BAND-MAID、圧巻のパフォーマンスで全国ツアー開幕

14.September.2018 | MUSIC

BAND-MAIDが、9月12日に「BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2018-2019【侵略】」の初日公演を神奈川・川崎CLUB CITTA’にて開催した。

チケットはSOLD OUTし、大勢のご主人様・お嬢様で埋め尽くされた会場には 紗幕が吊るされ、世界ツアーを控えるBAND-MAIDらしい、西欧の古びた洋館が映し出される。今までにない演出に期待を膨らませ、騒つく会場内にSEが流れると、紗幕には燃え上がる炎が映し出され、その炎の中からメンバーが登場するとツアーの開幕を告げる「DICE」のイントロが響き渡った。

BAND-MAIDが生み出す音と投影される映像の世界観が混ざり合い、会場は、早くも”メイド”と”ロック”が相乗効果を生み出す異様なロック空間に。

勢いのままに、3曲目「モラトリアム」に突入すると、紗幕が降りるのと同時に、ド派手なレーザーが会場内を飛び回り、彩姫(Vo)の「来いよ!!」という攻めの煽りも相まって、 会場のボルテージは最高潮に達した。

 

序盤の6曲を演奏しきると、小鳩ミク(Vo/Gt)の「ようこそ。BAND-MAIDのお給仕へ!!」というお決まりの挨拶で、お給仕も中盤へ突入していく。

その後もハードな楽曲で攻め続けていくと、突然、感傷的なピアノサウンドが会場に響き渡る。KANAMI(Gt)がキーボードの前に立ち、そのまま鍵盤に指を置くと7月25日にリリースした3rdシングル「start over」をパフォーマンス。キーボードとギターを使い分け、器用に演奏を続け、そのまま「Daydreaming」をしっとりと弾き上げる。

 

お給仕の中盤は、歌声、そして、楽曲をご主人様・お嬢様の体に沁み渡らせるような心地よい内容となった。

そんな展開を切り裂くように、彩姫が「新曲持ってきました。」と告げると、TVアニメ「遊☆戯☆王VRAINS」の新エンディング曲に決定した「glory」を初投下する。

初披露にもかかわらず、ご主人様・お嬢様の盛り上がりで会場は縦揺れを起こした。

彩姫がステージから去ると、楽器隊のみのインスト楽曲「Onset」や小鳩がボーカルを務める「Rock in me」を演奏し、BAND-MAIDの持つ幅広い魅力を観客にぶつけていく。彩姫ひとりが再登場すると、「侵略ツアー、始まりましたね。皆さんのおかげで初日公演、SOLD OUTしました!」とMC。

 

彩姫ひとりでのMCはバンド結成以来初のことで、慣れないMCに耐え切れなくなったのか小鳩をステージに呼び戻すというオチャメな一面を見せる。小鳩が再登場すると恒例の”おまじないタイム”に突入し、”萌え萌え””キュンキュン”の大合唱がこだまする。

ここからお給仕のエンディングに向け、怒涛のセットリストでご主人様・お嬢様をさらに刺激していく。演奏スキルの高さを感じる各パートのソロパフォーマンスが印象的だった「Play」、お給仕のラストを飾った「Don’t you tell ME」と終始、ハードなロックを展開し、最高のツアー初日の幕は閉じた。

圧巻のパフォーマンスで会場のご主人様・お嬢様を熱狂の渦に巻き込んだが、何よりも印象的だったのは、お給仕自体を楽しんでいるBAND-MAIDメンバーの表情だった。加えて、演奏スキルも格段に向上し、お給仕の演出も新たな可能性を感じさせ、バンドの新時代への突入を示しているかのような鮮烈なツアー初日となった。

劇的な進化を遂げたBAND-MAIDは今後、国内ツアー、海外ツアーと世界規模で躍動する。バンドの真価を示し、まさに大化けするであろう、歴史的な瞬間をも逃さないでほしい。

 

■Information
BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2018-2019【侵略】
・2018/09/15(土)石川・金沢EIGHT HALL
OPEN 17:15 / START 18:00・2018/09/17(月・祝)新潟・studio NEXS
OPEN 17:00 / START 17:30・2018/09/22(土)広島クラブクアトロ
OPEN 17:15 / START 18:00

