一風堂、シンガポール「タンジョンパガーセンター」に日本酒BAR併設店をオープン

16.June.2017 | BUSINESS / FOOD

オフィスや飲食店がひしめくシンガポールの人気エリア、タンジョンパガーセンターの敷地内に、日本酒やおつまみも楽しめる「一風堂」が、6/14(水)にオープンした。シンガポールで9店目となるこの店は、昨年12月にできた駅直結の商業施設「タンジョンパガーセンター」敷地内の地上にあり、日差しが注ぎ込むカフェレストランのような明るい店舗。

シンガポール9店目のタンジョンパガーセンター店

日本食の飲食店も数多く進出し、ラーメンもすっかり定着しているこのエリアで新しい価値を発信すべく、お得なランチセットや日本酒を各種取り揃えたSAKE BARを併設した。

 

ラーメンだけでなく、日本的なおつまみや日本酒など、様々な日本食のおいしさを広めていく。

 

■Information

IPPUDO Tanjong Pager Centre
住所    :#01-15, Tanjong Pagar Centre, 5 Wallich Street, Singapore 078883
営業時間 :日曜~木曜 11:00–22:00、金、土曜 11:00–23:00
(ラストオーダーはおつまみが営業終了1時間前、ラーメンが40分前)

シンガポールURL :ホームページ www.ippudo.com.sg

一風堂サイト http://www.ippudo.com

 

関連記事:ついに台湾進出!海外からの旅行客にも人気のラーメン店「一蘭台湾台北本店」6月15日オープン

 

関連記事:一風堂、ダイエット中でも食べられちゃう低糖質ラーメン「糖質ニブンノイチそば」を5月10日(水)より限定販売!

RELATED ENTRIES

  • DJ小宮有紗from OMOTENASHI BEATS、初の海外進出!シンガポール開催のANIME FESTIVAL ASIAで大成功

    03.December.2019 | MUSIC

    今年10月にZepp Divercityにて開催された、アニレヴ(アニメ レイヴ フェスティバル 第2章)にてデビューを果たしたDJ小宮有紗 from OMOTEBNASHI BEATS(オモテナシ ビーツ)。ジャパニーズカルチャーの音楽側面を国外に届ける旗手として活動を広げる中、サンテック・シンガポール国際会議展示場で開催された「アニメ・フェスティバル・アジア シンガポール 2019」出演によって、初の海外進出を果たした。

    ノンストップアニメソングCD「SUPER OMOTENASHI BEATS vol.1 × DJ 小宮有紗」(2019年10月2日発売)をリリースしてから、わずか2か月での海外デビューとなった「OMOTEBNASHI BEATS」。

    「アニメ・フェスティバル・アジア シンガポール 2019」2日目に出演したDJ小宮有紗 from OMOTENASHI BEATSのパフォーマンスは、フロアが揺れ動くほどの大盛況を博した。初の海外DJライブの舞台「C3AFA AKIBA STAGE」では海外ヘッズ達をしっかりと沸かせ、そして続くペンライト「LUMICA」のステージでは、スペースがパンクするほど注目度をみせたステージとなり、シンガポールのファンの心をガッチリと掴んだ内容となった。今後も国内外での活動が期待できる、DJ小宮有紗、OMOTENASHI BEATSに注目しよう。

  • 金沢出身の創業社長。イノベーションを起こし続け、付加価値を生み出す。ー株式会社ゴーゴーカレーグループ社長 宮森宏和×株式会社さくら社長 湯浅利昭ー

    28.November.2019 | BUSINESS / FEATURES

    加賀百万石の街・金沢。伝統文化やアートな街というイメージがあり、観光スポットしても人気のエリア。そのコアにあるのは、金沢の人たちのクリエイティヴィティな精神から生まれたものではないでしょうか。今回は、そんな金沢出身の創業社長である株式会社ゴーゴーカレーグループ 宮森宏和社長と株式会社さくら 湯浅利昭社長の二人にお話をお伺いしました。

     

    インタビュー会場は、株式会社さくらの住宅展示ギャラリー。

     

    ーーー湯浅社長、素敵な空間ですね。はじめに両者の簡単な会社のご説明をお願いします。

     

    湯浅:ありがとうございます。株式会社さくらの湯浅です。創業26年の注文住宅の会社をしています。石川県を中心に、縁あって富山、岐阜、京都にもギャラリーを構えています。

     

    宮森:ゴーゴーカレーグループの宮森です。2004年5月に新宿にゴーゴーカレーの1号店ができました。カレー専門商社としてレトルトカレーの販売をしています。今は、日本だけでなくアメリカやブラジルでも店舗を展開しています。

    ーーーお二人とも金沢出身ですね。

     

    宮森:そうですね。小さい頃から「加賀百万石の国」と刷り込まれていました。その時は意味はわからなかったのですが、東京へ行ったり海外へ行ったりすると、金沢は歴史・伝統芸能・文化が素晴らしい町だなと気がつきましたね。自分が思っていた以上に金沢という二文字に重みやブランド、そして魂がこもっているんだなと。

     

    湯浅:宮森社長の言うように、金沢っていう言葉の響きが憧れでもあるんじゃないでしょうか。誰しも伝統や文化に興味があると思うんですよ。金沢という土地は適当に歴史があって、適当にお洒落ですから。

