大友克洋氏の代表作「AKIRA」巨大コラージュ作品、新生”渋谷PARCO”で展示

20.September.2019 | ANIME&GAME / SPOT

パルコは、11月22日(金)開業予定の渋谷PARCOにアート・カルチャーの情報発信の場として「PARCO MUSEUM TOKYO」(パルコミュージアムトーキョー) ・「GALLERY X(ギャラクシーX)」をオープンする。

オープニングを飾るエキシビジョンとして、渋谷PARCO建て替え工事の仮囲いに美術演出した「ART WALL」を再度巨大コラージュ作品として展示する「AKIRA ART OF WALL Katsuhiro Otomo × Kosuke Kawamura AKIRA ART EXHIBITION(アキラ アートオブウォール 大友克洋 ×河村康輔 アキラ アートエキシビジョン)」を開催。活用する「ART WALL」は日本を代表する漫画家・映画監督である大友克洋氏の代表作である『AKIRA(アキラ)』をコラージュアーティストの河村康輔氏と共同で再構築した作品となる。

4F PARCO MUSEUM TOKYOでは約2年に渡り渋谷の街と共存してきた「ART WALL」を工事現場から再発掘し、時間と共にダメージを受けた仮囲いを再度巨大コラージュ作品として展示する。加えて当時の貴重な原画やポスター、 AKIRA作中に登場するオブジェをリアルに再現し、山城組のAKIRA音楽が鳴り響く中でAKIRA ART WALL “AD2019″の歴史を遡ると共にネオトーキョーに入り込んだような体験ができるエキシビジョンも開催。

B1F GALLERY Xでは巨大立体物を展示するインスタレーションを実施。グラフィックデザイン・ゾーン構成並びに空間演出にはアパレルブランドなど、国内外の様々な企業とタッグを組むグラフィックアーティストYOSHIROTTENが率いるYARが担当する。

また作品を使用し、デザインした展覧会記念商品の販売や、アパレルブランドのコラボ商品の販売も行われる。

※商品画像はイメージであり、予告なく変更になる場合がございます。※商品価格は追って公開いたします。

 

海外からの旅行者も多い渋谷での展開にふさわしい、今回の展示会に期待しよう。

 

©MASH・ROOM/KODANSHA ©Kosuke Kawamura ©︎AKIRA ART OF WALL EXHIBITION

RELATED ENTRIES

  • ONE OK ROCK、モンスターエナジーと期間限定ポップアップを東京・渋谷にオープン

    29.June.2022 | FOOD / MUSIC / SPOT

    日本のみならず、世界で活躍の場を広げているロック・バンド、ONE OK ROCKは、先日モンスターエナジーとのスポンサーシップを発表し、早速、第一弾のコラボレーション企画が決定した。2022年6月28日(火)から7月4日(月)までの7日間限定で「モンスターエナジー × ONE OK ROCK」のポップアップスペースをオープンする。

     

    会場では、モンスターエナジージャパン公式Twitterアカウント(@MonsterEnergyJP)をフォローすると、ポップアップスペース限定のコラボステッカーと、『モンスターエナジー』もしくはトロピカル果汁モンスター『モンスター パイプラインパンチ』をゲットすることができる。

    また、豪華コラボ景品が当たるキャンペーンも開催。ポップアップスペースの様子を撮影し、写真と共にハッシュタグ「#MonsterOOR」を付けてTwitterに投稿すると、ONE OK ROCKサイン入りコラボポスターが抽選で10名に当たる。

    モンスターエナジー × ONE OK ROCKの限定コラボアイテムを手に入れられるチャンスとなっている。リリースしたばかりの新曲「Save Yourself」も楽しめるスペースとなっているので、この機会に会場へ足を運んでみては?

