日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」会場が巨大なアート空間に

25.March.2019 | FOOD / SPOT

2019年4月19日(金)~29日(月・祝)の11日間、東京・六本木にて、日本最大級の“SAKE”イベント「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2019(クラフトサケウィーク at 六本木ヒルズ)」が開催される。今回、会場デザインが決定した。今年の会場デザインは、日本の伝統工芸のエッセンスを取り入れながら、六本木の街がこの期間だけ幻想的な巨大アート空間に生まれ変わる。

「CRAFT SAKE WEEK」は、日本最高峰の厳選された110蔵の日本酒と一流レストランの料理を最高の空間で愉しんでほしいという想いから、会場デザインにも強い拘りを持たせており、今回は、2020年ドバイ国際博覧会 日本館の設計を手掛ける永山祐子氏と共に会場を演出。

会場デザインのコンセプトを策定するにあたり、中田英寿と永山祐子氏は、幾度にも渡る議論を重ね、日本の風土が生み出す文化を表現するため“縄”をコンセプトとすることが決まった。今回使用する麻縄は、しなやかな麻で作られ耐久性に優れており、日本古来より祝祭の場から日常まで様々な用途で使用されてきた。全体的にボリューム感がある一方、浮遊感を持った軽やかさが表現でき、遠近問わず見たときにアイコニックで印象的な演出で華やかに彩る。

中田英寿コメント

「永山祐子さんかが創り出す空間は、上質かつ、 日々の温かい生活を紡ぎ出しているような独特の世界観を感じます。スタイリッシュであり、居心地の良さを感じる空間は、女性建 築家である永山さんならではの感性で、日本の風土が生み出す文化の素晴らしさを体現してくれると思い、お願いをしました。」

 

永山祐子氏コメント

「お酒を楽しむ人々を柔らかく包み込む浮遊感のある空間を、日本古来のサスティナブル素材である縄で表現しました。六本木ヒルズアリーナの高さを活かし、全長16km、570本の縄で構成された 3つの大きな天蓋が会場を覆います。重力によって生まれる自然な曲線を描いた天蓋が遠くからも見え、イべントのシンボルとなります。」

 

一つひとつの酒蔵・日本酒の奥深さ、魅力のみならず、これまでとは違った壮大で幻想的に感じられる場を提供し、国内外から注目が集まる本イべントをぜひ堪能してほしい。

RELATED ENTRIES

  • 「Roppongi Hills Christmas 2021」、東京の冬の風物詩「けやき坂イルミネーション」点灯

    17.November.2021 | SPOT

    東京都港区の六本木ヒルズは、今年も「Roppongi Hills Christmas 2021」を開催。六本木ヒルズを彩る冬の風物詩「けやき坂イルミネーション」の点灯を皮切りに、11月上旬から12月25日(土)まで展開する。

    けやき坂イルミネーション

     

     

    六本木の街に冬の訪れを告げるけやき坂イルミネーション。約400mにわたるけやき坂の温かみのある街の光の中で、“SNOW&BLUE”の約70万灯のLEDの光が放つ幻想的な光景が人々を出迎える。街全体がきらきらと輝くイルミネーションと人々の温かさに包まれる、六本木ヒルズならではの変わらないクリスマスをお楽しみに。

     

     

    今年のウェストウォークには、チョコレートのボンボンショコラをイメージした「お花のボンボン」のクリスマスツリー「Bon-Bon Blossom」が登場する。「お花のボンボン」を覆うドライフラワーには、ロスフラワー(廃棄予定となっていた花材)が再活用されている。

     

     

    六本木ヒルズならではの心温まるクリスマスの風景を堪能してみては?

