環境問題に取り組むビームスがビニール製ショッピングバックを廃止

30.April.2021 | FASHION

 

ビームスが、事業におけるサステナビリティを改善する取組の一環で、これまで長く親しまれてきたビニール製のショッピングバッグを廃止し、同じ形のコットン製のショッピングバッグを全国の店舗で2021年5月1日(土)より販売。プラスチックの使い捨てをなくし、天然素材で長くリユーズできるものに置き換えることで、サステナブルな選択肢を提供していく。

 

1986年以降、渋カジ旋風の中で定番化したショッピングバッグ

2021年5月1日より販売されるコットンバッグ

BEAMSオリジナルパッケージの紙パック水(非売品)

 

 

BEAMSが創業10周年を迎えた1986年に誕生したビニール製のショッピングバッグは、ドローコードで口を絞って斜めがけできる利便性や繰り返し使える耐久性などから多くの人に様々なシーンで愛用され、渋カジと共に記憶に刻まれるBEAMSの代名詞的アイテムとなった。無料で提供するショッピングバッグでありながら、インクの載せ方や組紐の編み方など細部に至るまで服作りさながらのこだわりで、繰り返し使ってもらえるように工夫を凝らしたものだった。時代の流れの中でアップデートされたのはデザインや形だけでなく、廃棄時に分別しやすいようにハトメの素材を変え、石油資源への依存を軽減するために植物由来の原料を一部使用した素材に切り替えるなどの改良も重ねてきた。

 

今回、創業45年を迎えたBEAMSは、パンデミックからのサステナブルリカバリーを目指す世界的な気運の高まりの中にいる。年間39万枚を用意していたビニール製のバッグを廃止することで、いずれ廃棄されるプラスチック資材の量を減らし、再利用可能なコットン製のバッグを有償で用意することで、ファッションの買い物において都度ショッピングバッグを消費する前提を変えていきたいと考えている。これまでのオレンジカラーのビニールバッグの形状を踏襲しつつ、GOTS認証(オーガニック繊維の認証制度)を受けた100%オーガニックコットンで作った新しいショッピングバッグは、商品を購入した人を対象に税込550円で販売される。


1999年より続けてきたREDUCE活動では、全国のBEAMS店舗で会計の際にショッピングバッグ不要の申し出1件毎に100円を、公益財団法人オイスカ「子供の森」計画へ寄付。これまでの寄付額は3000万円を超え、海外の子供たちの緑化活動や人材育成に役立てられている。この度のコットン製ショッピングバッグの導入に合わせて、REDUCE活動は今後、このコットンバッグの売上の10%を寄付する形で継続する。

この他にも、BEAMS OUTLET各店では2020年11月より、BEAMS GOLF各店では2021年1月より、ショッピングバッグを全て、環境に配慮した製品であることを証明するFSC認証紙を使用した紙製のものに切り替えた。袋本体に加え、表面のラミネート加工、取っ手部分に至るまで、石油由来の素材を紙やコットンに置き換えて、ほぼ全てのショッピングバッグがリニューアルを完了している。また、本社オフィスと一部店舗では2020年9月より、来客用に提供する飲料水として、オリジナルデザインの紙パック水を導入しています。それまで使用していた年間約6万本のペットボトルを紙パックに置き換え、非売品ながらもオリジナルデザインを施すことで、サステナブルな選択を楽しむBEAMSの姿勢を伝えている。

 

次世代に続くサステナブルなショッピングバッグをチェックしてみては?

RELATED ENTRIES

  • 仙台パルコのサステナブルな10日間「Love Earth, Love Us」初開催

    17.September.2021 | FASHION / SPOT

    仙台パルコが、2021年9月17日(金)から9月26日(日)までの期間限定で、サステナブルに特化したキャンペーン「Love Earth, Love Us」を初開催する。今春より先行して、仙台パルコ出店ショップのサステナビリティ関連商品・サービスの集約WEBページを開設し、取り組みについて紹介している。今回の企画では、そのような商品やサービスを購入・利用した人へ付加価値を提供し、「サステナビリティへの意識・関心を高めながら仙台パルコでの買い物・サービス利用を楽しんでほしい」という思いで、新たなキャンペーンが誕生した。

     

    本企画のメインビジュアルには、福祉実験ユニットとして事業を展開するヘラルボニーの契約アーティストである中島敏也が描いた、ペルーのヴィニクンカ山(通称:レインボーマウンテン)を題材にしたアートを起用。企画期間中は「HERALBONY」期間限定ショップ出店に加え、本企画ビジュアルを使用したハンドタオルのプレゼントなど、様々なコンテンツを楽しむことができるのでお見逃しなく!

