台中・温泉渓谷の楼閣「星のやグーグァン」オープン

05.July.2019 | BUSINESS / SPOT

山々に囲まれた谷あいに佇む温泉リゾート「星のやグーグァン」が、2019年6月30日に台湾の台中郊外にある温泉地・谷關にてオープンしました。

 

星のやブランドの海外2軒目の施設として、星野リゾートが台湾で初めてプロデュースするラグジュアリー温泉リゾートです!「温泉渓谷の楼閣」をコンセプトに掲げ、全室半露天風呂付の客室と、風と水を感じる開放的なパブリック空間、滞在シーンに合わせた料理など、谷關の自然を身近に感じられる滞在が楽しめます。また、温泉と自然をより楽しめるように台湾の文化をベースにしたプログラムも用意してあります。

 

源泉かけ流しの温泉フロアを持つメゾネット客室

すべての客室に半露天風呂が設置されていて、いつでも何度でも源泉かけ流しの温泉を楽しむことができます。ほとんどの客室がメゾネットになっており、プライベート感たっぷりの温泉フロアです。フロアの両側には窓があり、風が通り抜けるようなデザイン。風通しのよさはもちろんのこと、窓からは雄大な山々やウォーターガーデンの景色を望み、暑い時期でもさわやかな風を肌に感じながら贅沢な貸切温泉を体験できます。また、湯上がり処では、くつろぎの時間を過ごせます。リビングと寝室のフロアには天井の高さまで張られた大きなガラス窓を配しており、時間とともに移り変わる屏風絵のような風景を楽しめるのも魅力的です。

 

豊かに湧出する温泉と湧き水でデザインされたパブリック空間

パブリック空間は、豊かに湧出する温泉と台湾中央山系の湧き水でデザインされています。谷關温泉は枯渇することなく湧出しているため、年間をとおして安定的な湯量を確保。無色無味の弱アルカリ性炭酸泉で、肌への刺激が少なく、通称「美肌の湯」とも言われています。

 

星のやグーグァンには、その温泉をじっくり堪能できる大浴場があります。日本的な木質系の内湯と、独創的なデザインの露天風呂で構成されており、谷關の自然を身近に感じる開放的な空間で湯浴みを楽しめます。高台に建つ「星のやグーグァン」は、温泉だけでなく、湧き水を生かして設計。どこにいても水の気配を感じる仕掛けがあり、水路が張り巡らされたウォーターガーデンには心地よい水音が響き、水路を彩る花々や、木々の間を縫って流れる水が散策に楽しみをもたらします。温泉に入った後は、涼風が渡るウォーターガーデンを散策し、ガゼボでまどろむ、そんな心身が蘇る時間も提供します。

 

豊富なアラカルトから日本料理まで、滞在シーンに合わせた料理

温泉養生で長期滞在しても飽きない充実のラインアップ。台湾で親しまれている食材と日本料理の調理技法をかけあわせた、新たな食の魅力に出会うことができます!たとえば、チョウザメの南蛮漬け。油でいったん揚げて旨味を凝縮させることで、淡泊な味わいに変化をもたらします。酸味のきいた南蛮だれに漬けて、さっぱりと仕上げた味わいは、温暖多湿な台湾の気候とも相性抜群。調理技法だけでなく、器にも和の要素を取り入れました。九谷・備前・有田といった日本が世界に誇る陶磁器に盛られた日本料理は、五感に響き渡ります。

 

ダイナミックな自然が残る豊かな環境

谷關は 3,000メートル級の山々が連なる台湾中央山脈の麓にある温泉地。台湾中部を流れる河川「大甲渓(だいこうけい)」が削ってできた谷あいに温泉が湧出しており、日本の温泉地のような懐かしさがある一方で、今もなおダイナミックな自然が残っています。星のやグーグァンの裏手には全長1,300メートルの遊歩道があり、都会の喧騒を離れた非日常感あふれる環境に身を置いて散策を楽しめます。遊歩道の途中には谷關を一望できる展望台があり、春は桜、秋は紅葉と、季節によって異なる表情を見ることができますよ。

好みの場所で思い思いの時間を過ごすことが、星のやグーグァンならではの「温泉逗留」です。館内には、異なった雰囲気の湯浴みを体験できる客室の半露天風呂と大浴場のほか、廊下に点在しているベンチや、窓越しに緑が見える湯上がり処、光と風が通り抜けるようにデザインされたパブリックスペース「風の間」などの空間があります。

 

自分にとっての特等席を見つけて、変わっていく山々の景色をぼんやりと眺めたり、水音を感じながら散策したり、肌に優しいお湯につかったり、読書をしたりなどゆっくりと過ごせます。また、温泉逗留を彩るプログラムも用意。早朝には、森に囲まれたテラスで気功をベースにしたストレッチを実施します。夜のプログラムでは、温泉達人の説明で温泉のことと、入浴の際にできるストレッチを学んだあと、入浴前後におすすめの台湾のお茶を味わえます。

 

グーグァンでしかできない貴重な台湾文化としての温泉を楽しんでみるのはいかがですか?

 

 

RECOMMENDED ENTRIES

  • 台中に星野リゾート「星のやグーグァン」が2019年初夏開業

    30.September.2018 | BUSINESS / SPOT

    日本の伝統や文化を活かしたおもてなしを追求し、国内外に37施設を運営する星野リゾートは、 2019年初夏、台中郊外の谷關(グーグァン)温泉にて「星のやグーグァン」を開業する。

     

    バリ島・ウブドにある「星のやバリ」に続き、海外では二軒目の星のやの施設となる。コンセプトは「温泉渓谷の楼閣」。湯量豊富な温泉、山々に囲まれた谷あいに佇むロケーション、国際基準のサービスを兼ね備えた台湾初のラグジュアリー温泉リゾートだ。

     

    台中は、多様な文化を取り入れて発展した伝統とモダンが融合した都市。山々が連なり、静かな森林に囲まれた谷關温泉に「星のやグーグァン」は開業する。このエリアでは、標高3,800mを超える雪山から流れ込む大甲渓の谷あいからこんこんと水が湧き、大地のエネルギーで熱せられた水は温泉となり、豊富な湯量を誇っている。星のやグーグァンの敷地は山々に囲まれた尾根に位置し、町一帯と遠くの中央山岳地帯を見渡すことができる。

    星のやグーグァンは、谷關温泉に融和し共鳴するような建築・ランドスケープデザインを展開。森の中の散策路を彷彿させる「ウォーターガーデン」や花で彩られた水路をはじめ、大浴場・プール・スパ・ダイニング・ライブラリー、敷地内のどこにいても水を感じられるように設計されている。また、渓谷からあふれ出る湧水が林の中を流れていく水音が心地よく響き、散策に楽しみをもたらす。

     

    客室には、源泉かけ流しの半露天風呂がある温泉フロアを備えており、心地よい風を感じながら湯あみを楽しむことができる。湯上がりは、リビングや寝室などゆったりとした空間で、思い思いのひとときを。山々を望む大浴場では、木々のそよぎや湧水のせせらぎをBGMに大自然に抱かれて湯量豊富な温泉を堪能できる。

     

    ウォーターガーデンのテラスでのまどろみ、静寂の空間に佇むスパルームでのトリートメントなど、谷關温泉の豊かな自然を生かした贅沢な時間を享受できる温泉リゾートを味わいつくそう!

