桜の名所・目黒川が “ピンク色” に染まる冬のイルミネーション

24.October.2018 | SPOT

桜並木が有名な目黒川にて、開催エリア周辺から回収した廃食油を利用したイルミネーション「目黒川みんなのイルミネーション2018」が開催される。開催期間は2018年11月9日(金)~2019年1月6日(日)まで。目黒川沿いの歩道に彩られたイルミネーションは、山手線内側最大規模となる両岸合計の総延長が約2.2kmにもなり、目黒川の水面に美しい煌めきを映し出す。

 

街に対する地域住民の愛着や誇りを持つキッカケとなることを願い始まった「目黒川みんなのイルミネーション」は、街の“絆”を育む、冬の風物詩となりつつある。昨年度は、近隣マンションや飲食店など全12ヶ所から、約5,500リットルの廃食油を回収し、会場に設置した発電機により全電力をまかなった。本年度も、近隣から回収した廃食油をバイオディーゼル燃料にリサイクルし、100%自家発電でイルミネーションを点灯させる。

昨年好評だった冬の桜®のお花見スポットが今年も登場。寒い冬に天候を気にせず、ゆったりと冬の桜®の花見ができるよう、内装の異なる3基のガーデンイグルーを設置。のんびりくつろげるサイズで、雨や風にも強く、天候を気にせず公園内で冬の桜®を楽しむことができる。

設置場所:品川区立五反田ふれあい水辺広場にて

設置期間:2018年11月22日(木)〜12月26日(水)予定

 

今年で9回目を迎える“冬の桜®”だが、「100%エネルギーの地産地消」から生まれるイルミネーションとして、昨年度は海外メディアにも複数取り上げられた。また、毎年イタリアで開催される国際的なデザインコンペティション「A‘ Design Award 2017」で銀賞も受賞している。

家族や友達と一緒に、目黒川の冬のお花見を楽しもう!

RECOMMENDED ENTRIES

  • 【東京さんぽ】日本の情緒を感じるお花見へ!おすすめフォトスポットを巡る中目黒半日散歩

    05.April.2017 | FEATURES / SPOT

    0Q0A4378

    桜は日本の春を代表する風物詩。もうすぐやってくるお花見のシーズンに、日本ならではの四季を感じたい人もたくさんいるのではないでしょうか。東京都内のお花見の名所といえば、目黒川。毎年多くの人が訪れ、川沿いの桜を眺めながらそぞろ歩きをします。今回は桜が満開になったときのために、おすすめのフォトスポットをご紹介します!

     

    目黒川へのアクセスの仕方

    0Q0A4342

    都内随一のお花見スポットとして有名な目黒川。上流・中流・下流で雰囲気が異なっており、さまざまなお花見を楽しむことができます。

    上流:田園都市線「池尻大橋駅」から徒歩3分
    中流:東急東横線・東京メトロ「中目黒駅」から徒歩1分
    下流:JR・東急目黒線「目黒駅」から徒歩6分/東急目黒線「不動前駅」から徒歩5分

    目黒川まで最短で行けるのは中目黒駅ですが、どの駅も渋谷から数駅と非常にアクセスしやすい場所にあります。

     

    目黒川のシンボル的存在の「中の橋」

    0Q0A4307

    池尻大橋駅から中目黒駅方面に目黒川沿いを歩いていると見えてくる、赤いアーチ状の橋。特徴的なこの「中の橋」はドラマのロケ地としても使われており、目黒川のシンボル的な存在となっています。

    0Q0A4285
    橋の入り口には「なかのはし」の可愛いレンガアートが。誰でも可愛い写真が撮れるフォトスポットとしてオススメ!