  • Afternoon Tea LIVING40周年記念「四季のティータイムスノードーム」数量限定プレゼント

    02.September.2021 | FASHION

    Afternoon Tea LIVINGが、20219月にブランド設立40周年を迎えるのを記念して、2021910日(金)、911日(土)、917日(金)、918日(土)の四日間限定で、商品を税込4,400円以上購入した各日3,000名に、四季のティータイムをイメージしたオリジナルスノードームをAfternoon Tea LIVING店頭、及び、公式オンラインショップにてプレゼント。その他、アフタヌーンティー・メンバーズ限定のプレゼントや日本環境設計のサステナブル素材であるBRING Materialの再生ポリエステルを使用した記念Tシャツを910日(金)から発売する。

     

    四季のティータイムスノードーム

     

    SPRING(春) 9月10日(金)

     

    SUMMER(夏) 9月11日(土)

     

    AUTUMN(秋) 9月17日(金)

     

    WINTER(冬) 9月18日(土)

     

     

    会員限定40周年ロゴ入り“ミニショッパー&テープ”

     

    PINK(ピンク) 9月10日(金)~

    GREEN(グリーン) 9月17日(金)~

     

    40周年記念Tシャツ 各4,950円(税込)

     

     

    910日(金)、917日(金)に、40周年のオリジナルロゴとモチーフがデザインされた数量限定ミニショッパー&テープを商品を購入した各日先着5,000名にプレゼントする。

     

    日本環境設計が取り組んでいる、服から服をつくるBRINGは、古着を回収し化学分解を経て作られた再生原料を用いるとことで、資源を循環させるブランド。そして、今回は、サステナブルに取り組むAfternoon Tea LIVINGとコラボし、再生ポリエステルを一部に使用したBRING Material40周年記念Tシャツを製作した。前面のデザインは菓子研究科の福田里香によるAfternoon Teaブランド40周年を記念したメレンゲケーキと、Afternoon Tea LIVINGの過去のフリーペーパーから選んだネコのいる窓辺、2種類のフォトがプリントとして使用された。

     

    全季節コレクションしたくなる四季のティータイムスノードームをお楽しみに!

     

  • 日本のサステナブルに触れるマーケット・エキシビション「Meguriwa展」開催

    12.August.2021 | FASHION / SPOT

    日本のサステナブルを発信するプロジェクト「Meguriwa (めぐりわ)」が、2021年11月12日(金)と11月13日(土)の二日間限定でマーケット・合同展示会イベントを開催する。会場予定地は、渋谷駅南街区の、再開発で賑わいを見せるエリアに、時を忘れたかのようにひっそりと佇む邸宅。伝統的な和の雰囲気と西洋のモダンな様式が混在し、どこか懐かしさを感じる空間が広がる。

     

     

    間伐材をつかった商品や、売り上げの一部をつかって環境保全活動を行うプロダクト、再生デニムなど、循環型のモノヅクリにとりくむ全国のつくりて、企業が手掛ける作品、商品、素材が一堂に会する。人間は社会構造が大きく変化するうねりの中で、「無目的な自然(気候変動、ウィルスや地震など)」と共生を続けなければならない。そこで、Meguriwaは、自然との境界をつくらず、自然を恐れ感謝する「当たり前の経済」を再考すべき今、「サーキュラー・バイオエコノミー」が社会に示せるビジョンは大きいと考える。

     
    古来の営みと変わることのなく「地球に生きること」に向き合い、共に学び、楽しみながら未来をつくる場になってほしいとの想いが込められた本イベントでは素材の商談ができる素材展示も同時開催。さらに、オンラインセミナー「めぐりわのまなびば」が、事前イベントとして1ヶ月前より毎週で開催される。

     

    モノヅクリをとりまく地域文化を表現するイベントへ足を運んでみては?