     

    宮森:小さい頃から身近に普通に職人さんがいましたもんね。誰かの家に行けば、お父さんが友禅織の作家だったり。社会見学では伝統工芸の施設に行ったり、能楽堂で能や狂言をみたり、さまざまな伝統文化や四季折々のイベントに参加しましたが、今となってはそういうのもあたりまえじゃないというか。外に出ることによって気づきましたね。

     

     

    ーーーー金沢からクリエイティブな人が輩出される理由が少し分かったような気がします。お二人とも創業者ですね。

     

    宮森:20歳の時にニューヨークに行ったことがあって、その時にいつか絶対戻ってこようと夢を持っていました。社会人になって忘れていたのですが、地元のスターの松井秀喜選手がヤンキースに移籍して、それを喜ぶのと同時に、そうだ自分も行くんだったと思い出しました。カレー屋をやるとか、社長になるとかそういうのではなかったんです。ニューヨークに行きたいという気持ちがありました。

     

    湯浅:わかりやすいですね(笑)。

    私は地元の会社に15年お世話になって、ひょんなご縁でやるようになって。起業したのは、30代後半だったのですが、当時はやはり宮森社長のような勢いがありました(笑)。今思うと当然失敗することも考えられたのですが、全く考えていませんでしたね。若いというのはある意味恐ろしいです。経営というのは年代年代の魅力があると思いますが、宮森社長は若いから、これからもまだまだ行けますね!

     

    宮森:あはは!

     

    湯浅:宮森社長のこの雰囲気みたら、すごくスタッフと距離が近いのがわかりますよね。東京でもこのユニフォームでいらっしゃるんですか?

     

    宮森:はい。新幹線も飛行機もこの格好ですよ!ニューヨークの人も結構知っててくれて。

     

    湯浅:やはり!(笑)その度胸はすごい。

     

    宮森:私たちはチームなので、今この瞬間に頑張ってくれる全国のスタッフと心はひとつなんです。それで同じ格好なんです。社長と自分でも思ってないし、社員からも思われていないんですよ。多分、キャプテンなんだと思います。

     

    ーーーー今、お二人が事業の中で力を入れていることを教えてください。

     

    宮森:今まではお店を出すことに注力していたのですが、そうではなくブランドを活かすことに注力しています。ゴーゴーカレーだけではなく、ターバンカレー、ホットハウス、サムラートの業務委託も受けています。本当にどのブランドも魂がこもっているんですよ。ですから、出店だけでなくレトルトカレーや業務用カレーの販売もして、ブランドを磨くことでお客さんを増やしていきたいなと思っています。

     

    湯浅:私もブランドというものを一番大事にしています。ブランドというのは、お客さんのイメージやいろいろな価値があると思いますが、それに答える形で会社をやっていかないと未来につながっていかないのだろうと。こだわりお客さんに伝える言葉って難しいですが、そこで何かお客さんが感じるものが必要なのではないでしょうか。

     

    宮森:もう見せるしかないですよね。

     

    湯浅:そうですね。このギャラリーにあるようなさまざまな付加価値は言葉にしてもなかなか通じないので、土地と建物を用意して実際に見ていただいています。住宅に今までにない新しいものを取り入れることによって、お客さんに建物だけではない付加価値を感じてもらう。その為にはアンテナをはりつづけ、常にイノベーションを起こし続けることが重要です。イノベーションを起こすというのは、ビジョンとか信念とかはっきりしていないと、成し遂げる前にうやむやになってしまいます。そう思っていても、毎日悩むこともあるのに。

     

    宮森:本当に毎日ですね。(笑)

     

    湯浅:ちなみにせっかちなのは自分だけで、社員に対してはお任せしています。今年ノーベル賞をとった吉野彰さんも、これからの若い人たちの研究のためとおっしゃっていましたが、まさにその通りだなと思います。

     

    宮森:挑戦なくて成長はないし、楽しくないですよね。試練を与えて汗をかかせるというか。

    今度金沢マラソンを走るんですけど、トレーニングも本当に大変ですよ。

     

    湯浅:この格好で走られるんでしょ?それは目立つ!

     

    宮森:沿道の人が応援くれるんですよ。それもすごいパワーになります。楽になるのは走り終わった瞬間だけ。でも、ゴールした時の達成感はなんとも言い難いです。それを若い人にも味わってもらいたいという想いでいます。

     

    湯浅:いいですね。うちの社員も誰か金沢マラソン申し込んでたら、ユニフォーム着てくれないかな。

     

    宮森:会社の看板を背負って、誰か走っている人がいたら応援しようとなりますしね!応援されてる方も、途中で挫けそうになっても頑張ろうとか。社内の絆が出来るんですよ。

    経営にも似ていて、続けるのは大変だけど目標を達成すると、これまでの苦労が吹っ飛ぶ瞬間です。

     

    湯浅:達成して、また新たな目標を目指すの繰り返しですね。

     

    宮森:忘れちゃうんですよね(笑)。大変さを。

     

     

    ーーーなるほど。仕事で充実感を感じる時はありますか?

