パナソニックの最新テクノロジーと日本の伝統文化「歌舞伎」がラスベガスで融合!「Japan KABUKI Festival in Las Vegas 2016」

23.April.2016 | SPOT

アメリカ・ラスベガスで2016年4月29日~5月7日に行われる「Japan KABUKI Festival in Las Vegas 2016」に技術協力を実施したパナソニック株式会社。

日本の伝統である歌舞伎と先端テクノロジーの融合による、 新しいスタイルの日本文化を発信していく。

ラスベガスで披露されるコンテンツは下記の3つ。

KabukiSpectacle_2016_0314改訂

・歌舞伎初のラスベガス劇場公演 “Panasonic presents Wonder KABUKI Spectacle ‘KABUKI LION’ – The Adventures of the Mythical Lion” 

【期間】 2016年5月3日(火)~7日(土)の5日間(全6回公演)

【場所】 MGM グランドホテル内 「DAVID COPPERFIELD THEATER」

【内容】 パナソニックのプロジェクター、 PT-DZ21Kを劇場内で計9台使用。 高輝度・省電力・コンパクト・高い幾何学補正技術といった特長を活かし、 ダイナミックな映像展開に貢献する。 映像演出は、 日本が世界に誇る新進気鋭の空間創造プロダクション・ネイキッドが担当。 

sub3

劇場前「KABUKI LION Interactive Showcase」における、体験型の技術展示

【期間】 2016年5月3日(火)~7日(土)の5日間(予定)

【場所】 MGM グランドホテル内 「DAVID COPPERFIELD THEATER」 前スペース

【内容】デジタルカメラLUMIXを54台使用し、 来場客が全身を3D撮影できるスキャナーを劇場前に設置。 3D写真をもとに、 来場客のアバターがプロの歌舞伎俳優になりきって踊る動画を生成するサービスや、 来場客自身のオリジナル歌舞伎フィギュアを作るサービスを実施する。サービスには、 光にスマートフォンをかざすと情報がとれる、 パナソニック独自の光ID技術を使った情報案内も採用予定だ。

sub4

・世界最大級のウォータースクリーン・プロジェクション “Panasonic presents ‘Water Screen Digital Show by Shochiku × teamLab’” 

【期間】 2016年4月29日(金)~5月7日(土)の9日間

【場所】 べラージオホテル前の人工湖

【内容】 観光スポットとして名高いべラージオの人工湖で、 プロジェクターPT-DZ21Kを13台活用し、 幅300mに及ぶ巨大な噴水をスクリーンに、 侍たちの水上合戦絵巻をテーマにしたデジタル・プロジェクションを実施する。 映像演出は、 デジタル・テクノロジーを使ったアート作品で世界的に高い評価を受けるチームラボが担当。

今回の取り組みは、 2015年8月にラスベガスで実施した、 「Panasonic presents KABUKI Spectacle at Fountains of Bellagio “Koi-Tsukami” – Fight with a Carp”」に続く、 「伝統と先端テクノロジーの融合」をテーマにしたパナソニックと松竹株式会社とのコラボレーション・プロジェクトの第2弾。

伝統×最先端技術で魅せる日本の新しい文化の形が世界に発信されるイベントとなるだろう。

 

■Information

「Japan KABUKI Festival in Las Vegas 2016」 特設ページ

http://news.panasonic.com/global/presskits/kabuki2016

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US