     

     

  • 「るろうに剣心」、作者の出身地・新潟県初となるコラボ日本酒発売

    16.November.2021 | ANIME&GAME / FOOD

    新潟県長岡市の酒屋・原商は、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」の主人公を使用した日本酒を2021年12月1日(水)より新発売する。新潟県は日本屈指の日本酒の生産地。

     

    「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」は、『週刊少年ジャンプ』にて1994年から1999年まで連載された漫画で、続編となる「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」が『ジャンプスクエア』にて連載中。本作は7200万部を超えて大ヒットし、アニメ化や実写映画化など数々のメディアミックスがなされ、多くのファンの心を射止めてきた。
    本商品は作者である和月伸宏の地元である新潟県長岡市の酒蔵(中川酒造、河忠酒造、お福酒造)3ケ所で製造を行う。いずれの日本酒も、それぞれ酒蔵が個性を発揮した特別な高級酒(特定名称酒)となる。



    作中では長岡市の地名に由来する言葉が多く登場するが、それらの名所やスポットを本製品に盛り込んでいる。具体的には、キャラクターの由来ともなっている「悠久山」「蒼柴神社」のほかに全国的に有名な「三尺玉」を日本酒のラベルの背景として使用した。

     

    「るろうに剣心」をイメージして製作された数量限定日本酒をお見逃しなく!

     

  • 六本木ヒルズ展望台のクリスマス!屋上スカイデッキで楽しむ「天空のクリスマス 2021」

    08.November.2021 | SPOT

    六本木ヒルズ展望台では、2021年11 月 1 日(月)〜12 月 26 日(日)の期間、「天空のクリスマス 2021」と題して、展望台からの 景色と融合した素敵なクリスマス体験を提供する。

     

    森タワー屋上に位置するスカイデッキのクリスマスのテーマは「スカイ CHILL」。海抜 270m、360 度の眺望が楽しめる解放感たっぷりのオーフプンエア空間 スカイテデッキでは、都会の中のオアシスとして様々なサービスで“天空の CHILL OUT 体験”を提供している。

    「スカイ CHILL」では、スカイデッキのライティングがこの時期だけの特別な緑と赤のクリスマスカラーに。空気が澄み切ったこの季節は景色を楽しむベストシーズン!赤く染まったドラマティックな夕景、頭上の星々や煌めく夜景を見ながらCHILL OUT を楽しもう。

    12月25日(土)には、毎年恒例・六本木天文クラブの天文の専門家と一緒に星空を楽しむ 「クリスマス特別星空観望会」も開催する。イベントの詳細は公式サイトをチェックしてみて。

     

    52 階の屋内展望台 東京シティビューでは、「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化 60 年史」を開催中。エントランスの シンボリックタワー「Unforgettable Tower」のイルミネーションがクリスマスバージョンとなり、展覧会と絶景のコラボレーションを楽しむことができる。
    また、東京シティビュー併設のレストラン「THE SUN & THE MOON」では、珠玉のクリスマスメニューを用意。サンリオ展コラボのアフタヌーンティーやフォトスポットもクリスマス仕様となり「天空のクリスマス」を彩る。

     

    さらに、屋上スカイデッキにあるフォトスポットも 11月20日(土)よりサンリオ特別クリスマス仕様になるのでお見逃しなく!

  • 楳図かずおの世界を発信していく「UMEZZ ART PROJECT」始動で展覧会開催決定

    19.October.2021 | ANIME&GAME / SPOT

     

    楳図かずお本人が描いた自画像がデザインされたUMEZZ ART PROJECTロゴ ©楳図かずお

     

    漫画家・楳図かずおの「芸術性」にスポットを当て、様々な角度から浮かび上がる「楳図かずおの世界」を発信していく「UMEZZ ART PROJECT」が始動した。このプロジェクトの一環として2022年1月28日(金)から3月25日(金)までの期間限定で、楳図かずおの世界を体感できる展覧会を東京シティビューにて開催する。UMEZZ ART PROJECTの内容及び、展覧会の詳細や見どころなどは、後日公開予定。

     

    おろち(1969-1970)

    漂流教室(1972-1974)

    わたしは真悟(1982-1986)


    ※カッコ内は連載年

     

    楳図かずおの世界を発信していく新プロジェクトから目が離せない!

