東北に伝わる幻のどぶろく製法を再現したお酒が数量限定販売

01.June.2021 | FOOD

haccobaが2021年2月に立ち上げた酒蔵「haccoba -Craft Sake Brewery-(ハッコウバ)」から、初の一般販売商品が登場。東北地方に伝わる幻のどぶろく製法 “花酛” を再現したお酒「はなうたドロップス」を、2021年5月24日(月)より数量限定で販売開始。

 

はなうたドロップス

©︎ Puddle Inc.

東洋のホップ「唐花草(カラハナソウ)」

 

haccoba のつくるお酒は、米や麹をつかう日本酒の伝統製法はそのままに、発酵過程でフルーツやハーブを加えるなど、自由な醸造スタイル。かつて各家庭で醸造を楽しんでいた日本の発酵文化の源流にもとづき、お酒をつくる楽しさを分かち合う。今後、ビールの原料であるホップと日本酒の伝統製法をかけ合わせたお酒を、メインプロダクトとして展開していく。

 

かつて各家庭でどぶろくづくりを楽しんでいた時代に行われていたとされる幻の製法、“東洋のホップ” と言われる「唐花草(カラハナソウ)」を用いて、まるでビールのような製法でつくられるどぶろく。「はなうたドロップス」は、東北地方に伝わるどぶろく製法 ”花酛”(はなもと)を再現したお酒となっている。お米がもつ和三盆のような甘みを引き出す黄麹に、レモンのような酸味が特徴の白麹をブレンドし、甘酸っぱい味わいに仕上げた。発酵由来の自然な発泡感もあるため、爽やかに飲むことができる。

 

お米と麹と唐花草、素材のピュアな味わいを堪能してみては?

RELATED ENTRIES

  • 洋酒香る週末夜限定 秋のプレミアムパフェがウェスティンホテル東京に登場

    05.September.2021 | FOOD

    ウェスティンホテル東京が、2021年10月1日(金)から11月28日(日)までの期間限定で、エグゼクティブ バー「ザ・バー」にて、季節の素材にバーならではの香り高い洋酒を組み合わせて作る「Premium Parfait at THE BAR」の秋メニューとして、「Premium Autumn Parfait プレミアムオータムパフェ」3種類を、金・土・日・祝休日の夜限定で提供を開始する。

     

     無花果と赤いベリーのチョコレートパフェ

    マロンとりんごのパフェ

    マロンとヘーゼルナッツのモンブランパフェ

     

     まるごとコンポートにした無花果と真赤なベリーが艶やかなチョコレートパフェには、甘く濃厚なポートワインを使用。また、栗を主役にりんごとマスカルポーネを組み合わせて爽やかに仕上げたモンブランパフェにはカルヴァドスを、同じく栗を主役にしながらヘーゼルナッツと合わせて濃厚な味わいを楽しめるデセールスタイルのモンブランパフェにはマルティニーク産のラム酒を掛け合わせた。

     

    使用する素材は全て手作りするなど、エグゼクティブ ペストリーシェフが細部にまでこだわり尽くして一つひとつ丁寧に重ね合わせた、バーならではの本格的な洋酒が香る特別なパフェと一緒に堪能できる、熟練のバーテンダーたちが提案するウイスキーやカクテルとのマリアージュもお楽しみに。

  • ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム×草間彌生コラボ再登場

    19.July.2021 | FOOD / SPOT

    ヴーヴ・クリコが、大胆かつ革新的精神の持ち主だったマダム・クリコへのオマージュを込めた希少なシャンパーニュ「ラ・グランダム」と、2020年に数量限定にて登場した現代アートの巨匠、草間彌生デザインによるコラボレーション「Veuve Clicquot La Grande Dame 2012 Yayoi Kusama Gift Box(ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム 2012 草間彌生 ギフトボックス)」 の再発売が数量限定で大好評につき決定した。発売を記念し、日本橋三越本店にて2021年7月28日(水)より8月3日(火)までの期間、岩田屋本店にて8月11日(水)から8月17日(火)までの期間、名古屋栄三越・ラシックにて8月14日(土)から8月22日(日)までの期間限定で体験型ポップアップストアが登場する。

