新宿南口のイルミネーション「新宿ミナミルミ」2018年も開催

04.September.2018 | SPOT

今年度で6回目を迎える新宿駅南口のイルミネーション、「新宿ミナミルミ」が2018年11月14日(水)より開催される。

「ミナミルミ」とは「南のイルミネーション」「みんなで観るイルミネーション」の意味をこめた造語。

新宿南口の徒歩圏内の各会場にて、それぞれ趣の異なるイルミネーションを施し、新宿南口エリアを彩る。なお、各施設の詳細については、10月以降あらためて発表される予定だ。

どの会場も歩いてすぐの場所にあるのが嬉しいところ。訪れた際は全部のイルミネーションを周ってみて。

 

■Information

新宿ミナミルミ実施会場:新宿サザンテラス/タカシマヤ タイムズスクエア/新宿マインズタワー/JR南新宿ビル/JR新宿ミライナタワー/Suicaのペンギン広場

(最寄駅 JR、小田急、京王、都営新宿・大江戸線 新宿駅、副都心線 新宿三丁目駅)

実施期間:2018年11月14日(水)~ 2019年2月14日(木)

点灯時間:17:00~24:00(予定)

※12月は16:30~24:00 (予定)

※会期・内容については変更になる場合があります。

RECOMMENDED ENTRIES

  • 新宿VRエンターテインメント施設「ドラゴンクエストVR」開始

    30.April.2018 | SPOT

    国内最大級のVRエンターテインメント施設「VR ZONE SHINJUKU」は、フィールドVRアクティビティ『ドラゴンクエストVR』の稼働を2018年4月27日(金)より開始した。これにともない、スタートを盛り上げる『ドラゴンクエストVR』オープニングイベントを4月25日(水)に開催した。

    ドラゴンクエストVR

    当日は、熱烈なドラゴンクエスト好きで知られるケンドーコバヤシとインパルスの板倉俊之が登場。さらに、今回の『ドラゴンクエストVR』のオリジナルキャラクターで、ナビゲートキャラであるホイミスライムの「ホミリー」の声を演じた声優のLynnも登場し、各々が感想を語った。

    ドラゴンクエストVR2

    壇上には、スクウェア・エニックス プロデューサーの市村龍太郎、バンダイナムコアミューズメントの濱野孝正のほか、「ドラゴンクエスト」の生みの親である堀井雄二も登場した。約30年前にドラゴンクエストを生み出した堀井雄二は「ドラゴンクエストが生まれて約30年。こんな世界が目の前に広がるとは夢のようです。」と喜びを語った。

    VR ZONE SHINJUKU

    そして、VR ZONE SHINJUKUの中心にあるセンターツリーを、Lynnの掛け声で点灯。ドラゴンクエストシリーズには欠かせない、“世界樹”をイメージしたプロジェクションマッピングが投影された。

    ドラゴンクエストVR3

    その後、ゲストが実際にアクティビティを体験。VR体験が始まった途端、皆は「うわぁ、本当にドラゴンクエストの世界が広がってる!草原が広い !」と興奮を隠せない様子だった。

    ドラゴンクエストVR5

    ドラゴンクエストの世界をリアルに体感できる「ドラゴンクエストVR」を見逃すな!

     

    ■Information

    ドラゴンクエストVR

    住所:新宿区歌舞伎町1-29-1、『VR ZONE SHINJUKU』

    予約先

    URL:https://vrzone-pic.com/activity/dragonquestvr.html

     

  • 「春水堂」グループのティースタンド「TP TEA」新宿にオープン!日本限定フレーバーも

    09.July.2018 | FOOD / SPOT

    台湾タピオカスタンドが続々上陸する中、ついに真打ちが登場!日本初上陸となるタピオカミルクティー発祥の店・春水堂(チュンスイタン)グループのティースタンド『TP TEA(ティーピーティー)』が7月20日(金)、ニュウマン新宿のエキナカにオープンする。

    ニュウマン新宿エキナカのリニューアルの目玉として、ドリンク・スイーツ・フードの3拍子揃った新スタイルの台湾ティースタンドのオープンを記念し、初日から3日間、オリジナル・ドリンクホルダーが毎日先着300名にプレゼントされる。店内にはカウンター席も用意されており、アクセス抜群のエキナカでのランチやテイクアウト両方の利用が可能だ。

     