     

    宮森:提供するカレーがお客様から美味しいと思ってくれることが嬉しいですね。子どもがうちのカレーでカレーデビューしたとか、そしてもう一度家族できてくれたとか。被災地でもカレーの炊き出しをしているのですが、みんなの元気の源になって喜んでくれたらと思って。

    あとは、従業員が高い目標を掲げ、それを達成することによって成長していくことも嬉しく思っています。

    湯浅:お客様に対しては、家を買っていただいた1年後にお会いして、すごくいいお家ですと言われるとやっぱり嬉しいものですよね。何度もする買い物ではないので、満足してもらうとホッとします。

    あと私も小さい会社ながらも社員を預かっている身としては、社員が成長することは嬉しいです。社員がトライし向かっていくと未来が開いていくわけですよ。そこで頑張った結果を活かすのが、社長の責任なんだろうなと。それを目標に経営するのは、ひとりではしんどいものですが、社長というのはそういう気持ちを持っていたいものです。それがないと挫けてしまいますから。

     

    宮森:わかります。成長するって、汗をかかないといけないんですよ。本気でやらないと汗は出ないし、本気でやり続けて周りを巻き込んで、大きな目標を達成するというのは、ものすごい成長しますよね。

     

     

    ーーーお二人とも、社員・スタッフへの熱い気持ちをお持ちですね。

     

    宮森:自分の子供のように感じています。なので、従業員が結婚したり、子供が生まれたり、家を建てたりするととても嬉しいですよ。

     

    湯浅:そうですね。そして会社も成長をしないと存続しないと思うんですよね。常にみんなで成長を目指して努力することが大事だと思います。

    ーーーそれでは最後に、これからのビジョンを教えてください。

     

    宮森さん:カレーは地球を救う!カレーで世界一を目指します!

    例えばラーメン屋さんだったら、お店で食べるラーメンとお家で作るラーメンとどちらが美味しいと言ったら、お店で食べるラーメンなんですよ。だけど、カレーはお母さんの作るカレーが一番美味しい。要は、外食のカレーは成長していないんですよ。スターバックスが美味しいコーヒーを世界に広めたように、美味しいカレーを世界に広めていきたいです。

     

    湯浅:わかりやすい(笑)

     

    宮森:カレーは美味しい薬膳なんですよ。アレルギーも分けたりできるので、子供からお年寄りまで美味しく食べられるように作れます。さらに、カレーを食べると腸の温度が上がるので、健康寿命を伸ばしたり、免疫力を上げたり、ガンと戦うカレーということも目指せますよね。カレーでノーベル平和賞ですよ!湯浅社長は、今後の目指すところはどうでしょう?

     

    湯浅:お客さんから見て、耐震性や電気代が安くなるなど価値のある建物、どう住宅に組み込めるかというのを追求していくのを会社の文化にしていきたいと思っています。お客さんは高い買い物だから、価値を求めています。この家に住んだらどう幸せになれるかへの回答がたくさん生まれる家を作っていきます。時代時代の幸せな暮らしの提案は変化していると思うので、時代の流れをキャッチして大事にしていきたいです。

     

    宮森:湯浅社長はまさに社長だなという感じですね!私は自分でも社長と思っていないし、従業員からは社長と思われていないんですが(笑)、暮らしをすごい考えられているんだなと思いました。素晴らしいです。

     

    湯浅:ありがとうございます。宮森社長は、会う前から規格外の方だと思っていましたが、今日のお話を聞いてみて、そしてこのユニフォーム姿をみて、確信に変わりました。ノーベル賞なんて、なかなか会話に出てこないですよ(笑)。社長と接している社員さんは元気になると思います!

     

     

    カレーと住宅。ジャンルは違えど、イノベーションを起こし続け、自社のブラントを高める二人の創業社長。その志やスタッフへの熱い思いは、一緒に働く人にとっても心強く、また新しい価値を生み出すチャレンジがここから生まれる土壌が整えられています。日本中の人が、さくらのセンスの良い家に住み、美味しいゴーゴーカレーを家で食べるということが実現する日は近いかもしれない。

     

     

    Interview & Text: Yuki Yokoo

    Photographer: pon

     

  • 東京駅で絶品グルメ!「東京駅丼vs駅麺グランプリ2019」 総合グランプリ決定

    10.November.2019 | FOOD / SPOT

    東京駅及び周辺の商業施設では、2019年10月7日(月)~11月24日(日)の期間、東京駅の丼メニューと麺メニューの頂点を決定する「東京駅丼vs駅麺グランプリ2019」を開催しています。

     

    4年目の今回は過去開催エリアの「キッチンストリート」「グランスタ」など9施設に加えて、「エキュー ト東京」「KITTE」など4施設が特別参戦。過去3回実施し好評を博した「東京駅丼グランプリ」に、今年は「麺」メニューも登場し、全92種類が大集合とパワーアップです!この度、対象メニューを飲食された方の審査投票に基づき決定した「丼部門」と「麺部門」の各グランプリおよび、 92丼&麺の頂点に輝く「総合グランプリ」が発表されました。

     

    丼部門

    第1位

    「究極伊勢海老丼」 店舗:築地すし好 和(グランスタ丸の内) 2,200円 (税込)

    昨年のグランプリ優勝店舗から迫力満点の丼が登場!伊勢海老1匹丸ごとと、他11種類のネタが贅沢に盛り付けられています。

     

