関東最大級!小田原フラワーパーク「渓流の梅園」の梅の花が見頃に

17.February.2020 | FOOD / SPOT

神奈川県小田原市にある小田原フラワーガーデンでは、関東最大級となる約200品種480本の規模をもつ「渓流の梅園」で、梅の花が見頃を迎えている。また、花の見頃にあわせたイベント「梅まつり」を2020年3月8日(日)まで開催しており、イベント期間中は無休で開園する。

渓流の梅園は、早咲きから遅咲きまで約200品種480本の花梅が植栽された、関東でも最多級の品種数を誇る色鮮やかな梅園。梅まつりは毎年テーマを決めて知られざる梅の魅力を発信しており、2020年は”珍しい梅~初春の令月にして稀代の梅~”がテーマとなっている。

渓流の梅園には、薄黄色の細い花弁が特徴的な「黄金梅(おうごんばい)」など、他では見られない珍品種の梅が植栽されている。今年は植栽品種の中でも特に珍しく、個性的な特徴をもつ珍しい梅にスポットライトを当てて紹介。ぜひ色々な梅をチェックしてみてほしい。

梅まつりそば 600円(税込) ドリンクセット 700円(税込) *イメージ

さらに園内のカフェでは、梅まつりの開催期間中、園内の「カフェハイビスカス」では期間限定の梅メニューを販売。今年新発売の「梅まつりそば」は、梅まつりに来たらぜひとも味わってほしい、園オリジナルのメニュー。小田原産の梅肉・かまぼこ・かきあげ・ねぎがトッピングされた。スタッフが試行錯誤してたどり着いた「つゆ」にも注目してほしい。そのほかにも南高梅を使用した口当たりさっぱりな「梅アイス」など、梅鑑賞にぴったりな梅グルメをご賞味あれ。

 

小田原フラワーパークは入園無料・駐車場も無料!梅の見頃は3月上旬ごろまで続く見込みだが、早咲き品種や中咲き品種を楽しむなら今の時期がおすすめ。 天気のいい日にぜひ足を運んでみて。

RELATED ENTRIES

  • 梅の名所 横浜三溪園で楽しむ「観梅会」

    26.February.2020 | SPOT

    古くから梅の名所として有名な三溪園は、竜が地を這うような枝ぶりの「臥竜梅(がりょうばい)」や中国・上海市から贈られた、花弁を支える萼の部分が緑色の「緑萼梅(りょくがくばい)」など、めずらしい種類を含む約500本の梅の木と花と香りが園内を彩る。

    「観梅会」は2020年2月8日(土)~3月1日(日)まで開催され、期間中外苑の奥にある六角のあずまや「初音茶屋」では、茶釜をつるして麦湯をふるまっている。また、日光猿軍団のパフォーマンスや獅子舞などが、早春の園内を梅とともに彩る。

     

    三溪園の園内には重要文化財などを含む歴史的に価値の高い建造物も配置されているので、庭だけでなくその建物にも注目してみてほしい。

     

    天気のいい日は、横浜「三溪園」で梅のお花見を楽しんでみては?

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US