宇多田ヒカル国内ツアー「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」がスタート

07.November.2018 | MUSIC

2018年11月6日(火)より約12年ぶりの宇多田ヒカルの国内ツアーがスタートした。2018年6月27日(水)に7枚目となるアルバム「初恋」を発表し、今回12年ぶりのコンサートツアー「Laughter in the Dark」を開催。デビュー20周年を迎え、精力的な活動をみせている。

久々にファンの前に姿を見せた宇多田ヒカルは、冒頭のMCで「こんな悪天候の中、来てくれてありがとう。最後にここでコンサートを開いてから、ちょうど8年。お待たせしました。本当に待っててくれて有難う。皆さん、8年経っていれば、色々なことが、良いことも、悪いこともあったと思いますが、それは心の片隅において、今日は目一杯楽しんでいきましょう。」と挨拶。待ちに待ったファンからの「おかえりー」の声で会場全体が包まれた。

 

また本編中には お笑い芸人であり作家でもある又吉直樹と「Laughter in the Dark」をテーマにして制作されたショートムービーも披露されるなど、タイトル通りの宇多田ヒカルの世界を数々の名曲とともに存分に披露した。

横浜公演の後は、福岡、名古屋、大阪、埼玉、千葉を含む全12公演のツアーとなっており、ツアーファイナルとなる12月9日(日)はデビュー20周年目にあたるメモリアルデー。最後まで各地を駆け巡る。


11月7日(水)にはアルバム「初恋」のアナログ盤(シリアルナンバー入り生産限定アナログ盤)もリリース。こちらも合わせてチェックしよう。

 

Live Photo:岸田哲平

RELATED ENTRIES

  • 椎名林檎、ベストアルバムの新曲で宇多田ヒカルと共演!楽曲を先行配信

    01.November.2019 | MUSIC

    2019年11月13日(水)にデビュー20周年記念展開の締めくくりともいえる、初のオールタイム・ベストアルバム『ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~』をリリースする椎名林檎。すでに作品詳細が発表されている中、未公開となっていた新曲の詳細がこの度明らかになった。

    disc-1の1曲目に収録されるのは、宇多田ヒカルと共演した新曲「浪漫と算盤 LDN ver. (ろまんとそろばん ロンドン バージョン)」。

    椎名林檎と宇多田ヒカルは1998年、東芝EMI(当時)からデビューした同期。二人の共演は宇多田ヒカルのアルバム『Fantôme』収録の「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」以来となる。「浪漫と算盤 LDN ver.」は作詞、作編曲とベーシックトラックを椎名が手掛け、管弦打楽器の編曲を村田陽一が担当。生ピアノ・ヒイズミマサユ機、五弦ベース・鳥越啓介というお馴染みのメンバーに加え、アビイ・ロードスタジオにてロンドンフィルハーモニック・オーケストラの演奏が収められた。

     

    盟友宇多田ヒカルを招き制作された最新曲「浪漫と算盤」。アルバムリリースに先んじて、11月2日土曜0時より配信を開始する。

     

    椎名林檎と宇多田ヒカル「浪漫と算盤」ミュージックビデオ

     

    また公開されたミュージックビデオは、当初アルバム発売日公開を目指し制作されていたものの、待ち切れないファンのため、大幅に前倒して仕上げた。公式映像を是非チェックしてみてほしい。

     

    椎名林檎コメント

     

    「浪漫と算盤」制作に当たって

     

    たいへん面白いプログラムでした。ご参加くださった宇多田ヒカル氏はじめ、村田陽一せんせい、演奏家のみなさんへ、改めてお礼申し上げたいです。ありがとうございました。

     

    新たな作品に着手する際、わたしはいつも、なにかしら初めての試みをするようにしております。今回はとにかく、和声から旋律からなにから、いつもみたく扇情的にせぬよう注意深く編みました。ヒカル氏の声の成分がよく馴染む、酸素や水のような曲にしたくて。いつになくまろやかな響きを、味わっていただけますと幸いです。