     

  • BEAMSがバーチャルマーケット6に出店しバーチャル銭湯体験を世界へ発信

    02.August.2021 | ANIME&GAME / FASHION

    バーチャル世界とアクセスを提供するHIKKYが、2021年8月14日(土)から8月28日(土)までの期間限定で開催する世界最大級のVRイベント「バーチャルマーケット6」にてビームスのブースが登場。ビームスとのxR領域における業務提携のもと、昨年に続く2度目の出店ではリアルで実施中の人気イベント「銭湯のススメ。」をバーチャル店内に再現し、HIKKYが独自に開発するWeb to VRの技術で、VR機器を使わずとも、より多くの人がスマホやPCからアクセスできる環境を実現した。今回もBEAMS社員がリアルタイムで操作するショップスタッフのアバターが、店内を案内する。

     

     

    バーチャルマーケット6・BEAMSブース内「銭湯のススメ。2021」内観

    バーチャルマーケット6・BEAMSブース内「銭湯のススメ。2021」内観

    BEAMSブース内「銭湯のススメ。2021」で無料配布するタオル姿のVケットちゃんの3Dアバター

     

     

    東京・東上野の銭湯、寿湯で9月まで開催中の人気企画「銭湯のススメ。2021」をバーチャルで再現し、湯けむりに包まれる銭湯体験を、BEAMS JAPANと牛乳石鹸のコラボレーションで届ける。番台に立つのは、バーチャルマーケット公式アバター、Vケットちゃん。牛乳石鹸や「銭湯のススメ。」コラボグッズも購入可能となっている。無料配布するタオル姿のVケットちゃんの3Dアバターに着替えれば、来場者が誰でも、タオルを巻いたVケットちゃんの姿で入浴気分を楽しむことができる。

    漫画家・文筆家ヤマザキマリの描き下ろしによる大迫力の銭湯画を眺めながら、スポーツの夏を、世界のユーザーと語り合ってはいかが?店舗屋上には銭湯の煙突を設置し、ユーザーが自らの操作で花火を打ち上げられる仕掛けになっており、バーチャルマーケット6全体のお祭りのテーマを盛り上げ、日本の夏を満喫できるアトラクションが実現した。

     

    日本が誇るアニメやマンガ作品とBEAMSのコラボレーション商品が販売される。ほぼ全てがバーチャルマーケット6のために企画したもので、バーチャルマーケット6のオフィシャルグッズは今回もMerch by Amazonのサービスを通して世界7ヵ国日本、アメリカ合衆国、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペインへ発送される。

     

    躍進し続けるバーチャルマーケットから目が離せない。

  • 廃棄物で表現するアートで社会課題の解決を目指すプロジェクト始動

    29.July.2021 | FASHION

    「ひと と 地球 の未来を描く」をビジョンに掲げ、コンサルティング・物販・飲食事業を通して、様々な社会課題の解決を目指すInnovation Designが、渋谷スクランブルスクエア14階で展開するおみやげを通して社会課題の解決を目指す「haishop」にて、2021年7月21日(水)より「Art For Social Change 」と称したプロジェクトを始動、廃棄物由来の素材から作るアート作品を募集する。

     

    環境省によると、令和元年度の全国のごみ総排出量は4,274万トン(東京ドーム約115杯分)、1人1日当たりのごみ排出量は918グラム。廃棄物は輸出できないため、島国である日本では、約20年後の日本を考え、今、行動を起こすことが必要と考えている。

     

    そこで、haishopは、「販売中止になった洗剤のキャップ」や「プラスチックチップ」など様々な廃棄物から生まれたマテリアル素材の販売を行い、購入者と共に廃棄物の在り方の新たな可能性を探っていた。そんな中、アクリル製品を製造・成型する際に余ってしまう部材の購入者が、廃棄物を見事にアートとして蘇らせた。その出会いだけに留まらず、その他も沢山の人から同様の話を聞いた経緯から、今回、プロジェクトを本格的に始動することが決定した。多くの人たちと共にアートの力で社会を変えるメッセージを届けたいという想いを大切に、プロジェクト名を「Art For Social Change 」と称した。

     

