大友克洋氏の代表作「AKIRA」巨大コラージュ作品、新生”渋谷PARCO”で展示

20.September.2019 | ANIME&GAME / SPOT

パルコは、11月22日(金)開業予定の渋谷PARCOにアート・カルチャーの情報発信の場として「PARCO MUSEUM TOKYO」(パルコミュージアムトーキョー) ・「GALLERY X(ギャラクシーX)」をオープンする。

オープニングを飾るエキシビジョンとして、渋谷PARCO建て替え工事の仮囲いに美術演出した「ART WALL」を再度巨大コラージュ作品として展示する「AKIRA ART OF WALL Katsuhiro Otomo × Kosuke Kawamura AKIRA ART EXHIBITION(アキラ アートオブウォール 大友克洋 ×河村康輔 アキラ アートエキシビジョン)」を開催。活用する「ART WALL」は日本を代表する漫画家・映画監督である大友克洋氏の代表作である『AKIRA(アキラ)』をコラージュアーティストの河村康輔氏と共同で再構築した作品となる。

4F PARCO MUSEUM TOKYOでは約2年に渡り渋谷の街と共存してきた「ART WALL」を工事現場から再発掘し、時間と共にダメージを受けた仮囲いを再度巨大コラージュ作品として展示する。加えて当時の貴重な原画やポスター、 AKIRA作中に登場するオブジェをリアルに再現し、山城組のAKIRA音楽が鳴り響く中でAKIRA ART WALL “AD2019″の歴史を遡ると共にネオトーキョーに入り込んだような体験ができるエキシビジョンも開催。

B1F GALLERY Xでは巨大立体物を展示するインスタレーションを実施。グラフィックデザイン・ゾーン構成並びに空間演出にはアパレルブランドなど、国内外の様々な企業とタッグを組むグラフィックアーティストYOSHIROTTENが率いるYARが担当する。

また作品を使用し、デザインした展覧会記念商品の販売や、アパレルブランドのコラボ商品の販売も行われる。

※商品画像はイメージであり、予告なく変更になる場合がございます。※商品価格は追って公開いたします。

 

海外からの旅行者も多い渋谷での展開にふさわしい、今回の展示会に期待しよう。

 

©MASH・ROOM/KODANSHA ©Kosuke Kawamura ©︎AKIRA ART OF WALL EXHIBITION

RELATED ENTRIES

  • 広瀬アリス・広瀬すずの姉妹写真展「OH MY SISTER! –広瀬姉妹・写真展–」 池袋パルコで開催

    22.October.2019 | SPOT

    池袋パルコ本館7階 PARCO FACTORY*にて2019年11月15日(金)から12月2日(月)の期間、女優・モデルでもある広瀬アリス・広瀬すずの姉妹写真展「OH MY SISTER! –広瀬姉妹・写真展–」が開催される。

    本写真展では二人の気鋭の写真家、藤代冥砂・川島小鳥により撮りおろされた写真を春夏秋冬の4つのゾーンに分けて展示。

    *2019年11月22日に渋谷パルコにPARCO MUSEUM TOKYOがオープンすることを受け、本展覧会よりPARCO MUSEUMから PARCO FACTORYに改称致します

    B2サイズポスター 6種・各900円

    A5サイズ図録

    オリジナルTシャツ 2種・各3,900円

    また、会場内には新規で制作された等身大カットや彼女たちと一緒に撮影できるフォトスポットを用意している他、パルコ限定のオリジナルグッズも販売されるのでお見逃しなく。

     

    ※価格は全て税抜きです ※商品はイメージです。デザインが変更になる場合がございます

  • 新生渋谷パルコ「GALLERY X」オープニングシリーズはAKIRA・オートモアイ・JUN INAGAWAなど

    17.October.2019 | SPOT

    2019年11月22日にリニューアルオープンする渋谷パルコの地下1階にギャラリー「GALLERY X(ギャラリーエックス)」が開業する。2016年の渋谷パルコの建て替えによる閉館に伴い渋谷・スペイン坂に「GALLERYX BYPARCO」として拠点を移設していた「GALLERY X」が新生渋谷パルコに帰ってくる。