・2018/09/24(月・祝)岡山CRAZYMAMA KINGDOM
OPEN 16:45 / START 17:30

・2018/09/28(金)愛知・ZEPP NAGOYA
OPEN 18:00 / START 19:00

・2018/09/30(日)宮城・仙台Rensa
OPEN 16:45 / START 17:30

・2018/10/07(日)香川・高松MONSTER
OPEN 17:00 / START 17:30

・2018/10/08(月・祝)大阪・なんばHatch
OPEN 16:45 / START 17:30

・2018/11/04(日)札幌ペニーレーン24
OPEN 17:00 / START 17:30

・2018/11/30(金)福岡DRUM LOGOS
OPEN 18:15 / START 19:00

・2018/12/01(土)熊本B.9 V1
OPEN 17:30 / START 18:00

・2018/12/08(土)京都FANJ
OPEN 17:15 / START 18:00

・2018/12/09(日)兵庫・神戸Harbor Studio
OPEN 17:00 / START 17:30

・2018/12/14(金)長野CLUB JUNK BOX
OPEN 18:00 / START 18:30

・2018/12/16(日)山梨・甲府CONVICTION
OPEN 17:00 / START 17:30

・2019/01/11(金)東京・新木場STUDIO COAST
OPEN 18:00 / START 19:00

・2019/01/12(土)東京・新木場STUDIO COAST
OPEN 17:00 / START 18:00

BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2018【宣告】~senkoku~
・2018/11/09 @アメリカ/Los Angels, Lodge Room ※SOLDOUT
・2018/11/10 @アメリカ/San Francisco, The Chapel ※SOLDOUT
・2018/11/14 @フィンランド/Helsinki, Nosturi
・2018/11/16 @オランダ/Amsterdam, Melkweg
・2018/11/17 @イギリス/London, The Dome
・2018/11/18 @フランス/Paris, Backstage
・2018/11/21 @ドイツ/Berlin, SO36
・2018/11/22 @ドイツ/Munich, Feierwerk

BAND-MAID公式サイト:https://bandmaid.tokyo/

 

RECOMMENDED ENTRIES

  • BAND-MAID新曲、TVアニメ「遊☆戯☆王VRAINS」のエンディング曲に決定

    21.August.2018 | MUSIC

    BAND-MAIDの新曲「glory」が、テレビ東京系列にて好評放送中のTVアニメ「遊☆戯☆王VRAINS」のエンディング曲として2018年10月よりOAされることが決定した。

     

    「遊☆戯☆王VRAINS」は「遊☆戯☆王」のテレビアニメシリーズ第6作目で、女性ロックバンドがエンディング曲を担当するのは初となる。

     

    BAND-MAID小鳩ミク(Gt/Vo)は、
    「今回、『遊☆戯☆王』のエンディング曲に選んで頂いて、 とっても嬉しいですっぽー!小鳩、小さい頃から『週刊少年ジャンプ』を読んでいたので、こうしてジャンプ作品とお仕事ができて光栄だっぽ!世界的にも有名な『遊☆戯☆王』なので 世界中のご主人様お嬢様にたくさん聴いて頂きたいっぽ!」とコメント。

    7/25にリリースした新シングル「start over」がスマッシュヒットを記録し、国内18カ所の国内ツアーに加え、チケットが即完したアメリカでの初ワンマンライブを含む、世界8カ所でのワールドツアーも決定し、世界規模で存在感を増し
    ているBAND-MAIDが、全世界で人気を博す「遊☆戯☆王」のエンディング曲を担当することで更に勢いが増すことは間違いない。

    BAND-MAIDの今後の活躍にぜひ注目してもらいたい。

     

    ■Information

    glory
    現時点、リリース等は未定遊☆戯☆王VRAINS
    テレビ東京系列にて毎週水曜日夕方6時25分から好評放送中
    番組HP:http://ani.tv/yugioh-vrains/
    ©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS

     

    BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2018-2019【侵略】
    ・2018/09/12(水)神奈川・川崎CLUB CITTA’ ※SOLDOUT
    ・2018/09/15(土)石川・金沢EIGHT HALL
    ・2018/09/17(月・祝)新潟・studio NEXS
    ・2018/09/22(土)広島クラブクアトロ
    ・2018/09/24(月・祝)岡山CRAZYMAMA KINGDOM
    ・2018/09/28(金)愛知・ZEPP NAGOYA
    ・2018/09/30(日)宮城・仙台Rensa
    ・2018/10/07(日)香川・高松MONSTER
    ・2018/10/08(月・祝)大阪・なんばHatch
    ・2018/11/04(日)札幌ペニーレーン24
    ・2018/11/30(金)福岡DRUM LOGOS
    ・2018/12/01(土)熊本B.9 V1
    ・2018/12/08(土)京都FANJ
    ・2018/12/09(日)兵庫・神戸Harbor Studio
    ・2018/12/14(金)長野CLUB JUNK BOX
    ・2018/12/16(日)山梨・甲府CONVICTION
    ・2019/01/11(金)東京・新木場STUDIO COAST
    ・2019/01/12(土)東京・新木場STUDIO COAST

    BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2018【宣告】~senkoku~ 
    ・2018/11/09 アメリカ/Los Angels, Lodge Room ※SOLDOUT
    ・2018/11/10 アメリカ/San Francisco, The Chapel ※SOLDOUT
    ・2018/11/14 フィンランド/Helsinki, Nosturi
    ・2018/11/16 オランダ/Amsterdam, Melkweg
    ・2018/11/17 イギリス/London, The Dome
    ・2018/11/18 フランス/Paris, Backstage
    ・2018/11/21 ドイツ/Berlin, SO36
    ・2018/11/22 ドイツ/Munich, Feierwerk

    BAND-MAIDオフィシャルHP:https://bandmaid.tokyo/

  • BAND-MAID、アルカラとのツーマンライブが大熱狂のうちに終幕

    20.July.2018 | MUSIC

    BAND-MAIDがライブハウス・shibuya eggmanとコラボし、7月18日より3日連続でバンド結成5周年を記念したアニバーサリーライブを企画。初日となる「アルカラ先輩とのライブ、あるから。」を開催した。

     

    即日完売したプレミアチケットを手にした観客で会場は超満員!異常な熱気が会場を包み込んでいた。

    まずステージにはアルカラが登場し、熱狂のツーマンライブがスタートする。ライブ序盤から「やるかやるかやるかだ」「水曜日のマネキンは笑う」等のアッパーな楽曲で会場のボルテージを上げていく。

    「BAND-MAID、5周年、めっちゃ、お・め・で・と・おー!!!今日、BAND-MAIDの執事を担当します、ロック界の奇行師アルカラ!冥土の土産にこの曲をどうぞ!」
    とMC後「サイケデリンジャー2」、そして、新曲「サースティサースティサースティガール」を圧巻のパフォーマンスで観客を更に魅せていく。

    ここで、アルカラとBAND-MAIDの出会いを語り、「今のロック界で、一音一音にこだわっている数少ないバンドの一つ」と5周年を迎えるBAND-MAIDに賛美を送る。ライブの終盤には、「僕らも結成16年になるんですけど、BAND-MAIDの5周年というタイミングで素敵な1日を共有できて幸せでした。またやりましょう!」と再会を誓い、「ミ・ラ・イ・ノ・オ・ト」を披露し、全8曲の熱いライブは終了した。

    続いて、BAND-MAIDのSEが会場に響き渡り、メンバーが登場すると、彩姫(Vo.)が「BAND-MAID、5周年、お祝いしてくれますか!」と絶叫し、お給仕スタートからフルスロットルで駆け出していく。

    BAND-MAIDの代表曲「REAL EXISTENCE」「alone」といった代表曲と最新アルバム「WORLD DOMINATION」収録曲を中心に組まれた”攻め”のセットリストで会場のご主人様・お嬢様を刺激していく。

    途中、小鳩ミク(Gt./Vo.)が結成5周年お給仕が開催でき、アルカラとツーマンが実現できた感謝を伝えると、彩姫から「小鳩は、アルカラさんのただのファン。」と今回のイベント実現の裏話を暴露される場面が見られた。