    第2位

    プレミアム和牛とうにのお月見デート」 店舗名:うに屋のあまごころ(キッチンストリート) 2,530円(税込)

    程よくサシの入ったブランド牛に、うにといくらをトッピングしたここでしか味わえない贅沢な一品です。

     

    第3位

    裏大江戸天丼(まかない編) 店舗:天ぷら 天喜代(グランルーフ) 1,800円 (税込)

    店舗の名物「大江戸天丼」の裏バージョン!天丼とまかないがコラボレーションして登場です。

     

    麺部門

    第1位

    「MISO JIRO」 店舗名:東京スタイルみそらーめんど・みそ(キッテ グランシェ) 1,000円(税込)

    巨大な豚の腕肉チャーシューと、山盛りの野菜でボリューム満点!!

     

    第2位

    「蘭州牛肉麺」 店舗:馬子禄 牛肉面(グランアージュ) 950円(税込)

    ハラル認証店が提供する、本格的な蘭州ラーメン。麺の太さは9種類から選べ、自分好みの食感を選ぶことができます。

     

    第3位

    くずして食べるハンバーグボロネーゼ(パスタ)」店舗名:HAMBURG WORKS(グランルーフ フロント)1,190円(税込)

    お店名物の黒毛和牛ハンバーグを崩しながらパスタと和えて食べれば、口いっぱいに肉のうまみが広がります。

     

    東京駅で気になる丼・麺を見つけてみてくださいね!

  • 最優秀賞は旅行券30万円と賞金20万円!幸楽苑「こどもキャラクターデザインコンテスト」に 各国の”もしもしフレンズ”が応募してみた

    18.October.2019 | FEATURES / FOOD

    今年創業65周年を迎えた「幸楽苑」は、東日本を中心に展開する人気ラーメンチェーン。人気No.1商品”中華そば”を筆頭に、どこか懐かしさを感じるメニューも数多く揃えた人気店です。

     

    そんな幸楽苑に、初のオリジナルキャラクター「パパ」「ママ」が登場!“幸楽苑での食事を楽しむ家族”をテーマに、らーめんに目がなく、幸楽苑の人気メニュー中華そばプレミアム好きの「パパ」と季節・期間限定商品に目がない「ママ」が誕生しました。

    そして今回、幸楽苑の創業65周年を記念し、しっかり者で彼らの自慢である「こども」のキャラクターデザインを世界中から一般募集するコンテスト「こどもキャラクターデザインコンテスト」がスタート!

     

    幸楽苑のこれからをさらに盛り上げる大切なキャラクターが、 公式SNSや各種イベントで大活躍し、幸楽苑の魅力を世界中に届けます!

     

    でも…「こどもキャラクターデザインコンテスト」で最優秀賞に選ばれた作者にJTB旅行券30万円分と賞金20万円が贈られることも、幸楽苑の魅力についても、日本以外の世界中の人々にはまだまだ知られていません…。

     

    こんなにワクワクする企画に、日本人のみならず世界中の人々にも参加してほしい!そんな想いから、各国の老若男女・多種多様なカルチャーを持つもしもしフレンズを召集。もしもしフレンズの中から、受賞者が出ることを目指して、コンテストに応募します!!

    集まったのは6人のもしもしフレンズ。国籍・年齢・趣味も様々です。

    まずは東京・渋谷にある幸楽苑 道玄坂店に行き、それぞれがキャラクターへのイメージを膨らませるため、気になるメニューを実食します。

    幸楽苑のメニューは、らーめんはもちろんのこと、餃子・チャーハンなどのサイドメニューも豊富。どれを頼むか迷うこと5分、それぞれが好きな商品を注文しました。

    いただきます!

    中華そば 440円

    フィリピン人のモデル・ナオミは、幸楽苑の人気No.1看板メニュー「中華そば」を実食。

    はじめて幸楽苑を訪れたナオミは、じっくりと中華そばの優しい味わいを楽しんでいます。

    最近博多に行って、とんこつにハマったという中国人タレント・悦奈は「とんこつチャーシューめん(640円)」を実食。「ラーメンに高菜が入っているのが美味しい!」と大喜び。美大を卒業したという悦奈、どんなイラストを描くか楽しみです。

    ベジタブル餃子 240円

    「ベジタブル餃子で!」と即決だったピーターは、カナダ国籍・日本育ちのベジタリアン。

    「久しぶりにお肉が入っていない餃子が食べられた!長芋・しそ・生姜などたっぷりの野菜ともちもちの皮が美味しい」とご満悦です。ベジタブル餃子は、にんにく・にらも入っていないので、どうしても餃子が食べたいけど匂いが気になる!という方にもおすすめ。

    日本食が大好き!もしもしにっぽんで翻訳を担当しているイギリス人のサミーは、ラーメンは大好きだけど健康も気になる…ということで「減塩中華そば(440円)」を注文。「昨日からキャラクターのイラストを描く練習もしてきた!」と、気合いたっぷり。しっかり食べて、キャラクター考案のためイメージを膨らませます。

    期間限定商品の「ごま味噌チャーシューめん(640円)」を注文したゲームや映画系の情報を取り扱うニュースサイトIGN JAPANの編集長・ダニエルは、「イラストには“麺”を取り入れたい。ラーメンに卵を入れるのも好きですし、こどもは卵から生まれるので、”卵”も取り入れようかな…」と真剣に実食。

    玉丼 320円

    イラストレーターとして活動する傍ら、DJとしての活動も行っているクリエーター・ChiMy(チャイミー)は、ねぎラーメン(540円)と合わせて玉丼を注文。DJ終わりにはよく幸楽苑を訪れるそうで、お気に入りのメニューも決まっているようです。

    それぞれ幸楽苑のメニューからイメージを膨らませ、お腹も満たされたところで、いよいよキャラクターを描いていきます!