     

    数量限定 ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム 2012 草間彌生 ギフトボックス 25,740円(税込)

     

    日本橋三越本店

    岩田屋本店

    名古屋栄三越・ラシック

    草間彌生


    革新的で前衛的な2人の“偉大なる女性”、草間彌生とマダム・クリコが時を超えて繋がった、独創的な世界観が繰り広げられるまるでミュージアムのような空間を楽しめるポップアップストアでは、本コラボレーションの為に制作された「ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム 2012 草間彌生 スペシャルオブジェ~夜の闇の中に咲いた私の心~」を高さ約2mにした立体彫刻や、2006年にチャリティーエキシビションとして開催された「マダム・クリコのアート展」のために描き下ろされた草間氏の作品「水玉により自己消滅したマダム・クリコ」のレプリカ展示、草間が書き下ろしたポエムを彼女自身が朗読する音声が聞くことができる、大胆かつ革新的な2人の女性の情熱的な空間を充分に堪能することができる。さらに注目すべきは、ストア内に現れるクリコイエローの球体型のオブジェ。球体の画面にスマートフォンをかざしQRコードを読み取ると、ヴーヴ・クリコがグローバルで展開した、世界で活躍するクリエイター制作の“What makes me Bloom”ショートムービーや、ラ・グランダムについて語る最高醸造責任者ディディエ・マリオッティからのメッセージなど、特別な映像が展示される。店舗により展示内容は異なる。

    また、ポップアップ内での「ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム 2012 草間彌生 ギフトボックス」の限定発売の他、ラシックでは「ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム 2012」をバイ・ザ・グラスにて味わうことができる貴重な機会になっている。



    ヴーヴ・クリコと草間彌生が織りなすクリコイエローに彩られた空間をお楽しみに。

  • ロッテから日本のクラフト酒チョコレートを使用した「YOIYO」の第二弾登場

    12.July.2021 | FOOD

    ロッテが“日本に酔うチョコレート”をコンセプトとした新ブランド「YOIYO」から、第二弾として本坊酒造の木曽駒ヶ岳の麓にあるマルス信州蒸溜所にて蒸留後、マルス屋久島エージングセラーで熟成させたウイスキー「シングルモルト駒ヶ岳 屋久島エージング」を使用した「YOIYO 屋久島エージング」を、2021年7月13日(火)よりオンラインサイトにて販売開始する。それに先立ち、7月6日(火)よりオンラインサイトにて予約申し込みを開始した。

     

     

    YOIYO YAKUSHIMA NEW

    YOIYO KOMAGATAKE 

    限定TASING SET KOMAGATAKE×YAKUSHIMA
     

     

    「YOIYO」は、全国から選び抜いたお酒を、ロッテの技術によって香りごとなめらかなミルクチョコレートに閉じ込めた、こだわりの一粒。清らかな水や土地に根付いた原料、伝統の技が産んだ味わいに、一口頬張るだけで、そのお酒の産地を訪れたかのような気分を味わうことができる。ふらりと旅に出るような気持ちで、夕暮れの黄昏時や夕食後に楽しんでほしいとの想いにより、”良い宵(よい)”という言葉から「YOIYO」と名付けられた。新しい生活様式への適応が進む中、“おうち時間”をより豊かに過ごしてもらうために、ロッテ初のD2Cブランドとしてこの繊細な味わいをそのまま、適正な温度管理のもと自宅まで提供する。

