イルカと24時間過ごす!長崎県「壱岐イルカパーク」リニューアルオープン

06.March.2019 | SPOT

「壱岐イルカパーク」の施設やプログラムなどが一新され、4月25日(木)にリニューアルオープンする。

壱岐イルカパークは1995年に創業、近年では年間2万人程の来場者が訪れる壱岐島の最北端にある観光施設。リニューアル後はカフェスペースが併設され、壱岐島では少ないモーニングタイムから営業する。東京から長崎県へ初出店となるVERY FANCY(R)(ベリー・ファンシー・パンケーキ)のパンケーキや地元のフルーツを使ったアサイーボウルなど、これまでの壱岐にはないメニューをはじめ、壱岐島のブランド牛“壱岐牛”や旬の食材を使ったフードメニューも提供。将来的には、ディナータイム営業を目指し、地元の特産品である壱岐焼酎(麦)や、2018年に焼酎蔵が蔵を新設し、醸造を復活させた日本酒などのアルコール類の提供も予定している。

リニューアルする「壱岐イルカパーク」は、豊かな自然環境を最大限活かし“イルカとふれあう”“イルカと泳ぐ”“トレーナー体験”などアクティビティーもこれまで以上に充実。敷地内での1日1組限定宿泊サービスなど、イルカと24時間過ごせる時間と場所が楽しめるのもうれしい。

 

人と自然がふれあい共生できる空間でこれまでにない体験を楽しんで。

RELATED ENTRIES

  • 「鈴木敏夫とジブリ展」第二弾、長崎で開催!限定グッズ・メニュー登場

    10.July.2019 | SPOT

    長崎・ハウステンボスでは、2019年7月13日(土)から9月23日(月)まで、多くのジブリ作品を手掛けてきた、スタジオジブリ・プロデューサー鈴木敏夫の“言葉”に注目した展覧会「鈴木敏夫とジブリ展」を開催。今年4月に開催された東京で開催された「鈴木敏夫とジブリ展」の第二弾となる。

     

    東京で開催時のレポートはこちら:鈴木敏夫がジブリ映画を通して伝えたかった”言葉”とは? 言葉の魔法を紐解く展覧会「鈴木敏夫とジブリ展」

    東京で初披露された、高さ3メートルにも及ぶ大迫力の超巨大“湯婆婆と銭婆”がハウステンボスにも登場!おみくじには、鈴木敏夫が書き下した言葉と、その言葉にまつわる解説付きで、自身からのメッセージとしても持ち帰ることができる。

    さらに「鈴木敏夫とジブリ展/ハウステンボス」の開催を記念して、展示会場に併設したオフィシャルショップのオープンが決定!ジブリの世界観がたっぷりと詰まったオフィシャルショップでは、まるで作品に迷い込んだような雰囲気が味わえる。ここでしか買えない限定商品やグッズも多数用意されている。

    うちわ¥702円(税込)

    表に描かれた鮮やかな色彩が印象的な湯婆婆のイラストも、裏に書かれた力強い書も、鈴木プロデューサーによるもの。インパクト大のうちわで、暑い夏を乗り切れるかも!?

    トートバッグ¥1,620円(税込)

    メインビジュアルである湯婆婆のイラストが入ったトートバッグはインパクト大!肩からかけられる大きめサイズなので日常遣いにも、荷物が多くなる日にもおすすめ。

    ふきん¥1,296円(税込)

    江戸から続く染め物の老舗「竺仙」コラボ商品。落ち着いた藍色で染められた湯婆婆のイラストが入ったふきんは、品質も確かで、見てよし、使ってよしの便利アイテム。お土産やギフトにいかが?

     

    さらに会期中、会場でもあるパレス ハウステンボス内の1Fティーサロンにて特別メニューを販売する。

    お風呂屋さんのデザート¥850円(税込)

    竹炭の黒いバニラアイスにチョコスプレーをまぶし、金平糖とお札クッキーを添えて。 冷たいとうもろこし茶とセットで堪能しよう。

    冒険好きな少年のパン¥650円(税込)

    ホテルベーカリーで焼き上げた、思わず冒険に出たくなるパン。これがあれば忙しい朝も大丈夫!? こちらも冷たいとうもろこし茶とセットで提供。

    ジブリファンにはたまらないイベントにぜひ足を運んでみてほしい。

     

