きゃりーぱみゅぱみゅ、イギリスのファッションマガジン「i-D magazne」にてアルバムの楽曲を解説!

19.October.2018 | MUSIC

9月26日に4年ぶりのオリジナル4thアルバム「じゃぱみゅ」をリリースしたきゃりーぱみゅぱみゅ。今回、きゃりー自身が「じゃぱみゅ」の楽曲解説を行った記事が、イギリスを代表するファッションマガジン「i-D magazine」にて掲載された。

この記事は今後スペイン版・US版・オーストラリア版・インドネシア版でも展開されているのでチェックしてみてほしい。

 

▶i-D magazine UK

https://i-d.vice.com/en_uk/article/8xj7v4/j-pop-kyary-pamyu-pamyu-interview-new-album-japamyu

TALENT PROFILE

きゃりーぱみゅぱみゅ

高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月に発売した初のフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。 2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表したセカンドアルバム「なんだこれくしょん」は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム「ピカピカふぁんたじん」は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了した。 そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

RELATED ENTRIES

  • きゃりーぱみゅぱみゅ、Steve Aokiリミックスの楽曲が世界の人気プレイリストに選曲され話題沸騰

    03.July.2020 | MUSIC

    2020年6月25日(木)(アメリカ大陸、ヨーロッパは現地時間6月24日)全世界で配信リリースされた、きゃりーぱみゅぱみゅ「にんじゃりばんばん Steve Aoki Remix」。アメリカ大陸ではスティーヴ・アオキ氏のレーベル「Dim Mak」から、ヨーロッパでは「Smash the House」からリリースされた。
    2つの世界的な有力ダンスミュージックレーベルからの“日本人女性アーティスト初のリリース”としても注目を集めた本作が、フォロワー数約120万人を誇る「Tomorrowland Official Playlist」を始め、多数のトラックを生み出すプロデューサー/DJ/リミキサーのBassboyが注目するダンス・エレクトロニックミュージックを集めた「Friday Cratediggers」など、主要音楽配信サイトの人気プレイリストに選曲され話題に。さらに、日本のダンスミュージックシーンの最先端に立つアーティストを特集する「Electropolis」や日本のキラキラポップなナンバーを集めた「キラキラポップジャパン」ではカバーを飾った。

     

    このリミックスは、同日に全世界で配信開始となったNintendo Switch ™️用対戦ニンジャガムアクションゲーム『ニンジャラ』ときゃりーぱみゅぱみゅとのコラボレーションをきっかけに実現したもの。『ニンジャラ』は6月30日に早くも200万ダウンロードを突破。今後、ゲーム内での様々なコラボレーションも予定されている。

     

    Spotifyプレイリストリンク(一部抜粋)

    Tomorrowland Official Playlist

    Smash The House Radio

    Friday Cratediggers

    Steve Aoki’s Neon Future Playlist

    Electropolis

    キラキラポップ:ジャパン

  • きゃりーぱみゅぱみゅ、「にんじゃりばんばん Steve Aoki Remix」リリース&ビデオ公開

    25.June.2020 | ANIME&GAME / MUSIC

    きゃりーぱみゅぱみゅの大ヒット曲「にんじゃりばんばん」を、2度のグラミー賞ノミネートを誇る世界的セレブDJ「スティーヴ・アオキ」がリミックスしたことで話題となっている「にんじゃりばんばん Steve Aoki Remix」が、本日全世界で配信リリースとなった。

    今回のリリースは、アメリカ大陸ではスティーヴ・アオキ氏のレーベル「Dim Mak」から、ヨーロッパでは世界最高峰のビッグフェス「Tomorrowland」でホストを務める有力レーベルの1つ「Smash the House」からとなっており、2つの世界的な有力ダンスミュージックレーベルからの「日本人女性アーティスト初のリリース」としても注目を集めている。