     


    ©楳図かずお/小学館

  • 宇宙を旅した銀河系プレミアム日本酒「ALIENS GALAXY 2021」抽選販売開始

    05.October.2021 | FOOD

    リカー・イノベーションが、宇宙を旅した日本酒「ALIENS GALAXY 2021」をお酒のオンラインストア「KURAND(クランド)」にて、2021年10月1日(金)17:00より数量限定で抽選販売開始。

     

     

     

    「宇宙を旅した日本酒」という斬新なコンセプトのもと、2005年10月1日の「日本酒の日」に、ロシアの宇宙船・ソユーズにのって実際に宇宙へ旅立ち、約10日間宇宙ステーションに滞在した高知県産酵母と、高知県産酒造好適米を使用して醸造した世界初の日本酒。高知県の辛口日本酒文化を思わせる爽やかで軽快な辛口な味わいと、キャッチーで一度飲んだら忘れない名前とラベルが、多くのファンを生み出してきた。昨年から製造が開始され、今年は2年目になる。大きな反響を生んだ昨年から更にパワーアップした「ALIENS GALAXY 2021」が楽しめるのは今回限り。毎年「土佐宇宙酒審査会」の審査を受け合格したものが「土佐宇宙酒」として認定され、「ALIENS」シリーズもこの「土佐宇宙酒」として認められたお酒を宇宙へ想いを馳せ、壮大な夢とロマンを感じながら味わってみては?

     

  • 活動30周年!増田セバスチャンが渋谷パルコに続き六本木ヒルズで期間限定ショップ開催

    21.September.2021 | FASHION / SPOT

    1990年代に演劇・現代美術で活動を開始し、1995年に原宿で6%DOKIDOKI(ロクパーセントドキドキ)を立ち上げ、2000年代からは海外にも活動の幅を広げて日本のKAWAIIを牽引するアーティストとなった増田セバスチャンが、今年で活動30周年を迎える。2021年秋から2022年にかけて東京と大阪で開催される展覧会に先駆け、9月に渋谷パルコと六本木ヒルズで作品展示とポップアップショップを開催。

     

    2021年9月23日(木)から10月17日(日)までの期間限定で、増田セバスチャンのアートグッズブランド「Sebastian Masuda ART」が、六本木ヒルズウェストウォーク3階にある森美術館のショップにてポップアップをオープンする。今回初披露となる「Inner Voyage」シリーズをはじめとした最新アートグッズのほか、増田セバスチャンのアート作品も展示販売。過ごす時間が多くなった自宅やオフィスを彩るカラフルなアートを手に入れることができる。

     

    また、同じ六本木ヒルズ森タワーの52FにあるTOKYO CITY VIEWでは、9月17日(金)から2022年1月10日(月・祝)までの期間限定で「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」が開催。会場内に増田セバスチャンが本展のために制作した作品「Unforgettable Tower」も展示され、展覧会期間中は会場内の特設ショップや同フロアにある東京シティビューショップでも増田セバスチャン関連商品が販売される。六本木ヒルズの3階と52階、それぞれのカワイイの世界をぜひ合わせてお楽しみに!

     

    森美術館 ショップ     

    ステッカー 550円2,860円(税込)

    Inner VoyageTシャツ 7,480円(税込)

     作品「Microcosmos -Tattoo Pink & Me-」
         

     

    「増田セバスチャンと6%DOKIDOKIのショップ 1995→2021」

    Mesh Top 10,450円(税込)

    Long Sleeve T-Shirt 8,250円(税込)

    DOKI DOKI ピアス・イヤリング  4,290円(税込)/
    Logo Plate ネックレス 7,590円(税込)/6%ロゴポシェット 6,050円(税込)

     

    チャーミーポーチ Kawaii Company 2,860円(税込)/増田セバスチャン STUDIO COLOR PALETTE 4,400円(税込)フェリシモ

     

    渋谷パルコのほぼ日カルチャんでは、「増田セバスチャンと6%DOKIDOKI 1995→2021」と題したイベントが9月17日(金)より10月3日(日)までの期間限定で実施され、 26年目を迎えたショップ・ブランド「6%DOKIDOKI」をメインに、90年代の原宿と2021年を繋ぐファッションアイテムを販売する。

     

    色を見失いやすい2021年、増田セバスチャンが生み出すアートワークやカラフルなアイテムで、日常に彩りを加えてみては?

