増田セバスチャンらアーティスト28組と「ドラえもん」が出会う特別展 大阪で開催

17.July.2019 | SPOT

日本を代表するアーティスト28組と「ドラえもん」が出会う特別展「THE ドラえもん展 OSAKA 2019」が2019年7月12日(金)から9月23日(月・祝)まで、大阪文化館・天保山にて開催される。

「THE ドラえもん展 OSAKA 2019」は、国内外で活躍するアーティストたちが作成した、誰も見たことのない「ドラえもん」、世界にひとつだけの新しい「ドラえもん」を展示。いずれも、ジャンルを超えた独創性豊かな現代アートであるとともに、「ドラえもん」への想い溢れる作品が集まっている。

開幕前日の7月11日(木)には、関係者及び報道各社を対象にした特別内覧会や開会式を開催し、大きな盛り上がりを見せた。

 

記者発表会では、本展の参加アーティストである森村泰昌氏、増田セバスチャン氏も出席し挨拶や写真撮影を行った。

森村泰昌氏は「いよいよ大阪にTHE ドラえもん展がやってきて、嬉しいです。」と感無量の様子で、作品については「今回は、紙を使って衣装を作るコイケジュンコさんとコラボして、ドラえもんの漫画を集めてドレスを作っていただきました。そして時間と空間を操る、タイムマシンとどこでもドアを組み合わせ、今回はあえてグレーの作品に仕上げました」と話した。また、展覧会については「会場全体がドラえもんのポケットのように、28組30名のアーティストのアイディアが詰まっており、とても楽しめます。関西の多くの方にご覧いただきたいです」と本展への来場を呼びかけた。

増田セバスチャン氏は「実は僕はドラえもんと同じ年、そしてのび太と同じ誕生日です(笑)。生まれついてのドラえもん愛が染みついています」とドラえもんへの愛を語り、作品については「私の作品は、実は奈良(東大寺)の大仏ぐらい大きく作りたかったのですが、会場に入らなかったので、高さ2メートルにしました(笑)。世界中のマーケットからマテリアルを集めてきて、世界中の色を集めました」と話した。また、大阪の方へのメッセージとして「大阪の子ども達に作品を見ていただき、おっきいなあ、凄いなあ、と感じてもらえると嬉しいです」と語った。

 

お気に入りのドラえもんを、ぜひ見つけてみてほしい。

TALENT PROFILE

増田セバスチャン

1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

RECOMMENDED ENTRIES

  • 登戸駅が「ドラえもん」デザインに可愛く変身!

    27.April.2019 | FEATURES / SPOT

    みなさんこんにちはもしもしにっぽん編集部のミドリです。
小田急登戸駅がドラえもん一色になっています!登戸駅は川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムの最寄駅の一つであり、ミュージアムに行く前からその世界観に浸れるようになっているそうです。とっても可愛いと噂なので早速行ってきました!
    登戸駅は新宿から小田急線で最速16分で着きます。あまり馴染みのない人もいるかもしれませんが意外と近いですね!最近は快速急行が止まるようになってかなり行きやすくなりました。
    JR南武線も乗り入れているので立川や溝の口方面からもアクセスしやすいです

    さっそく降りると駅名標がすでにドラえもんカラーに!よく見ると鈴も付いています。

    柱の表示もドラえもんカラーに!細かい部分もデザインされています。

    さらにホームを歩くとゴミ箱がドラえもんの色に!

    大きいゴミ箱もドラえもんデザインです。

    ホームを上り下りする階段はドラえもんの仲間たちと一緒に空に飛べるようなデザインになっています!

    エレベーターはどこでもドアのデザイン♡

    改札内のトイレもよく見るとドラえもんとドラミちゃんがいてかわいい!

    スモールライトを持ったドラえもんが!結構大きいので記念撮影にぴったり♪

    周りをもう少し歩くとどこでもドアが!近づくと…

    扉が開きました!色々な景色を見せてくれます。

    こういった細かい看板もドラえもんカラーになっています。

    そしてもう少し歩くと…

     

    ドラえもんのブロンズ像があります!小さいですが存在感がありますね。


    鼻がぴかぴかです。

    そのままバスロータリーに向かってエスカレーターを下ると…

    ドラミちゃんの像もあります。

    ドラミちゃんの前に川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム行きのシャトルバスが停車していました。

    特別仕様のバスでした!かわいい〜!
    細かいところまで装飾が丁寧で駅を歩くだけでとても楽しい気持ちになれました!もしかしたら他にも「ドラえもんデザイン」があるかもしれないので、ぜひみなさんも探してみてください!