    なおこのリミックスは、同じく本日全世界で配信開始となったNintendo Switch ™️用対戦ニンジャガムアクションゲーム「ニンジャラ」とのコラボレーションをきっかけに実現したもの。スティーヴ・アオキ氏は「僕は本当に前からずっと、きゃりーぱみゅぱみゅとプロデューサーの中田ヤスタカの大大大ファンなんだ。だから、このリミックスを手掛けたことは、とても嬉しいし光栄だよ。本当にすごい曲だし、作業はとても楽しかったよ」とコメントしている。

     

    『ニンジャラ』 テレビCM「世界観篇」

    そして本日、楽曲リリースに合わせて、「ニンジャラ」と「きゃりーぱみゅぱみゅ」の世界観をマッシュアップしたプロモーション用ビデオが公開された。「ニンジャラ」のキャラクターたちがいきいきと「にんじゃりばんばん」の振り付けを踊ったり、スティーヴ・アオキ氏が特別出演していたりと、見どころ満載のビデオになっている。

     

    きゃりーぱみゅぱみゅ×ニンジャラ-にんじゃりばんばん Steve Aoki Remix マッシュアップビデオ

    「にんじゃりばんばんSteve Aoki Remix」は、「ニンジャラ」公式YouTubeチャンネルで公開されたカートゥーンアニメーションのエンディングテーマ、そして全国オンエア開始となった「ニンジャラ」TVCMに起用された他、今後はゲーム内でのコラボレーションも予定されており、世界中の音楽ファン・ゲームファンからさらなる期待が集まっている。

  • 原宿「ビューティ・スクエア」アンバサダーにきゃりーぱみゅぱみゅが就任

    21.June.2020 | FASHION / SPOT

    原宿駅前の複合施設「WITH HARAJUKU(ウィズ原宿)」1Fに、2020年6月18日(木)オープンする資生堂直営の美容施設「Beauty Square(ビューティ・スクエア)」は、国内外のミレニアル世代の美的好奇心を刺激する存在として、きゃりーぱみゅぱみゅをアンバサダーに起用。「Beauty Diversity」をテーマに、資生堂トップヘアメイクアップアーティスト原田忠とのコラボレーションを通じ、さまざまなビューティー企画を実施する。

     

    原宿「資生堂ビューティ・スクエア」アンバサダー動画

     

    オープンに先駆けて、きゃりーぱみゅぱみゅが施設を訪問。

    趣向を凝らしたさまざまなブランドの化粧品カウンターを見学したり、店舗中央に設置された大型LEDビジョン前では、光と映像が絶え間なく変化する幻想的なインタラクティブコンテンツを楽しんだ。

    「Beauty Square」のコンセプトは「ビューティーを発見し・遊び・シェアする体験・発信型スポット」。化粧品の販売に加えて、デジタルを活用したビューティー体験、短時間かつハイクオリティーなサービスを提供するヘアメイクアップサロンを設置。リアル体験とデジタルを融合させ、国内外の若年層を中心に気軽にビューティーの楽しさや新しい自分の魅力を発見・体験するスポットとして展開する。

  • きゃりーのヒット曲「にんじゃりばんばん」をスティーヴ・アオキがリミックス!世界配信リリース決定

    19.June.2020 | ANIME&GAME / MUSIC

    世界的人気を誇るきゃりーぱみゅぱみゅの楽曲「にんじゃりばんばん」を、世界的セレブDJ「スティーヴ・アオキ」がリミックスし、2020年6月25日(日本時間)に全世界リリースされることが発表された。

    これは、同じく6月25日に全世界発売されるNintendo Switch ™️用対戦ニンジャガムアクションゲーム「ニンジャラ」とのコラボレーションによって実現したもので、きゃりーがゲスト出演した「ニンジャラ」公式生配信内で発表された。

    グローバルゲームタイトルの「ニンジャラ」と世界中にファンを持つきゃりーとのコラボにあたり、兼ねてからきゃりーとプロデューサー中田ヤスタカの大ファンであることを公言し、自身もe-sportsチームを持つなどゲームに造詣の深い世界的セレブDJ、スティーヴ・アオキ氏にリミックスを依頼。スティーヴ氏の快諾により、今回の最強タッグが実現した。

     