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

  • 『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』コラボカフェメニューを公開

    02.September.2021 | ANIME&GAME / SPOT

    東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)は、2021年9月17日(金)から、2022年1月10日(月・祝)まで、『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』を開催する。 展覧会では、サンリオ史上最多となる800点以上のキャラクター商品および貴重な原画や資料を展示。昨年、創業60周年を迎えた株式会社サンリオの歴史を紐解き、日本が生んだカワイイ文化の成り立ちや発展についてなど、サンリオの魅力を余すことなく体験できる展覧会となっている。

     

    今回は、音声ガイドを務める蒼井翔太さんから、コメントが到着。また、東京会場では、エントランス展示「Unforgettable Tower」がスケールアップして登場。東京会場での開催を記念して、作品に照明演出が追加された。季節ごとに異なる雰囲気の「Unforgettable Tower」を楽しむことができる。さらに、コラボカフェとオリジナルグッズの最新情報も解禁となった。

    蒼井翔太 コメント/音声ガイドナビゲーター

     

    この度、サンリオ展の音声ガイドナビゲーターとして皆さんと一緒にサンリオの歴史を辿っていきたいと思います。
    僕自身もサンリオとは今までもご縁がありましたので、とても光栄に思います。
    皆さんの大好きなキャラクターとともに、お楽しみいただけますと幸いです。

     

    増田セバスチャン コメント/エントランス展示「Unforgettable Tower

     

    サンリオのキャラクターやグッズは、我々の記憶の片隅にちょこんと存在しています。
    それは長らく日本人だけの感覚でしたが、今や世界中でも同じことが起きているでしょう。
    記憶というものはあやふやなもので、あの時自分はどうだったかな?と思い返しても意外と朧げです。
    ただ、懐かしさや、好きだった気持ちだけがふんわりと残っている。この「Unforgettable Tower」のように、不確かなバランスで成り立っているのです。
    サンリオ展は、自分の記憶との旅でもあります。
    ぜひ、この作品の前で想いを巡らせてから、展覧会の最初のゲートをくぐって下さい。

     

    コラボメニュー&フォトスポット

    左 マイメロディの冬野菜とメンチカツのカレー 1,580円/中 ポチャッコのかぼちゃシチュー 1,520円/右 ハローキティの丸ごとリンゴワッフル 1,380円

    左・ポチャッコの苺ホットミルク 1,050円/中 ポムポムプリンのプリンのシェイクに包まれて 1,080円/右 シナモロールの風船旅行 1,100円

     

    本展会場と同フロアにある「THE SUN & THE MOON」のレストランとカフェでは、東京展限定でコラボメニューが登場!

    左・ハロウィン 9月17日(金)〜10月31日(日)/中・クリスマス 11月1日(月)〜12月20日(月)/右・ア二バーサリー12月27日(月)〜1月10日(月・祝)

     

    季節限定のアフタヌーンティーも登場!ハロウィンやクリスマスなど、季節のイベントに合わせたメニューを楽しんで。

     

    レストランフォトスポットイメージ

    *画像はイメージです
    © 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

     

    赤を基調としたレトロなレストランの壁には、人気キャラクターがたくさん!フォトスポットとしてkawaii写真を撮影することができる。さらに、フォトスポットは、メニューに合わせて、ハロウィン・クリスマス・アニバーサリーの3パターンを用意。来場の記念に写真撮影をお忘れなく♪

     

    オリジナルグッズ

    左 スクエアアクリルキーリング 1,210円(全4種)/中 3連アクリルキーリング 1,210円(全4種)/右 ハンドルバッグ 1,650円(全4種)

     

    本展では、メインビジュアルをモチーフとしたアイテムから、昔懐かしいイラストを使用したアイテムまで、100種類以上のオリジナルグッズを用意。子供の頃に好きだったキャラクターのグッズや、ここでしか手に入らないレアなアイテムをゲットしよう。

