カワイイ世界観を堪能♡ 松屋銀座「シルバニアファミリー展」レポート

19.March.2019 | FASHION / FEATURES / SPOT

みなさん、こんにちは。もしもしにっぽん編集部のエリーです。

 

手のひらサイズのお人形やかわいいお家、こだわりの家具が愛されている日本のおもちゃ「シルバニアファミリー」。そんなシルバニアファミリーが1000点以上展示されている初めての大規模展覧会が松屋銀座で3月25日(月)まで開催されているということで、早速行ってみました。

私も小さいころよく遊んでいたシルバニアファミリー。一体どんな展覧会になっているのか、子ども心が蘇った気分でワクワクします。

展覧会では、シルバニアファミリーの歴史を振り返ることができます。1985年に発売となったシルバニアファミリーは、9種類の動物の家族、1つのお家と11種類の家具というシリーズで誕生。ヨーロッパに根付いていたドールハウス文化を、もっと手軽に日本の子どもたちが遊べるものにしようというコンセプトから生まれたそう。

時代の変化とともに、シルバニア村の暮らしが隅々まで再現されるようラインナップが豊富になり、現在までに約70種類の家族、約100種類のお家やお店などが展開されるようになりました。

今ではただ遊んだり飾ったりするだけではなく、服を手作りしたり、お家や家具をアレンジしてオリジナルの世界を楽しむ方も多いそう!

なんだか懐かしい気持ちになるかわいい家具がたくさんあります。

同展の展示品は日本で販売された商品が中心になっていますが、なんとシルバニアファミリーは60を超える国と地域で愛されています。世界累計販売数は人形で1億5000万体以上にもなるそうです。

こちらはドールハウス作家とコラボした新作ドールハウス。思わず、かわいい…♡という言葉が溢れてしまいました。

同展ではドールハウス作家以外にも、様々なコラボレーション作品が特別展示されています。こちらは文化服学院の学生による60体のドレスコンテストです。

シルバニアファミリーの作品を存分に楽しんだあとは、自分がシルバニアファミリーの世界に入り込んだような写真を撮影することができるフォトスポットも用意されています。

そして見逃せないのは限定商品の販売!会場でしか購入できない雑貨や先行販売品など約250点が販売されています。

誕生から34年経った今も、子どものみならず大人にも愛されるシルバニアファミリー。その魅力にぜひ触れてみてくださいね。

RELATED ENTRIES

  • エキマルシェ新大阪「EKIHAKO」に『シルバニアファミリーポップアップパーク』が期間限定OPEN

    05.June.2022 | FASHION / SPOT

    JR新大阪駅在来線改札内 エキマルシェ新大阪「EKIHAKO」では、家族みんなで楽しめるシルバニアファミリーの世界を再現した『シルバニアファミリー ポップアップパーク』を、2022年5月31日(火)から6月13日(月)までの期間限定開催する。

     

    幅広い年齢層から愛され続けるシルバニアファミリーの世界がエキマルシェ新大阪「EKIHAKO(エキハコ)」にやってくる。シルバニアファミリーの大きなお人形といっしょに写真が撮れるフォトスポットも登場!

     

    シルバニアくじ 1回/600円(税込)

     

     

    ハズレなしでいろんなシルバニアグッズが当たる、人気のシルバニアくじも登場。

     

    家族みんなで楽しめるシルバニアファミリーの世界を堪能しよう。

     

    Ⓒ EPOCH

  • シルバニアファミリーコラボ第2弾!西鉄グランドホテルからスペシャルメニューが新登場

    10.May.2022 | FASHION / FOOD / SPOT

    西鉄グランドホテルでは、2022年5月31日(火)まで「グランカフェ」「グロット」に期間限定でシルバニアファミリーとコラボしたスペシャルメニューが新登場。すべてのメニューに九州初のシルバニア森のキッチンオリジナル衣装の赤ちゃん人形1体付いてくる。

     

     

    シルバニアファミリースペシャルランチ ~オリジナルクッキー・ピック付き~ ¥4,500
    西鉄グランドホテル伝統の洋食メニューを少しずつ贅沢に、お子様ランチ風のスタイルで楽しめるシルバニアファミリーコラボ特製ランチ。子供だけでなく、もちろん大人も注文OK。