    「にんじゃりばんばん Steve Aoki Remix」は、アメリカ大陸では「スティーヴ・アオキ」氏のレーベル「Dim Mak」から、ヨーロッパでは世界最高峰のビッグフェス「Tomorrowland」でホストを務める有力レーベルの1つ「Smash the House」からリリースされることになり、早くも世界中の音楽ファン・ゲームファンから注目を集めている。

    さらに、ジャケットのアートワークも公開された。イラストで表現された、きゃりーとスティーヴ氏のガッチリとした握手と絡み合う腕、そして力強い眼差しから、今回のタッグへの自信が伝わってくるようだ。このアートワークは、原曲「にんじゃりばんばん 」をはじめ、多くのきゃりーの作品のジャケットを手掛けてきたSteve Nakamura氏によるもの。

     

    なお同曲は、6月24日(日本時間)から「ニンジャラ」公式YouTubeチャンネルで公開予定のカートゥーンアニメーションのエンディングテーマ、そして6月25日から全国オンエアスタートとなる「ニンジャラ」のTVCMソングにも起用される。さらに今後、ゲーム内でのコラボレーションも予定されており、要注目となっている。

     

    きゃりーぱみゅぱみゅコメント

    私が7年前にリリースした「にんじゃりばんばん」を、世界的DJのスティーヴ・アオキさんがリミックスしてくれました!新型コロナウィルスの影響で国内外のライブが中止になってとても残念だったんですが、こうやって「ニンジャラ」と一緒に世界中の皆さんに、改めて私の音楽を楽しんでもらえるのがとても嬉しいです。「ニンジャラ」のCMやカートゥーンアニメでも流れるので、ぜひ楽しみにしていてください!

     

    ©GungHo Online Entertainment, Inc. 

  • 新しい自分の魅力を発見!資生堂が「Beauty Square」を原宿にオープン

    18.June.2020 | FASHION / SPOT

    資生堂は、原宿駅前の複合施設「WITH HARAJUKU(ウィズ原宿)」1階に、美容施設「Beauty Square(資生堂ビューティ・スクエア)」を2020年6月18日(木)にオープンする。

    コンセプトは「ビューティーを発見し・遊び・シェアする体験・発信型スポット」。化粧品販売に加えて、デジタルを活用した体験型コンテンツやヘアメイクアップアーティストがお客さんをプロデュースするサロンを設置。化粧品やファッション、食の高感度層が国内外から集まる原宿で、若年層を中心にビューティーの楽しさや新しい自分の魅力を発見・体験するスポットとして展開していく。

    フロアは4つのゾーンから構成される。

     

    Go-Live Zone(ゴーライブゾーン)

    大型LEDビジョンとサイネージを設置し、さまざまな情報コンテンツを日常的にリアルとデジタルの両面で発信。施設前面の公開スタジオでライブストリーミングやWEB動画番組の公開収録が行われる情報発信ゾーン。

     

    Brand Zone(ブランドゾーン)

    LURA MERCIER(ローラメルシエ)や、クレ・ド・ポー・ボーテなど、資生堂グループの多様な化粧品ブランドを取り揃え、メイクアップやスキンケア、ヘアスタイリングアイテムなど旬なアイテムのショッピングが楽しめるほか、美のスペシャリストであるビューティーコンサルタントのカウンセリングにより一人ひとりの美しさを実現する。
    取扱いブランド(五十音順)
    イプサ、クレ・ド・ポー ボーテ、ザ・ギンザ、SHISEIDO、SHISEIDO PROFESSIONAL、Dolce&Gabbana*、NARS、bareMinerals、LAURA MERCIERほか
    *ドルチェ&ガッバーナ ビューティ

     

    Installation Zone(インスタレーションゾーン)

    大型LEDビジョン、上下に動くキネティックライトやムービングライトが設置され、幻想空間を体験できるアート感あふれるコンテンツや、3Dアバターソーシャルアプリ「ZEPETO(ゼペット)」と連動させた来店者参加型のデジタルコンテンツ、期間限定のポップアップショップなどさまざまなイベントを行うゾーン。