    2020年5月まで続くGALLERY Xのオープニングシリーズの第一弾は、日本を代表するマンガ家・映画監督である大友克洋の代表作「AKIRA」の展覧会「AKIRA ART OF WALL Katsuhiro Otomo × Kosuke Kawamura AKIRA ART EXHIBITION」。

     

    「AKIRA ART OF WALL Katsuhiro Otomo × Kosuke Kawamura AKIRA ART EXHIBITION」は、渋谷パルコ4F「PARCO MUSEUM TOKYO」との連動企画。約2年に渡り渋谷の街と共存してきた「ART WALL」を工事現場から再発掘し、時間と共にダメージを受けた仮囲いを再度コラージュを施した巨大作品、当時の貴重な原画やポスター、AKIRA作中に登場するオブジェをリアル再現等、芸能山城組のAKIRA音楽が鳴り響く中でネオトーキョーに入り込んだような体験ができる。GALLERY X では巨大立体物を展示するインスタレーションを実施する。

    オートモアイ(2019年12月予定)

    飯尾和樹(ずん)(2019年12月予定)

    たなかみさき(2020年2月-3月予定)

    JUN INAGAWA(2020年4月予定)

     

    以降も強力なラインナップでお茶の間からハイカルチャーやオタクコンテンツなどバラエティー豊かなラインナップを展開していく。

    ※上記の内容は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

    エンタテインメント性、独自性を追求した新しいカルチャー発信拠点「GALLERY X」に期待しよう。

  • 2019年秋に「ビームス ジャパン 渋谷」オープン!限定商品も登場

    16.October.2019 | FASHION

    ビームスは、2019年12月5日(木)、渋谷駅の新たな玄関口となる「渋谷フクラス」内に開業する「東急プラザ渋谷」にビームス ジャパン業態で、新宿に続き第2の発信拠点となる新店舗をオープンする。

    渋谷限定のフィールド ウォッチ ¥15,000(税抜)

    ビームスを取り巻くコミュニティとともに、日本のモノ、コト、ヒトを発信するプロジェクトBEAMS“TEAM JAPAN” 第2の発信拠点となる「ビームス ジャパン 渋谷」は、日本のカルチャーとファッションを牽引してきた渋谷の街でのオープンに合わせ、“究極ベ ーシック”をコンセプトにしたオリジナルウェアを拡充。

    BEAMS JAPAN ハチ公ロゴ ロングTシャツ ¥7,800(税抜) 

    スクランブル交差点と交通安全モチーフのキャップ 各¥5,800(税抜)

     

    また、100年に一度の再開発のなか国内外の観光客からも注目を集める渋谷駅周辺の、スクランブル交差点、ハチ公像といった観光名所にちなんだ、ここでしか買えない渋谷土産も用意される。 

     

    2016年のオープンから、日本をキーワードとした企業や地方自治体とのコラボレーションを独自の視点から提案してきた、新宿の店舗「ビームス ジャパン」との2拠点体制となったBEAMS”TEAM JAPAN”が、日本の魅力をこれまで以上に国内外へ発信していく。オープンを楽しみに待とう。

     

  • ホテルでお茶会!お茶席形式でのアート鑑賞をhotel koe tokyoで開催

    14.October.2019 | FOOD / SPOT

    「koe(コエ)」が展開する、ファッション・音楽・食・宿泊など多彩なコンテンツを提供するホテル併設型店舗「hotel koe tokyo(ホテル コエ トーキョー)(以下ホテルコエ)」では、「DESIGNART TOKYO 2019」の開催に合わせ、10月19日(土)と10月20日(日)の2日間、 「DESIGNART TOKYO 2019 : Tea ceremony by artless+asahiyaki」 をホテル コエ3Fのプライベートラウンジにて開催する。