     

    Fujiko-Pro2011 Fujiko-Museum

    WRITER PROFILE

    Midori Blackmore

    とにかく明るいメンヘラです。文章を書きます。可愛いものはなんでも好きだけど美味しいものはもっと好き!原宿観光案内所もしもしボックス元スタッフでミスiD2018セミファイナリスト。

  • 六本木で開催中の「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」を村田倫子がナビゲート

    01.December.2017 | FEATURES / SPOT

    六本木・森アーツセンターギャラリーで絶賛開催中の「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」。

    doraemon458

    日本をはじめ世界中で愛されているドラえもんと、28組の現代アーティスト作家がコラボレーションした作品が出展している話題のアート展です。「あなたのドラえもんをつくってください」をテーマに、村上隆や蜷川実花など人気のアーティストが数多く参加しているのも見所! 今回ナビゲーターを務めてくれる村田倫子ちゃんも、ブルーのワントーンコーデで溢れるドラえもん愛を表現してくれました。

    doraemon476

     

    会場となるのは、東京メトロ日比谷線、都営大江戸線の六本木駅からほど近い森アーツセンターギャラリー。六本木ヒルズ内に位置しているので、展覧会帰りにお買い物を楽しむこともできます。

    会場を入ると、まずお目見えするのが村上隆氏による巨大な絵画作品。細かな所まで丁寧に描かれたドラえもん名シーンの数々は、是非会場でじっくりと堪能してみて欲しい!

    doraemon529doraemon626

     

    本展覧会は、巨大な作品が数多く出展されているのも見所のひとつ。藤子・F・不二雄氏の描いたドラえもんワールドに負けない、大迫力の作品の数々に度肝を抜かれること確実です。

    doraemon646

     

    会場には、増田セバスチャン氏も登壇。映画『のび太のドラビアンナイト』にインスパイアを受けたという作品、「さいごのウエポン」は、なんとファーやおもちゃで巨大ドラえもんを制作! 原宿KAWAIIカルチャーのエッセンスが凝縮されたドラえもんは、迫力満点です。

    doraemon511

     

    絵画や写真作品だけでなく、強烈な個性を発している立体作品が目白押し! こちらは小谷元彦氏による「救世銅鑼エ門」。漫画的デフォルメを排した、スタイリッシュなドラえもんの解釈が斬新です。

    doraemon560

     

    こちらは森村泰昌&ザ・モーヤーズ氏による「ドラス」(※2002年出展作品)。ドラえもんをまるごとドレスにした作品は、正面だけでなく背後も注目ポイントなのでお見逃し無く! 倫子ちゃんは作品のインパクトに唖然としつつも、負けじと同じポーズを決めてくれました(笑)。

    doraemon537

     

    鴻池朋子氏やシシヤマザキ氏、しりあがり寿氏などによる映像作品は、何度も繰り返しみたくなる中毒性の高さが魅力! 倫子ちゃんのお気に入りは、雪景色の白が印象的な鴻池朋子氏の「ドラえもんの歌on 森吉山」。雪山で独唱する鴻池さんの、病みつきになる歌声は是非会場で聴いてみてください。

    doraemon553

     

    ドラえもんで忘れちゃいけないのが、キャラクターの魅力。お正月的めでたさを感じさせるこの作品は、町田久美氏の「星霜」。高知和紙のキャンパスに墨や金箔など、和テイストを感じさせる画材にも注目です。

    doraemon584

     

    倫子ちゃんいちばんのお気に入りは、奈良美智氏のドラミちゃんをテーマにした作品群。「この「依然としてジャイアンにリボンをとられたままのドラミちゃん@真夜中」という作品のタイトルはもちろん、吸い込まれるような画面の引力は本物を間近でじっくり堪能して欲しい! 今までドラミちゃんをしみじみ見ることはなかったけれど、実はかなりスペック高い設定なんだよね。」と、奈良美智ワールドにすっかり魅了されてしまったご様子。

    doraemon567

     

    心温まる日常の切り抜き加減が印象的だったと、こちらも倫子ちゃんイチオシの「私の家のドラえもんの写真」。ドラえもんを主軸に、梅佳代氏の家族の思い出を収めたポートレイト。おじいちゃんが可愛すぎます!

    doraemon496

     

    ドラえもんとのデート風景をフィルムに収めた、蜷川実花氏の「ドラちゃん1日デートの巻2017」。こちらは過去に制作された作品も併せて展示されているので、見比べて見るのもオススメです。

    doraemon673

     

    ミュージアムショップでは、本展でしか買えない限定グッズも多数販売されています。原作のシーンがコラージュされたリュック(税抜13,000円)など、ファングッズとしてだけでなくファッションアイテムとしても優秀なものばかり。

    doraemon697

     

    本展に参加したアーティストのグッズもラインナップ! こちらは、コケティッシュな魅力溢れる増田セバスチャン氏のグッズたち。

    doraemon719 doraemon735

     

    会場に隣接するカフェ、THE SUNでは、コラボメニューも登場! じっくり展覧会を楽しんだあとは、ここでしか食べることの出来ないオリジナルメニューを味わって余韻に浸るのもいいかも。

    doraemon478

     

    ラストは、倫子ちゃんによる本展の感想でお別れです。

    「どの作品も切り口が斬新なものばかりで、今までにない新たなドラワールドを垣間見ることが出来ました。また、それぞれの個性を出しつつも世界感がぶれない、原作の懐の深さも改めて感じられてすごい漫画だなと実感! たくさんのアーティストの方によって生まれ変わったドラえもんは、新たな発見もたくさんあるのでみなさん是非足を運んでみてください。」

     

    「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」は2018年1月8日まで開催しているので、年末年始のお出かけプランに組み込んでみてはいかが?

