資生堂パーラー銀座本店にて新橋花柳界の祭り”東をどり”にちなんだデザート販売

18.May.2019 | FOOD / SPOT

資生堂パーラーは、銀座本店 サロン・ド・カフェにて、2019年5月16日(木)〜5月26日(日)まで“東をどり”にちなんだスペシャルメニュー「東をどりパフェ」「新橋色のアイスクリームソーダ」を販売する。資生堂パーラーとご縁の深い新橋芸者衆のお披露目の場であり、江戸の粋と華やぎを今に伝える新橋花柳界のお祭り「東をどり」にちなみ、新橋芸者の上品で粋な振る舞いをただよわせるデザートを仕立てている。

1902年(明治35年)の創業当時から得意先の新橋芸者衆。資生堂パーラーには三味線の稽古の行き来の合間にソーダ水でひと息つく芸者用に三味線置き場をレストラン内に作ったエピソードなどが残っている。

 

東をどりパフェ 1,980円(税込) 期間:5月16日(木)~26日(日)

新茶の季節、東をどりの和の雰囲気を静岡県産の抹茶“霧の音”を使い表現。爽やかなお茶の味わいを楽しめるアイスクリームとシャーベット、伝統のバニラアイスクリーム。この3種の味わいをメインにきな粉のわらび餅や白玉、フルーツを加えることで、食感や彩りも豊かに仕上げている。小粋な芸者さんを思わせる番傘もカワイイ。

 

新橋色のアイスクリームソーダ 1,130円(税込)  期間:5月1日(水)~31日(金)

明治後期、新橋の芸者さんが青緑色の着物を好み、世間にも流行したことから“新橋色”として呼ばれた。その色調を青りんご風味のシロップとレモン、ジンジャーエールで表現し、伝統のバニラアイスクリームを浮かべている。

 

初夏を彩る和のパフェと美しく涼やかな色合いのアイスクリームソーダを堪能しよう。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US