     

    Salon Zone(サロンゾーン)

    ヘアメイクアップアカデミー&スタジオ「SABFA(サバファ)」にて技術と感性を磨き上げたヘアメイクアップアーティストが、顧客を1対1でプロデュース。一人ひとりに応じた形で、パーソナライズされたメイクアップ&ヘアスタイリングの施術やレクチャーを行うゾーン。

    また同施設8階には、6月16日(火)資生堂パーラーが運営するレストラン&ラウンジ「SHISEIDO PARLOUR THE HARAJUKU(資生堂パーラー ザ・ハラジュク)」もオープン。食の高感度層が国内外から集まる原宿において、資生堂パーラー伝統の味が堪能できる。

    そして、国内外のミレニアル世代の美的好奇心を刺激する存在として、きゃりーぱみゅぱみゅがアンバサダーに起用された。「Beauty Diversity」をテーマに、年間を通じてさまざまなビューティー企画も実施される。

     

    ビューティーの楽しさや新しい自分の魅力を発見・体験するスポットとして注目が集まる「Beauty Square」に“私のキレイ”を見つけに行こう。

  • 「ニンジャラ」初の公式生放送を開催!ゲストはきゃりーぱみゅぱみゅ

    10.June.2020 | ANIME&GAME

    Nintendo Switch™用対戦ニンジャガムアクションゲーム「ニンジャラ」にて、初となる公式生放送を2020年6月18日(木)に実施する。

    公式生放送では、日本のみならず世界でも高い人気を誇るきゃりーぱみゅぱみゅをゲストに招き、「ニンジャラ」最新情報等を大発表。また、2020年6月25日(木)の発売に先駆け、実際に「ニンジャラ」をプレイする。放送はYoutube LiveとTwitch(@GungHoAmerica)から視聴可能。

     

    どんな情報が飛び出すのか、きゃりーぱみゅぱみゅの「ニンジャラ」の腕前はどれほどか、見どころ満載で届ける。

    あわせて、「Devダイアリー」の#5を6月9日(火)に公開。#5では先日開催した「ニンジャラ 先行体験会 第2回」で人気だった武器やコスチュームの他、これまで未紹介の武器「マキモノトウ」「ドラムビート」を解説する。

     

    「マキモノトウ」はカタナタイプで機動力があり、扱いやすい武器。攻撃しやすいことはもちろん、ふくらましたガムを飛ばすガムシュートで相手の動きを邪魔しやすい特徴がある。また、忍術に、壁越しでも相手を打ち抜いて“IPPON”を取ることができる「カンツーミキサー」を持っている。それぞれの武器の詳細やおすすめポイントについて、ぜひ「Devダイアリー #5」をチェックしてほしい。

     

    きゃりーぱみゅぱみゅが参加する「ニンジャラ」初の公式生放送をお見逃し無く!

    © GungHo Online Entertainment, Inc.

  • きゃりーぱみゅぱみゅ、TikTokで「#この糸は切れない」ハッシュタグチャレンジ開催

    27.April.2020 | MUSIC

    きゃりーぱみゅぱみゅが、ショートムービープラットフォームTikTok(ティックトック)にて2020年5月1日(金)12:00〜5月4日(月)12:00より、新曲「かまいたち」に因んだハッシュタグチャレンジ「#この糸は切れない」チャレンジを開催する。こちらは、4月25日(土)にTikTok LIVEで開催された特別ライブ配信できゃりー本人から発表された。

    TikTokのデュエット機能を使ってきゃりーぱみゅぱみゅ新曲「かまいたち」のダンスパートにユーザーが挑戦する「#この糸は切れない」チャレンジ。

     

    TikTokのデュエット機能とは、他のユーザーの動画と自分の動画を並べて投稿できるもの。「#この糸は切れない」チャレンジでは、最後のキメポーズでデュエットしている人同士の小指と小指が切れない糸を繋いでいるかのように見える。会いたくてもなかなか会えない日々が続くなか、それぞれがおうちにいても「TikTokを通じてつながろう!」というメッセージが込められた。
    きゃりー本人のアカウントでお手本動画が投稿されているので真似して参加しよう。

