SKY-HI、ツアー東京公演セミファイナルでファン3000人を前に日本武道館公演をサプライズ発表

19.December.2016 | MUSIC

12月14日(水)に新曲「Double Down」をリリースしたばかりのSKY-HIが、東京・豊洲PITにてファン3000人を前に、来年の武道館公演をサプライズで発表した。

今年初めにはホールツアーの大成功、そして数々のフェスにも出演し、9月20日福島からスタートした『SKY-HI LIVE HOUSE TOUR 2016~Round A Ground~』では12月10日に京都で地方最終公演を終え、遂に『SKY-HI LIVE HOUSE TOUR 2016~Round A Ground Tokyo Final~supported by MUSICA』と題して、東京・豊洲PITにやってきた。

20161215_9429

本ライブは、予てより親交のあるUVERworldとの対バン形式で行われ、会場にはファン3000人が駆けつけて、ツアーセミファイナルを大盛況で終えた。最初のMCでは「UVERworldがあれだけアツいライブやってくれた後で、大袈裟じゃなく、今日死んだとしてもいいっていうステージにしてやるよ」と叫ぶとファンは大興奮。そして集まってくれた多くのファンヘ感謝を伝え、「偏見とか色眼鏡から戦ってきた俺の武器を魅せてやるよ」と言って、真骨頂のラップメドレーへと展開し、3期連続でテーマソングを務める人気番組「フリースタイルダンジョン」のエンディング曲や高速ラップも披露した。

dse_0205

ツアー初日からライブで温め続けてきた、12月14日リリースの「Double Down」のイントロが始まると、ファンは一気に盛り上がりをみせ会場全体が大熱唱となった。そして遂に、2017年3月より行われるホールツアーの東京公演となる、日本武道館をサプライズで発表し、ファンのボルテージは最高潮に。日本武道館は2017年の5月2日を予定している。来年1月18日(水)には3rdAlbumの発売も発表し、3月からはホールツアー、そして5月の日本武道館と来年2017年もSKY-HIから目が離せない。是非SKY-HIのAlbumをチェックし、来年のホールツアーそして日本武道館に足を運んで欲しい。

■Information

[CD+DVD]Double Down -Music Video盤-

AVCD-83734/B \1,944(税込)

[CD+DVD]Double Down -LIVE盤‐

AVCD-83735/B \1,944(税込)

[CDシングル]Double Down

AVCD-83736 \1,080(税込)

SKY-HI Official Site http://avex.jp/skyhi/

■関連記事:マルチに活躍!スーパーパフォーマンスグループ、AAA

■関連記事:AAA、初の単独ドーム公演ツアーで18万人を沸かす!!新曲発売も発表!!

RELATED ENTRIES

  • SKY-HI、BMSGの新グループ”MAZZEL”始動を発表。オーディションの模様をドキュメンタリー番組として2023年1月より公開

    28.November.2022 | MUSIC

    SKY-HIが、自身が創立、代表取締役CEOを務めるマネジメント/レーベルBMSGのYouTubeチャンネルにて記者会見を行い、新グループ“MAZZEL(マーゼル)”始動の発表を行った。“MAZZEL”は8人で結成され、メンバーの一人として、BMSGのトレーニーでもあり、BE:FIRSTを輩出したオーディション「THE FIRST」にも参加した、RANのデビューが決定している。”MAZZEL”のオーディションは2022年冒頭から始まり、秋にメンバーが決定した。

     

    2023年1月13日(金)より、”MAZZEL”結成までのストーリーを追った、オーディション・ドキュメンタリー番組「MISSIONx2(ミッション・ミッション)」が、毎週金曜日21時に、BMSG YouTubeチャンネルにて公開される。全12話配信を予定しており、所属トレーニーの育成の様子や、一般公募された参加者を合わせたオーディションの模様をたっぷりと紹介する。最終話は3月31日(金)に公開される。

     

    トレーニーのRAN他、一般公募でオーディションを実施して最強のメンバーを厳選。世界に通用するグループを作るべく、パフォーマンスだけでなく、社会性、知性やそれら学習の吸収力なども審査の対象に、通常のオーディションで見られるような課題曲、ダンス基礎、ボーカル基礎の練習のみにとどまらず、英語の歌、読書感想文、美術鑑賞、演技レッスン、ディスカッション、大学講師を招いたレクチャーなどを実施。スキル向上と同時にプロ意識の形成、生活態度を改善していくための様々な「MISSION」を経験し、成長していくメンバーたちを追ったドキュメンタリー番組となっている。

     

    また、”MAZZEL”の始動と合わせ、BMSGはユニバーサル ミュージックとタッグを組み、新レーベル”BE-U”を立ち上げる。BMSGの信念のもと様々な取り組みをスタートさせる。

     なおBMSG記者会見については、BMSG YouTubeチャンネルにてアーカイブされている。生配信を見逃した方は、是非SKY-HIの言葉で、BMSG新章の説明をご覧になってみては。