    『TP TEA(ティーピーティー、Taiwan Professional TEAの略称)は、35年の歴史を持つ春水堂が2005年に設立したテイクアウト専門ティースタンド。看板商品のティーラテシリーズなど、ユニークで高品質なドリンクは台湾中で瞬く間に人気を博した。現在は、国内250店舗・香港・上海・シンガポールなどへグローバル展開している。

    TP TEAではオリジナルの『大粒タピオカミルクティー』、看板商品である“ラテシリーズ”の『鉄観音ラテ』、日本限定の『タピオカ抹茶ラテ』、ハイグレードのジャスミンティーでつくる『タピオカ翡翠ジャスミンティー』など、厳選された高品質な茶葉やタピオカを使った50種類以上のティードリンクが勢ぞろい。『タピオカマンゴーラテ』『マンゴースムージー』など夏季限定のマンゴーティーシリーズ3種も販売される。

    日本初登場の『タピオカミルクティーソフトクリーム』は、店舗で丁寧に淹れた薫り高いお茶の風味、もちもちのタピオカ、リッチなソフトクリームのハーモニーが抜群の一品。紅茶と鉄観音味の2種類のフレーバーを販売。

    『麻辣湯(マーラータン)』は、中華圏で人気の激辛の春雨ヌードル。TP TEAオリジナルの麻辣湯は、唐辛子や花椒など多様な香辛料を加えた麻辣スープを使用。そこに、もっちり食べ応え抜群の板春雨とたっぷりの野菜を加えている。4段階の辛さと、パクチーや水餃子、台湾で大人気の排骨(パーコー)などバラエティ豊かなトッピングを選択可能。お好みにカスタマイズできる。辛いヌードルと甘くて冷たいタピオカミルクティーの相性は抜群だ。

    本格ブランドがお贈りする、こだわりの商品の数々をご堪能あれ!

     

    ■Information

    TP TEA(ティーピーティー)ニュウマン新宿店

    住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 ニュウマン新宿 2F エキナカ

    オープン予定日:2018年7月20日(金)

    営業時間:平日8:00~22:00 土日祝 8:00~21:30

     

  • 【東京さんぽ】会いに行きたい喫茶店 #4 猫好きは必見! 新宿三丁目「カフェアルル」

    21.December.2017 | FEATURES / FOOD

    “サービス精神旺盛なオーナーと猫ちゃんに癒される!”

     

    私、谷奥えまが、一度は行ってみたい純喫茶を紹介する連載第4回目。今回は新宿三丁目にあるカフェアルルに行ってきました。
    ここのお店は、猫がいるとの噂を聞いて以来ずっと行ってみたかったんだ〜♪♪

    お店は、都営新宿線「新宿三丁目駅」から徒歩5分以内で着くので、とても行きやすい場所。新宿末廣亭の辺りをテクテク歩いてると、なんだか猫が居そうな雰囲気のお店が見えてきました。

    DSC05483

    そう! カフェアルルの入り口には、猫や犬の置物がいっぱい!

    なぜだか入る前からわくわくな気持ちでいっぱいでした。

    DSC05392

    早速、お店に入ってみるとチラッと猫ちゃん登場。

    DSC05630

    笑顔が素敵なマスターもお出迎えして頂きました♪♪

    帽子にひょっこり猫のブローチ。マスターの猫愛がすっごく伝わってきました。

    DSC05509

    店内を見渡してみると、猫!猫!猫!猫グッズでいっぱい!!

    猫グッズ以外にも、マスターが趣味で集めているピエロのグッズが所狭しと飾られていました。

    DSC05619

    カフェアルルは初めて訪れたのに、すっごく居心地が良くて穏やかな気持ちになる喫茶店。マスターに喫茶店をはじめたきっかけをお伺いすると、意外なお話を聞くことが出来ました。

    mmw_kissa04_03

    当時、マスターが雀荘で働いていたとき、知り合いの方に喫茶店をやらないかというお誘いがあったんです。趣味で集めていた絵画を飾る場所を探していたこともあり、また、自分の好きな音楽やメニューなど、自由にお店作りをするのは楽しそうだなって思ってはじめたんだとか。

    DSC05616

    お店にはたくさんの絵画も飾られています。中でも、現代芸術作家の近藤智美さんによる、店内をモチーフにした作品『巨匠をよろこばす 股をひやす』は、看板猫のイシマツくんとジロチョウくんが、思い切りだらけている姿が超かわいい!

