増田セバスチャンらアーティスト28組と「ドラえもん」が出会う特別展 大阪で開催

17.July.2019 | SPOT

日本を代表するアーティスト28組と「ドラえもん」が出会う特別展「THE ドラえもん展 OSAKA 2019」が2019年7月12日(金)から9月23日(月・祝)まで、大阪文化館・天保山にて開催される。

「THE ドラえもん展 OSAKA 2019」は、国内外で活躍するアーティストたちが作成した、誰も見たことのない「ドラえもん」、世界にひとつだけの新しい「ドラえもん」を展示。いずれも、ジャンルを超えた独創性豊かな現代アートであるとともに、「ドラえもん」への想い溢れる作品が集まっている。

開幕前日の7月11日(木)には、関係者及び報道各社を対象にした特別内覧会や開会式を開催し、大きな盛り上がりを見せた。

 

記者発表会では、本展の参加アーティストである森村泰昌氏、増田セバスチャン氏も出席し挨拶や写真撮影を行った。

森村泰昌氏は「いよいよ大阪にTHE ドラえもん展がやってきて、嬉しいです。」と感無量の様子で、作品については「今回は、紙を使って衣装を作るコイケジュンコさんとコラボして、ドラえもんの漫画を集めてドレスを作っていただきました。そして時間と空間を操る、タイムマシンとどこでもドアを組み合わせ、今回はあえてグレーの作品に仕上げました」と話した。また、展覧会については「会場全体がドラえもんのポケットのように、28組30名のアーティストのアイディアが詰まっており、とても楽しめます。関西の多くの方にご覧いただきたいです」と本展への来場を呼びかけた。

増田セバスチャン氏は「実は僕はドラえもんと同じ年、そしてのび太と同じ誕生日です(笑)。生まれついてのドラえもん愛が染みついています」とドラえもんへの愛を語り、作品については「私の作品は、実は奈良(東大寺)の大仏ぐらい大きく作りたかったのですが、会場に入らなかったので、高さ2メートルにしました(笑)。世界中のマーケットからマテリアルを集めてきて、世界中の色を集めました」と話した。また、大阪の方へのメッセージとして「大阪の子ども達に作品を見ていただき、おっきいなあ、凄いなあ、と感じてもらえると嬉しいです」と語った。

 

お気に入りのドラえもんを、ぜひ見つけてみてほしい。

RECOMMENDED ENTRIES

  • 登戸駅が「ドラえもん」デザインに可愛く変身!

    27.April.2019 | FEATURES / SPOT

    みなさんこんにちはもしもしにっぽん編集部のミドリです。
小田急登戸駅がドラえもん一色になっています!登戸駅は川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムの最寄駅の一つであり、ミュージアムに行く前からその世界観に浸れるようになっているそうです。とっても可愛いと噂なので早速行ってきました!
    登戸駅は新宿から小田急線で最速16分で着きます。あまり馴染みのない人もいるかもしれませんが意外と近いですね!最近は快速急行が止まるようになってかなり行きやすくなりました。
    JR南武線も乗り入れているので立川や溝の口方面からもアクセスしやすいです

    さっそく降りると駅名標がすでにドラえもんカラーに!よく見ると鈴も付いています。

    柱の表示もドラえもんカラーに!細かい部分もデザインされています。

    さらにホームを歩くとゴミ箱がドラえもんの色に!

    大きいゴミ箱もドラえもんデザインです。

    ホームを上り下りする階段はドラえもんの仲間たちと一緒に空に飛べるようなデザインになっています!

    エレベーターはどこでもドアのデザイン♡

    改札内のトイレもよく見るとドラえもんとドラミちゃんがいてかわいい!

    スモールライトを持ったドラえもんが!結構大きいので記念撮影にぴったり♪

    周りをもう少し歩くとどこでもドアが!近づくと…

    扉が開きました!色々な景色を見せてくれます。

    こういった細かい看板もドラえもんカラーになっています。

    そしてもう少し歩くと…

     

    ドラえもんのブロンズ像があります!小さいですが存在感がありますね。


    鼻がぴかぴかです。

    そのままバスロータリーに向かってエスカレーターを下ると…

    ドラミちゃんの像もあります。

    ドラミちゃんの前に川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム行きのシャトルバスが停車していました。

    特別仕様のバスでした!かわいい〜!
    細かいところまで装飾が丁寧で駅を歩くだけでとても楽しい気持ちになれました!もしかしたら他にも「ドラえもんデザイン」があるかもしれないので、ぜひみなさんも探してみてください!

     

    Fujiko-Pro2011 Fujiko-Museum

    WRITER PROFILE

    Midori Blackmore

    とにかく明るいメンヘラです。文章を書きます。可愛いものはなんでも好きだけど美味しいものはもっと好き!原宿観光案内所もしもしボックス元スタッフでミスiD2018セミファイナリスト。

  • 六本木で開催中の「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」を村田倫子がナビゲート

    01.December.2017 | FEATURES / SPOT

    六本木・森アーツセンターギャラリーで絶賛開催中の「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」。

    doraemon458

    日本をはじめ世界中で愛されているドラえもんと、28組の現代アーティスト作家がコラボレーションした作品が出展している話題のアート展です。「あなたのドラえもんをつくってください」をテーマに、村上隆や蜷川実花など人気のアーティストが数多く参加しているのも見所! 今回ナビゲーターを務めてくれる村田倫子ちゃんも、ブルーのワントーンコーデで溢れるドラえもん愛を表現してくれました。

    doraemon476

     

