銀座「GINZA SIX」中央吹き抜けに巨大な新作アート登場

14.February.2019 | SPOT

銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」では、施設中央に位置する巨大な吹き抜け空間に、アーティスト・塩田千春による新作インスタレーション《6つの船》を2019年2月27日(水)~10月31日(木)まで展示する。

開業以来、3作品ぶりの日本人アーティスト起用となる新作アートを手掛けるのは、ベルリンを拠点として国際的に活躍している塩田千春氏。本作品は、《6つの船》をテーマに全長5メートルの6隻の船が中央吹き抜け空間を飾るというもの。

Photo:Sunhi Mang

これまでも塩田氏の作品には船がモチーフとして用いられてきた。船は人や物だけでなく、時間をも運びながらいずれかの方向に前進するものであり、「存在とは何か。生きているとはどういう意味なのか。私たちは何を求めて、どこへ向かおうとしているのか」を追求してきた塩田氏の問いに共鳴している。

新作アートでは、戦後多くの困難を乗り越えて復興を遂げてきた銀座の「記憶の海」を6隻の船が出航し、前進する様子を表現している。

GINZA SIXの各フロアから見え隠れする船を眺めながら、ふと異次元を訪れるような想像の旅を楽しんでほしい。

RELATED ENTRIES

  • 旬なフルーツが盛りだくさん♡銀座・資生堂パーラー「真夏のパフェフェア」

    01.August.2019 | FOOD

    資生堂パーラーは、2019年8月1日(木)から8月25日(日)までの期間、銀座本店サロン・ド・カフェにて「真夏のパフェフェア」第2弾を開催する。

     

    産地や旬にこだわったフルーツをメインに、灼熱の太陽を感じる夏色のパフェ4種が登場。人気のマンゴー、いちじく、いちごに、今年初登場となる富良野メロンが加わった。

    「北海道 富良野市産 富良野メロンのパフェ」1,980円(税込)

    北海道富良野市で生産された甘く香り高い“富良野メロン”を使用したパフェ。ぎゅっと引き締まった果肉はジューシーで甘い風味が特長。こく深くすっきりとした伝統のバニラアイスクリーム、爽やかなハイビスカスゼリー、アクセントとなるクランベリーソースとのマリアージュも抜群♡盛り付けた富良野メロンは食感も楽しめるよう様々な形にカットされている。

    「和歌山県 紀の川市産 いちじくのパフェ」2,160円(税込)

    手間をかけて育てられた“旬のいちじく”をフレッシュのまま楽しめるようにこだわり仕立てられた。赤ワインで煮込んだ大人の味わいのコンポート、ソース、シャーベット、チュイールなどにも使い、丸ごといちじくを感じられる。丸いカットが愛らしいパフェはいちじくとりんごのジュレやプチプチした食感がアクセント!

    「沖縄県産 アップルマンゴーのパフェ」2,580円(税込)

    沖縄県産のマンゴーを贅沢に使い、カットの仕方を変えることで食感も楽しめるよう盛り付け。トロピカルな自家製マンゴーシャーベットとエキゾチックソース、ミルクアイスクリーム、クランベリーソースで真夏が感じられる。濃厚なコクを感じる一番美味しい旬のものを選び、8月中旬からは沖縄県でも生産農家が少なく、幻のマンゴーと呼ばれる“キーツマンゴー”で登場の予定。とろけるようになめらかな食感は絶品♪

    「長野県 信州畑工房産 恋姫のストロベリーパフェ」1,890円(税込)

    信州畑工房が所有する資生堂パーラー専用のハウスで採れた「夏秋いちご“恋姫”」を使った逸品。関東では珍しい希少な品種をソースにも使いパフェに仕立てた。この地域独特の気候だからこその、夏から秋でも美味しい苺は爽やかな酸味が広がり、伝統のバニラアイスクリームとの相性も抜群。恋姫のストロベリーパフェは低糖質版(¥1,890)も用意されている。

     

    華やかなパフェをぜひ味わってみて♡

  • ホテル雅叙園の文化財 ”百段階段” でアートを楽しむ「和のあかり×百段階段 2019」

    24.July.2019 | FEATURES / SPOT

    日本の美を楽しむことができるミュージアムホテルとして人気の高い「ホテル雅叙園東京」にて、毎年開催されている人気展示会「和のあかり×百段階段」。今年も2019年9月1日(日)まで開催されています。