    言葉についても、本作では少々挑戦しています。或る日ヒカル氏が「それはゆみちん(椎名のこと)ならうまいこと書きそう」などと共通の知人らと話していたらしいテーマが「ロマンとソロバン」でした。半年ほどまえ小耳に挟んで以来「受けて立とうぞ」と力み続けた結果、仕上がったのがこの作品です。唄うのにやや照れました。

     

    なお、二十年間、頑なに「国産採れたて」に拘って参りましたものの、これからさきはもっとのびのび自由奔放に書きたいです。どうぞ今後なお一層、よろしくお願い致します。

     

    (などなど現場から愛を込めて…「初めまして」「改めまして」のベスト盤もご用意しました。)

     

    宇多田ヒカルコメント

    林檎ちゃんとのデュエットは3回目になりますが、過去のカーペンターズのカバー、私の楽曲に客演していただいたケース、を経て、今回は椎名林檎ワールドどっぷりの新曲とMVに参加できてとても嬉しいです。長丁場のMV撮影の待ち時間も、こんなに楽しく笑って過ごしていいのかというくらい楽しく過ごせて、全てが贅沢な時間でした。これからが楽しみです。

  • 宇多田ヒカル、国内ツアー映像の”ハイレゾ視聴会”全国ソニーストアで開催

    26.June.2019 | MUSIC

    宇多田ヒカルが、昨年デビュー20周年を記念し、約12年振りに開催した国内ツアー「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」の映像作品を本日発売した。

    本作品は完全受注生産限定のパッケージ盤に加え、iTunes Storeではダウンロード配信が、スカパー!オンデマンドではペイパービュー配信が、さらにはNetflixではサブスクリプションビデオオンデマンドとして配信されるなど、マルチチャネルでの販売形態にも注目が集まっている。

    公開から、1日も経たず、iTunes ライブビデオジャンルでのダウンロード1位を獲得。さらにNetflixでの公開には、海外のファンから歓喜の声が寄せられた。その映像作品の発売を記念し、全国のソニーストアにて「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」イベント開催が決定!

     

    イベントでは本人が実際に着用したステージ衣装の展示や、ソニーが現在開発中の最新の音響技術を用いた”360 Reality Audio“のデモンストレーション2曲(「あなた」「Play A Love Song」)を公開(※事前予約制)。宇多田ヒカルの録音エンジニア 小森雅仁氏が新たに手掛けたミックスがライブ映像とともに、13.1チャンネルのマルチスピーカーで体感できる。

    その他、ストア内では昨年公開された PlayStation®VR ライブコンテンツ(「光」「誓い」)の体験ブース、ヘッドホンパークでは宇多田ヒカル作品のハイレゾ試聴会、店頭BRAVIAモニタではライブ本編の上映も実施するなど、あのコンサートツアーの感動が蘇ること必至。7月4日から、大阪梅田にあるソニーストアを皮切りに全国のソニーストアを巡回するのでお見逃しなく。

     

    カメラマン:岸田哲平 TEPPEI KISHIDA

  • 宇多田ヒカル 国内ツアー「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」が映像化

    18.April.2019 | MUSIC

     

    宇多田ヒカルのデビュー20周年を記念し、2018年11~12月にかけて12年振りに開催された国内ツアー「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」。2010年に“人間活動に専念する”ための一時活動休止前ラストコンサートを行った横浜アリーナで幕開けし、デビュー20周年記念日の12月9日に幕張メッセで締めくくるという粋な日程で行われ、大きな話題を呼んだ。

    全公演で14万人を動員し、「Automatic」「First Love」から、昨年リリースの「初恋」等、アンコール含め圧巻の全20曲を披露した本ライブが、いよいよ映像商品化されることが発表。

    今回、宇多田ヒカルとしては初となる様々な形態でリリース。

    完全生産限定のパッケージ盤ではツアー最終日の幕張メッセ公演を完全収録した「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」と、ツアーメンバーとスタッフのインタビューで構成されたドキュメンタリー「Talking About Laughter in the Dark」を加えた完全版をブルーレイディスクとDVDにそれぞれ収録。