    “モノが生まれる”までは容易にイメージできるが、”モノを使ったあと”の想像は実はとても難しい。最終処分場の残余容量が年々少なくなっている今、日本に暮らす全ての人がモノを大切にし、寿命を伸ばすアイディアを見出し、新たな循環型社会を構築することが世界でも重要課題だ。このプロジェクトでは、そのようなメッセージを少しでも伝えていきたいと考えている。

     

    本プロジェクトの参加条件は、「本プロジェクトの想いに賛同してくれる人」「haishopで販売するマテリアルを使用すること」のみ。プロのアーティストだけでなく、未就学児でも、学生でも、社会人でも、老若男女問わず誰もがアーティストとして自分の作品を世に送り出すことができ、販売することができる。様々な社会問題がある今、1人でも多くの人が現状を認識し、そして行動を起こしていく事が大切だと考える。販売することで、”作った人” ”購入した人”は勿論のこと、haishopに来て作品を見た全ての人が、循環型の社会について真剣に考え、行動を起こす一歩を踏み出す「きっかけ」となることを願い販売される。

     

     

    実績

    haishopでは、新渡戸文化小学校の4年生の児童と共に、廃棄物由来の素材を使用し” おみやげ “というテーマで作品を作ってもらい、児童が生み出した作品の販売を行っている。売上は、新渡戸文化小学校へ戻し、子供たちと共に新たな循環を生み出す活用方法を考えていく。

     

    新渡戸文化小学校の児童の作品販売の様子

    洗剤のキャップから生まれたマラカス

     

    みんなで取り組むリサイクルアートであなたのアイデアを表現してみては?

     

  • サウナ後の定番ドリンク「オロポ」BEAMS監修グッズが「竜泉寺の湯」にて登場

    26.July.2021 | FASHION / SPOT

    オークランド観光開発が運営する温浴施設「竜泉寺の湯」にて、2021年7月22日(木)から9月26日(日)までの期間限定で、ビームス監修のアフターサウナの定番ドリンク「オロポ」をテーマにしたTシャツやバッグ、フェイスタオルなどのグッズが販売される。

     

    オロポストア

    オロポかき氷

     

    オロポTシャツ 全3種類 白 2,500円(税抜)/黒 2,500円(税抜)/グレー 3,500(税抜)円

    オロポトートバックブルー/生成り 全2種類 各2,700円(税抜)

    オロポフェイスタオル 1,000円(税抜)

    オロポハンドタオル ブルー/白 全2種類 各900円(税抜)

    オロポジョッキ 2,500円(税抜)

     

    「オロポ」は、サウナ愛好家に愛されているアフターサウナの定番ドリンク。オロナミンCでポカリスウェット割ったドリンクで、サウナ浴で失われた水分・ビタミン・ミネラル・塩分・糖分を同時補給することができる。サウナー界では“ととのいメンテナンスドリンク”と言われている。

     

    サウナー御用達の「オロポ」に焦点を当てたグッズは、黄金率で配合できる目盛付きのオロポジョッキやポップアップストアキャラクター“オロポくん”がプリントされたTシャツなどオロポファン垂涎のグッズがラインアップ。

     

    またグッズ販売期間中には、オロポ専用ジョッキでの「オロポ」が館内提供され、「かき氷の女王」原田麻子がレシピを考案した“オロポかき氷”も販売される。

     

    サウナ愛好家必見のレトロでカワイイ限定アイテムをチェックしてみては?

  • ガラス瓶と江戸切子の技が組み合わさったサステナブルなバングル登場

    06.July.2021 | FASHION

    江戸切子の技術を応用し、ガラスの空き瓶をバングルにするサステナブルなプロダクト「GLASS-LAB NEW PRODUCT “WA”」がGLASS-LABより、2021年7月1日(木)からECサイトで販売開始。本プロダクトは東京都主催、東京手仕事の普及促進支援対象商品に決定した。

     

    GLASS-LAB NEW PRODUCT “WA” サスティナブルクリア 18,370円(税込) 

    GLASS-LAB NEW PRODUCT “WA”   サスティナブルブラック 18,370円(税込) 

    GLASS-LAB NEW PRODUCT “WA”   サスティナブルホワイト 18,370円(税込) 

    GLASS-LAB NEW PRODUCT “WA”   サスティナブルグリーン 18,370円(税込) 

     