     

    伝統のアメリカンクラブハウスサンドイッチ~オリジナルピック付き~ ¥2,500
    53年の歴史を誇る西鉄グランドホテル特製のクラブハウスサンドイッチをシルバニアファミリー特製メニューとしてアレンジ。ドライカレー・サラダ・スープも付いてくる。

     

    シルバニアファミリーオリジナルスイーツ ~オリジナルピック付き~ ¥2,000
    西鉄グランドホテルのパティシエが作るシルバニアファミリーをイメージしたスイーツプレート。

     

    シルバニアファミリー特製イチゴパフェ ~オリジナルクッキー付き~ ¥2,000
    西鉄グランドホテルのパティシエが作るシルバニア村のイチゴ畑をイメージした特製のイチゴパフェ。スイーツはどちらも14:00以降の提供になるのでご注意を。​

     

    ここでしか味わえないスペシャルメニューを食べに、西鉄グランドホテルへ足を運んでみては。

  • TVアニメ「平家物語」高野文子 キャラクター原案展示が京都にて開催決定

    03.May.2022 | ANIME&GAME / MOVIE / SPOT

    2022年1月から3月にかけて、フジテレビ「+Ultra」ほかにて放送され、各種配信サイトでも好評配信中のTVアニメ「平家物語」。キャラクター原案を担当した高野文子による愛すべきキャラクターたちの展示と、「まるで絵画のよう」と絶賛された美術を収録した画集『「平家物語」の彩[いろ]』の発売が決定した。


    TVアニメ「平家物語」の完結および映画『犬王』の公開を記念し、両作品のキャラクター原案を務めた漫画家の高野文子・松本大洋による原案展示が、2022年4月21日(木)~6月27日(土)にかけて、京都国際マンガミュージアム ギャラリー4にて行われる。「平家物語」と『犬王』は、ともに作家の古川日出男が新訳/執筆した小説を原作とし、サイエンスSARUによってアニメ化。「平家物語」の平安末期から『犬王』の室町(南北朝)時代まで、作中では200年の時を隔てており、物語に直接の繋がりはないが、平家の呪いを受け盲目になった琵琶法師・友魚(ともな)と異形の能楽師・犬王による、もうひとつの「異聞・平家物語」が『犬王』といえる。本展示は、高野文子・松本大洋によるキャラクター原案が、両作の舞台となった京都にて並ぶ貴重な機会となっている。


    そして、風光明媚な背景美術の世界を一冊に凝縮したTVアニメ「平家物語」の美術画集『「平家物語」の彩[いろ]』は6月に出版される。出版元は内藤礼や川内倫子などのアートブックも手掛けるHeHe(ヒヒ)。本編から選りすぐった美術設定・美術ボードに、美術監督の久保友孝(でほぎゃらりー)×山田尚子監督の語り下ろし対談を収録。平安末期の世界を綴じ込めた、決定版にして保存版となる画集。本日から「平家物語」公式サイトにて先行予約の受付を開始する。先行予約限定特典として、特製グッズを全員にプレゼント。先行予約期間は2022年5月10日(火)までの一か月間となる。

     

    ©高野文子 /「平家物語」製作委員会 
    ©松本大洋 /2021 “INU-OH” Film Partners

  • キャラクターOSAMU GOODS®ヒストリー『オサムグッズ45周年 展』開催

    15.April.2022 | FASHION / SPOT

    コージー本舗は、1976年に原田治氏とコージー本舗のグループ会社「ダスティミラー」社の共同制作により誕生したキャラクター「オサムグッズ/OSAMU GOODS®」の誕生45周年を記念して 、原田氏が生まれ育った築地に開設されたイラストレーターの養成スクール「パレットクラブ」で展覧会を開催する。

     

    限定グッズ

    1970~90年代に描かれた貴重な原画、版下、当時のグッズはもとより、ダスティミラー社のショップバッグやファンクラブ会報なども展示される。当時を知るファンにはなつかしくもちょっぴりせつなくなる再会の場として、最近オサムグッズを知ったファンには新鮮なおどろきに出会える場として、誰でも楽しめる展覧会となっている。

     

     

    ノスタルジックな思い出に出会える「オサムグッズ45周年 展」へ足を運んでみては?