  • 星のや富士、富士山でラグジュアリーな「登山プログラム」を今年も開催

    10.May.2019 | SPOT

    日本初のグランピングリゾート「星のや富士」では、2019年9月1日〜9月9日の期間中の全4日程で、「グラマラス富士登山」を今年も開催。2017年から開催し、毎年好評を博している当プログラムだが、今年は星のや富士での登山前後のサポートとして特別な夕食を提供するなど、プログラム内容をさらに進化させて提供する。

     

    富士山は、多くの人が「一生に一度は登ってみたい」と思っているもの。しかし、装備の不足や、日帰り登山などのハードなスケジュールにより体調を崩し、登頂を断念するケースも少なくない。さらに、そのような情報を耳にすることで、登山経験の少ない人には装備の手間や体力の不安がつきまとい、なかなか挑戦できずにいるケースも。そこで星のや富士は、富士山5合目の登山口まで車で約1時間という立地を生かし、安心で快適に富士登山を楽しむことのできるプログラムを提供する。

    富士山は2013年に「富士山ー信仰の対象と芸術の源泉」として世界文化遺産に登録された。今も富士山周辺に点在する浅間神社、登山道の鳥居や社にも文化的奥深さをうかがい知ることができる。ただし、その文化を学び楽しむには、登山中の精神的・体力的余裕が必要。そのためにも登山全体へのサポートが必要と考え、本プログラムの開発に至った。

    登山部分をサポートするのは「富士山登山学校ごうりき」。2002年の設立以来、少人数でのツアーにこだわり、事前のカウンセリングや日中登山を採用し、徹底的に安全に配慮した富士山登山のガイドサービスを行っている。

     

    本プログラムでは、原則として登山は日中行う。登山初日の昼頃に5合目を出発し、夕方に山小屋へ到着したら翌朝までしっかり睡眠をとり、体力の回復を図る。翌日は夜明け後に山小屋を出発し、午前中に山頂に到着するスケジュールとなっている。

    宿泊する山小屋は、標高約3000mにある「海抜一万尺東洋館」。1組(5名まで)で1室を貸切利用。一般的な山小屋は、大部屋での寝袋や、二段ベッドが主流。だが、今回の部屋は、プライベートが保たれた個室となっている。さらに、星のや富士と同じリネンでベットメイクをしたマットレスを設置。また、夕食には、星のや富士監修のビーフシチューやワインが用意され、ホテルレベルのサービスを受けることができる。他にも、山小屋での足湯のサービスやガイドによる星空案内など、快適で贅沢な環境で登山を楽しめる。

     

    星のや富士では、登頂の達成感や絶景を堪能するだけでなく、富士山がもつ歴史や日本人に影響を与えた文化的背景を学び、知的好奇心を満たすことが「グラマラス」な富士登山だと考えている。一般的な富士登山に比べて時間をかけたスケジュールになっているため、山道の社でお参りをしながら、富士山信仰の足跡を辿るように進むことができる。

    また、参加者をもてなすための「星のや富士流御師料理」を今年から夕食として提供。メニューは、「ほうとう」や「せいだのたまじ」など、地元の郷土料理を参考にしたもの。

    前泊では、登山中のエネルギー補給に最適な行動食づくりをグランピングマスターのレクチャーのもと行う。ドライフルーツやナッツなど好みの食材を選び、チョコレートでコーティングしたり、砂糖漬けにするなど翌日からの登山に役立つ行動食をつくる。

    後泊では、下山後の疲れた体をやわらげるフットトリートメントとハーブバスを受けることができる。富士山登山を経験した人の声としてよく聞かれることは「登りよりも下りの方が辛い」というもの。不規則な下り坂の連続は、想像よりも足への負担がかかるため、星のや富士にチェックインをしたあと、フットトリートメントを受け、ハーブバスでくつろぐことでその疲労をやわらげる。

     

    これまでにない、贅沢な富士登山を体験してみてはいかが?

  • 全国の「星のや」で体験できる贅沢な非日常体験まとめ 2018・夏

    30.April.2018 | FEATURES / SPOT

    圧倒的非日常感に包まれる日本初のラグジュアリーホテル「星のや」では、日本ならではの様々なプログラムを展開している。今回は2018年夏に開催されるプログラムをご紹介。

     

    星のや竹富島「西表島を熟知したガイドと行くパーソナライズドツアー」

    星のや竹富島「西表島を熟知したガイドと行くパーソナライズドツアー」 

    沖縄県・竹富島にある「星のや竹富島」は、日本最後の秘境・西表島を知り尽くしたジャングルバトラーが島を案内するアクティビティツアーを開催。ツアーの内容やスケジュールは、ジャングルバトラーが要望に合わせてアレンジしてくれるそう。沖縄の原風景が残る竹富島に滞在し、亜熱帯ジャングルが広がる西表島を体験することで、八重山諸島のそれぞれの島が持つ魅力を満喫することができる。

     

    ■Information

    「西表島ジャングルバトラー」概要

    期間:通年

    定員:1日1組限定

    予約:星のや竹富島HPより7日前の17:00までに予約

     

     

    星のや軽井沢「森のほとりcafé&bar夏季限定の特別席」

    星のや軽井沢「森のほとりcafé&bar夏季限定の特別席」

    長野県・軽井沢にある「星のや軽井沢」の宿泊者専用「森のほとりcafé&bar」に、2018 年7月1日~8月31日の期間、夏季限定の特別席が登場。2席限定で設えられる特別席は、「屋根のないプライベート空間」がコンセプト。特別席で楽しめるドリンクとして、信州の夏にちなんだ3種の和テイストのカクテルが用意されている。避暑地・軽井沢の自然環境と、冷涼な気候ならではの夏の夜を満喫しよう。

     

    ■Information

    「森のほとりcafé&bar 特別席」

    期間:2018年7月1日~8月31日(除外日あり)

    時間:20:00~23:00(L.O.22:30)

    定員:2組(1組2名まで)

    対象:星のや軽井沢宿泊者限定

    料金:ドリンク代(オーダーによる)+チャージ料500円(税込・サービス料10%別)*宿泊代別

    予約:不要 *当日の空き状況により

    備考:雨天中止

     

    星のや富士「夏の狩猟肉(ジビエ)ディナー」

    星のや富士「夏の狩猟肉(ジビエ)ディナー」

    山梨県にある日本初のグランピングリゾート「星のや富士」では、2018年7月1日~8月31日、屋外ダイニングでダッチオーブンを使った体験型の食事「夏の狩猟肉ディナー」を提供する。当ディナーは、狩猟肉の「鹿肉」と「猪肉」を使用し、季節ごとの特徴を生かしたコース料理を提供しているシリーズの夏バージョン。夏は、脂がのり、他の季節と比べていっそう野趣あふれる味わいが特徴の狩猟肉と、旬を迎える7 種のフルーツを組み合わせることで、フルーツ王国山梨ならではの夏の味覚を味わう5品のコース料理を味わってみては?

