まふまふ ドラマ主題歌「ユウレイ」MV公開!全14曲一挙同時配信リリースも

15.January.2021 | MUSIC

先日12月29日に活動10 周年を迎えたまふまふが、本日1月10日(日)22:30より放送の日本テレビ系新春スペシャルドラマ『アプリで恋する20の条件』に書き下ろした新曲「ユウレイ」のミュージックビデオを地上波ドラマ放送に先駆け公開した。

 

「ユウレイ」ミュージックビデオはまふまふと初タッグになるイラストレーター谷口修によって制作された全編ループアニメーションの作品となっており、上下反転した学校の教室を背景に、たまに身体がどこか消えそうにじっとしている女の子の雰囲気が、寂しさ・せわしない世界との対比を感じ、シンプルながらも楽曲の優しくも切ない世界観をふんだんに表した内容となっている。

 

【MV】ユウレイ/まふまふ

さらに本日1月10日(日)より各ダウンロード・ストリーミングサービスにて、新曲「ユウレイ」や、1月6日(水)より放送開始したTVアニメ『オルタンシア・サーガ』EDテーマ「夜想と白昼夢(Short ver.)」を含む、2019年にリリースしたアルバム「神楽色アーティファクト」以降、動画サイトで公開されていた人気楽曲、全14曲の一挙同時配信がスタートした。

 

新曲「ユウレイ」が主題歌のドラマ『アプリで恋する20の条件』は1月10日(日)22:30よりオンエアされ、まふまふ自身も初めてドラマにカメオ出演し、一瞬だけ登場する貴重なシーンなのでお見逃しなく。また、地上波放送終了後からは、Huluオリジナルストーリーの「アプリの向こう側編」も独占配信される。詳しくは番組公式サイトをチェックしてみよう。

RELATED ENTRIES

  • 香取慎吾主演ドラマ主題歌のサプライズ配信スタート

    05.February.2021 | MUSIC

    2021年1月25日(月)にスタートした香取慎吾主演のテレビ東京系ドラマ「アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室~」は、香取慎吾として民放ドラマ5年振りの主演となり、第1話放送中には「アノニマス」がツイッタートレンド1位を獲得。そのドラマの主題歌「Anonymous (feat.WONK)」がサプライズで2021年2月1日(火)より配信リリースとなった。

    初回放送時、ドラマのエンディングで突然オンエアされた楽曲は、主題歌「Anonymous」とだけ書かれており、アーティスト名は塗りつぶされて明らかにされていなかった。これをみた視聴者からはツイッターで「かっこいいけど誰の曲だろう?」「声は慎吾っぽいけど…」など、不明なことが多いながらもドラマ主演の香取慎吾の楽曲であることを期待する声があがっていた。

    そして第2話放送となる2月1日(火)にオフィシャルHPや本人SNSが更新され、ようやく香取慎吾が主題歌を務めていることが明らかに。香取慎吾としては昨年1月1日にリリースされ、オリコンチャート1位を獲得したアルバム「20200101」以来、1年1か月振りのリリースとなる。アルバムにも参加していたWONKとの共作で、「暗闇の世界から光が見える」というメッセージが込められており、英語歌詞をメインとした、サウンドも洋楽的なアプローチのエモーショナルな楽曲は、匿名犯罪をテーマとしたドラマとの親和性が高いだけでなく、世界中の音楽ファンにも受け入れられるポテンシャルを持った楽曲といえそうだ。

    また、ミュージックビデオのプレミア公開もされ、ドラマの話題とともに新曲の更なる盛り上がりが期待できる。

  • ドラマ「35歳の少女」最終回当日に柴咲コウと坂口健太郎のライブ配信決定

    09.December.2020 | MOVIE

    女優の柴咲コウが代表を務めるレトロワグラース株式会社は、日テレ系土曜ドラマ「35 歳の少女」の最終回放送日2020年12月12日(土)21時より「柴咲コウ 公式 ‘Les Trois Graces’ Channel」にて、柴咲コウ・坂口健太郎出演のYouTubeライブ配信を行うことを発表した。

     

    撮影を終え最終回のOAを残すのみとなった二人が、リラックスムードで撮影を振り返るトーク番組「柴咲コウ、坂口健太郎の最終回直前、2人っきりの打ち上げ一緒にしよう」。さらに、最終回放送直後の22時55分からは『日テレ公式チャンネル』にて「柴咲コウ、坂口健太郎の最終回直後、アフタートーク」と題したYouTubeライブ配信を実施。
    最終回放送を終えた後だから言える二人の本音トークや、視聴者からの感想、質問などに答えていく。

    12月12日(土)の夜は、『35歳の少女』最終回と共に YouTubeで柴咲コウ、坂口健太郎と共に特別な夜を過ごそう!