     

  • 日本を代表する影絵作家・藤城清治の作品を展示販売する版画展開催

    12.April.2022 | FASHION / SPOT

    小田急百貨店町田店では、2022年4月13日(水)から4月19日(火)までの期間限定で、5階催物場にて日本を代表する影絵作家・藤城清治の版画展が開催される。

    1924年東京に生まれ、98歳にして創作活動を続けている藤城清治氏は、慶応義塾大学在学中より影絵劇創作活動を始め、大学卒業後、人形と影絵の劇団ジュヌ・パントル(後の木馬座)を結成。編集者の花森安治氏に才能を認められ、雑誌「暮らしの手帳」に影絵を長年連載した。

     

    本展では、藤城の長年の創作テーマである「生きるよろこびや生きる楽しさ」を透明感あふれる光と影で表現した、オリジナルジクレー版画約90点の展示販売をはじめ、ポストカード、クリアファイル、図録などのオリジナルグッズも合わせて販売する。
    また、2007年に神奈川県の保育園に設置した陶板壁画の原画として制作した「四季のよろこび〈地球はうたう〉」と「四季のよろこび〈時は流れて〉」の連作2作品のジクレー版画を数量限定にて販売される。

     

    透明感あふれる光と影を表現した影絵作品を楽しんで。

     

    ©Seiji Fujishiro/HoriPro 2007 ジクレー

     

  • 東京・銀座 蔦屋書店にて“女の子”を描く若手女性作家3名による展示会「かわいい。とは何か。」開催

    08.April.2022 | FASHION / SPOT

    銀座 蔦屋書店は、5周年記念企画として、“女の子”を描く若手作家として活躍中の女性作家・石井海音、野澤梓、永田優美の3名による新作展示「かわいい。とは何か。」を2022年4月2日(土)から4月22日(金)の期間限定で店内アートウォールギャラリーにて開催している。

     


    石井海音は油彩、野澤梓は漫画のスタイルをベースにしたアクリル、永田優美は日本画を通して、かわいいを追求し表現する今注目の作家3名。彼女たちの作品は、誰かのための“かわいさ”(女の子の客体化)を追求しているのではなく、自らがかわいいと感じ考える自分のための“かわいさ”を主体的に真剣に追及しているのが特徴で、多くの人々を惹き付ける理由もそこにあると企画者は考えた。

    石井の作品は、幼い頃から描いてきた絵や日常の延長線上である作家の個人的経験が多くのモチーフとして描かれている。“かわいい”を意識して描かれる独自のキャラクターに加え、線づかいも魅力となっている。構図は2次元的な構成ながら、画中画や、窓、鏡、瞳といった別の世界へ広がる可能性を秘めたモチーフ、ときにはレイヤーとして重ねて描かれる線により、多層的な空間の広がりや時間の重なりなど、3次元、4次元的な印象を受ける絵画を制作する。

    野澤にとって“かわいい”ということは作品制作にあたり重要な要素となっている。彼女が描く少⼥の輪郭は、⽩い線で描かれていて、それ以外の線は⿊、またはブルー、ピンクなどのパステルカラーで縁取られている。⼿描きであることを強調するかのように、不安定な軌跡で少⼥の輪郭をなぞった作品は、落書きしたプリクラを⼿帳へ貼り、さらに⼿描きでデコレーションを重ねるという00世代を中⼼に多くの世代に懐かしいカルチャーを連想させる。ノスタルジックでセンチメンタルなイメージを内包する独特な趣を重ねて唯⼀無⼆の作品に仕上げている。

    永田作品に登場する女の子たちは、彼女自身の投影。彼女が着用したい服装、とってみたいポーズを作品の中で縦横無人に展開し、自らのすべてを描くことを厭いながらも、支持体の上に余すところなく広げる。日本美術の支持体、絵具、技法をもって、彼女の思う“かわいい”を追求する。時に登場する水玉模様は、女の子または女性の象徴的な要素として描かれもしている。また、永田は作品の図的な構成にも重きを置いており、日本絵画における構図の再構築を試みている。