    0Q0A4340
    橋と桜をバックにして、可愛いフクロウのブロックと写真を撮ってみましょう。お花見の時期はビビッドなピンク色のぼんぼりが飾られ、カラフルな写真を撮ることができます。

     

    0Q0A4295
    目黒川の上流にあたるこのエリアは川幅が狭くなっていて橋も狭いため、自転車と人しか通れません。満開になると桜のアーチが川面に広がり、橋の真上に枝をおろす桜の花がとてもきれいです。

    0Q0A4272
    このエリアは比較的混雑が少なく、ゆったりとお散歩気分で楽しむことができます。桜の木とも距離が近く、きれいな桜の花びらと一緒に写真を撮ることができます。

     

    >>次のページ 桜の名所へ

    TALENT PROFILE

    柴田ひかり

    多数の人気ファッション誌にて活躍中。透明感に爽やかな印象とファッションセンスや独自のスタイルを併せ持ち、彼女が発信する様々なライフスタイルは同世代の女の子から絶大な支持を集める。 モデル活動に加えて、フォトグラファーとしても活躍しており、東京以外に地方での写真展開催も行なっている。ポートレートサイト「HIKARICAMERA」を 自身で立ち上げるなどクリエイターとしても活動中。 写真専用Instagram https://www.instagram.com/rkhtbs

  • 宝石のように彩られた中目黒のイルミネーション「黄金のドーム」

    20.December.2016 | SPOT

    2016年12⽉16⽇(⾦)から12⽉25⽇(⽇)、中⽬⿊の⽬⿊川沿いにてイルミネーション「NAKAMEGURO JEWEL DOME 2016」が開催される。

    「NAKAMEGURO JEWELDOME 2016」は、中目黒をより一層住みたい街、住み続けたい街にしたいという想いから地元商店街、町内会を中心とした「NAKAMEGURO JEWEL DOME 2016」実行委員会が実施。中目黒の街が宝石のように輝き続けることを願い、目黒川沿い約110本の桜の木を、約30万球の温かみのあるオレンジゴールドのイルミネーションで装飾する。

    宝石のように彩られた冬の目黒川で大切な人とクリスマスを過ごそう。

    −−−

    ■Information

    NAKAMEGURO JEWELDOME 2016

    開催期間:2016年12⽉16⽇(⾦)から12⽉25⽇(⽇)

    点灯時間:16:00~21:00(予定)

    実施地域:中目黒駅付近から目黒川沿い往復約1km(宝来橋~朝日橋)

    −−−

    ■関連記事:クリスマスシーズンにオススメ♡都内のイルミネーション7選

    http://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/23085

    ■関連記事:冬の目黒川はイルミネーションで桜色に染まる。「目黒川みんなのイルミネーション2016」今年も開催

    http://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/21051

  • 東急プラザ表参道原宿の屋上「おもはらの森」にてイルミネーション開催

    20.October.2018 | SPOT

    「東急プラザ表参道原宿」の象徴でもある6階屋上テラス「おもはらの森」にて、「OMOHARA illumination(オモハラ イルミネーション)」が開催される。期間は2018年11月15日(木)~2019年2月28日(木)まで。

     

    原宿の中心に、自然と光が作り出す優しい灯りの空間が登場。「OMOHARA illumination」では、樹木に囲まれた空間を約16,000球のイルミネーションを楽しめる。どこか懐かしく、ホッと できるような明るく優しい灯りが体験できる。

    クリスマス以降・年末年始やバレンタイン期間中もイルミネーションを楽しむことができ、期間中は「おもはらの森」の営業時間も23:00まで延長。(※通常は21:00まで)

     

    このほか12月25日(火)まで、館内のショップでは、クリスマスのお出かけやギフトに最適なアパレルや雑貨・クリスマス コフレなどのコスメが揃い踏み。あたたかく、どこか懐かしい雰囲気を演出した東急プラザ表参道原宿でクリスマスのお買い物を楽しもう!

RELATED ENTRIES

  • ワントゥーテン、シンガポール初のビーチを舞台としたインタラクティブランドアート「Magical Shores」を発表

    19.April.2020 | BUSINESS / SPOT

    株式会社ワントゥーテンが、2020年1月23日セントーサ島シロソビーチにオープンした、シンガポール初の常設型インタラクティブランドアート「マジカルショア/Magical Shores」を制作した。パートナーとして設計を担当したのは、東京とシンガポールに拠点を置く照明デザイン会社、株式会社ライティングプランナーズアソシエーツ(LPA)。

     

