österreich、「東京喰種トーキョーグール:re」EDテーマ「楽園の君」Youtube公開

11.October.2018 | ANIME&GAME / MUSIC

TOKYO MXほかにて初回放送を終えたTVアニメ「東京喰種トーキョーグール:re」第2期である”最終章”。EDテーマとしてアナウンスされていたösterreich「楽園の君」も遂にオンエアされた。

飯田瑞規(cinema staff )

前作のTVアニメ「東京喰種トーキョーグール√A」のOPテーマ「無能」では、ボーカルに鎌野 愛(ex.ハイスイノナサ)を迎えて制作がされていたが、今回の新曲「楽園の君」ではcinema staffの飯田瑞規が務めていたことが明らかとなった。

 

さらに、ドラムスには、アニメのシリーズ第1作のEDテーマ「聖者たち」を務めたPeople In The Boxから山口大吾が、コーラスには前述の鎌野 愛を迎えるなど、まさにTVアニメ「東京喰種トーキョーグール」シリーズの”最終章”を飾るのに相応しい布陣。今回のこの楽曲によせて、原作者である石田スイもコメントを寄せている。

「楽園の君」は既に配信でリリースされており、同曲のミュージックビデオもYouTubeで公開となっている。監督にレイチェルミラーを迎え、撮影は日本国内で行われた。その壮大なロケーションと、対象的なミクロな視点が交差し、重なっていくという美しい映像になっている。

CDパッケージは、期間生産限定盤として12/12に石田スイ描き下ろしイラストパッケージにてリリース予定となっているので、こちらもチェックを。

 

 

石田スイコメント

元々、「the cabs」というバンドが好きだった。

とくに「二月の兵隊」という曲が好きで、

無印7巻あたりは、ずっとこの曲だけを聴いて描いていた。

アニメになるなら、

「the cabs」に音楽をつくってもらいたいと考えていた。

 

無印7巻を描き終わったころに、「the cabs」は解散した。

紆余曲折あって、高橋國光に「無能」という曲をつくってもらった。

それがきっかけで、ぽつぽつと2人で話すようになった。

時折、「the cabs」の話もした。

「いつか一曲だけでも、cabsにやってもらうのが自分の夢」とも語った。

結果的にそれは──2人の間でいろいろあったり、

外の世界でいろいろあったりして叶わなかったけど、

それで良かったと思う。

 

わりと早い段階で自分は、

「高橋國光がつくる音楽だから好きなんだ」と気付いていたし、

「楽園の君」が出来ていくなかで、良いものがたくさん見れた。

とくに印象深いのは、

曲をつくり終わったあとの國光くんの言葉かな。

曲をつくったあと、

大体きまって彼は「なんでこんなもん作っちまったんだ」と嘆くんだけど、

(そんなことないのに、と思う。)

今回はじめて彼が、「これはいい曲だと思う」と口にした。

それが自分はとても嬉しかった。

僕もそう思う。

この曲に、作品を終わらせてもらうのがたのしみです。

 

楽曲を支えてくださった岩久保さん、

大吾さん、鎌野さん、エンジニアの川面さんありがとうございました。

 

cinema staff飯田さん、とてもすてきな歌声ありがとうございました。

最強でした。

 

石田スイ

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US