  • FRUITS ZIPPER 2ndワンマンライブレポート。アイドル界の最注目グループFRUITS ZIPPERが見せた成長

    19.November.2022 | MUSIC

    TikTokで「わたしの一番かわいいところ」の再生数が5億回を超え、9月に開催した恵比寿LIQUIDROOMでのワンマンライブが即完売するなど、大注目のアイドルグループ・FRIUTS ZIPPERの「2ndワンマンライブ -世界はキミからはじまる-」が、11月11日(金)に渋谷WWW Xで開催された。

     

    FRUITS ZIPPERはアソビシステムが発足した新アイドルプロジェクト「KAWAII LAB.」から今年の4月にデビューし、1年目ながら夏の主要アイドルフェスのほぼ全てに出演。また、SUMMER SONIC 2022へも出演した。

    単独ライブのチケットは入手困難で、9月に開催した恵比寿LIQUIDROOMでのワンマンライブに続き、今回のライブもチケット販売後に即完売となった。

     

    女性ファンも多いFRUITS ZIPPER、会場内の男女比は半々といったところ。

    開演時間になると、暗くなった会場はメンバーカラーの7色のペンライトで彩られた。

     

    いつものFRUITS ZIPPERの登場SEとは違い、今回のために制作されたSEでメンバーが登場。カントダウンの音と映像・照明、そしてステージ上のメンバーによるダンスが完全にハマった登場は圧巻。常にネクストレベルを見据えたFRUITS ZIPPERに期待が高まる。

     

    ライブでは定番となった「完璧主義で☆」「キミの明るい未来を追いかけて」を続けて披露し、会場内のボルテージが上がっていく。自己紹介のMCでは、会場に詰めかけた満員のファンへの御礼や、ライブでの意気込みなどを話した。

    MC明けからは「We are Frontier」、イントロをREMIXしてダンスパートを加えた「RADIO GALAXY」、「Re→TRY&FLY」と、NEW KAWAIIを提唱するFRUITS ZIPPERの中でもかっこいい一面が見れる楽曲をノンストップで披露した。続けて披露した「ふれふるサマー!」では満員の会場を更に煽り、タオルやペンライトで会場を揺らした。

     

    続いてのMCでは抽選コーナーとして、メンバー全員のチェキをプレゼントする企画も行われ、クジを引くメンバーの表情は普段のライブで魅せるものとは違い、メンバー間の関係性などがわかるような素の表情でファンを楽しませた。

     

    そして次に披露されたのはFRUITS ZIPPERの代表曲であり、2022年に大きなバズを生み出した「わたしの一番かわいいところ」、そしてメンバーのツイートをもとに歌詞が作られた「skyfeelan」の2曲。

    曲が終わると、スクリーンには映像が映し出され、以前から告知されていた2023年2月の「FRUITS ZIPPER 1st LIVE TOUR 2023 WINTER」のツアーファイナル公演を2月12日(日)にLINE CUBE SHIBUYAで開催することが発表された。FRUITS ZIPPERとして過去最大キャパシティとなるホール公演の発表には会場内がざわめいた。

     

    最後の曲としてメンバーそれぞれがセリフとともに登場し、このワンマンライブのタイトルにもなっている「世界はキミからはじまる」を披露。9月のワンマンライブで初披露されたこの曲は11月11日のワンマンライブ当日にデジタルリリースされ、ワンマンライブのエンディングに相応しい壮大な楽曲となっている。

     

    鳴り止まないアンコールの手拍子に応え、ステージに現れたメンバーで「わたしの一番かわいいところ」を再度披露。

     

    間のMCではアンコールの感謝と、来年実施する初のツアーについて。

    松本かれんは「名古屋で矢場とんが食べたい」とリクエスト。

    そしてLINE CUBE SHIBUYAでのファイナルについて仲川瑠夏は「私たちにとって無謀な挑戦な気もする」としながらも、ツアー成功への意気込みを語った。

     

    最後は「世界はキミからはじまる」をパフォーマンスして、ライブは終了した。

    ワンマンライブは大掛かりな演出こそ無かったが、メンバーのパフォーマンス、そして音響・照明チームが一体となって作り上げたステージングは「小細工無しで勝負」という意気込みを感じるライブとなった。そして今までのFRUITS ZIPPERよりもステージ上と客席が一体となって作り上げられ、多幸感のある空間となった。

     

    怒涛の勢いで成長を続けているFRUITS ZIPPER。ライブのキャパシティも広がり、メディアへの露出も増え、注目度も上がっており、「売れるアイドル」の過程が見れる今この瞬間が見逃せない。

     

    text:Tsukasa Hasegawa

    photo:ヨシモリユウナ

  • SKY-HI、12月12日自身の誕生日にオリジナルアルバム『THE DEBUT』リリース決定

    16.October.2022 | MUSIC

    「新章突入」をキーワードに富士急ハイランド コニファーフォレストにて2022年9月17日・18日の2日間で3万人を動員させた『BMSG FES’22』を開催し、今もっとも注目を集めるラッパー、アーティスト、実業家、プロデューサーSKY-HIが、自身の誕生日となる12月12日(月)にオリジナルアルバム『THE DEBUT』をリリースすることを発表した。

     

    自由奔放、天真爛漫、貪欲でありながら誠実。そんなSKY-HIのアティテュードを具現化し、更にリスナーに対して”誰だって、いつだって、どんな境遇だって「デビュー」出来る”と鼓舞する様なアルバムとなっている。