  • 『DC展 スーパーヒーローの誕生』世界初展示など見どころをレポート

    30.July.2021 | MOVIE / SPOT

    DCの特別総合展『DC展 スーパーヒーローの誕生』が六本木ヒルズ森タワー52階・東京シティビューにて開催中。本展では、スーパーマンやバットマン、ジョーカーといった、「スーパーヒーロー」と「スーパーヴィラン」をはじめとしたDCのキャラクターたちを紹介し、DC映画の衣装や小道具のほか、貴重な初期のコミックや設定資料など400点以上を展示している。今回は、世界に先駆けて本展覧会でしか見られない展示など、見逃し厳禁な情報を実際の展示写真とともに公開。ぜひDCの世界を楽しんで。

     

    世界初展示のコスチューム

    会場内スーサイド・スクワッドエリアでは、映画でハーレイ・クイン役のマーゴット・ロビーが実際に着用した衣装を展示している。さらに、8月13日(金)公開予定の『ザ・スーサイド・スクワッド“極“悪党、集結』のブラッドスポート、ピースメイカーのコスチュームを世界初展示!世界中どこよりも先に、実際に着用したコスチュームを目にすることができる、貴重な機会となっている。

     

     

    バットポッド実物登場

    バットマンエリアでは、映画『ダークナイト』シリーズ3部作で実際に使用されたバットポッドを展示。その全長は3.7メートルと、大迫力の存在感を放つ。ゴッサムシティの夜景と共に、映画のワンシーンを彷彿とさせる展示を楽しんで。キャットウーマン役を演じたアン・ハサウェイが乗りこなした実機の迫力をぜひ会場で堪能しよう! 

     

     

    ヒースレジャーが着用したジョーカーのマスクも

    同じくバットマンエリアでは、ジョーカー役でアカデミー賞助演男優賞を受賞した名優ヒース・レジャーが身に着けたマスクと衣装が展示されており、ファンの間で話題を呼んでいる。

     

     

    ハーレイ・クイン&ジョーカーアフタヌーンティーがリニューアル

    ハーレイ・クイン&ジョーカーアフタヌーンティー 5,000円(税込)

     

    会場に隣接したレストラン「THE SUN & THE MOON」では、DCキャラクターをイメージしたコラボレーションメニューを提供中。人気キャラクターのヴィラン(悪党)であるハーレイ・クインとジョーカーをイメージした色鮮やかなアフタヌーンティーとなっている。8月13日(金)からは、同日公開の『ザ・スーサイド・スクワッド“極“悪党、集結』に合わせて、アフタヌーンティーがリニューアル!

     

    Superman Sky-high Drink 1,400円(税込)

    The Clown Prince of Crime 1,400円(税込)

     

     

    DCキャラクターをイメージしたノンアルコールドリンク(モクテル)も楽しんで。

     

    展開期間:~2021年9月5日(日)合計58日間予定

    会場:THE SUN & THE MOON(Restaurant)

    営業時間:11:00~22:00

    Official site:http://thesun-themoon.com/

     

    All DC characters and elements © & ™DC Comics. WB SHIELD: ™& © WBEI (s21)

  • サンリオ創立60周年!「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」六本木ヒルズにて開催

    25.July.2021 | FASHION / SPOT

    東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)は、2021年9月17日(金)から2022年1月10日(月・祝)まで、「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」を開催する。
    本展では、サンリオ史上最多となる800点以上のキャラクター商品および貴重な原画や資料を展示。昨年、創業60周年を迎えた株式会社サンリオの歴史を紐解き、日本が産んだカワイイ文化の成り立ちや発展についてなど、サンリオの魅力を余すことなく体験できる展覧会となっている。今回は、展示構成やチケット情報に加え、オリジナルグッズとコラボカフェなどのファンには堪らない情報や、音声ガイド情報に至るまで、ボリュームたっぷりに展覧会の魅力を紹介しよう。

     

    増田セバスチャン制作のシンボリックアートが登場

     

    エントランス展示イメージ(昼)

     