    また、オンステージからリハーサルシーンまでを多数の未公開写真で綴る60ページに及ぶフォトブック、さらに特典としてバックステージパス(レプリカ)封入と、ソニーミュージック移籍後に発表された3曲のミュージックビデオ(「Forevermore」、「あなた」、「初恋」)と、M-ON!でオンエアされたミュージックビデオ制作現場を追ったドキュメンタリー映像3作品も一挙収録したボーナスDVDをバンドル。

    ツアーに参加したファンはもちろん、惜しくも参加できなかったファンにとっても、このメモリアルツアーを追体験できる必携のアイテムとなっている。また、オンラインショップ・店舗にて購入した人に、先着で“オリジナルネックストラップ” の購入者特典も!是非この機会に予約してほしい。

    なお本作品は宇多田ヒカルにとって初のマルチチャネルで販売を行う。iTunes Storeではダウンロード販売が、スカパーオンデマンドではペイパービュー販売が、さらにはNETFLIXではサブスクリプションビデオオンデマンドがサービス開始される。なお宇多田ヒカルの映像作品がサブスクリプションで配信されるのは初のこと。

     

    「Play A Love Song」(Live Ver.)

     

    「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」SPOT

     

    本日より、パッケージの完全生産限定盤は予約がスタート!

    予約リンクはこちらから:https://erj.lnk.to/uRcH0WN

    6月26日(水)の発売と配信スタートをお楽しみに!

  • 宇多田ヒカル&Skrillex新曲「Face My Fears」YouTube 再生数が1,000万回超え

    25.March.2019 | ANIME&GAME / MUSIC

    宇多田ヒカルが先日、1月18日(金)に11年ぶりにリリースした22枚目のニューシングル「Face My Fears」は、日本のみならず、世界でも大ヒット中。特にアメリカではBillboard Hot 100に日本人として、9人目のランクインという快挙を達成した。

     

    発売から2カ月以上経った今も勢いは衰えず、3月6日にアナログ盤を発売し、3月18日付のオリコンウィークリーCDシングルランキング30位に再浮上するなど、いまだに日本国内外のランキングに継続してチャートイン中だ。

    そして先日SkrillexのYoutubeチャンネルに公開された「Face My Fears」オフィシャルビデオの再生数が1,000万回超えを達成した。

    また、「Face My Fears」のサブスクリプションサービスでの再生も止まらず、世界累計3,500万回ストリームを突破!現在2019年では全世界で聞かれている邦楽としては最大級の楽曲となっている。

     

    3月10(日)には、音楽チャンネルMUSIC ON! TV(エムオン!)にて“M-ON! LIVE 宇多田ヒカル「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」”のオンエアもあり、Twitter上では大きな盛り上がりを見せ、「Blu-ray、DVD化待ってます」「LIVE DVD、Blu-ray出る予定ありますか?」「When can we see it in the states?! I’m dying!」等、商品化を待望する声が世界中から多数寄せられた。

    楽曲タイアップしているゲームソフト「KINGDOM HEARTS III(キングダムハーツ3)」も引き続き、全世界で大ヒット。

    さらに海外では3月29日にシングル「Face My Fears」のアナログ盤が発売されることもあり、楽曲の加速も期待できそう。引き続き目が離せない。

  • 宇多田ヒカル、新曲「Face My Fears」世界累計1,000万回ストリーム突破

    07.February.2019 | MUSIC

    先日1月18日(金)に11年ぶり22枚目のニューシングル「Face My Fears」をリリースした宇多田ヒカル。本作品はApple Music,Spotifyなどのサブスクリプションサービスでも配信されており、リリース後2週間で世界累計1,000万回ストリームを突破!宇多田ヒカルの楽曲としては最速のスピードで、全世界で再生されている。

    また、iTunesでもダンスチャートにてUSおよび日本のDance Chartで20日連続1位を達成!同じく自己記録と更新中だ。


     


    先日SkrillexのYouTube Official Channelで公開となった「Face My Fears(Japanese Version)」のOfficial Videoも公開から4日間で再生400万回を突破!