  • TVアニメ「オルタンシア・サーガ」、まふまふによるEDテーマを使用した最新PV公開

    08.December.2020 | ANIME&GAME / MUSIC

    2020年12月5日(土)に放送された配信番組『アニメオルサガTV~放送直前スペシャル~』内で、TVアニメ「オルタンシア・サーガ」の第3弾PVを公開した。新規カットを多数使用したこの最新映像の中で、エンディングテーマをまふまふが担当することを発表している。


    さらに、まふまふが今作のために書き下ろした新曲「夜想と白昼夢」の音源も初解禁された。

    第3弾キービジュアルでは、池田秀一が演じるディディエ・ヴィアルドーのほか、ルギス・F・カメリア(CV. 乃村健次)、ロイ・バッシュロ(CV. 江口拓也)、アーデルハイド・オリヴィエ(CV. 小林ゆう)、アレクシ・バルデブロン(CV. 堀江一眞)の5キャラクターが新たに登場している。

     

    TVアニメ「オルタンシア・サーガ」第3弾PV

     

    まふまふ コメント

    オルタンシア・サーガ ゼロ」のゲーム主題歌に続き、アニメのエンディングテーマも担当させて頂きました。アニメの壮大な世界観を壊さないように、オルサガの情景を想像できるような楽曲を目指して制作しました。少しでも作品へ花を添えられれば光栄です。

     

    アニメの初回放送が2021年1月6日(水)よりTOKYO MXほかにて開始されることも解禁に。リメイク版ゲームの日本展開も決定し、更にさらに盛り上がりを見せる「オルサガ」に注目しよう。

     

    ©オルタンシア・サーガ製作委員会

  • ビッケブランカ、ドラマ「竜の道」OP曲「ミラージュ (authentic ver.)」をデジタルリリース

    11.September.2020 | MUSIC

    ビッケブランカが「ミラージュ (authentic ver.)」を2020年9月16日(水)にデジタルリリースすることが決定した。

    ミュージックビデオで450万再生を超え話題となっている「ミラージュ」(玉木宏主演のカンテレ・フジテレビ系火9ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」オープニング曲)の新たなヴァージョンである今作。原曲の切なさと儚さ、エモーショナルな旋律はそのままに、ビッケブランカらしい解釈で、歌声がよりダイレクトに響くオーセンティックなサウンドに仕上がっている。

    また、ドラマ放送回最終日の9月15日(火)23時からは、ビッケブランカが自身のYouTubeチャンネル登録者数10万人突破を記念し、「100K MILESTONE DJ SET @ SEL OCTAGON TOKYO」をビッケブランカ公式YouTubeチャンネルにて生配信することも決定した。どのような内容になるのかは当日のお楽しみとの事だ。

     

    なお、ビッケブランカは、岡崎体育と9月11日(金)の21時より同チャンネルで「FORTNITE HOUR NIGHT」と銘打ったイベントを開催する。今回は世界で3億5,000万人以上がプレイをしている人気バトルロイヤルゲーム『FORTNITE』で、ファン参加型のカスタムマッチの模様を生配信となっているので、是非こちらもチェックしてほしい。

  • 脚本・演出 三谷幸喜×主演 香取慎吾「誰かが、見ている」特別映像を解禁

    20.August.2020 | MOVIE

    Amazonは、Amazon Originalドラマシリーズ「誰かが、見ている」を、2020年9月18日(金)にAmazon Prime Video(Prime Video)にてプライム会員向けに独占配信する。本作を手掛けるのは、日本のエンターテイメント界を代表する三谷幸喜と香取慎吾の二人。両氏のプロジェクトにAmazonが企画から参加し、製作する日本オリジナルドラマシリーズの記念すべき第一弾となる。三谷幸喜の演出による思いがけない仕掛けの数々と、香取慎吾のユーモラスな演技。舞台でもない、テレビドラマでもない、全く新しい形のライブ感あふれる新感覚エンターテイメントがここに誕生する。今回、本作に登場する注目のキャスト陣を収めた特別映像が完成。キャラクタービジュアルと共に解禁となった。

    「誰かが、見ている」特別映像:

    公開された映像には、ありえないハプニングを巻き起こす舎人真一(香取慎吾)と、個性あふれる登場人物たちが映し出されている。何をやっても失敗ばかりの舎人真一。しかし何故か憎めず、思わず応援してしまいたくなるような不思議な魅力に囚われてしまったのが、隣の部屋に住む粕谷次郎(佐藤二朗)と、その娘のあかね(山本千尋)。あまりに舎人の魅力にハマってしまったあかねは、舎人の日常を勝手に動画配信してしまおうと思いつきます。次第に人気者になってしまう舎人、そして配信の事実を知らない舎人の周りに巻き起こる、予想もできない展開。たくさんのユーモアと、底抜けに明るい“笑い”に溢れた特別映像となっています。

     

    今回映像と共に新たに判明したキャスト陣は誰もが今後の展開を一層楽しみにさせてくれる顔ぶれ。舎人の母親役、尚美に、夏木マリ。“舎人真一にこの母親あり”、と思わせる強い個性の持ち主。真一は母親を前にした時どのような行動に出るのか。

    さらに本作には惜しげもなく多彩な顔ぶれが毎話、登場、誰もが舎人によって思わぬ形で人生を揺るがされることになる。

    ゲスト出演者として登場するのは、くっきー!(野性爆弾)、西田敏行、高(はしご高)嶋政宏、寺島進、稲垣吾郎、山谷花純、近藤芳正、松岡茉優、橋本マナミ、八嶋智人、さとうほなみ、小日向文世、大竹しのぶ、新川優愛、小池栄子(登場順)の総勢16名が意外な登場を果たす。

    登場人物に限らず、声の出演という形でも、俳優としての活躍にとどまらず人気アニメや名作映画の吹き替え、ナレーションと幅広い活躍をみせる山寺宏一と戸田恵子の出演が決定、さらに脚本演出の三谷自身もある役で登場することになっている。

     

    日本のエンターテイメント界に欠かすことのできない役者が出演する、規格外の本作だからこそ実現したキャスティング。映像の中でそれぞれの役柄の詳細には触れられていないが、予想もしない失敗ばかりを繰り返す舎人のドラマに巻き込まれてゆくのは必至。舎人の存在が粕谷一家を始め周りの人々に影響を及ぼし、ついに物語は世界規模の展開を見せることに?数々の作品で日本に“笑い”を届けてきた三谷幸喜と、バラエティやドラマ、舞台でも、これまで個性的で強烈なキャラクターを多々演じてきた香取慎吾、そして更に脇を固める実力派キャストたち。日本が誇るスタッフ/キャストがAmazonと組んで仕掛ける新たな挑戦は、人々の目にどう映るのか?熱い注目が注がれる本作に期待したい。

    ©2020 Amazon Content Services LLC

  • Mr.Children、新曲「turn over?」がドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」主題歌に決定

    19.August.2020 | MUSIC

    2020年9月15日(火)よる10時から火曜ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』がスタートする。

    中堅おもちゃメーカーの経理部で働く主⼈公・九⻤玲子(松岡茉優)は、とある過去が原因で「清貧」という価値観で生きるアラサー女子。金銭感覚が独特で、お金の価値ではなく、自分が愛する“モノ”の本質を大切にして暮らしている。その玲子が勤めるおもちゃメーカーの御曹司・猿渡慶太(三浦春馬)は、「浪費」にかけては天賦の才能を持った男。そんな慶太は浪費が高じて、父である社長に営業部から玲子がいる経理部への異動を命じられる。金銭感覚が両極端な「清貧女子」と「浪費男子」が出会い、ひょんなことから玲子の実家に慶太が住み込むことになり・・・おカネ修行を通してひと夏の恋物語が繰り広げられていく、正反対の価値観を持つ⼆⼈の“じれキュン”ラブコメディ。金曜ドラマ『凪のお暇』を手掛けた大島里美の完全オリジナル脚本だ。

     

    今回、ドラマの主題歌がMr.Children の新曲「turn over?」に決定。Mr.Children がTBSの連続ドラマの主題歌を担当するのは、2004年の日曜劇場『オレンジデイズ』以来16年ぶり!今回、企画段階で制作が真っ先にMr.Children にオファーし、ドラマの世界観や楽曲の方
    向性を伝え、『カネ恋』の世界観を表現した楽曲を提供することとなった。
    主⼈公たちの背中を押してくれる、そして玲子と慶太の恋模様を盛り上げてくれる爽やかなラブソングとなっている。ドラマの印象的なシーンで奏でられる主題歌もぜひ楽しみにしていただきたい。