    ©️TS ©️Studio Ghibli

  • 東京から約1時間半!夏休みは茨城県「大洗水族館」で”ピングー”と遊ぼう

    04.July.2019 | SPOT

    茨城県の大型水族館「アクアワールド茨城県大洗水族館」は、人気キャラクター「ピングー」とコラボした夏季特別イベント「ペンギンたちの不思議な世界 ピングーサマーフェス」を7月13日(土)~9月1(日)の期間で開催する。

     

    「アクアワールド茨城県大洗水族館」は、東京付近から電車とバスで約1時間半。車だと、約1時間15分で訪れることができる。

     

    「ピングー」とのフォトスポット

    館内をはじめ、会場内には、「ピングー」とその仲間たちのスタチューを配置したにぎやかなフォトスポットやオリジナルデザインのイラストのフォトパネルを多数設置。夏休みの思い出づくりに家族や友達と写真撮影が楽しめる。

     

    ピングートーク

    映像を通してピングーたちとおしゃべりができる体験型コンテンツ。

    かわいい声とユニークなアニメーションでキャラクターと遊ぶことができる。イベント会場でぜひ話かけてみて!

    平日限定「うちわスタンプラリー」

    館内の3か所でピングーとピンガとロビのスタンプを押して、うちわの絵を完成させよう。完成した絵は、ぬりえとして楽しむこともできる。

    開催日:8月13日(火)~16日(金)を除く平日のみ

    ※うちわがなくなり次第、終了となります。

    グリーティング

    「ピングー」が会場にやってきて、一緒にふれあうことができる。

    開催日:7月14日(日)・15日(月・祝)・20日(土)・21日(日)・27日(土)・28日(日)・8月3日(土)・4日(日) 計8日

    時間:(1)11:00~ (2)13:30~ (3)15:30~ 各回約30分

    この他にも、ピングーと一緒に楽しめる企画が盛りだくさん!ぜひ夏休みの思い出に足を運んでみて。

     

    (C) 2019 The Pygos Group / (C)MATTEL, NHK, NEP, PPI

  • 新江ノ島水族館の夏イベントは “ヒカリ” をテーマにした空間に

    23.June.2019 | SPOT

    空間デザイン・演出を手掛けるベルベッタ・デザイン代表の長谷川喜美が、2019年7月13日(土)より新江ノ島水族館で開催予定のスペシャルイベント「えのすいワンダーアクアリウム 2019 ~美しい水族館~ヒカリノエノスイ」をプロデュース。館内の空間デザインおよび演出を手掛けた。

    ヒカリノエノスイ 相模湾大水槽 Day (イメージ)

    ヒカリノエノスイ 出会いの海 Night (イメージ)

    ヒカリをテーマとしたこのイベントは、光るクラゲをイメージしてデザインされた装飾や、レース素材をモチーフに海の生き物たちを表現したオブジェ「レースフィッシュ」など、海の光る生き物たちの繊細な美しさに着想を得た館内空間が見どころ。音や光、香りを用いた五感で楽しめる内容も特徴で、昼間の“Day”と16時以降の“Night”、ふたつの時間帯によって異なる演出が楽しめる。

    さらにイベント開催期間中、ヒカリノエノスイのためだけにデザインした海の生き物たちのオブジェ「レースフィッシュ」が館内各所に登場。海の生き物たちの繊細な美しさを表すため、レース素材をモチーフに様々な生き物たちを表現。真っ白なオブジェたちは光の演出によって美しく照らされ、色あざやかに変化するのが特徴だ。

    また、16時以降の“Night”の時間帯、館内のエリアによって光が変化する無線制御機能付きLEDライトシステム「FreFlow(R)(フリフラ)」を用いた光イベントが楽しめる。

    ※参加費1,000円(光るドリンク付き。200円は保証金としてフリフラ返却時に返金されます)

    ※フリフラはお持ち帰りできません。

    目の前に相模湾と江の島を望むオーシャンデッキも、洗練されたヒカリノエノスイのコンテンツとして進化。江の島の夜景が美しいNightタイムには、最高のロケーションを見渡しながらイベントにちなんだ期間限定ドリンクも楽しめる。光るカクテルとともに、贅沢な大人のひとときを過ごそう。

     

    全く新しい水族館を堪能しよう!