    第二弾は、クラフトウイスキーの長い歴史を持つマルス信州蒸溜所で蒸留し、世界自然遺産の屋久島にあるマルス屋久島エージングセラーで熟成させたシングルモルトウイスキーとコラボレーション。YOIYOのために貴重な樽から選ばれたのは、5年以上熟成されたウイスキーだ。屋久島らしい熟成感を活かすため、チョコレートのくちどけにもこだわりを詰めた。かじると、ウイスキーがパッと華やかに広がり、それをチョコが追いかける。お酒の余韻とチョコがとろけていく重なりが最後まで楽しめる商品となっている。

    さらにこの度、第一弾として発売したクリーンでリッチな味わいの「駒ヶ岳」と今回新発売するトロピカルな味わいの「屋久島エージング」を食べ比べることができる、限定TASTING SETも発売される。

     

    本坊酒造から生まれそれぞれの熟成環境でエージングされた「シングルモルト駒ヶ岳」と「シングルモルト駒ヶ岳 屋久島エージング」をチョコレートとのマリアージュで、風味や香りの違いを堪能することができる。

    日本のクラフト酒とこだわりのチョコレートが一度に堪能できるYOIYOをチェックしてみては?

     

  • コロナ禍の酒蔵をサポートする日本酒文化応援プロジェクト始動

    22.June.2021 | FASHION / FOOD

    東京に集まる面白いモノやコトを「オンライン商店街」という形で販売するアーケードトーキョーが、コロナ感染拡大による飲食店休業の影響で出荷と消費が激減し、今後危機的な状況に置かれる可能性がある日本酒とその文化継続の一助となるためのプロジェクト「WAX&WANE(ワックス・アンド・ウェイン)」を立ち上げた。

     

    それぞれの個性が光る、12の酒蔵が大切に造った12種類の日本酒をラインナップ

     

    その日の気分に合わせて選んで楽しめ、日本食以外の様々な料理にペアリング可能

     

    各日本酒の個性を表す手ぬぐいパッケージ

    本プロジェクトは、参画した全国12の酒蔵によって造られた他では飲めない限定の日本酒を返礼品として、2021年6月10日(木)よりクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて支援受付を開始する。全国の12酒蔵と連携して日本酒の新たな価値提供を実現するブランドを生み出し、日本酒文化を未来に残し、日本が誇るべきプロダクトとして日本酒を世界に広める事を目指す。

     

    多くの人に日本酒を手に取ってもらうきっかけとなる様に、各日本酒の個性を表現したタイダイ染の手ぬぐいを作り、これをパッケージとして使用している。日本酒の味わいや、作り手の人柄から受けたインスピレーションをもとに、様々なストリートブランドに作品を提供しているタイダイ染クリエイターのYUKIDYEによるデザイン。

    日本酒文化応援プロジェクトにあなたも参加してみては?

  • ホロライブ所属VTuber雪花ラミィプロデュースの日本酒誕生

    02.June.2021 | ANIME&GAME / FOOD

    「ホロライブ」の所属VTuber「雪花ラミィ」が、「自身の手で日本酒を造る」という夢を実現するため、明利酒類の全面協力の元で2021年2月に立ち上がった「ラミィの日本酒づくりプロジェクト」。「雪夜月」という、世界でここでしかない、最高峰の大吟醸となってついに発売される。

     

    「ラミィの日本酒づくりプロジェクト」は、ホロライブ5期生の雪花ラミィが、江戸時代から続く酒蔵である明利酒類の全面協力の元、原料米や精米歩合、酵母、アルコール度数に至るまで全てイチから考え抜き、茨城県水戸市の蔵で自らの手で日本酒をつくる、という全く新しい、チャレンジングなプロジェクト。

     

    世界最大の日本酒・ワイン品評会のIWC2020年 SAKE部門で 金賞を獲得した「副将軍 大吟醸」をベースに、 麹米に山田錦、掛け米に美山錦を取り入れることで、 淡麗辛口でありながら、 フルーティで華やかな吟醸香を表現した、最高峰の大吟醸。ボトルには、雪花ラミィが敬愛するイラストレーター肋兵器が描いたデザインを用いて、パッケージは、漆黒の夜に月が輝く雪夜月をイメージし、ブラックとシルバーを基調にしている。

