京都・宇治茶の老舗「伊藤久右衛門」が秋限定「紅葉パフェ」発売

23.October.2018 | FOOD

江戸後期創業、京都・宇治茶の老舗 伊藤久右衛門が、紅葉パフェの提供を開始した。

伊藤久右衛門本店が店舗を構える宇治には、興聖寺の琴坂など紅葉の名所がいくつもあり、秋には多くの観光客で賑わう。紅葉を鑑賞した後に店へ立ち寄る人も多く、この時期の茶房は最大120分待ちになることも。

 

“京都の四季を大切にする”をコンセプトに誕生した秋限定の「紅葉パフェ」は、抹茶パフェをベースに鳴門金時いもや栗の甘露煮・紅葉型のゼリーを添えることで、見た目も華やかな秋のパフェに。お好みで別添の抹茶をかけて食べることでより濃い味わいを楽しむこともできる。

2018年新作 紅葉コースター付きセット

「紅葉パフェ」に飲みものをセットにした「紅葉茶会(もみじちゃかい)」は、2018年の新メニュー。ドリンクは、「宇治抹茶・アイスカプチーノ・ホットカプチーノ」の3種類から選ぶことが可能。

また、「紅葉茶会」には、葉の色づくさまを写しとった紅葉コースター(全4種類)が付いてくる。

紅葉鑑賞の後にぴったりな「紅葉パフェ」を味わってみて。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US