海の京都を堪能!日本三景「天橋立」&日本一美しい村「伊根の舟屋」

27.November.2018 | SPOT

国内外の観光客が訪れる京都。これから京都は紅葉のシーズンを迎えます。

今回MOSHI MOSHI NIPPONでは、一足先に京都へ取材に行ってきました。今回の取材テーマは「もうひとつの京都」。まだ多くの人に知られていない穴場なスポットをご紹介します。

 

第三回の今回は海。「海の京都」オススメスポットをご紹介します。

 

1:日本一美しい村・伊根の舟屋

最初に紹介するのは、日本一美しい村に認定された伊根の舟屋。国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定されています。

舟屋とは、一階部分が舟のガレージ、二階部分が住居スペースになっている独特な建造物のこと。伊勢湾沿いに230軒あまりが立ち並び、日本で唯一の景観になっています。

伊根湾巡り遊覧船に乗ると、湾の中から立ち並ぶ舟屋を見ることが可能。カモメやウミネコと一緒にクルーズします。

観光案内所では、舟屋を巡るツアーも実施。地元の人に案内してもらうと、舟屋をより近くで観察することができます。舟屋1Fからみた海はこんな感じです。

町にはレンタサイクルがあり、誰でも無料で利用することができます。みんなが使用する自転車なのでルールを守って利用しましょう。

町中にある向井酒造では、日本酒の試飲を実施。

ぜひ試してみてほしいのはこちらの古代酒。甘みがあり、飲みやすいお酒でした。

海外からの観光客も多く、宿泊できる舟屋は数に限りがあるのですぐに予約が埋まってしまうそう。旅行の計画を立てたらまずは宿の確保をお忘れなく。

アクセスが良いとは言えない場所にある伊根町ですが、ここでしか見られない景色や伝統を、ぜひ現地で感じてみてください。

 

■伊根の舟屋

住所:京都府与謝郡伊根町平田491

アクセス:京都丹後鉄道「天橋立」または「宮津駅」で下車 路線バス(丹後海陸交通)に乗り換えて約1時間

問い合わせ:0772-32-0277

URL:http://www.town.ine.kyoto.jp/

 

■伊根湾めぐり遊覧船

営業時間:9:00〜16:00 毎時0分、30分毎に運航(約25分周遊)

運賃:大人680円/子供340円

問い合わせ:丹後海陸交通株式会社 0772-42-0323

URL:https://www.inewan.com/02yuransen.html

 

■向井酒造

住所:京都府与謝郡伊根町平田67

定休日:年末年始

問い合わせ:0772-32-0003

URL:http://kuramoto-mukai.jp/

 

 

2:日本三景”天橋立”を一望「天橋立 傘松公園」

天橋立は、約8,000本の青い松並木と、白い砂「白砂青松」が美しい観光スポット。天に架かる橋のように見えることから「天橋立」と呼ばれています。

今回はリフトを利用し、天橋立が一望できる「天橋立 傘松公園」へ行ってきました。(ケーブルカー通年・リフト3月~11月利用可)

公園からは「天橋立」が一望できるほか、軽食可能なテラスや、公園から見える冠島・沓島の遙拝所があります。

リフトの乗り場にこんな地図がありました。この日も日本だけでなく世界から観光客が訪れていたようです。

地上に降りる時は「天橋立」を見ながらゆっくり下降できるリフトがオススメ。最後まで絶景を堪能することができます。

 

■天橋立 傘松公園

住所:京都府宮津市大垣75

ケーブルカー・リフト料金:大人往復660円(片道330円)/子供往復330円(片道170円)

アクセス:京都丹後鉄道「天橋立駅」から路線バスにて25分(傘松ケーブル下で降車)/観光船「天橋立桟橋 〜 一の宮桟橋」徒歩5分

問い合わせ:丹後海陸交通(株)成相営業所 0772-27-0032

URL:https://www.amano-hashidate.com/030kasamatu.html

 

3:丹後で採れた旬の魚を楽しむ「つるや食堂」

傘松公園ケーブルカーから、近くに位置する籠神社へ続く参道にある「つるや食堂」。地域の食材を使用することにこだわった同店では、すべての魚が丹後産!という海鮮丼「丹後お宝丼」を食べることができます。

丹後お宝丼 1,650円(税込)

10月下旬「丹後お宝丼」に乗っていた魚はバイ貝、アオリイカ、ブリ。小鉢に入っている海藻・アカモクをねばりが出るまでよく混ぜて、丼ぶりに投入します。最後は全ての具材を混ぜていただくのが丹後流。生卵が苦手な方は、スタッフの方に伝えれば抜いてもらうことも可能です。

 

お米も丹後産にこだわった「丹後のお宝丼」で、地元食材をふんだんに味わってください。

 

つるや食堂

住所:京都府宮津市中野848

営業時間:8:30〜17:00

定休日:不定休

問い合わせ:0772-27-0114

URL:http://www.amanohashidate.jp/food/turuyasyokudou/

 

「海の京都」はいかがでしたか?市内の観光では見ることのできない絶景を、ぜひその目で確かめてみてください。

 

■Writer 

Sayuri Mizuno / MOSHI MOSHI NIPPON Chief Editor

Instagram: @sayuri.mizuno

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US