    「マジカルショア」は、シンガポール セントーサ島のシロソビーチを400mにわたって鮮やかな光や霧で演出し、AIが環境データをリアルタイムに解析、セントーサ島の二つの孤島に命を吹き込む。
    また、光と音の調和が自然本来の美しさを際立たせ、砂浜の上でのライトインタラクションなど、来場者が実際に体験できるイマーシブ(没入)空間を楽しむことができる。

     

    Guide To Magical Shores | Siloso Beach, Sentosa:

    ビーチで楽しむ来場者の状態を判断するAIを独自開発。ビーチに設置されたセンサーの時系列センシングデータから特徴量を抽出し、ゆったりと楽しんでいる、活発に遊んでいる、などのビーチ全体の人々の活動具合をAIが判断。シロソビーチ周辺の天候や気温などの環境状態のビッグデータやビーチにおける人々の活動具合により毎日毎時、独自開発したクリエイティブAIにより、演出が変化していく。


    人間と動きと連動し変化する2つのインタラクティブエリアには、「生命の循環」が描かれる。
    世界は銀河の爆発から始まり、躍動するマグマには、やがて激しい雨がふりはじめ、それは大いなる水の流れとなり、生命を育む海となる。
    小さな生命は分裂を繰り返しながら、植物はゆったりと根を張り徐々に成長し続け、海には魚が、山には虫や鳥たちが歌う。最後には生命は散り、そしてまた再生を繰り返していく。

    音楽とサウンドデザインを担当したのは、『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』などの映画音楽をはじめ、CM音楽、執筆、映像など幅広く活動しているアーティスト・高木正勝。緑豊かな里山で暮らす彼が自宅スタジオの窓を開け放ち、鳥や虫、風や雨とのセッションを、「音の日記」のように録音してきたプロジェクト『Marginalia(マージナリア)』からのインスピレーションをもとに、セントーサ島でフィールドレコーディングされた自然音をもとにした新たなサウンドを生み出した。

     

    もう一人のコンポーザーは、札幌を拠点に世界的な評価を得ている音楽家、Kuniyuki Takahashi 。同じくセントーサ島で録音された自然音を用いて環境と共鳴した深みのあるサウンドを制作。豪華な2名のコンポーザーの共演により、今回のインスタレーションに命を吹き込むようなサウンドトラックとして仕上がっている。

     

    新型コロナウイルスが落ち着いた後の旅行先として、シンガポールのセントーサ島をチェックしてみて。

  • 桜と菜の花が競演!福岡県筑前町「 草場川(くさばがわ)の桜並木」

    19.March.2020 | SPOT

    福岡県筑前町を流れる清流・草場川(くさばがわ)の河畔には全長約2キロの桜並木があり、毎年春の開花の時季には、桜の名所多くの人の目を楽しませてくれる。

    草場川には桜だけでなく菜の花も咲き、ピンクと黄色のコントラストは絶景!春のこの時期のみで見られる絶景を、ぜひ楽しんでほしい。

    夜はライトアップも行われる予定なので、夜桜を楽しむのもオススメ。

    田園風景が広がる自然豊かな草場川で、桜と菜の花を愛でよう。

  • 大阪「ひらかたパーク」のイルミネーション”光の遊園地”が春休みシーズンに追加開催

    25.February.2020 | SPOT

    ひらかたパークは、2020年3月1日(日)まで開催している秋冬シーズン恒例のイルミネーションイベント「光の遊園地」を、好評につき3月20日(金・祝)~4月7日(火)の春休み期間限定で追加開催する。

    今年の「光の遊園地」は“タイムトラベル”をテーマに、シンボルである高さ約10mのメインツリーがある「タイムトラベルファンタジーストリート」や無数の光の花が咲く「光の花園」など、4つのエリアで構成。春休み期間には、「光の花園」をはじめとし、園内各所の通路や水路などのイルミネーションが、冬らしいブルーやパープルから、ピンク・グリーン・イエローなどを中心とした春らしいパステルカラーに生まれ変わる。

     

    光の花園

    丘の上に咲く光の花々。桜のピンク、新緑のグリーン、菜の花イエローなど、春をイメージしたパステルカラーに一新する。

     

    点灯時間から始まる24機種のナイトアトラクションや、光るタピオカなどイルミネーションフードの販売は、冬シーズンに引き続き実施予定。16時以降は入園とフリーパスがお得になる「ナイト料金」を活用するのもオススメ!