    5回目となる今回は、新たな展示構成で楽しむことができる空間にパワーアップ。文化財「百段階段」を鮮やかに彩るアートの数々を堪能することができます。

    豪華なエレベーターを登り、ドアが開くとまず出てくるのが青森県のねぶた。「和のあかり×百段階段」のために作られた展示品だそうです。香りもオリジナルになっていて、夏の香りを感じることができます。

    通路を進み、履物を脱いで進みます。最初の展示は布を使った作品。あかりを付けると、生地が持つそのものの色を楽しむことができます。

    様々な布を使った作品が並んでいるので、お気に入りを見つけてみてくださいね。

    百段階段を下から見るとこんな感じ。階段を登っていくと、その途中に部屋があり、その部屋の中で”あかり”が展示されています。

    最初の部屋はこちら。宮崎県日南市在住の竹あかり作家、NITTAKE氏による幻想的な空間インスタレーションです。竹を使った展示もとてもキレイなのですが、真っ暗な部屋に”あかり”が入ることで、元々描かれている天井の絵がうっすらと照らされ、部屋全体がアート作品のようです。

    続いて「長崎ランタンフェスティバル」が登場。部屋に入る前から提灯が展示してありお祭りさながらの雰囲気です。部屋の中もとっても豪華!!さきほどの暗い中に浮かび上がる景色とは打って変わって、色彩豊かな”あかり”を楽しむことができます。100万人の集客を誇るという「長崎ランタンフェスティバル」へ行ってみたくなりました。

    こちらは熊本県山鹿市の百華百彩の和傘。和傘の色彩が、部屋の中に幻想的に広がっています。静かに眺めていたくなるような、心落ち着く空間でした。

    階段の途中には風鈴なども飾ってあり、ところどころで夏を感じます。

    山口県柳井市の金魚ちょうちんなどユニークな展示作品も。40にも及ぶ個人の方、団体の作品が出展されているので、ひとつずつゆっくりとチェックしてみてください。

    階段は実際には99段まで。一番上の展示を見たら、また99段降りて最初の履物を脱いだ部屋に戻ります。

    暑い夏に電気を消した文化財「百段階段」で楽しむアート。いつもと違う表情をみせるホテル雅叙園にぜひ足を運んでみてくださいね。

     

  • 富士山で開催される”KAWSアートプロジェクト”にローラと水原希子ら参加!

    20.July.2019 | SPOT

    KAWSの巨大アートプロジェクト「KAWS:HOLIDAY(カウズ:ホリデイ)」が日本に上陸し、一般公開に先駆けて7月18日(木)にキックオフイベントとなるKAWS:HOLIDAY JAPAN Ceremonial Camp Day (カウズホリデイ ジャパン セレモ二アル キャンプ デイ)が、静岡県富士宮市にあるキャンプ場「ふもとっぱらキャンプ場」で開催された。

     

    「KAWS:HOLIDAY(カウズ:ホリデイ)」と題した本プロジェクトは、香港を拠点とするクリエイティブスタジオAllRightsReservedとNYのコンテンポラリーアーティストのKAWSがタッグを組み、KAWSの代表的なキャラクターCOMPANION(コンパニオン)の巨大なアートワークが世界中を旅するというコンセプトで展開しており、ソウル・台北・香港に続いて日本が4都市目となった。

    当日はKAWS本人が来日し、クリエイティブディレクターをつとめるSK LAM氏とともに登場。さらに、ローラさんをゲストに招き、全⻑40メートルの巨大アートCOMPANIONの前でKAWSらとトークセッションを実施した。

    @arr.allrightsreserved

    雨模様の中でのトークセッションとなったが、ローラさんは「雨はロマンティックで素敵だよね、雨はチャンスだもん!」と笑顔で話し、KAWSさんは「私はエネルギーに満ちた素敵な雰囲気の日本が昔から好きで、自然美の象徴である富士山で行いたいと強く思っていた」と熱い想いを語った。

    ローラさんは活動の拠点であるL.Aから駆け付け「富士山とKAWSのコラボレーションは本当に最高な組み合わせ。自然いっぱいで落ち着くし、KAWSのキャッチーなキャラクターが大好き!」とリラックスした様子で語った。

    またイベントには水原希子さんをはじめ、様々なセレブリティが参加。水原希子さんは「KAWS のファンなのですごく今日が楽しみでした。」と嬉しそうに語り楽しんでいた。ぜひ実際に足を運んで、アート作品に触れてみてほしい。

  • GINZA SIX屋上庭園を、サカナクション・山口一郎の「NF」がプロデュース!