    会場となるのは、東京メトロ日比谷線、都営大江戸線の六本木駅からほど近い森アーツセンターギャラリー。六本木ヒルズ内に位置しているので、展覧会帰りにお買い物を楽しむこともできます。

    会場を入ると、まずお目見えするのが村上隆氏による巨大な絵画作品。細かな所まで丁寧に描かれたドラえもん名シーンの数々は、是非会場でじっくりと堪能してみて欲しい!

    doraemon529doraemon626

     

    本展覧会は、巨大な作品が数多く出展されているのも見所のひとつ。藤子・F・不二雄氏の描いたドラえもんワールドに負けない、大迫力の作品の数々に度肝を抜かれること確実です。

    doraemon646

     

    会場には、増田セバスチャン氏も登壇。映画『のび太のドラビアンナイト』にインスパイアを受けたという作品、「さいごのウエポン」は、なんとファーやおもちゃで巨大ドラえもんを制作! 原宿KAWAIIカルチャーのエッセンスが凝縮されたドラえもんは、迫力満点です。

    doraemon511

     

    絵画や写真作品だけでなく、強烈な個性を発している立体作品が目白押し! こちらは小谷元彦氏による「救世銅鑼エ門」。漫画的デフォルメを排した、スタイリッシュなドラえもんの解釈が斬新です。

    doraemon560

     

    こちらは森村泰昌&ザ・モーヤーズ氏による「ドラス」(※2002年出展作品)。ドラえもんをまるごとドレスにした作品は、正面だけでなく背後も注目ポイントなのでお見逃し無く! 倫子ちゃんは作品のインパクトに唖然としつつも、負けじと同じポーズを決めてくれました(笑)。

    doraemon537

     

    鴻池朋子氏やシシヤマザキ氏、しりあがり寿氏などによる映像作品は、何度も繰り返しみたくなる中毒性の高さが魅力! 倫子ちゃんのお気に入りは、雪景色の白が印象的な鴻池朋子氏の「ドラえもんの歌on 森吉山」。雪山で独唱する鴻池さんの、病みつきになる歌声は是非会場で聴いてみてください。

    doraemon553

     

    ドラえもんで忘れちゃいけないのが、キャラクターの魅力。お正月的めでたさを感じさせるこの作品は、町田久美氏の「星霜」。高知和紙のキャンパスに墨や金箔など、和テイストを感じさせる画材にも注目です。

    doraemon584

     

    倫子ちゃんいちばんのお気に入りは、奈良美智氏のドラミちゃんをテーマにした作品群。「この「依然としてジャイアンにリボンをとられたままのドラミちゃん@真夜中」という作品のタイトルはもちろん、吸い込まれるような画面の引力は本物を間近でじっくり堪能して欲しい! 今までドラミちゃんをしみじみ見ることはなかったけれど、実はかなりスペック高い設定なんだよね。」と、奈良美智ワールドにすっかり魅了されてしまったご様子。

    doraemon567

     

    心温まる日常の切り抜き加減が印象的だったと、こちらも倫子ちゃんイチオシの「私の家のドラえもんの写真」。ドラえもんを主軸に、梅佳代氏の家族の思い出を収めたポートレイト。おじいちゃんが可愛すぎます!

    doraemon496

     

    ドラえもんとのデート風景をフィルムに収めた、蜷川実花氏の「ドラちゃん1日デートの巻2017」。こちらは過去に制作された作品も併せて展示されているので、見比べて見るのもオススメです。

    doraemon673

     

    ミュージアムショップでは、本展でしか買えない限定グッズも多数販売されています。原作のシーンがコラージュされたリュック(税抜13,000円)など、ファングッズとしてだけでなくファッションアイテムとしても優秀なものばかり。

    doraemon697

     

    本展に参加したアーティストのグッズもラインナップ! こちらは、コケティッシュな魅力溢れる増田セバスチャン氏のグッズたち。

    doraemon719 doraemon735

     

    会場に隣接するカフェ、THE SUNでは、コラボメニューも登場! じっくり展覧会を楽しんだあとは、ここでしか食べることの出来ないオリジナルメニューを味わって余韻に浸るのもいいかも。

    doraemon478

     

    ラストは、倫子ちゃんによる本展の感想でお別れです。

    「どの作品も切り口が斬新なものばかりで、今までにない新たなドラワールドを垣間見ることが出来ました。また、それぞれの個性を出しつつも世界感がぶれない、原作の懐の深さも改めて感じられてすごい漫画だなと実感! たくさんのアーティストの方によって生まれ変わったドラえもんは、新たな発見もたくさんあるのでみなさん是非足を運んでみてください。」

     

    「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」は2018年1月8日まで開催しているので、年末年始のお出かけプランに組み込んでみてはいかが?