     

    ■Information

    「春の狩猟肉ディナー」概要

    期間:2018年7月1日~8月31日

    時間:18:00~、18:30〜

    定員:6組18名 1名より提供可

    対象:満13歳以上の宿泊者

    料金:1名15,000円(税・サービス料10%別、宿泊代別)

    予約:前日18:00までの事前予約制

    予約方法:公式HPよりWEB予約

    *仕入れ状況により食材・メニューが変更になる場合があります。

     

    星のや東京「日本旅館で養生する2泊3日のスパプログラム・深呼吸養生」

    星のや東京「日本旅館で養生する23日のスパプログラム・深呼吸養生」

    日本旅館「星のや東京」に、2018年6月1日、都心の日本旅館で養生する2泊3日のスパプログラム「深呼吸養生」が誕生。呼吸を調えることで、慌ただしい生活で乱れがちな心身のバランスを調え、美しく健康的に過ごすための習慣が身につくプログラムとなっている。呼吸を意識しながらのストレッチや香りのブレンド体験、スパトリートメント、食事、温泉入浴などを行い、バランスを調えていくそう。呼吸の大切さに気付き、深い呼吸を無意識にできるようになることで、美しく生き生きとした心身を手に入れよう。

     

    ■Information

    「深呼吸養生」概要

    開始日:2018年6月1日

    料金:1名147,000円(税・サービス料10%別)

    定員:1日1組2名

    予約方法:HPより14日前までに予約

    対象:星のや東京宿泊者限定

     

     

    星のや京都「嵐山の夏の風物詩・鵜飼を間近で鑑賞するアクティビティ」

    星のや京都「嵐山の夏の風物詩・鵜飼を間近で鑑賞するアクティビティ」

    京都府・嵐山にある「星のや京都」は、2018年7月1日~9月23日の期間、「プライベート鵜飼鑑賞船」を今年も開催する。本企画は、当館の前を流れる「大堰川(おおいがわ)」で行われる、嵐山の夏の風物詩「鵜飼」を間近で鑑賞するアクティビティ。本企画の参加者専用にクッションなどを設えた貸し切りの船の上では、夏の嵐山の情景や歳時記を映した会席料理が提供される。また、参加者は三味線を聞きながら、シャンパンを飲み、夏の宵の船遊びを楽しむこともできる。

     

    ■Information

    「プライベート鵜飼鑑賞船」概要

    期間:2018年7月1日〜9月23日(8月16日は除外日)

    時間:19:00~(9月1日からは18:30~)

    乗船・降船場所:星のや京都

    料金:1名58,300円(税・サービス料10%別)*宿泊代別

    参加条件:星のや京都宿泊者

    定員:1日1組限定(1組2~4名)

    予約:HPより7日前までに要予約

     

     

    星のや京都「奥嵐山の納涼滞在」

    星のや京都「奥嵐山の納涼滞在」

    同じく「星のや京都」で、2018年7月1日〜8月31日の期間開催されるのは、「奥嵐 山の納涼滞在」と題した、水辺で京都の夏を楽しむ5つのアクティビティ。「奥嵐山の納涼床 (のうりょうゆか)」での催しや、夜の庭でストレッチと瞑想を行う「水辺の夜坐(やざ)」、貸し切りの屋形船で楽しむ「納涼船ブランチ」など、青もみじに彩られる奥嵐山で、涼しさや納涼という文化を旅館の滞在を通して楽しむことができる。歴史が色濃く残る京都ならではの体験を楽しんでみては?

     

     

    今年の夏は、星のやのプログラムに参加し贅沢な時間を過ごしてみては?

     

     

    ■Information

    星野リゾート公式サイト:

    https://www.hoshinoresorts.com

     

     

RELATED ENTRIES

  • 「星野リゾート界」ご当地かき氷2020今年も開催

    28.June.2020 | FOOD

    星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」が、暑い夏にぴったりのかき氷が楽しめる「界のご当地かき氷 2020」を開催する。2017年から毎年夏に開催されており、4年目となる今年もシロップや盛り付けで地域の魅力を表現したかき氷が登場。中でも特にオススメのかき氷を紹介!

     

    界 日光 見たまんまいちごかき氷(栃木県・中禅寺温泉)

    いちごの収穫量がなんと50年連続一位の栃木県。甘酸っぱいいちごのシロップとほろ苦い抹茶ソースがかけられたいちごのかき氷を、中禅寺湖や男体山など奥日光の絶景を眺めながら、標高1300メートルの避暑地で涼やかなひとときと共に味わって。

     

    界 箱根 あじさいかき氷(神奈川県・箱根湯本温泉)

    標高差のある箱根エリアは、長い期間にわたってあじさいを楽しむことができる。見ごろを迎える時期の箱根登山電車は「あじさい電車」と称され、観光名所の一つに。ゼリーやシロップであじさいを表現したかき氷は見た目も爽やか。

     

    界 仙石原 アートかき氷(神奈川県・仙石原温泉)

    周辺に美術館が多い界 仙石原では、いちごや青みかんなど鮮やかな色合いのシロップを絵の具のように使い、自分好みのかき氷を楽しめる「アートかき氷」が登場。キャンバスに見立てた真っ白な氷を、好みの色のシロップで自由に彩って、芸術的なかき氷を。

    界 アルプス りんご尽くしかき氷(長野県・大町温泉)

    信州は、全国でも有数のりんごの名産地。「りんご尽くしかき氷」は、ごろっとした果肉の食感を味わえるシロップと香り豊かな青りんご「ブラムリー」のシロップを氷で覆い、最後に上から「紅玉」のシロップがかけられたその名の通り“りんご尽くし”な一品。

     

    界 出雲 生姜かき氷(島根県・玉造温泉)

    風味、香り、爽やかな辛味が特徴の生姜。「娘やるなら出西郷へ、生姜の匂いで風邪ひかぬ」と島根の民謡で唄われており、風邪の予防に使われてきた。甘さの中にピリッと香るシロップで暑い夏も乗り越えよう。

