RADWIMPS 新曲「SUMMER DAZE」MV&音源公開

24.August.2021 | MUSIC

RADWIMPSの新曲「SUMMER DAZE」が2021年8月18日(水)に公開された。ミュージックビデオはオフィシャルYouTubeチャンネルで、音源は音声ファイル共有サービスのSoundCloud(サウンドクラウド)で公開中だ。

 

RADWIMPS「SUMMER DAZE」

https://soundcloud.com/radwimps_official/summerdaze

 

2021年夏、昨年と変わらず鬱屈とした世の中の状況において、少しでも気持ちが晴れやかになるような夏のアンセムを届けられたらと、野田洋次郎の友人でもあるクリエイティブディレクターの野村訓市氏と意気投合しこの楽曲の制作はスタートした。その後、楽曲の熱に感化されるように1人また1人とクリエイターたちが賛同。アートディレクションから建築まで全方位で活躍するYARのYOSHIROTTEN氏。広告、音楽、ファッション、映画など多岐に渡る活動を行なっている写真家、撮影監督の川上智之氏。そして数々のファッション媒体に登場する新進気鋭のモデル・NANAMI KEYESらが今作のために集結し、2021年夏のアンセムが完成した。

 

RADWIMPS「SUMMER DAZE」ミュージックビデオ

 

「SUMMER DAZE」は、RADWIMPSから2021年の夏を共に生きる、すべての同士たちへのプレゼント。思い思いのシチュエーションで、それぞれの夏が自由に輝きを放ちますように、という願いも込められている。 

 

 

野田洋次郎(RADWIMPS)コメント

 

昨年2020年、各音楽フェスは軒並み中止に。2021年に大きな期待を寄せて迎えてはみたものの、明るい兆しが一向に見えてこなかった今年の春頃。友人の訓ちゃん(野村訓市)とこんな話になった。 

「なんだかまた鬱屈した夏が来そうだね。せめて聴いている間は気持ちが晴れて、どこまでも駆けていけそうな、踊り続けられるような夏のアンセムを作ろうよ。この夏の眩惑を一曲に閉じこめよう。」 

そこからこのSUMMER DAZEは出発しました。 

夏が近づくにつれアレンジも徐々に決まっていき、友人たちに聴かせると皆一様に喜んで踊り出すのでした。そして映像を作ろうと盛り上がり、一人、また一人と参加したいと言ってくれるクリエイターが増え、学生の自主制作のようにワイワイと映像制作も進んでいきました。皆がそれぞれの仕事を終えた夜中に打ち合わせやロケハンを繰り返し、撮影をしていきました。音源作り、Tシャツ作り、ムービー制作、ジャケット撮影のすべてを自分たちだけで行ったのは初めてのことでした。 

この音源と映像は僕たちから、共に2021年夏を生きるすべての同士たちへのプレゼントです。無料でSound Cloud、YouTubeにアップします。この夏の好きなシーンで聴いてもらえると嬉しいです。 

忙しい合間を縫ってやりたいと賛同し参加してくれたYOSHIROTTEN、カメラマンの川上くん、映像まわりを寝ずにやってくれた笠井くん、夜中の街を全速力で走ってくれたNANAMI、そして訓ちゃん、改めてありがとう。 

皆さんの夏が輝きますように。

 

RELATED ENTRIES

  • Grace Aimiを起用した広告がニューヨークのタイムズスクエアに登場

    29.December.2021 | MUSIC / SPOT

    Grace AimiがSpotifyによるローカルプレイリスト「EQUAL Japan」マンスリーアーティストに選出され、その広告がニューヨーク、タイムズスクエアのサイネージに登場した。

     

    2021年12月1日から公開された同プレイリストは、オーディオ分野における女性の地位向上を推進し、女性の世界的な貢献を称える取り組みとして開始された​​プログラムの一貫。世界中の女性アーティストの作品を集めた「EQUAL」のグローバル旗艦プレイリストのほか、50を超える国と地域で35のローカルプレイリストが展開されている。Z世代を代表する女性アーティストとして、このたびGrace Aimiが選出された。