    mmw_kissa04_02DSC05556

    カフェアルルは楽しいが楽しいを引き寄せ、喜んでくれるお客さんの愛や喜びがいっぱい詰まった素敵な空間。だから、はじめてでもこんなに居心地よく、時間を過ごせるんだなと思いました。

    DSC05546

    マスターにオススメのメニューを聞くと、「あなたがいま一番食べたいものがオススメだよ!」という名言をいただきました。というわけで、わたしの気持ちは今ナポリタンを食べたかったので、ナポリタン(税込720円)を頼みました(笑)。

    DSC05547

    こちらはサービスで出しているという、バナナとジャイアントコーン❤ こういう気遣いがすっごくうれしい!

    DSC05596

    ナポリタンは昭和レトロを感じさせる、家庭的な優しい味でとっても美味しかったです。また、ドリンクやスープ、サラダがサービスで付いていてボリューム満点。

     

    DSC05432

    お腹が満たされた後は、マスターのご厚意で、看板猫のジロチョウくんをお散歩させてもらいました。

    猫を散歩するなんて初めてだったからとても新鮮!!!

    DSC05469

    とてもおとなしい性格なので、お散歩しやすかったです。ちなみにオーナーのことが大好きなジロチョウくん。いつもオーナーが車でお店にやってくると、エンジンの音を聞き分けて出迎えしてくれるんだとか。

    mmw_kissa04_01DSC05657

    喫茶店をはじめて今年で40年になるそうですが、「ずっと楽しかった」と幸せそうにマスターは話してくれました。“みんなが喜んでくれることをやろう”と思ってやっているとみんなが応援してくれる。そういう優しさの連鎖が今日までお店が続けられた原動力なのかなー。

     

    心温まる喫茶店に出会えて良かった。

    またいきたいなぁ〜。そしてまたマスターとお話しがしたいです。

     

    ■Information

    カフェ アルル

    住所:東京都新宿区新宿5-10-8 1F

    営業時間:11:30〜22:00

    定休日:日曜、年末年始

    アクセス:都営新宿線、東京メトロ丸ノ内線「新宿三丁目駅」から398m

    URL:https://tabelog.com/en/tokyo/A1304/A130401/13087540/

     

     

    Model & Writer :谷奥えま

    DSC05571

    プロフィール:『えまえり』の愛称で親しまれている青文字系双子モデル。双子ならではのファッションコーディネートや愛くるしいルックスにファンが急増中。また国内外問わず原宿文化をPRし、街の活性化に努める原宿観光大使も務めている。ファッション誌からTV、ドラマや映画の主演を務めるなど、ファッションモデル発のタレントとして幅広く活躍中。趣味で年間150以上の喫茶店を訪れ、自分好みの喫茶店を開拓している。Instagram:@ematanioku

    Photographer:Haruka Yamamoto

    Editor:Ryoichi Komaba

    Design:Yuko Abe(ASOBISYSTEM)

     

    TALENT PROFILE

    谷奥えま

    『えまえり』の愛称で親しまれている青文字系双子モデル。双子ならではのファッションコーディネートや愛くるしいルックスにファンが急増中。また国内外問わず原宿文化をPRし、街の活性化に努める原宿観光大使も務めている。ファッション誌からTV、ドラマや映画の主演を務めるなど、ファッションモデル発のタレントとして幅広く活躍中。

RELATED ENTRIES

  • 冬の風物詩「第25回 神戸ルミナリエ」作品テーマ決定!ぬくもり感じる”白熱電球”が復活

    09.October.2019 | SPOT

    神戸ルミナリエ組織委員会は、今年12月6日(金)から12月15日(日)まで開催する 「第25回神戸ルミナリエ」の作品テーマを、「希望の光に導かれて、25年」(Da 25 anni, guidati dalle luci della speranza)に決定した。

    「神戸ルミナリエ」は、阪神・淡路大震災犠牲者への鎮魂の意を込めると共に、都市の復興・再生への夢と希望を託して、大震災の起こった平成7年の12月に初めて開催された。以来、震災の記憶を後世に語り継ぐとともに神戸の希望を象徴する行事として、また神戸の冬の風物詩として定着し、昨年は約343万人もの来場者が訪れた。

    ぬくもりを感じさせる”白熱電球”が復活

    かつて外国文化の玄関口として栄え、いまはセンスの良いお店が建ち並ぶ仲町通りの作品の総延長は約270m。玄関作品の「フロントーネ」は高さ約22mの巨大な3連の門状で、京町筋交差点までの約50mに渡り光の壁掛け「スパッリエーラ」を配置する。その東側には明るく鮮やかな回廊状の作品「ガレリア」が続く。第25回の特別な演出として、伊藤町筋から東のブロックを「メモリアルゾーン」とし、 第一回に使用していた白熱電球による壁状の作品を展開する。

    高さ約21m、ルミナリエ史上最大級のドームを設置!