     

    ■Information

    THE ドラえもん展 TOKYO 2017

    開催期間:2017年11月1日(水)〜2018年1月8日(月・祝) ※会期中無休

    場所:森アーツセンターギャラリー (六本木ヒルズ森タワー52階)

    住所:東京都港区六本木6-10-1

    開館時間: 10:00〜20:00(火曜〜17:00)※入館は閉館の30分前まで

    観覧料:当日 一般/1800円、中学生・高校生/1400円、4歳〜小学生/800円

    前売り・団体 一般/1600円、中学生・高校生/1200円、4歳〜小学生/600円

    ※価格は全て税込

     

    カフェ「THE SUN」(六本木ヒルズ森タワー52階)

    コラボレーション期間:2017年11月1日(水)~2018年1月8日(月・祝)

    営業時間:11:00~22:00(フードL.O.21:00/ドリンクL.O.21:30)

    ※「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」、展望台、森美術館のいずれかの入場券が必要

    ※期間中は限定メニューがラインナップされています

     

    Model:Rinko Murata @rinco1023

    Writer:Ryoichi Komaba

    Photographer:Haruka Yamamoto

  • 増田セバスチャン プロデュース「未来のピース保育園」開園

    18.June.2019 | SPOT

    裏原宿からほど近い千駄ヶ谷の一角、昔からアパレル関係のオフィスも多い閑静な住宅街の三角地帯に、ひときわ目立つパステルカラーのかわいい建物が現れた。子どもが一瞬で心奪われるようなその建物は、今月オープンしたばかりの企業主導型保育所「未来のピース保育園」。

    6月16日、当保育園の開園を記念して、地域内覧会とペイントイベント「HAPPY WALL PROJECT」が行われ、園の関係者や地域住民が保育園のエントランスの外壁をみんなでペイントする作業を通じて、地域交流が行われた。

    当保育園は、「未来のストーリーを創る」を理念に東京・埼玉・神奈川で現在7園の保育施設を展開しているEdulead(エデュリー)と、ファッション・音楽・ライフスタイルなどの原宿カルチャーを世界へ発信しているアソビシステムが、内閣府が待機児童の解消を目的にすすめている「企業主導型保育事業」の助成を受けて設置したもの。今後はアソビシステムの従業員だけでなく、地域貢献活動の一環として、地域住民の方や企業などから幅広く利用者を募っていく予定だ。

    今回、異業種タッグとなった両社だが、Edulead代表・菊地翔豊氏は「未来のピース保育園という園名には、色彩豊かな世界で健やかに成長して欲しいという思いと、子どもたちの個と多様性を尊重する場でありたいという願いが込めている。この街に合ったかたちで、個性を大事にしたこどもたちを育んでいきたい。」と述べ、アソビシステムの代表・中川悠介氏は「普段はアーティストやモデルのマネジメントなどをしているが、エンタテインメントの力を違う分野で活かしていきたい。原宿のカルチャーを育てて発信している会社なので、原宿の街に根ざしたかたちでこどもの成長に貢献していきたい」とそれぞれ抱負を語った。

    施設のビジュアルプロデュースは、アソビシステム所属で原宿のカワイイ文化を軸に世界で活躍し「未来はカラフル!」というメッセージを次世代に向けて発信している「増田セバスチャン」が手がけている。

     

    外観は、増田氏がもともとの建物の特性を活かしてデザインしたもので、保育園を見守るユニコーン(一角獣)の「ユニキュン」。そしてその中には、パズルのピースを模したオリジナルキャラクター「パズー」たちが住んでいるというストーリー。各クラスのシンボルでもある、個性的な7体のパズーを並べると優しい色合いのレインボーカラーになり、多様性を表現しているという。保育園の内部もパステルカラーで様々な色に彩られており、子どもたちの心躍る姿が眼に浮かぶ。

     

    増田氏は「園名の未来のピースの通り、1人1人のこどもが1つ1つの未来のピース(かけら)だと思い、パズルのピースをモチーフにした。カラフルな洋服を着たり、髪色を変えた時のワクワクする気持ちをいつまでも忘れないように、カラフルな環境で育まれてほしい。自分自身も国際交流と教育に力を入れているので、こうした施設に関わることができてとても嬉しい」とデザインに込めた想いを語った。

    このカラフルな内装には、「こどもの健康を守る」をコンセプトに開発された、日本ペイントホールディングス株式会社の高機能室内用水性ペイント「ROOMBLOOM AirBreeze」が使用されている。アソビシステムの地域貢献活動に同社が賛同して、提供された。そして保育園開園にあたって地域交流を図るイベントとして、同社が2014年より取り組んできた社会貢献活動「HAPPY WALL PROJECT」が実施された。

     

    梅雨とは思えない青空の下、園の関係者や地域のこどもたちが集まり、筆やハケで園の外壁に園のキャラクター「パズー」の色塗りに挑戦した。匂いも全くない安全なペイントということで、こどもたちは色にまみれながら、壁だけにとどまらず木のボードや紙コップの色塗りも始め、園の周りはこどもたちと保護者の笑顔や笑い声に包まれていた。