     

    また、Grace Aimiは先日デビュー・アルバム「If」をリリースし、収録曲「Karaoke Queen」のミュージックビデオを公開。「Karaoke Queen」は、80年代のMTVから流れてくるシンセポップをイメージし、Chaki Zuluによるプロデュースと、Grace Aimiのハスキー且つ滑らかな声がマッチした曲となっている。

     

     

    Karaoke Queen MV

     

    ミュージックビデオは現在様々なジャンルのMVを手がけ、SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2021にてBEST VIDEO DIRECTOR賞を受賞した気鋭映像作家 新保拓人が担当した。カラオケ屋で店員を演じるGraceが、ギャルが盛り上がる部屋にいくと・・・、というストーリー。80年代をイメージした服装とメイクもポイントの、見どころ満載のミュージックビデオとなっている。

     

  • 映画 『余命10年』 主題歌がRADWIMPSの書き下ろし新曲「うるうびと」に決定

    22.December.2021 | MOVIE / MUSIC

    2022年3月4日(金)に劇場公開が決定した映画『余命10年』の主題歌が、RADWIMPS「うるうびと」に決定した。すでに劇伴音楽を手掛けることは発表されていたが、公開された映画の本予告映像により、この映画のための主題歌を書き下ろしたことも明らかになった。RADWIMPSが全編に渡って映画音楽を手掛けるのは『君の名は。』『天気の子』に続き3作目となる。楽曲を手掛けたRADWIMPS・野田洋次郎は、撮影前に脚本を読んで主題歌と劇伴の一部を作り、キャストとスタッフはその音源を聴いて同じイメージを共有しながら撮影に臨んだ。

     

    映画『余命10年』本予告映像

     

    野田洋次郎(RADWIMPS) コメント

    はじめて実写映画での劇伴作業は新鮮で挑戦に満ちたものでした。シーンを観ながら、茉莉や和人やその周りでたしかに生きる登場人物たちにどんな音で寄り添うべきなのか、背中を押すべきなのか、幾度もの苦悩もありました。

    総合計時間にするとおそらくすでにこの映画を100回近く観ていることになります。ですが、編曲もすべて終わり最終のオーケストラの本番レコーディングでやはり、画面を観ながら涙がポロポロと出てきました。

    この映画には、茉莉の人生には、きっとご覧になるあなたが明日からも生きていく意味が詰まっていると思います。

     

    藤井道人監督 コメント

    『余命10年』の脚本を読んだとき、茉莉と和人のイメージと、そこに寄り添う野田さんの音楽が自然と流れて来ました。

    野田さんは、脚本を読んだインスピレーションでクランクイン前に音楽を作ってくれて、その音楽を聴きながら撮影は進んでいきました。まさに、野田さんに導いてもらいながらこの作品は完成しました。至福の時間でした。是非劇場で体感して欲しいです。

     

    映画『余命10年』は、2017年の発売以来、ただの恋愛小説にとどまらない、切なすぎる小説としてSNS等で反響が広がり続け、現在すでに50 万部を突破している「余命10年」(小坂流加著/文芸社文庫NEO刊)が原作。キャストには数万人に一人という不治の病で、余命が10年で あることを知りもう恋はしないと誓いながらも和人に惹かれていく主人公・茉莉(まつり)役に小松菜奈。その茉莉と恋に落ち、茉莉を変えていくきっかけを作る若者・和人(かずと)役に坂口健太郎がW主演で初共演を果たしている。

     

    ©2022映画「余命10年」製作委員会

  • RADWIMPS、ニューアルバムを引っ提げたツアーの最速ライブレポート到着

    16.December.2021 | MUSIC

    2021年11月23日(火・祝)メジャーデビュー16周年目の記念日にニューアルバム「FOREVER DAZE」をリリースしたRADWIMPS。今回はツアー初日12月4日(土)ぴあアリーナMM公演の最速ライブレポートをお届けする。

     

