて。

    JFN PARKの番組ページでは収録の様子が見られる番組ブログも公開されていくので、番組と併せてチェックしてみて。

     

    SCANDAL HARUNAコメント

    1年くらい前から「久しぶりに4人でラジオやりたいね」と話していて、この度実現しました。

    毎週決まった時間に更新しますが、アプリやSpotifyで好きな時間に聴いてもらえるので、みんなの毎日の中にちょっとだけお邪魔して楽しめるような番組にしたいと思います。ぜひ毎週聴いて下さい!

  • SCANDAL、アルバム「Kiss from the darkness」を引っ提げたワールドツアー ヨーロッパ公演を発表

    20.January.2020 | MUSIC

    2020年2月12日(水)にプライベートレーベル“her“よりNew Album『Kiss from the darkness』をリリースするSCANDALが、アルバムを引っ提げて開催するワールドツアー「SCANDAL WORLD TOUR 2020 “Kiss from the darkness”」の追加公演が決定。

     

    3月より全国19公演に及ぶ国内ホールツアー、そして5月よりアジアを回ることが発表されていたが、今回新たにヨーロッパ公演が追加発表となった。ツアーでヨーロッパを巡るのは、2016年に開催したSCANDAL初の単独ヨーロッパツアー「SCANDAL TOUR 2016「YELLOW」IN EUROPE」より約4年ぶりとなる。

     

    ヨーロッパツアーは今年9月よりスタートし、パリ・ロンドン・ベルリンの3都市で開催される。チケットなどの詳細や海外公演の追加情報は、SCANDALオフィシャルホームページをチェックしよう。

  • SCANDAL、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」EDテーマ「A.M.D.K.J. (あみだくじ)」のMV公開

    08.January.2020 | ANIME&GAME / MUSIC

    SCANDALが2020年2月12日(水)にプライベートレーベル“her“よりリリースする第1弾アルバム『Kiss from the darkness』に収録される新曲「A.M.D.K.J. (あみだくじ)」の先行配信が、1月8日(水)よりスタートした。「A.M.D.K.J.」は、フジテレビ系TVアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」エンディング主題歌としてOA中の楽曲で、作詞をRINA(Dr, Vo)、作曲をMAMI(Gt, Vo)が手がけた疾走感あふれるアッパーチューン。

     

    先行配信と同時に「A.M.D.K.J.」のミュージックビデオも公開となった。数多くのアーティストの映像作品を手掛ける映像ディレクター・ウスイヒロシが監督を務めた作品は、光と布がゆらめく冷たくダークな世界観で、迫力ある演奏シーンが映し出される。インサートされる怪しげなカラーライティングが印象的なイメージカットでは、SCANDALメンバーのクールな表情も楽しんでほしい。

     

    「A.M.D.K.J.」Music Video

     

    なお、どこのお店でも予約者は全員クリアファイルが貰えるアルバム『Kiss from the darkness』の早期予約キャンペーン1月8日(水)23:59まで実施中。オリジナルグッズが貰えるチェーン別予約キャンペーンも実施しているので、併せて早めにチェックしよう。

    そして、アルバム収録の「Tonight」が主題歌を担当するテレビ東京 ドラマパラビ「来世ではちゃんとします」も、いよいよ今夜1月8日(水) 深夜1時35分よりスタート!ドラマと併せて、楽曲のOAもチェックをお忘れなく!

     

    ウスイヒロシ コメント

    企画書の1行目が、網dark字。こんなダジャレ企画が、あんなにクールに仕上がったのは、4人の佇まいがそのまま刻まれたからではないでしょうか?また1人づつの撮影では、みなさんの「カメラ映え」する所作に、ナイスを連呼してしまいたい程、魅力的でした。

  • SCANDAL、2月リリースアルバムにSASUKE・武田祐介(RADWIMPS)・佐藤千亜妃など豪華アーティストが参加

    25.December.2019 | MUSIC

    SCANDALが、2020年2月12日(水)にプライベートレーベル“her“よりリリースする第1弾アルバム「Kiss from the darkness」の収録詳細が発表となった。

     

    アルバム「Kiss from the darkness」の収録曲として、プライベートレーベル”her”を設立してからのシングル曲「マスターピース」「まばたき」「Fuzzy」「最終兵器、君」のほか、1月クールのフジテレビ系TVアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」エンディングテーマの新曲「A.M.D.K.J.」がすでに発表されていたが、今回、16才のトラックメイカーのSASUKE、RADWIMPSの武田祐介、現在活動休止中のバンド きのこ帝国のフロントマンで、今年より本格的にソロ活動を始動した佐藤千亜妃がサウンドプロデューサーとして収録楽曲に参加していることが発表となった。