    仕事と育児の両立や待機児童問題、母親と父親の育児への関わり方など、時代の流れによって様々な議論が沸き起こる「子育て」だが、異業種の企業が主導して保育の場を提供し、その企業の強みを活かしたハード・ソフトを提供することで「子育て」をプロデュースしようという今回の試み。そのコミュニティに合った「世界にひとつの保育園を創る」をテーマに保育施設を展開するEduleadと、「原宿」という街に根付き、その街から生まれるカルチャーを育て発信することにこだわり続けているアソビシステムの2社だからこそできる地域貢献として、この施設を通じて地域活性と地域の子どもたちの未来をカラフルに彩っていきたいと考えている。

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

RELATED ENTRIES

  • 大阪・万博記念公園で痛車400台とコスプレイヤーが参加する「EXPO痛車天国2021」開催

    21.October.2021 | ANIME&GAME / SPOT

    雑誌「痛車天国-超-」を発行し、雑誌・イベント・WEBで痛車界を盛り上げることを目的として活動する痛車天国プロジェクトは、日本を代表するカーカルチャーへと成長した痛車の祭典『EXPO痛車天国2021』を2021年10月31日(日)に大阪府吹田市の万博記念公園お祭り広場にて開催する。

    全国から集まる痛車の展示台数はなんと約400台。会場を埋め尽くす至極の痛車を目の当たりにすれば迫力に圧倒されること間違いなし!なかなか普段、見ることの少ない痛車をじっくりと見ることができる絶好のチャンスとなっている。また、痛車と相性が抜群なコスプレイヤーの参加者も増えていてお気に入りの痛車とコラボ撮影ができるのもこのイベントの特徴のひとつ。

     

    日本生まれのポップカルチャー痛車ワールドを体感できるこの機会をお見逃しなく!

     

  • アニメで料理を楽しむ「AniCook」第10弾、TVアニメ「東京リベンジャーズ」コラボカフェ開催

    18.October.2021 | ANIME&GAME / FOOD

    CookpadTVは、アニメで料理を楽しみにするプロジェクト「AniCook」において人気アニメとのコラボ企画を開催している。第10弾はTVアニメ「東京リベンジャーズ」とのコラボが決定。人気キャラクターたちが東京卍會の特攻服をイメージしたオリジナルのカフェスタッフ衣装に着替え、それぞれの好物をアレンジした料理を楽しんでいる様子をイメージした「cookpadLive 東卍祭」を2021年10月29日(金)から2021年11月23日(火)までの期間限定で開催する。10月8日(金)より予約スタート!10月31日(日)のハロウィンに予約すると素敵なサプライズプレゼントがもらえるかも? 

     

    メニュー

    フード

    スイーツ

    ドリンク

    フード・スイーツ注文特典ステッカー(全8種)/ドリンク注文特典ポストカード(全8種)

     

     

    限定グッズ

     

     

    今回のコラボコンセプトは「一撃KO飯」。コラボカフェ史上最高クオリティの美味しさに挑戦し続けるCookpadTVが、「料理はもっと楽しくて、もっと自由だ」という想いを込めて、キャラクターたちの好物を楽しく自由にアレンジした。口にした途端、マイキーの足蹴りを食らったかのようにKOされてしまう美味しさを目指して開発した最強のコラボメニューとなっている。

     

    人気キャラクターの描き起こしイラストを使った限定グッズも多数登場!CookpadTVが自信を持って届けるコラボメニューや限定グッズをお楽しみに。コラボ限定グッズ「cookpadLive cafe」公式ECサイトでも販売されるのでそちらもお見逃しなく。

     

    ※コラボ限定グッズは監修中のため、デザイン・色味などが変更となる場合がございます。

    ©和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

     

  • SNSで人気「ブルーハムハム」が阪神梅田本店に上陸!限定アイテムも登場

    13.October.2021 | FASHION / SPOT

    アニメーターの有村泰志によるキャラクター「ブルーハムハム」のポップアップイベント「BLUE HAMHAM POP UP SHOP -AUTUMN PLANET-」が2021年10月8日(金)より10月19日(火)までの期間限定で、阪神梅田本店にて開催スタート。

     

    限定オリジナルアイテム

    イベント限定Tシャツ(サイズ:M / L、カラー:BLACK / WHITE) ¥4,400

    イベント限定ステッカー ¥385

    イベント限定アクリルスタンド ¥1,320円

    イベント限定キーホルダー ¥935

     

    ノベルティ

    税抜6,000円以上購入特典限定ショッパー

     


    阪神梅田本店の大規模リニューアルにあわせて誕生する新フロア・リアクロ EVENT SPACEにて開催する本イベントでは、高さ約1mの「ブルーハムハム」立体人形4体がおそろいのマフラーを巻いてゲストを出迎える他、作者・有村泰志の描き下ろしによるイラストを使用したTシャツ、ステッカーなどの限定アイテム販売に加え、秋冬の新商品約15アイテムも先行販売する。「ブルーハムハム」がおそろいで巻いているマフラー(大判ストール)も、2021年秋冬の新作アイテムとして実際に販売される。

    ポップアップストアで税抜6,000円以上購入すると、先着順にてイベント限定ショッパーをプレゼント!さらに、また、阪神百貨店【公式】LINEのお友達になり、リッチメニューよりクーポンを提示すると、先着200名に本イベント限定のオリジナルポストカードを手に入れることができる。

     

    レトロなデザインのテレビ型モニターボックスでは、SNSでも人気のアニメーション作品がループ再生され、「ブルーハムハム」の世界観をリアルな空間で体験することができる。秋の装いで登場する「ブルーハムハム」の期間限定ショップへ足を運んでみては?