  • ビッケブランカ、火9ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」OP曲「ミラージュ」MV公開

    19.August.2020 | MUSIC

    ビッケブランカが、本日より4thシングル「ミラージュ」の全曲配信をスタートした。タイトルリード曲「ミラージュ」は、玉木宏主演のカンテレ・フジテレビ系火9ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」(毎週火曜・午後9:00~)のオープニング曲。ドラマ書き下ろしの新曲で、見えているけれど手が届かないものを追い求める強さを表した歌詞と、不穏に満ちたイントロから浮遊感あるトラックに、ドラマチックなメロディが響く美しい一曲となっており、歌詞検索サービス「歌ネット」にて歌詞注目度ランキング1位(8/13付)を獲得するなど既に話題となっている。

    そして、「ミラージュ」ミュージックビデオが自身のYouTube Channelにて公開された。

     

    ビッケブランカ / 『ミラージュ』(official music video)

    今回のミュージックビデオは、美しさと不気味が共存している世界観の中で「過去への想い」・「未来への幻想」が空中に放り投げられ、落下していく様子を描いた作品に。
    撮影では、ビッケブランカ自身初となるワイヤーアクションに挑戦し、宙を舞う姿にも注目してほしい。

     

    ビッケブランカ コメント

    今回のテーマは「匂わせビデオ」です。
    伏線や裏設定が緻密に散らされているんですが、答えは1つです。
    是非とも本当のメッセージを受け取ってほしいなと思っています!
    みなさんの「考察」を楽しみにしています。

     

    ディレクター 中澤太 コメント

    今回のビッケも歌って飛んで回って増えての大立ち回り。
    仮想空間、アバター、顔の無い人々など現実世界とのリンクを感じながら観る人の解釈で楽しんでもらえたら嬉しいです。
    ビッケの咆哮が世界を照らしますように。

  • まふまふ、 「それを愛と呼ぶだけ」フルアニメーションMV公開

    18.August.2020 | MUSIC

    まふまふの配信中シングル「それを愛と呼ぶだけ」のミュージックビデオが2020年8月15日公開された。

    本楽曲は今年2月に配信リリースされた楽曲で、NTTドコモ ドコモの学割キャンペーン タイアップソングとして、橋本環奈、浜辺美波が演じる「カンナ」と「ミナミ」が2人のスマホの中にある“高校3年間の思い出”を繋いだ卒業アルバム感覚のWebムービー「カンナとミナミの卒業」篇に起用された楽曲。

    「それを愛と呼ぶだけ」はフルアニメーションで描かれたミュージックビデオとなっており、二人の女子高生が「青春」=「限られた時間」をメタファーに、二人の出会い、青春、別れを縦軸に、それに共鳴したセカイの歪みを描いた内容。
    なお、NTTドコモ ドコモの学割キャンペーンを手掛けている佐藤雄介が本アニメーション・ミュージックビデオの企画を務め、監督の“ちな”がWebムービーでは描けない、アニメーションならではの世界観を表現している。

     

    まふまふ「それを愛と呼ぶだけ」ミュージックビデオ

    「それを愛と呼ぶだけ」は各音楽配信サイトおよびストリーミングサービスにて好評配信中なので、公開されたミュージックビデオ共に、是非チェックしてみよう。

  • ゆず、ドラマ「親バカ青春白書」主題歌「公私混同」のジャケットアートワーク公開

    12.August.2020 | MUSIC

    アーティスト・ゆずの新曲「公私混同」が、デジタルシングルとして2020年8月17日(月)より各配信サイトにてダウンロード/ストリーミング配信されることが決定し、ジャケットアートワークも公開された。


    同曲は、レトロな雰囲気を感じさせながらも、リズミカルに洗礼されたシティポップ風のサウンドに、北川の軽快なリリックと岩沢のシニカルな歌詞がミックスされたポップソング。ゆずとしては2015年発表の「二人三脚」以来、約5年ぶりとなる北川悠仁と岩沢厚治による共作曲としても話題になっている。

    公開されたジャケットアートワークでは、北川と岩沢それぞれが楽曲タイトルを執筆。曲名と共作にちなみ、北川が「公私」、岩沢が「混同」を書いた文字を“混同”させたデザインに。
    現在放送中のドラマ「親バカ青春白書」には、主演のムロツヨシをはじめ、永野芽郁、今田美桜、中川大志、戸塚純貴、小野花梨、新垣結衣ら豪華キャストが出演しており、エンディングでは、「公私混同」に合わせ、キャスト6人の“青春模様”が描かれた撮り下ろしのエンディング映像もオンエアされている。