    エントランス展示では、増田セバスチャンが本展のために制作した、全長約6mにもなる大迫力のシンボリックアート「Unforgettable Tower」がお出迎え。「Unforgettable Tower」は、“記憶の積み重なり”をイメージし、サンリオキャラクターのぬいぐるみなどを使用して制作された。

     

    エントランス展示イメージ(夜)

     

    海抜250mに位置する東京シティビューならではの、東京を一望できる景色と絶妙なバランスで積み重なるシンボリックアートの融合は、昔懐かしいサンリオキャラクターとの記憶を呼び起こしてくれることだろう。東京会場では、期間中にハロウィン、クリスマス、お正月といった季節イベントに合わせた楽しい展開も予定している。


    © 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

     

    蒼井翔太が音声ガイドを担当

    過去にはリトルツインスターズとのコラボを行い、サンリオピューロランドで貸し切りイベントを行うなど、サンリオとは縁の深い声優の蒼井翔太が音声ガイドを担当することが決定した。本展の魅力を存分に語る音声ガイドは東京会場で初登場する。

     

    東京限定コラボメニューが登場

    左 レストランAnniversaryアフタヌーンティー/中 カフェ ハローキティ大好き 焼きりんごのミルフィーユ/右 カフェ シナモロールの風船旅行


    © 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

     

    本展会場と同フロアにある「THE SUN & THE MOON」に、期間限定でコラボメニューが登場!カフェとレストランそれぞれで、キャラクターの好物やモチーフをイメージしたコラボスイーツやフード、モクテル(ノンアルコールカクテル)を楽しむことができる。
    さらに、ハロウィン、クリスマス、アニバーサリーバージョンなどスペシャルアフタヌーンティーセットも提供される予定。見てカワイイ、食べて美味しいコラボメニューをご賞味あれ。

     

    展開期間
    レストラン: 2021年9月17日(金)〜2022年1月10日(月・祝)
    *12月21日(火)〜26日(日)を除く
    カフェ: 2021年12月15日(水)〜 2022年1月10日(月・祝)

     

    展示構成

    サンリオの歴史を辿ると同時に、のちに世界に発信することになる「カワイイ文化」がどのように成長していったのか?また、その裏にある「サンリオの想い」を貴重な原画や商品とともに、6つのゾーンと10のテーマで深く解説していく。

     

    © 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

    © 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

     

    「カワイイのはじまり」をテーマに、サンリオのファンシー文化の秘密を探るゾーンや、キャラクター誕生の背景、たくさんのキャラクターたちが紹介されるゾーンなどファンにはたまらない展示内容。

     

    © 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

     

    さらに、世界で愛されるキティを通じてサンリオの秘密を解説するゾーンや、レディー・ガガが着用して話題となったドレスが再現展示されるなど、いろいろな角度からサンリオの魅力を発信していく。

     

    オリジナルグッズ

    オリジナルグッズ(一部)

     

    © 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

     

    展覧会では、メインビジュアルをモチーフとしたグッズから、昔懐かしいイラストを使用したアイテムまで、100アイテム以上のオリジナルグッズを用意!自分が子供の頃に出会ったデザインのキャラクターグッズにも出会えるかも?!

     

    チケットは8月1日から発売開始。オリジナルデザインのグッズ付きチケットも数量限定で発売されるので、気になる方は早めのチケット購入をお忘れなく!

    © 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

  • コロナ禍の酒蔵をサポートする日本酒文化応援プロジェクト始動

    22.June.2021 | FASHION / FOOD

    東京に集まる面白いモノやコトを「オンライン商店街」という形で販売するアーケードトーキョーが、コロナ感染拡大による飲食店休業の影響で出荷と消費が激減し、今後危機的な状況に置かれる可能性がある日本酒とその文化継続の一助となるためのプロジェクト「WAX&WANE(ワックス・アンド・ウェイン)」を立ち上げた。

     

    それぞれの個性が光る、12の酒蔵が大切に造った12種類の日本酒をラインナップ

     

    その日の気分に合わせて選んで楽しめ、日本食以外の様々な料理にペアリング可能

     