     

    ■Information

    THE ドラえもん展 TOKYO 2017

    開催期間:2017年11月1日(水)〜2018年1月8日(月・祝) ※会期中無休

    場所:森アーツセンターギャラリー (六本木ヒルズ森タワー52階)

    住所:東京都港区六本木6-10-1

    開館時間: 10:00〜20:00(火曜〜17:00)※入館は閉館の30分前まで

    観覧料:当日 一般/1800円、中学生・高校生/1400円、4歳〜小学生/800円

    前売り・団体 一般/1600円、中学生・高校生/1200円、4歳〜小学生/600円

    ※価格は全て税込

     

    カフェ「THE SUN」(六本木ヒルズ森タワー52階)

    コラボレーション期間:2017年11月1日(水)~2018年1月8日(月・祝)

    営業時間:11:00~22:00(フードL.O.21:00/ドリンクL.O.21:30)

    ※「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」、展望台、森美術館のいずれかの入場券が必要

    ※期間中は限定メニューがラインナップされています

     

    Model:Rinko Murata @rinco1023

    Writer:Ryoichi Komaba

    Photographer:Haruka Yamamoto

  • 増田セバスチャン プロデュース「未来のピース保育園」開園

    18.June.2019 | SPOT

    裏原宿からほど近い千駄ヶ谷の一角、昔からアパレル関係のオフィスも多い閑静な住宅街の三角地帯に、ひときわ目立つパステルカラーのかわいい建物が現れた。子どもが一瞬で心奪われるようなその建物は、今月オープンしたばかりの企業主導型保育所「未来のピース保育園」。

    6月16日、当保育園の開園を記念して、地域内覧会とペイントイベント「HAPPY WALL PROJECT」が行われ、園の関係者や地域住民が保育園のエントランスの外壁をみんなでペイントする作業を通じて、地域交流が行われた。

    当保育園は、「未来のストーリーを創る」を理念に東京・埼玉・神奈川で現在7園の保育施設を展開しているEdulead(エデュリー)と、ファッション・音楽・ライフスタイルなどの原宿カルチャーを世界へ発信しているアソビシステムが、内閣府が待機児童の解消を目的にすすめている「企業主導型保育事業」の助成を受けて設置したもの。今後はアソビシステムの従業員だけでなく、地域貢献活動の一環として、地域住民の方や企業などから幅広く利用者を募っていく予定だ。

    今回、異業種タッグとなった両社だが、Edulead代表・菊地翔豊氏は「未来のピース保育園という園名には、色彩豊かな世界で健やかに成長して欲しいという思いと、子どもたちの個と多様性を尊重する場でありたいという願いが込めている。この街に合ったかたちで、個性を大事にしたこどもたちを育んでいきたい。」と述べ、アソビシステムの代表・中川悠介氏は「普段はアーティストやモデルのマネジメントなどをしているが、エンタテインメントの力を違う分野で活かしていきたい。原宿のカルチャーを育てて発信している会社なので、原宿の街に根ざしたかたちでこどもの成長に貢献していきたい」とそれぞれ抱負を語った。

    施設のビジュアルプロデュースは、アソビシステム所属で原宿のカワイイ文化を軸に世界で活躍し「未来はカラフル!」というメッセージを次世代に向けて発信している「増田セバスチャン」が手がけている。

     

    外観は、増田氏がもともとの建物の特性を活かしてデザインしたもので、保育園を見守るユニコーン(一角獣)の「ユニキュン」。そしてその中には、パズルのピースを模したオリジナルキャラクター「パズー」たちが住んでいるというストーリー。各クラスのシンボルでもある、個性的な7体のパズーを並べると優しい色合いのレインボーカラーになり、多様性を表現しているという。保育園の内部もパステルカラーで様々な色に彩られており、子どもたちの心躍る姿が眼に浮かぶ。

     

    増田氏は「園名の未来のピースの通り、1人1人のこどもが1つ1つの未来のピース(かけら)だと思い、パズルのピースをモチーフにした。カラフルな洋服を着たり、髪色を変えた時のワクワクする気持ちをいつまでも忘れないように、カラフルな環境で育まれてほしい。自分自身も国際交流と教育に力を入れているので、こうした施設に関わることができてとても嬉しい」とデザインに込めた想いを語った。

    このカラフルな内装には、「こどもの健康を守る」をコンセプトに開発された、日本ペイントホールディングス株式会社の高機能室内用水性ペイント「ROOMBLOOM AirBreeze」が使用されている。アソビシステムの地域貢献活動に同社が賛同して、提供された。そして保育園開園にあたって地域交流を図るイベントとして、同社が2014年より取り組んできた社会貢献活動「HAPPY WALL PROJECT」が実施された。

     

    梅雨とは思えない青空の下、園の関係者や地域のこどもたちが集まり、筆やハケで園の外壁に園のキャラクター「パズー」の色塗りに挑戦した。匂いも全くない安全なペイントということで、こどもたちは色にまみれながら、壁だけにとどまらず木のボードや紙コップの色塗りも始め、園の周りはこどもたちと保護者の笑顔や笑い声に包まれていた。

    仕事と育児の両立や待機児童問題、母親と父親の育児への関わり方など、時代の流れによって様々な議論が沸き起こる「子育て」だが、異業種の企業が主導して保育の場を提供し、その企業の強みを活かしたハード・ソフトを提供することで「子育て」をプロデュースしようという今回の試み。そのコミュニティに合った「世界にひとつの保育園を創る」をテーマに保育施設を展開するEduleadと、「原宿」という街に根付き、その街から生まれるカルチャーを育て発信することにこだわり続けているアソビシステムの2社だからこそできる地域貢献として、この施設を通じて地域活性と地域の子どもたちの未来をカラフルに彩っていきたいと考えている。

RELATED ENTRIES

  • 「開田裕治の機動戦士ガンダムギャラリー」 大阪・梅田で開催

    13.August.2019 | ANIME&GAME / SPOT

    2019年8月23日(金)~9月8日(日)の期間、梅田ロフト5階ロフトフォーラムにて、ガンプラの箱絵でおなじみ 開田裕治の画業40周年を記念し、「開田裕治の機動戦士ガンダムギャラリー」が開催されます。

     