    20.July.2019 | SPOT

    銀座エリア最大級の複合商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」の屋上庭園「GINZA SIX ガーデン」では、8月6日(火)~ 10月31日(木)まで、サカナクション・山口一郎が発起人である「NF」がプロデュースしたサウンド・インスタレーション「ROOF TOP ORCHESTRA -音を奏でる庭園-」を開催する。

     

    音楽のみならず、ファッションやアート、テクノロジーなど様々な分野を取り上げ、音楽に関わる音楽以外の新しいカタチを提案するプロジェクト「NF」がサウンドクリエイションを手掛け、地上約56mに位置する銀座最大の面積を誇る屋上庭園を、音と光とテクノロジーがミックスした空間に演出。「NF」として、参加型インスタレーションのプロデュースおよび屋上・長期開催は初の試みとなり、銀座の夜の街並みを背景に、来場者が主役となる“作曲者がいないオーケストラ”が楽しめる。

    水盤エリアと芝生エリアには「オーケストラの演奏台」をイメージした6つの6面体のモニュメントと、それを小編成オーケストラが囲うように光の柱を設置。来場者がモニュメントを打楽器のように叩くことで、音と光が連動していくインタラクティブな体験ができる。それぞれ独立したモニュメントは合計36種類の音色と光を発し、複数の体験者によって共鳴するように空間全体で音楽を奏でる。また30分に1回、約30秒間の特別演出を実施。オーケストラが演奏前に一斉に調律をするように、「NF」によって作りだされた音と光が会場全体を包む。

    サウンドクリエイションは「NF」の山口一郎(サカナクション)と黒瀧節也(音楽家、選曲家、サウンドデザイナー)がプロデュース。

     

    銀座に行った際はぜひ立ち寄ってみてほしい。

     

  • 銀座「レオ・レオニ カフェ」期間延長!新メニュー登場

    19.July.2019 | FOOD

    マロニエゲート銀座1サンデーブランチにて期間限定で営業中の「レオ・レオニ カフェ」が、好評につき9月29日(日)まで期間延長することとなった。教科書にも掲載される「スイミー」や「フレデリック」の作者で有名な絵本作家レオ・レオニの世界初コンセプトカフェ。今回、待望の新メニューが登場する。

    リニューアルするメニューは、レオニ作品の中でも子供から大人までダントツの人気を誇る絵本「フレデリック」をモチーフにしたフード・ケーキ・ドリンクの3種類。7月20日(土)より販売開始となる。絵本のシーンを切りとったかのようにお皿の上に広がるフレデリックの世界が、可愛らしくて食べるのがもったいない!

    フレデリックのおひさまいろ ズッパごはん \1,480

    とうもろこし・かぼちゃ・鶏ひき肉のラグーの冷たいスープをかけた黒米ごはん。フレデリックが集めたおひさまのひかりをスープでイメージ。※温かいごはんで提供

    「そう いう わけさ。」\1,250(ドリンクセット価格)

    長野の「ほたる農園たつの」のルバーブ、サマーベリーをのせたベイクドチーズケーキ。「きみって しじんじゃ ないか!」と仲間に褒められたフレデリックが最後にはにかみながら「そう いう わけさ。」と言う何とも可愛らしいシーンを表現。

    フレデリックのチーズティー \900

    パイナップルのアイスティーにチーズクリームとフレデリックのクッキーをのせて。アイスティーの甘味とパイナップルのほのかな酸味でスッキリとした夏らしいドリンク。

    レオ

    また、2019年7月13日(土)から9月29日(日)まで新宿の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館にて開催中のレオ・レオニの原画展「みんなのレオ・レオーニ展」とのお得な割引キャンペーンも実施されるので、ぜひこの機会に楽しんでほしい。

     

    Copyright © 2019 by Blueandyellow, LLC Licensed by Cosmo Merchandising

  • GINZA SIXでおすすめ「夏のお土産」価格帯別にご紹介

    17.July.2019 | FOOD / SPOT

    銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」では、確かな品質で贈り手の真心を伝える“ぎんざの夏みやげ”を用意。GINZA SIXでしか手に入らない今夏限定のグルメを数多く揃え、お盆の帰省時に活躍する手みやげや、上質でこだわり抜いたギフトなどを価格帯別にラインナップした。

    今回はその中でも特におすすめしたい一部商品をご紹介。

     

