「MUJI HOTEL GINZA」開業!公式サイトにて宿泊予約開始

19.March.2019 | SPOT

日本初となる無印良品のホテル「MUJI HOTEL GINZA(ムジ ホテル ギンザ)」が2019年4月4日(木)に開業。3月20日(水)より、MUJI HOTEL公式ウェブサイトにて宿泊予約が開始となる。

MUJI HOTELは「アンチゴージャス、アンチチープ」がコンセプト。ちょうど良い価格で良く眠れ、旅先において体と心を整える空間と、宿泊客と土地をつなげるサービスを提供する。中国の深圳・北京に続く3か所目として、無印良品の世界旗艦店「無印良品 銀座」とともに開業。6階にフロントとレストラン「WA」を設置し、7~10階で79部屋の客室を有する。

昨年中国・北京に開業したMUJI HOTEL BEIJINGと同様に、良品計画によるコンセプト提供と内装デザイン監修。国内外でまちづくりにつながる場を手がけるUDSが企画、内装設計、運営及び経営を行う「MUJI HOTEL GINZA」は、無印良品の思想を体現するホテルだ。旅先であってもいつもの生活の延長の感覚で心地よく過ごせるのが特徴となっている。

内装は木・石・土といった自然素材を中心にしながら、共用部には50年前に東京を走っていた路面電車の敷石や、船の廃材などを用いて、時間が作り出す風合いを空間に取り入れてた。また、ホテルスタッフの案内による銀座ツアーや、ランニングウェアの貸出といったサービスを用意している。

全79室の客室は旅先のからだと心を整える工夫を凝らし、家のようなくつろぎと、気持ち良さを追求。ベッドは眠りと姿勢の研究に基づくマットレス。やさしい触り心地のバスタオルや、自然な眠りに導く照明などを整えている。

MUJI HOTELは平日や祝日、ハイシーズンやオフシーズンといった繁閑の差で価格を変動させることはない。いつでも、誰でも、同じ部屋を同じ価格で予約することができ、消費税やサービス料を含めた価格表記でシンプルな料金体系を選択している。予約は、MUJI HOTEL公式ウェブサイトからのみ可能だ。

朝食:おにぎりセット500円(税込)

昼食:焼き魚定食 800円(税込)

レストラン「WA」(6階)では定期的に日本の各地を訪れ、それぞれの地域のくらしに染み込んだ味を見つけて届けていく。日本各地で食べ続けられているふるさとの味に触れ、豊かな日本の風土を “食” を通して楽しめる店を目指している。注文ごとに一合羽釜で炊き上げるお米は、高品質なお米の産地として注目が高まっている飛騨高山のコシヒカリを使用。日本酒は、老舗から若手まで腕利きのつくり手から集めている。

 

無印良品 銀座の6階にある「ATELIER MUJI GINZA」は、デザインをテーマに無印良品が考える未来を見据えたメッセージを発信する複合的なデザイン文化の発信基地。ものづくりやデザインにまつわる展示を行う2つの「Gallery」、おいしいコーヒーやお酒とともに語らい集う「Salon」、デザインやアートの古書や希少本なども取り揃えた「Library」、イベントを開催する「Lounge」の5つの空間で構成。それぞれのスペースで行う展示やイベント、メニューや書籍などを通じて、デザインについて考えるコミュニケーションの場として育っていくことを目指している。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US