    テーブルには、クレヨン・えんぴつ・色えんぴつ・消しゴムが並べられています。コンテストは、PCで制作した作品も募集可能ですが、今回は手描きで作成します。

    早速、ChiMyはいつも使っているという自前のペンを広げて描きはじめました。

    さっきまではみんなでワイワイおしゃべりしていたのに、すっかり真剣モード。

    麺、卵、のり、ナルト、どんぶりなどの色々なパーツをキャラクターに取り入れています。

    コンテストの応募は1人何点でも可能。悦奈は男の子と女の子を描いているようです。

    「そもそもこのこどもに性別はあるのかな?」ダニエル、おもしろい視点からキャラクター制作に取り組んでいます。

    「名前は何にしよ〜」イラストだけでなく、キャラクターの愛称も一緒に考えていきます。

     

    みんなで真剣に描くこと約1時間、それぞれの愛おしい“こども”が完成しました!

    ChiMyの作成したキャラクター「えんちゃん」は、どんぶりでできた帽子と、麺でできた髪の毛につけたナルトの髪留めがポイント。

    サミーのキャラクター「うめ〜ん」は、パパの麺、ママのナルトをしっかり取り入れています。卵でできた靴がキュート!

    ナオミはかわいらしい兄弟「チャット・ザ・イーボーイ」と「ビスコちゃん」を作成。麺でできたくりんくりんの髪の毛がそっくりなのは、さすが兄弟!

    悦奈の考案した、双子のこども「麺ゆゆちゃん」と「楽太郎」は、麺を食べると変身!ストーリー性もばっちりです。

    ダニエルのキャラクター「RAMEN BABY」は、自分で自分の麺を食べるという、ちょっぴり”グロかわ”なキャラクター。オムツもはいていてBABYらしいです。

    ピーターが考案した「Mugimen」は、体部分が卵という思い切った発想。頭飾りにはラーメンの原材料・小麦が使われていてなんだかインディアン風な姿に。

    思い思いに描いたこどもキャラクターが無事に完成しました。それぞれのキャラクターを見せ合って、みんな大笑い。ひとりひとり違った発想があっておもしろいですね。

     

    幸楽苑のおいしいメニューを食べて子どもに戻ったように夢中で絵を描く時間に、大満足のもしもしフレンズたちでした。

     

    コンテストの募集は10月25日(金)23時59分まで。あまりイラストには自信がない・・・という方も大丈夫!選ばれた作品は、イラストレーター・シャシャミンさんがデザインや色彩調整などの仕上げを担当するので、誰でも気軽に応募してみてくださいね。

     

    ※メニューの金額は全て税込表記となります。

    ※一部店舗では販売していないメニューがあります。

    ※商品の変更に伴い、情報は随時更新されますのでご注意ください。

    ※メニューは幸楽苑のホームページからご覧いただけます。https://www.kourakuen.co.jp/

     

    Model: Etsuna, NaomiChiMy, Peter, Sammy, Daniel

    Writer: Ellie(MOSHI MOSHI NIPPON)

    Photographer: pon

  • ザ・ペニンシュラ東京、”一風堂”のラーメンをルームサービスで提供

    29.August.2019 | FOOD

    「一風堂」と、ザ・ペニンシュラ東京は、2019年夏よりザ・ペニンシュラ東京のルームサービスにて、「ザ・ペニンシュラ東京 “マイラーメン” by 一風堂」の提供を開始。両社にとって、それぞれホテル、またはラーメンとのコラボレーションは今回がはじめての試みとなる。

    ザ・ペニンシュラ東京では、滞在中の方から「とんこつラーメンを楽しめるお店が知りたい」、「IPPUDOに行ってみたい」という声が多く寄せられたことから、日本の代表食として愛されるラーメンをザ・ペニンシュラ東京でも楽しんでほしいと、2018年秋より共同にて企画・商品開発を開始。

    本ラーメンは麺をキッチンで茹で、ポットに入れたスープとトッピングの木箱とともに客室に届け、スタッフが目の前で丼に入った麺の上に熱々のスープを注ぎ、最後にねぎを添えるというシステム。宝石箱を思わせる木箱には、とんこつラーメンには定番の明太子や高菜、紅しょうが、きくらげ、海苔などに加え、煮玉子、揚げニンニク、ねぎの豆板醤和え、玉ねぎ、ごま、七味唐辛子、そして「ヘイフンテラス」特製BBQポークとザ・ペニンシュラ香港発祥のXO醤で和えたザーサイなど全12種類のトッピングが色とりどりに並ぶ。

     