    その後、お給仕恒例の小鳩による「萌え萌え」「キュンキュン」をコールアンドレスポンスする”おまじないタイム”で会場の気持ちを一つにしたところで、「せっかくアルカラ様とツーマンライブができたので、何もしないなんていやだっぽー」と小鳩がアルカラ稲村のタンバリンを借り、アルカラの「半径30cmの中をしらない」をパフォーマンスすると、会場のアルカラファンも含め、再び熱狂の空間が広がっていった。

    その後も、お給仕ラストに向け、「the non-fiction days」「DICE」という攻撃的な楽曲でで会場を煽り続け、ラストの「DOMINATION」では、ご主人様・お嬢様からも大合唱が起こり、大円団のうちに5周年記念お給仕の初日の幕は閉じた。

    アルカラとともに熱狂のライブで観客を煽り続けたBAND-MAIDは、7月19日、20日と5周年企画イベントを行い、7月25日にはメジャー3rdシングル「start over」をリリースする。その後もROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018、SUMMER SONIC2018等の大型夏フェス、日本国内・海外ツアーと2018年も走り続ける。

     

    写真クレジット:MASANORI FUJIKAWA

     

    ■Information                                                                                                                                                               start over
    リリース日:2018年7月25日
    初回生産限定盤A(CD+Blu-ray+ポストカード+CD):CRZP-35/¥7,389+tax
    初回生産限定盤B(CD+DVD):CRCP-10406/¥3,685+tax
    通常盤(CD):CRCP-10407/¥1,000+tax【CD収録内容】※全タイプ共通
    1.start over
    2.Screaming

    【Blu-ray/DVD】※初回生産限定盤A/B共通
    ・2018.4.13 ZEPP TOKYOワンマンお給仕ライブ映像
    (全26曲収録)

    【その他】※初回生産限定盤Aのみ
    ・ボーナスカード封入
    ・BAND-MAIKO「secret MAIKO lips」(CD)

    ※初回生産限定盤A:特殊仕様/完全数量限定生産(3,500枚)

     

  • BAND-MAID、新曲「start over」MV解禁!全国ツアー追加公演発表も

    06.July.2018 | MUSIC

    BAND-MAIDが7月25日にリリースするメジャー3rdシングル「start over」のミュージックビデオを公開。また、BAND-MAIDオフィシャルHPをリニューアルした。

     

    BAND-MAID 「start over」MV YouTube

     

    今回の新曲「start over」は、バンド結成当時に演奏していた楽曲の雰囲気に近いものになっている。メジャーデビュー以降培ってきたロックテイストを組み合わせたハイブリッドな楽曲で、バンドの新たな可能性を示す作品に仕上がりに。ミュージックビデオも今までにないドラマ仕立ての作品が完成した。

    BAND-MAIDオフィシャルHPもリニューアルされ、2018年9月から全国16カ所で開催する全国ツアー「BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2018-2019 侵略」の札幌追加公演を発表。また、2018年内にアメリカ本土でのワンマンライブ開催、バンド初のファンクラブ「お盟主様の会」に関する情報が追加された。

     

    BAND-MAID 2018.4.13 ZEPP TOKYOワンマンお給仕「REAL EXISTENCE」ライブ映像

     

    またシングルリリースに先行して、「start over」の初回生産限定盤A/Bに収録される2018年4月13日に開催したZEPP TOKYOでの完売ワンマンお給仕の模様(「REAL EXISTENCE」)もアップされている。新曲MVとともにチェックしよう。

     

    6月29日にはメキシコからワールドツアーがスタート!国内でも新曲リリース、多くの夏フェス出演と、世界規模で精力的に活動するBAND-MAIDから目を離さないでほしい。

     

    ■Information

    BAND-MAID 3rd SINGLE「start over」

    リリース日:2018年7月25日

    価格:

    初回生産限定盤A(CD+Blu-ray+ポストカード+CD):¥7,389+tax

    初回生産限定盤B(CD+DVD):¥3,685+tax

    通常盤(CD):¥1,000+tax

     

    Blu-ray/DVD ※初回生産限定盤A/B共通

    2018年4月13日 ZEPP TOKYOワンマンお給仕ライブ映像

    (全26曲収録)

     