     

    収録内容は、C COFFEEの新CMソングとなる「Bare-Bare」、全世界公開の映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』のオフィシャルインスパイアーソングとして書き下ろした「Fly Without Wings」をはじめ、「SKY-HI HALL TOUR 2022 -超・八面六臂-」で初披露され話題となった新曲「I am」、「Dramatic」が遂に音源化される。

     

    映像には、XR技術を駆使した演出、SKY-HIのスキルフルなパフォーマンスが話題となり、全公演即完売したライブ『SKY-HI HALL TOUR 2022 -八面六臂-』を完全収録。さらには、9月1日に開催された『SKY-HI HALL TOUR 2022 -超・八面六臂-』からライブ映像を数曲収録予定だ。今後発表されていく『THE DEBUT』の情報に注目したい。

  • あいみょん、ツアー『AIMYON TOUR 2022 “ま・あ・る”』のツアーファイナルを大阪城ホールで開催

    06.September.2022 | MUSIC

    2022年8月31日、あいみょんが自身にとって過去最大規模となるアリーナツアー『AIMYON TOUR 2022 “ま・あ・る”』のツアーファイナルを大阪城ホールで開催した。全国14都市28公演が行われた今回のツアーは4月16日に兵庫・ワールド記念ホールからスタートし、当初は7月24日の神奈川・ぴあアリーナMMがファイナルとなる予定だったが、新型コロナウィルス感染症の影響を受けて大阪と名古屋での公演が延期に。結果として5ヶ月間に渡って全国を回り、再び関西に戻って、遂に大団円を迎えた。

     

     

    マーチングのリズムに導かれての幻想的なオープニングから始まった一曲目は“マシマロ”。勢い良くステージに飛び出してきたあいみょんは、軽快なリズムに乗って、ステージを飛び跳ねながらハンドマイクで歌う。ピンクの照明に照らされた“桜が降る夜は”からはアコギを持ち、3曲目で早くも“マリーゴールド”が披露されると、サビではオーディエンスが一斉に手を振って、早速一体感が生まれて行く。

     

     

    「大阪ファイナルにようこそ!」と呼びかけて、大きな拍手が起こると、 “今夜このまま”を披露。次の“プレゼント”では耳に残るギターフレーズが繰り返され、フォーキーな“ハッピー”ではオルガンがフィーチャーされたりと、バンドメンバーと息の合った演奏を見せつつ、その中心にあるのはあくまであいみょんの歌。消えることのない音楽への愛情を綴った“愛を知るまでは”のボーカルは非常に凛々しく、大サビの頭でブレイクして歌が残る場面は、グッと心をつかまれるものがあった。

     

     

    あいみょんのライブは、MCでのオーディエンスとのコミュニケーションも大きな魅力。今回のツアーではあいみょんの目に留まったオーディエンスをズームアップしてスクリーンに映し出す特別な双眼鏡が用意され、歴代のツアータオルを掲げたり、コミカルな動きでアピールするオーディエンスに対し、ときに感謝を伝え、ときに関西ノリで突っ込んだりするやりとりが実に楽しい。

     

     

    今回のツアー中に発表された最新シングル“初恋が泣いている”では映像演出を使用。円形の枠内にメンバーが映し出された“ユラユラ”に続いては、ドラムとパーカッションのスリリングなセッションから“鯉”に突入して、カラフルな映像がアッパーな曲調をさらに盛り上げる。艶っぽいアカペラから始まった “スーパーガール”は、モノクロの映像がアダルトでムーディーな雰囲気を強調し、サイケデリックな間奏も強烈。“愛を伝えたいだとか”ではステージの両サイドに伸びた花道を使い、オーディエンスとより近い距離で熱量の高いパフォーマンスを繰り広げた。

     

    「今回のツアーでこの曲は必ずやりたいと思った」という“◯◯ちゃん”から後半戦がスタート。アウトロのエモーショナルな盛り上がりから一転、あいみょんが一人ステージに残って披露されたのは、真骨頂とも言うべき弾き語りでの“君がいない夜を越えられやしない”。薄暗い照明の中で歌われる歌謡曲的なメロディーのセンスが抜群だ。さらに“生きていたんだよな”はあいみょんとドラマーの2人だけで演奏し、ソリッドで攻撃的な歌とビートの組み合わせに痺れる。ここから再び雰囲気が変わって、メランコリックな“ひかりもの”を届けると、続いてピアノをフィーチャーした“裸の心”を歌唱。切々と歌われるせつない恋心が胸を打ち、場内は温かな拍手に包まれた。

     

     

    ツアーを一緒に回ってきたバンドメンバーを紹介し、「ここから徐々にみんなと上がって行けたらいいなと思ってます」と呼びかけると、まずはバンド感たっぷりに“ジェニファー”を演奏。「次はみんなの声でアレを聴きたいけど、今日は私に任せて」と言って始まった“ふたりの世界”からは再び花道を行き来して、“夢追いベンガル”で一気に場内はヒートアップ。 “貴方解剖純愛歌”が始まると会場中からクラップが起こり、このときのあいみょんはまさにロックスター。場内に感動的な一体感が生まれた“君はロックを聴かない”では、あいみょんの表情からもこみ上げるものが感じられた。

