SKY-HI、ツアーファイナルの公演でMIYAVI・金子ノブアキらと競演

14.December.2018 | MUSIC

4thオリジナルアルバム「JAPRISON」をリリースしたSKY-HI。今年で3年連続となるライブハウスツアー「Round A Ground 2018」のファイナル2Days初日が2018年12月11日に豊洲PITで開催された。

豪華ゲストの参加がアナウンスされており当日の演出にも大きな注目が集まっていたこのLIVE。開場中の定番となった架空のラジオ番組「Radio Marble」が終わり、SKY-HIが自身のバンドTHE SUPER FLYERSのメンバーと共にステージに登場すると大きな歓声が上がった。

 

今年の夏、フリーダウンロード配信で話題となったアルバム「FREE TOKYO」のタイトル曲「Free Tokyo」からライブがスタート。「So What??」「Name Tag」「The Story Of“J”」「何様」など今年発表した楽曲とLIVEでお馴染みの楽曲織り交ぜながら「Critical Point」まで立て続けに9曲を披露しオーディエンスを盛り上げた。

そして、最初のゲストsleepyheadを呼び込みこの夏Music Videoが公開され話題となった”1 2 3 for hype sex heaven”を披露。今回のLIVE初披露となるパフォーマンスに会場は大いに湧いた。

 

MCをはさみ田中TAK拓也(Gtr)を交えてのアコースティックセッションのリラックスした雰囲気の中”StrayCat” ”Bitter Dream”、そして再びTHE SUPER FLYERSと共に”Limo”を披露。

突然、紗幕が降りて来て金子ノブアキとのコラボレーション楽曲”illusions feat. SKY-HI”のMusic Videoが映しだされるなか、金子ノブアキがステージに登場し”illusions”を披露。

そして畳かける様にMIYAVIが登場しコラボレーション楽曲”Gemstone”からフリースタイルセッション、代表曲”Double Down”を立て続けに披露した。SKY-HI、MIYAVI、金子ノブアキという圧倒的スキルを持つ3者が激突する奇跡のセッションに会場の熱量は一気に上昇した。

次はmabanuaとKan Sanoがステージに登場し、mabanuaプロデュース楽曲”リインカーネーション””クロノグラフ”をジャムセッションを交えながら披露。前述のセッションとはうって替わり終始和やかな雰囲気で会場をリラックスムードへと変えた。

 

そして、再度THE SUPER FLYERSがステージに登場し後半へと突入。Logic”1-800-273-8255”のBEATJACK曲”0570-064-556””I Think, I Sing, I Say””Marble”と強いメッセージが込められた楽曲をオーディエンスに届けた。

 

終盤ではNew Album”JAPRISON”に込めた思いをMCで語りALBUM収録楽曲”What a Wonderful World!!””Snatchaway”、続けて代表曲”カミツレベルベット”を披露し2時間を越えるショーに幕を閉じた。

エモーショナルかつエネルギッシュなパフォーマンスで終始オーディエンスを魅了し続けたSKY-HI。”JAPRISON”を携えて行われる”SKY-HI TOUR 2019 -The JAPRISON-”が2019年2月3日から全国12カ所で開催されるので、彼が創り上げるエンターテイメント性に溢れるLIVEを是非チェックして見て欲しい。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US