    RADWIMPSオフィシャルライブレポート 

    「本当にあっという間で、本当に来てくれてありがとうございます。ありがとうしか出てこないな……。いろいろ話したいことはあるんだけど、こうやって顔と顔を突き合わせると、『ありがとう』以外出てこなくて。生で会ったあなたたち一人ひとりが俺にとってのリアルであり、この瞬間をずっと待ち望んでいた。ありがとう」

     

    本編、最後のMCで野田洋次郎はありったけの実感を込めるようにして、オーディエンスに感謝の意を述べた。去る11月23日に約3年ぶりのニューアルバム『FOREVER DAZE』をリリースし、そして約2年3ヶ月ぶりに開催するツアー「FOREVER IN THE DAZE TOUR 2021-2022」の初日を迎えられた喜びは、やはりこういった世界の様相を誰もが体感しているからこそ、格別だっただろう。

     

    12月4日、神奈川県・ぴあアリーナMM。RADWIMPSは野田洋次郎と武田祐介に加え、ツインドラムとして森瑞希とエノマサフミ、さらに今回のツアーから初参加となるツインギターのTAIKING(Suchmos)とマスダミズキ(miida)という布陣でそのステージに立った。ツアーは始まったばかりなのでセットリストや演出面の詳細は伏せるが、とにかくそのアンサンブルはフレッシュだった。たとえば『FOREVER DAZE』から披露された「桃源郷」や「MAKAFUKA」然り、RADWIMPSはこうも幾度となく生まれ変わるようにして新しい息吹をまとえるのかという感嘆の念を楽曲が重なっていくごとに覚えたし、このバンドのあり方そのものがまた『FOREVER DAZE』というアルバムのメッセージ性=「どれだけしんどいことがあっても、自分は揺らめきながら、たゆたいながら音楽を作っていくんだなと思えました」(野田洋次郎が『FOREVER DAZE』に寄せたコメントより)という意思を体現しているとも思った。

     

    『FOREVER DAZE』の収録曲が既存の楽曲群とどのように交わり、有機的な融合を果たすのか。あるいは、映像作家の山田健人が手がける演出は巨大なビジョンに映えるモーショングラフィックや最新の技術を存分に活かしたライティングで『FOREVER DAZE』の世界とRADWIMPSの現在地を立体的に際立たせているので、そのあたりもぜひ注目してほしい。

    RADWIMPSがRADWIMPSを活き活きと更新するツアーが、幕を開けた。

    (text:三宅正一)

     

    「FOREVER IN THE DAZE TOUR 2021-2022」は、2022年1月までに全国6箇所12公演を予定している。ニューアルバムやツアーの詳細はオフィシャルHPをチェックしよう。

     

  • RADWIMPS、アルバム『FOREVER DAZE』収録曲「SHIWAKUCHA feat.Awich」のMV公開

    01.December.2021 | MUSIC

    2021年11月23日(火・祝)メジャーデビュー16周年目の記念日にリリースになったRADWIMPSのニューアルバム「FOREVER DAZE」より、Awichを客演に迎えた「SHIWAKUCHA feat.Awich」のミュージックビデオが公開になった。新進気鋭の映像作家・Spikey John氏を監督に迎えた今作は、楽曲に込められているメッセージを「静寂」と「激情」で表現。野田洋次郎とAwichによる掛け合い、シンプルかつエモーショナルなバンドのパフォーマンスシーンを、緻密に彩られた照明(光)でドラマチックに描いている。

     

     

    RADWIMPS「SHIWAKUCHA feat.Awich」ミュージックビデオ

     

    さらにツアーのギタリスト2名が映像内でお披露目となるサプライズも。TAIKING(Suchmos)、マスダミズキ(miida)の2人をギタリストに迎え、12月4日(土)からスタートする「FOREVER IN THE DAZE TOUR 2021-2022」(2022年1月までに全国6箇所12公演を予定)をこのメンバーで駆け抜ける。

     