     

    楽曲とあわせて、ぜひドラマのエンディングにも注目してみてほしい。

  • ゆず新曲「公私混同」がドラマ「親バカ青春白書」テーマソングに決定

    29.July.2020 | MUSIC

    2人組アーティスト・ゆずの新曲「公私混同」が、2020年8月2日(日)より放送スタートする日本テレビ系ドラマ「親バカ青春白書」の主題歌に決定。ドラマの初回放送エンディングにて、音源が初解禁される。

    「公私混同」は、レトロな雰囲気を感じさせながらも、リズミカルに洗礼されたシティポップ風のサウンドに、北川の軽快なリリックと岩沢のシニカルな歌詞がミックス。諦めやご都合主義を受け入れながらも「これでいいのだ」と自己肯定して前に進む、いまの時代にこそ響かせたいポップソングが完成した。

     

    同曲は、北川悠仁と岩沢厚治が“共作”で歌詞・メロディーを制作。二人による共作曲は、2015年発表の「二人三脚」以来、約5年ぶり。ドラマタイアップ付きの共作曲としては、2008年リリースの26thシングル「シシカバブー」以来、およそ12年ぶり。

    8月2日(日)よりスタートするドラマ「親バカ青春白書」は、福田雄一が脚本統括・演出を担当する「今日から俺は!_!」(日本テレビ系)チームの最新作。主演のムロツヨシが演じるのは、娘が大好きすぎて、娘と同じ大学に入学してしまった小説家で親バカなシングルファザー、小比賀太郎(ガタロー)。ムロツヨシの大事な娘さくら役を永野芽郁、さくらの恋人候補を中川大志、さくらの親友役を今田美桜が演じる。また、ムロツヨシの最愛の妻で、永野の母親役を新垣結衣が演じる。

    「公私混同」は、8月2日(日)のドラマ初回放送のエンディングで初解禁。なお、この楽曲に乗せて放送される、キャスト6人によるドラマエンディング映像の場面写真も公開。 楽曲とドラマの世界観がどのようなコラボレーションを果たすのか、お楽しみに。 ゆずは9月16日(水)に、世界的アーティスト、村上隆氏がアートワークを務めた”オールタイム映像ベスト”DVD & Blu-ray「YUZU ALL TIME BEST LIVE AGAIN 1997-2007」「YUZU ALL TIME BEST LIVE AGAIN 2008-2020」をリリース。さらに、9月にはオンラインツアー<YUZU ONLINE TOUR 2020 AGAIN>の開催が決定している。

     

    ゆず コメント

    次にゆずとして届けたい楽曲はどんなものだろう?と考えたときに自然と行き着いたのが、二人で作る“共作”曲でした。 曲のイメージを二人の共通認識として持ち、それぞれ作ったものを持ち寄ってひとつの曲にしていく。
    ドラマの内容が”ホームコメディ”ということもあり、シリアスになりすぎず、お互いが好きなように作るという自由なやり方でリラックスして取り組めました。 日々もどかしかったり、身動きが取りづらかったりする中で、ゆずらしく軽やかに突き抜けていける曲を皆さんに届けたい。こうして新しい曲を書くチャンスや、それを発表して皆さんの元に 届けることができる喜びを何よりも感じています。

     

    ムロツヨシ コメント

    何があるかわからない、何が正解か間違いか。こんな時代にこそ、そんな今だからこそ言いたい台詞「これでいいのだ」 そんな言葉をゆずさんが歌ってくれました。 この歌を背負って、これでいいドラマを作り上げます。 タイトルは「公私混同」 。公私混同してでも見たい聞きたい、笑顔と笑い声。素敵なコメディの主題歌。ありがとうございます、ありがとうです。

     

    永野芽郁 コメント

    ゆずさんの曲を聴くとすごく穏やかでハッピーな気持ちになるのですが、 _「公私混同」は軽快なメロディで聴いていてウキウキしました!何よりも青春っぽい!!! そして「365日最優先事項は君~」という歌詞も親娘の姿が浮かんで、これはお父さんからさくらに向けてのラブレターなのかなと、なんだかにやけてしまいました(笑)。 ドラマ映像に乗せて聴けることが楽しみです。

  • 東京事変、新曲「赤の同盟」がドラマ「私たちはどうかしている」主題歌に決定

    20.July.2020 | MUSIC

    2020年、閏年の“再生”を表明し、今春8年ぶりの新作となるEP『ニュース』をリリースした東京事変から、新たなプロダクトの一報が届いた。

     