     

    春の息吹が感じられるひとときを「ひらかたパーク」で楽しもう。

  • 軽井沢の観光名所・白糸の滝で真冬の“ライトアップ”開催

    20.November.2019 | SPOT

    軽井沢の観光名所・上信越高原国立公園内にある白糸の滝では、2019年12月21日(土)~2020年2月15日(土)までの期間、「軽井沢白糸の滝真冬のライトアップ」が行われます。

    高さ3m、幅70mの白糸の滝をスクリーンに、真っ暗な空に映し出される星空・雪・浅間山の伏流水の為氷点下でも凍らない白糸の滝、これらを暖かな光源でライトアップ。

    一昨年開催されていた、「イルミネーション」を発展させ、冬でも夜の白糸の滝を楽しめる観光スポットとしてイベントを開始します。

    夏のライトアップとは違い、自然を強調したライトアップとなる為、晴天時は夜空に星空を鑑賞することができ、澄んだ空気の中で昼間には気がつかない自然の美しさを再認識できるイベントです。

     

    白糸の滝は上信越高原国立公園内にある為、環境省へ自然公園法に基づく手続きを経て、光量・色味・制作方法等に配慮したイルミネーションを行っているので安心です。美しい滝と光のコラボレーションをぜひ満喫してみてくださいね。

  • 東京タワーとビルの灯りの美しい融合「品川シーズンテラス イルミネーション 2019」

    10.November.2019 | SPOT

    品川シーズンテラスでは12月1日(日)~25日(水)の期間に「品川シーズンテラス イルミネーション 2019」が開催される。

    品川シーズンテラスイルミネーションでは、広大な芝生広場に点灯する青いイルミネーションを都会の夜景をバックに楽しめる。昨年は約17,000人が来場した人気イルミネーションイベントとなっている。

    4回目を迎える2019年度は、入り口の大階段と2階に広がる芝生広場の2箇所でイルミネーションを展開。東京タワーと都会の夜景を正面に構えた品川シーズンテラスイルミネーションは、無料で楽しめる。

     

    品川駅港南口からオフィスビル街を通り抜けると、10パターンもの光の演出がなされる「光の大階段」が来場者を迎える。1階から2階までの階段に施された躍動感のある光の演出は圧巻。そして、「光の大階段」を上がった先の芝生広場には一転して青の空間が広がり、奥の小高い丘は写真スポットとしても楽しめる。

     

    都会の喧騒から離れて静かに煌めくイルミネーションで穏やかな時間を過ごしてみては?

     

    ※写真は全てイメージです。

  • もうすぐ冬がやってくる!関東地方で楽しめるイルミネーションまとめ2019

    04.November.2019 | FEATURES / SPOT

    間も無く冬本番!冬といえば夜の街が輝くイルミネーション。今回は東京で楽しむことができるおすすめのイルミネーションをご紹介します。

     

    目黒川みんなのイルミネーション2019/中目黒

    開催エリアから回収した廃色油を利用し、100%エネルギーの地産地消を実現したイルミネーション「目黒川みんなのイルミネーション2019」を開催!

    品川区との同時開催により、約41万個の桜色のLEDで冬の桜®︎が楽しめます。目黒川沿いの歩道に彩られたイルミネーションは、山手線内側最大規模となる両岸最大規模となる合計の総延長が約2.2kmにもなり、目黒川の水面に美しい煌めきを映し出してくれます。

     

    ▼目黒川みんなのイルミネーション2019

    会場:
    品川区立五反田ふれあい水辺広場(東京都品川区東五反田2-9)
    品川区立五反田南公園(東京都品川区東五反田2-8-8)及び目黒川沿道

    イルミネーション点灯期間:2019年11月8日(金)~2020年1月5日(日)
    点灯時間:17時~22時(雨天決行※荒天時は除く)

    サイトURL:http://www.minna-no-illumi.com/

     

     