     

    「まだまだ完璧とは言えないですけど、こうやって100%お客さんが入れられるようになって、みんなと熱い空間を過ごせることがホンマに幸せです。でもここに立てるのは絶対に自分の力だけじゃなくて、一緒にライブを作ってくれてるみなさんのおかげやと思ってます」と感謝を伝えると、高ぶった気持ちを一旦クールダウンするかのように“ハート”をしっとりと届けて、重厚なイントロからこの日最後に演奏されたのは〈君も大人になったら恋をするんだよ〉とポジティブなフィーリングを伝える“双葉”。長かったツアーに想いを馳せながらも、最後は笑顔で歌い切った。

     

     

    花道を回りながら名残惜しそうに挨拶をして、「最高のファイナルでした。ホンマにありがとう」ともう一度感謝を伝えてステージを下りると、あいみょんの自筆による「まある完走 みんなほんまに ありがとう!!」という言葉がスクリーン全面に映し出され、過去最大規模にして過去最高に濃密なツアーが幕を閉じた。

     

    TEXT 金子厚武

    PHOTO 永峰拓也

  • TVアニメ『CUE!』メインキャラクターユニット「AiRBLUE」、リーディングライブ第7弾開催

    25.August.2022 | ANIME&GAME / MUSIC

    2022年1月~6月に放送されたTVアニメ『CUE!』のメインキャラクターたちによるユニット「AiRBLUE」が出演するイベント「CUE! Reading Live vol.7~Bird~」が、2022年8月7日(土)に、東京・山野ホールにて開催された。

    朗読パートとライブパートで構成されるリーディングライブ第7弾には、鷹村彩花(天童悠希 役)、宮原颯希(赤川千紗 役)、飯塚麻結(恵庭あいり 役)、村上まなつ(九条柚葉 役)ら「Bird」のメンバー4人が登場。『CUE!』ではおなじみのリーディングライブだが、TVアニメ放送後は初の開催で、「Bird」のメンバーは昨年12月以来の登場となった。

     


    メンバー4人は、白をベースにそれぞれのキャラクターカラーをあしらった衣装でステージに登場。観客への挨拶を済ませると、ステージにて早速朗読パートへと突入した。
    朗読パートでは、ライブのために大阪に向かう新幹線の車中でのハプニングを中心に描いたオリジナルエピソードを披露。4人それぞれの個性が存分に詰め込まれたストーリーと4人の熱演が観客を引き込んでいく。そして、朗読パートの途中には、「Bird」の4人がアニメ作中にて結成したユニット“Chun×4(フォーチュン)”の楽曲「We Can Fly!!!!」が、アニメの映像をバックに披露された。

     

    およそ50分にも及ぶ朗読パートに続く待望のライブパートでは、これまでにリリースされた「Bird」のチームシングルより、『ハミングバード』『ドリ☆アピ』を披露。可愛くも激しいダンスと歌で会場のテンションも一気に最高潮に達した。そしてラストは「にこにこワクワク最高潮!」を熱唱。最後に観客に感謝の気持ちを伝え、リーディングライブの幕を閉じた。



    2022年11月19日(土)にパシフィコ横浜で開催される4th LIVEでクライマックスを迎える「AiRBLUE」だが、9月には「Wind」、10月には「Moon」のリーディングライブを控えているほか、「TVアニメ『CUE!』~応援ありがとう!1on1個別お話し会~」の開催も予定されるなど、まだまだ盛りだくさんの展開が予定されているので、今後の活動もしっかりチェックしておこう。

  • もしもしにっぽんをご覧のみなさま、はじめまして!KAWAII LAB.総合プロデューサーの木村ミサです。

     

    先日、8月9日(火)わたしがプロデュースしているグループ、FRUITS ZIPPERの単独公演「夏休みジッパー!」が横浜1000CLUBで開催されました。

    FRUITS ZIPPERは月1で定期公演を開催しているのですが、ありがたいことに毎回即完売で、めちゃくちゃ嬉しい悲鳴・・・!ですが、少しでも多くの方に単独公演を観ていただきたいという思いから、今回の夏休みジッパー!の開催に至ったのです。今回の連載は、夏休みジッパー!を振り返る回にしたいとおもいます。最後までお付き合いください!

     

    今回のライブのテーマは、「夏休み」。ずっと楽しい気持ちが途切れないまま、最後まで駆け抜けよう!ということで、MCパートを少なめに、自己紹介も曲中の演出として組み込むこと、そして、単独公演では一番の大きな会場でのライブ。FRUITS ZIPPERの定期公演では、毎回違った公演にしているので、今回もなにか新しいことがしたいと思い考えたのがレーザー演出。

    今まで取り入れたことなかったのですが、今回は大きい会場ですし、絶対映える!と導入したのです!

     

     

    そんな今回のセットリストはこちら。

     

    SE long ver.

    1 We are Frontier

    2 Re→TRY & FLY

    3 ふれふるサマー! 自己紹介ver.