    ちょっとした感謝を伝えるプチギフト「999円以下」の夏みやげ

    生茶ゼリイ[深翠](中村藤𠮷本店) 価格:417円 GINZA SIX限定

    抹茶の生茶ゼリイに、銀座店限定の抹茶餡を添えて。白餡に特製の抹茶を練りこんだ抹茶餡は、なめらかな食感と優しい甘みがゼリイとマッチし、抹茶の風味をさらに深くする。

    夏季限定 こはく単衣 金魚浴衣Ver.(ぎんざ鏡花水月)価格:550円 GINZA SIX限定

    こはく単衣が、夏季限定で金魚柄の浴衣デザインのパッケージとなって登場。日本の夏を思い起こさせる趣のあるデザインは、夏の手みやげにもピッタリ。

     

    大人のこだわり手みやげ「1,000~2,999円」の夏みやげ

    KOHAKU Fruit Bar (PALETAS)価格:1,482円

    琥珀羹は、煮て溶かした寒天に砂糖や水飴などの甘味を加えて固めた伝統的な和菓子。琥珀糖の透明感ある質感を涼しげなアイスキャンディーのモチーフに。職人が一つひとつ心を込めて仕上げている。

    水扇5個入カゴ(菓子匠 末広庵)価格:1,759円

    5種類の味を一度に楽しめる手みやげにぴったりなお試しセット。この時期にしか味わえない季節限定の味が楽しめる。

     

    “美味しい”を分け合える、大人数向き 「3,000~4,999 円」の夏みやげ

     セミドライフルーツ彩BOX (綾farm)価格:3,519円

    こだわりの国産果実を使ったセミドライフルーツの9種類が入ったBOX。丸型の箱で可愛く仕上がっていて、贈り物にぴったり!ひとつひとつ個包装になっているため少量ずつ食べることができる。

     

    特別な相手に贈る、銀座らしく上質なプレミアムギフト 「5,000円以上」の夏みやげ

    パルファン ドゥ ミエル シリーズ(L’ABEILLE) 価格:6,000円 GINZA SIX限定

    上質なはちみつに芳醇な香りを封じ込めた、オリジナルのはちみつ。「ベルガモット」、ブランデーの「コニャック」、「ローズ」の3種類を詰め合わせたギフトボックスで用意される。紅茶やアイスとの相性も抜群♪

     

    この他にも、こだわりの夏みやげが多数登場。特別な人へのお土産は、ぜひGINZA SIXでゲットしてほしい。

  • リンツショコラカフェ銀座店閉店キャンペーン!「ショコラプリン」復活

    17.July.2019 | FOOD

    2019年8月18日(日)に閉店を迎えるリンツ ショコラ カフェ銀座店。9年間の感謝の気持ちを込めて、フェアウェルデザート「リンツ ショコラプリンシュー」の提供が2019年7月19日(金)からスタート。


    リンツ ショコラプリンシュー  2,160円(税込)

    サクッと軽やかな食感のシュー生地のなかに、下から、キャラメリゼしたピーカンナッツ、パイナップル・マンゴー・パッションフルーツをミックスしたトロピカルフルーツのひんやり冷たいセミフレッド、甘くとろける濃厚食感のミルクチョコレートのプリン、ふんわり軽いホイップクリームが重なっています。トップには、ストロベリー・マンゴー・パイナップルのフルーツとミントを添えて、ミルクチョコレートのまろやかな甘みをさっぱりと軽やかな味わい。

     

    2011年にリンツ ショコラ カフェ銀座店で販売していた人気メニュー「ショコラプリン」が、贅沢なショコラプリンシューのデザートになって復活します!

    お皿には、感謝の気持ちを込めてThank you Ginzaのメッセージをチョコレートで線描きしています。さらに、キャラメリゼしたピーカンナッツ、トロピカルフルーツのガナッシュをサンドしたミニマカロンとビタミンカラーのフルーツソースで華やかなデコレーションが施されています。

    同期間中に、リンツ ショコラプリンシューを注文した方、または、リンツ ショコラ カフェ銀座店で3,000円(税込)以上注文したい方には、“Lindt GINZA”ロゴ入りの記念スプーンをプレゼント。スプーンを持つ手の体温で溶かしながら食べられる熱伝導のアイスクリームスプーンです。

     

