米津玄師「Lemon」徳島県・大塚国際美術館にて特大ジャケットの陶板展示が決定!

05.July.2019 | MUSIC / SPOT

数々の記録を更新し続ける米津玄師「Lemon」。2018年3月リリース作品として、2018年の上半期ランキング、年間ランキングを席巻してきたが、今年、2019年上半期ランキングにおいても1位を獲得し、アーティストランキングと合わせて計25冠を達成した。MVは、日本人アーティストとして初の4億再生を突破し、今もなおその記録を更新中である。

photo by 山田智和

米津は今なお広がり続ける「Lemon」について、「ありがたいことです。とっくの昔に自分の想像を飛び越えた曲になっていましたが、一体どこまでいくんだろうか、と興味深く感じています。自分の曲という意識はもうほとんどありません。末長くみんなに愛される曲になっていってほしいです。」とコメントしている。

今回は「多くの方々からLemonを大切に育てて頂いた事への感謝の形」として、米津自身がイラストを描いたジャケットそのままに、特大サイズの「Lemon」スペシャル陶板を製作。7月30日より、大塚国際美術館にて展示されることが決定した。

陶板は、退色劣化しないため2000年先の未来までこのままの色と形を残すことができる。ぜひ足を運んでみてほしい。

RELATED ENTRIES

  • 米津玄師「馬と鹿」6週連続ダウンロードチャート1位獲得!旅するデカジャケ 次の開催地は名古屋

    29.September.2019 | MUSIC

    米津玄師ニューシングル「馬と鹿」が止まらない。

     

    9/23付Billboard JAPAN総合チャート「JAPAN HOT 100」において「総合1位」を達成し、”ソロアーティスト史上最高ポイント”となる42,603ptを獲得、9/23付オリコン週間シングルランキングにて自己最高記録となる41.2万枚のセールスを記録した「馬と鹿」だが、デジタルランキングでは、9/30付Billboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”および 9/30付オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングで1位を達成。これで「6週連続1位」を獲得したこととなり、記録を伸ばし続けている。

    また、合わせて、シングル発売後2週目となる9/30付Billboard JAPAN総合チャート「JAPAN HOT 100」では総合2位を獲得。ラジオチャート2週連続1位、動画再生数1位、ダウンロードチャート1位という全3冠を獲得するなど幅広い面で「馬と鹿」が広まっていることを証明する結果となった。

     

    さらに、巨大な「馬と鹿」CDが各地を巡る“旅するデカジャケ”企画の次なる目的地が決定。大阪の次は名古屋にて実施が決定となり、開催場所が発表となった。随時twitterアカウント「@tabi_dekajake」にて情報を発信していくため、こちらもチェックしよう。

  • 米津玄師「馬と鹿」41.2万枚のセールスを記録!”旅するデカジャケ”次回の開催地も決定

    17.September.2019 | MUSIC

    9月11日にリリースを迎え、主題歌を務めた日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」が感動的な最終回を終えたばかりの米津玄師「馬と鹿」。9月23日付オリコン週間シングルランキングにて自己最高記録となる41.2万枚のセールスを記録したことが発表となった。ソロアーティストの初週40万越えは2006/6/12付で記録した山下智久「抱いてセニョリータ」以来なんと13年3ヵ月ぶりの記録更新となり、令和の時代にまた新たな記録を打ち立てる結果となった。

     

    ダウンロードチャートも「馬と鹿」は快進撃を続けており、9月23日付「オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキング」では週間売上7.4万DL(74,178DL)を記録し、1位を獲得。これで8月12日から先⾏配信を開始して以来、「5週連続での1位」獲得となり、「Lemon」と併せ、先週9月16日付で記録した歴代1位の 「同一アーティストによる通算2作の連続1位記録」を、5週連続に自己更新した。

    「ノーサイド・ゲーム」では、大泉洋演じる君嶋GM率いる社会人ラグビーチーム「アストロズ」が、廃部の危機という逆境に立ち向かいながら、宿敵サイクロンズとの最終決戦へ向かう。チームの精神的支柱である浜畑選手は怪我を顧みず自身の選手生命を賭して試合に挑み、激戦の末にラストプレーでトライをもぎ取り勝利を掴み取った。選手たち、スタッフ、サポーター、チームに関わるすべての人々が一丸となり、優勝というただひとつの目標のために全身全霊を懸けて挑む姿が描き出されたその試合において、皆の気持ちを鼓舞するかのように主題歌「馬と鹿」が熱く鳴り響いた。この圧倒的な熱量を湛えた描写のドラマに対して、最終回の感動と余韻がいまだ抜けないなか、たくさんのコメントが寄せられている。

