unBORDE所属アーティストと「コカ・コーラ」コラボスタンプボトル登場!発売イベントにきゃりーも出席

29.March.2016 | MUSIC

“時代感”と“エッジ”のある“ONE & ONLY”なアーティストを、日本のみならず海外にも発信していくことを目指し、2010年12月21日にワーナーミュージック・ジャパン内で発足したレーベル、「unBORDE(アンボルデ)」。

 

そんなunBORDEと「コカ·コーラ」の強力タッグにより、様々な設立5周年記念プロジェクトを実現。レーベルフェスの実施、所属アーティスト12組が集結した「unBORDE all stars」によるコラボソングの制作など様々な企画を展開している。そして3月28日(月)、さまざまな表情でキモチを伝えるスタンプをラベルに配した「コカ・コーラ」スタンプボトルの発売記念イベントが開催され、コラボスタンプ全12種類を含む全44種類のスタンプボトルがお披露目された。

 

DSC_5129

 

発売イベントには、unBORDE所属アーティストを代表して、きゃりーぱみゅぱみゅ、中田ヤスタカ(CAPSULE)、PES(RIP SLYME)、神聖かまってちゃん、チームしゃちほこが出席。まず最初に、同日よりTVオンエア開始となった「コカ・コーラ」スタンプボトルの新CMにも出演するきゃりーぱみゅぱみゅが登場。

 

「ステッキを回すダンスシーンが難しくて本当に撮影中に何度も落としてしまった」といった撮影秘話を披露した他、CMソングであるデビュー5周年記念ソング「最&高」(4月20日発売)について「CMのストーリーとリンクして書き下ろされた新曲で、デビュー5周年を経た今だからこそ、みなさんに言える感謝の気持ちを表現した楽曲となっています」と想いを語った。

 

また自身がコラボした「きゃっ!」というスタンプボトルを披露し、「つけまつげがついてたり、きゃりーの『きゃ』を入れたデザインになっていて、女の子らしい仕上がりが気に入っています。意外と素直になれないところがあって、恥ずかしくて気持ちが伝えられない時があるんですが、スタンプボトルなら気軽に可愛く自分の言葉を伝えられるし、何よりみんなが楽しくなれていいなと思います。」と語った。そして、デビュー5周年だからこそ改めてファンやスタッフに気持ちを伝えたいと、「よろしく」のスタンプボトルをセレクト。「5年間支えてくれてありがとう。これからも『よろしくお願いします』」というメッセージを贈った。

 

続いて、ステージにはunBORDE所属第一弾アーティストである「神聖かまってちゃん」、そしてunBORDE最年少アーティストである「チームしゃちほこ」も登場。それぞれのコラボスタンプを紹介した後、実際にスタンプボトルを使って、グループの中で普段言えない気持ちを伝えてみることに。

 

まずチームしゃちほこ「咲良」が、メンバー向けて「サイコー」のスタンプボトルをセレクト。「実は私たち来月で、路上デビュー5年目を迎えるんですけど、ここまで一緒にやってきてくれたメンバーに、いつも伝えられない感謝の気持ちと、いつも最高だよ!という気持ちを伝えたいと思います!」と語り、代表して「ほのか」に「いつもセンター頑張ってくれてありがとう、サイコー!」とスタンプボトルを贈った。

 

次に「神聖かまってちゃん」の「の子」が他メンバーにスタンプボトルで思いを伝えることに。そして、会場に響き渡る声で「ごめーん」と、まさかの「ごめん」のスタンプがついたボトルをセレクト。メンバーの「ちばぎん」に渡しながらも、「1万円借りっぱなしで、本当にごめん」と素直な気持ちを伝え、会場の笑いを誘っていた。その後、2つのグループの垣根を越えて、チームしゃちほこの「ほのか」が、神聖かまってちゃんの「の子」に、「ぎゅーっ」のスタンプボトルを贈った。「いつもライブでかまってくれて、ありがとう。ぎゅーってしたいくらい、いつも感謝してます。」と、まさかのハグ宣言!?受け入れ態勢をとっていた「の子」に身を委ねるかと思いきや、神聖かまってちゃんの女性ドラマー「みさ子」にハグ。「の子」は、膝を落として落胆するものの、「ぎゅーっ」のスタンプボトルはしっかり受け取って嬉しそうな様子に、会場は更なる笑いに包まれた。

 

unBORDE設立5周年記念ソング『Feel』の作曲・編曲を手掛けた中田ヤスタカ(CAPSULE)、作詞を手掛けたPES(RIP SLYME)も登場。「Taste the Feeling」キャンペーンのコンセプトである「『コカ・コーラ』を飲むと、なにげない日常の中でも、ふとした瞬間をきっかけに特別に感じることができる」というメッセージにインスパイアされて制作された同曲は、unBORDE所属アーティスト12組が結集して歌われたスペシャルソングとなっている。

 

「最初に僕の方で『Taste the Feeling』というキーワードを中心に言葉を仮に曲にあててみて、デモテープをPES君にパスしました。『Feel』の最後にメンバー人一人が思い思いに歌う『がや』が入っているのですが、その『がや』を入れる作業は制作の最後に行いました。実はその時に、この曲を作って良かったという思いが溢れ出たんですよね。ほんとうにみんな楽しそうだったし、その気持ちが伝わる曲ができたなと思います」と中田ヤスタカ。「あれは、いいですよね!僕、20年以上『がや』をやってきたので、そこが褒められて嬉しい!」とPES。

 

また「どんな時に聴いてほしいですか?」と質問に対して、「『コカ・コーラ』を象徴する楽しさや嬉しさ、そして、はじけるようなイメージで作ったので、みんなでわいわいしている時、例えばパーティーみたいな時に聴いてほしい。」とPES。一方、中田ヤスタカは、「落ち込んでいる時でも、この曲を聴くことで楽しい気持ちになってほしいなと思います。曲が終わっても『また聴きたい!』と思ってもらえたら嬉しい。」と完成した楽曲への自信をうかがわせていた。

 

DSC_4982

 

新曲『Feel』は、スタンプボトルのQRコードからスペシャルバージョンのストリーミング試聴も楽しめるほか、unBORDE所属アーティスト12組総勢41名で結成された「unBORDE all stars」が総出演する4月10日(於 幕張メッセイベントホール)のunBORDE設立5周年記念イベント「Coca-Cola presents unBORDE 5th Anniversary Fes 2016」でライブ初披露が予定されている。

 

なおアーティストコラボスタンプは、LINEスタンプとしても無料配布中!詳しくはコカ・コーラ公式ブランドサイト http://www.cocacola.jp/ まで。

 

■Information

unBORDE 5th Anniversary SPECIAL SITE :http://5th.unborde.com

 

 

TALENT PROFILE

きゃりーぱみゅぱみゅ

高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月に発売した初のフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。 2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表したセカンドアルバム「なんだこれくしょん」は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム「ピカピカふぁんたじん」は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了した。 そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US