     

    界 阿蘇 トマト尽くしかき氷(大分県・瀬の本温泉)

    夏に旬を迎えるトマトを使ったかき氷。甘酸っぱい味と鮮やかな赤色がなんとも印象的。トマトは低カロリーでさまざまな栄養成分が豊富な健康野菜で、ビタミンCやビタミンEなどがバランス良く含まれている。トマトのパワーで爽やかな夏が過ごせそう。

     

    他にも気になるかき氷が目白押し。「星野リゾート 界」に是非足を運んで。

  • 絶景カフェ!沖縄の海カフェ「星野リゾート バンタカフェ」オープン

    27.June.2020 | SPOT

    星野リゾートは、沖縄県・読谷村に圧倒的な絶景とスケールを誇る海カフェ「星野リゾート バンタカフェ」を2020年7月1日にグランドオープン。
    海を見渡す崖の上から浜辺へと続く敷地内には個性豊かな4つのエリアがあり、その日の気分で見つけたお気に入りの場所で、マンゴーにパイナップル、黒糖などを使ったスイーツや、気軽に味わえるフードを楽しむことができる。

     

    海を見渡す崖に立つ国内最大級の海カフェ

    バンタカフェは、那覇空港から車で1時間ほど沖縄県中部エリア、読谷村の西海岸沿いに位置する。沖縄の方言で魚の影を見つけるために登る崖や大きな岩を「イユミーバンタ(魚を見る崖)」と呼び、海に面したイユミーバンタの上に立つことから、「バンタカフェ」と名付けられた。崖の上からは、どこまでも広がる水平線を一望でき、崖の下に降りれば波が足元に迫る臨場感を楽しむことができる。敷地面積は1600㎡を有する国内最大級の海カフェ(星野リゾート調べ)。

     

    その日の気分で選ぶ個性豊かな4つのエリア

    入り江に沿うように広がる敷地には、水平線を臨む崖の上や浜辺へと続く崖の斜面、浜辺の植物が生い茂る岩陰など、自然海岸の地形を活かした4つのエリアがある。エリア内には、回遊できる散策路もあり、お気に入りの席を探せるほか、そのまま浜辺へ出ることもできる。

     

    パノラマの絶景が迎える「大屋根デッキ」

    エントランスの先には、絶景が広がる「大屋根デッキ」。水平線を一望できる半屋外のフロアは、船のデッキにいるような非日常感がある。大屋根デッキでは、深い庇が心地よい日陰をつくり、波の音と風の音が響き渡る。

     

    のんびりと海風を感じる「海辺のテラス」

    崖の上から浜辺へと続く散策路にある「海辺のテラス」は、海との距離が近く開放感のあるエリア。琉球畳をモチーフにした床材に座布団が置かれたカバナが点在し、海を眺めながらのんびりとおしゃべりを楽しむ、沖縄らしい時間を過ごすことができる。

     

    荒々しい自然の中に潜む「岩場のテラス」

    自生する植物に囲まれた「岩場のテラス」は、自然によってつくられた秘密基地のような空間。気軽に腰かけられる段差のあるウッドデッキやロッキングチェア、大きな岩が張り出す岩陰のテーブル席など、大人もワクワクした時間を楽しもう。

     

    ソファに寝転んで海を眺める「ごろごろラウンジ」

    壁一面に広がる窓から海が眺められる「ごろごろラウンジ」では、ゆったりとしたソファでゴロゴロしながら寛ぐことができる。窓に沿って長いテーブルもあり、地図やガイドブックを広げて旅の計画を立てるのもオススメ。

     

    沖縄らしさを感じる鮮やかなカフェメニュー


    ぶくぶくソーダジュレ

    ふわふわの泡とカラフルな水玉模様が特徴の「ぶくぶくジュレソーダ」は、沖縄の伝統的なお茶「ぶくぶく茶」からアイデアを得たドリンク。レモングラスやミントなどハーブが香るソーダの中に、マンゴーやハイビスカスのジュレが浮かび、南国らしい味わいとぷるぷるの食感を楽しんで。

    ちゅらーと

    ジェラートと沖縄の方言の「ちゅら(美しい)」をかけて名付けた「ちゅらーと」は、パイナップルやグァバ、黒糖に落花生(ジーマーミ)など、沖縄で親しまれている食材を使ったジェラート。紅芋やゴーヤのチップス、ちんすこうなどのトッピングを使ってデコレーションが楽しめる。

     

    フードメニュー


    ほろ苦いゴーヤがアクセントのチーズたっぷりな「うちなーピザトースト」、沖縄のソウルフードともいえる「ポーク玉子おにぎり」、ジューシーなソーセージを挟んだ「ホットドック」などの片手で気軽に味わえるメニューの他、マンゴーソースで味わう小エビのフリットやフライドチキンなどのスナックも揃う。

     

    日の入りに合わせた営業時間


    バンタカフェの自慢は、サンゴが育つ自然海岸を臨む絶景。どこまでも広がるコバルトブルーの海や、波に削られた大きな奇岩、そして目の前の海に日が落ちる夕刻のドラマチックな景色も格別!営業時間は、日の入りの時間に合せて変わり、サンセットタイムには夕焼けを映し出したカクテルを提供する。

     

    「星野リゾート オールーグリル」を併設


    バンタカフェに併設して、本格的なグリルレストラン「オールーグリル」をオープン。「オールー」とは沖縄の言葉で「青い」という意味。どこまでも続く青い海を臨む店内では、泡盛や黒酢を合わせたオリジナルソースで味わう薪焼きのステーキにシーフード、ランチでは肉厚ジューシーなパティのハンバーガーが楽しめる。

     

    沖縄らしさを存分に楽しめる「星野リゾート バンタカフェ」で、新しい沖縄の魅力を感じてみて。

  • ロールアイスクリームファクトリー、台北 SOGO「美食物産展」に出店

    25.June.2020 | FOOD

    ロールアイスクリーム専門店「ROLL ICE CREAM FACTORY(ロールアイスクリームファクトリー)」が2020年6月23日(火)〜7月5日(日)まで、台湾・台北市の百貨店、遠東そごう忠孝店で行われる「美食物産展」に出店する。

    台湾は早期から新型コロナウイルスの抑え込みの対策をとり、累積の死者は10人以下と、世界で最も防疫に成功した国と言われている。台北も平穏な日常を取り戻しつつあり、同市の日本系百貨店である「そごう」では6月23日から美食物産展が開催されることとなった。

    親日家が多いと言われる台湾では、毎年行われる同イベントに多くの人が集まる。日本を代表する人気スイーツ・アイスクリームショップとして「ROLL ICE CREAM FACTORY」の出店が決定。台湾でも日本のカワイイカルチャーは人気があり、日本でも人気のある「ROLL ICE CREAM FACTORY」へのオファーにつながった。

    台湾では抹茶味のスイーツ人気が高く、「抹茶キス」や1番人気のフレーバー「クッキーモンスター」などを提供する予定。

     

    日本らしいきめ細やかなトッピングを施したアイスクリームを堪能しよう!