     

    「#この糸は切れない」チャレンジの投稿動画の一部は、TikTokのきゃりーぱみゅぱみゅ公式アカウント(@kyary_official)から ”いいね” をされるかもしれないとのこと。
    「#この糸は切れない」チャレンジに参加して、Stay Home時間を明るく過ごしてほしい。

     

    参加方法

    パターン①:きゃりーぱみゅぱみゅのダンスとデュエット!
    きゃりーぱみゅぱみゅ動画にデュエットで参加しよう(動画右下のシェアボタンをタップ→デュエットを選択)
    動画:https://vt.tiktok.com/hPu68y/

    パターン②:デュエット希望のメイン動画を投稿!
    ソロのダンス動画を投稿して、みんなにデュエットしてもらおう

    パターン③:色んな人とデュエット!
    きゃりーぱみゅぱみゅ以外のみんなのソロ投稿とデュエットして、みんなで繋がって長い糸をつくろう。あなたのダンスが海を超え世界中につながるかも

     

    ハッシュタグ:#この糸は切れない #StayHome #おうちASOBI

  • きゃりーぱみゅぱみゅ、新曲「かまいたち」MVを公開!TikTokライブ配信も決定

    24.April.2020 | MUSIC

    きゃりーぱみゅぱみゅの新曲「かまいたち」が、2020年4月24日(金)0:00より各ストリーミングサイトで配信をスタートした。

    同時にYouTubeでプレミア公開されたMVには、きゃりーぱみゅぱみゅがつるつるの丸坊主頭で登場! 楽曲のタイトルにちなみ、人気芸人「かまいたち」が特殊メイクで特別出演していることがわかった。

    Youtubeプレミア公開では、きゃりー本人もYouTubeチャットに直接参加し、「坊主でもかわいい」「きゃりー剃ったの!」とのコメントに対して「特殊メイクだよー」など、ファンとのやりとりを楽しんだ。

    また、芸人「かまいたち」が登場すると「かまいたちにかまいたち」「かまいたち踊ってるw」など盛り上がりを見せた。

     

    かまいたち ミュージックビデオ

     

    MV公開に合わせて、芸人「かまいたち」の特殊メイクや撮影シーンを収録したメイキングビデオも公開されている。きゃりーの撮影シーンを収録したメイキングビデオは、4月25日(土)の12:00に公開予定なので、こちらも楽しみにしていてほしい。

     

    メイキングビデオ(かまいたち ver.)

     

    また、4月25日(土)20:00からは、新曲配信を記念したTikTokライブが配信されることも決定した。本ライブ配信では、新曲「かまいたち」についてのトークやダンスのレクチャーをきゃりー自らが行い、ユーザーからのコメントにリアルタイムで答えていくトーク番組形式を予定。今後のさらなる発表にも注目してほしい。

     

    きゃりーぱみゅぱみゅ公式TikTokアカウント:

    https://vt.tiktok.com/hdsYQQ/

    *「TikTok LIVE」はまだ正式に実装されていない機能です。今回のLIVE配信限定での仕様となるためご注意ください

     

  • きゃりーぱみゅぱみゅ、新曲「かまいたち」のティザー映像を3日連続で公開

    20.April.2020 | MUSIC

    きゃりーぱみゅぱみゅは、インスタライブにて新曲「かまいたち」が2020年4月24日0:00より各ストリーミングサイトで配信開始することを解禁。また、同日0:00からYouTubeにて「かまいたち」MVをYouTubeプレミア公開することも発表した。

    中田ヤスタカが書き下ろした楽曲には、きゃりーぱみゅぱみゅらしい独自のオリエンタル感とファンタジーが溢れる。春のうららかなメロディーに乗せ、歌詞が切なく響く淡い恋を表現している。

    アットホームな雰囲気で行われたインスタライブでは、視聴者とともに新曲「かまいたち」を楽しみながら、振り付けやMVの制作についてトーク。MVに先駆けて本日から3日間連続で公開されるティザー映像の話題では、ぼんやりと映った謎の二人組の姿に視聴者の予想コメントが飛び交い、MVへの期待が高まっていた。