     

    また、巨大な「馬と鹿」CDが各地を巡る“旅するデカジャケ”企画の次なる目的地が決定。福岡の次は大阪にて実施が決定となり、開催場所が発表となった。随時twitterアカウント「@tabi_dekajake」にて情報が発信されるので、こちらもチェックしよう。

  • 米津玄師「馬と鹿」”旅するデカジャケ”全国各地を駆け巡るキャンペーン始動!台風15号被害エリアのツアー応募期間延長も決定

    13.September.2019 | MUSIC / SPOT

    遂に今週リリースを迎えた米津玄師ニューシングル「馬と鹿」。オリコン週間デジタルシングルランキング4週連続1位、9月10日付オリコンデイリーシングルランキングにて初日24万枚と自身新記録を更新するなど破竹の勢いを続ける「馬と鹿」の大ヒットを記念し、”旅するデカジャケ”と称し、「馬と鹿」通常盤を模した巨大CDオブジェが、渋谷スクランブルに姿を現した。

    9月13日(金)朝10時、見慣れた渋谷スクランブル交差点に突如として巨大な「馬と鹿」のCDが出現。渋谷スクランブル交差点に臨むSHIBUYA TSUTAYA1Fに設置された巨大な「馬と鹿」CDは全長1.5メートル、重さ120kgのデカジャケットとなっており、道行く人の背中を、そっと押すような優しい眼差しでそびえたっている。SHIBUYA TSUTAYAでの展示は9月15日(日)20時まで。

    また、今回のこの“旅するデカジャケ”は渋谷を皮切りに、来週は福岡、それから各地へと駆け巡ることが決定。開催場所は随時twitterアカウント「@tabi_dekajake」にて発表していくため、こちらもチェックしてもらいたい。

    なお今作CD「馬と鹿」には全形態共通初回特典として「米津玄師 2020 TOUR / HYPE」チケット最速先行シリアルナンバーが封入されている。応募期間は9月15日(日)23:59まで。このツアーは米津玄師自身最大規模となるアリーナツアーで、10都市20公演にて開催される。

     

    また、「米津玄師 2020 TOUR / HYPE」ツアー応募期間について、先日の台風15号によって大きな被害を受け、現在も停電の復旧作業が続いている千葉県からの申込みに関して、「応募期間延長」を実施することを決定。対象エリアの方の応募期間は9月19日(木)23:59まで。詳細は封入されているツアー申し込みサイトで確認してほしい。

  • 米津玄師 ノーサイド・ゲーム主題歌「馬と鹿」大泉洋×米津玄師 スペシャル対談が実現

    11.September.2019 | MUSIC

    オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングでは4週連続1位を記録し、MVの再生回数も1,000万回再生を突破するなど、期待値が高まる中リリースされた米津玄師の「馬と鹿」。大泉洋とのスペシャル対談が公開された。

     

    この対談は、「馬と鹿」が主題歌となっている日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」の主演を大泉洋が務めていることから実現。数々のドラマや映画に出演し、お茶の間の顔として活躍する大泉洋と、数々の音楽作品を世に届け続ける米津玄師の対談はドラマの話だけでなく、自身のルーツや物づくりの考え方まで、多岐に渡った。ジャンルが違うながらも日本のポップカルチャーを牽引する2人の対談を見逃さないでほしい。

    また、今夜「NEWS ZERO」にて米津玄師によるインタビュー番組も放映が決定。内容は「馬と鹿」の歌詞に込めた思いや、今の社会に対して抱く危機感など、今しか聞くことができない貴重な本人インタビューとなっているので是非チェックしてもらいたい。

     

    いよいよフィナーレを迎える「ノーサイド・ゲーム」。第9話では、大泉洋演じる君嶋は最も信頼していた上司に裏切られ、宿敵サイクロンズとの優勝決定戦を目前にして再び廃部の危機という最大の窮地を迎える。しかし、君嶋のGM就任時には頼りなかったアストロズの選手たちの成長に支えられ、暗躍していた黒幕・脇坂常務との戦い、そして2年越しの悲願であるプラチナリーグ優勝をかけた最終決戦に臨む。どのような結末を迎えるのか、今週末9月15日(日)に放送される最終話をぜひご覧いただきたい。