     

    雪花ラミィがつくる世界観とともに、 奥深い日本酒の味わいをお楽しみに。

  • 人気キャラ「ともだちはくま」のオリジナルラベルはちみつ酒が登場

    08.May.2021 | FOOD

    リカー・イノベーションが運営するお酒のオンラインストア「KURAND(クランド)」にて、エイノバがマネジメントするクリエイターさいきたむむによるキャラクター「ともだちはくま」とコラボレーションし、オリジナルラベルの「ともだちはくまのはちみつのお酒」を2021年4月30日(金)17:00より5月31日(月)17:00までの期間限定で販売する。

     

     

    ともだちはくまのはちみつのお酒

    購入特典 ともだちはくまオリジナルグラス

     

    若い女性を中心に人気急上昇中のキャラクター「ともだちはくま」とKURANDがコラボした、オリジナルラベルのお酒。「ともだちはくま」は、過去に開催したコラボカフェでは3.8万人を動員し、他にも書籍化発行部数10万部超えや、全国量販店でグッズを販売中の人気キャラクターで、餅の様なほっぺたとぽっちゃりボディがチャームポイントとなっている。可愛いだけでなく変顔やシュールなギャグ要素も高く、幅広い年代で愛されているキャラクターとコラボした期間限定のお酒をチェックしてみては?

  • 星野リゾートトマムがクラフトビール3社とオリジナルビール開発

    12.April.2021 | FOOD / SPOT

    北海道最大級の滞在型リゾート「星野リゾートトマム」が、北海道の夏に旬を迎えるとうきびに合わせたトマムオリジナルのクラフトビールを開発し、2021年7月1日(木)から8月31日(火)の期間中、本クラフトビールを数量限定で発売する。

     

    トマムオリジナルのクラフトビール

     

    トマムピルスナー

     

    トマムアンバーエール

     

    トマムブラックエール

    北海道では、とうもろこしを「とうきび」と呼び、自然豊かな風土が生み出す水や原料を生かしたさまざまなクラフトビール造りが盛んだ。昨年の夏は、コロナの影響を受けイベントなどの中止が相次ぎ、思い切り外でビールを楽しめる機会が激減。今年は、北海道の心地よい夏に開催するとうきビアガーデンで、とうきびとビールを存分に楽しんでほしいという想いに賛同したカナダ仕込みの「ノースアイランドビール」や、地元の原料を生かして造る「大雪地ビール」、アルカリイオン水を使う「大沼ビール」のクラフトビールメーカー3社と共にトマムオリジナルのクラフトビールの開発に至った。

     

    とうきビアガーデンで提供する7種類のオリジナルフレーバーに仕上げたとうきびに合わせて、トマムオリジナルのクラフトビールを開発。とうきびの甘さやトッピング、味付けに合うように麦芽やホップ、香味を選択し、それぞれのクラフトビールメーカーが得意とするスタイルで、ビールの味わいを作り上げた。小規模な醸造所だからこそできる、とうきびの美味しさを引き出す個性的なクラフトビールは、黄金色のピルスナー、琥珀色のアンバーエール、漆黒のブラックエールの3種類から楽しむことができる。

     

    この夏は、トマムでしか飲むことができない、とうきびに良く合う個性的なクラフトビールを堪能してみては?