     

    4月24日0:00(23日深夜)には、MVのYouTubeプレミア公開*のチャットにきゃりーぱみゅぱみゅ本人も参加するので、ぜひ一緒に視聴しよう。さらに、プレミア公開直前にきゃりーぱみゅぱみゅによるインスタライブも配信されるとのこと。こちらもあわせてチェックしてみて。

     

    「かまいたち」YouTubeプレミア公開URL:https://youtu.be/MrOVx-BUx9M

     

    *YouTubeプレミア公開とは、映画やテレビ番組のプレミア上映のように、視聴する方が新作動画を同時に見て楽しめる機能です。
    リアルタイムでチャットをしながらミュージック・ビデオを観ることができ、誰でも無料で参加することができます。

  • 嵐、きゃりー、ワンオクなど!おうち時間で楽しむ日本人アーティストのライブ映像11選

    16.April.2020 | MUSIC

    MOSHI MOSHI NIPPONは、新型コロナウィルスの影響を受け、外出自粛生活をされている世界各国のみなさんがおうち時間で楽しめる、日本人アーティストのライブ映像動画をまとめました。長いおうち時間のお供に、ぜひ色々なアーティストのライブを堪能してください。中には期間限定の動画もあるので、気になる動画は早めにチェックを。

    先が見えない中で不安になることもありますが、好きなことを楽しむ時間を持ち、前向きな気持ちは忘れずに、一緒に頑張りましょう!

     

    ONE OK ROCK

    ONE OK ROCK は、2014年から2018年に開催したライブ映像計6作品を全編カットすることなくONE OK ROCKチャンネルYouTubeプレミア公開で世界同時ストリーミングする。ライブ映像はアーカイブされないので、時間のチェックをお忘れなく。

    詳細はこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/313870

    ONE OK ROCK Youtube:https://www.youtube.com/user/ONEOKROCKchannel

     

    嵐/ARASHI

    2017 年 11 月から 2018 年 1 月にかけて開催されたドームツアー「untitled」のライブ映像を期間限定で公開中。“未完”をテーマに“これからの嵐”を存分に見せ切った圧巻のステージングとパフォーマンスをチェックしよう!

    ARASHI Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCP7Gw_YZAuh4Yg2fcdcuumQ/

     

    きゃりーぱみゅぱみゅ

    きゃりーぱみゅぱみゅは、ライブ映像を中心とした100の厳選動画を、2020年4月14日(火)から5月17日までの期間限定でYouTubeに公開中。彼女が所属するASOBISYSTEMによる、「どんな時もASOBI ゴコロを忘れずに」というプロジェクト”#おうちASOBI(PlayatHome)”の一環で公開された。きゃりーの動画でおうち遊びを楽しもう。

    詳細はこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/313965

    きゃりーぱみゅぱみゅ Youtube:https://www.youtube.com/kyarypamyupamyutv

     

    AAA

    全国15万人を動員した2013年全国ツアーのハイライトとなったさいたまスーパーアリーナ公演の模様を公開。4月30日23:59までの期間限定公開となっており、コンテンツによっては、上記期間より以前に配信が終了する場合があるとのこと。気になる方は早めのチェックを。

    avex Youtube:https://www.youtube.com/user/avexnetwork/

     

    RADWIMPS

    RADWIMPSオフィシャルYouTubeチャンネルでは、LIVE Blu-ray&DVD「ANTI ANTI GENERATION TOUR 2019」に収録されている一部楽曲のライブ映像や、ティザー映像を楽しむ事ができる。観客との一体感を感じられる、躍動感に満ち溢れたライブ映像は必見だ。

    詳細はこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/290305

    RADWIMPS Youtube:https://www.youtube.com/user/radwimpsstaff/

     

    向井太一

    向井太一は人気曲「リセット」のライブ映像を公開。箱根駅伝を舞台とするTVアニメ「風が強く吹いている」第1クールエンディングテーマのために書き下ろされた楽曲となっている。