     

    (C)VELVETA DESIGN 

  • 池袋「サンシャイン水族館」バイカルアザラシの赤ちゃん一般公開&愛称を募集

    13.May.2019 | SPOT

    サンシャイン水族館では、2019年5月15日(水)よりバイカルアザラシの親子展示をスタートし、赤ちゃんの愛らしい姿を公開する。また同日より、バイカルアザラシの赤ちゃんの愛称をサンシャイン水族館内で募集する。

    バイカルアザラシの赤ちゃんは生後3週間頃より白い毛が抜け始め、今ではすっかり銀灰色の毛に生え変わっている。ミルクを卒業し魚を食べ始めていまるが、まだまだ甘えん坊で、スタッフが扉を開けて入室すると、“ムームー”と鳴きながら元気よく近付いてくる。スタッフがお腹をなでてあげると、気持ちよさそうに仰向けになり、そのまま眠ってしまうことも。

    5月15日(水)の一般公開と同時にこの赤ちゃんの愛称をサンシャイン水族館内で募集し、決定した愛称は6月13日(木)に発表予定。

    オリジナルグッズやポストカードのプレゼントも実施。ぜひこの機会に、日本国内で見られるのが大変貴重なバイカルアザラシの赤ちゃんに会いに来て、ぴったりの愛称を考えてみて。

     

    ※赤ちゃんは生後1ヵ月ほどで成獣と同じ黒っぽい体毛に生え変わります。

  • マクセル アクアパーク品川、”プロジェクションマッピング”とコラボしたイルカショー開催

    23.April.2019 | SPOT

    「マクセル アクアパーク品川」は、2019年4月27日(土)~2019年7月7日(日)の期間、「FLOWER AQUARIUM Directed BY NAKED ーBrand New Sea-(フラワーアクアリウム ディレクテッド バイ ネイキッド -ブランニューシー)」を開催する。

    メインコンテンツは「ドルフィンパフォーマンス」。今回新設する“噴水”により、演出がパワーアップ。さらに、昼夜で異なる“コラボレーション”により、イルカパフォーマンスの枠を超えた芸術性の高いプログラムが完成した。昼(デイver.)は、力強い歌声と美しく透き通ったハーモニーを武器に活躍する、女性ボーカルグループ「Little Glee Monster」とのコラボレーション。イルカたちの躍動は、音楽の力でより臨場感を増す。

     

    夜(ナイトver.)は、水槽展示エリアの空間演出も手掛ける、日本最高峰のクリエイティブカンパニー「NAKED Inc.」とのコラボレーション。プロジェクションマッピングによって咲かせる色とりどりの花々と木漏れ日のきらめきに360度つつまれて、イルカたちと一緒に芽吹きの季節を体感できる。

     

    プロジェクションマッピングやアートワークなどの演出で、水槽含む空間全体を彩る展示ゾーンも。ひらひらと泳ぐ姿がまるで蝶のような“チョウチョウウオ”、カラフルな光をまとった花のような“クラゲ”たちが、無数の花々の演出に囲まれて華やぐ“初夏の絶景”が広がる。

    カフェバーでは、「FLOWER AQUARIUM」の世界観をイメージしたオリジナルメニューも用意。快適な屋内で、時間や天候を問わず、爽やかな初夏のひとときを体感できる。

    そのほか、プロジェクションマッピングを用いたペンギンのパフォーマンスやクラゲ展示の大空間も登場。連休中は、最新技術による華麗な世界を楽しめるマクセル アクアパーク品川に遊びに行こう!

  • ゲストハウスLAMP壱岐が「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2018」で特別賞

    29.January.2019 | SPOT

    日本国内の2018年を代表する魅力的なリノベーション事例を選ぶコンテスト「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2018」の発表及び授賞式が12月13日(木)に東京で行われた。長崎県壱岐市勝本町勝本浦の【ゲストハウスLAMP壱岐】が特別賞である「デスティネーションデザイン賞」を受賞した。

    「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2018」では、消費者にとって関心の高い施工費別に「500万円未満部門」「1000万円未満部門」「1000万円以上部門」「無差別級部門」の4部門を設けている。部門ごとに全国からエントリーされた計246作品を、リノベーションの楽しさ・魅力・可能性という点にフォーカスしてSNSを活用した一般ユーザーの声を取り入れ一次審査を実施。64作品をノミネート選出した。