    本展はガンプラの箱絵を黎明期から描き続ける開田裕治ならではの”ガンダムの魅力”を最大限に表現。展示では「機動戦士ガンダム」から「新機動戦記ガンダムW」までのアナログ原画、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」までのデジタル原画が迫力の展示で会場を埋めつくします。

    開田裕治の描いたガンダムを4つのテーマで70点以上の原画で展示。本邦初公開の処女作「グワジン」をはじめ、初公開作品を多数含みます。

    そのほかにも、開田裕治の描いたガンプラボックスが積み上げられる壮観なタワーや、デジタル作品が描かれている過程がわかる「Maiking of Hi-νGUNDAM」など、開田裕治の「ガンダム」アートワークを存分に体感できる空間に。

     

    ファンにはたまらない豪華な展示_をチェックしよう。

    ©創通・サンライズ

  • ハローキティの45年間を振り返ろう!そごう千葉店で”ハローキティコレクション展”開催

    07.August.2019 | SPOT

    そごう千葉店では、「45th Anniversary Hello Kitty Collection展(45th アニバーサリー ハローキティ コレクション展)」を8月15日まで開催中。

     

    カワイイ文化を振り返る展示のほか、フォトスポット、ぬいぐるみウォール、映像にタッチして遊べるデジタルコンテンツなど体感しながら「カワイイ」世界を楽しんでいただけるイベント。物販コーナーでは、ハローキティコレクション展限定品やそごう千葉店限定先行販売品など約850アイテムが勢ぞろい。素焼きのキティに色を付けができるワークショップ、ハローキティと一緒に写真が撮れる撮影会も開催し、大人から子どもまで楽しめる。

    カワイイクロニクル キティデザインミュージアム

    各時代のグッズや商品化されていないレアなデザインを展示。ハローキティのカワイイ文化の歴史をひもとき、時代に合わせて変化していった様子を見ることができる。

    デジタルコンテンツ ぬいぐるみウォール

    壁に投影されるキティの映像にタッチして遊べる今展初登場のデジタルコンテンツと、もふもふ&ふかふかのぬいぐるみウォール、フォトスポットで”カワイイ”を全身で体感しよう。

    ハローキティ撮影会

    着物姿のキティと記念撮影をしよう。各回とも開始30分前から会場にて整理券が配られる。

    日時:8月12日(月・祝振)午前11時/午後1時/午後3時

    会場:6階=催事場

    定員:各回先着20組さま

    ワークショップ

    素焼きのキティに絵具で色つけして自分だけのキティが作れる。世界にひとつしかないキティを作っちゃおう♡

    会期:8月7日(水)~15日(木)

    時間:午前11時~午後4時

    定員:各日先着30名さま

    参加費(材料費込):1,296円(1回)

     

    ハローキティのカワイイマーケット
    ぬいぐるみ、文具、インテリアアイテムなど約850アイテムが大集合!Hello Kitty Collection展の限定商品が販売される。

    マスコットホルダー 1,728円[限定400点、お一人さま1点限り]、アクリルキーホルダー 648円、マグカップ 1,080円、ハンドタオル 756円

    レプリカクラシカルドール 17,280円、ミニマスコットブローチ(全20種)各1,080円※お一人さま各種1点限り、クリアファイル(A4サイズ、2枚入)486円

     

    この他にも、かわいいグッズが盛りだくさん♡キティの新しい魅力を見つけにいこう。

  • “うんち“になってからだの中を冒険する「からだのふしぎ大冒険」京都で開催

    05.August.2019 | SPOT

    京都市にある東映太秦映画村は、巨大な人体に見立てた会場を回遊しながらからだの中のひみつについて学べる参加体験型の科学イベント「からだのふしぎ大冒険」を2019年9月14日~12月15日に開催する。

    イベントは、全米1,000万人の子供たちが熱狂したベストセラー絵本「グロッソロジー」がテーマ。日本語では、「きたないもの学」と翻訳されている。

    ゲップやオナラを出したり、体臭をかいでみたり・・・。気持ちわるいけど、気になってしまうそんな体のひみつを、「うんち流忍者・雲竹斎(うんちくさい)」というキャラクターと一緒に体験できる。

     

    会場内にはからだのひみつを体験できるアトラクションが全15種(一部有料)登場。

    くしゃみシューター

    ボールを異物に見立て、なぜくしゃみが出るのかを解説。大きな鼻の穴の中にボールを撃ち込んで、鼻をムズムズさせちゃおう。5個ボールが入ると鼻がくしゃみをして、ボールを噴出する。

    腎臓ゲーム

    腎臓で必要なものを血管に送るゲーム。尿素や糖分を左右に振り分けて腎臓の仕組みを理解しよう。

    うんち占い

    リアルな便器に座るとその日の運勢を表すうんちキャラがモニターに登場!きみのうんち具合はどうかな?

    うんちてんじ

    うんちについてのアレコレを勉強しよう。

    ゲップ少年

    ソーダを飲んだらどうしてゲップが出るの?

    巨大うんちと写真を撮ろう

    うんち視点で体の中を冒険したあとは、大きなおしりから大脱出!最後はみんな大好きキタナイもの代表・でっかいうんちと記念に写真を撮ろう。

     

    この他にも楽しいコンテンツが目白押し。みんなで楽しく”からだ”について学ぼう!