    これまでにない”ラーメン”のおもてなしを体験してみて。

  • ミシュラン掲載の”ラーメン”や新テイストの”焼鳥”も!六本木ヒルズ飲食フロアリニューアル

    26.August.2019 | FOOD / SPOT

    六本木ヒルズは10月29日(火)、メトロハットB2Fの飲食店をリニューアル!2016年、2017年とミシュランガイド東京に掲載され、海外にも広く知られるラーメン店や、新しいテイストの「焼鳥」と東京では珍しい「鶏皮鍋」が楽しめる新スタイルの焼鳥屋など、新店舗を含む全7店舗が登場します。

     

    今回は、特に気になる店舗をご紹介します♪

     

    銀座 篝

    鶏白湯 Soba \900(税別)

    行列の絶えない店として親しまれる「銀座 篝」は 2016年、2017年とミシュランガイド東京に掲載され、海外にも広く知られるラーメン店です。看板商品の「鶏白湯 Soba」は、丸鶏・鶏ガラを大量に使い、旨味を最大限に引き出した濃厚で繊細な味わいのスープが絶品!スープに合わせる「塩かえし」は、数種類の天然塩に魚介の旨味が合わさっています。

     

    エリア:メトロハット/ハリウッドプラザB2F

    営業時間:11:00〜23:00(L.O.22:00)
    店舗サイト:https://www.roppongihills.com (店舗ページは10月中旬公開予定)

     

    焼鳥 ここりこ庵

    焼鳥 \200円(税別)〜

    東京では珍しい「鶏皮鍋」が楽しめる新スタイルの焼鳥屋。鶏肉は、朝挽きされた新鮮な肉や希少な内臓部位を使用しています。伝統のタレや塩のほか、バルサミコ酢やハーブビネガー、マデラ酒やブランデー等を使用して、各部位の特徴を活かした調理を施しているのも特徴。日本酒やワインとの相性も抜群です!

     

    エリア:メトロハット/ハリウッドプラザB2F
    営業時間:ランチ 11:00~15:30(L.O.15:00)、ディナー 17:00~23:00(L.O.22:00)

    店舗サイト:https://www.roppongihills.com (店舗ページは10月中旬公開予定)

     

     ぴんとこな

    手軽に本格的なすしを楽しめることで人気の「ぴんとこな」がリニューアルオープン。ネタは日本各地から旬のネタを仕入れて握られます。11月1日(金)から30日(土)までの期間は、宮崎の新鮮魚介と本格焼酎を取り揃え、フェアも開催されるのでお見逃しなく。

     

    エリア:メトロハット/ハリウッドプラザB2F
    営業時間:ランチ 11:00~15:30(L.O.15:00)、ディナー 17:00~23:00(L.O.22:00)

    店舗サイト:https://www.roppongihills.com (店舗ページは10月中旬公開予定)

     

    AFURI(アフリ)

     ゆず塩らーめん \1,000(税別)

    人気ラーメン店AFURIの透き通った黄金色のスープは、丹沢山系の大山(通称・阿夫利山)の麓から湧き出ている、天然水を使用。この水に、厳選された鶏ガラや香味野菜、昆布や鰹節などを加えて仕上げています。パツパツとした食感の全粒粉麺や、注文毎に炙って仕上げるチャーシューも美味しい!ヴィーガンらーめん販売しているので、外国の方にも人気です。

     

    もしもしにっぽんには、原宿にあるAFURIのレポートを掲載しているので、ぜひこちらもチェックしてみてください:ミシュラン掲載の人気ラーメン店「AFURI 原宿」

     

     

    エリア:メトロハット/ハリウッドプラザB2F
    営業時間: 11:00~23:00(L.O.22:00)
    店舗サイト:https://www.roppongihills.com/shops_restaurants/restaurants/00100.html

     

    この他にも、思わずどこに行くか迷ってしまう人気店舗がたくさん登場するので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

  • 120年ぶりに復活した銘酒「甲州富士川・本菱・純米大吟醸」が国際賞を受賞!銘酒を復活させたプロジェクト「まちいくふじかわ 」とは?

    25.June.2019 | BUSINESS / FOOD

    地域資産を発掘し地元の人たちで名産品をゼロから作り上げる、まち育てプロジェクト「まちいく」を主催するむすび株式会社は、同プロジェクトにより商品化に成功した日本酒「甲州富士川・本菱・純米大吟醸」で「Kura Master日本酒コンクール 2019」、「ロンドン酒チャレンジ 2019」それぞれの純米大吟醸部門にて金賞を受賞した。

     

    この商品は、山梨県富士川町の活性化を目指す地域活性プロジェクト「まちいくふじかわ」のメンバーにより商品化に成功した、120年前まで実際に作られていた幻の日本酒。2015年11月に「まちいくふじかわ」プロジェクトを開始し、クラウドファンディングで募集したメンバーを中心に運営。地元醸造店や酒米農家の協力を得ながら、商品企画・田植え・稲刈り・仕込みまで実施した。 2017年4月に商品化に初めて成功し、現在はプロジェクトの4期目を迎えている。

