Travel Japan#5 京都のスーパーマーケットで感じる日本の日常

25.February.2019 | FEATURES / SPOT

京都の歴史に触れた後は、ふと、現在の京都が知りたくなった。

大きくて近代的なターミナルは、趣深い寺院と対照的に見えて、バランスよく共存している。

ガラス越しに見える京都タワーは、変化し続けるこの街を見守っているかのよう。

昨日とは視点を変えて、今日は、京都に暮らす人々と同じ目線で歩いてみよう。

行き先は決めていない。たまには人の流れに身を任せて、あみだくじを引くようにゴールへ向かうのも悪くない。

偶然は時として、宝物になる出会いをプレゼントしてくれるのを旅の途中で学んだから。

ガラス張りの通路は、未来へ続くトンネルみたい。

窓に反射する私は、少し大人になったように思える。

それから長い間、京都タワーを眺めていた。街も、人も、日々変化し続けるけれど、変わらないでいて欲しいものもある。

そんなことを考えていた。

次にやって来たのは、京都駅の近くにあるAEON MALLのショッピングセンター。

海外のスーパーって、おもちゃ箱みたいでワクワクする。

この国で暮らす人にとっての日常は、私にとっては非日常だ。

どれもこれも見たことのないものばかり。

時間が経つのも忘れて歩いたら、

人々の、シンプルだけど幸せな生活が垣間見れた。

モール内には、憧れだった回転寿司が。

お寿司がベルトコンベアで運ばれてくるのって、ティム・バートンの映画の世界みたいだと言ったら、友人たちは笑うかな?

流れてくるお寿司を食べる私は、映画の中の住人。

100円で何でも揃う雑貨屋にも立ち寄った。

ここでレターセットを買って、大切な人へ手紙を出そう。

 

 

親愛なるあなたへ

 

日本はとても素敵な所です。

限られた時間の中、

見たもの体験したものを

吸収しようと精一杯です。

この旅で何が見つかるか分からないし、

何に向かっているのか

言葉で説明するのも難しいけれど

まだまだ、旅を続けようと思います。

 

Model / Mala Morgan

 

 

京都駅から徒歩10分、日本が詰まったショッピングモール「イオンモールKYOTO」

京都駅から歩いて10分の場所に位置する「イオンモールKYOTO」は、日用品のあれこれを揃えたり、ご飯を食べたり、お土産を購入するのに最適なショッピングモール。

土日・祝日には京都駅八条口からは15分置きに無料のシャトルバスも出ているので、荷物が多い旅行者でも便利に利用できるのが嬉しい。

京都に訪れた時はぜひ立ち寄ってほしいオススメスポット。

 

イオンモールKYOTO

京都市南区西九条鳥居口町1番地

営業時間:各店舗によって異なります。下記サイトからご確認ください。

WEB:http://kyoto-aeonmall.com/

 

KOHYO 京都店 Sakura館1F  

京都阪神地区にあるKOHYOは、日本の色々なアイテムが揃ったスーパー。リアルな日本の暮らしを肌で感じながら、日用品や食材を購入。日本の野菜やフルーツ、お菓子などをゲット。

営業時間9:00〜22:00

WEB:http://www.kohyo.co.jp/

 

海転寿司 魚海岸 Sakura館4F

海転寿司魚海岸は、日替わりで活魚を毎日20種類以上仕入れている回転寿司屋さん。京都駅近くで本格的なお寿司を食べたい時は絶対オススメ。おいしいお寿司を食べながら、「いま私日本に来てるんだ!」と再確認。

営業時間:10:00〜22:00(ラストオーダー21:30)※10:00〜11:00はドリンクのみ

WEB:http://www.maruchu-sushi.com/

 

DAISO Kaede館4F

新商品が毎日入荷するDAISO。100円ショップは色々な国にあるけれど、やっぱり日本のショップは特別!日本のお土産にぴったりな雑貨やアイテムが盛りだくさんだった。買い物好きの女の子にはたまらない空間だから、友人たちにも教えてあげなくちゃ。

営業時間10:00〜21:00

WEB:http://www.daiso-sangyo.co.jp/

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US