    東遊園地の広場には、毎年設置している光の聖堂(カッサアルモニカ)を大きく包み込む、 高さ約21mに至る巨大なドーム状の作品を初めて設置。慰霊と復興のゾーンでは、今回初めて「1.17希望の灯り」を高さ約4mのアーチで飾る。

     

    花時計広場には、藤棚に沿って点滅する光の壁掛け「スパッリエーラ」を展開。この作品は音楽に合わせて光が躍動するように点滅を繰り返す。 このほか、来場者を会場へ誘導する小作品やフォトスポット作品も設置する。

     

    震災語り部ブースの開設

    今回はじめて作品を置く東遊園地の「慰霊と復興のゾーン」に、阪神淡路大震災1.17希望の灯りとの協働による「震災語り部ブース」を開設。 神戸ルミナリエの開催が、今回25回目を迎えた。1995年の阪神淡路大震災を経験していない世代の来場も増えるなかで、神戸ルミナリエがなぜ始まったのかなど本来の趣旨や、震災の経験者の話をリアルに伝え続けるため「震災語り部ブース」が開設されることとなった。

    【作者 -ダニエル・モンテベルデ メッセージ】 

    25年目となる今年もまた、この神戸は賑わいます。通りを埋め尽くす人々、空を見つめ、点灯の鐘の音を待つ人々。 25年前の記憶と、失った人々の思い出を胸に。 私たちの子供や、次の世代を担う若者に、私たちの物語、 そして私たちの夢と希望を伝えるために。 震災から復興したこの神戸を、誇りに思うために。 

     

    兵庫、日本、そして全世界に向け、神戸ルミナリエの灯火が、今年も点灯します。 この光は皆さん一人ひとりの献身、努力、そして愛の象徴です。このルミナリエの光が、私たちの心に永遠に輝き続け、世界への希望のメッセージとなりますように。 

  • ビームス・フェニカとアイヌ工芸作家がコラボ!オリジナルコレクション 新宿で販売開始

    06.October.2019 | FASHION

    ビームスの衣食住にまつわるアイテムを展開するレーベル「fennica(フェニカ)」とNPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構(北海道釧路市)がコラボレーションし、アイヌ文化を暮らしに取り入れる新作コレクション作品を発表する。

    ロンドンを拠点に世界のクラフトを追求するフェニカのディレクター、テリー・エリスと北村恵子の二人が、このたび北海道釧路市阿寒湖エリアの「アイヌ文化」に着目し、次世代のアイヌ文化を担う若手工芸作家のクリエーティビティーと融合。時間をかけて共に創り上げたオリジナルな作品の数々をお披露目するイベント「アイヌ クラフツ  伝統と革新  -阿寒湖から-」を、2019年10月12日より新宿のビームス ジャパン5F・フェニカ スタジオおよびBギャラリーにて開催する。

    アイヌ文様のシルバージュエリーや木彫りのカトラリー、伝統素材の籠バッグなど、アイヌ文化を身近なライフスタイルアイテムに取り入れ、会期中併設ギャラリーにてアイヌ関連の展示ほか、トークショーやライブイベントなど作家と触れ合える機会も用意されている。

    また、今回の取り組みについての特集ページ「fennica things vol.7阿寒湖とアイヌ」も10月1日(火)より公開となった。

    <ディレクターからのメッセージ>

     

    テリー・エリス

    「瀧口さんの『イチンゲの店』を歩き回っていたときに目に飛び込んできたのが、このカトラリーでした。素朴な中にフォークロアを感じた。実用的なのに高い芸術性もあり、一点に終わらず集めて飾りたくなるでしょう」

     