    その後、最終審査において、住宅系を中心としたメディアの編集者10名で構成された選考委員によって、総合グランプリ、部門別最優秀作品賞4点、特別賞13点を決定。ゲストハウスLAMP壱岐は特別賞である「デスティネーションデザイン賞」を受賞した。

    本件の設計者の一人であるタムタムデザイン:田村晟一朗氏はこの建物について次のように語った。

    「国境離島・壱岐島。車で1周2時間ほどの小さな島にある勝本町の漁港は多分に漏れず人口減少の煽りを受ける。漁港に沿った商店街は活気こそ無いものの、子供たちが戯れる様子はごく少数ゆえ見守りたい状景である。

    その商店街にある築90年木造3階建てで20年前に閉館した旅館は廃墟となる寸前だった。隣にある酒蔵は雑倉庫として埃や黴まみれで佇んでいた。小さな島にあるこの2つの建物は島民の全員が知っているほどの存在感であり90歳から30歳までの島民の記憶にはそれぞれのドラマが生きていた。幼少期に上がった急な階段の記憶や、父親が宴会で集まった記憶など。聞けば掘り起こされる記憶群。

    行政も含め島民全体の記憶と意思からこの「旅館と酒蔵」の再生が渇望されていた。そして数々の関係法令のハードルを越え、新たな旅館として再生に至る。酒蔵は島の豊富な素材を提供する飲食店にする事で宿泊客の朝食場と、夜は商店街に明かりを灯す事で島民が集まり、それぞれの記憶が回想される「記憶再生の仕掛け」となる。観光客も少なかった島には欧米人も訪れるようになりインバウンドも順調に進みだした。“LAMP壱岐”と名付けられた旅館は隣接する公共階段が「LAMP坂」と呼ばれるようになり、何より大きい出来事は東京からの移住者がこの旅館と酒蔵を運営。街の子供たちと戯れる状景を日常に創りだした事だ。この事例は全国の離島再生の糸口として活きれば幸いである。」

    また、選考委員の一人、八久保 誠子氏(株式会社LIFULL 、LIFULL HOME’S PRESS 編集長)は、「壱岐に残る築90年木造3階建ての旅館の再生は、絶妙なリノベーションで同じ旅館として再生・機能させている。同時に建物とまちの90年の記憶を残す。まるで、同じ建物でありながら曇りが消え、まわりの風景も含めて、鮮やかによみがえったような印象を残した。」と講評した。

    長崎に旅行の際は、是非【ゲストハウスLAMP壱岐】を利用してみて。

  • 『訪れてみたい日本のアニメ聖地88』に長崎県五島市「五島の雲 山本二三美術館」選出

    13.December.2018 | ANIME&GAME / SPOT

    国内外のアニメファンを対象にインターネット投票を実施し、その結果を基にアニメ業界や地域の関係者などとの協議を経て決定される『訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2019年版)』。こちらに、長崎県五島市の「五島の雲 山本二三美術館」が選出された。

    尚、今回選ばれた「アニメ聖地88」は、2019年1月から、日本アニメツーリズム協会のホームページで紹介ページが公開される予定となっている。

    訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2019年版)

    五島の雲 山本二三美術館は、2018年7月1日にオープンした美術館。「天空の城 ラピュタ」、「火垂るの墓」、「もののけ姫」、「時をかける少女」など、美術監督として数々の名作に携わったことで知られる長崎県五島市出身のアニメーション映画・美術家 山本二三氏の描いた背景画や、五島を描いたオリジナルの絵画を展示している。建物は、1863年に建てられた武家屋敷「松園邸」を改修して造られた。

    五島の雄大な自然を見て育った山本二三氏の絵と、五島の歴史を感じられる美術館となっているので、近くに出かけた際はぜひ訪れてみて。

  • 子どもから大人まで楽しめる長崎県最大級の「BOOK & CAFE」誕生

    22.July.2018 | FOOD / SPOT

    シニア・ファミリー・学生の3世代が楽しめる長崎県最大級の「BOOK & CAFE」である「TSUTAYA BOOKSTORE MIRAI NAGASAKI COCOWALK」(ツタヤ ブックストア ミライ ココウォーク)が7月20日(金)にオープンした。

    家のリビングのようにゆっくりと寛げて、 美味しいコーヒーと店内のすべての書籍を持ち込んで読むことができる200席の「BOOK & CAFE」スペースでは、 坂の街「長崎」を眼前に望むことができる。