    約400年の歴史を持つ京都・宇治の窯元、朝日焼。その16代目となる松林豊斎氏と、ホテル コエのグラフィックデザインを手がける他、グローバルに活躍するブランディングエージェンシー artless Inc. を率いるアートディレクター川上シュン氏がコラボレーション。日本文化である「茶室」の要素を現代的に表現し話題となり、多くの訪日外国人訪れるホテルコエで、日本文化を国内のみならず海外に発信すべく本企画の開催が実現した。

    普段は宿泊者のみが利用できるプライベートラウンジで、アート鑑賞から煎茶+御茶菓子+御抹茶/薄茶というコースを特別に提供。松林豊斎氏本人がお茶を点で、自らの茶碗で提供する。すべての会に作家2名が直接作品について解説を行いながら、お茶が楽しめる。

    この機会に、お茶の魅力を存分に満喫してみて。

  • うんこミュージアムのハロウィンイベント「MAX UNKO HALLOWEEN 〜うんこと踊るハロウィーン〜」

    10.October.2019 | SPOT

    ダイバーシティ東京 プラザ 2階「うんこミュージアム TOKYO」にて、2019年10月4日(金)~31日(木)の期間限定で、ハロウィーン限定イベント「MAX UNKO HALLOWEEN ~うんこと踊るハロウィーン~」が開催されます。MAXうんこカワイイ、新しいハロウィーンイベントの開幕です!

    水に流されたはずのうんこがよみがえる!うんこオバケたちによる限定パレード

    うんこミュージアムのハロウィーンでは、うんこ”アイドル”モンスターや、うんこ映えミイラなど、カワイイうんこオバケたちが皆さんを待っています。ミュージアム内では、うんこオバケたちと、仮装したうんこミュージアムのマスコットキャラクター・ウンベルトによるハロウィーンパレードが定期的に開催されます。皆で一緒にうんこミュージアムオリジナルのうんこダンスを楽しみましょう! 

    ウンコ・ボルケーノからお菓子がフン火!?ミュージアム内がハロウィーン仕様に早変わり

    2019年10月4日(金)~31日(木)の期間中、うんこミュージアム内のいたる場所がハロウィーン仕様に変更されています。 巨大うんこオブジェ「ウンコ・ボルケーノ」からは、普段は定期的に小さなうんこが飛び出てきますが、ハロウィーン期間はお菓子も一緒に飛び出てくる特別仕様に。また、「ウンコ・ボルケーノ」に投影している映像もハロウィーン限定バージョンになる予定です。 

     

    うんこミュージアムのキャストに「トリック オア うんこ?」の合言葉を伝えると、うれしいプチプレゼントをもらえます。勇気を持って、お近くのキャストに声をかけてみてください。すでに来たことがある方も、ひと味違ったうんこミュージアムの一面を楽しむことができます。 

    ハロウィーン限定の公式うんこグッズが登場! 

    カラフルな便器の人気コンテンツ「マイうんこメーカー」のグミがハロウィーンバージョンに!

    うんこカチューシャの販売を開始。みんなでカチューシャを付けて、ウンスタジェニックな写真を撮ろう!カチューシャは、ハロウィーンイベント期間終了後も販売予定です。

    世界でもうんこミュージアムでしか楽しむことができない、うんこを軸にしたハロウィーンイベントで盛り上がろう!

  • 大人可愛い「セーラームーンカフェ2019」東京・埼玉・大阪・愛知・北海道・福岡で開催

    01.October.2019 | FOOD / SPOT

    レッグスは、「セーラームーンカフェ 2019」を2019年10月3日(木)から東京と大阪を皮切りに、全国6都市で開催する。

    レッグスは、2017年9月に25周年を記念した「セーラームーンカフェ 2017」を展開した。大人っぽさの中にもどこか可愛らしさを感じるカフェは人気があり、多くのファンの方々が足を運んだ。このたび、そんなファンの熱い声を受け、新たなコンセプトのもと「セーラームーンカフェ 2019」の開催が決定した。