    ウィンターイルミネーション2019-2020/東部動物公園

    関東最大級の大型LEDビジョンでは、光と音楽と映像が融合したイルミネーションショーが開催される。音楽に合わせたCG

    映像がビジョンに映し出され、その前に装飾されたイルミネーションとも連動。今年は新たにフルカラーレーザーを追加し、「天月-あまつき-ライブイルミネーション」を含め、よりダイナミックかつ幻想的な3種のショーが登場します。

     

     

    ▼ウインターイルミネーション2019-2020

    開催期間:2019年10月26日(土)~2020年2月11日(火祝)
    ※10、11月は土日祝および埼玉県民の日(11月14日(木))のみ開催
    ※12月1日(日)~1月5日(日)は毎日開催
    ※1月6日(月)以降は土日祝のみ開催

    開催時間:17:00~20:00
    ※12月24日(火)・25日(水)は21:00まで開催
    ※日中からご入園されたお客様は、そのままイルミネーションもご覧いただけます。

    開催場所:東武動物公園 東ゲート~遊園地各所/ハートフルガーデン/動物園(一部)
    (埼玉県南埼玉郡宮代町大字須賀110)

    開催期間中の休園日:2020年1月の火・水曜日(1月1日(水)は営業)、2月の火・水・木曜日

     

    Roof Star Garden/GINZA SIX

    銀座エリア最大級の複合商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」の屋上庭園「GINZA SIX ガーデン」にてRooftop Star Gardenが開催!地上約56m、銀座で最も星に近い場所に位置する屋上庭園を、無数の星が降り注ぐ空間に演出。GINZA SIXでのイルミネーション開催は初となり、華やかな銀座の夜の街並みに輝きを添えてくれます♪

    ▼Rooftop Star Garden

    住所:東京都中央区銀座6丁目10-1
    開催期間:2019年11月26日(火)~2020年2月24日(月・休)
    ※招待制イベントの開催や天候により中止となる場合があります。
    時間:日没~23:00まで
    場所:GINZA SIX ガーデン(屋上庭園)
    入場料:無料

    GINZA SIX Official site:https://ginza6.tokyo/

     

     

    OMOTESANDO HILLS CHRISTMAS 2019(表参道ヒルズクリスマス2019)/表参道ヒルズ

    表参道ヒルズ、本館吹抜け大階段では、コンテンポラリーデザインスタジオ「we +(ウィープラス)」を起用し、「水の魔法にいざなわれるクリスマス」をテーマに、アートやデザインの視点を取り入れたイルミネーションが実施されます!水の特性を活かし、表情が変わり続ける独創的なイルミネーションが楽しむことができます。

    OMOTESANDO HILLS CHRISTMAS 2019
    期間:11月13日(水)~ 12月25日(水)
    点灯時間:11:00~23:00

    表参道ヒルズ公式サイト:www.omotesandohills.com

     

    いかがでしたか?冬の楽しみの一つ、とっておきのイルミネーションを家族や友人、恋人など大切な人と見に行ってみては?

  • 地域の廃食油から生まれる「目黒川みんなのイルミネーション2019」今年も開催

    29.October.2019 | SPOT

     目黒川みんなのイルミネーション実行委員会は、開催エリア周辺から回収した廃食油を利用し、100%エネルギーの地産地消を実現したイルミネーション「目黒川みんなのイルミネーション2019」を、2019年11月8日(金)~2020年1月5日(日)の期間、開催する。 

    今年も品川区との同時開催により、約41万個の桜色LEDで冬の桜®が楽しめる。目黒川沿いの歩道に彩られたイルミネーションは、山手線内側最大規模となる両岸合計の総延長が約2.2kmにもなり、目黒川の水面に美しい煌めきを映し出してくれる。

    街に対する地域住民の愛着や誇りを持つキッカケとなることを願い始まった「目黒川みんなのイルミネーション」は、地域の家庭や飲食店から集めた廃食油をリサイクルし、電力に活用する「100%エネルギーの地産地消」のイルミネーションとして、街の“絆”を育む、冬の風物詩となりつつある。昨年度は、近隣マンションや飲食店など全11ヶ所から、約5,500リッ トルの廃食油を回収し、会場に設置した発電機により全電力をまかなった。本年度も、近隣から回収した廃食油をバイオディーゼル燃料にリサイクルし、100%自家発電でイルミネーションを点灯させる。 