    楽曲タイアップしているゲームソフト『KINGDOM
    HEARTS III(キングダムハーツ3)』の世界でのパッケージ出荷とダウンロード販売本数の合計も500万本を突破し、歴代の「KINGDOM HEARTS」シリーズの中でも最速の記録を更新中とのこと。


    先日米ビルボードチャートの中で最も代表的なBillboard HOT 100に初めてランクインするなど、ゲームとともに世界で話題沸騰中の「Face My Fears」。今週の米ビルボードチャートでも”DANCE/ELECTRONIC DIGITAL SONG SALES CHART” にて2週連続ベスト5入り!

    どこまで世界で記録を伸ばすのか引き続き注目していきたい。

  • 宇多田ヒカル&Skrillex「Face My Fears」米国Billboard Hot 100に初のランクイン!

    31.January.2019 | MUSIC

    1月18日(金)に11年ぶり22枚目のニューシングル「Face My Fears」をリリースした宇多田ヒカル。

    表題曲が人気のゲームソフト「KINGDOM HEARTSⅢ」のオープニングテーマソングであり、また、世界的なエレクトロミュージシャンSkrillexとの共作ということもあり、世界31カ国のiTunesダンスチャートで1位そして世界14カ国のApple Musicダンスチャートでも1位と話題沸騰中だが、なんと2/2付けのアメリカのBillboard Hot 100に初登場98位にランクインという快挙を果たした。

     

    宇多田ヒカルとしては、いままでUtada名義のアルバム「Exodus」が2004年10月23日付Billboard 200で160位、アルバム「Fantome」が2016年10月22日付のBillboard World Albumsで1位を獲得するなど実績はあるが、米ビルボードチャートの中で最も代表的なBillboard HOT 100にランクインしたのは今回が初となる。なお、過去日本人で、Billboard Hot 100にランクインしたのは8名。ピコ太郎「PPAP」以来、約3年ぶり9人目の快挙となった。

    また、同曲は米国BillboardにおけるジャンルチャートでもDance/Electronic Digital Songs Sales 2位、Hot Dance/Electronic Songs 9位、Digital Songs Sales 18位にランクイン。

     

    海外でのゲームソフト「KINGDOM HEARTSⅢ」の発売日が1月29日(日本では1月25日に発売済)ということもあり、ここから更なるチャートの飛躍が期待できそう。すでに米国のiTunes Danceチャートでは、発売から12日連続1位獲得中!先日立ち上がった、特設ページ#HikaruUtada #(Songs)には世界中から本楽曲のカヴァーやRemix動画が連日多数投稿されている。引き続き世界での盛り上がりに注目しよう!

  • 宇多田ヒカル、新曲「Face My Fears」が過去最高の国・地域でランクイン

    21.January.2019 | MUSIC

    2019年1月18日(金)に11年ぶり22枚目のニューシングル「Face My Fears」をリリースした宇多田ヒカル。このニューシングルが過去最高の勢いで世界中でランクインしている。

     

    iTunesの 総合アルバムチャートでは、全24の国・地域で1位を獲得。日本はもちろんのこと、台湾・タイなどアジア各国のほか、スペイン・フィンランドなどヨーロッパでもランクインした。
    日本、チリ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、香港、台湾、サウジアラビア、ニュージーランド、オーストラリア、メキシコ、UAE、カタール、スウェーデン、フィンランド、ギリシャ、スペイン、マカオ、ブルネイ、ノルウェイ、アルゼンチン

    Apple Musicのダンスアルバムチャートは日本、インドネシア、マレーシア、フィリピン、台湾、韓国、アメリカ、イタリア、スペイン、マカオ、中国、グアテマラで1位を獲得。