     

    SASUKEはテレビ東京 ドラマパラビ『来世ではちゃんとします』の主題歌にもなっているMAMIが作詞作曲を手掛けた「Tonight」、武田祐介(RADWIMPS)はTOMOMIが作詞作曲を手掛けた「ランドリーランドリー」、佐藤千亜妃はHARUNAが作詞作曲を手掛けた「NEON TOWN ESCAPE」で参加している。豪華ゲストを迎えた楽曲たちがどのように仕上がっているのか、リリースまで楽しみに待とう。さらに、CD収録限定で、ボーナストラックも収録される。

    そして、アルバム「Kiss from the darkness」完全限定生産盤に付属するジャケットアートワークプリントTシャツ、初回限定盤Bに付属する雑誌「”her” Magazine Vol.2」の表紙のデザインも公開、オリジナルグッズがもらえる早期予約特典、チェーン別オリジナル特典などのキャンペーンも実施中なので、予約はお早めに。

    また、2020年3月4日(水)には、「Kiss from the darkness」のアナログレコードのリリースが決定。アルバムのリリース、アナログレコードのリリース、そしてワールドツアーを控えているSCANDALの活動に引き続き注目が集まりそう。

    SASUKE コメント

    DEMOを聴かせていただいた時、既にとても良い曲だったので正直そのまま出してもいいのではないかと思ってしまいましたが(笑)僕は元の印象をガラッと変えて編曲してみました。歌詞や曲の雰囲気からこの曲の伝えたい事やイメージだけは崩さないように自由に作らせていただきました。

    レコーディングにも立ち会わせていただき、メンバーの皆さんと試行錯誤しながら最後まで楽しみながら仕上げていく事が出来てよかったです。是非沢山の人に聴いていただきたいです!

    武田祐介(RADWIMPS) コメント

    最初にこの曲の弾き語りのDEMO音源を聞かせてもらった時に思い描いた音をそのままに、最後までわくわくしながら曲を形にすることが出来ました。この曲が持つ魅力を聴き手に伝える手助けが出来ていたら嬉しいです。ステキな曲の制作に携われたこと、とても光栄に思います。お話をくれたTOMOMIをはじめSCANDALのメンバーのみんな、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

    アルバム完成おめでとうございます!

    佐藤千亜妃 コメント

    今回、HARUNA作曲の「NEON TOWN ESCAPE」という曲でサウンドプロデュースをさせていただきました。普段HARUNAとプライベートでよく会う関係なので、仕事を一緒にするのはとても新鮮で刺激的でした。バンドのベーシックな演奏は最初からほとんど仕上がっていたので、そこにシンセや管楽器で新しい色を重ねていくイメージでアレンジしました。歌やベースのグルーヴに合わせて、ドラムも少しハネてもらったり。結果、SCANDALの新しい面にスポットを当てられたサウンドになっているかなと思います。

    ライブでどんなふうに化けるのか楽しみです!

  • SCANDAL、ニューアルバム収録の新曲「A.M.D.K.J.」がアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」EDテーマに決定

    02.December.2019 | ANIME&GAME / MUSIC

    2020年2月12日(水)にプライベートレーベル“her“より第1弾アルバム「Kiss from the darkness」をリリースするSCANDALが、11月29日(金)から12月1日(日)にかけてシンガポールで開催されたアジア最大級のJ-POPイベント「C3AFA Singapore 2019」の初日公演のヘッドライナーとして出演。

     

    ステージ上では今年3月にリリースしたシングル曲「マスターピース」や、過去にSCANDALが映画やTVアニメのタイアップソングを担当し、海外でも人気の高い「瞬間センチメンタル」、「少女S」、「夜明けの流星群」「HARUKAZE」を惜しみなく披露した。

    その後、新曲「A.M.D.K.J.(あみだくじ)」が、フジテレビ系TVアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の1月からのエンディング主題歌に決定したことを発表し、ライブ初披露を行った。

    「A.M.D.K.J.」は、作詞をRINA(Dr, Vo)、作曲をMAMI(G, Vo)が手掛けた、疾走感溢れるアッパーチューン。2020年1月5日(日)からアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」­­のエンディング主題歌として放送されるので、アニメと併せて楽しみにしよう。なお、「A.M.D.K.J.」は2月12日(水)にリリースとなるアルバム「Kiss from the darkness」に収録される。

