宇多田ヒカル、20周年記念日に12年ぶりの国内ツアー完走

10.December.2018 | MUSIC

宇多田ヒカルが、デビュー満20周年の記念日となる2018年12月9日(日)、国内ツアー“Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018”のファイナル公演を幕張メッセで開催した。


11月6日(火)の横浜アリーナからスタートしたこのツアー。横浜・福岡・名古屋・大阪・埼玉・幕張とまわり、全6都市12公演を完走した。ライブは、20周年の集大成ともいえるセットリストで、デビュー曲「Automatic」から最新アルバム「初恋」の収録曲まで新旧織り交ぜた全20曲でファンを沸かせた。特に1999年にリリースした大ヒットソング「First Love」から、今年2018年、約20年の時を経て発表した「初恋」へと続く流れでは、涙するファンも多く見られた。

冒頭のMCで宇多田ヒカルは

「こんばんは!今日は色んなところから来てくれてありがとう。
今日はデビュー20周年記念日なんですけど、そんな日をこんな風に過ごせて、
本当は誕生日とか祝ってもらったり、会の主役になるのはすごい苦手なんだけど、これは素直に喜んでおきます。ありがとう!
後ろの人もちゃんと、(こちらから)見えてるから一緒に楽しもうね!」

と20年を振り返り、ファンからの熱い声援をかみしめる一幕も。

 

12年ぶりに開催された今回のツアーは、全部で14万人を動員。大ヒットソングを世に送り届けてきた20年と、いまなお走り続ける宇多田ヒカルの未来の両方が感じられる圧巻のツアーとなった。

そして、こちらのツアーは、BSスカパー!にて2019年1月27日(日)午後9時より放送が決定。その後、2019年3月10日(日)午後8時よりMUSIC ON! TV(エムオン!)ではツアードキュメンタリーも加えた完全版を放送予定となっている。

 

さらに、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが宇多田ヒカルに関連したPlayStationVR(PSVR)向けコンテンツの配信日を発表した。正式タイトルは「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 – “光” & “誓い” – VR」。同タイトルでは、終了したばかりの宇多田ヒカル 国内ツアー「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」から「光」「誓い」のライブステージ2曲をPS VR向けに配信するというもの。

 

2018年12月25日(火)に、PlayStationPlus(PS Plus)加入者向けに「光」のVR映像の先行配信が決定!「誓い」は2019年に「光」とともに一般向けに無料配信予定。詳細はこちらからチェックしよう。

このほか、世界的なエレクトロミュージシャン Skrillexと共作した新曲「Face My Fears」の音源(90秒)がYouTubeに公開された。こちらの楽曲はゲームソフト「KINGDOM HEARTSⅢ」のオープニングテーマとなっており、この楽曲も収録されたCDシングルが2019年1月18日(金)に発売される。

また、宇多田ヒカルのデビュー20周年を記念し、過去EMI時代に発表したオリジナルアルバムがリマスタリングされ、ハイレゾ(HRA[24bit/96kHz])配信がスタート。「DEEP RIVER」、「ULTRA BLUE」、「HEART STATION」の3タイトルが12月9日に配信となり、「Distance」は制作進行上の理由により、2019年1月23日より配信となる。

 

さらに今回これらの各アルバムにはボーナストラックも収録。「Distance」には「はやとちり」、「DEEP RIVER」には「Simple And Clean」、「ULTRA BLUE」には「サンクチュアリ(オープニング)」、「HEART STATION」には「Fly Me To The Moon (In Other Words) -2007 MIX-」となっており、今回のボーナストラックはすべてハイレゾ配信に伴ってのボーナストラックとなっている。

 

デビューから21年目に突入した宇多田ヒカルから今後も目が離せない!

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US