  • 2022年秋、東京リベンジャーズの聖地 「渋谷」を舞台としたリアル脱出ゲームが勃発

    23.June.2022 | ANIME&GAME / SPOT

    株式会社SCRAPは、完売公演が続出した大人気イベント「リアル脱出ゲーム×東京リベンジャーズ」の最新作『東京卍會渋谷大抗争からの脱出』を2022年秋より渋谷にて開催する。

     

    原作発行部数5000万部を突破し、アニメ、映画、舞台とさまざまなメディアミックス展開がされている大人気作品の『東京リベンジャーズ』。東京リベンジャーズとリアル脱出ゲームが初めてコラボした『終わらない東卍抗争からの脱出』は2022年2月より開催され、開催スタートから2ヶ月先のチケットまで即完売するなど多くの人を熱狂させた。

    そんな大人気イベントである「リアル脱出ゲーム×東京リベンジャーズ」の最新作『東京卍會渋谷大抗争からの脱出』が開催決定! 本イベントは、東京リベンジャーズの作中でも数多く描かれている聖地「渋谷」全域を舞台として、2022年秋に開催する。東卍メンバーの相棒と協力しながら渋谷の街を駆け回り、運命に抗う体験は、東京リベンジャーズファン必見だ。

     

    また、イベントの開催決定を記念して、7月1日(金)〜7月24日(日)に「SCRAP×東京リベンジャーズ」スタンプラリー企画『渋谷に潜む東卍メンバーを探せ!』の実施も決定。東京卍會の一員として渋谷を歩き、手がかりをもとに街に潜む東卍メンバーを探しに行き、メンバーを見つけた証であるスタンプを集めていく。実際の渋谷で、東卍メンバーの存在を感じながら楽しめるこの企画は誰でも無料で参加可能だ。さらに、スタンプをすべて集めると、本企画限定のデザインのイラストカードがプレゼントされる。


    リアル脱出ゲームの詳細は2022年8月17日(水)に発表予定。熱くて泣けるイベントの続報に期待しよう!

  • 大人気TVアニメ『SPY×FAMILY』×Chugai Grace Cafeコラボカフェが渋谷で期間限定開催

    30.May.2022 | ANIME&GAME / FOOD / SPOT

    大人気TVアニメ『SPY×FAMILY』のコラボカフェ「TVアニメ『SPY×FAMILY』 × Chugai Grace Cafe」が2022年6月2日(木)から6月19日(日)までの期間限定で渋谷モディ7F Chugai Grace Cafeにて開催する。

     

    コラボメニュー

     

    仲直りミッションオムライス

    アーニャの好きなナッツのパンケーキ

    目指せインペリアル・スカラー星(ステラ)パフェ

    ヨルのブラッディオレンジジュース

    ユーリのフーガリア産お土産ワイン風ドリンク

     

    グッズ

     

    トレーディング缶バッジミニキャラver.

    トレーディングアクリルスタンドミニキャラver.

    トレーディングアクリルキーホルダー

    トレーディングブロマイド(ランダム2枚)

    アーニャのダイカットクッション

    ブリキ缶入りハンカチ

    スマホリング

     

     

     

    コラボメニュー注文特典/事前WEB予約特典:コースター1枚

    グッズ購⼊特典:ポストカード1枚

    コラボカフェでは、「仲直りミッションオムライス」や「アーニャの好きなナッツパンケーキ」などキャラクターをモチーフにした様々なコラボメニューが登場。カフェ衣装のミニキャライラストを使用したオリジナルグッズも販売される。

     

    『SPY×FAMILY』ファン必見のコラボカフェでティータイムを楽しんで。

     

    ©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

     

  • TVアニメ「平家物語」高野文子 キャラクター原案展示が京都にて開催決定

    03.May.2022 | ANIME&GAME / MOVIE / SPOT

    2022年1月から3月にかけて、フジテレビ「+Ultra」ほかにて放送され、各種配信サイトでも好評配信中のTVアニメ「平家物語」。キャラクター原案を担当した高野文子による愛すべきキャラクターたちの展示と、「まるで絵画のよう」と絶賛された美術を収録した画集『「平家物語」の彩[いろ]』の発売が決定した。