    ライブのラストスパートは、今月11月6日にリリースとなった新曲「最終兵器、君」、ダンサブルなロックナンバー「テイクミーアウト」を披露、会場が一体感に包まれる中SCANDALのステージは終了となった。

     

    SCANDALは、来年3月よりアルバムを引っ提げたワールドツアー「SCANDAL WORLD TOUR 2020 “Kiss from the darkness”」を開催。この日のライブ終了後には、シンガポールを含むアジア公演の詳細が発表され、SNSには海外からも歓喜のコメントが寄せられた。更なる海外公演の追加情報は引き続きSCANDALオフィシャルサイトをチェック頂きたい。

     

    ©️水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

  • SCANDAL、2020年2月にプライベートレーベル”her”から第1弾アルバムリリース決定

    13.November.2019 | MUSIC

    SCANDALが、2020年2月12日(水)にプライベートレーベル“her“より第1弾アルバム「Kiss from the darkness」をリリースすることが決定した。今作はSCANDALの9枚目のアルバムで、前作「HONEY」から2年ぶりのアルバムリリース。さらに、3月より全国19公演に及ぶホールツアー開催も同時に発表された。

    通常盤

    アルバム「Kiss from the darkness」は、プライベートレーベル”her”を設立してからのシングル曲「マスターピース」「まばたき」「Fuzzy」「最終兵器、君」を含む全11曲を収録予定。ボーカルのHARUNAは「すでにリリースしている楽曲からも新しい挑戦や実験的な部分を感じとってもらえてると思いますが、こんなもんじゃないです。自信をもって言います、まじで最高のやつです。4人のクリエイティブなエネルギーが大爆発してます。」と今作がメンバーにとってもかなりの意欲作であることを語り、多くの楽曲で作詞を務めたドラムのRINAは「私たちにもある心の波、強さや弱さを全て音楽の種にして、曲に変えられたと思います。 <何があっても、きっと大丈夫。なんとかなるさ。>そんな気持ちを、”Kiss from the darkness” と言うタイトルに込めました。」とアルバムの内面的なテーマについてコメントした。

    完全生産限定盤

    あわせて公開となったジャケットのアートワークは、今年3月にリリースとなったシングル「マスターピース / まばたき」に引き続き、国内外で活躍するコラージュ・アーティストのQ-TAが担当。Q-TAはアートワークについて、「激しさの中に見え隠れする彼女たちのイノセントな部分を大事にし、今のSCANDALを外からではなく内側から表現しました」とコメントした。

    初回限定盤 A

    初回限定盤B

    今回のアルバムは、通常盤、初回限定盤A / B、完全生産限定盤の4形態でのリリース。初回限定盤Aにはプライベートレーベルherの設立から約1年間メンバーを追ったドキュメンタリームービーを収録したDVD、初回限定盤Bには2月にリリースとなったシングル「マスターピース / まばたき」でも大好評だった雑誌「”her” Magazine」のVol.2を付属。

     

    そして、完全生産限定盤は、ミュージックビデオ集を収録したDVDとジャケットアートワークをプリントしたTシャツが付属した豪華BOX仕様となる。オリジナルクリアファイルがもらえる早期予約特典や、チェーン別オリジナル購入特典もあわせて発表となっているので、ぜひゲットしよう。アルバムの収録曲などの詳細は後日発表される予定だ。

     

    また、アルバムを引っ提げて開催される全国ホールツアーは、2020年3月7日(土)神奈川県・厚木市文化会館公演を皮切りに、5月5日(火)、6日(水)大阪府・オリックス劇場公演までの全国19公演の開催となる。チケットなどの詳細はSCANDALオフィシャルホームページでチェックしよう。

  • SCANDAL、重厚感溢れる新曲「最終兵器、君」配信リリース&MV公開

    05.November.2019 | MUSIC

    SCANDAL(スキャンダル)が、11月6日(水)にプライベートレーベル “her”より、デジタルシングル「最終兵器、君」をリリースする。

    SCANDAL史上、最も実験的で重厚感溢れる楽曲となっており、作詞をRINA(Dr,Vo)、作曲をMAMI(Gt,Vo)が手掛けた。

     

    「最終兵器、君」Music Video

    https://youtu.be/mEnXf3CiPSY

    ※ミュージックビデオは、Apple Music、YouTube Music、RecMusic、dTVでもご覧いただけます。

     