  • 米津玄師、MV「馬と鹿」が1,000万再生突破

    10.September.2019 | MUSIC

    米津玄師のMV「馬と鹿」が1,000万再生を突破した。

    「馬と鹿」MVは、山田智和氏が監督を務め、屋上からはじまり、たくさんのエキストラの中で、米津自身が地に足をつけ立ち上がる姿が強烈なインパクトのある映像となっている。YouTubeのコメント欄には、さまざまな感想が溢れ、解釈がもりあがると共に、海外からのコメントが圧倒的に多く、多くの人の心に届く作品となった。

     

    「馬と鹿」Music Video

    ニューシングル「馬と鹿」発売はいよいよ今週9月11日となり、主題歌となるドラマ「ノーサイド・ゲーム」も遂に9月15日、最終話を迎える。

  • 日本発の体験エンタメ「うんこミュージアム」が上海に進出

    05.September.2019 | SPOT

    2019年10月19日〜2020年1月3日の期間限定で、「うんこミュージアム SHANGHAI」が上海にオープンする。横浜駅直通のエンターテインメントビル「アソビル」で開催中の「うんこミュージアム YOKOHAMA」、「ダイバーシティ東京 プラザ」で開催中の「うんこミュージアム TOKYO」に続く第三弾は、海外初進出として「上海静安大悦城(上海ジョイシティ)」で開催。

     

    「うんこミュージアム YOKOHAMA」はオープン後、約4ヶ月半で来場者数が20万人を突破。続く「うんこミュージアム TOKYO」は、「MAXうんこカワイイ」という日本発の新しいコンセプトを国内外の利用客に向けて発信する場所として日本の中心地である東京・お台場に出展。当初の想定以上の利用客が訪れている。

     

    海外からも大きな反響がある中で、海外展開の第一歩として上海を選んだ理由は、アジア圏の中でもグローバル都市であり、また人口約14億人を擁する中国全土への影響力もあるため。世界に向けて、日本発祥の新しい体験エンターテインメントを広めていく試金石としてチャレンジしていく。

     

    会場となる大型商業施設「上海静安大悦城」は、体験コンテンツや独特の世界観のあるレストラン、観覧車など、通常のショッピング体験に加え、一味違う体験を提供している施設。

     

    コンテンツは、日本国内の「うんこミュージアム」同様巨大オブジェから小さなうんこが飛び出すうんこボルケーノのある「大広場」、可愛くてキラキラしたうんこが並ぶ「ウンスタジェニックエリア」、世界のうんこグッズを知ることができる「ウンテリジェンスエリア」、うんこのゲームが楽しめる「ウンタラクティブエリア」の4エリアで構成されている。

     

    今、大きな注目を集める大人気コンテンツのこれからに期待しよう!

  • 米津玄師「馬と鹿」 MV解禁!上映会では鏡に取り囲まれた空間で映像作品と来場者が一体化

    04.September.2019 | MUSIC

    9月11日シングル発売、オリコンデジタルチャートで3週連続1位と発売となる米津玄師の最新シングル「馬と鹿」。9月2日(月)に行われた「鏡の上映会」にてミュージックビデオが公開された。

    ミュージックビデオ先行視聴会「鏡の上映会」は表参道ヒルズ スペースオーにて開催された。

    入り口には「馬と鹿」JKT写真が描かれた巨大看板が掲示され、来場者を出迎える。その後さまざまな形のウォールミラーで飾られた通路を抜けると、そこには壁全面、鏡に周囲を囲まれた異空間が。来場者たちの姿が乱反射する独特な空間の中、固唾を飲んでその時を待ち焦がれていると、突然「馬と鹿」のイントロが流れ出し、今まで鏡だったはずのエリアに突如として巨大な「馬と鹿」のMVが映しだされた。

    壁全面に施された鏡に映像が反射することで、自身がMVの登場人物になったかのような錯覚を覚えると共に、まるで万華鏡の世界に飛び込んだかのような神秘的な映像体験に、会場は驚きと興奮の声にあふれた。

     

    「馬と鹿」Music Video

     

    ミュージックビデオの監督は「Lemon」「Flamingo」も手がけた山田智和氏が務めた。生き抜く上で不可欠な”衝動”や”情熱”が、120人にのぼるキャストと共に力強く表現された鮮烈な映像は、一度見たものの心を惹きつけて離さない、これまでのどの映像作品とも全く異なる形で楽曲の世界観を表現した、圧巻の作品となっているのでぜひチェックしてほしい。

     