    ニューアルバムやツアーの詳細はオフィシャルHPをチェックしてみて。

  • RADWIMPS新アルバムから「TWILIGHT」のミュージックビデオを公開

    25.November.2021 | MUSIC

    2021年11月23日(火・祝)ニューアルバム「FOREVER DAZE」をリリースするRADWIMPSが、11月21日(日)のアニメ『ONE PIECE』の記念すべき1000話放送日にあわせ、『ONE PIECE』コミックス100巻・アニメ1000話記念映像作品“WE ARE ONE.”主題歌として起用されたアルバム収録曲「TWILIGHT」のミュージックビデオを公開した。

     

    RADWIMPS「TWILIGHT」Music Video

     

    RADWIMPS – FOREVER DAZE TRAILER

     

    ボーダーレス、ジャンルレスなコラボレーションや実験的な要素が散りばめられた、音楽的な挑戦と希望に満ち溢れた最新アルバム「FOREVER DAZE」を引っ提げ、バンドは「FOREVER IN THE DAZE TOUR 2021-2022」というツアータイトルのもと、2022年1月までに全国6箇所12公演を予定している。ニューアルバムやツアーの詳細はオフィシャルHPをチェックしよう。

     

  • GARNiDELiA、ニューアルバムのリードトラック「my code」のMVを公開

    22.November.2021 | MUSIC

    MARiAとtokuによる二人組のユニットGARNiDELiA(ガルニデリア)が2021年11月17日(水)に、ポニーキャニオン移籍後初となる5枚目のオリジナルアルバム『Duality Code』からリードトラック「my code」のMusic VideoをYouTubeにて初公開した。

    この曲は世界中を飛び回っていたGARNiDELiAがコロナ禍で一転、音楽を不要・不急のものとして活動を制限された中、確たるものはないものの約二年ぶりのライブツアーを開催できる未来を目指してアルバムを制作し、自らの音楽に対する信念と音楽ファンへのメッセージを込めたアルバムのリードトラック。

    Music Videoではザ・ガルニデともいえるEDMサウンドにのせて激しく回転するスポットライトと、メッセージ性の強い歌詞とともに歌い上げるMARiAが印象的な映像となっている。

     

     

    「my code」Music Video

     

     

    タイトルを「Duality=二元性」「Code=信念」と意味づけており、ソロ活動を経てそれぞれの新たなスキルを持ち寄り、再始動をするに当たり、あらためてGARNiDELiAがMARiAとtoku二人の信念に基づく音楽ユニットであり、原点回帰となる音楽をこのアルバムに込めたとのこと。

     

    アルバムの発売、そして音楽配信サービスの開始とともに12月5日よりCLUB CITTA‘を皮切りに全5箇所に及ぶ全国ツアー「GARNiDELiA stellacage tour 2021→2022 “Duality Code”」を開催することが既に発表されており、アルバムと合わせてGARNiDELiAの進化した音楽性とメッセージを堪能して欲しい。

     

     

    GARNiDELiA コメント

    GARNiDELiA メイリアです。
    ソロ活動を経て再集結。
    一年ちょっとぶりのGARNiDELiAアルバムリリース。

    今直接みんなに届けたい気持ちを
    詰め込んだ、最高の自信作ができました。

    2年ぶりのツアーができる未来を目指して作った曲達。
    会場でこのDuality Codeを通して
    みんなと気持ちを交わしあえること
    楽しみにしています。         

    MARiA

     



    前作から1年、フルアルバムとして5枚目のアルバムをリリースすることができました!

    ソロ活動から得られたエッセンスや、12月からの全国ツアーをイメージしながら、皆さんとGARNiDELiAで盛り上がれる楽曲を詰め込みました。

    ぜひ聴いて下さい!