    1950年創業、椎名硝子加工所の流れを汲む硝子加工業。兄弟の祖父、椎名三男は江戸切子を始めあらゆる硝子加工に精通した。父であり二代目である椎名康夫は日本でも10人程度しかいない「平切子」の職人だ。そして職人として三代目である椎名康之は「サンドブラスト」を得意としており、技術を磨いた結果0.09mmという極細の線までであれば確実に描く事ができる。しかしながら、平切子は主に硝子工房からの依頼、サンドブラストは主にトロフィなどの徽章屋からの依頼を受けており、素晴らしい技術を持つものの一般の方の目に触れることはなかった。そこでGLASS-LABは、二つの技術を組み合わせ「砂切子」というネーミングで商品企画・プロデュース・販売を行い、江戸切子の新たな可能性を探求している。

     

    本作品は東京都主催の東京手仕事にてマッチングされたデザイナー、design shop YU藤田優惟子によるデザインをGLASS-LABが加工したものになる。

     

     

    空き瓶利用されたサステナブルなバングルをゲットしてみては?

     

  • 千葉県流山市で2022年春オープンの銭湯オリジナルグッズをBEAMSが監修

    06.July.2021 | BUSINESS / FASHION

    2022年春、千葉県流山市にオープンするスーパー銭湯「竜泉寺の湯 スパメッツァ オオタカ」のオリジナルアイテムをビームスが監修。開発されたグッズはオープンにさきがけ、2021年6月28日(月)より「竜泉寺の湯」公式通販サイトにて販売を開始した。

     

    オリジナルアイテム

     

    メッシュトートバッグ 各2,970円(税込)

    メッシュサコッシュ 各2,420円(税込)/メッシュポーチ 各1,980円(税込)

    塩枕 2,970円(税込)/塩アイマスク 3,300円(税込)

    シャワーサンダル 各2,200円(税込)

    タオル 各1,980円(税込)

    ソックス 各1,980円(税込)

    アクリルキーホルダー  各1,540円(税込)

    抱き枕 3,850円(税込)

    Tシャツ 各2,970円(税込)

    缶バッジ 各300円(税込)

    ウォーターボトル 各1,650円(税込)

     

     

    今回発売されるのはオークランド観光開発株式会社が2022年春、千葉県流山市にオープンする新店舗「竜泉寺の湯 スパメッツァ オオタカ」のオリジナルアイテムで、ビームスのエグゼクティブディレクター・南馬越一義が監修した。通気性の良いメッシュ素材のバッグ類やシャワーサンダルといったスーパー銭湯に欠かせないアイテムの他、人気イラストレーター・オカタカオがデザインしたTシャツや抱き枕、中川政七商店に別注した湯上がりの熱を取る効果のある塩枕とアイスマスク、今治製のフェイスタオルや老舗ブランド「GLEN CLYDE」とのコラボソックスなど、リラックスタイムをさらに充実させる、楽しくて使い勝手の良い商品が揃った。

    ビームスはかねてより、セレクトショップ運営で培ったノウハウを活かしたソリューションを他企業に提供する活動を多数行ってきた。2019年にはビジネスプロデュース部が発足し、商品開発やコンテンツ制作、店舗スペース活用やプロモーションなど、BtoB領域の事業体制を整え、ビームス ビジネスプロデュースとしての活動の幅を広げていまる。本件においてもグッズ開発のみならず、館内着、ユニフォーム、休憩スペースのインテリア、施設名称やサイン、通販サイトのプロデュースも手掛けている。

  • BARBER SAKOTA×貝印コラボで世界初の紙で出来たカミソリが登場

    21.June.2021 | FASHION / SPOT

    総合刃物メーカーの貝印が、「BARBER SAKOTA(バーバーサコタ)」とコラボレーションした「紙カミソリ™」を2021年6月15日(火)から2021年7月2日(金)までの期間中、代官山蔦屋書店にてBARBER SAKOTAのTシャツもしくはキャップを購入した人へ先着100名限定でプレゼントする。

     

     

    本コラボレーションは、ツメキリやカミソリ等のグルーミングアイテムも多数展開している貝印が、「グルーミング」を「自分を”整える“という行為を楽しみ、有意義に過ごすこと」というカルチャーとしてとらえ、グルーミングの持つ潜在的な魅力をストリートカルチャーに根ざしたメディア「EYESCREAM」とともに表現し、浸透させていくための取り組みの一環となる。