    北村恵子

    「阿寒には山、川、湖、森があるまれな地域ではないでしょうか。時間によって激しく変わる光、色、音などが体にしみこんでいるからこそ生まれてくる形や色があるのだな、と感じます。そしてアイヌアートは他の国や地域の伝統工芸に比べ、ほぼ全てのカテゴリーで現在も制作が可能なところが特徴。いまも家族のために作ることを続けている人たちがいて、ここまで残っているのは貴重です。

     

    日本の手しごとは各地で消滅の危機を迎えています。今なら、後継者がいなくても、そばで見ていた人がいたり、かつては触ったことがある人がいたり、ギリギリ間に合うタイミング。技術は途絶えてしまったらそこで終わりですから。素晴らしい技術は守らなくては、今やらなくては、という使命感のようなものがわれわれにはあります」

  • ニューヨークの朝食の女王”サラベス”ルミネ新宿店で来日イベントを開催

    04.October.2019 | FEATURES / FOOD

    2012年の日本上陸から7周年を迎えたデザートレストラン「サラベス」。7周年を記念して、11月5日(火)に創業者“サラベス・レヴィーン”が来日、記念メニューが楽しめる一夜限りのスペシャルイベントを開催します。

    “発酵”をテーマにした、 イベント当日のみのスペシャルメニューの数々はプレミアム!「サラベス」創業者であるサラベス・レヴィ―ン登壇によるトークもとても貴重です。

    当日の限定メニューは “ヘルシー”にこだわり抜いてアレンジした健康食を代表する発酵食品を使用し、 定番の“パンケーキ”、 “エッグベネディクト”をグレードアップさせたアイテムをはじめ、「酵素シロップレモネード」、「高知県産碁石茶」などのドリンク、さらにはお土産として「サラベス」オリジナルクッキーを持ち帰ることができます。これは行くしかない!

  • 光と音楽の祭典「ウインターイルミネーション2019-2020」埼玉・東武動物公園で開催

    03.October.2019 | SPOT

    東武動物公園では、2019年10月26日(土)~2020年2月11日(火祝)の期間、約300万球のLEDによる「ウインターイルミネーション2019-2020」を開催する。

    また、今シーズンは、人気男性ヴォーカリスト「天月-あまつき-」とのコラボレーションイルミが登場し、光と音楽の融合が楽しめる。LEDビジョンを使用したショー演出「ライブイルミネーション」にて、天月-あまつき-のミュージックビデオやここでしか見ることのできないオリジナルムービーを上映するほか、約50mの光のトンネルでは、天月さんをイメージした装飾とともに、楽曲に合わせて光が動くイルミネーションを満喫できる。 その他、コラボ企画の詳細は後日発表される予定なので、楽しみに待とう。

    大型LEDビジョン「イルミネーションショー」 【場所:ハートフルガーデン前】

    関東最大級の大型LEDビジョンでは、光と音楽と映像が融合した「イルミネーションショー」が開催される。音楽に合わせたCG映像がビジョンに映し出され、その前に装飾されたイルミネーションとも連動。今年は新たにフルカラーレーザーを追加し、「天月-あまつき‐ライブイルミネーション」を含め、よりダイナミックかつ幻想的な3種のショーが登場する。

    ハートフルガーデン 【場所:ハートフルガーデン】

    総面積8,000 m²を超える「ハートフルガーデン」では、光の花々やイルミネーションで光輝くフラワートピアリー(造花で作った動物や乗り物)が迎えてくれる。

    劇場型プロジェクションマッピング 【場所:イベントステージ「東武動物公園HOLA!」】

    約1,300名を収容できる全天候対応型の大型イベントステージ「東武動物公園 HOLA!(オーラ)」では、ステージ壁面や天井全体に映像を投影し、備え付けの座席で鑑賞でいる“劇場型プロジェクションマッピング”を実施。

     

    今年の映像は、ミュージカルをテーマに「ようこそ、アニマル歌劇団へ」と題したエンターテインメントショーをお届け。様々な動物たちが登場し、歌やダンスを披露する物語は、まるで本物のミュージカルを見ているような興奮やワクワクを体感することができる

    ※プロジェクションマッピングは、11月30日(土)から開催。

    桜イルミネーション 【場所:東ゲート前 白鳥の池】

    東ゲート正面にある白鳥の池では、池を取り囲むソメイヨシノに光の花が咲き、桜色の大パノラマが目の前に広がる。

     