     

     

    ※ 会場写真はイメージです。実際の展示内容とは異なる可能性がございます。

     

    ©CHOCOLATE Inc.

  • 「ホテルニューオータニ大阪」ハロウィン限定ステイプラン販売開始

    12.October.2021 | FOOD / SPOT

    ホテルニューオータニ大阪は、コロナ禍迎える2度目のハロウィーンシーズンを安心・安全にホテル客室で、味にも見た目にもこだわった特製グルメ「ハロウィーンパーティーセット」とフォトジェニックな「スパークリングワイン」を、お部屋で味わえる宿泊プラン『避密(ひみつ)のハロウィーンパーティー』を、2021年10月1日(金)から10月31日(日)までの期間限定で販売する。

     


    ハロウィーンには欠かせない「かぼちゃ」を使用したキッシュや、ミニサイズのバーガーがラインアップ。ミイラを連想させる「ソーセージパイ巻き」やイカスミ・竹炭を使用した真っ黒なパスタ、サンドウィッチなど、美味とエンターテイメントを追求したグルメの数々を堪能してほしい。

    フランス産の青いスパークリングワイン『ラ・ヴァーグ・ブルー』が、乾杯のシーンを盛り上げる。見た目はパーティーシーンに最適な鮮やかな青色で、その味わいは爽やかな辛口のスパークリングワイン。その他ルームサービスでは、ワインやカクテルなど多数のドリンクを用意している。美食と美酒をお部屋でゆったりと味わってみては?

     

    ハロウィーンムードを演出する、ちょっぴりホラーなスイーツプレートが当プラン限定で楽しむことができる。“食欲の秋”を代表する「かぼちゃのモンブラン」には「コウモリのクッキー」をトッピングし、リアルさを追求した「目玉のブランマンジェ」と、思わず息をのむ真っ赤な手はチョコレートで仕上げた。遠出が叶わない今年のハロウィーンは、客室でフォトジェニックなホテル特製グルメを愉しむ“完全プライベート”なハロウィンパーティーを過ごそう。

     

  • ドラえもん浮世絵シリーズ新作!葛飾北斎・富嶽三十六景「尾州不二見原」 限定予約販売

    11.October.2021 | FASHION

    世界に誇る浮世絵の基礎となる彫りと擦りの伝統工芸技術を継承するために、伝統を守りつつ新しい挑戦を続け、様々な作品をプロデュース・企画・制作する株式会社版三が、『ドラえもん』浮世絵シリーズ「富嶽三十六景ノ内 尾州不二見原」を製作し、2021年10月8日(金)より数量限定で予約販売を開始した。

     

    浮世絵木版画の製作工程

     

    職人による彫り作業

    職人による擦り作業

     

    彫り、擦りに使われた版木(はんぎ)の一部。色別に版木を何枚も彫り、その版木の数だけ何度も擦り重ね、やっと一枚の浮世絵木版画作品が完成する。江戸時代から伝承された彫師、摺師の非常に繊細で高度な技術により、一枚一枚、何とも言えない手づくりの風合いが醸し出される逸品。

     

    本作品は、浮世絵師・葛飾北斎が70歳を超えてからの大作『富嶽三十六景 尾州不二見原』をモチーフにした。「尾州不二見原」は、富嶽三十六景の中で最も西から描かれた作品で、現在の愛知県名古屋市中区不二見町の付近の光景と言われている。

     

    画面は大胆にも中央に大きな桶が描かれ、職人が働いている様子が捉えられており、その桶の中から三角形の富士を望む構図となっている。いかにも北斎らしい奇抜な構図だが、実は緻密に計算された構成で、また、樽はぶんまわしと言って今のコンパスを屈指している。空には鮮やかな藍色、北斎が好んで使っていたベロ藍がふんだんに摺られているのも注目してほしい。ドラえもんとのび太が楽しみながらも一生懸命樽作りに勤しむ姿と遠くに望む富士山が二人を見守ってくれている身近な存在に感じる。北斎の傑作に溶け込むドラえもんとのび太、越前の手漉和紙に描かれた彫師・摺師伝統技法を手に取ってみては?