    TVアニメ「平家物語」の完結および映画『犬王』の公開を記念し、両作品のキャラクター原案を務めた漫画家の高野文子・松本大洋による原案展示が、2022年4月21日(木)~6月27日(土)にかけて、京都国際マンガミュージアム ギャラリー4にて行われる。「平家物語」と『犬王』は、ともに作家の古川日出男が新訳/執筆した小説を原作とし、サイエンスSARUによってアニメ化。「平家物語」の平安末期から『犬王』の室町(南北朝)時代まで、作中では200年の時を隔てており、物語に直接の繋がりはないが、平家の呪いを受け盲目になった琵琶法師・友魚(ともな)と異形の能楽師・犬王による、もうひとつの「異聞・平家物語」が『犬王』といえる。本展示は、高野文子・松本大洋によるキャラクター原案が、両作の舞台となった京都にて並ぶ貴重な機会となっている。


    そして、風光明媚な背景美術の世界を一冊に凝縮したTVアニメ「平家物語」の美術画集『「平家物語」の彩[いろ]』は6月に出版される。出版元は内藤礼や川内倫子などのアートブックも手掛けるHeHe(ヒヒ)。本編から選りすぐった美術設定・美術ボードに、美術監督の久保友孝(でほぎゃらりー)×山田尚子監督の語り下ろし対談を収録。平安末期の世界を綴じ込めた、決定版にして保存版となる画集。本日から「平家物語」公式サイトにて先行予約の受付を開始する。先行予約限定特典として、特製グッズを全員にプレゼント。先行予約期間は2022年5月10日(火)までの一か月間となる。

     

    ©高野文子 /「平家物語」製作委員会 
    ©松本大洋 /2021 “INU-OH” Film Partners

  • GUCCI LOVE PARADEを体感できる空間とカフェが東京・渋谷 ミヤシタパークに出現

    26.April.2022 | FASHION / SPOT

    グッチは、2022年4月23日(土)から5月31日(火)まで、東京・渋谷のミヤシタパークを舞台に、最新コレクションGUCCI LOVE PARADEをテーマにした体験型イベントGUCCI LOVE PARADE TOKYOを開催する。往年のハリウッドのグラマラスな魅力をグッチの折衷的な美学でコンテンポラリーに再解釈したその世界観を3つのロケーションで展開し、魅惑と驚きに満ちたエクスクルーシブな体験へゲストを誘う。

    グッチ 渋谷 ミヤシタパークでは、昨年11月にロサンゼルスの名所であるハリウッド大通りで発表した最新コレクションを祝して特別なインスタレーションを展開。輝きに満ちたハリウッドスターたちのルールにとらわれない自由なスピリットが体現された多彩なルックを展示した数々の空間。そして、ショーが開催されたハリウッド大通りにいるかのような写真を撮影できるコーナーや、ハリウッド女優のバックステージを彷彿とさせるスペース、さらに映画撮影の待ち時間にスターたちが集っていたことを思わせるレトロなゲームルームを展開する。

    またRAYARD MIYASHITA PARK North 1階では、ストリートカルチャー&ファッションの発信地であるミヤシタパークへのオマージュとして、最新のスタイルを含む多彩なデザインのグッチ スニーカーを一堂に揃えた期間限定ショップGUCCI SNEAKER ROOMをオープン。さらにRAYARD MIYASHITA PARK North のルーフトップパークから続くホテルsequence MIYASHITA PARK 4階にGUCCI CAFÉ by VALLEY PARK STANDを期間限定でオープンし、ミヤシタパークの解放的なリラックス感とグッチ独自の美学が融合した空間で、ハリウッドにあるイタリアンバルをイメージしたメニューを提供する。

    同時にイベントの開催中、グッチLINE公式アカウントからコネクトした人だけが参加できるスタンプラリーを実施!3つのロケーションを巡ってスタンプを集めると、本イベントだけでしか手に入らないGUCCI LOVE PARADEスペシャルギフトをゲットできる。(数量限定)

    東京のコンテンポラリー アーバンシーンをリードする渋谷の独創的かつダイナミックなカルチャーとグッチの最新コレクションによる折衷的な美学を組み合わせたGUCCI LOVE PARADE TOKYOで、でエクスクルーシブなショッピングを楽しんで。