    その他 ※初回生産限定盤Aのみ

    ポストカード封入

    BAND-MAIKO「secret MAIKO lips」(CD)

     

    ※初回生産限定盤A:特殊仕様/完全数量限定生産(3,500枚)

     

     

    BAND-MAID Official HP

    URL:https://bandmaid.tokyo/

     

RELATED ENTRIES

  • BAND-MAID「メイドの日」に新音源をサプライズ無料配信

    12.May.2020 | MUSIC

    世界中で人気を博すメイド姿のハードロックバンド「BAND-MAID」が、2020年5月10日(日)メイドの日に、「オンライン冥途乃日」を開催。サプライズとしてインスト音源の無料ダウンロード配信を行った。

     

    新型コロナウイルスの影響によりリモートで開催された「オンライン冥途乃日」は国内のみならず海外からもファンが多数駆け付け、YouTube LIVE内のチャットは世界各国からのコメントで溢れかえり、世界的な人気を証明してみせた。

     

    そして、SPECIAL PRESENTのコーナーにて「Want more!」と題された新デモ音源がサプライズ発表されると、更にチャットは盛り上がり、大絶賛の嵐となった。

    4月29日に初の単独映像作品となる「WORLD DOMINATION TOUR 【進化】 at LINE CUBE SHIBUYA (渋谷公会堂)」をリリースしたばかりで、勢いにのるBAND-MAID。

    「Want more!」の無料ダウンロードは5月17日(日)までの一週間が期限となっているので、早めにチェックしてみよう。

  • BAND-MAID、初映像作品より「Choose me」お給仕映像をYouTube公開

    22.April.2020 | MUSIC

    最新アルバム「CONQUEROR」が全米Billboardチャート3部門にチャートインし、世界各国で人気が爆発しているBAND-MAIDが、2020年4月29日にリリースする映像作品「WORLD DOMINATION TOUR 【進化】at LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)」に収録される「Choose me」のお給仕映像をフル尺にてYouTubeにて先行公開した。

    本作は、BAND-MAID初の映像作品で、2月14日に東京・LINE CUBE SHIBUYAにて開催された全国ツアー「BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 【進化】PRESENTED BY LIVEDAM Ai」のファイナル公演が収録されたライブ映像作品。

     

    BAND-MAID「Choose me」お給仕映像

    お給仕序盤のクライマックスとなった「Choose me」の熱狂のパフォーマンスを体感してもらいたい。

  • BAND-MAID、バンド初映像作品のビジュアルを公開

    11.March.2020 | MUSIC

    最新アルバム「CONQUEROR」が全米Billboardチャート3部門にチャートインし、世界各国で人気が爆発しているBAND-MAIDが2020年4月29日にリリースする映像作品「WORLD DOMINATION TOUR 【進化】at LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)」のビジュアルを公開した。 

    本作は、バンド初の映像作品で、2月14日に東京・LINE CUBE SHIBUYAにて開催された全国ツアー「BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 【進化】PRESENTED BY LIVEDAM Ai」のファイナル公演が収録されるライブ映像作品となる。

     

    なお、ボーナス映像として、初のドキュメンタリーに加え、BAND-MAIDメンバーによる副音声も収録される。

    メインビジュアルは、人気イラストレーター:猫将軍がBAND-MAIDメンバーを描いた作品。

    また、ビジュアル解禁に合わせ、店舗別の特典内容も発表となったのでこちらもぜひチェックしてもらいたい。

     

    BAND-MAIDは、3月12日よりローソンチケットプレリク先行が行われる全国5ヵ所でのZEPP TOUR、2021年2月11日には日本武道館でのお給仕を開催と、今後も国内で熱狂のお給仕を繰り広げていく。
    その前に、全国各地でSOLDOUTを記録し、大熱狂となったツアーファイナルの興奮をぜひこの作品で改めて体感してもらいたい。

  • BAND-MAID、トニー・ヴィスコンティ”プロデュース曲「The Dragon Cries」MV公開

    12.February.2020 | MUSIC

    最新アルバムが全米Billboardチャートに3部門チャートインし、世界中で人気が爆発中のBAND-MAIDが最新アルバム「CONQUEROR」に収録されている「The Dragon Cries」のミュージックビデオをYouTubeで公開した。