    人気のゲームソフト「KINGDOM HEARTSⅢ」のオープニングテーマソングとして、また表題曲はSkrillexとの共作ということもあり、各国で話題沸騰中。いままでの宇多田ヒカルの世界ランクインにおける過去の記録としては2017年1月にリリースされた「光–Ray Of Hope MIX–」(REMIXED BY PUNPEE)(ゲームソフト『キングダム ハーツ HD2.8 ファイナル チャプター プロローグ』テーマソング)の全9カ国で1位獲得というのが最高であり、自身のワールドワイドランクイン記録も大幅に更新した。

    また、これら世界でのランクインを記念して、スペシャルグローバルサイト “#HikaruUtada #(Songs)“ がオープン。こちらはシングル収録楽曲に加え、昨年11月に配信リリースした『Too Proud featuring XZT, Suboi, EK (L1 Remix)』のYouTube、Spotifyの総再生回数や、Spotify・Apple Musicでのソングランキング最高位、世界中からの楽曲に関連するトピックスやInstagram、Twitterの投稿も拾われ、世界各国での盛り上がりが可視化されている。

    今週1月25日(金)には、いよいよゲームソフト『KINGDOM HEARTSⅢ』も発売される(海外は、1月29日発売)。ゲームを彩る楽曲の世界観を堪能してみてほしい。

  • 宇多田ヒカル「Face My Fears」本日リリース!さらに7thアルバム「初恋」のサブスクリプションサービス開始

    18.January.2019 | MUSIC

    昨年、デビュー20周年を迎えた宇多田ヒカルが2019年初となるニューシングル「Face My Fears」を2019年1月18日(金)にリリース。

    収録楽曲は、世界的なエレクトロミュージシャンSkrillexと共作した新曲「Face My Fears」のJapanese VersionとEnglish Version。さらに7thアルバム「初恋」にも収録された「誓い」に加え、この楽曲のEnglish Versionとなる「Don’t Think Twice」を含めた計4曲となる。

    今回のジャケットは「キングダム ハーツ」シリーズ ディレクター野村哲也氏が描き下ろしたイラストとなっており、ゲーム内に登場する武器・キーブレードを持った宇多田ヒカルが水面に佇む、「キングダム ハーツ」ファンにとっても宇多田ヒカルのファンにとっても必携のアイテムとなった。

    ゲームソフト自体は1月25日(金)発売されるので、合わせて楽しんでほしい。

    そして、ニューシングルのリリースに合わせて7thアルバム「初恋」が各主要サブスクリプションサービスにてリリースされた。昨年の6月にアルバムが発表されてからファンからの要望も多く、今回のリリースが実現。これで、宇多田ヒカルの楽曲は、サブスクリプションサービスにすべてのカタログがそろったことになる。是非最新の楽曲とともに楽しんでいただきたい。

  • 宇多田ヒカルのライブをVRで楽しむ「”光” & “誓い” – VR」無料公開を記念したイベント開催

    07.January.2019 | MUSIC / SPOT

    昨年、約12年ぶりの国内ツアー“Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018”を終え、デビュー満20周年を迎えたばかりの宇多田ヒカル。

    1月18日(金)にPlayStation®4(PS4®)用コンテンツ(PlayStation®VR(PS VR) 必須)「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 – “光” & “誓い” – VR」が一般向けにいよいよ全世界無料公開される。

    その公開日に、今回のVRコンテンツ開発メンバーらによるトークイベントが渋谷モディ1Fのソニーの情報発信拠点であるソニースクエア渋谷プロジェクトにて開催決定。

    登壇するのは、いままで数々の宇多田ヒカルのMVおよび今回のVR作品を含むLIVE映像作品を多数手掛けてきた映像ディレクターの竹石 渉氏、本作品のプロデュースを務めた株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント多田 浩二氏、そして技術面をサポートしてきたソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社より林 亮輔氏、レーベルサイドからは宇多田ヒカルのマーケティング担当の株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ梶 望氏の4名。本VRコンテンツの制作過程における苦労話などここでしか聞けない話を楽しむことができる。

