【ライブレポート】きゃりーぱみゅぱみゅ “キャバレー”をテーマにしたホールツアー「星屑のチェリーマティーニ」終幕

09.December.2018 | MUSIC

きゃりーぱみゅぱみゅが、2018年12月8日(土)東京国際フォーラム ホールAで、全国ホールツアー「きゃりーぱみゅぱみゅ JAPAMYU HALL TOUR 2018『星屑のチェリーマティーニ』」の追加公演を開催した。全国20箇所・約4万人を動員した国内ホールツアーの最終日。9月26日にリリースされた4年ぶりのオリジナル4thアルバム「じゃぱみゅ」からの楽曲も多数披露され、きゃりーの新たな魅力が詰まったライブが繰り広げられた。

今回のライブのコンセプトは、キャバレー。幕が開くと、カクテルグラスの中に入ったきゃりーが「恋ノ花」を歌唱し、ライブはスタートする。きらびやかなステージで、ファーのついたピンクのガウンを羽織ったきゃりーは「チェリーボンボン」を披露し、ダンサーとともにポップでゴージャスな世界観を見せていく。

きゃりーが、「今回のライブは、キャバレーのような世界観をお見せしたいです。かわいいキュート寄りな曲がいっぱいになってます」と語ると、ファンの大歓声が沸き起こった。

「CANDY CANDY」でライブのテンションをアップすると、「Drinker」ではバーカウンターのセットで歌唱。キラキラなポップチューン「おしえてダンスフロア」でかわいいお姫様感を演出したあとは、「演歌ナトリウム」でラップを披露。カラフルな世界が次々と展開されていく。

インターバルを挟み、黒の衣装で男装したきゃりーは、「No No No」で椅子を使ったダンスを披露。「とどけぱんち」では、こぶしを突き上げて観客をヒートアップさせた。

MCコーナーでは、今回のツアーのコンセプトが語られた。「大阪に、ミス大阪って昔ながらのキャバレーがあるんです。そこでライブをしたいなと思ったのがきっかけで、今回キャバレーを作っちゃいました。裏テーマは、きゃりーっていう伝説のキャバレーの子が人気がありすぎて病んでお休みをして、その伝説の復帰公演っていうテーマがあります」と述べられる。さらに衣装の中で一番キラキラな小物のバッグは、「叶姉妹のプレゼント」であることが明かされた。

ライブに戻ると、キャッチーなダンスチューン「ちゃみ ちゃみ ちゃーみん」「もんだいガール」と勢いを上げていき、「ファッションモンスター」で会場はさらなる盛り上がりとなった。

再びインターバルを挟むと、巨大な“KYARY”の電飾のセットが表れる。水着姿のきゃりーのコラージュがプリントされたワンピースを着たきゃりーが、ダンスチューン「トーキョーハイウェイ」を披露。「原宿いやほい」では、観客と一緒に“ワンツーいやほい!”をシャウトした。

質問コーナーでファンと楽しく会話をしたあと、「にんじゃりばんばん」からライブは後半戦に突入。和風メロディのテクノポップナンバー「音ノ国」では、きゃりーと観客全員がペンライトの光を一斉に変えて、会場全体の色が次々と変わる美しい光景が広がった。そして「きみのみかた」でさらなる盛り上がりを見せ、「キズナミ」でポップな世界観を作り上げてライブ本編が終了。

興奮の冷めやらない観客のアンコールに応えて、きゃりーがステージに登場して「キミに100パーセント」をパフォーマンスする。

MCで、きゃりーは今回のツアーの感想を語った。

「9月から全20本のツアーでしたが、ほんとにあっという間でした。すごく楽しくて、こんなに終わってほしくないと思ったツアーは今までなかったです。それを考えたときに、これは中田さんが『じゃぱみゅ』っていう素敵なアルバムを作ってくれたからだと思って、ツアーの移動のバスで中田さんにメールしたんです。“中田さんの素敵な楽曲を歌ってて、生きてて最高に楽しいです”って書いたら、中田さんから、“こちらこそ、きゃりーでしか書けない曲がたくさんあるからオレもすごく楽しいよ”って言ってくれて、感動してバスの中で泣きました。今日ライブしてて楽しいのは、素敵な楽曲があって素敵なスタッフさんがいて、そして素敵なファンのみなさんがいるから私は成立してるからだなって心から思いました」と感慨深い思いを口にすると、観客から大きな拍手が送られた。

さらにきゃりーは、来年以降のライブの野望も語っていく。「今、興味があるのが歴史を振り返るライブ。アウストラルピテクスから始まりとか面白いかなって。あと、神聖な場所でのライブもいいなとか思ったりしてます。まだまだやりたいことがたくさんあるので、またライブに遊びに来てください!」と声にすると、観客も大歓声で応えた。

そして、最後の最後は「最&高 (Album Edit)」を会場全員で楽しく温かい空間を作り上げ、キラキラの金ふぶきに包まれてライブの幕は閉じた。

 

ライブでは、きゃりーにしか作ることができない、ポップでキュートなキャバレーという世界観をたっぷりと楽しうことができた。この先もどんなステージで楽しませてくれるのかきゃりーの驚きに満ちた次なる展開に期待したい。

 

Photo:Aki Ishii

TALENT PROFILE

きゃりーぱみゅぱみゅ

高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月に発売した初のフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。 2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表したセカンドアルバム「なんだこれくしょん」は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム「ピカピカふぁんたじん」は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了した。 そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US