    4 君の明るい未来を追いかけて

    MC

    5 わたしの一番かわいいところ

    6 skyfeelan

    〜夏休みジッパー!スッペシャルレーザーショー〜

    7 RADIO GALAXY

    8 完璧主義で☆

     

    アンコール

    わたしの一番かわいいところ

    ふれふるサマー!

     

    序盤のSEからレーザーバッキバキのバッチバチ(るなぴボイス)にしたくて、特別にロングバージョンを作っていただきました。最初はバッキバキのバッチバチに魅せるかっこいい楽曲を。そして、FRUITS ZIPPERの夏曲「ふれふるサマー!」ではサンバのリズムに合わせて自己紹介!メンバーそれぞれの個性が光りまくってて、めちゃくちゃ良かったのではないでしょうか!個人的には、夏休みジッパー!のリハが始まってから、「オレンジ担当の鎮西寿々歌です」が頭から離れなくて大変でした。文章だと伝わりにくいので、なんのこっちゃわからない方は是非おすずに聞いてみてください。

    そして、「ふれふるサマー!」では一体感がほしくて、サビのコーラスを厚めにして、煽りまくるようになりました!メンバーそれぞれの煽りも楽しみにしながら一緒にタオルぶん回してくれたら嬉しいです。

     

    後半戦では、RADIO GALAXYのスッペシャルなレーザーショーを。リハーサルで見させていただいたのですが、メンバーと一緒に大興奮!メンバーがステージからいなくなってもふるっぱー↑の方々の高まりと途切れさせないように、めっちゃかっこいい中にもかわいさがあるFRUITS ZIPPERらしいNEW KAWAII 演出にしていただきました♡

    アンコールの「わたしの一番かわいいところ」では、少し砕けてやってみよう!ということで、すこしラフなバージョンでお届けしましたがいかがでしたか?

    ハイライトは最初の櫻井優衣のパートですかね。きっとそこでメンバー全員がいい意味で砕けることに徹することができた気がします。ありがとう、ゆいちゃん。

     

    今までなかったことに挑戦してみた夏休みジッパー!、夏休みといいつつ、平日にも関わらずありがたいことにSOLD OUTでたくさんの方が来てくれて、楽しかったと感想を教えてくれてとっても嬉しかったです。FRUITS ZIPPERは、ライブで楽しませることを大事にしているので、ワンマン前の単独公演として意味のあるものになったのではないでしょうか。もうすぐに9/121stワンマンライブです。まだまだ止まらずに、夏を駆け抜けてワンマンライブに向けて走り続けていきます。

    書き足りないこともたくさんですが今回はここまでに。それでは、またお会いしましょう♡

     

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

     

  • FRUITS ZIPPER、夏の特別単独公演『FRUITS ZIPPER単独公演~夏休みジッパー!~』ライブレポート

    17.August.2022 | MUSIC

    アソビシステムが手掛けるアイドル文化を世界に向けて発信するプロジェクト「KAWAII LAB.」より誕生した、櫻井優衣、月足天音、松本かれん、早瀬ノエル、鎮西寿々歌、仲川瑠夏、真中まなの7人組アイドルグループ「FRUITS ZIPPER」(フルーツジッパー、通称:ふるっぱー)。
    “原宿から世界へ”をコンセプトに、多様なカルチャーの発信地、個性の集まるファッションの街・原宿から“NEW KAWAII”を発信していくことを掲げ、現在、「わたしの一番かわいいところ」がTikTokで累計2億回以上再生されるなど、デビューの前後から、“ブレイク必至のアイドル”として、活動をしている。

    そのFRUITS ZIPPERが、2022年8月9日(火)に『FRUITS ZIPPER単独公演~夏休みジッパー!~』を横浜1000CLUBにて開催。今回のLIVEは、夏フェスが続く中で、さらに夏を盛り上げようという意味合いと、9月12日(金)の恵比寿LIQUIDROOMでの1stワンマンLIVEに向けて、グループとしてさらに勢いを付けていくべく開催され、計10曲を披露して、観客を終始、虜にしていた。“今1番注目すべきアイドル”を見ようと、会場には多くの人が集まり、平日にも関わらず、チケットはSOLD OUT。ここからもFRUITS ZIPPERの勢いが伺える。

    開演時間になると、暗転して会場にレーザーが照射。色とりどりな照明が照らされた中で、特別なロングSEが流れた。綺麗な音色の後に、エレクトロニックなダンスサウンドとクラップ音で期待を煽るSE。そして、クラップ音に合わせて、メンバーがゆっくりと行進しながら登場し、サウンドに合わせて華麗に踊る。そして、LIVEがスタートした。
    この夏の単独公演の口火を切ったのは、楽曲「We are Frontier」。赤い照明がステージを照らす中、力強いサウンドに合わせて、熱唱をする7人。カッコ良く、綺麗に全身を使いながらキレキレのダンスを披露し、オーディエンスを魅了。ビートに乗りながら、エネルギッシュに歌い、踊る。そんな7人のパワーが溢れる、クールなパフォーマンスに魅了されて、体を揺らすオーディエンス。スタートから盛り上がりを見せた。

