アートと音楽で中目黒・代官山の街を埋めつくす!「企業コラボ東京プロジェクト2018」開催

09.October.2018 | SPOT

今年6年目を迎える中目黒・代官山の街をアートギャラリーにする、企業とアーティストのコラボイベント「企業コラボ東京プロジェクト2018」が2018年10月19日(金)~11月4日(日)に開催される。

 

「企業コラボ東京プロジェクト」とは、企業と街と人と芸術が一体となり、日本を活性化させさらに世界に発信する機会を広げていくための画期的なアートと音楽の祭典。

今年のテーマはオランダの画家ヨハネス・フェルメール。10月5日から東京・上野の森美術館で日本美術展市場最大のフェルメール展の開催が決まったことに合わせて、イギリスの作品画像管理会社であるブリッジマン イメージズから画像使用許諾を取得。フェルメールにインスパイアされた複数のアーティストたちが、フェルメール代表作の一つでもある「真珠の耳飾りの少女」(オランダ・マウリッツハイス美術館所蔵)をテーマに作品を描く。

 

街中にギャラリーが出現!「ART&MUSIC WALK

開催日:2018年10月19日(金)~11月4日(日)

場所 :中目黒・代官山エリアの参加店舗

 

中目黒・代官山エリアにある様々な店舗に、企業イメージを象徴するアート作品をイベント期間中展示・販売し、街中に複数のギャラリーを出現させる。また、中目黒のMDP GALLERY会場ではフェルメール トリビュート展が開催され、中目黒高架下にある中目黒 蔦屋書店付近にヨハネス・フェルメール「真珠の耳飾りの少女」の巨大3Dアートが現れる。昨年から始まった「MUSIC WALK」も加わり、クラシックやジャズなど幅広いジャンルのミュージシャンが中目黒SPACE Mでインストアライブを行い、音楽・アートが融合した新たな空間を演出する。

 

フェルメール トリビュート展

開催日:2018年10月19日(金)~11月4日(日) 11:00~19:00

場所 :[メイン会場]中目黒「MDP GALLERY」

 

10月5日から東京・上野の森美術館で開催されるフェルメール展。オランダの画家ヨハネス・フェルメールは寡作で知られ、現存する作品は35点とも言われている。国内外で高い人気を誇り、2008年に東京・上野の東京都美術館で開かれたフェルメール展は93万人の来場者を記録した。今年開催のフェルメール展は混雑が予想されるため、日時指定入場制が導入されるなど国民の関心の高さがうかがえる。当社の本展は、トローニという独自の様式に分類されるフェルメールの代表作「真珠の耳飾りの少女」にスポットを当て、メディアの普及により表面的で視角重視になっている現代社会にこそ、表面上のモノや事象を“描き写す”のではなく表面上では計り知れない内面的なものをフェルメールにインスパイアされた現代のアーティスト達が“表現する”作品を展示する。

 

 

アーティスト ナイトライブ!

開催日:<1st stage>2018年10月26日(金)、27日(土)、28日(日) 17:00~20:00

<2nd stage>2018年11月2日(金)、3日(土)、4日(日)  17:00~20:00

場所 :中目黒「SPACE M」

 

音楽ライブ・DJパフォーマンス・アートライブペイント・ダンスパフォーマンスなど様々なアーティスト達が毎週末にタイムスケジュールで行うアートと音楽のライブフェスを開催。

 

アートマルシェ「Place du Arukas」

開催日:2018年10月20日(土) 11:00~18:00

場所 :中目黒「アトラスタワー前 交通広場」※東急東横線「中目黒」駅前

 

19世紀末から20世紀初頭のパリの芸術の中心はモンマルトルにあり、若き芸術家たちの熱気に満ち溢れていた。今でも当時の面影を求めて多くの観光客が訪れるモンマルトル。なかでも人気を集めるのは、画家がイーゼルを立て、絵を描き、観光客を楽しませるテルトル広場だ。そんなテルトル広場の風景が中目黒のランドマーク「ナカメアルカス」に登場。アートと音楽、フードの香りに包まれる特別な一日を演出する。

 

五感を刺激する楽しく新しいアートに触れてみよう。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US