  • 台湾 星のやグーグァン、米旅行雑誌の「2020 Hot List」に選出

    25.May.2020 | SPOT

    星野リゾートが運営する「星のやグーグァン」は、2020年5月5日に富裕層向けの米国旅行雑誌『コンデナスト・トラベラー(Condé Nast Traveler)』において、旅行業界で権威のあるランキングの一つと言われる「2020 Hot List」に選ばれた。

     

    『コンデナスト・トラベラー』は、旅行・ホテル・レストラン・買い物の最新情報を紹介する、北米富裕層向けの米国旅行雑誌。「2020 Hot List」とは、2019年に世界34の国と地域で開業した宿泊施設の中から、同誌の編集者によって選ばれたリストとなっており、星のやグーグァンは「The Best New Wellness Resorts in the World」に選ばれている。

     

    星のやグーグァンは、日本国内外で42施設を運営している星野リゾートが、台湾で初めてプロデュースするラグジュアリー温泉リゾート。「現代を休む日」をコンセプトに非日常の滞在を提案する「星のや」ブランドの海外2軒目の施設として、2019年6月30日に台湾第二の都市、台中の郊外にある温泉地・谷關(グーグァン)に開業した。深い渓谷がもたらす湧水と豊かな温泉を活かした、自然に共鳴するような建築・ランドスケープデザインが特徴。全室半露天風呂付の客室と、風と水を感じる開放的なパブリック空間、滞在シーンに合わせた料理など、谷關の自然を身近に感じられる滞在を提案するほか、谷關の自然と文化を楽しむプログラムも用意している。

     

    台湾に出かける際は、星のやグーグァンでリゾート気分を味わってみては?

  • 台湾で開催中の「BEAMS JAPANのポップアップストア」9月まで出展延長

    25.May.2020 | FASHION / SPOT

    株式会社ビームスは、2020年3月10日(火)より台北・信義の「微⾵南⼭アトレ」で開催している、BEAMS JAPANのポップアップストア「ビームス ジャパン ポップアップ ストア 微風南山アトレ」の出店期間を9月13日(日)まで延長する。

    「ビームス ジャパン ポップアップ ストア 微風南山アトレ」は日本での人気アイテムに加え、BEAMS JAPAN初となる台湾企業とのコラボアイテムの品揃えが特徴。現地での好評をうけ、予定していた5月16日(金)までの出店期間を9月13日(日)まで延長する。

    ポップアップストア限定アイテムは、愛知県瀬戸市<中外陶園>が焼き上げた磁器の「招き猫」、兵庫県神戸市<九十九(つくも)>が手掛けるハンドメイトの「ビーチサンダル」などをタピオカ柄にアレンジした台湾バージョン。「招き猫」はオープン即日で初回入荷分を完売した。

    また、BEAMS JAPAN初の台湾企業とのコラボでは、食雑貨のセレクトショップ<神農生活>と開発した、特徴的な「乾杯・台湾」の文字を配する「グラス」「前掛け」「Tシャツ」や、台湾の伝統的なメッシュバッグを2ウェイ仕様にした「ナイロンバッグ」を用意。さらに人気ドリンクスタンド<春陽茶事>が店内にブースを構え、日本にちなんだBEAMS JAPAN限定ドリンクを販売している。

    これまでBEAMS JAPANは、日本各地のモノ、コトを独自視点の商品企画やコラボレーションで広く発掘、紹介してきた。
    BEAMSは2013年から台湾に出店し、現在は海外子会社のもと「ビームス 台北」「ビームス 微風南山アトレ」「ビームス アウトレット 林口」の3店舗を営業し、2018年には公式サイトとオンラインショップも開設している。今回のポップアップストアはすでにBEAMSを知る台湾の人たちに、BEAMS JAPANの魅力を新たに届けることを狙っている。

     

    BEAMS JAPANは、2016年にフランス・パリのマレ地区を皮切りに、2017年はカナダ・バンクーバー、2019年にはアメリカ・ロサンゼルスでポップアップストアを実施し、海外における事業展開のテストマーケティングを行っている。

     

    日本カルチャーを新しい視点で切り取った、BEAMS JAPANで新しい日本に触れてみては。

  • 「星のや京都」で京文化に触れる、3密のない優雅な一日

    19.May.2020 | SPOT

    京都市内から車で約30分、京都府・嵐山にある全室リバービューの旅館・星のや京都が、ストレスを感じる日々が続く中、久しぶりに優雅な時間を過ごし、元気を取り戻してほしいという想いから、奥嵐山という立地を生かし3密のない滞在を提案。車で行ける範囲で少し気分転換をと考えている人々のために、館内で京文化を楽しめるおもてなしを提供している。

    ホテルの入り口である舟待合から専用の舟に乗り、窓を開放して心地よい風と景色を楽しみながら部屋に向かう。チェックインも客室で行うので、他の宿泊客と関わることがない環境。

    続いては客室。星のや京都が位置する嵐山は、かつて平安貴族の別荘地として栄えた場所となっており、庭を中心として設計された25室の客室全てが大堰川(おおいがわ)に面したリバービュー。窓を開けると渓谷を流れるさわやかな風を感じることができる。伝統文様が美しい「京唐紙」の壁紙や、星のや京都オリジナルの「畳ソファ」など、いたるところに京文化がちりばめられている客室は、快適性だけでなく優雅な滞在を演出してくれる。

    また、気持ちを整える「写経」、作法を気にせず好きな場所で抹茶を楽しむ「野点籠(のだてかご)」の貸出なども行っており、気分に合わせたアクティビティを通して、他人を気にせず京文化に触れることができる。

    夕食はメインダイニングもしくは客室内でとることができる。半個室のメインダイニングでは、「五味自在」をコンセプトにした、奥嵐山の季節の情景を写した全9品の会席料理を提供。一方客室内での食事は、八寸や炊き合わせなどの一品料理に加え、おひつに入ったお米や出汁にこだわった椀など、旬の食材を使った料理を詰め合わせた「松花堂弁当」が味わえる。また、朝食はたっぷりの旬野菜を料理長特製の出汁で味わう朝鍋が客室にて提供される。

    開放的な自然の中で京文化を楽しめるアクティビティも魅力的。これからの季節は北山杉で作った糸を使用した柔らかな風合いの蚊帳を設置し、呼吸法と瞑想を取り入れたストレッチ「水辺の夜坐(やざ)」を開催予定。行動が制限される今、大きな移動を伴わずに足が運べる奥嵐山。のんびり景色を眺め、美味しい食事を食べて優雅な時間を過ごしてみては。