    今回のカフェのコンセプトは「Girls Night Out(ガールズ ナイトアウト)」。仲間たちと思いっきり遊ぶ夜をイメージしたコラボカフェを展開する。

    セーラー5戦士のトルティーヤラップサンド 1,590円 ※埼玉会場での提供はございません。

    カレンな乙女のブランチパンケーキ 1,590円 ※ランチタイム限定メニュー

    Girls Night Out(チキンステーキプレート) 1,990円 ※ディナータイム限定セット

    コズミックハートベリーサンド 1,690 円

    ムーンナイトパフェ1,490円 ※ディナータイム限定セット

    GirlsNightOutドリンク (10種)
    各890円 (月野うさぎ/水野亜美/火野レイ/木野まこと/愛野美奈子/ちびうさ/天王はるか/海王みちる/冥王せつな/土萠ほたる)

    この他にもかわいいメニューが盛りだくさん!

    アクリルキーホルダー(私服) 全12種ランダム 650円

    クリアバッグ 1種 1,800円

    プレート 1種 2,200円

    可愛いもの好きな女性達を中心に人気を誇るクリエイター「Etoile et Griotte」(エトワール エ グリオット)と、可愛くファッショナブルな作風の中にもオルタナティヴ・スタイリッシュを持ち合わせた世界観を描く日本のイラストレーター・アーティスト「Jenny kaori(ジェニーカオリ)」がカフェ限定グッズのアートを担当した。

    事前予約(650円(税抜)/1名)を利用し、 メニューを注文した方に「オリジナルチケットホルダー(ランダム5種)」を1枚プレゼント。

    カフェを利用し飲食した方には「オリジナルランチョンマット(ランダム4種)」を1枚プレゼント。

    さらに、カフェでドリンクメニューを注文した方に「オリジナルコースター(ランダム10種)」が1品につき1枚プレゼントされる。

     

    大人可愛いおしゃれなメニューやスペシャルなカフェ限定グッズを楽しんでみて。

     

    ※全て税抜価格です。 ※画像はイメージです。

    ©武内直子・PNP・東映アニメーション

  • 渋谷PARCO”ビストロ”系や”ビーガン料理”も!多種多様なレストラン・カフェのメニュー公開

    26.September.2019 | FOOD / SPOT

    2019年11月22日(金)にグランドオープンする渋谷PARCOでは、レストランフロアとして、B1F 「CHAOS KITCHEN(カオスキッチン)」、7F「RESTAURANT SEVEN(レストランセブン)」、各フロアにもフロアコンセプトに合った飲食店を設けている。今回は全37店舗の中から、気になるメニューやコンセプトをご紹介。

     

    B1FCHAOS KITCHEN(カオスキッチン)」

    「食・音楽・カルチャー」をコンセプトにした飲食店と物販店が混在したレストランが集結。

    Ätas(アタズ)

    代官山の人気ビストロ「Ata」が手がける新業態で、テーマは「渋谷系ビストロ」。 巨大なデッキオーブンから熱々のグラタンが、目の前でパンが発酵してピザが焼きあがる。テイクアウトメニューには水餃子やエビまぜ麺。渋谷のミックスカルチャーとビストロをアレンジした新店舗となっている。

     

    うどん おにやんま

    五反田に本店を構え連日行列の「うどん おにやんま」が商業施設初出店。「日本が誇る最強のファストフード=うどん」をコンセプトに、旨いうどんを出来るだけ安く提供することに徹底的にこだわっている。通常メニューに加え、ここだけの限定新メニューも多く登場する。

     

    米とサーカス

    話題の個性派酒場「獣肉酒家 米とサーカス」 。和食ベースのカジュアル「ジビエ料理」や、栄養価の高さと環境負荷の低さから”世界を救う食材”と注目される「昆虫料理」を提供。渋谷PARCOでは、昆虫を使ったスイーツやカフェメニューを楽しめる「バグズ カフェ」としてもカフェタイムには利用できる。

     

    7F「RESTAURANT SEVEN(レストランセブン)」

    国内の方はもちろん、今後ますます増えていく渋谷へ来街する海外観光客も楽しめる飲食店がラインナップ。

     