     

  • キャラクターOSAMU GOODS®ヒストリー『オサムグッズ45周年 展』開催

    15.April.2022 | FASHION / SPOT

    コージー本舗は、1976年に原田治氏とコージー本舗のグループ会社「ダスティミラー」社の共同制作により誕生したキャラクター「オサムグッズ/OSAMU GOODS®」の誕生45周年を記念して 、原田氏が生まれ育った築地に開設されたイラストレーターの養成スクール「パレットクラブ」で展覧会を開催する。

     

    限定グッズ

    1970~90年代に描かれた貴重な原画、版下、当時のグッズはもとより、ダスティミラー社のショップバッグやファンクラブ会報なども展示される。当時を知るファンにはなつかしくもちょっぴりせつなくなる再会の場として、最近オサムグッズを知ったファンには新鮮なおどろきに出会える場として、誰でも楽しめる展覧会となっている。

     

     

    ノスタルジックな思い出に出会える「オサムグッズ45周年 展」へ足を運んでみては?

     

  • 日本を代表する影絵作家・藤城清治の作品を展示販売する版画展開催

    12.April.2022 | FASHION / SPOT

    小田急百貨店町田店では、2022年4月13日(水)から4月19日(火)までの期間限定で、5階催物場にて日本を代表する影絵作家・藤城清治の版画展が開催される。

    1924年東京に生まれ、98歳にして創作活動を続けている藤城清治氏は、慶応義塾大学在学中より影絵劇創作活動を始め、大学卒業後、人形と影絵の劇団ジュヌ・パントル(後の木馬座)を結成。編集者の花森安治氏に才能を認められ、雑誌「暮らしの手帳」に影絵を長年連載した。

     

    本展では、藤城の長年の創作テーマである「生きるよろこびや生きる楽しさ」を透明感あふれる光と影で表現した、オリジナルジクレー版画約90点の展示販売をはじめ、ポストカード、クリアファイル、図録などのオリジナルグッズも合わせて販売する。
    また、2007年に神奈川県の保育園に設置した陶板壁画の原画として制作した「四季のよろこび〈地球はうたう〉」と「四季のよろこび〈時は流れて〉」の連作2作品のジクレー版画を数量限定にて販売される。

     

    透明感あふれる光と影を表現した影絵作品を楽しんで。

     

    ©Seiji Fujishiro/HoriPro 2007 ジクレー

     

  • 東京・銀座 蔦屋書店にて“女の子”を描く若手女性作家3名による展示会「かわいい。とは何か。」開催

    08.April.2022 | FASHION / SPOT

    銀座 蔦屋書店は、5周年記念企画として、“女の子”を描く若手作家として活躍中の女性作家・石井海音、野澤梓、永田優美の3名による新作展示「かわいい。とは何か。」を2022年4月2日(土)から4月22日(金)の期間限定で店内アートウォールギャラリーにて開催している。

     


    石井海音は油彩、野澤梓は漫画のスタイルをベースにしたアクリル、永田優美は日本画を通して、かわいいを追求し表現する今注目の作家3名。彼女たちの作品は、誰かのための“かわいさ”(女の子の客体化)を追求しているのではなく、自らがかわいいと感じ考える自分のための“かわいさ”を主体的に真剣に追及しているのが特徴で、多くの人々を惹き付ける理由もそこにあると企画者は考えた。

    石井の作品は、幼い頃から描いてきた絵や日常の延長線上である作家の個人的経験が多くのモチーフとして描かれている。“かわいい”を意識して描かれる独自のキャラクターに加え、線づかいも魅力となっている。構図は2次元的な構成ながら、画中画や、窓、鏡、瞳といった別の世界へ広がる可能性を秘めたモチーフ、ときにはレイヤーとして重ねて描かれる線により、多層的な空間の広がりや時間の重なりなど、3次元、4次元的な印象を受ける絵画を制作する。