  • 星のや京都 梅雨の情景を日本料理と楽しむ京会席の提供開始

    16.May.2020 | FOOD

    京都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、2020年6月1日(月)〜7月31日(水)の期間、ダイニングにて「初夏の涼を味わい、梅雨の情景を楽しむ」をテーマにした全9品の会席料理を提供する。6月は水無月と呼ばれるほど日中は暑くなるが、夕暮れ時は涼しく、涼暮月(すずくれづき)とも呼ばれる。旬の食材のみずみずしさだけでなく、料理が表現する梅雨の情景や初夏の緑の香りからも涼を感じることができるだろう。

     

    星のや京都のダイニングのコンセプトは「五味自在(ごみじざい)」。五味は甘酸辛苦の5つの味を指し、五色五法と合わせて日本料理の基礎とされている。祇園の割烹料理店の長男に生まれ、海外でも修行を重ねてきた総料理長の久保田は、日本料理の基礎を重んじながらも食材や調理法を自在に取り合わせ、次世代を担う日本料理を提供している。

     

    初夏の情景を目で見て楽しむ八寸「涼暮月の肴核」

    八寸は初夏の情景を表現しており、6月に京都市内の寺社で行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」をイメージした。この八寸では、夏越の祓の時期に暑気払いで食べられる和菓子の「水無月」を香り高い胡麻豆腐で表現し、鮎の出汁とジュンサイでさっぱりと仕立てられている。
    他には、笹に蛍が留まった様子を表現した「蛍羹(ほたるかん)」や、食感のよい蓮根とスモークしたサーモンをあわせた「蛇籠蓮根」などがあり、初夏の情景を目で見て楽しむことができる。

     

    初夏の野菜の甘みを味わう先付「賀茂茄子の涼味寄せ」

    先付では、初夏の野菜のみずみずしい旨味を味わう。たっぷりと出汁を含ませた賀茂茄子に、焼いて甘みを引き立たせたパプリカをアイスクリームにして合わせ、濃厚な甘みが特徴の赤雲丹や生姜のフォーム、食感のアクセントとして新蓮根を添えた。器は佐々木伸佳氏の「レース紋様鉢」。複雑で繊細なレース紋様が特徴だ。ガラスの器が料理の涼しさを演出する。

     

    紫陽花の花に見立てた椀物「鱧紫陽花見立て」

    椀物は、脂がのった鱧の上に鱧のすり身と葛水仙を乗せて紫陽花が咲く様子に見立てた。梅雨明けが旬の鱧は、梅雨の水を飲んで美味しくなると言われており、7月にある京都の祇園祭りは鱧祭りとも呼ばれる。吸地は鰹と鮪、昆布で取ったこだわりの出汁に鱧の焼き骨を加え、香ばしく仕上げる。

     

    青々とした緑の香りを味わう焼き物「若鮎塩焼き」

    焼き物は初夏を代表する食材である鮎を塩焼きにして提供。鮎は香魚とも呼ばれ、初夏の緑の青々とした香りを味わえるのが特徴。炭火で時間を掛けて焼きあげることで、頭と尾は香ばしく身の部分はふっくらと仕上がる。

     

    初夏の自然からの贈り物を味わうデザート「サクランボのミルフィーユ」

    デザートのミルフィーユは、初夏の自然からの贈り物であるサクランボを使う。サクランボは、香りが柔らかいアカシアのハチミツと和えてローストし、甘みを凝縮。サクランボの香りがほのかに香る生クリーム、アーモンドのビスキュイ、カスタードクリーム、食感のよいパイが重ねられ、さまざまな食感を楽しむことができる。ミルフィーユに添えているのは、トンカ豆のアイス。トンカ豆はサクランボと同じバラ科で香りの相性がよいため、香りの調和を楽しむことができる。

     

    梅雨の時期ならではの味わいを「星のや京都」で楽しもう。

  • 竹富島で暮らすように滞在する「星のや竹富島」 からワーケション滞在プラン登場

    27.March.2020 | SPOT

    沖縄県・竹富島にある滞在型リゾート「星のや竹富島」は、2020年3月18日(水)〜6月30日(火)の期間限定宿泊プラン、「竹富島で暮らすように一ヶ月滞在する 南風(ぱいかじ)ワーケーション滞在」を販売する。

    琉球赤瓦の街並み、石垣に囲まれ珊瑚の砂が敷かれた小路。誰かがつま弾く三線の音色と、ゆったり流れる島時間。竹富島は沖縄の原風景ともいえる街並みや自然が今も色濃く残り、上質な伝統文化が息づく特別な場所。星のや竹富島の客室は「風の家」と呼ばれ、島の伝統建築を踏襲した一戸建て。幸せを運ぶと伝わるあたたかな南風(ぱいかじ)が吹き抜ける。テレワークや在宅勤務の人々が多い今、折角ならこの稀有で美しい島で快適に仕事や休日を楽しんでもらいたいと考え、本プランの販売を開始する。そして、ワーケーションでの滞在時に必要なアメニティも用意した。

    一戸建てのプライベート感がある客室は、まるで自分の家に住んでいるかのように居心地がよく、敷地内は無線Wi-Fi完備なので仕事も可能。プリンター・コピー延長コードなども揃っており、仕事をするのもピッタリな環境に。さらに竹富島はスギやヒノキがないため、花粉症の方も煩わしさから解放され、快適に過ごすことができる。

    どこまでも青く透き通る海と広い空。3月には海開きもあり、春から海で泳げることもこの時期ならではの魅力。圧倒的非日常な空間で初夏を感じるくらい暖かい気候の中で、優雅なひとときを体験してみてほしい。

  • 福島県「猫魔スキー場」裏磐梯エリアでGWまでスキーを満喫しよう

    25.March.2020 | SPOT

    裏磐梯(うらばんだい)エリアの北斜面に位置するスキー場「星野リゾート 猫魔スキー場」は2020年3月30日(月)より、ゴールデンウィークまでスキーを満喫できる「春猫魔〜ネコマへGO!GO!GO!〜」を開催する。

    春の猫魔スキー場では、はいシーズンに負けないくらい締まった圧雪バーンに加え、パークやコブなどの春ならではのバーンが楽しめる。春猫魔では、早朝の締まったバーンを楽しめるよう5時55分からのリフト運行など、春ゲレンデをより満喫できる取り組みを実施していく。日本百名山である磐梯山(ばんだいさん)や猪苗代湖(いなわしろこ)の絶景を望みながらライディングを楽しもう!