     

  • 丸紅コレクションの収蔵品をさまざまなテーマで展示する『丸紅ギャラリー』開館

    07.October.2021 | FASHION / SPOT

    丸紅株式会社は、2021年11月1日(月)に本社ビル内に丸紅ギャラリーを開館する。丸紅は、創業1858年から現在まで続く繊維に関わるビジネスを通じて収集・保全してきた江戸期を中心とする古い時代の染織品(きもの、帯、袱紗など)や染織図案、1960~70年代にアートビジネスに携わる中で入手した西欧絵画、そして、染織図案の接点などから画家本人や画商を通じて収集された近代日本絵画を「丸紅コレクション」として所蔵している。

     

    画像左から《染分縮緬地襷菊青海波模様振袖》※2020年に国の重要文化財指定/《磯つづれ五》竹内栖鳳/《美しきシモネッタ》ボッティチェリ(15世紀後半)



    丸紅ギャラリーでは「古今東西の美が共鳴する空間」をコンセプトに、丸紅コレクションの収蔵品をさまざまなテーマで展示・公開していく。今後、年3回程度の企画展を予定しており、丸紅コレクションの代表的な作品である、イタリア・ルネサンス期の画家サンドロ・ボッティチェリの『美しきシモネッタ』は2022年秋の企画展にて公開予定。

    古今東西の美が共鳴する空間を目指す、丸紅ギャラリーへ足を運んでみては?

  • 日本有数のシルクの産地・山形県鶴岡での布づくりを紹介する展覧会開催中

    06.October.2021 | FASHION / SPOT

    日本有数のシルクの産地である山形県鶴岡市は、その革新的な布づくりで知られるテキスタイルデザイナー須藤玲子による、鶴岡での布づくりを紹介する展覧会『サーキュラー・デザイン ― kibiso はつづく ―』を2021年9月18日(土)よりスタートした。鶴岡シルク発祥の地であり、今年150年の節目を迎える松ヶ岡開墾場で開催される本展では、須藤の監修のもと開発に成功した「kibiso(キビソ)」をはじめ、当時の開墾魂を未来につなぐ豊かでサステナブルなテキスタイルの世界が紹介されている。

     

    《きびそ 縞と筋》2018 Photo Sue McNab

    きびその草履 Photo Keiko Matsubara

    《スイング・さくらんぼ》2021 Photo Keiko Matsubara

    デザイン画や試作品など制作過程を紹介する展示

    《きびそ・おがらみしょし入れ》2018 Photo Keiko Matsubara

    製糸工場で発生する副産物「おがらみちょし」Photo Keiko Matsubara

    開墾当時の松ヶ岡開墾場の様子




    鶴岡は養蚕から製糸・製織・精練・染色・縫製までの工程を域内に有する世界でも類をみないシルクの産地。その鶴岡で2007年に、国内では2箇所だけとなった製糸工場のひとつである松岡製糸を訪れた須藤は、蚕が繭をつくる際に最初に吐き出す糸である「きびそ」と出会い、あらたなテキスタイルをつくることを思いたる。当時「きびそ」は硬くて太く加工が難しいことから織物には不向きとされていたが、須藤のアドバスによりこの「きびそ」を細い⽷に加⼯する技術の開発に成功した。こうして誕生した「kibiso」は独特の張りと天然の保湿性、抗菌性、紫外線カット効果などを備える魅力的なテキスタイルに生まれ変わった。材料を無駄なく活用しながら高いデザイン性と機能性を実現させた「kibiso」の取り組みは、繊維産業の大量廃棄が問題となるなか世界的にも注目を集め、アメリカのクーパーヒューイット博物館、イギリスのビクトリア&アルバート博物館に永久保存されているほか、現在も複数の美術館から展覧会の要請が寄せられている。

    会場では「kibiso」を中心に様々な表情のテキスタイル29点が天井から吊るされ、その間を自由に歩いて鑑賞できるほか、ショーケースに並べられたデザイン画や試作品からその創作プロセスに触れることが可能。これらはいずれも須藤がディレクターを務めるテキスタイル・デザインスタジオNUNO(ヌノ)のメンバーと共に手掛けたものだが、そのアイデアの多くは日本各地の優れた工場や職人との対話のなかで生まれたものとなっている。伝統的な素材や生産工程を見直し、現代の技術やマーケットにあわせて進化をさせていくこと、それこそが須藤のクリエーションの真骨頂であり、「kibiso」もまた鶴岡のシルク産業に携わる人々の情熱と高い技術力との出会いによって生まれたものである。

     

     

    須藤は鶴岡で「kibiso」に続く新しいテキスタイルの開発にも着手をしている。絹の製糸工場で発生する細い金属管にからまった糸の副産物「おがらみちょし」を活用したもので、シート状に裂くことができるこの素材を用いたテキスタイルも本展の見どころのひとつ。「おがらみちょし」も廃材を減らし環境負荷を減らすサステナブルな取り組みのひとつだが、同時にそれは新しいテキスタイル表現の探求でもあると言っても過言ではない。

     

    鶴岡のシルク産業は1872年に戊辰戦争で敗れた旧庄内藩士たちが松ヶ岡の地で「刀を鍬に」持ち替えて桑畑を拓き、養蚕をスタ−トしたことに端を発する。それから150年を迎える今、社会は当時と同じく大きな変革期を迎えている。あらゆる産業で持続可能な構造へのシフトが喫緊の課題となるなか、須藤と鶴岡の生産者による革新的な取り組みは、分野を超えて新しいものづくりや社会のあり方を模索する人々にヒントを与える。旧庄内藩士の開墾の精神はこれからも引き継がれ、シルクの可能性を未来につないでいく。