    toku

  • ボカロP・ツミキとぷらそにか所属みきまりあのユニット「NOMELON NOLEMON」、2nd single配信開始

    21.November.2021 | ANIME&GAME / MUSIC

    2021年8月11日(水)に誕生したばかりの新ユニット、NOMELON NOLEMON。メンバーは二人。楽曲を手がけるのは、2017年12月に「トウキョウダイバアフェイクショウ」を公開したことを皮切りにボカロPとしての活動をスタートしたクリエイター・ツミキ。徹底して構築された楽曲や歌詞の世界観、ノイジーなギターを中心とする情報量の多いトラック、畳み掛ける展開の中に刺し込まれる琴線に触れるメロディワークで着実にリスナーを増やし、2021年2月に発売した1stアルバム『SAKKAC CRAFT』がiTunesアルバムランキング12位を記録、2021年6月に公開したボカロ曲「フォニイ」がまもなく1,000万回再生に達成するなど勢いに乗っている。

     

     

    NOMELON NOLEMON / イエロウ Official Music Video

     

    ボーカルを務めるのは、2019年12月、幾田りらやにしなも輩出したアコースティックセッションユニット・ぷらそにかに加入したシンガーソングライター・みきまりあ。愛嬌のあるキャラクターと、一聴して彼女と分かる空気感たっぷりのボーカルを武器に人気を獲得し、8月13日(金)には初のミニアルバム『PARFAIT』をリリース。自身の20歳の誕生日である12月20日(月)には初のワンマンライブをSHIBUYA TAKE OFF 7で開催することも発表した。



    その二人によるユニット・NOMELON NOLEMONが11月12日(金)に2ndシングル「イエロウ」を配信リリースした。ツミキも自身のツイートで「僕のジェーポップ 伝わるものをかいたつもりです」と発信したように、デビュー曲「INAZMA」とは対照的なメロウなサウンドの中にある確かなビート感と、より深みを増したみきまりあのボーカルが印象的なナンバーだ。そして、楽曲のジャケットイラストも手がけたイラストレーター・アニメーション作家のaika inagakiによるミュージックビデオがツミキ / NOMELON NOLEMON のYouTubeチャンネルでプレミア公開された。

     

    「イエロウ」の世界観を増幅する質感たっぷりのアニメーションを楽しんでほしい。

     

  • あいみょん、ミラーレイチェル智恵氏が監督を務めた新曲「ハート」のMVを公開

    18.November.2021 | MUSIC

    あいみょんが2021年11月24日(水)に発売する12thシングルより、表題曲「ハート」のMusic Videoを公開した。

     

    今回公開された映像は過去に「君はロックを聴かない」「ふたりの世界」「GOOD NIGHT BABY」のMusic Videoも手掛けたミラーレイチェル智恵氏が監督。どこか違和感のある空間の中で、あいみょんの姿を切り取った美しい映像に仕上がっている。そして今回の映像に関してあいみょんとミラーレイチェル智恵氏からコメントも届いているので映像と合わせてチェックしよう。

     

     

    あいみょん – ハート【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

     

    そして今回のMusic Video公開に合わせ、11月24日(水)に発売の12シングルの店舗先着購入特典となるハート オリジナルクリアファイル(A5サイズ)のデザインも公開された。

     

    11月24日(水)にCD発売を迎え、さらに11月30日(木)には現在開催中の弾き語りツアー「AIMYON 弾き語りTOUR 2021 “傷と悪魔と恋をした!”」の追加公演を日本武道館にて開催するあいみょん。11月30日(木)にはメジャーデビュー5周年を迎える中でまだまだ精力的に活動するあいみょんから目が離せない。

     

    あいみょん コメント

    楽曲の結末を描いているのか。

    それとも始まりを描いているのか。

    客観的に完成した映像を観て、

    様々な想像を掻き立てられる映像になっているんじゃないかな、と思いました。

    監督!さすが!

    想う相手の気配とだけ生きて行くのも

    きっと立派な恋愛なんです。

     

    ミラーレイチェル智恵氏 コメント

    穏やかに過ごしたくても、思い馳せるものごとがあるときほど心の中は波立ってそわそわと落ち着かず、心は自分の中からどこかへとだんだんと遠く離れては戻っての繰り返しです。

    そんな忙しない心を持ちながらも日々は淡々と続いていくのです。

     

    あいみょんさんの表情に歌詞を重ねてじっくりと観てみてください!