  • 「コウペンちゃん」コラボカフェ 東京・渋谷 & 大阪・心斎橋にオープン

    04.August.2019 | FOOD

    2019年8月8日(木)より東京にて、9月5日(木)より大阪にて「コウペンちゃんカフェ2019 SUMMER」が開催されます。

    「コウペンちゃん」は、人気イラストレーター「るるてあ」が描く、TwitterやLINEスタンプで大人気のコウテイペンギンの赤ちゃん。何気ない日常の行動を見つけて「えら~い!」と優しい言葉で褒め・励まし・肯定してくれる「コウペンちゃん」に癒される人が急増!Twitterのフォロワーも30万人を超えています。

    邪エナガさんの漆黒アジトバーガー1,490円

    コウペンちゃんのお茶漬けどうぞ1,390円

    2017年11月以来、装いも新たに「コウペンちゃん」のコラボカフェが再び登場。所々に「コウペンちゃん」ワールド満載の工夫を凝らしたメニューはどれもとってもカワイイ!

    ピンクコウペンちゃんのイチゴミルクパンケーキ1,390円(税抜)

    ふたりなかよしレモモパフェ1,290円(税抜)

    スイーツメニューやドリンクメニューも充実しているので、カフェ利用もオススメ。

    アクリルコースターランダム4種900円(税抜)

    カフェ来店特典:ランチョンマット+紙製コースター(ランダム6種)

    また、「るるてあ」描き下ろし、カフェ衣装姿の「コウペンちゃん」や「ピンクコウペンちゃん」、カフェを楽しんでいる「みずいろコウペンちゃん」などカフェらしいアートのオリジナルグッズや特典なども。

    カフェの予約は8月1日から公式サイトにてスタート!残暑が厳しい季節に、「コウペンちゃん」のコラボカフェでほっと一息ついて、心地よい時間を過ごそう。

     

    ©るるてあ

    *画像はすべてイメージとなります。

  • コブクロ、大阪上海友好交流大使に就任!上海でライブ開催

    25.July.2019 | MUSIC

    コブクロが、大阪府庁で大阪上海友好交流大使任命式に出席した。

     

    出席者は、吉村洋文・大阪府知事、松井一郎・大阪市長、中国在大阪総領事館の張副総領事、そしてコブクロ。

     

    大阪府と上海市は1980年から、大阪市と上海市は1974年から友好交流を実施しており、今回は大阪府・大阪市と上海市との友好交流をさらに促進するため「大阪上海友好交流大使」が創設された。

     

    1998年に大阪で結成され、「桜」「ここにしか咲かない花」「蕾」「未来」のほか、多数のヒット曲があり、昨年2018年11月4日に行われた「御堂筋ランウェイ(御堂筋オータムパーティー2018)」では、40万人のストリートライブを行い、大阪万博誘致にも大きく貢献したコブクロだが、大阪府・大阪市から、大阪と上海の架け橋として更なる友好交流を促進するため「大阪上海友好交流大使」のオファーを受け、コブクロ側は快諾。就任する事となった。

     

    コブクロは、本年4月には日中青少年交流推進年の一環で在上海日本国総領事館においてミニコンサートを開催し、また8月には上海でコンサートを行うことになっており(8月3日、4日に上海・万代南夢宮上海文化中心DREAM HALL)、今後も上海での公演活動等を通じて交流を深めていく。

    任命式ではまず、委嘱状が授与され、友好記念バッチが贈呈された。

     

    (小渕)今回、名誉ある素晴らしいご機会をいただきまして僕も黒田も本当に心から嬉しく思っています。

     

    先日上海に行かせていただいて現地の方と色々とお話をして、本当にたくさんの方が日本の文化を愛してくださっていること、そして、僕らの音楽を通じて日本語を覚えましたと言ってくださっている学生さんたちのキラキラした瞳を見ていた時に、20年やっていて知らない間に海を越えていたんだということを体感しました。20年通してやってきたことがこんな風に届いていたんだということを僕も黒田もファンの方々も嬉しく思っています。

     

    でもまだまだこれからだと思っていて、今度8月3日、4日に上海・万代南夢宮上海文化中心DREAM HALLでコンサートをやるのですが、そこでも目一杯、音楽を通じてたくさんの方々に思いを届けて行きたいと考えています。

     

    (黒田)前回上海に行った時に外灘に行ったのですが、その時川沿いがとてもきれいで、大阪の淀川周辺もあんな風になったらいいなと思いました。上海のライブが楽しみです。頑張ります。

     

    コブクロ大使に対して、吉村知事は、「熱気的にも上海と大阪は近しいところもあり、コブクロさんに歌を通じて、人と人との交流を盛り上げていただきたいなと思いますので、ぜひよろしくお願いします」とコメント。

     

    (小渕)元気さや人のつながりの感じが上海と大阪で似ていると思いました。僕らの歌で言うと“花”をテーマにしたり“人のつながり”をテーマにしている歌が多いということをすごく気にしてくださって、そういう歌の根本的にあるメッセージが私たちに響いているんですとはっきり言ってくださったんです。そういう心情というか気持ちの部分が似ているところがあるのかなと思って、それが僕は一番嬉しかったですね。

     

    松井市長は、「コブクロには去年御堂筋ランウェイに出席して頂きました。大阪の事に対して、熱い思いを持っていただいて、愛していただいて、本当に感謝しています。今回は大使ということを吉村知事がオファーしましたが、わざわざ府庁まで来ていただき、ありがとうございました。2010年の上海万博には大阪からたくさんの人が行って、催し物もやりました。2025年の大阪万博ではまたコブクロさんの力を借りて、上海から大勢の人に来て頂きたいと思います」とコメント。

     