    歴史ある銀座店で最後に記念スイーツを楽しんでみてくださいね。

  • 銀座「喰種(グール)レストラン」延長決定!追加チケット販売

    07.July.2019 | ANIME&GAME / FOOD / SPOT

    7月19日(金)に公開する「東京喰種 トーキョーグール【S】」を記念し、4万本の薔薇に包まれた深紅の空間で、血をテーマにした禁断の美食を楽しむイマーシブレストラン「喰種レストラン(グールレストラン)」がオープン。場所は銀座某所(場所非公開)。

     

    31日間のチケットが3日間で売り切れるなど、大きな反響を得、8月18日(日)まで14日間期間を延長することが決定した。追加チケットに関しては、7月12日(金)昼12時から公式サイトにて販売を開始する。

     

    喰種レストラン詳細はこちら:場所は非公開!銀座「喰種(グール)レストラン」で4万本の薔薇に包まれて “血の美食” を楽しむ

     

    東京喰種ファンはもちろんのこと、食通からエンターテイメント好きまで楽しめる、新感覚のイマーシブレストランを堪能しよう!

  • アニメ化30周年!「ちびまる子ちゃん展」松屋銀座にて開催

    03.July.2019 | ANIME&GAME

    「ちびまる子ちゃん」がアニメ化30周年を迎えることを記念し、2019年8月8日(木)から8月26日(月)の期間、松屋銀座8階イベントスクエアにて「アニメ化30周年記念 ちびまる子ちゃん展」を開催します!

    1986年、少女マンガ雑誌「りぼん」で連載が開始した「ちびまる子ちゃん」は、1990年にアニメ放送が始まり、2020年に放送開始30周年を迎えます。

    オープニング「うれしい予感」 セル画 1995年 ©さくらプロダクション/日本アニメーション

    明るくてユーモアがあるまるちゃんと仲間たちが繰り広げる日常を描き、放送時間帯である日曜夕方のお茶の間は笑いで包まれています。1990年、エンディング曲「おどるポンポコリン」はミリオンセールス、そして日本レコード大賞受賞、アニメ部門過去最高視聴率39.9%(1997年以降の測定に基づく/関東地区・ビデオリサーチ調べ)を記録し、国民的アニメとなりました。

    ポーチ(まる子&コジコジ) 1,296円(税込) ©さくらももこ/ さくらプロダクション/ 日本アニメーション

    本展では、セル画・スケッチ画・絵コンテ・映像など約350点を展示し、アニメ制作の裏側を紐解きます。また、昨年8月に急逝された原作者のさくらももこ先生の直筆脚本やキャラクター設定資料、プライベート作品なども展示し、アニメへの想いや日々の暮らしに迫ります。

     

    まるちゃんと仲間たち、そしてさくら先生への愛があふれる会場で、アニメ化30周年をお祝いしましょう!

  • パパブブレ、世界的にも珍しい「キャンディアートミュージアム」銀座にオープン

    01.July.2019 | FOOD / SPOT

    “世界一おもしろいお菓子屋さん”「PAPABUBBLE/パパブブレ」は、2019年7月1日よりGINZA SIXの地下2階に「キャンディアートミュージアム by PAPABUBBLE」をオープンする。

     

    キャンディ製アート作品をメインとした店舗は、世界30都市以上で展開するパパブブレの店舗でも唯一の店舗。また、他ブランドを含めても、世界的にも珍しいコンセプトショップだ。

    ミュージアムでは、店舗内に20点ほどのスイーツ製オブジェを展示し希望者には販売。展示・販売する作品は人気の出た定番品を除き、毎月新しいものに変えていく予定だ。

    オープンの7月には、キャンディの質感や美しさを生かしたランプシェード、妖しく光るアートキャンディきのこ、そして古美術の壺そのもののバウムクーヘンなどを展示。

    更にオープン記念イベントとして、7月中にアート作品または商品5000円(税込)以上を購入した人に、ソフトグミ製のミニ脳みそ、またはミニ入れ歯をもれなくプレゼント。

    また、アートミュージアムオープンに伴い、銀座ならではの限定商品も展開。日本では珍しいロッキーロードやスノーシュガーといった、カラフルでフルーティーなチョコレートやソフトキャンディ菓子をとりそろえる。加えて、桐箱などの銀座らしいお土産も販売する。

     

    個性豊かな商品が揃うアートミュージアムに是非足を運んでみて!