    120年ぶりにこの商品を復活させたのは酒造り未経験のメンバー

    まちいくプロジェクト発起人の深澤氏が、かつて酒蔵として使われていた実家の納屋で、『本菱』と掘られた2つの刻印をたまたま見つけたのがきっかけ。120年前の日本酒を復活させ富士川町に新しい地域資産をつくりあげることを目的とした「まちいくふじかわ」がスタートした。クラウドファンディングでメンバーを募集し、約1年の歳月をかけ、地元醸造店や酒米農家の協力を得ながら、“21世紀の本菱“を復活させる。

    与謝野晶子が愛した醸造店も唸った渾身の出来栄え
    酒米には富士川町産「玉栄」の50%酒米を、酵母には取扱いが難しい反面、華やかな香りと酸味のバランスが特長の「協会酵母1901号」を使用した。火入れ1回のフレッシュな状態で保存したことで、華やかな香り・フルーティーな味わい・スッキリとしたのどごしを実現。萬屋醸造店・田中杜氏が「これまで作ってきたお酒とは全く違う」と唸った渾身の力作となっている。

     

    120年の時をかけて、私達にお酒の魅力を教えてくれる「甲州富士川・本菱・純米大吟醸」。過去へ思いを馳せながら、銘酒をゆっくり味わってみたい。

  • カフェ「PRONTO」シンガポール初出店

    14.June.2019 | FOOD / SPOT

    プロントコーポレーションは、6月17日(月)Capital Square Singaporeにシンガポール初出店となる「PRONTO SINGAPORE(Capital Square)店」をオープンする。プロントの海外出店は、中国(上海)に次いで2カ国目。

    出店エリア「シェントン・ウェイ」は、アジアや欧米各国のビジネスマンも働き、東南アジアにおける金融・ビジネスハブ。MRT(地下鉄)の「ラッフルズプレイス駅」徒歩5分、「テロック・アヤ駅」徒歩1分のオフィスビル1階路面に位置する。

    シンガポールは外食率が高く、オフィスワーカーも多いことから、プロント業態の特性が活かせると考え出店が決まった。日本同様にカフェ・バーの二毛作営業形態として、モーニングからバーまでとして利用できる。

    カウンターはビル共用部に面して解放感があるため気軽な“酒場”感と、インテリアは“ちょっと特別なプライベート空間”を兼ね備え、双方の雰囲気を演出。また外部にはテイクアウトコーナーから繋がるテラス席を設けている。

    カフェタイムはコーヒーと本格パスタ、バータイムはThe Premium Malt’s 4種と強炭酸のハイボール、料理はイタリアンをベースに揃えている。平日はオフィスワーカー、休日は観光客や周辺在住のファミリーなど、どの時間帯に来てもそれぞれのニーズにこたえられる店舗となっているのでシンガポールに行く際は是非訪れてみて。

  • 世界初鋳物ホーロー自動調理器「VERMICULAR Musui–Kamado」イタリアのデザイン賞受賞

    05.June.2019 | BUSINESS

    愛知ドビー株式会社は、世界初の鋳物ホーロー自動調理器「VERMICULAR Musui–Kamado(バーミキュラ ムスイ–カマド)」において、イタリアの国際的デザイン賞「A’Design Award & Competition 2019」のゴールドを受賞した。同賞にはプラチナ・ゴールド・シルバー・ブロンズ・アイアンの5つのランクがあり、今回受賞したゴールドは受賞者の内、上位3%の受賞者に与えられる権威ある賞。

     

    「バーミキュラ ムスイ–カマド」は、日本国内で2016年12月に高級炊飯器市場に展開した炊飯器「バーミキュラ ライスポット」を、無水調理・ロースト・炒め調理・低温調理機能を前面に押し出している。世界初の鋳物ホーロー自動調理器として「ムスイ–カマド」と新たに名付け、2019年1月にアメリカで発売した世界進出モデルだ。

    日本国内の「JIDAデザインミュージアムセレクションvol.19」「2017年グッドデザイン賞(ベスト 100、特別賞)」のほか、ドイツの「iF デザインアワード2019」、「レッド・ドット・デザイン賞2019」も受賞しており、今回の受賞で国際的なデザイン賞を国内外合わせて5冠獲得となった。

    この度の世界的デザイン賞の連続受賞を通じ、愛知ドビー株式会社は、今後も機能性とデザイン性を兼ね備えたメイド・イン・ジャパンのモノづくりを追求し、「手料理と、生きよう。」というスローガンのもと、世界の家庭にひとつでも笑顔を増やすことを目指していく。

  • 食べログ高評価のラーメン店がコラボ!心斎橋「純至派ラーメン RAMEN PURISM」

    04.June.2019 | FOOD / SPOT

    食べログの評価が3.7を越え、ラーメン店大阪で行列のできるラーメン店「創作らーめんstyle林」と「人類みな麺類」がタッグを組んだ新店舗「純至派ラーメン RAMEN PURISM(ラーメンプリズム)」が、心斎橋、宗右衛門町にオープンした。

    林流味噌らーめん 990円

    「純至派ラーメン RAMEN PURISM」は、2019年1月に香港の中環にオープンした大人気ラーメン店「立体派RAMEN CUBISM」の総本店として、大阪に逆輸入して誕生したラーメン店。

    禁断の塩 890円

    人類みな醤油 890円

    大阪で行列のできるラーメン店「創作らーめんstyle林」の「林流味噌ラーメン」「禁断の塩」と、「人類みな麺類」の「人類みな醤油」を、京都の陶芸家「露古壽窯」に特注で依頼した通常の2倍以上のラーメン鉢で提供。製麺室を完備しているので、打ちたての自家製麺を堪能できる。

    香り高い小麦「竹」に、あおさ海苔、黒胡麻をブレンドしたオリジナル麺(切り歯16番使用)と、豚バラと肩ロースを2枚紐で縛り160度で30分、芯温70度まで焼き上げたローストポークがたまらない!