    続いて、楽曲「Re→TRY & FLY」を披露。こちらもクールな楽曲で、リズムに乗りながら端麗なパフォーマンスを魅せた。サビでは、拳を掲げながら、ステージ前方へ進む勇ましい姿を見せ、7人が美しいユニゾン歌唱を奏でた。このクールな世界観に浸るファンに、FRUITS ZIPPERの7人もどんどん気合が満ち溢れていく。

    スタートから熱いステージングを魅せるFRUITS ZIPPERだが、ここからさらにたたみかけた。夏曲の「ふれふるサマー!」では、タオルを持って振りながら、愉しげにパフォーマンス。曲中に自己紹介を行い、メンバーの個性を強調させた。タオルを振り回しながらステージを駆け回り、そのメンバーに合わせて、観客もタオル、サイリウムを振って反応し盛り上がっていた。夏に相応しいお祭りのようなステージで、会場はヒートアップ。
    綺麗なサウンドが特徴の「君の明るい未来を追いかけて」では、ジャンプをしたり、手を振ったり、観客に向かって指を差したりなど、キュートな様子を見せた。真摯に歌い上げながら踊って表現する姿に、FRUITS ZIPPERへの想いの強さを感じた。


     

    MCでは、鎮西寿々歌が「毎月定期公演を行っているんですけれど、ファンの皆様から『ちょっとチケットの抽選が当たらないんだけど』というお声を頂いたので、特別にここ横浜1000CLUBにてスペシャル公演を開催することになりました!」と今回この特別公演を開催する経緯と、平日にも関わらず、チケットSOLD OUT、多くの人に来てもらったことに大きな感謝を述べた。

    そしてLIVEも後半へ。話題沸騰中、多くの人々に聴かれ続け、累計でTikTok2億回も再生されている「わたしの一番かわいいところ」では、全面的にキュートなアクトを展開すると同時に7人それぞれの個性を輝かせた。ステップを踏みながら、ノリノリで踊っていく。クロスステップ、手を上げる、ターンなど、細部まで拘るダンスから、アクティブなダンスまで魅せた。ファンも大きく盛り上がり、愉しげな雰囲気へ。それぞれが、“わたしの一番かわいいところ”を見せつけ、7人が“世界で一番かわいい姿”を魅せて、ファンをさらに虜にしていった。続いて、綺麗なメロディーチューン「skyfeelan」を披露。時にファルセットを用いながら美しく歌唱。この歌声を持ち合わせるFRUITS ZIPPERに、大きなポテンシャルを感じた。

    そして、圧巻だったのがレーザーショーと題した特別演出だ。メンバーが一旦ステージから捌けた後、レーザーがステージに照射されながら、FRUITS ZIPPERのロゴやハートロゴが会場に映し出された。七色に光るレーザーと照明、そして重低音のEDM調のサウンドの中、メンバーが再度登場し、華麗に踊る。そして、次の曲「RADIO GALAXY」へ。「RADIO GALAXY」は、Kawaii Future Bassサウンドの楽曲で、ジャンプしたり、スローモーションになったりなど、緩急のあるアクトを展開。ラップパートや熱く歌い上げるパートがあるなど、多種に渡り楽しみが多い楽曲に、愉しげにするメンバーとファン。その関係がとても素晴らしい。

    本編最後の楽曲は「完璧主義で☆」。疾走感溢れるナンバーに対して、全員でステージを横移動したり、2人で大きなハートを作ったり、ピースしたりと、可憐なパフォーマンスを披露。「大丈夫」「いつも真っ直ぐにいられるのは 君がいるから」「すぐそばにいてね」という歌詞にある通り、FRUITS ZIPPERについてきて欲しいと意思表明をすると同時に安心感をも作り出し、その思いの丈をパフォーマンスに宿らせた。

    本編を終え、会場にはステージを去った7人にファンからのアンコールが響いた。アンコールでは、本編でも披露した「わたしの一番かわいいところ」 「ふれふるサマー!」を再び披露。会場の熱量は最高潮へと達し、『FRUITS ZIPPER単独公演~夏休みジッパー!~』は幕を閉じた。

    FRUITS ZIPPERと共に最高の思い出を。FRUITS ZIPPERは、この灼熱の真夏に、最高のLIVEを見せた。これからもFRUITS ZIPPERは、多くの人々と共に最高の思い出を作っていくだろう。そして彼女たちは、さらに躍進していくことが確信できる。そんな、FRUITS ZIPPERから目が離せない。

     

     

    文:石山喜将
    撮影:Masayo

  • BE:FIRST、プレデビュー記念日に「Shining One (Re-recorded)」の先行配信が決定

    17.August.2022 | MUSIC

    SKY-HI率いるBMSGに所属する7人組ダンス&ボーカルグループ、BE:FIRSTが2022年8月12日(金)に千葉市蘇我スポーツ公園にて開催された音楽フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022」に出演し、1st ALBUM「BE:1」のリード曲「Scream」や同日に先行配信された新曲「BF is…」を含めた計9曲を披露、オーディエンスを沸かせた。

    8月12日(金)に突如1st ALBUM「BE:1」から先行配信された楽曲「BF is…」は、これまで4月30日に開催された「VIVA LA ROCK 2022」でのみ披露されたHIPHOPチューンで、メンバー自身も楽曲制作に参加している。