    遊園地イルミネーション 【場所:遊園地各所】

    遊園地内は、ライトアップにより日中とは違った煌びやかなアトラクションとともに、かぐや姫や人魚姫、シンデレラといった「世界の童話」をテーマとしたフォトエリアが登場。

    東武動物公園で、子どもから大人まで楽しめるロマンチックなひとときを過ごしてみて。

  • GINZA SIX屋上庭園で初のイルミネーション「Roof Star Garden」開催

    02.October.2019 | SPOT

    銀座エリア最大級の複合商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」の屋上庭園「GINZA SIX ガーデン」で、2019年11月26日(火)~2020年2月24日(月・休)まで、イルミネーション「Rooftop Star Garden(ルーフトップ スター ガーデン)」が開催されます。

     

    地上約56m、銀座で “最も星に近い” 場所に位置する屋上庭園を、無数の星が降り注ぐ空間に演出。GINZA SIXでのイルミネーション開催は初となり、華やかな銀座の夜の街並みに輝きを添えます。

    「Rooftop Star Garden」は、GINZA SIX ガーデン内の「水盤エリア」と「森エリア(2カ所)」において、“星”をモチーフにした光の演出を実施予定。

    水盤エリアは「Ryusei–流星-」をテーマにLEDを使用した奥行きを感じられる演出。モニュメントとなる147本のLEDの柱が設置され、“流れる星”や“星のまたたき”などをイメージした星の輝きを表現します。

    水盤エリアをはさむように設けられた2カ所の森エリアでは、様々な場所から放たれたレーザーの光がクリスタルを通して拡散され、無数の星が降り注ぐ空間に。360度見渡す限り星に包まれた小宇宙の中を回遊することができます。

     

    満天の星が光り輝くGINZA SIXガーデンで、ここでしか体感できないクリスマスを楽しもう。

     

    *画像はイメージです

  • 福岡市のイルミネーション「青の洞窟 FUKUOKA」に絶品コラボメニュー登場

    25.September.2019 | FOOD / SPOT

    2019年9月16日(月・祝)から2019年10月6日(日)の期間、福岡県福岡市の中洲懸橋にてイルミネーションイベント「青の洞窟 FUKUOKA」が開催されている。

    九州一の繁華街・中洲に位置する中洲懸橋に、「青の洞窟」が「青い滝」となって出現。 特別な装飾を施したクルーズ船で「青い滝」が流れる橋をくぐり、福博であい橋からキャナルシティ・博 多湾までの名所を巡る航路で、幻想的でロマンチックな30分間のクルージングが楽しめる。

    また、期間中は中洲懸橋周辺も「青の洞窟」の世界観を表現したイルミネーションで彩られるほか、クルーズ船内にて日清フーズ「青の洞窟」ブランドの「青の洞窟 ボロネーゼ」が食べられる。乗船すると記念に「青の洞窟」オリジナルポストカードもプレゼントされる。

     

    さらに福岡県福岡市の中洲懸橋の周辺の複数店舗でタイアップを実施。日清フーズ「青の洞窟」ブランド製品を使ったコラボレーションメニュが味わえる。イルミネーションを見ながら美味しいご飯を食べて癒されみて。

  • お土産用に熨斗も用意!フードトラックのたい焼き専門店「たいの八(や)」新宿にオープン

    21.September.2019 | FOOD

    フードトラックのたい焼き専門店「たいの八(や) 」が、2019年9月20日(金)新宿にオープンします。
    フードトラックが設置される場所は、新宿駅東南口直結「Flags」の1Fエントランス前。
      
    たい焼き 200円(税込)
    洋菓子感覚で楽しめるサクっとした軽く薄めの生地に、上品な甘さの北海道産十勝小豆を使用したたい焼き。
    持ち帰りすること・手土産にすることを想定しているので、くたくたにならず、サクッとした食感で楽しめるように工夫されています。
    甘すぎず食べやすい餡は、北海道産十勝の香りの強い小豆を北海道産の甜菜糖で炊き上げ、さらに藻塩を隠し味として使用しています。一口ほおばると、つぶあんとは思えないほどなめらかな舌触り!餡子が好きな人はもちろん、甘い物が苦手な人にもオススメできる餡子です。
    手土産としてあらゆるシーンに対応できるよう、通常の持ち帰り箱に+30円(税込)することで可愛く彩ったラッピング「おめかし箱」を用意。カラー紐を6種類から選ぶことができるため、取引先へのちょっとした手土産やホームパーティーの手土産など、様々なシーンにあわせて対応できるのが嬉しい!
    さらにメッセージ入りの熨斗シール(全7種類)も用意されているので、たい焼きと共にお土産を渡す相手へメッセージを送ることができます。
    また、たい焼きに濃厚なソフトクリームをトッピングした相性抜群のたい焼きソフトも販売。手軽に持ち運べる大きさなので食べ歩きにもピッタリです。ソフトクリームは北海道バニラと宇治抹茶の2 種類から選ぶことができます。
    新宿での食べ歩きや、いつもお世話になっている人への差し入れに「たいの八(や)」のたい焼きをプレゼントしてみては。
  • 新宿・東京ミステリーサーカスの大人気イベント「シン・ゴジラからの脱出」再演決定