     

    この取り組みでは現在ストリートカルチャーのひとつとして浸透し、貝印とも馴染みの深い「バーバー(理容室、床屋)」こそ自分を“整える”行為・時間の重要スポットであると考えた。そこで“誰もが気軽に立ち寄れるお店”をコンセプトとしつつ、ストリートカルチャーの名所としても親しまれている「BARBER SAKOTA」と、脱プラスチックとSDGsをコンセプトとして貝印が開発した世界初の「紙カミソリ™」におけるコラボレーションが実現。BARBER SAKOTAが本来持っている印象のバランスを考えて、鮮やかなタイポグラフィが映えるスタイリッシュなデザインになっている。

     

    サステイナブルなカミソリ「紙カミソリ™」をチェックしてみては?

     

  • 日本のファッション史を紐解く展示会にBEAMSがアーカイブ史料を出品

    15.June.2021 | FASHION

    ビームスが、国立新美術館で2021年6月9日(水)から9月6日(月)までの期間中に開催される、戦後から現代までの日本のファッション史を紐解く世界初の大規模展「ファッション イン ジャパン 1945-2020 ー流行と社会」に、1970年代後半のBEAMS創業の頃の商品やショップバッグや1980年代後期の「渋カジ」スタイルを出品する。今年45周年を迎えたBEAMSが、時代が遷り変わる中で誕生し、約6.5坪の小さいショップとそこに集まったコミュニティが日本のファッション史において担った役割について、解説と共に貴重なアーカイブ史料を展示。また、創業当時の店舗に掲げられた「American Life Shop BEAMS」のロゴを商品化したスーベニアグッズが、会場限定で販売される。

     

    展示品(一部)

     

    1977年頃のBEAMSショップバッグ

    「渋カジ」スタイル(1980年代後期)

    会場限定BEAMS初代スーベニアグッズ

     

     

    「戦後の日本におけるユニークな装いの軌跡を、衣服やアイデアを想像するデザイナー(発信者)サイドと、衣服を着用し、時に時代のムーヴメントを生み出すこともあった消費者(受容者)サイドの双方向から択え、新聞、雑誌、広告など時代ごとに主流となったメディアも参照し、概観」(同展パンフレットより引用)する壮大な展示の中で、BEAMSは、1970年代半ばから後半にかけてのカジュアルウェアの広がりと価値観の多様化に一翼を担ったとして、日本を代表する数々のブランドやデザイナーと並んで紹介される。1976年に東京・原宿にオープンした1号店で販売していたシャツ、シューズ、ネズミ捕りなど商品の一例と、1977年頃のショップバッグ、そして1978年にトラッドなメンズスタイルの店としてオープンした「BEAMS F」と1号店の店舗模型などが、同時期に創刊された雑誌「ポパイ」の誌面と共に展示され、スタッフの熱意と感性でライフスタイル提案型のショップが形成されていった様子が解説される。

    同企画の島根展が先月終了したが、東京展では新たに、1980年代後期の「渋カジ」トレンドを代表した紺ブレスタイルと当時のショッピングバッグを、BEAMSより出品。さらに、同企画展の関連イベントとして、7月3日(土)にトークイベント「ライフスタイルの提案 雑誌『POPEYE』とビームス」の開催が予定されている。開催形式や観覧・視聴に関する詳細については後日発表。

  • ナイキ×atmosサスティナブルなシューコレクションに日本限定カラー登場

    31.May.2021 | FASHION

    スニーカーセレクトショップatmos(アトモス)が、MOVE TO ZEROというNIKEの取り組みから⽣まれたサスティナブルな⼀⾜、SPACE HIPPIEの⽇本限定カラーを2021年5⽉24⽇(⽉)より特設サイトにて販売開始した。

     

    ラインアップ

    NIKE SPACE HIPPIE 01 15,400円(税込)

    NIKE SPACE HIPPIE 02 18,150円(税込)

    NIKE SPACE HIPPIE 03 21,450円(税込)