     

  • JR千葉駅にて日本酒プレミアムラウンジがオープン

    12.April.2021 | FOOD / SPOT

    昨年秋、ペリエ千葉えきうえひろばで好評を得たイベント「一献風月」が、たくさんの要望に応えて、ペリエ千葉 チバコトラボ3Fに、2021年4月28日(水)より常設オープンすることが決定。空港ラウンジのように過ごせる落ち着いた空間は、旅の始まりや日常に上質なひとときをプラスする。

     

    CHIBASAKE.COM SHOP with PERIE Onliine SHOP

     

     

    スマートフォンやタブレットを活用したお酒選びや購入が可能な、県産日本酒のセレクトショップが、同時オープン。ラウンジで気に入った銘柄の購入や、ここでしか買えないCHIBASAKE.COMオリジナルの限定酒、RIEDELの純米グラスをはじめ酒器や地域産品の肴などが勢揃い。また、日本酒の豊かでふくよかな「うまみ」を味わってもらうために、創業260年ワイングラスの老舗RIEDEL社が8年かけて開発した純米酒専用グラスで、サービスを提供する。更に、イタリアンレストランEST! Prossimoが、千葉県産食材や、千葉県産酒を用いたオリジナルメニューを開発。千産千消型イタリアンとのマリアージュを堪能することができる。

     

    大人のためのラウンジで旅をスタートしてみては?

     

  • 10通りの梅しごとが楽しめる「手作り梅しごとキット 2021」発売

    06.April.2021 | FOOD

    チョーヤ梅酒株式会社は、梅、酒、砂糖、保存瓶、作り方レシピをセットにした「チョーヤ 手作り梅酒キット2021」を2021年6月中旬に、また、酒の苦手な人や子供にも楽しめる「チョーヤ 手作り梅シロップキット2021」を5月中旬に通信販売ならびに電話注文にて販売、2021年4月1日より予約の受付を開始した。

     

     

    おうちで手作り梅しごとキット 4,200円~13,800円(税込)

     

    2020年、好評を得た「手作り梅しごとキット」を、2021年は梅しごとファンに、より楽しめる梅3種類、酒3種類、保存瓶有り無しのバリエーション、全10通りの組み合わせの中から好きな組み合わせを選べるキットを用意した。

    世界でたった一つの自分好みの仕上がりの梅酒や梅シロップが楽しめる。初心者でも悩まず梅酒や梅シロップが作れるように梅酒のチョーヤが厳選した素材、道具をオールインワンで提供。漬け込み後には作業の頃合いや飲み頃をメールで知らせ(希望者のみ)、失敗なく美味しい梅酒や梅シロップが作れるようフォローする。

     

    セット内容

     

    「梅」全3品種

     

    1. 和歌山県産 特別栽培南高梅

    梅の高級品種 和歌山産「南高梅」の中でも肉厚で果汁がたっぷりと含まれた大粒の4Lサイズを厳選。梅が完熟する少し手前で手摘みし、収穫から36時間以内に冷蔵にて発送する。

     

    1. 和歌山県産 パープル南高梅

    紫南高梅とも呼ばれる赤紫に色づいたパープル南高梅。南高梅よりフルーティーで豊かな香りが特徴的で、梅酒やシロップにするとほんのりと赤色に仕上がる。赤色の正体はブルーベリーやぶどうにも含まれる「アントシアニン」。健康にもおすすめの成分だ。

     

    1. 和歌山県産 パープルクイーン

    収穫量が少なく市場ではあまり出回らない、希少な赤い小梅。梅酒やシロップにすると透明感のあるピンク色に仕上がる。色味が落ちやすいため、チョーヤではシロップ作りがおすすめ。出来上がったシロップは、甘酸っぱいサクランボのような味わいが楽しめる。

     

     

    「酒」全3銘柄

     

     

     

    1. ブランデーV.O(チョーヤV.O) 1,800ml

    果実酒をまろやかに仕上げる果実の酒用ブランデー。そのままでも充分楽しめるほど香り高くまろやかな味わいだ。ホワイトリカーで作るのに比べて香りが華やかに、一味違った梅酒が楽しめる。

     

    1. ドライ・コニャック(Godet Gastronome ゴデ・ガストロノーム) 700ml

    門外不出の製造方法で蒸留されたプレミアムなコニャック。口あたりは通常のコニャックよりも軽くて辛口だ。ほのかにオレンジを思わせるエレガントでフルーティーな味わいが梅酒にぴったり。

