松竹×きちりコラボによる「ハイブリッドお化け屋敷」東京タワーで開催

24.June.2019 | BUSINESS / SPOT

飲食事業を展開する「株式会社きちりホールディングス」は、松竹株式会社と日本のホラーコンテンツである“Jホラー(ジャパニーズホラー)”を国内外に発信するべく、共同事業を展開。

 

松竹が展開するお化け屋敷ブランドである「松竹お化け屋本舗」は、松竹の映画及び美術スタッフが制作に関わっているため、本物の”Jホラー”として海外でも人気を集められることが期待されている。そしてきちりでは、世界無形文化遺産にも登録された和食文化に今の日本らしさというモダンな要素を融合させた新しい食文化を追求。今回のコラボにより新たな日本発のエンターテイメントが誕生する。

今回は、国内外でホラーアトラクションを20年以上プロデュースしてきた松竹が、初となるVRを導入し、VR(バーチャル)とウォークスルー(リアル)のホラー体験が一度に楽しめる「ハイブリッドお化け屋敷」を東京タワーにて開催する。松竹が展開するVRパートは、単独でも楽しめるよう設計されているため、狭い場所でも「VRお化け屋敷」の実施が可能に。

本年、同コンテンツはきちりが店舗を展開しているインドネシア、さらにはシンガポールやマレーシアなどASEAN諸国での展開も予定しており、東京タワーを皮切りに、きちりと松竹は連携して”和食”と”Jホラー”のコラボという新たな日本文化を世界へ広く発信していく。

 

今後の両社の活動に注目しよう!

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US