  • RADWIMPS、新アルバム収録曲「MAKAFUKA」のMV公開

    13.November.2021 | MUSIC

    2021年11月23日(火・祝)リリースになるニューアルバム「FOREVER DAZE」にも収録されるRADWIMPSの新曲「MAKAFUKA」(ゲームアプリ『Gran Saga』テーマソング)がiTunes、レコチョクほか主要音楽配信サイト・各種サブスクリプションサービスにて配信をスタートした。あわせてiTunesでPre-order、Apple MusicでPre-addもスタート。ライブラリにニューアルバム『FOREVER DAZE』が追加出来るので、ぜひ事前予約をしてアルバムリリースまで楽しみに待っていてほしい。オフィシャルYouTubeチャンネルでは、「MAKAFUKA」ミュージックビデオも公開になっており、楽曲の世界観をより堪能することができる。

     

    RADWIMPS「MAKAFUKA」Music Video

     

    また、新曲「MAKAFUKA」の配信を記念して、SNS楽曲シェアキャンペーンもスタート。「MAKAFUKA」を、Amazon Music(Amazon Music Unlimited、Amazon Music Prime)、Apple Music、AWA、LINE MUSIC、Spotify、YouTube Musicいずれかのサービスから、<Instagramストーリーズ>または<Twitter>にハッシュタグ「#MAKAFUKA」を付けて楽曲をシェア。投稿した画面のスクリーンショットを応募フォームより送った人全員に、本キャンペーン限定の「RADWIMPS『FOREVER DAZE』スマホ画像」と、オンライン・ミーティングやPCデスクトップ画像としても使用できる「RADWIMPS『FOREVER DAZE』バーチャル背景画像」のサイズ違い2種類をプレゼント。また、Spotifyのモバイルアプリで「MAKAFUKA」を再生すると、再生画面の背景で「MAKAFUKA」動画がループ再生され、その状態で<Instagramストーリーズ>にシェアすると、動画付きで<Instagramストーリーズ>に投稿することができるので、こちらもぜひチェックしよう。

     

    バンドは「FOREVER IN THE DAZE TOUR 2021-2022」というツアータイトルのもと、2022年1月までに全国6箇所12公演を予定している。

  • 宮下遊、TVアニメ「プラチナエンド」のED主題歌「降伏論」のMV公開

    31.October.2021 | ANIME&GAME / MUSIC

    ネットシーンを中心に活動するシンガー・イラストレーター宮下遊の1st Single「降伏論」のMUSIC VIDEOが公開された。「降伏論」は10月から放送中のTVアニメ「プラチナエンド」のエンディングテーマとなっており、ミュージックビデオでは、主人公となるキャラクターが死と生の間を行き来しながら、時には他人や動物などの外圧に悩みながらも最終的には生きる理由を見つけだす姿がアニメーションで描かれている。

     

     

    「降伏論」Music Video

     


    2021年11月17日(水)に宮下遊の1st Singleとしてリリースされる「降伏論」は、既に先行配信されており、テレビサイズの「降伏論」(TV Size Ver.)とフルバージョンが各配信サービスにて聴くことが出来る。また各配信サービス、およびLINE MUSIC対象の「降伏論」楽曲シェア、楽曲再生キャンペーンなど、抽選にてオリジナルグッズが当たるキャンペーンなども複数開催されている。

    さらに、『降伏論』には宮下遊初のアニメタイアップ曲の「降伏論」の他、自身のオリジナル楽曲「bystander」、ネット発のクリエーター廉による書き下ろし曲「ファントムレイド」等を収録。初回限定盤DVDには「降伏論」「ファントムレイド」のMusic Videoも収録される。

    また、ジャケットイラストももちろん宮下遊本人による描き下ろしとなっている。

    アニメの世界観ともリンクした強いメッセージ性を持つミュージックビデオを是非チェックしてほしい。

     