     

    1. ホワイト・ブランデー(Godet Antarctica ゴデ・アンタークティカ) 500ml

    タンニンが少なく透明で、まるで南極の氷のようなブランデー。春のアカシアのように柔らかい香りと、若いオークの木が持つ爽やかな香りが特徴的だ。ベルベットのような滑らかな飲み口と梅の出会いがプレミアムな梅酒の世界に導いてくれる。

     

     

    「砂糖」北海道産 てんさいの氷砂糖

     

    北海道の大地で育ったてんさい(砂糖大根)からつくった氷砂糖。じっくりと2週間かけて結晶化させた氷砂糖は、瓶内でゆっくりと溶けて梅の成分を抽出するので風味豊かに仕上がる。

     

     

    「作り方レシピ1枚」

     

    初めての人でも安心して作れるよう、おいしくつくれるコツが書かれたレシピ。希望の人には作業の頃合いや飲み頃をメールで知らせる。

     

     

     

    素材にこだわった「手作り梅しごとキット 2021」で梅酒や梅シロップ作りを楽しもう!

     

     

  • 福岡の街が造ったオリジナルの日本酒「晴好 HARUYOSHI」誕生

    23.March.2021 | FOOD / SPOT

    福岡のNPO法人はるよしが、オリジナル酒造りプロジェクト本格始動の第一弾となる日本酒「晴好 HARUYOSHI」を数量限定で販売開始。こだわりの強い飲食店が多くひしめき合う「はるよし」エリアは、福岡でも随一の「食と酒」の町。そんな「はるよし」に似合うお酒を福岡県下の酒蔵と一緒につくりたい。その想いから、「晴好 HARUYOSHI」が生まれた。

    晴好 HARUYOSHI 01 2,200円

     

     

    福岡県糸島市の米農家・濵地一好の協力を得て「はるよし田園」を創設した。みんなで田植えや稲刈りにも参加し、愛情たっぷりの山田錦が誕生。そのお米に手間暇と情熱を注ぎ、特別なお酒づくりを担ったのは、福岡県うきは市の酒蔵「磯乃澤」。プロジェクトは2019年に立ち上がり、糸島の米農家・濱地、うきは市の酒蔵・「磯乃澤」の協力を得て、まずはプレ版を醸造し、この経験を生かして2020年に本格始動して、できあがったのが「晴好 HARUYOSHI」01だ。

     

    糸島産酒米について

     

    福岡県西部に位置する糸島は美しい海と山が広がり、観光地として人気のエリアだが、その豊かな自然の恵みを受けて、食材の宝庫としても知られており、山手では酒米づくりも盛んで、特に酒造好適米のエース「山田錦」栽培に力を注いでいる。このプロジェクトでは、米農家・濱地と提携して「はるよし田園」を設立し、田植え、稲刈りにも参加。酒米づくりから関わっていくことで、酒造りのストーリーを人々と共有する。

     

    福岡の酒蔵について

     

    同プロジェクトの特徴の1つは、毎年酒蔵が変わるということ。ただし、プレ版とこの01版は、現在福岡県うきは市で唯一の日本酒蔵となる「磯乃澤」とタッグを組んだ。うきは市は、筑後川水系から湧き出る天然水が豊富で、「磯乃澤」も自社の井戸からくみあげた天然水を酒の仕込水としている。「晴好 HARUYOSHI」01は手作業にこだわり、通常高級酒に採用する「袋吊り」で絞った、華やかな吟醸香が広がるお酒となっている。

     