    「The Dragon Cries」は、デヴィッド・ボウイやT.Rexをプロデュースした世界的音楽プロデューサー/トニー・ヴィスコンティがプロデュースした楽曲でBAND-MAIDの音楽性と世界のキラーチューンを生み出したプロデューサーが融合し生み出されたロックナンバー。

    MVは、”世界平和”がテーマとなっており、世界の現状に対して警鐘を鳴らしている歌詞を表現した内容になっている。

     

    BAND-MAID「The Dragon Cries」MV YouTube

    全国17カ所で開催してきた全国ツアー「BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2019-2020 【激動】」も各所でSOLDOUTを記録し、残るは2月13日、14日に東京・LINE CUBE SHIBUYAで行われるファイナル公演のみとなっている。

    平日にもかかわらずチケットは即完売を記録したツアーファイナルでも「The Dragon Cries」の披露が予想されるだけに、ぜひMVをチェックしてもらいたい。

    国内外問わず、破竹の勢いで駆け抜けるBAND-MAIDの動向に注目してもらいたい。

  • BAND-MAID、アメリカ・大型ロックフェスに出演決定

    19.December.2019 | MUSIC

    最新アルバムが全米Billboardチャートに3部門チャートインし、世界中で人気が爆発中のBAND-MAIDが2020年7月10日、11日、12日にアメリカ・オハイオで開催されるInkcarceration Festivalに出演することを発表した。

     

    Inkcarceration Festivalは、オハイオ州マンスフィールドにある、映画「ショーシャンクの空に」の舞台となった刑務所跡地にて開催され、ハード・ロックとタトゥーをコンセプトに開催される大型ロックフェスティバル。2020年の出演者は、LIMP BIZKIT、WEEZER、BLINK-182といった大物アーティストが名を連ねるなか、BAND-MAIDは同フェスに日本人初となる出演に。

     

    最新アルバム「CONQUEROR」は、全米BillboardチャートにBAND-MAID初のチャートインを記録し、アメリカ本土でも話題になっている。トニー・ヴィスコンティという世界的プロデューサーとのコラボを始め、Netflix映画でのハリウッドデビュー、そして、世界的ブッキングエージェンシー(United Talent Agency)/世界的ライブイベンター(LIVE NATION)との契約締結と世界的ブレイクを予感させる活動を展開しているBAND-MAID。

     

    世界を舞台に躍進を続けるBAND-MAAIDの活躍から目が離せない。

  • BAND-MAID、世界を席巻中の新アルバムから「Blooming」MV公開

    10.December.2019 | MUSIC

    最新アルバムが世界各国のiTunesチャートで上位ランクインを果たし世界中で人気が爆発中のBAND-MAIDが12月11日にリリースする3rdアルバム「CONQUEROR」から「Blooming」のミュージック・ビデオをYouTubeに公開した。

     

    BAND-MAID「Blooming」Music Video: 

    「Blooming」は、現在のBAND-MAIDが新たに提示する疾走感あふれるロック・ナンバーでMVもBAND-MAIDの卓越した演奏技術を堪能できる、躍動感のある作品に仕上がっている。

     

    アルバム「CONQUEROR」は、アルバムリリースより先んじて12月4日よりアルバムの世界配信がスタートすると、日本のiTunes・ロックチャート3位を始め、iTunesカナダのロックチャートでの1位、アメリカ・ワールドミュージックチャート1位、オーストラリア・ロックチャート3位、イギリス・ロックチャート7位、フランス・ロックチャート4位、香港・ロックチャート11位と世界各国のランキングで上位にランクインし、現在、世界中で話題になっている。

    トニー・ヴィスコンティという世界的プロデューサーとのコラボを始め、Netflix映画でのハリウッドデビュー、そして、世界的ブッキングエージェンシー(United Talent Agency)/世界的ライブイベンター(LIVE NATION)との契約締結と世界的ブレイクを予感させる活動を展開しているBAND-MAID。