    家族や友達とともに旅に誘われる旅行関連書籍を取り揃えたカウンター席や、ゆったりと書籍を楽めるソファ席が用意されているのも嬉しい。

    また、福岡の「六本松 蔦屋書店」ファッションコンシェルジュ吉嗣直恭が郷土をテーマにセレクトした長崎の工芸品や上質な文具・雑貨に加え、 普段使いも可能な商品等も展開し TSUTAYAらしいライフスタイル提案が行われている。

     

    800坪の売り場には、独自の切り口から日々の食事のヒントを得られる食のコーナー・アーティストやクリエイターなどによるライブ・トークイベント・ワークショップやアート展示を行えるラウンジスペースも。

    更に、絵本の読み聞かせも可能なキッズスペースでは、大人にも懐かしさや新たな発見がある児童書の品揃えと、世界の知育ボードゲームを楽しむことができる。

    「TSUTAYA BOOKSTORE MIRAI NAGASAKI COCOWALK」で、新たな読書スタイルや心躍る体験を楽しんでみては?

     

    ■Information

    TSUTAYA BOOKSTORE MIRAI NAGASAKI COCOWALK

    住所:長崎県長崎市茂里町1番55号 みらい長崎ココウォーク5F

    営業時間:10:00~21:00(店休日なし)

    TEL:095-842-5509

    URL:http://store-tsutaya.tsite.jp/storelocator/detail/7812.html

     

  • 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産に!

    03.July.2018 | SPOT

    6月30日に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産に正式登録された。バーレーンで6月24日から開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)による第42 回ユネスコ世界遺産委員会が決定。日本で18 件目の文化遺産となる。

     

    6月30日午後から、関係地域12 カ所でパブリックビューイングを開催。県内関係者や一般市民合わせて2,000 人以上が参加し、現地の委員会の様子が映し出され、決定を見守った。世界遺産の正式登録が決定した瞬間、参加者から歓声が。

     

    「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」とは17 世紀から19 世紀の2 世紀以上にわたる禁教政策の下で、密かにキリスト教を伝えた人々の歴史を物語る他に例を見ない証拠。潜伏キリシタンがどのようにして既存の社会・宗教と関わりながら信仰を継続したのか、そして近代に入り禁教が解かれた後、彼らの宗教的伝統がどのように変容し、終焉を迎えたのかを示している。長崎と天草地方に所在する12 の資産から成っている。

     

    この決定に対し、日本のアーティスト福山雅治から以下のメッセージが寄せられた。福山は今年2月6日に「長崎県ブルーアイランズプロジェクト」のナビゲーターに就任。その後、クリエーティブプロデューサーとしてプロジェクト全般に関ってきた。「もっと島のことを知りたい」という思いから5月上旬に長崎県の島を訪問し、構成資産の一つである五島列島の「久賀島の集落」も訪れている。

    福山雅治コメント

    このたびは、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産登録おめでとうございます。長崎の様々な歴史を知ることでこれからの人類の平和にも繋がっていく。今回の世界遺産登録は、そのきっかけを与えてくれることになるのではないでしょうか。」

     

    長崎県は、今回の登録決定に合わせて関連イベントの開催や関係地域にある情報発信拠点施設の展示物更新を行う。

     

    ■Information長崎のしまの魅力を伝える「長崎ブルーアイランズプロジェクト」

    URL:http://nagasakiblueislands.jp/

     

  • 360度デジタル花火に包まれる!アクアパーク品川で日本の夏を楽しもう

    29.June.2018 | SPOT

    マクセル アクアパーク品川にて、水族館内で花火をはじめ、縁日の金魚や提灯・お囃子の音楽とともに夏の訪れを楽しめるイベント「花火アクアリウム BY NAKED」が7月1日(日)から9月9日(日)の期間開催される。

    舞花火 –まいはなび-

    エントランスにはプロジェクションマッピングによって映し出された無数の星が広がる。水槽を囲い込む壁に手を触れると、触れたところから花火が打ち上がるインタラクティブな演出も。

    金魚花火 –きんぎょはなび-

    金魚が泳ぐ水槽の上には煌めく花火、天井に吊るされた色とりどりの提灯からは明かりが灯され、夏の縁日のような空間に。

    傘花火 –かさはなび–

    暗闇に光る美しい和傘に、幻想的な花火が咲き乱れるカフェバー。期間限定のドリンクもあり、ドリンクを受け取る際にバーカウンター上にランダムに3種類の花火が浮かび上がる演出を楽しめる。

    星花火 –Digital Fireworks夜のドルフィンパフォーマンス

    ダイナミックな太鼓や花火の音で「縁日」気分を味わえるドルフィンパフォーマンス。デジタル花火とイルカたちとのコラボレーションを楽しめる。

    時間:7月1日(日)-8月10日(金)  7:30P.M./8:30P.M.