    本展では、石井の油彩作品2点とドローイング作品13点が公開され、これだけの数のドローイングが一挙に公開されるのは今回が初。さらに、野澤の作品は新シリーズであるポートレートシリーズが3点、永田の作品は風神雷神図屛風を想起させる新作をはじめ9点が公開される。
    “かわいい”は、現代日本文化のキーワードの一つとなっており、海外でも注目されるアトリビュートでもあると言えるだろう。

    今回の展示を通して、世界からも注目される“かわいい”の本質について考えてみよう。

  • 銀座に10坪の実験的POP-UPスペース「Sony Park Mini」オープン

    06.April.2022 | SPOT

    Sony Park Miniは、2024 年に完成を⽬指す新しい“実験的な公園”Ginza Sony Park を創造するための10 坪の実験の場。Ginza Sony Park の3年間の活動を拡張させるべく、銀座の真ん中の地下深く、日々、新しい感動を創造していく。

     

     

    東京・銀座の数寄屋橋交差点のほぼ真下、建設工事中の Ginza Sony Park に隣接する西銀座駐車場の地下1階、10坪ほどのスペースに、Sony Park Mini は小さく佇む。都市の中に生み出す余白と体験の新たな実験の場として、「アーティストの鼓動を感じるプログラムを起動し続ける」ことがコンセプト。訪れるたびに新しいプログラムとの出会いがある場をつくっていく。

     

    音楽、映画、アート、食、ファッション、ショッピングなど幅広い分野をテーマに、個性溢れるクリエイターやアーティストと共に、年間を通じて30以上のバラエティに富んだ実験的かつ挑戦的なプログラムを実施。また、今後これらの実験結果を検証しながら、2024 年の新・Ginza Sony Park で展開するプログラムや他都市への拡張の可能性を探っていく。 

    第1弾は、2022年3月23日(水)から4月5日(火)まで音楽家の江﨑文武氏が参加する「Ayatake Ezaki presents None Session」。誰もいない空間に1台のピアノ。そこは自由な音楽表現の場となり、アーティスト・江﨑文武が鍵盤で音を重ねて、世界で唯一の音楽を生み出す。

     

    プログラムスケジュール
    1:2022年3月23日(水)~4月5日(火) 江﨑文武(音楽家)
    2:2022年4月6日(水)~4月19日(火) 玉山拓郎(現代美術家)
    3:2022年4月20日(水)~5月2日(月) 門田千明(画家)
    4:2022年5月3日(火)~5月16日(月) 空音央(映画監督)/増渕愛子(映画キュレーター)
    *開催期間は変更になる場合がございます。変更についてはSony Park Mini公式SNSにてご案内いたします。

     

    またSony Park Mini内にある「西銀座駐車場コーヒー」では、厳選されたコーヒー豆から抽出した アメリカーノやカフェラテをはじめ、冷たいミルクでゆっくりとコーヒーを抽出したミルクブリュー 、オリジナルのレモネードなどのドリンクもラインアップ。自然素材にこだわったヴィーガンドーナツやクッキーも販売する。 

     

     

    2024年に完成を目指す新・Ginza Sony Parkに向けた新たな活動から目が離せない。

     

  • 『NANA』などの大人気漫画家・矢沢あいの展覧会「ALL TIME BEST 矢沢あい展」のキービジュアル公開

    02.April.2022 | ANIME&GAME / SPOT

    東京、大阪、横浜の高島屋3店舗にて開催される展覧会「ALL TIME BEST 矢沢あい展」の開幕に先立ち、漫画家の矢沢あい氏が本展のために描きおろしたキービジュアルが解禁された。

     

    恋愛漫画の金字塔『天使なんかじゃない』、1990年代の少女マンガを代表する『ご近所物語』、『下弦の月』、『Paradise Kiss』、そして社会現象を起こした『NANA』など、数多くの人気作を世に送り出している矢沢あい。「ALL TIME BEST 矢沢あい展」は、その“ベストアルバム”と言える。
    本展では、100点以上におよぶ直筆原画やイラストとともに、初公開の関連資料から当時のふろくカットに至るまで厳選されたアイテムを展示する。

     

    キービジュアルでは、本展開催をきっかけに作品の垣根を超えて、『NANA』の大崎ナナと『天使なんかじゃない』の須藤晃(あきら)のスペシャルコラボレーションが実現した。さらに矢沢あい氏がプロデュースした展覧会ロゴがキービジュアルと相まって展覧会を飾る。

