日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」会場が巨大なアート空間に

25.March.2019 | FOOD / SPOT

2019年4月19日(金)~29日(月・祝)の11日間、東京・六本木にて、日本最大級の“SAKE”イベント「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2019(クラフトサケウィーク at 六本木ヒルズ)」が開催される。今回、会場デザインが決定した。今年の会場デザインは、日本の伝統工芸のエッセンスを取り入れながら、六本木の街がこの期間だけ幻想的な巨大アート空間に生まれ変わる。

「CRAFT SAKE WEEK」は、日本最高峰の厳選された110蔵の日本酒と一流レストランの料理を最高の空間で愉しんでほしいという想いから、会場デザインにも強い拘りを持たせており、今回は、2020年ドバイ国際博覧会 日本館の設計を手掛ける永山祐子氏と共に会場を演出。

会場デザインのコンセプトを策定するにあたり、中田英寿と永山祐子氏は、幾度にも渡る議論を重ね、日本の風土が生み出す文化を表現するため“縄”をコンセプトとすることが決まった。今回使用する麻縄は、しなやかな麻で作られ耐久性に優れており、日本古来より祝祭の場から日常まで様々な用途で使用されてきた。全体的にボリューム感がある一方、浮遊感を持った軽やかさが表現でき、遠近問わず見たときにアイコニックで印象的な演出で華やかに彩る。

中田英寿コメント

「永山祐子さんかが創り出す空間は、上質かつ、 日々の温かい生活を紡ぎ出しているような独特の世界観を感じます。スタイリッシュであり、居心地の良さを感じる空間は、女性建 築家である永山さんならではの感性で、日本の風土が生み出す文化の素晴らしさを体現してくれると思い、お願いをしました。」

 

永山祐子氏コメント

「お酒を楽しむ人々を柔らかく包み込む浮遊感のある空間を、日本古来のサスティナブル素材である縄で表現しました。六本木ヒルズアリーナの高さを活かし、全長16km、570本の縄で構成された 3つの大きな天蓋が会場を覆います。重力によって生まれる自然な曲線を描いた天蓋が遠くからも見え、イべントのシンボルとなります。」

 

一つひとつの酒蔵・日本酒の奥深さ、魅力のみならず、これまでとは違った壮大で幻想的に感じられる場を提供し、国内外から注目が集まる本イべントをぜひ堪能してほしい。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US