    野澤にとって“かわいい”ということは作品制作にあたり重要な要素となっている。彼女が描く少⼥の輪郭は、⽩い線で描かれていて、それ以外の線は⿊、またはブルー、ピンクなどのパステルカラーで縁取られている。⼿描きであることを強調するかのように、不安定な軌跡で少⼥の輪郭をなぞった作品は、落書きしたプリクラを⼿帳へ貼り、さらに⼿描きでデコレーションを重ねるという00世代を中⼼に多くの世代に懐かしいカルチャーを連想させる。ノスタルジックでセンチメンタルなイメージを内包する独特な趣を重ねて唯⼀無⼆の作品に仕上げている。

    永田作品に登場する女の子たちは、彼女自身の投影。彼女が着用したい服装、とってみたいポーズを作品の中で縦横無人に展開し、自らのすべてを描くことを厭いながらも、支持体の上に余すところなく広げる。日本美術の支持体、絵具、技法をもって、彼女の思う“かわいい”を追求する。時に登場する水玉模様は、女の子または女性の象徴的な要素として描かれもしている。また、永田は作品の図的な構成にも重きを置いており、日本絵画における構図の再構築を試みている。

    本展では、石井の油彩作品2点とドローイング作品13点が公開され、これだけの数のドローイングが一挙に公開されるのは今回が初。さらに、野澤の作品は新シリーズであるポートレートシリーズが3点、永田の作品は風神雷神図屛風を想起させる新作をはじめ9点が公開される。
    “かわいい”は、現代日本文化のキーワードの一つとなっており、海外でも注目されるアトリビュートでもあると言えるだろう。

    今回の展示を通して、世界からも注目される“かわいい”の本質について考えてみよう。

  • 『NANA』などの大人気漫画家・矢沢あいの展覧会「ALL TIME BEST 矢沢あい展」のキービジュアル公開

    02.April.2022 | ANIME&GAME / SPOT

    東京、大阪、横浜の高島屋3店舗にて開催される展覧会「ALL TIME BEST 矢沢あい展」の開幕に先立ち、漫画家の矢沢あい氏が本展のために描きおろしたキービジュアルが解禁された。

     

    恋愛漫画の金字塔『天使なんかじゃない』、1990年代の少女マンガを代表する『ご近所物語』、『下弦の月』、『Paradise Kiss』、そして社会現象を起こした『NANA』など、数多くの人気作を世に送り出している矢沢あい。「ALL TIME BEST 矢沢あい展」は、その“ベストアルバム”と言える。
    本展では、100点以上におよぶ直筆原画やイラストとともに、初公開の関連資料から当時のふろくカットに至るまで厳選されたアイテムを展示する。

     

    キービジュアルでは、本展開催をきっかけに作品の垣根を超えて、『NANA』の大崎ナナと『天使なんかじゃない』の須藤晃(あきら)のスペシャルコラボレーションが実現した。さらに矢沢あい氏がプロデュースした展覧会ロゴがキービジュアルと相まって展覧会を飾る。

    恋も、夢も、おしゃれも、人生で大切なことは矢沢あい作品から教わった—— 。今もなお変わらずに私たちの背中を押し続けてくれる珠玉の名作の数々に、会場で触れてみて。

     

    🄫矢沢あい/集英社 🄫矢沢漫画制作所/集英社 🄫矢沢漫画制作所/祥伝社

     

  • 大人気パペットアニメ『PUI PUI モルカー』初の展覧会POP UP SHOPが静岡PARCOに上陸

    01.April.2022 | ANIME&GAME / SPOT

    静岡PARCOは、2022年3月30日(水)より4月10日(日)までの期間限定で、全国7都市のPARCOで累計4.5万人動員した大人気パペットアニメ『PUI PUI モルカー』初の展覧会「PUI PUI モルカーTOWN」のPOP UP SHOPを開催する。

     

    『PUI PUI モルカー』は、テレビ東京系列『きんだーてれび』で昨年1月から3月にかけて計12話放映された大ヒットアニメ作品。モルモットが車になった独特の世界観に、ストップモーションの技法が加わった、見里朝希監督によるTVアニメ初シリーズ監督作品となっている。

