広島県三次市「日本妖怪博物館」誕生記念イベントを浅草にて開催

12.October.2018 | SPOT

2019年4月26日に広島県の北部に位置する三次市(みよし市)に開館する、日本初・妖怪をテーマとした「日本妖怪博物館」。その開館を記念して、2018年10月13日(土)に浅草花やしきで行なわれる「ハロウヰン妖夜祭」とコラボレーションしたイベント「広島県三次市日本妖怪博物館誕生記念イベント」を浅草・まるごとにっぽんにて開催する。

イベントでは、約5,000点を越える貴重な妖怪コレクションを三次市に寄贈した妖怪研究家・湯本豪一氏のトークショーや、妖怪をモチーフにしたアクセサリー・お面・雑貨等を販売する妖店百貨展、書家狐による大筆道のパフォーマンス等を実施予定!

また、広島県のアンテナショップ「ひろしまブランドショップTAU」も出張出店し、東京ではTAUでしか手に入れることができないカープもののけ坊やグッズや、三次市をはじめとした広島県各地の名産品も販売する。

 

そして、同日夜に浅草花やしきを貸し切って行なう「ハロウヰン妖夜祭」は、妖怪(仮装可)のみしか入ることができない、例年定員が満員となる人気イベント。閉園後の花やしきにぞくぞくと集まってくる、人とは思えぬ妖かしたちの姿は壮観!

 

一足早く浅草でハロウィン気分を味わってみてはいかが?

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US