    松尾ジンギスカン

    北海道のソウルフードジンギスカンの専門店として道民に親しまれている「松尾 ジンギスカン」は、調理されたアツアツのジンギスカンを手軽に楽しめるまったく新しいスタイルのジンギスカン専門店。メニューは、ジンギスカン定食や名物のジンギスカン丼など様々に用意し、フレッシュな野菜を使用したオリジナリティーあふれる料理など、心と体が喜ぶ北海道の味覚ジンギスカンの醍醐味が存分に味わえる。

     

    goo ITALIANO(グーイタリアーノ)

    「goo ITALIANO」は「イタリアの地元のおいしさ」がコンセプト。スタッフ自らイタリアを旅してみつけた、日本ではあまり知られていない地元のおいしさを手頃な価格で提供する。ナポリの地元のおいしさ“パッケリポモドーロ”、 ジェノバで愛されている“フォカッチャ・ディ・レッコ”はその代表格。まだ出会っていないイタリア料理が楽しめるかも!

     

    FALAFEL BROTHERS(ファラフェルブラザーズ)

    ヘルシーなvegan料理専門店が商業施設初出店。野菜たっぷり、ボリューム満点なファラフェルサンドイッチを中心にveganケーキやドリンクも提供。限定スイーツや持ち歩きしやすいTO GOメニューも販売する。

     

    この他にも、多種多様なレストラン・カフェが大集結。ショッピングの休憩に気になるお店に足を運んでみて。

  • 渋谷のオシャレで個性的なサンドイッチ屋さん「BUY ME STAND(バイミースタンド)」

    24.September.2019 | FEATURES / FOOD

    こんにちは!

    もしもしフレンズのばなこです。

    今回は渋谷にあるオシャレで個性的なサンドイッチ屋さん「BUY ME STAND(バイミースタンド)」をご紹介します。

    渋谷は飲食店がたくさんありますが、その中でもサンドイッチと言えばここ!というほどの有名店です。

    JR渋谷駅の新南口から徒歩約5分。ガラス張りで緑と白のシマシマタイプが目印です。

    アパレルブランド「SON OF THE CHEESE(サノバチーズ)」が手がけていて、店内はミントグリーンで統一され、アメリカンヴィンテージ感で溢れています。外観はもちろん、店内までとてもお洒落!二階にはテーブル席があります。

    人気NO.1のメニューAPPLE CHEEKS「アップルチークス」を注文しました。

    オープンキッチンで目の前で焼いてくれます。

    バイミースタンドは基本的にホットサンドを提供しています。ほとんどのサンドイッチにはチーズが入っていて、チーズがとろとろになるまでグリルで蒸し焼きにするのが特徴です!

    こちらがAPPLE CHEEKS「アップルチークス」(¥1,200)。

    断面をよく見てみると・・・

    名前の通り林檎がぎっしり入っています。

    林檎以外の具材は、豚バラ肉、玉ねぎ、カマンベールチーズです。

    林檎が入ってるサンドイッチは味がなかなか想像付かないですが、食べてみると美味しくてクセになる味です。

    カリカリのパンにトロけるカマンベールチーズが豚バラ肉、玉ねぎに絡みつき、そして絶妙な甘さを加えてくれる林檎!口の中が幸せになります。少しボリュームはありますが、サンドイッチに付いてくるコールスローサラダで味を変えながら食べるとペロリと食べれちゃいます。シャキシャキな食感のコールスローサラダです。

    具材たっぷりなのでハンバーガーを食べる時に使うバーガー袋を使って、サンドイッチを紙に包んでかぶりつくのも楽しいです。

    サンドイッチは軽食のイメージだけど、BUY ME STAND(バイミースタンド)のサンドイッチは味もボリュームも大満足!

    朝8時から営業しており、11時までは限定のモーニングもあります。他のサンドイッチも、モーニングメニューも、全部食べてみたくなりました。

    モーニングとランチ、ディナーのメニューは少し違います。

     

    BUY ME STAND(バイミースタンド)は渋谷だけではなく、横浜、福岡、沖縄にまで店舗を広げています。

    どちらのお店もこだわったお洒落な空間です。そんなBUY ME STAND(バイミースタンド)でお気に入りのサンドイッチを見つけてみてはいかがでしょうか!