    11.September.2019 | MOVIE / SPOT

    世界初・国内最大となる“謎”をテーマとしたテーマパーク「TOKYO MYSTERY CIRCUS(東京ミステリーサーカス)」は、映画「シン・ゴジラ」とコラボレーションしたイベント「シン・ゴジラからの脱出」のリバイバル公演開催を発表した。

    ゴジラとリアル脱出ゲームがコラボした本作は、2018年4月~10月に開催し、延べ4万人が体験した大人気イベント。新宿歌舞伎町に設置された「巨大不明生物特設災害対策本部(略称:巨災対)」の一員となって、ゴジラを攻略する為に謎や暗号を解き明かす体験は、謎解きファンやゴジラファンだけではなく、多くの人に親しまれた。

    本作用に作られたオリジナル映像ではゴジラが実際に新宿歌舞伎町へ襲来する様子をえがき、大迫力の音と映像の演出を楽しめる。2019年10月4日(金)~11月10日(日)東京ミステリーサーカスにて約1ヶ月の限定開催で、チケットは9月7日(土)より発売。また、グッズやフードも数量限定で販売予定。期待して待とう!

     

    TM&©TOHO CO., LTD. ©SCRAP

  • 話題のイルミネーション「青の洞窟」福岡で”クルージング”として初登場

    10.September.2019 | SPOT

    「青の洞窟 FUKUOKA」実行委員会は、地域活性化プロジェクトの一環として、博多のまちの魅力を世界に発信するとともに、環境にやさしいまちづくりの活性化を目指して、2019年9月16日(月・祝)から2019年10月6日(日)の期間、福岡県 福岡市の中洲懸橋にてイルミネーションイベント「青の洞窟 FUKUOKA」を開催する。

     

    イルミネーションイベント「青の洞窟」は、2014年に東京・中目黒で「Nakameguro 青の洞窟」として初めて開催され、人気を博した。2016年からは、渋谷に場所を変えて復活し、2018年の「青の洞窟 SHIBUYA」には約280万人超の方が足を運んだ。さらに、2018年2月には初の地方開催として「青の洞窟 SAPPORO」、2018年9月には「青の洞窟 OSAKA」が行われ、東京のみならず国内外の方から愛される定番のイルミネーションイベントとなった。

    そして今回、九州初の「青の洞窟」として「青の洞窟 FUKUOKA」を開催。「青の洞窟 FUKUOKA」では、九州一の繁華街・中洲に位置する中洲懸橋に、「青い滝」となって出現。特別な装飾を施したクルーズ船で「青い滝」が流れる橋をくぐり、福博であい橋からキャナルシティ・博多湾までの名所を巡る航路で、幻想的でロマンチックなクルージングが楽しめる。

     

    また、期間中は中洲懸橋周辺も「青の洞窟」の世界観を表現したイルミネーションで彩られるほか、クルーズ船内にて日清フーズ「青の洞窟」ブランド製品を使ったパスタメニューも堪能できる。話題のイルミネーションにぜひ足を運んでみて。

  • これからが本番!新宿「激辛グルメ祭り」2nd roundの注目メニューをご紹介

    17.August.2019 | FOOD / SPOT

    日本最大の激辛グルメの祭典「激辛グルメ祭り2019」は、2019年8月16日(金)より新宿・歌舞伎町大久保公園にて2nd roundが始まる。

    激辛グルメ祭りは、激辛ビギナーからマニアまで、多くの激辛ファンに支持されて延べ70万人が来場したグルメイベント。世界各国を代表する激辛グルメの名店が集結して、アジア最大の歓楽街である新宿・歌舞伎町を真っ赤に染めている。ちょい辛・小辛・中辛・激辛・超激辛・地獄辛など辛さのバリエーションも豊富なので好みの辛さで楽しめる。毎週店舗や料理が大幅に入れ替わるため、何度でも通えて何度でも楽しむことができるのも特徴。