    福岡の地元愛が詰まったオリジナル日本酒で町おこしを応援しよう。

  • DEAN & DELUCAから日本酒「久保田」といちごの限定メニューが登場

    10.March.2021 | FOOD

    食とデザインを軸として感性を大切にした良質なライフスタイル事業を手がける株式会社ウェルカムと朝日酒造株式会社がコラボレーションし、2021年3月8日(月)からDEAN & DELUCAカフェ丸の内にて、「久保田 純米大吟醸」と旬のいちごを使用した限定メニューSAKE & DOLCEを発売。凛とした甘さの「久保田 純米大吟醸」を活かし、日本酒ビギナーにもおすすめの、いちごを使った春のドリンクとデザート2品を楽しむことができる。

     

    純米大吟醸ホワイトチョコレート 572円(税込)

    「久保田 純米大吟醸」に、カカオ分45%のホワイトチョコレート、ミルクがまろやかに溶け込む新感覚ドリンク。いちごのコンポート、削りたての柚子&ハイカカオチョコのトッピングが、純米大吟醸の甘さとコクを引き立てる。

     

    純米大吟醸ジェラートのアフォガード 616円(税込)

    「久保田 純米大吟醸」とミルクで作った柚子香るジェラートに、ストロベリーソース・エスプレッソをかけていただくひんやりドルチェ。日本酒、コーヒー、フルーツの甘味・酸味・苦みが絶妙に調和する至福の味わい。

     

    冷やすと香りがおだやかになる日本酒だが、低温でも磨き抜かれた味わいを感じられるのは「久保田 純米大吟醸」ならでは。口に含むと温まり、華やかでフルーティーな風味がふんわり溶け出す合う、スペシャルなスイーツを楽しんで。

  • 森山大道×KAMU kanazawa×福光屋コラボ日本酒「Lip <Junmai>」 新発売

    24.February.2021 | FOOD

    株式会社 福光屋は、現代アートを通して金沢市の文化の発展に貢献する目的で活動する私設現代アート美術館「KAMU kanazawa(カム カナザワ)」と、日本を代表する写真家森山大道氏とのコラボレーション日本酒「Lip <Junmai>」を福光屋のオンラインショップおよび直営3店舗にて、2月22日(月)に新発売する。

     

    直筆サイン入りは限定100本。 森山大道とのコラボ日本酒。

    私設現代アート美術館「KAMU kanazawa」は、現代アートをきっかけに金沢市の文化の発展に貢献する目的で活動しており、昨年12月15日に4番目のスペースとして「LIP BAR」(KAMU L)がオープン。スペース内には、スナップショットの名手として知られ、80歳を過ぎた現在も世界の第一線で活躍を続ける写真家、森山大道氏のインスタレーション作品「Lip Bar」が展開され、森山氏が捉える社会の猥雑さや欲望を体感できる空間となっている。
    金沢の風土と文化に育まれ、396年の歴史を持つ金沢最古の酒蔵である福光屋が、KAMU kanazawaの活動及び森山氏の作品に共鳴し、コラボレーションが実現。「Lip <Junmai>」の通常版・直筆サイン版を福光屋のオンラインショップにて、通常版を直営3店舗にて2月22日(月)に発売される。「LIP BAR」は月曜から土曜の20:00〜24:00はバーとして運営され、同商品をベースにしたカクテルなどが提供される。

    商品特徴
    契約栽培した酒造好適米「山田錦」と「金紋錦」を使用。森山氏をオマージュした、深いコクとキレ味が調和する複雑味のある純米酒。

     

    デザイン
    森山氏が「Lip Bar」のモチーフとしている唇の写真をシルバーラベルにプリント。通常版の表ラベルは英語、裏ラベルは日本語のサインを印刷したデザインとなっており、直筆サイン版は通常版のデザインをベースに表ラベルに直筆サイン、裏ラベルにシリアルナンバーが記載。ブラックボトルにはフロスト加工を、化粧箱には黒艶箔の唇と福光屋のロゴマークを施しています。パッケージデザインは、金沢市在住のアートディレクター、松澤桂氏によるもの。

     

    Lip <Junmai>

     

    ©Daido Moriyama Photo Foundation Courtesy of Akio Nagasawa Gallery

     

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US