    今後のコブクロの大阪上海友好交流大使としての活躍が期待される。

  • 東京・大阪・名古屋・北海道の「トイ・ストーリー4」OH MY CAFEで映画の世界観を楽しもう

    22.July.2019 | ANIME&GAME / FEATURES / FOOD

    2019年7月12日に公開され、話題となっているディズニー/ピクサーのアニメーション映画『トイ・ストーリー4』。今回映画の公開を記念し、東京・大阪・名古屋・北海道にて『トイ・ストーリー4』の世界観を表現したスペシャルカフェ「トイ・ストーリー4」OH MY CAFEがオープンします。

    映画の舞台にもなっている「移動遊園地」をコンセプトに、ワクワクするような空間を演出しています。

    入口では、「ウッディ」や「バズ」がお出迎え。

    入場の際は、こちらのオリジナル入場バンド(全13種類)がランダムに1枚プレゼントされます。デザインは「ダッキー&バニー」。

    店内に入ると、あらゆる場所に映画に出てくるキャラクターたちが!中央には、カワイイぬいぐるみが並びます。

    コラボカフェの最大の見所はコラボメニュー。それぞれのキャラクターをイメージしたフードやドリンクが並びます。

    〈ウッディ&ボー・ピープ〉運命の再会プレート 1,890円(税別)

    「ウッディ」と「ボー・ピープ」の衣装をイメージしたチキンサンドイッチとビシソワーズのセット。メニューの中にボーの羊たちが隠れている遊び心あふれる一品です。

    〈ギャビー・ギャビー&ダミーズ〉アフタヌーンティセット 1,790円(税別)

    ツナサンドとフルーツ入りヨーグルトサンドは『トイ・ストーリー4』に登場する絵本のデザインをあしらった、ノンカフェインのアールグレイティバッグ付き!

    〈エイリアン〉スペースクレーン・サイダー 990円(税別)

    今回のカフェはカワイイドリンクにも注目!エイリアン色のマスカットゼリーとキウイがたっぷり入ったサイダー。暑い夏にピッタリの爽やかドリンク。

    〈ダッキー&バニー〉毒舌コンビのひんやりクラッシュマンゴー 1,390円(税別)

    『トイ・ストーリー4』の重要キャラクターがコラボメニューにも登場!ミルクセーキとマンゴーフローズンのドリンクセットです。混ぜて飲んでもおいしいので試してみて♪

     

    OH MY CAFEのレシピはカロリー・塩分が控えめで低糖質なレシピ。ダイエット中の人や、子供でも安心して食べられるのが嬉しいですね。

     

    B5 ノート Vol.1 全1種 600円(税別)

    さらにカフェ限定のオリジナルグッズも多数登場。編集部のオススメはこちらのB5ノート。キャラクターが描かれた表紙がとってもキュートです。

    アクリルキーホルダー(ランダム13種)500円(税別)

    こちらのキーホルダーは袋に入っていて、どのキャラクターが入っているかは開けるまでのお楽しみ。どのキャラクターのキーホルダーがゲットできるかドキドキしますね♪

    カフェは事前予約(500円)も可能!事前予約をすると特典としてオリジナルチケット風ステッカーも付いてきます。こちらも全13種類がランダムにプレゼントされるのですが、私は「デューク・カブーン」のステッカーをゲットしました♡

    そしてフードメニューを注文すると保安官「ウッディ」の衣装をモチーフにした特製ペーパーエプロンのプレゼントも。

    映画の感動をもう一度体験できる「トイ・ストーリー4」OH MY CAFEで、キャラクター達と夏の思い出を作ってみては?

     

    ©Disney / Pixar

    @POOF-Slinky,LLC

  • 大人気「うんこドリル」初の展覧会が池袋パルコで開催

    22.July.2019 | SPOT

    パルコは、 490万部を発行した大人気ドリル「うんこドリル」初となる展覧会「うんこ展 うんこ学園の夏合宿㏌池袋」を池袋パルコ本館7Fパルコミュージアムにて、2019年8月9日(金)~8月26日(月)の期間開催する。

    子どもたちにとって「うんこ」とは口にするだけで楽しくなる魔法の言葉。「うんこドリル」は、勉強を楽しいものに変えるべく「うんこ」という言葉の不思議な魅力をフル活用してつくったドリルで話題を呼んだ。

    会場内はうんこドリルの学校「うんこ学園」をイメージした空間になっており、朝会・国語・算数・理科・社会科見学・野外授業・美術・音楽・部活の9つのジャンルで構成されている。ドリル内に登場する問題や登場人物の世界を「見る・探す・聴く・書く・嗅ぐ・蹴る・覗く・撮る・覚える」ことでうんこドリルをリアル体験できる展覧会となっている。

    野外授業のコーナーでは、東山動植物園(名古屋市)が厳選した動物の本物のうんこの色・形・においの違いや、 うんこの仕組みについて学ぶことができる。

    会場内にはグッズ販売コーナーも併設しており、刊行中の全うんこドリルシリーズや関連グッズに加え、会場限定グッズも販売されるのでぜひチェックしたい。

  • 富士山で開催される”KAWSアートプロジェクト”にローラと水原希子ら参加!