    恋も、夢も、おしゃれも、人生で大切なことは矢沢あい作品から教わった—— 。今もなお変わらずに私たちの背中を押し続けてくれる珠玉の名作の数々に、会場で触れてみて。

     

    🄫矢沢あい/集英社 🄫矢沢漫画制作所/集英社 🄫矢沢漫画制作所/祥伝社

     

  • ドコモと少し先の未来を想像するデザイン展「想像する余白」が東京・六本木で開催

    20.March.2022 | FASHION / SPOT

    NTTドコモは、通信がもたらす様々なこれからの「豊かさ」を模索するために、デザインの観点から、少し先の未来の暮らしを考察することで「プロダクト」の方向性を探る展示会「少し先の未来とデザイン『想像する余白』展」を、2022年3月19日(土)から3月27日(日)までの期間限定で東京・六本木「21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3」で開催する。本展は、当社のプロダクトデザインチームと外部デザイナーが共同で行った「デザイン研究プロジェクト」に関する展示会となっている。

     


    研究プロジェクトのテーマは「人と技術が調和したなめらかな暮らしとは」。近い未来の人々の生活のあり方を模索したプロセスとして、製品・デバイス等の「プロトタイプ(アイデアの検証目的の試作品)」などを展示する。本展示会では、デザイナー達の思考や検討プロセスを、プロトタイプやスケッチ、言葉として展示。特徴は、展示するプロトタイプがいずれも「未完成」である点だ。

     


    完成形ではないからこそ、「人と技術が調和したなめらかな暮らし」を模索した思考プロセスや、使う人の気持ちや状況に寄り添うための形、色、素材などを検討した痕跡を見ることができる。このプロトタイプは、スピーカーやプロジェクター、モビリティーなど様々です。プロトタイプと併せて、着想に関連したキーワードや、構想の過程でのスケッチ、デザイン画、素材などを、壁から床まで、空間をフルに使った構成で展示。あえて未完成のプロトタイプとアイデアの過程を提示することで、「想像する余白」をつくり、見る人の想像力を喚起する。「想像する余白」というタイトルには、先行きが不透明な時代、様々な価値観が表出してくる中で、未来を一方的に定義するのではなく、来場者と一緒に考えたいという想いが込められている。

     

    「少し先の未来を自由に想像して欲しい」という思いが込められた「想像する余白」展へ足を運んでみては?

  • シルバニアファミリーと「たべもの」がテーマの企画展「シルバニア村のおいしい時間」開催決定

    15.March.2022 | FASHION / SPOT

    2022年3月7日(月)から3月21日(月)まで松屋銀座にて開催される、企画展&スペシャルストア「シルバニア村のおいしい時間」にて、シルバニアファミリーの仲間たちと「たべもの」をテーマにした展示やオリジナルグッズ販売を実施する。

     

    撮りおろしキービジュアル

     

    エポック社より1985年に発売されたドールハウス遊びの玩具シリーズ「シルバニアファミリー」は、家や店、人形、家具など、そのかわいらしさとディティールにこだわったデザインで、年齢や性別を越えて世界70以上の国と地域で愛されてきた。人形の世界累計販売数は、およそ2億体にものぼっている。

     

    描きおろしイラストイメージ


    本イベントは、シルバニア村の仲間たちがおくる「おいしい時間」がテーマ。家族で囲む幸せな食事の風景、大切なひとのために焼くケーキやクッキー、みんなが大すきなゆうえんちでのアイスクリームやかわいいキャンディ、季節を感じてお外で楽しむピクニック。シルバニア村で見つけたみんなの「おいしい!」瞬間を届ける。

     

     

    ⼯藤和代「おいしさ作るしあわせ暮らし」 撮影 森井⼀鷹

     

     

    灰みみ「妖精さんの不思議なお菓⼦屋さん」

     

    ⽇本ドールハウス協会 ⼀年間の「森の仲間の美味しい時間」

     

     

    SNSで話題を集めた写真等をパネル展示する他、著名なミニチュアドールハウス作家をはじめ、日本ドールハウス協会所属の方々によるシルバニアファミリーとのコラボ作品も初公開。また、シルバニアファミリーの世界に入り込んだかのような大型フォトスポットも用意する。