  • KAWSアートプロジェクト「富士山」で展示!限定グッズも販売

    28.June.2019 | FASHION / SPOT

    NYを拠点に活動するコンテンポラリーアーティストKAWS(カウズ)による巨大アートプロジェクト 「KAWS:HOLIDAY(カウズ ホリデイ)」4都市目が日本に決定。史上最大となる全長40メートルのCOMPANION(コンパニオン)が7月18日(木)より富士山で展示される。KAWS本人が描いたスケッチと日本に到着したCOMPANION画像が公開となった。

    「KAWS:HOLIDAY」と題した本プロジェクトは、香港を拠点とするクリエイティブスタジオ AllRightsReserved と NYのコンテンポラリーアーティストのKAWSがタッグを組み、KAWSの代表的なキャラクターCOMPANIONが巨大なアートワークが世界中を旅するというコンセプトで展開する。ソウル・台北・香港に続いて4都市目にCOMPANIONが目指したのは日本が誇る世界遺産の一つである富士山。全長40メートルとKAWS史上最大となる規模のアートワークが日本の自然美の象徴である富士山の麓にリラックスした様子で寝そべっている。KAWS が描いた富士山の前に横たわるCOMPANIONのスケッチには彼が想像する景色が表現されている。

     

    ハーシェルサプライをメインスポンサーに迎えた「KAWS:HOLIDAY JAPAN」は、静岡県富士宮市にあるキャンプ場「ふもとっぱら キャンプ場」で開催し、自然とキャンプとアートという新しいキャンプ体験を提供する。

    7月18日(木)にはKAWS本人も来日し、キックオフイベントとなる「KAWS:HOLIDAY JAPAN Ceremonial Camp Day (カウズ:ホリデイ セレモニアル キャンプデイ)」 を開催。公式サイトで6月28日(金)AM10時から6月29日(土)AM10時までの間チケットを抽選で募集し、全世界の募集の中から抽選で選ばれた400組のみが参加可能となる。また、7月19日(金)から 7月24日(水)までの期間はふもとっぱらキャンプ場の通常営業時間帯で一般公開を行う。

     

    さらに KAWS:HOLIDAY JAPANを記念して限定アイテムも登場。7月18日(木)に「DING DONG Takuhaibin」が運営するオンラインストアで世界同時発売となる。

    富士山をモチーフにしたぬいぐるみが3色展開で発売されるほか、9.5インチのビニールフィギュア(3色展開)、こけし人形セット(3点セット)、セラミックプレートセット(4枚セット)、ゴールド&シルバーピン、ピンセット(4点セット)、ファイアーキングマグセット(2点セット)、クッション、T シャツとトートバッグで構成されるプレミ アムな限定コレクションは全て数量限定となり、Tシャツとぬいぐるみに関しては日本限定色も登場する。はやめにゲットしよう!

  • “湯治”の効果を体感できる会員制スパ「Toji-ba haluta GINZA」銀座にオープン

    24.June.2019 | SPOT

    北欧のサウナ文化をヒントに、心と体を整える場として日本各地で親しまれてきた「湯治」に着目。体の不調やストレスに悩む方に都心でも湯治の効果を味わってもらいたいという思いを込めて、現代人のライフスタイルに合わせた湯治スパ・「Toji-ba haluta GINZA(トウジバハルタ ギンザ)」が誕生した。

    Toji-ba haluta GINZAでは毎日の入浴のようにここちよく、疲れをとりながら人体とほぼ同じ約70種のミネラルが溶けたミネラルエキスを細かくミスト化したミネラルチャージができる「石風呂ミスト浴」が楽しめる。


    石風呂ミスト浴は毒素の排出を目的とする岩盤浴やサウナとは異なり、「排出しつつ、体に足りない栄養を吸収する」ことを目的としている。そのため必要なミネラルも流れ出てしまう入浴スタイルではなく、高濃度ミネラルを気化させて部屋中に充満させるミスト浴を採用。基礎体温を引き上げ免疫力を高めながら細胞を活性化することで、なにげなく感じている不調の改善はもとより、日常のコンディション維持から予防医療までさまざまな効果が期待できる。


    同店では蒸し風呂(石風呂ミスト浴)と親和性の高い素材や仕組みを導入。環境に優しい断熱材「ロックウール」を使用した断熱設計とエアコンなしで快適に過ごせる空調管理システムを用いて、効果的でリラックスできる場となっている。天然素材を用いた人目を気にせずくつろげる空間設計は、暮らしにまつわる事業を複数手がけるhalutaならでは。店内はhalutaが取り扱う北欧家具でコーディネート。

     

    東京・銀座の中心地で、隠れ家的なプライベート空間を満喫して。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US