    そして、同1月18日および、1月19日、1月20日の3日間限定で全国5か所のソニーストアでもVR体験およびハイレゾ試聴ができる体験コーナーを設置。尚、1月19日ソニーストア名古屋、1月20日ソニーストア大阪では今回のVR作品をディレクションした竹石監督とソニーミュージックの宇多田ヒカル担当 梶望氏による楽曲や映像制作についてのトークイベントも開催される予定だ。

    また、PlayStation(R)4ソフト「KINGDOM HEARTS III」のオープニングテーマ曲『Face My Fears(Japanese version)』、エンディングテーマ曲『誓い』の2曲がハイレゾ音源でプリインストールされたウォークマン(R)と、ヘッドホンの「KINGDOM HEARTS III」ソニーストアオリジナルコラボレーションモデルの販売も決定!販売開始に先立ち、全国5か所のソニーストアでハイレゾ音源を試聴できるほか、商品サンプルも見ることができるのでこちらもお見逃しなく。

    なお、イベント当日は『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 – “光” & “誓い” – VR』の体験ブースも設置。是非この機会にVRでの宇多田ヒカルのライブを体験しよう。

  • PlayStation ®VRで宇多田ヒカルのライブ映像を楽しむ!”光” & “誓い”ソフトウェア発売

    25.December.2018 | ANIME&GAME / MUSIC

    先日、約12年ぶりの国内ツアー“Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018”を終え、デビュー満20周年を迎えたばかりの宇多田ヒカル。クリスマスとなる12月25日(火)にPlayStation®4用ソフトウェア「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 – “光” & “誓い” – VR」から「光」がPlayStation®Plus加入者向けにPlayStation™Storeで先行配信スタートとなる。

    このコンテンツは、国内ツアー“Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018”からKINGDOM HEARTSテーマソング「光」「誓い」の2曲のライブ映像をVR用に収録したもの。ライブの風景を3パターンのアングルから3D映像も鑑賞できる。会場全体の演出を見たり、宇多田ヒカルが歌唱する姿を目の前で楽しめたりと、PlayStation®VRならではの臨場感を楽しむことが可能。

    2019年1月18日(金)には「光」に続き、「誓い」も全世界で無料公開されることも決定している。
    また、本日このVR撮影時のメイキング映像とロンチトレーラーもYouTubeに公開。“Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018”横浜アリーナ公演の本番前に行われた大掛かりな撮影の様子を垣間見ることができる。こちらもぜひ合わせてチェックしてみてほしい。

     

    メイキング映像

     

    ロンチトレーラー

    1月には、シングル「Face My Fears」のリリースも控えている宇多田ヒカル。21年目に突入した彼女から、まだまだ目が離せない!

  • 宇多田ヒカル、20周年記念日に12年ぶりの国内ツアー完走

    10.December.2018 | MUSIC

    宇多田ヒカルが、デビュー満20周年の記念日となる2018年12月9日(日)、国内ツアー“Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018”のファイナル公演を幕張メッセで開催した。


    11月6日(火)の横浜アリーナからスタートしたこのツアー。横浜・福岡・名古屋・大阪・埼玉・幕張とまわり、全6都市12公演を完走した。ライブは、20周年の集大成ともいえるセットリストで、デビュー曲「Automatic」から最新アルバム「初恋」の収録曲まで新旧織り交ぜた全20曲でファンを沸かせた。特に1999年にリリースした大ヒットソング「First Love」から、今年2018年、約20年の時を経て発表した「初恋」へと続く流れでは、涙するファンも多く見られた。

    冒頭のMCで宇多田ヒカルは

    「こんばんは!今日は色んなところから来てくれてありがとう。
    今日はデビュー20周年記念日なんですけど、そんな日をこんな風に過ごせて、
    本当は誕生日とか祝ってもらったり、会の主役になるのはすごい苦手なんだけど、これは素直に喜んでおきます。ありがとう!
    後ろの人もちゃんと、(こちらから)見えてるから一緒に楽しもうね!」

    と20年を振り返り、ファンからの熱い声援をかみしめる一幕も。

     

