BAND-MAID、初の海外ツアーが開幕!メキシコで1,000人以上が大熱狂

14.October.2016 | MUSIC

BAND-MAIDが10月9日(日本時間:10月10日)に「Brand New MAID」Release Tour World seriesのスタートとなる、メキシコでの初海外ワンマンお給仕(ライブ)をメキシコシティ・SALAにて開催した。当日は1,000名を超えるメキシコのご主人様・お嬢様(ファン)が集まり、BAND-MAIDの初海外ワンマン給仕に華を添えた。

img_2113

会場が暗転しメンバーがステージに姿を現すと会場のボルテージは始めから最大限にに膨張していく。「お給仕、始めます。」と初海外ワンマンのスタートを告げ、記念すべき1曲目は、YouTubeの再生回数が300万回を超える代表曲「REAL EXISTENCE」。続いて、BAND-MAIDが全世界に認知されるきっかけとなった「Thrill(スリル)」と続き、インディーズ時代の楽曲で観客を煽り、序盤よりフルスロットルで畳み掛けていく。「the non-fiction days」のイントロが始まると、会場に集まったメキシカンは狂喜乱舞といった状況になり、会場のテンションは最高潮に達した。

img_2421

お給仕終幕へ向け怒涛のパフォーマンスが繰り広げられる中、11月16日にリリースされるメジャー1stシングル「YOLO」を日本以外で初披露したBAND-MAID。「またメキシコに戻ってきます!」と彩姫が告げると、怒号にも似た歓喜の大歓声に包まれつつ、「alone」を熱唱。メキシカン達も日本語で歌い始め、会場全体で大合唱をする感動のクライマックスを迎えた。初の海外ワンマンで、初のワールドツアーの初日となったメキシコ公演は大熱狂のうち終幕した。

BAND-MAIDはこのままヨーロッパに飛び、イギリス、フランス、ドイツ、そしてポーランドと各地でお給仕を繰り広げる。目標である「世界征服」に向け、メキシコでの大成功を礎に確かな一歩を踏み出したBAND-MAID。今後の世界規模での活躍に目が離せない!

 

■Information
BAND-MAID『Brand New MAID』 Release World Tour World Series
2016/10/12(水) Underworld, England ※終了
2016/10/13(木) MTC,Germany ※終了
2016/10/15(土) Headcrash, Germany
2016/10/16(日) La boule Noire, France
2016/10/19(水) Hydrozagadka, Poland
2016/10/30(土) LUCCA COMIC, Italy
2016/11/1(火) Manga del Barcelona, Spain
2016/11/5(土)Music Zone@E-MAX, 香港

ーーー
■関連記事:メイド姿と激しい演奏のギャップに萌える、BAND-MAID
http://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/17946

■関連記事:フランスのTV局「NOLIFE」調べ!J-music人気MVランキング [2016.9.22~2016.9.30]
http://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/19667

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US