     

    春猫魔〜ネコマへGO!GO!GO!〜

    期間:2020年3月30日(月)〜5月6日(水)

    時間:

    平日 7:30〜15:00

    土日祝 5:55〜15:00

    リフト料金:1日券 大人3,818円、中高生3,091円、小学生1,909円(税別)

    備考:気象状況などにより、期間や時間が変更する場合があります。

     

    春のアルツ磐梯のゲレンデも特別に滑走可能

    2019-20シーズンに、猫魔スキー場とアルツ磐梯結ぶ雪上徒歩ルートが開通。専用のゲートをくぐり約15分ブナ林を歩くと、磐梯山と猪苗代の絶景が広がるアルツ磐梯の最奥部のゲレンデに到達する。アルツ磐梯は3月29日に営業が終了するが、標高が高い最奥部のゲレンデには4月になってもまだまだ滑るには十分な積雪が残っているため、アルツ磐梯の営業終了後も一部のリフトを運行。天気が安定する春だからこそ、春の散歩と美しい景色の中での滑走が楽しむことができる。春時期のアルツ磐梯は、猫魔スキー場からの雪上徒歩ルートでしかアクセスできない特別なコース。

     

    期間:2020年3月30日(月)〜雪がなくなり次第終了

    ゲート解放時間:10:00〜13:30(猫魔スキー場からの最終入場は12:00)

    料金:無料

    運行リフト:霧氷チェア

    滑走可能コース:フローズン1、2、3、ピーク3下部、ピーク4下部

    備考:猫魔スキー場で当日有効な一日券が別途必要

     

    春限定のテラスもオープン

    春の陽気の中、ゲレンデを麓からのんびりと眺めながら過ごせる「猫魔テラス」がオープンする。テラスではバー営業も行い、早朝の滑走を思う存分楽しんだ後、休憩がてら飲み物を片手に仲間との談笑を楽しめる。ゲレンデの雪景色を望みながら過ごせるのは、日中の気温が上がるこの時期だけの贅沢な時間を楽しもう。

     

    春の猫魔テラス

    時間:10:00~14:00
    料金:アルコール454円、ソフトドリンク182円(税別)
    場所:猫魔スキー場センターハウス

     

    また、春猫魔を楽しむ、春割り共通シーズン券も販売される。3月1日(日)から利用ができるため、まだまだ滑り足りない方も、たっぷり滑ることができる。3月1日(日)〜29日(日)の期間は、国内最大の規模のゲレンデが広がるアルツ磐梯でも利用ができ、両ゲレンデ併せて、総ゲレンデ面積189ヘクタール、26コースを滑ることができる。

     

    販売期間:2020年2月1日(土)〜5月6日(水)

    価格:

    大人 20,000円 20歳〜23歳 10,909円 中高生 10,909円、小学生10,000円(税別)

    利用可能期間:2020年3月1日(日)〜5月6日(水)

    販売窓口:アルツ磐梯・猫魔スキー場公式ホームページ、アルツ磐梯・猫魔スキー場チケット売り場

    備考:販売価格は2019年3月時点の学年・年齢が適用される

  • グランピングリゾート「星のや富士」、満開の桜と富士山を満喫する贅沢ステイプラン発売

    24.March.2020 | FOOD / SPOT

    日本初のグランピングリゾート「星のや富士」では、2020年4月7日〜4月21日まで桜と富士山麓を満喫できるこの時期ならではの贅沢なお花見旅を紹介する。期間中は施設内の特等席でお花見をしながら桜のスイーツを食べる「桜アペロ」や、キャビンで自然の絶景を眺めながら食べるグランピングカレー、組数限定でプライベート感あふれる屋外ダイニングでの狩猟肉ディナーなど、滞在を通してプライベート感あふれる春旅を楽しむことができる。

     

    「星のや富士」は日本初のグランピングリゾート。自然と触れ合えるクラウドテラスや、年中快適に過ごせるキャビン・グランピングマスターが提案するアウトドア体験を楽しむことができる。街中でのお花見が難しい昨今の状況下では、それでも今しかない麗らかな春の季節を大切な人と安心して過ごしてほしいという思いと、星のや富士でしか体験できない「桜と富士山麓の風景」を楽しんでほしいという思いから、星のや富士では、桜と富士山麓を満喫できる特等席とも感じてもらえるような、特別な滞在を考えた。

     

    スイーツ片手に夕暮れ時の桜を鑑賞「桜アペロ」

    美しい自然を眺めながら一息つける「桜アペロ」。「桜アペロ」は桜の開花時期限定の催しで、星のや富士のキャビンエリア内にある、大きな桜の木が並ぶお花見に最適な場所で行われる。抹茶ミルクや抹茶を使ったカクテルと桜餅を片手に、夕暮れ時の桜を鑑賞する夕食前のひとときを楽しもう。

     

    テラスリビングで楽しむお花見

    星のや富士のキャビンは、アウトドアライフを快適に楽しむために設計された。自然との一体感を味わえるよう、壁一面の窓に向かってスコープのような作りになっていて、キャビンの3分の1を占めるテラスリビングへ繋がっていく。一日中自然を近くに感じながら過ごせるよう、ファイヤープレイスと炬燵を設け、夜まで気持ちの良い滞在を楽しむことができる。中には桜を眺められるキャビンもあり、間近に広がる春の景色を独り占めできる。

     

    ディナーは富士山の溶岩プレートで作るオリジナルカレー

    星のや富士では、キャビンや森の中のダイニングでアウトドア料理をラグジュアリーに楽しめる。キャビンでゆっくり過ごしたい人は、テラスリビングでの「グランピングカレー」がおすすめ。牛肉と野菜を自分で富士山の溶岩プレートでグリルし、5種類のスパイスを好きに組み合わせてオリジナルの味に仕上げる。また、組数限定の屋外ダイニングでは狩猟肉ディナーを提供。春はさっぱりとした肉質になる猪や鹿を、山菜や筍などとともにグランピングマスターとダッチオーブンで仕上げる。デザートは桜のアイスクリーム。自身でフレッシュないちごを火にかけて果実のソースを作り、桜のアイスクリームにかけて召し上がれ。トッピングの抹茶のクランブルが味と食感にアクセントをもたらす。

     

    星のや各施設では、今般の新型コロナウイルスによる感染への対策の一環として、ゲストの健康と安全並びに公衆衛生を考慮し、客室及びパブリックエリアの除菌清掃の対応・館内各所での除菌用アルコールの設置・スタッフの健康と衛生面の管理徹底を行なっている。

     