    約2年ぶりのオリジナルフルアルバム「CONQUEROR」で世界を虜にしている彼女たちの音楽にぜひ触れてみてほしい。

  • BAND-MAID、ニューアルバムが世界各国のiTunesチャートを席巻

    06.December.2019 | MUSIC

    BAND-MAIDが12月11日にリリースする3rdアルバム「CONQUEROR(カンカラー)」が12月4日より世界配信され、世界各国のiTunesチャートで上位ランクインを果たし世界中でBAND-MAID旋風が吹き荒れている。

     

    日本のiTunes・ロックチャートで現在3位にランクインしているが世界のランキングに目を向けると12月5日のiTunesカナダのロックチャートでの1位を始め、アメリカ・ワールドミュージックチャート1位(総合40位)、イギリス・ロックチャート7位、フランス・ロックチャート4位、オーストラリア・ロックチャート3位、香港・ロックチャート11位と世界各国のランキングで上位にランクインをしている。

     

    トニー・ヴィスコンティという世界的プロデューサーとのコラボを始め、Netflixでのハリウッドデビュー、そして、世界的ブッキングエージェンシー(United Talent Agency)/ライブイベンター(LIVE NATION)との契約締結と世界的ブレイクを予感させる活動を展開しているBAND-MAIDの動向から目が離せない。

  • BAND-MAID 3rdアルバムの全曲世界配信スタート!NHK「シャキーン!サウンドファイターズ」に出演決定

    04.December.2019 | MUSIC

    BAND-MAIDが12月11日にリリースする3rdアルバム「CONQUEROR(カンカラー)」が12月4日より音楽配信サービス・サブスクリプションサービスにて全曲世界配信される。

     

    アルバム「CONQUEROR」は、TVアニメ「遊☆戯☆王VRAINS」エンディング曲の「glory」、ドラマ「パーフェクトクライム」(ABCテレビ)主題歌の「Bubble」といった話題曲や世界的音楽プロデューサー/トニー・ヴィスコンティがプロデュースした「The Dragon Cries」が収録されるなど発売前にもかかわらず、大きな話題を振りまいている。今回、アルバムリリースを先行し、配信がスタートするので進化が止まらないBAND-MAIDのリアルな音楽性をいち早く体感してもらいたい。

     

    また、12月1日放送のNHK総合「シブヤノオト」への初出演に続き12月10日にNHK Eテレにて放送される「シャキーン!サウンドファイターズ」にBAND-MAIDのKANAMI(Gt.)が出演することも発表された。番組では、人間椅子の和嶋慎治と白熱のギターバトルを繰り広げる。こちらも併せてチェックしよう。

     

    ハリウッドデビューをはじめ、世界的プロデューサーとのコラボ、そして、世界的ブッキングエージェンシー/ライブイベンターとの契約締結と世界的にブレイクを予感させる活動を展開しているBAND-MAIDの動向から目が離せない。

  • BAND-MAIDハリウッドデビュー!Netflix映画『KATE(原題)』に出演&United Talent Agencyと契約決定

    27.November.2019 | MOVIE / MUSIC

    BAND-MAID(バンドメイド)が、話題作を続々と配信するNetflixのオリジナル映画『KATE(原題)』に監督からのラブコールを受けて”BAND-MAID”としての出演を発表し、さらに世界最大級のブッキングエージェント「United Talent Agency」との契約が発表された。

     

    本作はセドリック・ニコラス=トロイヤン(「スノーホワイト 氷の王国」)が監督、ウマイア・アレム(「エクストラクション」)が脚本、「デッドプール2」のプロデューサー陣が名を連ねる話題作。「FARGO/ファーゴ 3」「ジェミニマン」などに出演し、「ダイ・ハード4.0」でヒロインとして出演したメアリー・エリザベス・ウィンステッドが主演を務め、浅野忠信、國村隼、MIYAVIといった日本を代表する国際派俳優も出演が決まっている。

     

    あわせて、既に発表されている、世界最大の興行エージェント LIVE NATION との提携に続き、世界4大エージェントのひとつである「United Talent Agency」との契約が発表された。United Talent Agencyは、GUNS N’ ROSES、MUSEなどの著名アーティストに加え、国内アーティストではONE OK ROCK、BABY METALも手掛けている世界最大級のブッキングエージェントとして知られており、BAND-MAIDの世界規模でのさらなる躍進が期待される。