    20.July.2019 | SPOT

    KAWSの巨大アートプロジェクト「KAWS:HOLIDAY(カウズ:ホリデイ)」が日本に上陸し、一般公開に先駆けて7月18日(木)にキックオフイベントとなるKAWS:HOLIDAY JAPAN Ceremonial Camp Day (カウズホリデイ ジャパン セレモ二アル キャンプ デイ)が、静岡県富士宮市にあるキャンプ場「ふもとっぱらキャンプ場」で開催された。

     

    「KAWS:HOLIDAY(カウズ:ホリデイ)」と題した本プロジェクトは、香港を拠点とするクリエイティブスタジオAllRightsReservedとNYのコンテンポラリーアーティストのKAWSがタッグを組み、KAWSの代表的なキャラクターCOMPANION(コンパニオン)の巨大なアートワークが世界中を旅するというコンセプトで展開しており、ソウル・台北・香港に続いて日本が4都市目となった。

    当日はKAWS本人が来日し、クリエイティブディレクターをつとめるSK LAM氏とともに登場。さらに、ローラさんをゲストに招き、全⻑40メートルの巨大アートCOMPANIONの前でKAWSらとトークセッションを実施した。

    @arr.allrightsreserved

    雨模様の中でのトークセッションとなったが、ローラさんは「雨はロマンティックで素敵だよね、雨はチャンスだもん!」と笑顔で話し、KAWSさんは「私はエネルギーに満ちた素敵な雰囲気の日本が昔から好きで、自然美の象徴である富士山で行いたいと強く思っていた」と熱い想いを語った。

    ローラさんは活動の拠点であるL.Aから駆け付け「富士山とKAWSのコラボレーションは本当に最高な組み合わせ。自然いっぱいで落ち着くし、KAWSのキャッチーなキャラクターが大好き!」とリラックスした様子で語った。

    またイベントには水原希子さんをはじめ、様々なセレブリティが参加。水原希子さんは「KAWS のファンなのですごく今日が楽しみでした。」と嬉しそうに語り楽しんでいた。ぜひ実際に足を運んで、アート作品に触れてみてほしい。

  • 映画「トイ・ストーリー4」スペシャルカフェが東京・大阪・名古屋・札幌にオープン

    12.July.2019 | ANIME&GAME / FOOD / MOVIE

    「トイ・ストーリー4」OH MY CAFÉが2019年7月20日(土)より東京・大阪・名古屋にて、7月21日(日)より北海道にて期間限定でオープンする。

     

    幅広い世代に愛されているディズニー/ピクサーのアニメーション映画『トイ・ストーリー』は、 1995年に映画公開されてからシリーズ第3作まで公開されており、最新作『トイ・ストーリー4』が2019年7月12日(金)から全国で公開される。

     

    「トイ・ストーリー4」OH MY CAFÉでは「移動遊園地」をコンセプトにTOYというポップなアイコンとの相性が、ワクワクさせるカフェ空間を演出。「トイ・ストーリー」シリーズファンに楽しんでもらえるようなトリビアを、メニューや店内演出に“こっそり”忍ばせているのもポイント。

    事前予約(500円(税抜)/1名)を利用し、メニューを注文すると「オリジナルチケット風ステッカー(全13種)」がランダムに1枚プレゼント。

    さらにカフェに来店すると「オリジナル入場バンド(全13種)」がランダムに1枚プレゼントされます。

    <ウッディ&ボー・ピープ>運命の再会プレート 1,890円

    ウッディとボー・ピープの衣装をイメージしたチキンサンドウィッチとビシソワーズのセット。メニューのどこかに隠れているボーの羊たちを見つけてみて!

    <デューク・カブーン>空高く!スタントバーガー 1,890円

    ボリュームたっぷりの野菜が入ったチキンバーガーはミートソースで味付け。食べると思わず飛び立っちゃう美味しさ!?

    <バズとダッキー&バニー>夜のカーニバル・パスタ 1,790円

    色とりどりの野菜が綺麗な大豆ミートパスタ。まだまだ夜の移動遊園地で遊んじゃおう!

    <ギャビー・ギャビー&ダミーズ>アフタヌーンティセット 1,790円

    ツナサンドとフルーツ入りヨーグルトサンドは映画に登場する絵本のデザインをあしらったアールグレイティバッグ付き(ノンカフェイン)。のんびりした午後が過ごせそう♪

    <ジェシー>ざくろウォーター 890円/コースター付:1,790円

    ジェシーをイメージしたちょっぴり酸っぱいザクロウォーター。

    <スリンキー>ヨーグルトスムージーオレンジ風味 890円/コースター付:1,790円

    スリンキーをイメージしたヨーグルトスムージー。キウイソースがアクセントに!

    フードを注文すると「特製ペーパーエプロン」が1つプレゼントされます。※お一人様 1 枚まで

     

    メニューは他にも盛りだくさん!その他、かわいいオリジナルグッズも登場する。

    アクリルキーホルダー(ランダム13種) 500円

    A5クリアファイル(ランダム10種) 350円

    ミニDURALEXグラス全5種 各800円

     

     

    ワクワク感いっぱいのスペシャルカフェにぜひ足を運んでみてくださいね♪

     

    ©Disney/Pixar

    © POOF-Slinky, LLC

    ※全て税抜価格です。※画像はイメージです。仕様が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

  • 「鈴木敏夫とジブリ展」第二弾、長崎で開催!限定グッズ・メニュー登場

    10.July.2019 | SPOT

    長崎・ハウステンボスでは、2019年7月13日(土)から9月23日(月)まで、多くのジブリ作品を手掛けてきた、スタジオジブリ・プロデューサー鈴木敏夫の“言葉”に注目した展覧会「鈴木敏夫とジブリ展」を開催。今年4月に開催された東京で開催された「鈴木敏夫とジブリ展」の第二弾となる。

     