    さらに、毎年人気が高い冬の桜®のお花見スポット、ドイツ生まれのアウトドアドーム「ガーデンイグルー」が今年も登場。寒い冬に天候を気にせずゆったりと冬の桜®のお花見ができるよう、内装の異なる3基のガーデンイグルーを設置。直径3.6m、高さ2.2m、広さ10m²とのんびりくつろげるサイズで、雨や風にも強いため、天候を気にせず公園内で冬の桜®が楽しもう。

     

    設置期間:2019年12月16日(月)〜12月25日(水)予定 ※品川区立五反田ふれあい水辺広場にて近年海外メディアからも注目されている「100%エネルギーの地産地消」から生まれるイルミネーションにぜひ足を運んでみて。

  • 東武動物公園「天月-あまつき-」とのコラボイルミネーション詳細を発表

    21.October.2019 | SPOT

    東武動物公園では、2019年10月26日(土)より開幕する冬季イベント「ウインターイルミネーション2019-2020」にて、人気男性ヴォーカリスト「天月-あまつき-」とのコラボレーションを実施。各コラボ企画が決定した。

    イラストレーターCHRIS(クリス)氏による、描き下ろしイラスト

     

    オリジナル SD イラスト

    イラストレーター椿つばる氏による、オリジナルSDイラスト 

    天月さんと天月さんの家に住んでいる「正宗くん」のオリジナルSDキャラクターイラストが登場。オリジナルイラストは、「ホワイトタイガー舎」や「ペンギン舎」をはじめ、イルミネーション会場にてパネル展示を行う。

     

    天月-あまつき-ライブイルミネーション

    天月さんのミュージックビデオや新曲「クリスマス・ストーリー」に合わせたスペシャルムービーを大型LEDビジョンで上映。LEDビジョン前に装飾された約15万球のイルミネーションとの連動により、まるでライブ会場にいるかのような臨場感が味わえる。

    ミュージックボックス feat.天月-あまつき-

    天月さんをイメージした装飾による全長約50mの光のトンネルは、新曲「クリスマス・ストーリー」に合わせて、イルミネーションが動き出す。

     

    観覧車ゴンドラ内アナウンス

    園内中央に位置する観覧車「エマさんのチーズ風車」では、本コラボのために収録されたオリジナルメッセージをゴンドラ内で聞くことができる。


    開催場所:観覧車「エマさんのチーズ風車」
    時間:17:00~20:00(イルミネーション点灯中)
    利用料金:お1人様600円
    強風や点検等により運休する場合がございます。 

     

    特典付き「天月-あまつき-イルミネーションチケット」

    描き下ろしイラストを使用したイルミネーションチケット

    イルミネーション開催日の15時から販売するイルミネーションチケットに、特典「オリジナル A4クリアファイル」が付いてくるコラボ記念チケットを入園窓口にて販売する。チケットの詳細は公式サイトをチェック。

     

    今年の冬は、月夜に輝く光と音楽が融合したイルミネーションを楽しんでみて。

  • 冬の風物詩「第25回 神戸ルミナリエ」作品テーマ決定!ぬくもり感じる”白熱電球”が復活

    09.October.2019 | SPOT

    神戸ルミナリエ組織委員会は、今年12月6日(金)から12月15日(日)まで開催する 「第25回神戸ルミナリエ」の作品テーマを、「希望の光に導かれて、25年」(Da 25 anni, guidati dalle luci della speranza)に決定した。

    「神戸ルミナリエ」は、阪神・淡路大震災犠牲者への鎮魂の意を込めると共に、都市の復興・再生への夢と希望を託して、大震災の起こった平成7年の12月に初めて開催された。以来、震災の記憶を後世に語り継ぐとともに神戸の希望を象徴する行事として、また神戸の冬の風物詩として定着し、昨年は約343万人もの来場者が訪れた。