    8月11日(土・祝)-8月15日(水) 7:00P.M./8:00P.M./9:00P.M.

    8月16日(木)-9月9日(日)  7:30P.M./8:30P.M.

     

    今年はカラフルな提灯の装飾や、お囃子の音など水族館にいながらまるで「縁日」にいるような演出を楽しむことができ、日本の夏の文化をさらに楽しめる水族館にバージョンアップした。マクセル アクアパーク品川だけの夏の体験を臨場感あふれる360度スタジアム型の客席で楽しむことができる。

    最新技術をふんだんに取り入れた新感覚のエンターテイメントを体感しよう!

     

    ■Information花火アクアリウム BY NAKED

    開催場所:マクセル アクアパーク品川

    住所:東京都港区高輪4-10-30 品川プリンスホテル内

    会期:2018年7月1日(日)〜9月9日(日)

    ※営業時間は予告なく、急遽変更となる場合がございます。また、貸切営業などでご入場いただけないこともございますので、あらかじめご了承ください。

    入場料:おとな(高校生以上) 2,200円、小・中学生 1,200円、幼児(4才以上) 700円

    マクセル アクアパーク品川公式サイト

    URL:http://www.aqua-park.jp/aqua/index.html

     

  • 有明海を一望できるインフィニティプール&露天風呂が長崎「ホテル南風楼」に登場

    18.June.2018 | SPOT

    長崎県島原温泉の創立110年を迎えた老舗旅館ホテル南風楼が、「有明海を一望 海と空につながるインフィニティ露天風呂」と「緑の庭園にふんわり浮かぶインフィニティプール」をグランドオープンした。

     

    コンセプトは、「島原の自然とつながる!」。島原の色鮮やかな緑の木々と有明海を間近に望む絶好のロケーションで潮風を感じながら、都会では味わうことのできない優雅なリゾート気分を楽しむことができる。

    露天風呂のふちを海に溶け込むように低くデザインすることで、まるで海に浮かんでいるような抜群の見晴らしと爽快感を実現。露天風呂の左奥には展望デッキ「ひとり海テラス」が設置され、海を眺める贅沢な時間が堪能できる。

    対岸の熊本から上がってくる朝日の景色は絶景のパワースポットとしても人気の場所。朝・昼・夜と少しづつ変化する景色を楽しんでほしい。

    緑に囲まれたガーデンレストランのデッキテラスからそのまま庭園に吸い込まれるように新設されたインフィニティプール。水平線に見立てたインフィニティエッジのその先には、島原の自然にあふれる「水と空と緑」に演出された別世界が広がっている。水盤の表面には、蒼く澄み渡った空と木々の清々しい緑が映し出され、まさに天空に浮かぶ雲の上にいるような感動的な光景に。

    プールの深さは約50cmと浅く、小さい子供も安心して利用できるのが嬉しい。また、プールの片側には勢いよく水が噴き出すジェット噴流の吹き出しを3カ所設置。南国リゾート気分溢れる開放的な空間で最上の癒しを体験することができる。

    プールサイドに設置されたウッドデッキテラスには、リゾート感溢れる上質なテーブルとソファをレイアウト。また、朝食バイキングはもちろん、オシャレな女子会にピッタリのパーティ料理やBBQの利用も可能!

    夜には、庭園に広がる300本を超える木々が幻想的にライトアップされ、ロマンチックなしっとりとした空間に様変わり。ライトアップのコンセプトは、海に浮かぶ「光の森」。まさに、「光の森」に包まれた客室専用テラスで、満天の星空のもとここでしか体験できない非日常の世界を楽しむことができる。

    日常の喧騒を離れて過ごす贅沢な時間で、日頃の疲れを癒やしてみては?

