中田ヤスタカがレジデントを務める「WARP!!!」渋谷Sound Museum Visionにて開催

20.October.2018 | MUSIC

中田ヤスタカがレジデントを務めるパーティ「WARP!!! at SOUND MUSEUM VISION」。9月29日(土)に開催されたライブタイム公演も大盛況に終えたのも記憶に新しいが、ライブタイムイベントの流れを汲みつつクラブタイムでの開催も決定した。

もちろんレジデントは中田ヤスタカ。プロデューサーとしてきゃりーぱみゅぱみゅやPerfumeなどのアーティストを世に送り出し、映画・ゲーム・ポップシーンまでその活動は多岐に渡る。

Licaxxx

UCHIDA

chelmico

さらに世界を又にかける新世代のマルチアーティストLicaxxx、美容室LECOの代表でもあるUCHIDA、FUMINEらといったWARP!!!の屋台骨も継続参加となり、各国のフェスやクラブでの活躍も顕著なプロデューサー・DJのKSUKE、前例に無い幅広い活動で着実にDJとしてのキャリアを積み上げているokadada、そして中田ヤスタカ「Digital Native」にも参加したMamikoとRachelからなるガールズラップユニットchelmicoの参加も追加発表された。中田ヤスタカを中心に据え、様々な音楽性が交差する夜になりそうだ。

更なる出演者は随時発表となる予定。詳細はオフィシャルサイトをチェックしてほしい。

TALENT PROFILE

中田ヤスタカ

‘01年に自身のユニットCAPSULEにてデビュー。日本を代表するエレクトロシーンの立役者であり、Kawaiiダンスミュージックからハードなトラックまで、その独自の感性によって世界中のアーティストから支持を受けている数少ない日本人アーティスト。Madeon、Porter Robinson、Sophie(PC Music)など海外の第一線で活躍中の彼らも「強くインスパイアされたアーティスト」として中田ヤスタカの名を挙げるなど、シーンへの影響力は絶大。 ソロアーティストとして、日本人初となるUltra Music Festival世界公式アンセム(2017)を手がけた「Love don’t lie(feat.ROSII)」、Zedd「Stay」のリミックス、Charli XCXとのコラボが話題となった楽曲「Crazy Crazy」、国内においては映画「何者」(’16)の主題歌「NANIMONO(feat.米津玄師)」などを発表している。 音楽プロデューサーとしてはPerfume、きゃりーぱみゅぱみゅなど数々のアーティストを世に送り出し、国内外のポップシーンを常に牽引してきた。 また、国際的なセレモニーへの楽曲提供などパブリックな作品の他、「LIAR GAME」シリーズのサウンドトラックなど、数々の映画の楽曲制作にも携わっており、ハリウッド映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」では監督であるJ・J・エイブラムスと共同プロデュースによる劇中曲も手がけた。 9月1日には、日清カップヌードル チリトマトヌードル 「White Mystery篇」CM曲で話題となった、中田ヤスタカの十八番とも言えるボーカルカットアップが特徴のカラフルな楽曲「White Cube」を発表。 クラブシーンを核に、時代をナナメに切り取る独自のセンスによって、ゲーム、ファッション、映画まで、その活動は多岐に渡る。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US