     

  • 東京と大阪にて連載10周年記念「ご注文はうさぎですか?展 Café Lumière」開催

    05.October.2021 | ANIME&GAME / SPOT

    2011年に連載が開始されたKoiが描く大人気漫画『ご注文はうさぎですか?』。3期にわたりTVアニメが放送され多くのファンを抱える本作の連載10周年を記念した展示会「ご注文はうさぎですか?展 Café Lumière(カフェ・ルミエール)」が2021年10月に東京・浅草橋ヒューリックホールにて開催する。

     

     

    「Koi先生描き下ろしミニ色紙」(全7種)

     

    東京会場のチケットは、10月15日(金)17時より発売を開始する。完全日時指定の先着順なので、お見逃しなく!また入場時にランダムで配布される入場特典「Koi描き下ろしミニ色紙(全7種)」が解禁。イベントビジュアルとは違う表情の描き下ろしイラストとなる。また、本展示会公式Twitterアカウントにて招待チケットがゲットできるキャンペーンも開催され、該当ツイートをRTすると抽選で10名に東京会場の招待チケットをプレゼント。

     

    ファン必見の10周年記念スペシャルイベントをお見逃しなく!

    (C) Koi/芳文社

  • 大好評『トムとジェリー』カフェ第2弾が東京・大阪2都市で期間限定オープン

    05.October.2021 | ANIME&GAME / FOOD / SPOT

    11月11日の「チーズの日」を記念した「トムとジェリー」のカフェ第2弾が東京・大阪2都市で期間限定オープン。2021年10月7日(木)よりBOX cafe&space ルミネエスト新宿店にて、10月8日(金)よりあべのcontact にて期間限定で開催する。

    事前予約者限定カフェ利用特典「オリジナルポストカード(全4種)」

     

     

    メニュー

     

    Jerry チーズオムライス

    BOOM!マカロニ&チーズバーガー  

    Rolling ミートボールパスタ 

    Jerry and Tuffy ティラミス  

    CHASE! チーズセット  

    BE HAPPY チーズケーキパフェ  

    Tom リトルケーキプレート  

    Jerry リトルケーキプレート  

    Tom クリームソーダ  

    Jerry クリームソーダ  

    チーズクリームティー  

    Tom and Jerry カフェラテ  

     

    オリジナルグッズ

    ステッカー (ランダム6種)

    アクリルチャーム (ランダム6種)

    アクリルマグネット (ランダム5種)

    アクリルバッジ (ランダム5種)/クリアファイル

    ケース付きメモ帳/トートバッグ

    タオルハンカチ/マグカップ

     

     

    「トムとジェリー(Tom and Jerry)」は、2020年に誕生から80周年を迎えたワーナー・ブラザースの人気アニメーション。ネコのトムとネズミのジェリーの最強コンビがドタバタ劇を繰り広げるアニメーションは世界中で世代を超えて長きにわたり愛され続けている。

     

    初の「トムとジェリー」カフェは、2021年3月から5月にかけて、映画『トムとジェリー』の公開を記念して開催された。今回はファンの熱い要望に応えて、前回の『トムとジェリー』カフェをアップデートした形で再登場する。

     

    今回のメニューは、トムが飼われている家の番犬で、とても強いブルドッグの「スパイク」をイメージしたマカロニチーズバーガーや、いつもおむつを着用している小さくってかわいいねずみの「タフィー」をイメージしたミートボールパスタ、2段のプレートスタンドに、トムとジェリーの追いかけっこが繰り広げられているイメージの豪華なチーズセット、マスカルポーネクリームを使ったマリトッツォ風プチデザート、キャラクターをイメージしたドリンクメニューの他、前回人気だったオムライス、ティラミス、クリームソーダが復刻メニューとしてラインナップ。

     

    店内はトムとジェリーに加え、タフィーとスパイクも登場し、カラフルで楽しい空間になっている。その他、キービジュアルやカラフルな色使いが可愛いこだわりのカフェオリジナルグッズや特典などを設け再登場の『トムとジェリー』カフェを盛り上げる。また、カフェ開催期間に通販でもカフェ限定グッズの販売を行われるのでこちらもお見逃しなく!


     

    「トムとジェリー」のポップな世界観をイメージした店内で、オリジナルチーズづくしの数々のメニューを味わってみて。

     

    TOM AND JERRY and all related characters and elements © & ™ Turner Entertainment Co. (s21)

  • まだ間に合う、今行くべき編集部注目の展示会3選

    04.October.2021 | FEATURES / SPOT

    ジャンルは違えど、心動かすアート展示会が盛り沢山な芸術の秋。魅力的なチョイスが多すぎてどの展示会から行けばいいか分からなくなってしまうこともあるはず。そこで、まだ間に合う、今必ず行くべき展示会3選をご紹介しよう。様々な観点で表現するアートに触れて心を温めてみては?