     

    1st roundでは、花小金井から初出店「チャオエムカフェ」の、辛さと旨さのバランスがとれたブンボーフエが、多くの女性達を虜にしていた。同じく初出店「麺屋 まぜはる」の行列は、毎日朝から晩まで続いていた。

    2nd roundでは、「チーズとジビエ咖哩なる一族」と「Tokyo spice curry赤と黒」が初出店。「チーズとジビエ咖哩なる一族」は、淡路島カレーを世界トップの香辛料(ジョロキア、トリニダードスコーピオン、キャロライナリーパー)で味わう、攻めのカレーが楽しめる。「Tokyo spice curry赤と黒」は、赤の薬膳カレーと黒のカシミールカレーで爽やかさが味わえる。

     

    この他にも、注目のメニューが盛りだくさん!自分の体調に合わせて、お好みの辛さで楽しもう。

  • 「ポプテピピック ポップアップショップ」サードシーズンが新宿マルイで開催

    14.August.2019 | ANIME&GAME / SPOT

    「ポプテピピック」は、2019年8月23日(金)~9月16日(月)に新宿マルイアネックス6Fイベントスペースにて「ポプテピピック ポップアップショップ」サードシーズンを開催する。

     

    2016年12月にスタートし、年々規模を縮小しながら生き長らえる本イベントが、TVスペシャルの放送を記念して完全復活。東京・名古屋・福岡・札幌・大阪に続きいよいよ新宿での開催が決定した。

     

    大川ぶくぶ先生描き下ろしのメインビジュアルをはじめとする、イベント限定描き下ろしイラストを使用した限定グッズを販売するほか、他にも商品を取りそろえる。

    また、ポプテピピックの世界観を堪能できる店内装飾や楽しい撮影スポットが盛りだくさん。その他にも税込み¥3,000以上のお買い上げでオリジナルステッカーがもらえるお買い上げ特典やガラポンの実施など、お買い物以外にも楽しめるイベントとなっている。

    (特典は税込¥3,000以上のお買い上げ1回につき1枚のお渡しです。¥3,000毎ではございません。なくなり次第終了となります)

     

    イベントの商品情報や詳しい内容はイベント公式twitterにて発表されるので、チェックしよう。

  • 新宿・京王プラザホテルの宿泊プラン「親子で茶道体験!ラグジュアリーファミリーステイ」販売

    05.August.2019 | SPOT

    京王プラザホテルは、7月20日(土)から9月1日(日)まで茶道やチェックインの模擬体験ができるファミリー向け宿泊プラン「親子で茶道体験!ラグジュアリーファミリーステイ」を販売する。

    お部屋は、専用クラブラウンジを利用できるクラブフロア・プレミアグランの中でも、子どもがいる家族に人気のワイドツインルームを用意。ワイドツインルームは、幅が153cmと広めのクイーンベッドを2台設置した部屋で、子どもと添い寝をしてもゆったりと快適に過ごす事ができる。また、洗い場付きのバスルームとなっているため、安心して利用可能。

     

    さらに、このプランにはホテルでできる特別な体験が含まれている。6歳から12歳の小学生を対象とした専用クラブラウンジでのチェックイン模擬体験では、大人の方と一緒に、子ども用のチェックインカードに記入、スタッフから茶道の体験チケットを受け取る。記入したカードは記念にプレゼントされ、記念撮影も行う。大人に一歩近づいたような感覚が楽しめる。

    また、本館10階にある茶室「松風庵」では茶道体験を実施。松風庵は、1971年の開業から都内ホテル内にある希少な本格茶室として、これまでも外国人向けの体験プログラムなどを行ってきた。まずは亭主から所作や作法について丁寧に教えられ、心を込めて点てた一碗をお菓子と共に楽しもう。その後、子ども自身で抹茶を点てることができ、日本の伝統文化や礼儀作法を学ぶことができる。体験後には、修了証書が渡される。

    夏休みは、普段は出来ない特別な思い出を家族で作ろう!

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US