    また、リリースと同時に11月6日(水)AM0:00より、ミュージックビデオのYouTubeプレミア公開を実施。YouTubeプレミア公開とは、視聴者が新作動画を同時に見て楽しめるYouTubeの機能。YouTubeプレミア公開中にチャットをしながらミュージックビデオを観ることができるので、ぜひリアルタイムで視聴して楽しもう。なお、ミュージックビデオの監督は、8月にリリースしたデジタルシングル「Fuzzy」に引き続き、映像ディレクター・マザーファッ子が務めている。カラースモークを使用した演出や、HARUNA(Vo,G)がハンドマイクでパフォーマンスする迫力の演奏シーンにも注目しよう。

     

    さらに、11月13日(水) 19:00~AbemaTVにてSCANDALのリリース記念特別番組の生放送が決定。番組は渋谷公開スタジオ「UDAGAWA BASE」より、AbemaSPECIAL2チャンネルで放送される。番組中に重大発表を予定しているほか、特別企画「SCANDALの部屋」と題してAbemaTV人気恋リア番組出演者がSCANDALに恋愛相談をする企画など、盛り沢山の内容でお届け予定なのでお見逃しなく。

     

    映像ディレクター・マザーファッ子 コメント

    楽曲のパワフルな印象をカラフルで無骨、エッジが効いた映像に落とし込もうと思いました。演奏してる姿が特に印象的でカッコ良く感じましたので演奏シーンをMVの主人公にしています。SCANDALさんの音楽のパワーがMVを通して映し出されていたらと思います。

  • SCANDAL、新曲「Fuzzy」配信リリース & MV公開

    07.August.2019 | MUSIC

    SCANDALが、2019年8月7日(水)にプライベートレーベル “her”よりデジタルシングル「Fuzzy」をリリースした。「Fuzzy」は恋愛中の言葉に出来ない曖昧な気持ちを疾走感あるメロディーに乗せて歌った、夏のほろ苦いラブソング。作詞をRINA(Dr,Vo)、作曲をMAMI(Gt,Vo)が手掛けた。

    同楽曲は7月11日にファイナル公演を迎えた全国ツアー「SCANDAL TOUR 2019 “Fuzzy Summer Mood”」でも披露されており、リリースが待ち望まれていた1曲。また、音源に先行して公開された歌詞には、自身の恋愛と重ね合わせるファンからSNSに共感の声が多く寄せられ、話題となった。

    今作のジャケットアートは、SCANDALメンバーが自ら約3m四方の白いペーパーに油性絵具などでペイントした作品を使用。また、リリースと同時に「Fuzzy」のミュージックビデオも公開となった。今作は映像ディレクター・マザーファッ子が監督を務め、ミニシネマ風のカップルの切ない恋物語が描かれている。物語にインサートされるSCANDALメンバーの疾走感溢れる力強い演奏シーンも見所だ。

     

    「Fuzzy」Music Video

     

    そして、8月9日(金)20時からはSCANDAL初のYouTubeライブ配信の実施を予定している。「Fuzzy」のほか数曲を披露するスタジオライブを生中継する、約1時間の貴重な番組となっているのでお見逃しなく。

     

    マザーファッ子 コメント

    疾走感と恋の切なさが感じられる楽曲に

    SCANDALの外の世界のストーリーと本人達の演奏シーンをエモーショナルに撮影、編集しました。

    Fuzzyな質感にもこだわっています。

    懐かしい雰囲気のドラマシーンと力強いバンド演奏シーンの両方をお楽しみいただければと思います。

  • SCANDAL、初のYouTubeライブ配信!スタジオライブを生中継

    01.August.2019 | MUSIC

    SCANDALが、2019年8月9日(金)20時より自身初となるYouTubeライブ配信を実施することを発表した。Red Bull Music Studios Tokyoでのスタジオライブの模様が、SCANDALのYouTube公式チャンネルにて約1時間にわたり生配信される。

     

    スタジオライブでは、7月11日にファイナル公演を迎えた全国ツアー「SCANDAL TOUR 2019 “Fuzzy Summer Mood”」でも披露された新曲『Fuzzy』を含む数曲を披露予定。

     

    SCANDALは、配信翌日の8月10日(土) にはROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019、翌週18日(日)にはSUMMER SONIC 2019 OSAKAに出演するなど、夏フェスへの出演が続く。フェスに参加する人はYouTubeライブ配信を見て、ぜひSCANDALのライブを予習しよう!

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US