    David Bowie等で知られる世界的音楽プロデューサー/トニー・ヴィスコンティとのコラボも発表され、12月11日にはメジャー3rdアルバム「CONQUEROR」をリリースするBAND-MAID。BAND-MAIDの世界征服からますます目が離せない。

  • BAND-MAID、新アルバムから新曲「輪廻」MV解禁 & 楽曲配信をスタート

    05.November.2019 | MUSIC

    BAND-MAIDが12月11日にリリースするフルアルバム「CONQUEROR(カンカラー)」に収録される「輪廻」ミュージックビデオを解禁した。11月6日0時からは「輪廻」の楽曲がサブスクリクションを含めた音楽配信がスタートする。

     

    「輪廻」ミュージックビデオ

    「輪廻」のMVは、BAND-MAIDのほぼ全てのMVを手がけている青木亮二が今回も担当、8mmカメラを駆使し、BAND-MAIDの激しい激情を表現した映像作品に仕上がった。

    アルバム「CONQUEROR」は、常に進化し続けるBAND-MAIDが1年以上の制作期間を費やして制作し、現時点における集大成とも言える作品になっている。今後の彼女たちの活躍から目を離さないでほしい。

  • BAND-MAID、新アルバム「CONQUEROR」のアートワーク&購入者特典デザインを公開

    16.October.2019 | MUSIC

    BAND-MAIDが12月11日にリリースするフルアルバム「CONQUEROR(カンカラー)」のアートワークを公開した。

    アルバム「CONQUEROR」は、常に進化し続けるBAND-MAIDが1年以上の制作期間を費やして制作したフルアルバム。アートワークは、現時点における集大成とも言える作品でBAND-MAIDの音楽を花開かせたいという想いを表現したデザインに仕上がった。

    アートワーク公開にあたり、小鳩ミク(Gt/Vo)は、「長い時間をかけて、今の私たちが表現できる、最高の音楽を詰め込んだアルバムが完成しました。このアルバムが、ご主人様お嬢様の心の中にある夢や想いを花開かせるきっかけになってもらえたら嬉しいっぽ。」とコメント。

    また、「タイトル未定」とされていた楽曲「Dilemma」を含めたアルバム全詳細も発表し、アルバム「CONQUEROR」の購入者特典のデザインも公開された。

     

    約2年ぶりのフルアルバムの全貌がついに明らかにされ、アルバムリリースに向け突き進むBAND-MAIDの今後の活躍に注目しよう。

     

  • BAND-MAID、新アルバム「CONQUEROR」リリース発表&「endless Story」の先行世界配信スタート

    02.October.2019 | MUSIC

    BAND-MAIDが、10月1日にアメリカ・ロサンゼルスのLA ECHOPLEXにてワールドツアー「BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2019 【激動】 ~gekidou~」の最終公演を開催し、12月11日に新アルバム「CONQUEROR(カンカラー)」をリリースすることを発表した。

    2019年6月より世界5カ国10公演を開催してきたワールドツアーは、各地で熱狂のお給仕(ライブ)を繰り広げ、北米での5公演のチケットは即完売した。

     

    世界規模での人気を確立しているBAND-MAIDが放つメジャー3rdフルアルバム「CONQUEROR」はTVアニメ「遊★戯★王VRAINS」のエンディング曲となった「glory」、テレビドラマ「パーフェクトクライム」主題歌の「Bubble」をはじめ、現在、お給仕で披露され、すでにシンガロングが巻き起こっている「endless Story」を含めた全15曲を収録予定。ワールドワイドに活躍するBAND-MAIDが全世界に提示する、新機軸のロックアルバムに仕上がっている。

    情報解禁に伴い、新アルバム「CONQUEROR」に収録される「endless Story」が10月3日の0時より各音楽ダウンロードサービス、ストリーミングサービスでの先行配信が世界各国でスタート。

    また、BAND-MAIDの新アーティスト写真、国内ツアーの新ビジュアルも公開され、徐々にアルバム・ツアーの全貌が明らかになっている。

    着実に、目標の”世界征服”に向け、歩みを進めるBAND-MAIDが約2年ぶりに放つフルアルバムに注目しよう。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US