     

    店舗はガラス張りで、国内や海外のお客様に製麺の作り方を実際に目で見て楽しめる。店内にはジャズが流れ、ラーメン店の枠を超えたラグジュアリーでゆったりとした空間になっている。宗右衛門町、戎橋から徒歩30秒の宗右衛門町入ってすぐの、アクセス抜群の立地。圧巻のラーメンを味わいつくそう!

  • 花火と最先端テクノロジー「STAR ISLAND」東京・シンガポールで今年も開催

    29.May.2019 | SPOT

    STAR ISLAND実行委員会は、2019年7月20日(土)に「STAR ISLAND 2019(スターアイランド ニセン ジュウキュウ)」を、TOKYO STAR ISLAND(豊洲ぐるり公演内)にて開催する。3年目を迎える今年の「STAR ISLAND」は、会場を豊洲ぐるり公園へと移し、新たな姿となって東京へ凱旋。チケットは2019年5月28日(火)13:00より、販売を開始した。

    「STAR ISLAND」とは、大都市の摩天楼を一望できる絶景のロケーションで繰り広げられる日本の伝統花火と最先端テクノロジーである「3Dサウンド」「ライティング」「ショーパフォーマンス」が完全シンクロし、 訪れた人々の五感を刺激して感動体験を提供する“感覚拡張型エンターテインメント”。

    過去開催の様子

    毎公演チケット完売の好評を受け、4回目の開催となる「STAR ISLAND 2019」は、より多くの方が 「STAR ISLAND」の世界を体感できるようスケールアップを図り、豊洲ぐるり公園に会場を移す。会場内では、“3Dサウンド・ライティング・パフォーマンス・火薬特効・東京の摩天楼”が来場者を層状に包み込み「STAR ISLAND」の世界への没入感を体験できる。

    過去開催の様子

    毎年好評の小さなお子様連れでも楽しめるキッズエリアは2箇所に増設、新たにBBQシートなどを加え、全10種類のシートを用意。世代を問わず多くの方が楽しめる。

    過去開催の様子

    また、今年は「STAR ISLAND」の海外展開を加速。これまで2017年の初開催から2年連続で 東京のお台場海浜公園で開催、2018年末に初の海外進出を果たし、シンガポールでのアジア最大級カウントダ ウンイベント「Marina Bay Singapore Countdown 2019」のメインコンテンツとして採用され「STAR ISLAND SINGAPORE COUNTDOWN EDITION」を開催し、のべ86ヵ国の人々を感動の渦に包み込んだ。 その反響を受け、同カウントダウンイベントにて2020年末まで3年連続「STAR ISLAND」の開催が決定。さ らに、日本・サウジアラビア二国間協力の羅針盤となる「日・サウジ・ビジョン2030」の方針の基、サウジアラビア総合娯楽局からのオファーを受け、サウジアラビアの建国記念日である2019年9月23日(月)での 「STAR ISLAND」を開催に基本合意となった。

    世界が注目するエンターテインメント「STAR ISLAND 2019」を楽しもう。

  • 資生堂、シンガポールに屋内庭園「SHISEIDO FOREST VALLEY 」オープン!チームラボとコラボも

    16.May.2019 | BUSINESS / SPOT

    資生堂は、シンガポールのチャンギ国際空港に隣接する大型複合施設「ジュエル・チャンギ・エアポート」(以下「ジュエル」)に、「SHISEIDO」の名を冠する屋内庭園「SHISEIDO FOREST VALLEY」をオープンする。さらに「SHISEIDO FOREST VALLEY」での体験を魅力的に演出するため、世界で活躍するチームラボとのコラボレーションによりアートインスタレーション「SENSE」を展開。世界中からジュエル・チャンギ・エアポートを訪れる人「SHISEIDO FOREST VALLEY」での接点を通じて、「SHISEIDO」のグローバルレベルでのさらなるプレゼンス向上を目指していく。

    「SHISEIDO FOREST VALLEY」は、「ジュエル」の4階分の吹き抜け空間に、約2万2,000平方メートルというシンガポールで最大級の庭園を設置。

     

    「SHISEIDO FOREST VALLEY」の緑に囲まれた散歩道を歩く人々に、自然、美、アートに対する日本的な美意識を体験してもらう目的で創造された双方向型のアートインスタレーションである「SENSE」。ウルトラテクノロジスト集団であるチームラボを中心としたクリエーターとのコラボレーションから生まれた。心を落ち着かせる香り、安らぎを運ぶサウンド、静けさを漂わせる眺め、親しみを感じさせる触れ心地といったさまざまな体験を提供する。新しい取り組みにチャレンジする資生堂の屋内庭園を楽しもう!

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US