    詳細はこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/313334

    向井太一 Youtube:https://www.youtube.com/user/0313taichi/

     

    Official髭男dism

    Official髭男dismは、「Official髭男dism Tour 19/20 -Hall Travelers- パシフィコ横浜 国立大ホール公演(2020.2.10)」の「I LOVE…」ライブ映像をApple Music限定で配信中。ライブならではの一体感を是非映像で体感してほしい

    詳細はこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/303258

    Apple Music 「I LOVE… at パシフィコ横浜 2020.02.10」

     

    TK from 凛として時雨

    横浜・ランドマークスタジオで行われたスタジオライブ映像を公開。BOBO(Drums)、佐藤帆乃佳(Violin)、吉田一郎不可思議世界(Bass)、世武裕子(Piano)というベーシックなTK from 凛として時雨のバンドスタイル編成に加え、渡邉雅弦(Cello)を加えたスタジオライブのためのスペシャルな編成となっている。

    詳細はこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/178646

    凛として時雨 Youtube:https://www.youtube.com/user/sigureSMEJ/

     

    amazarashi

    ライブ映像作品「未来になれなかった全ての夜に」のトレイラー映像。ロングホープフィリアのセルフカバー映像は必見!

    詳細はこちら: https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/270777

    amazarashi Youtube:https://www.youtube.com/user/amazarashiSMEJ/

     

    Suchmos

    ライブアンセムとして絶大な人気を誇る「MINT」のライブ映像。全国各地のライブをバックステージの様子を交えて、Suchmos3年間の軌跡を追った作品となっている。

    詳細はこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/207153

    Suchmos Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCQ3U5YJLWUr3VmQsO48jcQg/

     

    Superfly

    オリジナル劇場アニメーション『プロメア』の主題歌として発表された楽曲「覚醒」のMV。全国アリーナツアーのライブ映像を使用しており、曼荼羅のようなCG映像がクールなライブパフォーマンスが楽しめる

    詳細はこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/288377

    Superfly: https://www.youtube.com/user/superfly/

  • きゃりーぱみゅぱみゅ、ライブ映像の厳選動画100曲をYouTubeに期間限定公開

    14.April.2020 | MUSIC

    きゃりーぱみゅぱみゅが、ライブ映像を中心とした厳選動画を、2020年4月14日(火)から5月17日までの期間限定でYouTubeに公開する。

    4月末より開催予定していた「かまいたちツアー2020」の中止、海外公演の自粛・延期という状況で、日本だけでなく海外でのパフォーマンス機会も無くなってしまったきゃりーぱみゅぱみゅ。

    まだまだ国内外で続く「#StayHome」「#おうちで過ごそう」という日々を過ごす中で、少しでも楽しい時間を届けることができればと、ライブ映像の公開を決定した。

     

    なお、この動画はASOBISYSTEMがスタートさせたおうちで楽しめるセルフエンタメプロジェクト「#おうちASOBI」の一貫として公開される。

     

     

    まず公開されたのは「ドキドキわくわくぱみゅぱみゅレボリューションランド 2013」よりライブ前半のパフォーマンス10曲分を掲載。今後も随時新しい映像が掲載される。

    1日も早く、みんながツアーやライブに参加することができ、安心して楽しめる日が来るよう、ライブ映像を観ながらおうち時間を過ごしてほしい。

  • きゃりーぱみゅぱみゅ、中田ヤスタカとのツーマンライブにて新曲「かまいたち」初披露

    22.February.2020 | MUSIC

    中田ヤスタカときゃりーぱみゅぱみゅによるツーマンライブ「中田ヤスタカ×きゃりーぱみゅぱみゅ Presents SPECIAL DJ & LIVE TOUR 2020 YSTK×KPP Vol.02」が2020年2月21日(金)、東京・豊洲PITで行われた。

    開演前BGMは、カーゲーム調なゲームミュージック風サウンド。熱気でいっぱいの会場に、PlayStation起動音が響き渡り「踊るよー!」ときゃりー&中田が登場した。オープニングは「インベーダーインベーダー -Extended Mix-」からスタート。

