宇多田ヒカル、12年ぶりの国内ツアーを記念し配信シングルをリリース

06.November.2018 | MUSIC

横浜アリーナ公演を皮切りに12年ぶりの国内ツアーをスタートさせる宇多田ヒカル。そのツアースタートを記念し、2018年11月6日(火)0時より「Too Proud featuring XZT, Suboi, EK (L1 Remix)」のサブスクリプション/ダウンロード配信がサプライズリリースされた。

この楽曲は、今年6月に発売された7枚目のオリジナルアルバム「初恋」収録の「Too Proud featuring Jevon」のリミックス楽曲。アルバムではUKのラッパーJevonをフィーチャリングしているが、今回のリミックスでは中国からXZT、ベトナムからSuboi、韓国からEKと総勢3名のアジアン・ラッパーが参加している。3名とも各国で高い評価を得ているアーティストだけに、日本だけでなくアジア各地での盛り上がりも期待される作品となった。宇多田ヒカルが日本以外のアジアのアーティストとコラボするのは初めてのこと。

タイトル表記にある(L1 Remix)とは、「Language1 Remix」のこと。宇多田ヒカルおよび各ラッパーがそれぞれの国の母国語で参加していることがその由来だ。

また同時に7枚目のオリジナルアルバム「初恋」収録の「Too Proud featuring Jevon」もサブスクリプションサービスでの配信がスタートするほか、117日(水)にはアルバム「初恋」のアナログ盤(シリアルナンバー入り生産限定アナログ盤)もリリースされる。YouTubeには、90秒の試聴ムービーもアップされたのでチェックしてほしい。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US