     

    BE:FIRST「BF is…」8月12日 先行配信

    https://BEFIRST.lnk.to/BE1

     

    「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022」では、正にアルバムの一曲目に相応しい、”BE:FIRST”を象徴する一曲「BF is…」から彼らのステージは幕を開け、ストリーミング全世界累計再生回数1億回を突破したヒット曲「Bye-Good-Bye」やジョナス・ブルーとのコラボ曲「Don’t Wake Me Up feat. BE:FIRST」、ロックチューン「Brave Generation」、ALBUM「BE:1」のリード曲「Scream」と、彼らの実力、そして音楽を存分にオーディエンスに見せつけた。

    そんなロッキンでのセットリストは各音楽配信サービスにてプレイリストとして公開されている。ぜひチェックしてみてほしい。

     

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022 SETLIST

    https://befirst.lnk.to/RIJF2022_SETLIST

     

    BE:FIRSTは、ちょうど一年前の8月13日に日本テレビ「スッキリ」にてメンバーが発表された。彼らのプレデビュー1周年の記念日である8月16日(火)には、ALBUM「BE:1」にも収録される「Shining One (Re-recorded)」の先行配信が決定。そして同日20時にはYouTubeにて「BE:FIRST / -???????-」のプレミア公開も決定した。

     

    BE:FIRST / -???????-

    待望の1st ALBUM「BE:1」のリリースも近づいてきている彼らの活動にこれからも目が離せない。

     

    ©ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022

  • SKY-HI、映画「ソニック・ザ・ムービー」にインスパイアされた「Fly Without Wings」リリース

    10.August.2022 | MUSIC

    現役で第一線のアーティストでもありながら、自身が設立したマネジメント / レーベル”BMSG”の社長、そしてボーイズグループBE:FIRSTのプロデューサーとして日々様々なエンタテイメントを提供し続けるSKY-HIが2022年8月19日(金)公開の映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』 のオフィシャルインスパイアーソングとして書き下ろした1曲「Fly Without Wings」が8月22日(月)にリリースされることが決定した。

     

    今作は、ゲーム『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のメインテーマ曲である中村正人作曲の「Green Hill Zone」をベースに制作された同映画の日本版主題歌「DREAMS COME TRUE / UP ON THE GREEN HILL from Sonic the Hedgehog Green Hill Zone – MASADO and MIWASCO Version -」を、☆Taku Takahashi (m-flo, block.fm)が大胆にサンプリング。

     

    SKY-HI 「Fly Without Wings」

     

    同映画にインスパイアされたSKY-HIが自身と重ね合わせ「俺は世界の想定外 翼なんてなくてもFly」とポジティブにラップしていく、DREAMS COME TRUE楽曲の初オフィシャルサンプリングとなるHIP HOPチューンとなっている。

     

    ソニック・ザ・ヘッジホッグ ファンのみならず、幅広いリスナーを鼓舞し、ハートを掴むこと間違い無しの仕上がりとなっているため必見だ。

     

    また、SKY-HIと『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』がコラボレーションしたプロモーションビデオが、パラマウント・ピクチャーズの公式YouTubeチャンネルで公開されているため楽曲・映像ともにチェックしよう。

     

  • 新しい学校のリーダーズ a.k.a ATARASHII GAKKO!、Zepp DiverCity ライブレポート

    24.May.2022 | MUSIC

    新しい学校のリーダーズのワンマンライブ「むむむ!?無名卒業ライブ ~AG! FRIDAY AFTER SCHOOL~」が2022年5月20日(金)に東京・Zepp DiverCityで開催された。

     

    2021年1月に”ATARASHII GAKKO!”名義で、アジア圏出身のアーティストを次々にアメリカの音楽シーンに送り込んでいるメディアプラットフォーム/レーベル”88rising”より世界デビューした新しい学校のリーダーズ。TikTokフォロワーは380万人を誇り、4月にリリースした「NIKE塾」とのタイアップ楽曲「WOO! GO!」は世界中の人々から反響を呼んでいる彼女達だが、今回過去最大規模のワンマンライブに挑みチケットはソールドアウトとなった。

    毎回恒例のチャイムからライブがスタートし、1曲目の「透明ボーイ」から迫力あるダンスを見せつけた。続いて「最終人類」が始まり、去年2万5000人規模の会場で行われた海外フェスで見せたパフォーマンスで日本のファンも虜にした。奇抜で中毒性のある映像が流れ始め、EP『SNACKTIME』のキラーチューン「CANDY」で観客は早くも大興奮。「試験前夜」では彼女達のワンマン初めてのバックダンサー達が登場し、ステージの迫力が一気に増した。

     

    「オトナブルー」からはカラフルな装飾を身に纏ったメンバーが登場し、テレビの中で歌っているような演出が。今までに無い彼女達のステージに、会場中が惹き込まれるように魅入った。「Happy Hormones」ではいつものキレのある彼女達のダンスから一変し可愛らしい一面が見え、観客もメンバーと一緒に手を横に振ったりピースしたりして盛り上がる。スロモーションな動きから始まったイタリアンディスコチューン「Fantastico」では途中リンボーダンスなどの振り付けもあり、彼女達のコミカルな演出も十分に伝わる内容となった。