     

    《会場先⾏販売品》⾚ちゃんトリオ(パン屋さん) *価格未定

     

    スペシャルストアでは、先行販売商品「赤ちゃんトリオ(パン屋さん)」をはじめ、本企画のために撮りおろしたビジュアル、描きおろしたイラストをあしらった企画展オリジナル商品を販売予定。また、スペシャルグッズ引換券を数量限定で販売する。引換券1枚につき1つ、オリジナルデザインの「ハンドタオル」をもらえるほか、混雑時には優先して入場することができる。購入方法はインフォメーションをチェックしよう。

     

    大人も子供も楽しめる企画展で、シルバニアファミリーと共においしい時間を過ごしてみては。

     

  • ファッションデザイナーTOMO KOIZUMIのドレスが東京渋谷のBunkamuraにて特別展示

    09.March.2022 | FASHION / SPOT

    東急文化村は、渋谷ファッションウイークの期間中である2022年3月15日(火)から3月31日(木)までの期間限定で、ボリュームのあるフリルとカラフルな色彩で注目を集める「TOMO KOIZUMI」のドレスをBunkamura館内に展示する。

     

    東京オリンピック開会式で国歌斉唱を務めたMISIAへ衣装提供をしたドレスデザイナーの小泉智貴。展示されるドレスは2022年春夏コレクションで発表されたもの。これまで文化・芸術を支え、感動を伝えてきたBunkamuraが「TOMO KOIZUMI」のドレスをアートとして、そしてエンターテインメントとして届ける。その繊細なフリル、シルエットの美しさを間近で堪能しよう。

  • 春を彩る陶器フェア「銀座 蔦屋書店-春のうつわ展」が銀座 蔦屋書店にて開催

    15.February.2022 | FASHION / SPOT

    東京都中央区GINZA SIX6Fに位置する銀座 蔦屋書店は、「銀座 蔦屋書店-春のうつわ展」を2022年2月7日(月)から3月7日(月)までの期間限定で開催する。

     

    人気作家の作品が数多くならぶ銀座 蔦屋書店の陶器フェア。今回はボタニカル柄や動物モチーフの春らしい色合いのお皿やマグカップなど、食卓・リビングを華やかに彩るうつわ作品をラインアップ。前川わとの作品や小田陶器の作品など初出店の作品も含め、花器や食器や陶ブローチまで数多くの作品が店頭にならぶ。お気に入りの作品を見つけて春のリラックスタイムを満喫しよう。

     

    参加する器作家

     

    今井律湖

    イギリスでも製陶を学び、現在は栃木県益子町で作品を製作している。今回は染めつけの作品や独特な動物柄の象嵌皿(一つの素材に異質の素材を嵌め込む工芸技法)、使いやすい小皿、優しい色合いのティーポットなど日常的に活躍しそうな作品を数多く展開する。

     

    降幡未来(ふるはたみき)

    長野で製陶している器作家。独特な自作の釉薬の優しい色合いや垂れ方が魅力的だ。可愛らしいパステルカラーの鳥がモチーフの一輪挿しなど、新生活にカラフルな色どりを与える作品となっている。

     

    坂下花子

    カラフルな色の粘土を練り合わせて模様を作る「練り込み」という技法を活かし、マーブルやストライプ、チェックなどの柄を施している。マットな質感や色の濃淡、柄を堪能できる作品。

     

    前川わと

    富山県在住の陶芸家で、四季を感じ暮らしを豊かにする作品を製作している。今回はお花の形のお皿や、和菓子を連想させる可愛らしい蓋物を紹介する。

     


    灯々舎

    ろうを使って原型を作り、ろうそく制作を流用した技法で陶箱や陶ブローチを作っている。手描きで施された絵付けがとても可愛らしい雰囲気で人気の作品となっている。今回は春らしい色合いの花柄や小鳥、動物などをモチーフにした作品が取り扱われる。

     

    小田陶器

    岐阜県瑞浪市、美濃の地で大正10年に創業。今回は、どんなインテリアにも合う、取り入れやすい花色シリーズの花器がメインに並ぶ。モダンな形や色合いが魅力的な作品となっている。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US