    ぬくもりを感じさせる”白熱電球”が復活

    かつて外国文化の玄関口として栄え、いまはセンスの良いお店が建ち並ぶ仲町通りの作品の総延長は約270m。玄関作品の「フロントーネ」は高さ約22mの巨大な3連の門状で、京町筋交差点までの約50mに渡り光の壁掛け「スパッリエーラ」を配置する。その東側には明るく鮮やかな回廊状の作品「ガレリア」が続く。第25回の特別な演出として、伊藤町筋から東のブロックを「メモリアルゾーン」とし、 第一回に使用していた白熱電球による壁状の作品を展開する。

    高さ約21m、ルミナリエ史上最大級のドームを設置!

    東遊園地の広場には、毎年設置している光の聖堂(カッサアルモニカ)を大きく包み込む、 高さ約21mに至る巨大なドーム状の作品を初めて設置。慰霊と復興のゾーンでは、今回初めて「1.17希望の灯り」を高さ約4mのアーチで飾る。

     

    花時計広場には、藤棚に沿って点滅する光の壁掛け「スパッリエーラ」を展開。この作品は音楽に合わせて光が躍動するように点滅を繰り返す。 このほか、来場者を会場へ誘導する小作品やフォトスポット作品も設置する。

     

    震災語り部ブースの開設

    今回はじめて作品を置く東遊園地の「慰霊と復興のゾーン」に、阪神淡路大震災1.17希望の灯りとの協働による「震災語り部ブース」を開設。 神戸ルミナリエの開催が、今回25回目を迎えた。1995年の阪神淡路大震災を経験していない世代の来場も増えるなかで、神戸ルミナリエがなぜ始まったのかなど本来の趣旨や、震災の経験者の話をリアルに伝え続けるため「震災語り部ブース」が開設されることとなった。

    【作者 -ダニエル・モンテベルデ メッセージ】 

    25年目となる今年もまた、この神戸は賑わいます。通りを埋め尽くす人々、空を見つめ、点灯の鐘の音を待つ人々。 25年前の記憶と、失った人々の思い出を胸に。 私たちの子供や、次の世代を担う若者に、私たちの物語、 そして私たちの夢と希望を伝えるために。 震災から復興したこの神戸を、誇りに思うために。 

     

    兵庫、日本、そして全世界に向け、神戸ルミナリエの灯火が、今年も点灯します。 この光は皆さん一人ひとりの献身、努力、そして愛の象徴です。このルミナリエの光が、私たちの心に永遠に輝き続け、世界への希望のメッセージとなりますように。 

  • 光と音楽の祭典「ウインターイルミネーション2019-2020」埼玉・東武動物公園で開催

    03.October.2019 | SPOT

    東武動物公園では、2019年10月26日(土)~2020年2月11日(火祝)の期間、約300万球のLEDによる「ウインターイルミネーション2019-2020」を開催する。

    また、今シーズンは、人気男性ヴォーカリスト「天月-あまつき-」とのコラボレーションイルミが登場し、光と音楽の融合が楽しめる。LEDビジョンを使用したショー演出「ライブイルミネーション」にて、天月-あまつき-のミュージックビデオやここでしか見ることのできないオリジナルムービーを上映するほか、約50mの光のトンネルでは、天月さんをイメージした装飾とともに、楽曲に合わせて光が動くイルミネーションを満喫できる。 その他、コラボ企画の詳細は後日発表される予定なので、楽しみに待とう。

    大型LEDビジョン「イルミネーションショー」 【場所:ハートフルガーデン前】

    関東最大級の大型LEDビジョンでは、光と音楽と映像が融合した「イルミネーションショー」が開催される。音楽に合わせたCG映像がビジョンに映し出され、その前に装飾されたイルミネーションとも連動。今年は新たにフルカラーレーザーを追加し、「天月-あまつき‐ライブイルミネーション」を含め、よりダイナミックかつ幻想的な3種のショーが登場する。