    突如夜の街の工事現場で警備員を装ったモーリー・ロバートソンが現れ、ロボットダンスを披露。「We are Bestie Girls!」とメンバーが呼びかけ「Intergalactic」がスタートし、彼女達のパフォーマンスに会場中が釘付けに。最後に「みなさん、夜はまだこれからだよー!!」とモーリー・ロバートソンがシャウトし伝説のコラボステージとなった。「Pineapple Kryptonite REMIX」では息を呑むダンスが披露され、続いて「Pineapple Kryptonite」が始まりアクロバティックなパフォーマンスで全体のボルテージはマックスに。

     

    NIKE塾とのタイアップ楽曲「WOO! GO!」ではMIZYUからの振り付け講座もあり観客全員が一緒に振り付けを踊り、会場の一体感も高まった。「Free Your Mind」ではスペイン語の歌詞も披露し、配信で繋がっている世界中の人々にもステージの熱量を存分に伝えた。ステージ最後の挨拶にはメンバー全員が抱き合い、彼女達の仲の良さが溢れ出しファンの目には涙も。

    熱狂と興奮の渦を巻き起こし、大盛況のうちに幕を閉じた今回のライブはレベルアップした彼女達のパフォーマンスが十分に感じられるステージとなった。オフィシャル配信サイトでは本公演のアーカイブ映像が5月21日(土)12:00~5月29日(日)23:59まで有料配信されている。ライブ後すぐのメンバーからのコメントが収録されているのでチェックしよう。

     

    新しい学校のリーダーズ コメント

    今までで一番最高のライブができました!過去のライブは4人で作り上げてきたけど、今回はいろんな人に関わっていただき、大人数で作ってきたからこそ安心感があってお客さんも含め愛情のあるライブだと感じました。言葉が無かったとしても遠くまでお客さんの顔が見れて、初めから終わりまで会場全員と会話ができた気がして、本当に嬉しいです。みんな私達を思ってくれるのが日々SNSとかでも伝わるけど、やっぱり身を持って目線などで感じてみんなとステージ上で愛を確かめる時間ができて素の自分達でいられました。何よりも楽しむ事を最後の最後に再確認して、最高のステージになりました!次はもっと大きな舞台を目指してみんなで愛とハッピーを共有したいです!

    TALENT PROFILE

    新しい学校のリーダーズ

    模範的なヤツばかりが評価される時代、くだらない不寛容社会から、個性と自由ではみ出していく 踊るセーラー服と奇行癖。その名も「新しい学校のリーダーズ」 攻めの利いたダンスとサウンド、独特なキャラクターとMCを武器に2015年7月から全国各地でライブ活動する傍ら、コイケヤ、UNIQLO、GooglAndroid、ロッテFit’s等の企業と、はみ出し具合が絶妙なコラボや出演を重ね、じわり若者に刺さりはじめているらしい。むむむ。

  • AAAドームツアー開催を記念したPRONTOコラボメニュー&グッズ期間限定登場

    13.November.2021 | FOOD / MUSIC

    一部店舗を除く全国の「PRONTO(プロント)」のカフェタイムにて「AAA×PRONTOコラボレーションメニュー・オリジナルグッズ」を2021年11月15日(月)より発売スタート。

     

    プロントは、AAAのドームツアー「AAA DOME TOUR 15th ANNIVERSARY -thanx AAA lot-」の開催を記念して、コラボレーション企画を発表した。AAAのメンバーカラーをイメージしたドリンク5種や15周年をお祝いする花束をイメージした「バジルカルボナーラ」など、プロントでしか味わえない限定コラボメニュー全6品を販売する。また、コラボドリンクを注文した人には、「AAA×PRONTOオリジナルコースター」を、コラボパスタを注文した人には、「AAA×PRONTOオリジナルトレーシート」付でパスタを提供する。

     

     

     

    さらに、コラボレーション期間中、一部店舗で「AAA×PRONTOオリジナルグッズ」を販売。AAA×PRONTOのコラボレーションで、待望のAAAドームツアーを盛り上げる。

     

    ファン必見のコラボメニューとグッズをお楽しみに!

  • BE:FIRST初のワンマンライブがHuluストアで限定配信決定

    01.November.2021 | MUSIC

    SKY-HIが1億円を出資して開催したボーイズグループ発掘オーディション番組「THE FIRST」から誕生した7人組ボーイズグループ「BE:FIRST(ビーファースト)」は、2021年11月3日(水)リリースの1stシングル『Gifted.』でデビュー。11月5日(金)には早くも初のワンマンライブの開催が決定し、その貴重なライブをHuluストアで配信する。



     BE:FIRSTはJUNON、RYOKI、LEO、SOTA、MANATO、SHUNTO、RYUHEIの7名のグループで、プレデビュー曲「Shining One」のMVは公開2週間で1000万回を突破し、デビュー前から大注目のBE:FIRSTの初ワンマンライブをHuluストアでゆっくり堪能することができる。

     

    記念する初ワンマンライブをお見逃しなく!

     

    ⒸBMSG

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US