    出かける際は個人でできる範囲の予防をしっかりと行い、春の行楽を楽しもう。

  • 星野リゾート、北海道・白老町に「界 ポロト」2021年冬開業予定

    20.March.2020 | SPOT

    日本の伝統や文化を活かしたおもてなしを追求し、国内外に42施設を運営する星野リゾートは、北海道・白老(しらおい)町と2018年6月28日に締結した「パートナーシップ協定書」に基づき、温泉旅館を開業。その施設名称を「星野リゾート 界 ポロト」に決定した。界 ポロトは、星野リゾートが全国で16施設を展開する温泉旅館ブランド「界」としては19軒目。北海道では占冠村にある「リゾナーレトマム」、旭川市にある「OMO7旭川」に続き3軒目となる。界 ポロトは、2021年冬に開業を目指しており、設計は建築家の中村拓志(なかむらひろし)氏が手掛ける。

     

    世界的にも珍しい植物由来の有機物を含有する「モール泉」が湧出する白老温泉。界 ポロトは、野鳥等も生息する北海道の天然林に囲まれたポロト湖畔に面し、全客室レイクビューとして、宿泊施設からでも四季折々に色づく景色を楽しむことができる。

    「王道なのに、あたらしい。」をテーマに全国に展開する温泉旅館ブランド「界」は、その土地、その季節でしか出会えない日本ならではのおもてなしと、心地よい和にこだわった快適な空間を提供しているが、界 ポロトは、白老町及び隣接する民族共生象徴空間「ウポポイ」の関連団体と連携をとりながら、アイヌ文化を尊重し、ゲストがアイヌ文化や異なる民族との共生を体感することのできるよう、こだわりのおもてなしを提供していく予定だ。

     

    2020年4月24日に北海道白老町のポロト湖畔に誕生する民族共生象徴空間「ウポポイ」。愛称「ウポポイ」はアイヌ語で「(おおぜいで)歌うこと」を意味している。
    ウポポイは、存立の危機にあるアイヌ文化の復興・発展の拠点となるナショナルセンターとなっており、主な施設としては、「国立アイヌ民族博物館」と「国立民族共生公園」がある。国立アイヌ民族博物館は、先住民族アイヌを主題とした日本初の国立博物館で、アイヌ民族の視点で語る多彩な展示で歴史や文化を紹介する。国立民族共生公園は、多様なプログラムを通じてアイヌ文化を学ぶことができるフィールドミュージアムとなっており、ユネスコ無形文化遺産に登録されているアイヌ古式舞踊の上演・木彫や刺しゅうなどの製作体験、食や伝統芸能体験などのアイヌ文化を体感することができる。

     

    設計は建築家の中村拓志氏が手掛ける。ポロトとはアイヌ語で大きな湖を意味し、界 ポロトは、この湖を敷地内に大胆に引き込んだ湖上の建築。白樺林のロビーでは湖から樽前山へと続く雄大な風景がゲストを出迎える。

    湖面にはアイヌの建築方法である、丸太組みの三脚構造を再解釈した「カシ」と呼ばれる湯小屋が集落の様に佇む。まるで湖に浸かっているかのような露天風呂は、モール泉を心行くまで満喫でき、「ココロカムイ」(温泉の神)に感謝を捧げる神聖な空間。アイヌの人々の暮らしや自然観、家族観から学び、現代にあった新しい形で再現したデザインとなっている。

     

    旅する地域を深く知ることができる「界」ならではの旅を楽しもう。

  • 星のや京都、優雅に泳ぐ金魚を愛でる「金魚Bar」を期間限定オープン

    07.March.2020 | SPOT

    京都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」では、2020年7月1日~8月31日の期間限定で、Salon & Bar 蔵を「金魚Bar」にリニューアルする。

     

    金魚Barは、金魚が優雅に泳ぐ姿に涼を見出してきた日本の風習にならい、天井からガラスの金魚玉を吊り下げる。そして、金魚が泳ぐ影であそぶ金魚の影すくいなどの仕掛けを通して金魚を愛でることで涼を味わい、奥嵐山の夏の夜を心地よく楽しむ空間を演出する。

     

    奥嵐山で納涼を楽しむ「金魚Bar」

    星のや京都では夏の涼を楽しむために、Salon & Bar 蔵を「金魚Bar」に期間限定でリニューアル。金魚Barでは、金魚が入ったガラス玉が天井から吊り下げられ、提灯のやわらかな灯りに照らされた金魚が宙を舞うように泳ぐ。また、オリジナルのカクテルや、金魚の影であそぶ金魚の影すくいなどを楽しむことも。

    星のや京都が位置する嵐山は平安時代の貴族たちに避暑地として親しまれた場所。金魚Barでは、古くより創意工夫をして夏の暑さのなかに涼を見出してきた京都の人々にならい、金魚を愛でることで涼を味わう。

     

    生きた伝統工芸、金魚を愛でる

    天井から吊るされた金魚玉から見える金魚。かわいらしい丸みを帯びた金魚は上から、可憐な長い尾びれをもつ金魚は横から眺めて楽しめるよう、視線に合わせて金魚玉を吊るしていく。キラキラと金魚玉に反射する光を受けて、涼しげな水の中を優雅に泳ぐ金魚を心ゆくまで眺めよう。

     

    金魚を愛でながら楽しむオリジナルカクテル

    オリジナルカクテルとして、「浮草」と「京鹿子」を提供。「浮草」は、木の芽とミントのクラッシュゼリーに、レモンのリキュールとスパークリングワインを加えており、柑橘やハーブの爽やかな香りのあとに、ワインの香りが広がる。また「京鹿子」は、ヨーグルトのグラニテ*2にいちご、赤紫蘇のリキュールを合わせ、発泡純米酒である「吃驚(びっくり)仰天」を注ぐ。

     

    色どり豊かなカクテルを片手に金魚を眺めながら、夏の夜のひとときを過ごしたい。
    *2:シャンパーニュや果物の果汁をシャーベット状に凍らせたもの。

     

    童心に帰ってあそぶ「金魚の影すくい」

    金魚が泳ぐ影であそぶ、「金魚の影すくい」では、水槽の上には和紙が張られ、水槽で泳ぐ金魚の影が柔らかい灯りによって映し出される。童心に帰って夏の風物詩である金魚すくいを楽しみながら、和紙に映し出される水の波紋や優雅に泳ぐ金魚の影を眺めてゆったりとした時の流れを感じよう。

    TALENT PROFILE

    80KIDZ

    2007年に結成。自主制作で2枚のMIX CDをリリース後、様々な国内外アーティストとの共演を経て 楽曲制作を開始。オリジナル楽曲やリミックスがSNSを通じて瞬く間に話題となり、初期作品集の12インチシングル「DISDRIVE EP」(2008)は 即完売を記録。以後、フルアルバム5作品、リミックス集やダンストラック集をリリースし、DJ/ライヴアクトとしても精力的に活動を続け、様々なシーンの垣根を越えて活躍中。 SOUND CLOUD:https://soundcloud.com/80kidz-official

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US