    ハートフルガーデン 【場所:ハートフルガーデン】

    総面積8,000 m²を超える「ハートフルガーデン」では、光の花々やイルミネーションで光輝くフラワートピアリー(造花で作った動物や乗り物)が迎えてくれる。

    劇場型プロジェクションマッピング 【場所:イベントステージ「東武動物公園HOLA!」】

    約1,300名を収容できる全天候対応型の大型イベントステージ「東武動物公園 HOLA!(オーラ)」では、ステージ壁面や天井全体に映像を投影し、備え付けの座席で鑑賞でいる“劇場型プロジェクションマッピング”を実施。

     

    今年の映像は、ミュージカルをテーマに「ようこそ、アニマル歌劇団へ」と題したエンターテインメントショーをお届け。様々な動物たちが登場し、歌やダンスを披露する物語は、まるで本物のミュージカルを見ているような興奮やワクワクを体感することができる

    ※プロジェクションマッピングは、11月30日(土)から開催。

    桜イルミネーション 【場所:東ゲート前 白鳥の池】

    東ゲート正面にある白鳥の池では、池を取り囲むソメイヨシノに光の花が咲き、桜色の大パノラマが目の前に広がる。

     

    遊園地イルミネーション 【場所:遊園地各所】

    遊園地内は、ライトアップにより日中とは違った煌びやかなアトラクションとともに、かぐや姫や人魚姫、シンデレラといった「世界の童話」をテーマとしたフォトエリアが登場。

    東武動物公園で、子どもから大人まで楽しめるロマンチックなひとときを過ごしてみて。

  • GINZA SIX屋上庭園で初のイルミネーション「Roof Star Garden」開催

    02.October.2019 | SPOT

    銀座エリア最大級の複合商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」の屋上庭園「GINZA SIX ガーデン」で、2019年11月26日(火)~2020年2月24日(月・休)まで、イルミネーション「Rooftop Star Garden(ルーフトップ スター ガーデン)」が開催されます。

     

    地上約56m、銀座で “最も星に近い” 場所に位置する屋上庭園を、無数の星が降り注ぐ空間に演出。GINZA SIXでのイルミネーション開催は初となり、華やかな銀座の夜の街並みに輝きを添えます。

    「Rooftop Star Garden」は、GINZA SIX ガーデン内の「水盤エリア」と「森エリア(2カ所)」において、“星”をモチーフにした光の演出を実施予定。

    水盤エリアは「Ryusei–流星-」をテーマにLEDを使用した奥行きを感じられる演出。モニュメントとなる147本のLEDの柱が設置され、“流れる星”や“星のまたたき”などをイメージした星の輝きを表現します。

    水盤エリアをはさむように設けられた2カ所の森エリアでは、様々な場所から放たれたレーザーの光がクリスタルを通して拡散され、無数の星が降り注ぐ空間に。360度見渡す限り星に包まれた小宇宙の中を回遊することができます。

     

    満天の星が光り輝くGINZA SIXガーデンで、ここでしか体感できないクリスマスを楽しもう。

     

    *画像はイメージです

  • 福岡市のイルミネーション「青の洞窟 FUKUOKA」に絶品コラボメニュー登場

    25.September.2019 | FOOD / SPOT

    2019年9月16日(月・祝)から2019年10月6日(日)の期間、福岡県福岡市の中洲懸橋にてイルミネーションイベント「青の洞窟 FUKUOKA」が開催されている。

    九州一の繁華街・中洲に位置する中洲懸橋に、「青の洞窟」が「青い滝」となって出現。 特別な装飾を施したクルーズ船で「青い滝」が流れる橋をくぐり、福博であい橋からキャナルシティ・博 多湾までの名所を巡る航路で、幻想的でロマンチックな30分間のクルージングが楽しめる。

    また、期間中は中洲懸橋周辺も「青の洞窟」の世界観を表現したイルミネーションで彩られるほか、クルーズ船内にて日清フーズ「青の洞窟」ブランドの「青の洞窟 ボロネーゼ」が食べられる。乗船すると記念に「青の洞窟」オリジナルポストカードもプレゼントされる。

     

    さらに福岡県福岡市の中洲懸橋の周辺の複数店舗でタイアップを実施。日清フーズ「青の洞窟」ブランド製品を使ったコラボレーションメニュが味わえる。イルミネーションを見ながら美味しいご飯を食べて癒されみて。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US