劇場アニメーション「HUMAN LOST 人間失格」2019年 全世界公開

26.March.2019 | ANIME&GAME

2019年3月22日(金)アメリカ・シカゴで開催された全米有数の規模を誇るポップカルチャーイベント「CHICAGO COMIC & ENTERTAINMENT EXPO(C2E2)」ステージイベントにて、木﨑文智監督、アニメーション制作を手掛けるポリゴン・ピクチュアズの代表取締役である塩田周三氏、本企画のプロデューサーを務める株式会社スロウカーブの代表取締役である尾畑聡明が登壇。多くのファンが会場に詰めかける中、劇場アニメーション「HUMAN LOST 人間失格」の企画の成り立ちや作品内容、意気込みを語った。

太宰治生誕110周年を記念し、日本文学の傑作・太宰治「人間失格」が、最高峰クリエイター陣によって大胆に生まれ変わる本作品。

 

医療革命により、“死”を克服した昭和111年の東京――

人々は体内の“ナノマシン”とそれらを“ネットワーク”により管理する“S.H.E.L.L.”体制の支配により、病にかからず、傷の手当を必要とせず、120歳の寿命を保証する、無病長寿を約束された。

しかし、その究極的な社会システムは、国家に様々な歪を産み出す。埋まることのない経済格差、死ねないことによる退廃的倫理観、重度の環境汚染、そして、S.H.E.L.L.ネットワークから外れ異形化する“ヒューマンロスト現象”……。

日本は、文明の再生と崩壊の二つの可能性の間で大きく揺れ動いていた。

 

誰も観たことのない「人間失格」が世界を驚愕させる――

 

木﨑文智監督コメント

この3~4年間はほぼかかりきりで本作に取り組んできた。試行錯誤を繰り返しながらも、見応えのあるSFアクションエンタテインメントになりながらも、原案となる「人間失格」に流れている、人間としての弱さや本質的な要素を含んだ“人間ドラマ”としての仕上げたつもりでいるので、その辺りを楽しみにしてもらいたい。

 

ポリゴン・ピクチュアズ 代表取締役 塩田周三氏コメント

ポリゴン・ピクチュアズとしての初のオリジナル長編劇場アニメで相当力を入れて制作した。映像はこれまでの弊社作品よりまた一段進化したビジュアルになっており、手ごたえを感じているので、楽しみにしていて欲しい。

 

 

プロデューサー 尾畑聡明氏コメント
KIRAや攻殻機動隊のような世界に通底する日本のSci-Fiアニメを今一度世界に向けて発信したい、そんな想いから2015年に企画がスタートした。太宰治氏の「人間失格」のアニメリメイクのネタを元に、大胆にSci-Fiアクションへと昇華したら面白くなるかもしれないと考え、一気に企画を練り上げた。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US