    ©大場つぐみ・小畑健/集英社・プラチナエンド製作委員会

  • ゲームアプリ「グランサガ」×RADWIMPS スペシャルアニメ「摩訶不思議」公開

    30.October.2021 | ANIME&GAME / MUSIC

    2021年11月18日(木)にサービス開始となるスマートフォン向けアプリゲーム「グランサガ (Gran Saga)」のテーマソングに決定したRADWIMPSの新曲「MAKAFUKA」の制作秘話などを語った野田洋次郎のインタビュー動画が、グランサガ公式YouTubeにて公開になった。インタビューではテーマソングとなった「MAKAFUKA」ができるまでの過程や制作に込めた想い、スペシャルアニメ「摩訶不思議」の制作秘話などを語っている。

     

    RADWIMPS 野田洋次郎 インタビュー

     

     

    野田洋次郎コメント(動画インタビューより抜粋)

    最初にお話をいただいた時から、率直にものすごく新しいものを作りたいんだっていうグランサガチームの熱意と、それにRADWIMPSの音楽が必要なんだっていうことを、とても力強く説明いただきました。僕らも新しい旅に乗っかるのがとても好きな人たち。新しい冒険を一緒にできるなら何よりも嬉しいので、是非ご一緒させてくださいという気持ちだったのを覚えています。現在の現実世界も混沌としていて、困難がある状況とも混ざり合うし、それぞれが立ち向かっていくっていう構図がゲームの世界観とすごく似ていて、楽曲とシンクロしていくのかなという気持ちです。

    きっとまだ出会ったことのない新しい感情に出会えると思うので楽しみに待っていて欲しいですし、このコラボレーションによって僕らの楽曲をただ聴くだけじゃ得られない感覚もきっといっぱい受け取ってもらえると思います。たくさん聴き込んで、たくさんゲームを楽しんで欲しいなと思います。

     

    また、先日30秒verが公開された “グランサガ(Gran Saga)×RADWIMPS”のコラボレーションによるスペシャルアニメ「摩訶不思議」も、RADWIMPSの公式YouTubeにて公開になった。

    スペシャルアニメ「摩訶不思議」は、グランサガ(Gran Saga)のテーマソングであるRADWIMPSの新曲「MAKAFUKA」のショートverをもとに、川村元気の企画・プロデュースにより制作されたスペシャルアニメ。監督は依田伸隆、キャラクターデザインに岩崎将大、アニメーション制作にはCloverWorks。人がいなくなったパラレルワールドの東京各地を舞台に、グランサガ( Gran Saga )のメインキャラクターである、ラスとセリアードをオマージュした「ボーイ・ミーツ・ガール with ゲーム」の物語を描いている。

     

    【グランサガ( Gran Saga )×RADWIMPS】Special Animation「摩訶不思議」

     

    テーマソングに決定しているRADWIMPSの「MAKAFUKA」は、11月23日(火・祝)にリリースになる約3年ぶりの最新アルバム「FOREVER DAZE」に収録される新曲で、11月5日(金)0:00~デジタル先行配信を予定している。アルバムの詳細はオフィシャルHPをチェックしてみて。

  • 向井太一、TVアニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」OP主題歌のMV公開

    25.October.2021 | ANIME&GAME / MUSIC

    2021年10月13日に配信リリースされた向井太一の新曲「Bravest」のMVがYouTubeで公開された。「Bravest」は、テレビ東京系列で毎週土曜日朝9時30分から放送中のアニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」のオープニング主題歌として、書き下ろされた楽曲。

    歌詞には、“仲間”や“閃光”、“この旅の果て”など「ダイの大冒険」を連想させる言葉が散りばめられ、力強く、泥臭く戦う勇者を“鼓舞する”メッセージソングとなっている。

     

    Bravest (Official Music Video)

     

    MVの監督には清水翔太、aiko、[Alexandros]などのMVも手掛け、向井の『Get Loud』や「Celebrate!」も担当した映像ディレクターの中澤太を迎えて撮影された。

    スタイリングは自身で手掛けており、コスチュームデザイナー・TOMO KOIZUMIの衣装を着用したシーンにも注目してみて。

     

    ©三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 ©SQUARE ENIX CO., LTD.

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US