    米津玄師の最新シングル「馬と鹿」はいよいよ来週9月11日に発売。日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』は今週末、第9話セミファイナルとなり、宿敵サイクロンズに惜敗したアストロズにとって、リベンジを期す2年目のシーズンが幕を開け、物語はいよいよ佳境を迎える。来るべきシングル発売日と、ドラマ最終話まで、心待ちにしていてほしい。

  • 米津玄師「馬と鹿」映像盤収録「米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃」LIVE映像一部解禁

    29.August.2019 | MUSIC

    米津玄師の、9月11日発売「馬と鹿」CD映像盤に収録される「米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃」LIVE Teaserの一部が楽しめる映像が解禁となった。

     

    「米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃」LIVE Teaser

    この映像は、最新ツアー「米津玄師 2020 TOUR / HYPE」会場となる各都市の駅サイネージ132面にて放映され、音がないながらも臨場感あふれるライブ映像に多くのユーザーが「興奮」し話題となっていた作品。米津としては、貴重なライブ映像となる。

     

    そして今回「米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃」LIVE Teaserには「Flamingo」「TEENAGE RIOT」「ごめんね」など最新シングル曲だけでなく、ダンサーや鼓笛隊を率いた演出で話題となった「amen」「Undercover」、そして「Lemon」の貴重なライブ映像が収録。

     

    「ノーサイド盤」「映像盤」「通常盤」CD3形態全てに2020年2月より始まる10か所20公演となる最新ツアー「米津玄師 2020 TOUR / HYPE」のチケット最速先行抽選応募券が封入となる。応募は、9月15日(日)までとなるので、是非この「最速先行」のチャンスを逃さず、ライブに足を運んでもらいたい。

    「馬と鹿」先行配信がオリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングにて2週連続1位を獲得するなど大きな盛り上がりを見せている中でのライブ映像解禁。「映像盤」は初回生産限定盤となり、なくなり次第終了となるため、早めにチェックしよう。

  • 京都にも造詣の深かった “アンディ・ウォーホル”大回顧展、2020年京都にて初の単独開催

    28.August.2019 | SPOT

    N.Y.から「ポップアート」という新たな”定義“を生み出した唯一無二のアーティスト、アンディ・ウォーホルの大回顧展 「ANDY WARHOL KYOTO / アンディ・ウォーホル・キョウト」が2020年9月19日(土)から、初の京都単独開催として決定した。(以下、本回顧展)

     

    本回顧展は、ウォーホル美術財団公式美術館 「The Andy Warhol Museum (アンディ・ウォーホル美術館)」所蔵作品のみで構成される日本初の試みとなり、“京都”にも造詣の深かった“ウォーホル自身”に迫る内容となっている。

    そして会場は、80年を超える歴史を持つ京都市美術館が「京都市京セラ美術館」としてリニューアルオープンする際に新たに作られる新館「東山キューブ」での開催となり、当館でのリニューアル後、最初の海外展となる。

     

    本回顧展の詳細に関しては、今後、公式ホームページ・SNSにて発表されるので、随時チェックしよう。

  • 米津玄師ニューシングル「馬と鹿」商品写真&店舗特典発表!

    23.August.2019 | MUSIC

    TBS系日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」主題歌として話題を呼び、8月12日(月)0時より先行配信開始となった米津玄師の「馬と鹿」。8月26日付オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングにて16.5万DL、Billboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”にて17.2万DLと共に1位を獲得、2019年初週DL数最高記録をマークし、2019年最大ヒットソングとして大きな盛り上がりを見せている。その「馬と鹿」を表題曲とするニューシングルのパッケージ商品写真が公開となった。

     

    今作もすべて米津玄師のイラストによって構成されており、「ノーサイド盤」「映像盤」「通常盤」の3形態でのリリースとなる。

    「ノーサイド盤」は真っ白なパッケージとなり、特殊加工によってレザーの手触りを再現し、シルバーの箔押しがされたジャケットに、ピクチャーレーベルディスクCD が収納。同封されるホイッスル型ペンダントは、マットな白の塗装がされた金属製ホイッスルに、馬と鹿のイラストが刻印され、白レザー調の紐が通されたペンダント。ファッション的なアクセントだけでなく実際に音が鳴る仕様となり、小ぶりながらも重量感のあるアイテムだ。

    「映像盤」は三面折り畳み式の紙ジャケに、ピクチャーレーベルディスクCDとDVDを収納。DVDには「米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃」LIVE Teaserとして「Lemon」の貴重なライブ映像など全11曲、約18分のライブ映像と、「海の幽霊」MVが収録される。