    OVER PRINT T-SHIRT (GUCCIMAZE)各6,600円(税込)※1点ずつデザインが異なります

    OVER PRINT T-SHIRT (COIN PARKING DELIVERY)各6,600円(税込)※1点ずつデザインが異なります

    OVER PRINT T-SHIRT (BOTANIZE) 各6,600円(税込)※1点ずつデザインが異なります

    先着50名にプレゼントEMAKE CUSHION ※1点ずつデザインが異なります

     

     

    本作は資源が限られ、補給ミッションのない⽕星での⽣活をヒントにした探索的なフットウェアコレクションとなっており、アッパーにはリサイクルポリエステル再⽣素材、ソールにはZOOM Xを作る際に出た衝撃吸収素材とNIKEのスニーカーを細かく砕いたものが配合されたNIKE GRINDを採⽤。また、無地のシューボックスには輸送⽤としても使える再利⽤素材を使⽤しており、直接伝票を貼り付け発送できる環境保護にこだわった仕様となっている。

     

     

    今回のリリースに合わせatmos、atmos pink、UNDEFEATED、BAIT、X-girlの5アカウントが協⼒してアップサイクル企画を実施。サンプルや不良品などの販売できなくなったアパレルを再利⽤し作成した数量限定のクッションを、公式サイトにてSPACE HIPPIEを購⼊した人に先着で配布する。また、atmos独⾃の取り組みとして、過去にサンプルとして制作されたTシャツにオーバープリントを施したリメイクTシャツを販売。デザインには若者から⾼い⼈気を誇るグラフィックアーティストのGUCCIMAZEとCOIN PARKING DELIVERYに加え、個性豊かな塊根植物を扱い、注⽬を集めるショップBOTANIZEによるデザインを落とし込んだ。

     

    ここでしか手に入らないエコでスタイリッシュなコレクションをお見逃しなく!

  • オニツカタイガーがタイ発祥サステナブルプロジェクトとコラボ発表

    24.May.2021 | FASHION

    オニツカタイガーが、世界が注目するタイ発祥サステナブルプロジェクト「ドイトン」とのコラボレーションモデルを発表した。20215月24日(月)よりオニツカタイガー 表参道、オニツカタイガー 大阪心斎橋、オニツカタイガー 神戸およびECサイトにて展開予定。

     

     

    MEXICO 66 ユニセックスモデル 13,200円(税込) 

    MEXICO 66 PARATY ユニセックスモデル 11,000円(税込)  

    SERRANO ユニセックスモデル 11,000円(税込)  

    MEXICO 66 タイ限定モデル

     

    日本発のファッションブランド「オニツカタイガー」が、ファッションとスポーツ、そしてヘリテージとイノベーションを融合させたコンテンポラリーなコレクションを展開。

    今回タイ王国の非営利組織「メーファールアン財団」の主要プロジェクトである「Doi Tung(ドイトン)」との国境を越えたコラボレーションモデルを発売する。サステナブルな取り組みで、タイで絶大な信頼を得る「ドイトン」のコンセプトへの共感と、世界的なサステナビリティの流れも相まって、人々と地球に心地よいコラボレーションが実現した。

    展開商品は、ドイトンが現地で生産する手織りファブリックをメインに使用した「MEXICO 66」「MEXICO 66 PARATY」「SERRANO」の3モデル。環境に配慮した工程を経て、サステナビリティを意識した素材を使用している。伝統的なコレクションの中から厳選された柄をベースにデザインし、糸を紡ぎ、柄が出てくるまで一週間を要する手織りのテキスタイルで、機械織りと比較すると質感はやわらかく、柄も繊細に仕上げた。レッドとブルーのカラーリングは、オニツカタイガーストライプでも採用されているトリコロールカラーを想起させる。タイ限定モデルの「MEXICO 66」のアッパー生地のベースには、再生ペットボトル100%の糸を使用。モノトーンカラーをベースに、ロゴやタイガー柄を刺繍したテキスタイルで、シックな雰囲気に仕上げた。また、ソールにあしらわれたレッドとイエローは、ドイトンとオニツカタイガー、それぞれのキーカラーとなっている。

    現地スタッフによる伝統的な手作業と、オニツカタイガーの代表的なモデルのコラボレーションは、雇用や社会貢献の活動を広める協業でもあり、履くことにより、タイの文化と自然、そして日本との友好をリプレゼンテーションするストーリーあるスニーカーをチェックしてみては?

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US