     

    ■Informationホテル南風楼

    住所:長崎県島原市弁天町2-7331-1

    アクセス:http://www.nampuro.com/access/

    TEL:0957-62-5111

    宿泊予約:https://www.nampuro.com/special/tabeho.html

    公式ホームページ:http://www.nampuro.com/

     

  • 長崎・伊王島にリゾート「i+Land nagasaki」グランドオープン

    12.June.2018 | SPOT

    長崎・伊王島にエンターテインメントリゾート「i+Land nagasaki (アイランド ナガサキ)」がグランドオープンする。オープン日は2018年7月18日。

    「やすらぎ伊王島」として長く親しまれてきた複合型レジャー施設が、2018年4月1日に「i+Land nagasaki」と名称を変更し大規模リニューアル。日本初上陸の体験型マルチメディア・ナイトウォーク「ISLAND LUMINA(アイランド ルミナ)」の誘致をはじめ、ヨガやサップ、シーカヤックなどのアクティビティを充実化。また、一部宿泊棟、及びレストランをリニューアルした。

    日本一島が多い長崎県の中でも、市街地からのアクセスの良さが魅力の伊王島。長崎市街地から車で約30分(長崎港から船で約20分)の場所にある。広大な敷地を有するi+Land nagasaki は海に面して点在しており、「ポートエリア」「ガーデンエリア」「島風エリア」「ルミナエリア」4つのエリアで構成。

    グランドオープンに先駆けて、7月1日には、島の中央部に位置する「ガーデンエリア」に、海を目の前にしたシーサイドバーベキュー施設が新たにオープン。食材や設備は全て用意されているので、手ぶらでバーベキューが楽しめる。また、テント型屋外施設の為、雨が降っても安心して利用できるのが嬉しい!

    各エリアには宿泊施設の他、宿泊者以外も利用可能な、レストラン、温泉、プレイキッズランドなどを併設。日帰りでも利用できるのが魅力だ。また、大小さまざまなアクティビティも用意。

    中でも4月にオープンした、日本初上陸の体験型マルチメディア・ナイトウォーク「ISLAND LUMINA(アイランド ルミナ)」がおすすめ!幻想的な光に魅了されるロマンチックな別世界。五感を使って楽しむ、体験型マルチメディア・ナイトウォーク「ISLAND LUMINA(アイランド ルミナ)」。

    カナダ発世界最高峰のデジタルアート集団「MOMENT FACTORY(モーメントファクトリー)」による最先端のテクノロジー技術を活用した、光と音にあふれる夜の森を旅する最新アクティビティ。魔法の宝石を探す少女の物語を、五感で体感することができる。自然と映像の融合が生み出す幻想的な世界を楽しめる新感覚の体験プランだ。

     

    更に、島内面積2.26k㎡の伊王島は、自転車で約1時間かけて周遊することが可能。世界文化遺産の端島(通称:軍艦島)、旧グラバー邸の他、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界文化遺産候補の(6月現在)大浦天主堂などへのオプショナルツアーも実施する。

    新しく生まれ変わった「i+Land nagasaki」で、自然に囲まれた休日を過ごそう!

     

    ■Informationi+Land nagasaki (アイランド ナガサキ)
    住所:長崎県長崎市伊王島町 1 丁目 3277-7グランドオープン日:2018年7月18日料金体系:1泊2食 2名様1室、大人おひとり様/平日13,800円(税別)~
    TEL:095-898-2202
    公式サイトURL:https://www.islandnagasaki.jp/ 

    SEASIDE BBQ(シーサイドバーベキュー)
    営業時間:ランチ11:00~15:30(OS14:30)/ディナー17:00~21:30 (OS21:00)

    料金:ランチ 大人2,800円 小学生1,200円 幼児(4-6歳)300円、ディナー 大人3,800円 小学生1,200円 幼児(4-6歳)300円

    エリア:i+Land nagasaki ガーデンエリア
    席数:340席

     

    カナダに5か所の常設会場がある「LUMINA」シリーズは、すでに100万人近くを動員しており、2018年4月にi+Land nagasakiに日本初上陸!
    営業時間:日没~23:00(最終入場22:30)※季節により変動
    入場料(税込):大人2,400円、中人(中学生・高校生)1,800円、小人(4歳~小学生)1,500円(※3歳以下無料)
    公式サイト:https://www.islandlumina.jp/

     

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US