オリジナルアニメーション映画「プロメア」豪華キャスト発表&第二弾PV公開

24.January.2019 | ANIME&GAME

「天元突破グレンラガン」(2007)、「キルラキル」(2013)のTVシリーズを手掛けた監督・今石洋之と脚本・中島かずきが再びタッグを結成。アニメーション制作・TRIGGERと製作・XFLAGで贈る、待望の完全オリジナル劇場アニメーション映画「プロメア」が今年5月に公開することが決定した。

 

2017年夏にロサンゼルスで開催された北米最大のアニメイベント“Anime Expo”で、プロジェクトの立ち上げが発表され、いち早く海外のアニメファンからの注目を集めていた「プロメア」。昨年10月に第一弾PVとティザービジュアルが解禁されるやいなやTwitterでトレンド入りを果たし、本作の注目度と期待度の高さがうかがえた。


そしてこの度、本作の豪華声優キャスト陣が解禁!本作の主人公で消防隊「バーニングレスキュー」に所属する新人隊員ガロ役に国民的俳優の松山ケンイチ。そしてガロの宿敵となるリオ役に早乙女太一とのW主演が実現!さらにガロの上司であるクレイ役は、日本を代表する俳優の堺雅人が務めることに。

 

この夢の競演を果たした3人を引き合わせたのは、演劇の中にマンガと活劇、ロックを持ち込み、2003年には“演劇界の芥川賞”と言われる岸田國士戯曲賞も受賞。公演チケットは常にプレミア状態という「劇団☆新感線」の座付作家・中島かずき。中島の世界観を見事に表現した3人からのコメントも到着している。

 

松山は「僕もガロに負けないくらい、思いっきり熱く、そして楽しく演じさせて頂きました。この熱き男たちのド迫力のアクション、人間ドラマを映画館で是非とも体験してください!」と熱量たっぷりに作品をアピール!

 

早乙女は「映画も冒頭から熱さ全開の作品となってます。自分も完成が待ち遠しいです!5月の公開をぜひ楽しみにしていてください!」と、まさに炎によって世界を燃え上がらせるリオの役柄と同様、ますます作品への期待を加熱させるかのように語った。

 

堺は「私の演じたプロメポリスの司政官、クレイはガロたち<バーニングレスキュー>の後ろ盾をする男です。ただ、、、これ以上はまだ言えません(笑)。」とまだまだ自身の役柄に隠された秘密を匂わせるかのようにコメント!

 

中島からも「松山さん、早乙女さん、堺さんは僕が脚本を書いている<劇団☆新感線>の独特のリズム等を理解してくれている方たちなのでまさに第一希望が通った!という感じです(笑)。完成が本当に楽しみです。」と3人に熱いエールが届いた。

第二弾PV(65秒)

「燃えていいのは魂だけだ! 燃えて消すのが俺の流儀だ!」と啖呵を切って派手に登場する松山演じるガロ。そして、炎を操る人種<バーニッシュ>である早乙女演じるリオが激しく戦うシーンがついにお披露目!ガロは赤と白を基調としたマシンに乗り込み、消防士の“マトイ”のような武器を豪快に振り回す姿がなんとも勇ましい。怪しげな黒い鎧を身にまといながらも鮮やかな炎で戦うリオも、敵ながら洗練されたカッコいい立ち回りでその存在感を見せつけている。この新たな特報映像は1月25日より全国の劇場でも解禁となるので要チェックだ。

また、新たなビジュアルも解禁となり、ガロとリオが強い眼差しで睨み合う姿も解禁!信念を持った2人のぶつかり合いを表すようなビジュアルに熱い展開を想像せずにはいられない。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US