    3形態全てに2020年2月より始まる10か所20公演となる最新ツアー「米津玄師 2020 TOUR / HYPE」のチケット最速先行抽選応募券が封入となる。米津玄師のライブを見たことがない方も、この「最速先行」のチャンスを逃さないでもらいたい。応募は、9月15日(日)まで。

    また、合わせて「購入者店舗特典」が、「ラバーバンド」に決定。こちらは、各店舗「先着」にてプレゼントとなり数に限りがあるので、早めに予約してほしい。ECの場合は、「特典あり」の商品を選択しよう。

     

    いよいよCDパッケージの全貌が明らかになり、リリースまでの期待感が高まる「馬と鹿」。既に全国で予約が殺到している「ノーサイド盤」「映像盤」は初回生産限定盤となり、なくなり次第終了となるため早めにチェックしてもらいたい。

  • 本場徳島の阿波おどり開幕!圧巻の総踊り

    14.August.2019 | SPOT

    阿波おどりの本場・徳島市の阿波おどりが2019年8月12日に開幕し、初日は38万人の来場者が本場徳島阿波おどりを楽しみました。

    令和元年の今年は新しい試みがいくつか導入され、特に注目されたのは、4つの有料演舞場での「総踊り」。総踊りとは、振興協会の所属連14連が合同で流し踊りを行う企画で、全長約100メートルの演舞場に1,000人を超える踊り子が次々と踊り込むさまは圧巻!

    初日の会場となったのは紺屋町演舞場。徳島きっての繁華街のなかにあり、見物客のアクセスもいい好立地の演舞場です。22時、超満員の観客が見守るなか、鳴り物がお囃子を奏でながら入場。鳴り物だけでも400人を超える大人数で、その大音量の迫力と一糸乱れぬ美しい演奏は圧巻です。鳴り物が演舞場の左右に分かれて配置につくと、いよいよ踊り子が入場。女踊りの踊り子を先頭に、男踊り、女ハッピ踊りがパートごとに一団となって踊り込みます。観客はひいきの連の踊り子や、知りあいを見つけると、大きな声援と拍手を送りました。

     

    有料演舞場のプレミアム化も新しい試みです。通常、演舞場では有名連のほか企業・職場連や学生連など、さまざまな連の踊りを見ることができますが、プレミアム公演は有名連の踊りだけが披露されます。

    プレミアム公演を見ることができるのは、市役所前演舞場の第2部。卓越した技量を持つ有名連の踊りをたっぷりと楽しめるとあって、客席には大勢の見物客が詰めかけました。


    期間中は「にわか連」もあるので、一般の人が踊りを楽しむことができます。初日は林家三平、国分佐智子、藤田朋子 、アンジャッシュ児嶋一哉、島崎和歌子をはじめ多くの芸能人も参加、大きな声援を受けて盛り上がりました。8月15日までの4日間、阿波おどり一色に染まる本場の踊り天国を存分に楽しんで。

  • 米津玄師、2020年アリーナツアー開催!各都市の駅デジタルサイネージでライブ情報解禁

    14.August.2019 | MUSIC

    米津玄師、待望の2020年アリーナツアーが決定し、全容が発表となった。ツアータイトルは「米津玄師 2020 TOUR / HYPE」、2020年2月から4月まで、全国10会場20公演、自身最大規模のツアーとなる。

    8月12日の早朝、突如として、今ツアーの会場となる各都市の駅デジタルサイネージ(和歌山のみイオン店内)に、未解禁のライブ映像が映し出された。音はないながらも、臨場感あふれるライブ映像が4面、同時に複数のサイネージで流れると、そこが駅である事を忘れてしまうかのような「興奮(=HYPE)」を覚える迫力。その映像の上には、「ツアータイトル」と、「その地区の開催日程・会場」が明記され、運良く目撃された方々の興奮が溢れ、各地の画像がネットに拡散。「米津さんのツアー」がツイッターのトレンド入りするなど賑わいを見せた。

    このツアーのチケット最速先行は、9月11日リリース「馬と鹿」の初回特典として、抽選応募券が封入されることが決定。チケットの申し込みは9月10日(火)10:00から9月15日(日)23:59までとなり、「馬と鹿」の全形態の初回プレス分に封入となる。

     

    約1年ぶりのライブ決定となるツアー。進化し続ける米津玄師の「今」を体験しに、是非ライブに足を運んでもらいたい。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US