    各日本酒の個性を表す手ぬぐいパッケージ

    本プロジェクトは、参画した全国12の酒蔵によって造られた他では飲めない限定の日本酒を返礼品として、2021年6月10日(木)よりクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて支援受付を開始する。全国の12酒蔵と連携して日本酒の新たな価値提供を実現するブランドを生み出し、日本酒文化を未来に残し、日本が誇るべきプロダクトとして日本酒を世界に広める事を目指す。

     

    多くの人に日本酒を手に取ってもらうきっかけとなる様に、各日本酒の個性を表現したタイダイ染の手ぬぐいを作り、これをパッケージとして使用している。日本酒の味わいや、作り手の人柄から受けたインスピレーションをもとに、様々なストリートブランドに作品を提供しているタイダイ染クリエイターのYUKIDYEによるデザイン。

    日本酒文化応援プロジェクトにあなたも参加してみては?

  • ホロライブ所属VTuber雪花ラミィプロデュースの日本酒誕生

    02.June.2021 | ANIME&GAME / FOOD

    「ホロライブ」の所属VTuber「雪花ラミィ」が、「自身の手で日本酒を造る」という夢を実現するため、明利酒類の全面協力の元で2021年2月に立ち上がった「ラミィの日本酒づくりプロジェクト」。「雪夜月」という、世界でここでしかない、最高峰の大吟醸となってついに発売される。

     

    「ラミィの日本酒づくりプロジェクト」は、ホロライブ5期生の雪花ラミィが、江戸時代から続く酒蔵である明利酒類の全面協力の元、原料米や精米歩合、酵母、アルコール度数に至るまで全てイチから考え抜き、茨城県水戸市の蔵で自らの手で日本酒をつくる、という全く新しい、チャレンジングなプロジェクト。

     

    世界最大の日本酒・ワイン品評会のIWC2020年 SAKE部門で 金賞を獲得した「副将軍 大吟醸」をベースに、 麹米に山田錦、掛け米に美山錦を取り入れることで、 淡麗辛口でありながら、 フルーティで華やかな吟醸香を表現した、最高峰の大吟醸。ボトルには、雪花ラミィが敬愛するイラストレーター肋兵器が描いたデザインを用いて、パッケージは、漆黒の夜に月が輝く雪夜月をイメージし、ブラックとシルバーを基調にしている。

     

    雪花ラミィがつくる世界観とともに、 奥深い日本酒の味わいをお楽しみに。

  • 東北に伝わる幻のどぶろく製法を再現したお酒が数量限定販売

    01.June.2021 | FOOD

    haccobaが2021年2月に立ち上げた酒蔵「haccoba -Craft Sake Brewery-(ハッコウバ)」から、初の一般販売商品が登場。東北地方に伝わる幻のどぶろく製法 “花酛” を再現したお酒「はなうたドロップス」を、2021年5月24日(月)より数量限定で販売開始。

     

    はなうたドロップス

    ©︎ Puddle Inc.

    東洋のホップ「唐花草(カラハナソウ)」

     

    haccoba のつくるお酒は、米や麹をつかう日本酒の伝統製法はそのままに、発酵過程でフルーツやハーブを加えるなど、自由な醸造スタイル。かつて各家庭で醸造を楽しんでいた日本の発酵文化の源流にもとづき、お酒をつくる楽しさを分かち合う。今後、ビールの原料であるホップと日本酒の伝統製法をかけ合わせたお酒を、メインプロダクトとして展開していく。

     

    かつて各家庭でどぶろくづくりを楽しんでいた時代に行われていたとされる幻の製法、“東洋のホップ” と言われる「唐花草(カラハナソウ)」を用いて、まるでビールのような製法でつくられるどぶろく。「はなうたドロップス」は、東北地方に伝わるどぶろく製法 ”花酛”(はなもと)を再現したお酒となっている。お米がもつ和三盆のような甘みを引き出す黄麹に、レモンのような酸味が特徴の白麹をブレンドし、甘酸っぱい味わいに仕上げた。発酵由来の自然な発泡感もあるため、爽やかに飲むことができる。

     

    お米と麹と唐花草、素材のピュアな味わいを堪能してみては?

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US