  • Beasty Coffee by amadana、フラッグシップ店舗Beasty Coffee[cafe laboratory]を奥渋エリアにオープン

    22.September.2019 | FOOD

    プロが使えるコーヒー器具や生産者から届けるコーヒー豆を提供するブランド「Beasty Coffee by amadana」は、フラグシップ店舗としてBeasty Coffee [ cafe laboratory ](ビースティーコーヒー カフェラボラトリー)を奥渋エリアに2019年9月27日(金)に新規出店します。

    Beasty Coffee [ cafe laboratory ] は自社開発のハンドドリップ器具とオリジナルブレンドのコーヒー豆を用いた抽出を中心に、エスプレッソマシンやテスト焙煎機等の設備も導入。ワークショップや実験的な試みも行う、新しい形のカフェです。

    地域に根付いたお蕎麦屋さんの店舗を改装した店構えは和の雰囲気を残し、店内はモルタルを中心とした近代的な設え。

    和洋どちらにも合うウォルナット調の家具やブラックフレームの入口引戸と奥のパーテーションを合わせた和洋折衷の落ち着いた空間となっています。

    ドリップコーヒー

    レモネード

    ハンドドリップの抽出は3種からオーダー可能。防腐剤不使用のレモンとハーブティーを煮出して作ったオリジナルレモネードも提供します。

    ブランドカラーであるネイビーでカラーリングしたエスプレッソマシンではオリジナルブレンドを使用したカプチーノなどを提供。

    さらにカフェの奥のラボスペースでは、テスト焙煎機2台を中心に、愛されるコーヒーを求めてオリジナルブレンドの開発を日々研究していくそう。

     

    開発を重ね、常においしいコーヒーを提供していくお店と聞くと、何度も足を運んでみたくなりますね。渋谷でおいしいコーヒーが飲みたい時は、奥渋エリアにあるBeasty Coffee [ cafe laboratory ]に出かけてみて。

  • 話題の”うんこ“展覧会、福岡パルコで開催決定

    20.September.2019 | SPOT

    福岡パルコと東山動植物園(名古屋市)がコラボレーションした“うんこ”の展覧会「うんこ展 うんこ学園の文化祭 ㏌ 福岡」が9月27日(金)より新館B1Fにて9月27日(金)~10月27日(日)の期間にて開催する。

    「国語」コーナーでは、うんこ例文で埋め尽くされた空間を‟見て書いて“楽しめる。

    「野外授業」コーナーでは、動物の本物のうんこを‟見て嗅いで“楽しむ企画が登場。※写真は池袋会場 ​

    「うんこ算数ドリル3年生」表紙の前でうんこ算数先生と同じように時計の針になれるフォトスポットも登場する。

    会場の最後には、なんと試験会場が!オリジナルのテストを受けることが出来る。会場内をしっかり見ていれば答えられるはず…?

     

    その他、会場限定のオリジナルグッズをはじめ「うんこドリル」オフィシャルグッズも取り揃えている。

    ポストカード5枚セット価格:400円

    クリアファイル 価格:300円

    西日本限定 トイレットロール 価格:348円、キャラテープカッター 価格:700円、レザーふとんブック (左:フラワー柄/右:ドロップ柄)価格:各500円

    この他にも、楽しいコンテンツやグッズが盛りだくさん。ぜひ足を運んでみて。

     

     

    ※画像はイメージです。※グッズの価格は全て税抜きです。※イベント内容は変更になる場合がございます

  • パルコ50ブランドのおすすめコーディネートを紹介。2019年秋冬ファッションキャンペーン「50 STYLES 50th PARCO」

    13.September.2019 | FASHION

    パルコは、2019年に開業50周年を迎えたことを記念し、モデルのNikiがメインアイコンを務める2019年秋冬のファッションキャンペーン「50 STYLES 50th PARCO」を9月12日(木)より展開。