    続いて「みんなのうた -Extended Mix-」、「PON PON PON」ではダンサーも登場。途中、中田ときゃりーによる楽曲が矢継ぎ早に生マッシュアップされるなど、趣向を凝らしたプレイにオーディエンスも大熱狂。さらに「演歌ナトリウム」、「にんじゃりばんばん」、「み」など、ノンストップな展開に大盛り上がりなフロア。まさに、誰ものハートを鷲掴みする低音が効いた日本代表サウンドが最高潮に突き刺さる。

    中盤、中田のソロアルバム「Digital Native」からドープに熱い「Level Up」で一気にコアなクラブモードへ。そして、まさかの映画『スターウォーズ』風のオープニングムービーがLEDモニターに流れトラップビートにマッシュアップされた「ファッションモンスターウォーズ」をかますお茶目なふたり。

    「つけまつける」&「爽健美茶のうた」などの国民的ポップソングに続き、「原宿いやほい」と、これでもかとあげまくる。ライブとクラブの高揚感をいいとこどりをした、まったく飽きさせることのない圧巻のセットだ。

    ここであらためてマッシュアップモードへ突入。ユーロビートなセンスが懐かしい初期曲「チェリーボンボン」を織り交ぜ、キズナアイへ提供した「AIAIAI」カバーではバックにキズナアイ映像も隠れキャラ風に登場した。

    ここでまたセガのサウンドロゴが響き渡り、今年、中田が湘南乃風へ提供した「一番歌」をスペシャルバージョンにて披露。主題歌である、PS4®専用ソフト『龍が如く7 光と闇の行方』と連動した男くさいVJ映像と真逆なきゃりーによる「そいやそいや!」のかけ声がキュートだった。

    ラストスパートは、「キズナミ」、「もんだいガール」と人気チューンを立て続けにプレイ。最後は「音ノ国」で最高潮に弾けるフロア。ゲームライクなサウンドと8ビットが折り重なる中田ヤスタカならではのオリジナリティーに富んだ世界観に、きゃりーが舞い踊り歌う“じゃぱみゅ”ワールドを堪能した。

    鳴り止まないアンコールに答えて再びステージへ。短めのMCでは「アンコールありがとう! まさかの湘南乃風を、わたしが歌うとは!?」と、元気いっぱいのきゃりー。そして、中田ヤスタカへの感謝を述べて、せつなポップな新曲「かまいたち」をデジタルシングルとしてリリースすることを発表した。

    さらに、全国5箇所をまわるリリースツアー「きゃりーぱみゅぱみゅ かまいたち TOUR 2020」の開催も発表。和を感じられる楽曲の歌詞にちなんで、日本の歌舞伎小屋で開催するこだわりのツアー。まだまだ進化する“じゃぱみゅ”ワールド。どんなステージになるのか期待が高まる。そしてラストのラストはKPPポップアンセム「最&高 -Extended Mix-」で大団円を迎えた。

     

    「きゃりーぱみゅぱみゅ かまいたち TOUR 2020」のチケットは、2月22日(土)10時より、きゃりーぱみゅぱみゅのファンクラブ「KPP CLUB」会員先行販売がスタート。最新情報はきゃりーぱみゅぱみゅオフィシャルサイトにて随時発表される。

     

    Text:ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)

    Photo:Aki Ishii

     

    <Spotifyプレイリスト>

    中田ヤスタカ×きゃりーぱみゅぱみゅ Presents SPECIAL DJ & LIVE TOUR 2020 YSTK×KPP vol.02

    https://open.spotify.com/user/fyq2sid87dfxdev40jq5hbw1k/playlist/5IbtBVwFtA433dFPojpHSt?si=ytPqMi1-SJm4I2p8Zh7nsA

    TALENT PROFILE

    きゃりーぱみゅぱみゅ

    高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月に発売した初のフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。 2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表したセカンドアルバム「なんだこれくしょん」は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム「ピカピカふぁんたじん」は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了した。 そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US