    東京で開催時のレポートはこちら:鈴木敏夫がジブリ映画を通して伝えたかった”言葉”とは? 言葉の魔法を紐解く展覧会「鈴木敏夫とジブリ展」

    東京で初披露された、高さ3メートルにも及ぶ大迫力の超巨大“湯婆婆と銭婆”がハウステンボスにも登場!おみくじには、鈴木敏夫が書き下した言葉と、その言葉にまつわる解説付きで、自身からのメッセージとしても持ち帰ることができる。

    さらに「鈴木敏夫とジブリ展/ハウステンボス」の開催を記念して、展示会場に併設したオフィシャルショップのオープンが決定!ジブリの世界観がたっぷりと詰まったオフィシャルショップでは、まるで作品に迷い込んだような雰囲気が味わえる。ここでしか買えない限定商品やグッズも多数用意されている。

    うちわ¥702円(税込)

    表に描かれた鮮やかな色彩が印象的な湯婆婆のイラストも、裏に書かれた力強い書も、鈴木プロデューサーによるもの。インパクト大のうちわで、暑い夏を乗り切れるかも!?

    トートバッグ¥1,620円(税込)

    メインビジュアルである湯婆婆のイラストが入ったトートバッグはインパクト大!肩からかけられる大きめサイズなので日常遣いにも、荷物が多くなる日にもおすすめ。

    ふきん¥1,296円(税込)

    江戸から続く染め物の老舗「竺仙」コラボ商品。落ち着いた藍色で染められた湯婆婆のイラストが入ったふきんは、品質も確かで、見てよし、使ってよしの便利アイテム。お土産やギフトにいかが?

     

    さらに会期中、会場でもあるパレス ハウステンボス内の1Fティーサロンにて特別メニューを販売する。

    お風呂屋さんのデザート¥850円(税込)

    竹炭の黒いバニラアイスにチョコスプレーをまぶし、金平糖とお札クッキーを添えて。 冷たいとうもろこし茶とセットで堪能しよう。

    冒険好きな少年のパン¥650円(税込)

    ホテルベーカリーで焼き上げた、思わず冒険に出たくなるパン。これがあれば忙しい朝も大丈夫!? こちらも冷たいとうもろこし茶とセットで提供。

    ジブリファンにはたまらないイベントにぜひ足を運んでみてほしい。

     

    ©️TS ©️Studio Ghibli

  • 閉園後の遊園地を巡るホラーイベント 大阪「ひらかたパーク」で開催

    09.July.2019 | SPOT

    ひらかたパークでは、2019年8月26日(月)から9月1日(日)、9月7日(土)・8日(日)に、戦慄のホラーナイトイベント「ひらかたパーク×NTT西日本 闇遊園地でかくれんぼ」を開催。本イベントのチケットが7月6日(土)からローソンチケットにて販売開始となった。

     

    昨年、一昨年と好評だった閉園後の遊園地を貸し切ったホラーナイトイベント。今年はMBSと株式会社闇が手掛ける戦慄のホラーゲームイベントとなって登場。さらに今年もNTT西日本のICTを活用しイベントを盛り上げる。

    昼間の楽しい雰囲気から一転、閉園後の遊園地はどこか怪しい雰囲気が漂う。参加者はタブレット端末とスマートフォンを持ち、1時間以内に鬼に見つからないようにゴールを目指す。普段は体験できないシチュエーションでの恐怖体験を楽しもう。

     

    また、昼間のひらかたパークでは、2019年7月6日(土)から期間限定のお化け屋敷「怨霊の金縛り屋敷 VR×リアル恐怖体験」を開催。最新のVR技術とリアルな体験が融合した、前代未聞の恐怖体験があなたを襲う。

     

    大人が楽しめる恐怖のエンターテインメントにぜひ足を運んでみてほしい。

  • アニメ化30周年!「ちびまる子ちゃん展」松屋銀座にて開催

    03.July.2019 | ANIME&GAME

    「ちびまる子ちゃん」がアニメ化30周年を迎えることを記念し、2019年8月8日(木)から8月26日(月)の期間、松屋銀座8階イベントスクエアにて「アニメ化30周年記念 ちびまる子ちゃん展」を開催します!

    1986年、少女マンガ雑誌「りぼん」で連載が開始した「ちびまる子ちゃん」は、1990年にアニメ放送が始まり、2020年に放送開始30周年を迎えます。

    オープニング「うれしい予感」 セル画 1995年 ©さくらプロダクション/日本アニメーション

    明るくてユーモアがあるまるちゃんと仲間たちが繰り広げる日常を描き、放送時間帯である日曜夕方のお茶の間は笑いで包まれています。1990年、エンディング曲「おどるポンポコリン」はミリオンセールス、そして日本レコード大賞受賞、アニメ部門過去最高視聴率39.9%(1997年以降の測定に基づく/関東地区・ビデオリサーチ調べ)を記録し、国民的アニメとなりました。

    ポーチ(まる子&コジコジ) 1,296円(税込) ©さくらももこ/ さくらプロダクション/ 日本アニメーション

    本展では、セル画・スケッチ画・絵コンテ・映像など約350点を展示し、アニメ制作の裏側を紐解きます。また、昨年8月に急逝された原作者のさくらももこ先生の直筆脚本やキャラクター設定資料、プライベート作品なども展示し、アニメへの想いや日々の暮らしに迫ります。

     

    まるちゃんと仲間たち、そしてさくら先生への愛があふれる会場で、アニメ化30周年をお祝いしましょう!

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US