     

    特大フォトスポット

     

    グッズ

    缶バッジ 全21種

    アクリルキーホルダー

     

    ミニキャンバス

    ジオラマアクリルスタンド

    ブランケット

    標識アクリルスタンド



    会場には、実寸大のモルカーに乗車して記念撮影ができる、特大フォトスポットが設置される他、本展のために特別に描き下ろされたメインビジュアルを使用した展覧会記念商品を販売。2021年7月の渋谷PARCOでの開催を皮切りに、浦和、名古屋、福岡、仙台、広島、心斎橋の7都市をまわり、延べ4.5万人を超える動員を記録した本展覧会のPOP UP SHOPとして静岡初上陸となるポップアップへ足を運んでみては?
     

  • TVアニメ「東京リベンジャーズ」、東京卍會結成記念日&スペシャルイベント開催決定

    01.April.2022 | ANIME&GAME / SPOT

    TVアニメ「東京リベンジャーズ」のスペシャルイベント開催が決定した。イベントタイトルは、TVアニメ『東京リベンジャーズ』愛仁夢化解禁弐周年&結成記念!東京卍會羅威舞(ライブ)。

     

    開催日時は作中のチーム・東京卍會の結成記念日であり、2019年アニメ化が発表された日でもある2022年6月19日(日)で、結成された渋谷にちなんで、会場はベルサール渋谷ガーデン。登壇は主人公花垣武道役・新祐樹ほか豪華キャストを予定している。今回は羅威舞(ライブ)ということで、各キャストが発売中のEPシリーズに収録された各キャラクターのイメージソングを歌唱予定となっており、チケットは3月26日より販売を開始した。

     

    “聖夜決戦編”制作決定PV

     

    東京卍會結成記念日に渋谷で行われる『東京リベンジャーズ』初のライブイベント、ぜひ参加してみては。

     

     

    ©和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

  • ドコモと少し先の未来を想像するデザイン展「想像する余白」が東京・六本木で開催

    20.March.2022 | FASHION / SPOT

    NTTドコモは、通信がもたらす様々なこれからの「豊かさ」を模索するために、デザインの観点から、少し先の未来の暮らしを考察することで「プロダクト」の方向性を探る展示会「少し先の未来とデザイン『想像する余白』展」を、2022年3月19日(土)から3月27日(日)までの期間限定で東京・六本木「21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3」で開催する。本展は、当社のプロダクトデザインチームと外部デザイナーが共同で行った「デザイン研究プロジェクト」に関する展示会となっている。

     


    研究プロジェクトのテーマは「人と技術が調和したなめらかな暮らしとは」。近い未来の人々の生活のあり方を模索したプロセスとして、製品・デバイス等の「プロトタイプ(アイデアの検証目的の試作品)」などを展示する。本展示会では、デザイナー達の思考や検討プロセスを、プロトタイプやスケッチ、言葉として展示。特徴は、展示するプロトタイプがいずれも「未完成」である点だ。

     


    完成形ではないからこそ、「人と技術が調和したなめらかな暮らし」を模索した思考プロセスや、使う人の気持ちや状況に寄り添うための形、色、素材などを検討した痕跡を見ることができる。このプロトタイプは、スピーカーやプロジェクター、モビリティーなど様々です。プロトタイプと併せて、着想に関連したキーワードや、構想の過程でのスケッチ、デザイン画、素材などを、壁から床まで、空間をフルに使った構成で展示。あえて未完成のプロトタイプとアイデアの過程を提示することで、「想像する余白」をつくり、見る人の想像力を喚起する。「想像する余白」というタイトルには、先行きが不透明な時代、様々な価値観が表出してくる中で、未来を一方的に定義するのではなく、来場者と一緒に考えたいという想いが込められている。

     

    「少し先の未来を自由に想像して欲しい」という思いが込められた「想像する余白」展へ足を運んでみては?

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US