    BEAMSコミュニケーションディレクター・土井地博氏

    TOMORROWLAND営業販売部門スーパー エー マーケット兼商品部門バイヤー・山野邉彩美氏

    「50 STYLES 50th PARCO」では、特設WEBページにて、パルコに出店する50ブランドによる2019年秋冬のおすすめコーディネートや、ファッション業界の現場で働く50ブランドの「大切にしているファッションルール」や「この秋気になるトレンド」など、5つのQ&Aをまとめたコラムを紹介。パルコの50周年を祝し、50ブランドの中にはBEAMSコミュニケーションディレクター・土井地博氏やTOMORROWLAND営業販売部門スーパー エー マーケット兼商品部門バイヤー・山野邉彩美氏をはじめとした、今日のファッション業界を牽引する方達も参加している。

     

    また、期間中に対象の50ブランドで買い物をした方に、応募フォームのQRコードが記載されたステッカーを配布。応募フォームより応募した方の中から抽選で51名の方に、出演者が紹介したコーディネートに使用しているアイテムが1点プレゼントされる。

    キャンペーン参加ブランドリストは、特設ページでチェックしてみて。

  • 夜間営業や空港バスの乗り入れも!新しいインフォメーションセンターが渋谷に誕生

    31.August.2019 | SPOT

    東急不動産株式会社は、「渋谷フクラス」1階部分に設立する観光支援施設(ツーリストインフォメーションセンター)の名称を「shibuya-san(シブヤサン)」に決定した。開業は2019年12月を予定している。

    この施設名称は、「渋谷 + さん(敬称)」の造語で、初めて渋谷に訪れる外国人にも親しみをもって呼んでほしいという意味を込めたもの。ロゴマークはインフォメーションセンターのピクトマークである「i」 マークを擬人化させ制作された。

     

    渋谷の一員になれる場所。外国人目線の「観光支援機能」

    本施設では、外国人留学生を中心に、欧米やアジアをはじめとした様々な国籍の外国人スタッフが“観光コンシェルジュ”となり、“外国人目線”で多様な渋谷の魅力を伝えていく。

    また、これまでのツーリストインフォメーションセンターでは通例であった対面カウンターでの観光案内を廃止し、訪れるツー リストに寄り添った観光案内を提供。

    さらに、世界108都市39ヶ国で展開するシティガイド「タイムアウト」の東京版、「タイムアウト東京」が製作・編集する英語版のガイドマップを施設内に設置し、観光情報を提供する。

     

    アートをきっかけに世界と渋谷が交わる場所 「アートセンター機能」

    本施設は、日本初のアートセンター併設型観光支援施設。

    渋谷駅前という好立地を活かし、アートを通じた多様な体験機会を提供していく。また、「旅・都市・人」に着目し、展示や公演だけではなく、参加や体験を通じてアーティストと交流できる事業を展開する。

    小さなアートセンター「shibuya-san」は、アートをきっかけに、 世界の人と渋谷の人とが交流できる、すべての人々へとひらかれた多様性ある文化拠点を目指していく。

     

    夜間営業」により、渋谷の夜間観光を推進

    本施設では、観光庁が提言するナイトタイムエコノミーの実現に向けて、営業終了時間を周辺のツーリストインフォメーションセンターよりも遅い23時までとし、渋谷の夜間観光を推進。

    施設内に併設したドリンクカウンターでは、夜間にアルコールを提供し、コミュニケーションが生まれるイベントも定期的に開催することで、立ち寄った国内外のツーリストと渋谷に住む方、働く方達との交流が生まれる場所としても利用できる。

     

    目の前のバスターミナルには羽田・成田両空港からリムジンバスが乗り入れ

    本施設の目の前のバスターミナルには、一般路線バスに加え、羽田・ 成田両空港から空港リムジンバスが乗り入れる予定。

    渋谷を訪れる国内外の観光客にとっての渋谷駅西口の新たな玄関口としての役割を果たす。乗り入れの開始は12月上旬を予定している。

     

     

    渋谷を訪れる際は、新たな観光支援施設をぜひ利用してみて。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US