長崎の街が極彩色の灯りに包まれる幻想的な夜に酔いしれよう

31.December.2016 | SPOT

異国情緒が漂う長崎の街。毎年、旧正月を迎える季節になると、寒空の中でも長崎の街がパッと華やいだような明るい灯りに包まれます。それが、長崎の冬の風物詩にもなっている「長崎ランタンフェスティバル」です。元々は長崎新地中華街の人たちが春節(中国の旧正月)を祝うために始めたものですが、今となっては100万人を魅了する冬の一大イベントとなりました。

2017年のランタンフェスティバルは、1月28日(土)から2月11日(土)の期間中、長崎市内中心部の7カ所に設けられた会場で、約1万5000個ものランタン(中国提灯)や、さまざまなオブジェが長崎の街をあたたかく包みます。

20161226_a_480

 また、1月29日(日)と2月5日(日)には孔子廟と興福寺を結ぶコースで、江戸時代長崎に入港した唐船の乗船員たちが航海安全の神とされる媽祖を興福寺等へ安置するまでの「媽祖行列」が再現されたり、2月4日(土)と2月11日(土)の14:00~16:30にかけて、中央公園から浜市アーケードなどを経由して湊公園までを結ぶルートで清朝時代の皇帝・皇后が町中に出かけて新年を祝う様子をイメージした「皇帝パレード」が開催されたりもします。その他、中国雑技や二胡演奏など、中国文化を色濃く残すイベントも盛りだくさん!

あたたかな灯りの彩りに包まれながら寒さを吹き飛ばし、より一層エキゾチックに生まれ変わる長崎の街を堪能してみてはいかがでしょうか。

 

■Information

点灯期間・時間/1月28日(土)~2月11日(土)〈17:00~22:00〉

※金・土曜は23:00まで点灯〈1月28日(土)のみ18:00~22:00まで〉

※新地中華街会場・浜んまち会場・中央公園会場での点灯は12:00~22:00

※1月28日(土)の17:30~18:00、新地中華街会場と中央公園会場にて点灯式を開催

※1月27日(金)には大みそか(前夜祭)も開催

 

会場

・新地中華街会場:長崎電気軌道・築町駅が最寄り(※イベントは湊公園で開催)。

・中央公園会場:長崎電気軌道・賑橋駅が最寄り。

・唐人屋敷会場:新地中華街会場から徒歩約5分。

・興福寺:中央公園会場から徒歩約10分。

・鍛冶市会場:新地中華街会場または中央公園会場から徒歩約10分。

・浜んまち会場:新地中華街会場または中央公園会場から徒歩約5分。

・孔子廟会場:新地中華街会場から徒歩約10分。

 

問い合わせ先 あじさいコール(長崎市コールセンター)

☎095-822-8888

http://www.at-nagasaki.jp/festival/lantern/

 

■関連記事:温泉街に並ぶ100基の灯籠が幻想的な町並みを演出「第17回うれしのあったかまつり」

■関連記事:色とりどりのライトアップで、市街が光であふれる「ひろしまドリミネーション2016」

 

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US