    12年ぶりに開催された今回のツアーは、全部で14万人を動員。大ヒットソングを世に送り届けてきた20年と、いまなお走り続ける宇多田ヒカルの未来の両方が感じられる圧巻のツアーとなった。

    そして、こちらのツアーは、BSスカパー!にて2019年1月27日(日)午後9時より放送が決定。その後、2019年3月10日(日)午後8時よりMUSIC ON! TV(エムオン!)ではツアードキュメンタリーも加えた完全版を放送予定となっている。

     

    さらに、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが宇多田ヒカルに関連したPlayStationVR(PSVR)向けコンテンツの配信日を発表した。正式タイトルは「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 – “光” & “誓い” – VR」。同タイトルでは、終了したばかりの宇多田ヒカル 国内ツアー「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」から「光」「誓い」のライブステージ2曲をPS VR向けに配信するというもの。

     

    2018年12月25日(火)に、PlayStationPlus(PS Plus)加入者向けに「光」のVR映像の先行配信が決定!「誓い」は2019年に「光」とともに一般向けに無料配信予定。詳細はこちらからチェックしよう。

    このほか、世界的なエレクトロミュージシャン Skrillexと共作した新曲「Face My Fears」の音源(90秒)がYouTubeに公開された。こちらの楽曲はゲームソフト「KINGDOM HEARTSⅢ」のオープニングテーマとなっており、この楽曲も収録されたCDシングルが2019年1月18日(金)に発売される。

    また、宇多田ヒカルのデビュー20周年を記念し、過去EMI時代に発表したオリジナルアルバムがリマスタリングされ、ハイレゾ(HRA[24bit/96kHz])配信がスタート。「DEEP RIVER」、「ULTRA BLUE」、「HEART STATION」の3タイトルが12月9日に配信となり、「Distance」は制作進行上の理由により、2019年1月23日より配信となる。

     

    さらに今回これらの各アルバムにはボーナストラックも収録。「Distance」には「はやとちり」、「DEEP RIVER」には「Simple And Clean」、「ULTRA BLUE」には「サンクチュアリ(オープニング)」、「HEART STATION」には「Fly Me To The Moon (In Other Words) -2007 MIX-」となっており、今回のボーナストラックはすべてハイレゾ配信に伴ってのボーナストラックとなっている。

     

    デビューから21年目に突入した宇多田ヒカルから今後も目が離せない!

  • 宇多田ヒカル、12年ぶりの国内ツアーを記念し配信シングルをリリース

    06.November.2018 | MUSIC

    横浜アリーナ公演を皮切りに12年ぶりの国内ツアーをスタートさせる宇多田ヒカル。そのツアースタートを記念し、2018年11月6日(火)0時より「Too Proud featuring XZT, Suboi, EK (L1 Remix)」のサブスクリプション/ダウンロード配信がサプライズリリースされた。

    この楽曲は、今年6月に発売された7枚目のオリジナルアルバム「初恋」収録の「Too Proud featuring Jevon」のリミックス楽曲。アルバムではUKのラッパーJevonをフィーチャリングしているが、今回のリミックスでは中国からXZT、ベトナムからSuboi、韓国からEKと総勢3名のアジアン・ラッパーが参加している。3名とも各国で高い評価を得ているアーティストだけに、日本だけでなくアジア各地での盛り上がりも期待される作品となった。宇多田ヒカルが日本以外のアジアのアーティストとコラボするのは初めてのこと。

    タイトル表記にある(L1 Remix)とは、「Language1 Remix」のこと。宇多田ヒカルおよび各ラッパーがそれぞれの国の母国語で参加していることがその由来だ。

    また同時に7枚目のオリジナルアルバム「初恋」収録の「Too Proud featuring Jevon」もサブスクリプションサービスでの配信がスタートするほか、117日(水)にはアルバム「初恋」のアナログ盤(シリアルナンバー入り生産限定アナログ盤)もリリースされる。YouTubeには、90秒の試聴ムービーもアップされたのでチェックしてほしい。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US