    東京事変が書き下ろした新曲「赤の同盟」が、8月12日(水)スタートの日本テレビ系新水曜ドラマ『私たちはどうかしている』の主題歌に決定した。原作は講談社「BE・LOVE」で連載中、累計発行部数200万部超の「私たちはどうかしている」(安藤なつみ著、既刊12巻) 。浜辺美波演じる可憐で才能にあふれる和菓子職人、花岡七桜(はなおか・なお)と、横浜流星さん演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子、高月椿(たかつき・つばき) が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」主人の殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄される物語。

     

    同ドラマ制作スタッフからの主題歌制作のオファーを受け、東京事変が楽曲を制作した。幼なじみで初恋の相手でありながら、”容疑者の娘”と”被害者の息子”となってしまった二人が、15年の時を経て再会。愛憎入り乱れ“どうかしている”関係性を描いた主題歌、「赤の同盟」。

     

    ドラマ本篇と共に期待が高まる!

    東京事変コメント

    この度は目眩く原作と華やかな配役に否が応でも期待高まる
    新作ドラマ主題歌をご注文くださり、ありがとうございます。
    昨今人と人との結び付きを物理的なぶぶん以外で感じ、捉える
    べき状況が繰り広げられています。しかしもともと他者を慮る
    には並々ならぬ知性つまり優しさが要りますよね。全く異なる
    都合を抱える者同士、いかに差し障ってゆけるか考える切欠を
    もたらす本ドラマ、みなさんといま分かち合いたいものです。

    どんなときも愛を込めて。東京事変2020。

     

    浜辺美波 コメント

    このドラマは、和菓子や着物という和の世界観の中で描かれる、愛と憎悪渦巻くラブミステリー作品です。
    東京事変さんが主題歌を歌ってくださるとお聞きしたとき、思わずうれしさに歓声をあげてしまいました。
    『赤の同盟』という書き下ろしていただいたこの曲が、ドラマのエンディングで流れると思うと、より華やかな毒のある色がドラマの世界を美しく作りあげてくれたように感じました。
    素敵な主題歌が入った第1話をみるのが今から更に楽しみになりました。ありがとうございました。

     

    横浜流星 コメント

    東京事変さんが書き下ろししてくださったということで、本当に嬉しいです。
    七桜と椿に寄り添った、艶やかで、ゾクゾクする素敵な楽曲で作品を盛り上げて
    くださいます。さらに作品に深みが出ると思うので、主題歌にもご注目いただけたらと思います!

  • ビッケブランカ、新曲「ミラージュ」が玉木宏主演ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」OPテーマに決定

    27.March.2020 | MUSIC

    ビッケブランカの新曲「ミラージュ」が2020年4月14日より始まる玉木宏主演のドラマ 「竜の道 二つの顔の復讐者」のオープニング曲に決定した。

    ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」は、2015年に急逝した作家・白川道の未完の小説を映像化し、玉木宏・高橋一生演じる双子の兄弟が家族を奪った大企業社長に立ち向かう本格サスペンス。他にも松本穂香や遠藤憲一ら豪華実力派俳優陣が集結する波乱万丈の復讐劇となっている。

     

    ビッケブランカの新曲「ミラージュ」はドラマのために書き下ろされた新曲。「ミラージュ」=「蜃気楼」という意の通り、見えているけれど手が届かないものを追い求める強さを表した歌詞と、不穏に満ちたイントロから浮遊感あるトラックに、ドラマチックなメロディが響く美しい一曲。ドラマの世界観に呼応するような仕上がりになっているようだ。

     

    ドラマプロデューサー米田孝さんコメント

    楽曲を聴いた感想

    デモを初めて聞いた瞬間に、「来た!」と思いました。ドラマの世界観とビッケブランカさんの個性がぶつかり合い、見事に融合できる曲だと確信しました!

    毎回、高揚感が最大限に高まるようなオープニングをお届けします。

     

    オープニング曲に選んだ理由

    既成概念を打ち破るような鮮烈な印象を残すビッケブランカさんの音楽で、この作品に”新しさ”の要素をプラスしてほしいと思い、お願いしました。「竜の道」に、また新たな才能を迎え入れることができて、本当に感謝しています。

     

    ビッケブランカ コメント

    制作者の皆さんが描くイメージと言葉を辿って、自分ができることは、物語の序章に相応しい楽曲を作ることでした。

    ストーリーの連鎖となるような役割が担うことができたのであれば本望です。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US