     

     

     

    【東京】「少年・翔」

    現代美人画の第一人者である池永康晟が俳優・翔を描いた新作展が銀座 蔦屋書店にて開催中。美人画独特の繊細な雰囲気に注目してほしい。

     

    期間:2021年10月15日(金)まで

    詳細:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/497692

     

     

     

    【福岡】チームラボフォレスト

    アート集団チームラボが福岡市にオープンした常設ミュージアム「チームラボフォレスト 福岡 – SBI証券」にて作品が期間限定で秋の景色に。色鮮やかなアートの森でインタラクティブな空間を楽しんでみて。

     

    展示中

    詳細:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/500490

     

     

     

    【埼玉】「俵万智展 #たったひとつのいいね 『サラダ記念日』から『未来のサイズ』まで」

    日本の歌人・俵万智は、1986年に角川短歌賞を受賞、その翌年刊行した、口語体を交えた歌集『サラダ記念日』が300万部を記録。それから35年たった現在も第一線で活躍している俵万智の人生を言葉で描いた今展示会で、彼女の日常の記憶に触れてみては?

     

    期間:2021年12月5日(日)まで

    詳細:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/500265

     

     

     

    TEXT:Natalie(MOSHI MOSHI NIPPON)

  • グランフロント大阪にてディズニープリンセスモチーフのクリスマスツリー登場

    04.October.2021 | ANIME&GAME / SPOT

    グランフロント大阪が、ディズニーが“勇気と優しさ”をテーマに、グローバルで展開するディズニープリンセスの祭典「アルティメット・プリンセス・セレブレーション」とタイアップしたクリスマスイベント『Grand Wish Christmas 2021 | Disney Ultimate Princess Celebration~Sparkling Moments~(グランウィッシュクリスマス2021 ディズニー・アルティメット・プリンセス・セレブレーション~スパークリングモーメンツ~)』を2021年11月11日(木)から12月25日(土)までの期間限定で開催する。

    ディズニープリンセスたちのモチーフがオルゴールの上で舞い踊る高さ約11mのクリスマスツリーが北館1Fナレッジプラザに登場し、施設各所にはディズニープリンセスの世界観をイメージしたフォトスポットが設置される。他にも、館内を巡りながらディズニープリンセス一人ひとりのキャラクターやストーリーを楽しむことができるデジタルスタンプラリーや、ディズニープリンセスグッズのPOP-UP SHOPが期間限定で登場するなど、「Sparkling Moments(きらめく瞬間)」をコンセプトに、この場所を訪れるすべての人たちが心躍る輝きを感じることができる、グランフロント大阪ならではの特別なクリスマスを演出する。

     

    「アルティメット・プリンセス・セレブレーション」の日本版テーマソング「Starting Now ~新しい私へ」にのせて、ディズニープリンセスたちの“勇気と優しさ”が世界に広がっていくストーリーをイメージしたライティングショーも期間中毎日開催予定なのでこちらもお見逃しなく!

    (C)Disney 

    (C)Disney/Pixar 

    (C)2021 Disney and its related  entities

  • ディズニー「チップ&デール」の期間限定カフェが東京・大阪・名古屋に登場

    03.October.2021 | FOOD / SPOT

    「チップ&デール」OH MY CAFÉが、2021年10月6日(水)より大阪、10月14日(木)より名古屋、10月22日(金)より東京にて順次、期間限定で“『Chip ‘n’ Dale』Always Together!”をテーマにしたスペシャルなカフェをオープンする。二人の大好物の“果物とナッツ”をたくさん使った健康的でヘルシーなメニューや様々な日常を切り取ったアートを使用したカフェオリジナルグッズをお楽しみに!

     

    【事前予約者限定 カフェ利用特典】オリジナルランチョンマット(全4種)

     

    フード

    仲良しかくれんぼプレート

    チップ きのこグラタンプレート  

    大好きなどんぐりシチュー  

     

    ドリンク

     

    ピーナッツミルク

    チップ チョコスムージー(右)/デール キャラメルスムージー(左)

    ドリンクメニュー注文者限定購入可能:アクリルスタンドコースター(ランダム4種)

     

    オリジナルグッズ

     

    アクリルキーホルダー(ランダム8種) 

    アクリルマグネット(ランダム4種)

    マスクケース(ランダム5種)/ステッカー(ランダム4種)

    マグカップ

    エコバッグ

    ポーチ ※10月22日(金)発売開始

    ミニタオル / ダイカットクッション

    マスキングテープ

     

    しっかり者の「チップ」とお調子者の「デール」。時には喧嘩もするけれど、“いつも一緒”の二人にフォーカスしたカフェメニューは、これからの秋の季節にぴったりなきのこをたっぷり使用したグラタンや、どんぐり形にアレンジしたご飯と秋をイメージしたキノコとサツマイモのシチューなどの他、二人の大好物の果物とナッツや野菜をたくさん使用しており、メニューは全てディズニーの栄養成分に関するガイドラインに適合した塩分控えめで低糖質な、身体にやさしヘルシーなメニューとなっている。また、二人の様々な日常を切り取ったアートを使用したかわいいカフェオリジナルグッズや特典なども設け、初登場の「チップ&デール」のスペシャルカフェを盛り上げる。

     

    「チップ&デール」のかわいい世界観で秋の香りを堪能できるメニューを味わってみては?

    ©Disney

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US