竜泉寺の湯名古屋守山本店でBEAMS監修オロポグッズ 期間限定販売中

18.September.2021 | FASHION / SPOT

温浴施設「竜泉寺の湯 名古屋守山本店」が、2021年9月16日(木)から9月26日(日)までの期間限定で、BEAMS(ビームス)監修のアフターサウナの定番ドリンク『オロポ』をテーマにしたTシャツやバッグ、フェイスタオルなどグッズを販売中。

 

 

販売するグッズは、「オロポグッズ」。サウナー御用達のドリンク「オロポ」に焦点を当てたグッズは、黄金率で配合できる目盛付きのオロポジョッキやポップアップストアキャラクター“オロポくん”がプリントされたTシャツなどオロポファン垂涎のグッズとなる。今回は新商品として“オロポキーホルダー”も加わった。グッズ購入特典には、オロポステッカーをプレゼントする。またグッズ販売期間中には、オロポ専用ジョッキでの「オロポ」が館内提供され、かき氷の女王 原田 麻子がレシピ考案の“オロポかき氷”も販売されるのでこちらもお見逃しなく!

 

RELATED ENTRIES

  • サウナ大好き”サウナ部長”が手掛けるアパレルブランド「サウナっていいよね!」始動

    24.September.2021 | FASHION

    謎のサウニーマン”サウナ部長”が手掛けるサウナ×ストリートを融合した新感覚アパレルブランド「サウナっていいよね!」始動。東京在住のサウナ大好きサウニーマン(サウナ+サラリーマンの造語)の”サウナ部長”が運用するインスタグラムアカウント「sauna_bucho37」から生まれたブランド、「サウナっていいよね」。

     

    サングラスバックロゴロンT

     

    ロゴタオル

     

    日々全国のサウナを周り”トトノイ”を求めてアツアツウォッチング中!サウナ部長は、サウナの良さを、インスタグラムを通じて日々伝え続けている。そんなサウナ部長が手掛けるサウナとストリートを融合させた新感覚ブランド。サウナの奥深さとファッションの面白さを体感してきたサウナ部長による企画はユニークさに溢れている。第一弾はキャッチ―なブランドロゴをプリントしたロンTとタオルを展開。今後も生地やディテールにも拘ったアパレル商品やサウナグッズを展開予定なのでお楽しみに!

     

  • 埼玉県熊谷市「おふろcafe ハレニワの湯」リブランドオープン

    13.September.2021 | SPOT

    埼玉県熊谷市に位置する「おふろcafe bivouac」が、2021年9月18日(土)に「おふろcafe ハレニワの湯」をリブランドオープン。

     

     

     

    ハレニワの湯のコンセプトは「カラダと心が晴れる庭」。充実のおふろ・サウナ、採れたて野菜たっぷりのごはん、裸足で過ごせる緑豊かなラウンジでお庭にいるようにくつろぎ、心身共に晴れわたる1日を過ごすことができる。


    「ハレニワの湯」では、千葉県の農園リゾート「ザファーム」がプロデュースする野菜を楽しむレストラン「ハレニワ食堂」が地元・熊谷野菜を美味しくヘルシーにお腹いっぱい食べることができる、こだわり抜いたメイン食材と組み合わせて新鮮野菜のおいしさを最大限に活かした料理を提供する。

     

    また、「niko and … 」とのコラボ館内着が登場。さらに、ハレニワの湯のみで限定販売するオリジナルおふろバッグとサウナハットもラインアップする。おふろ上がりの快適さを追及したアイテムで、おふろ時間を盛り上げること間違いなし!リブランドオープンする「おふろcafe ハレニワの湯」へ足を運んでみては?

     

  • BEAMSがバーチャルマーケット6に出店しバーチャル銭湯体験を世界へ発信

    02.August.2021 | ANIME&GAME / FASHION

    バーチャル世界とアクセスを提供するHIKKYが、2021年8月14日(土)から8月28日(土)までの期間限定で開催する世界最大級のVRイベント「バーチャルマーケット6」にてビームスのブースが登場。ビームスとのxR領域における業務提携のもと、昨年に続く2度目の出店ではリアルで実施中の人気イベント「銭湯のススメ。」をバーチャル店内に再現し、HIKKYが独自に開発するWeb to VRの技術で、VR機器を使わずとも、より多くの人がスマホやPCからアクセスできる環境を実現した。今回もBEAMS社員がリアルタイムで操作するショップスタッフのアバターが、店内を案内する。

     

     

    バーチャルマーケット6・BEAMSブース内「銭湯のススメ。2021」内観

    バーチャルマーケット6・BEAMSブース内「銭湯のススメ。2021」内観

    BEAMSブース内「銭湯のススメ。2021」で無料配布するタオル姿のVケットちゃんの3Dアバター

     

     

    東京・東上野の銭湯、寿湯で9月まで開催中の人気企画「銭湯のススメ。2021」をバーチャルで再現し、湯けむりに包まれる銭湯体験を、BEAMS JAPANと牛乳石鹸のコラボレーションで届ける。番台に立つのは、バーチャルマーケット公式アバター、Vケットちゃん。牛乳石鹸や「銭湯のススメ。」コラボグッズも購入可能となっている。無料配布するタオル姿のVケットちゃんの3Dアバターに着替えれば、来場者が誰でも、タオルを巻いたVケットちゃんの姿で入浴気分を楽しむことができる。

    漫画家・文筆家ヤマザキマリの描き下ろしによる大迫力の銭湯画を眺めながら、スポーツの夏を、世界のユーザーと語り合ってはいかが?店舗屋上には銭湯の煙突を設置し、ユーザーが自らの操作で花火を打ち上げられる仕掛けになっており、バーチャルマーケット6全体のお祭りのテーマを盛り上げ、日本の夏を満喫できるアトラクションが実現した。

     

    日本が誇るアニメやマンガ作品とBEAMSのコラボレーション商品が販売される。ほぼ全てがバーチャルマーケット6のために企画したもので、バーチャルマーケット6のオフィシャルグッズは今回もMerch by Amazonのサービスを通して世界7ヵ国日本、アメリカ合衆国、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペインへ発送される。

     

    躍進し続けるバーチャルマーケットから目が離せない。

  • 京都の銭湯を堪能する宿泊プランが都ホテル京都⼋条より新登場

    29.July.2021 | SPOT

    都ホテル 京都⼋条が、2021年7⽉26日(月)「な(7)つふ(2)ろ(6)の日」から、京都の銭湯入浴券やお風呂セット、ホテルオリジナル銭湯Tシャツなどがセットになった宿泊プランの販売を2021年7月26日(月)から 2022年3月30日(水)までの期間限定で実施する。銭湯文化の火を絶やさぬよう頑張り続ける地元京都の銭湯と、観光とは一味違う、日常の京都を体験したい観光客を繋ぐ架け橋に、という想いをかたちにしたプランになっている。

     

     

    撮影協力 日の出湯(京都市南区)

    プラン特典 松 ホテルオリジナル銭湯Tシャツ

    プラン特典 竹 銭湯入浴券とお風呂セット

     

    京都銭湯とは、商店街に佇む昔ながらの銭湯や芸術的なタイル画のある銭湯など、京都におよそ100軒点在する個性豊かな銭湯の総称。広い浴槽にゆったり浸りながらご近所と雑談を楽しむ庶民の社交場でもあり、観光だけでは見えてこない、素顔の京都の魅力に触れることができる場所として、若者人気も少しずつ高まっている。都ホテル京都八条の徒歩圏内にも、昔ながらの風情漂う銭湯が数軒営業しており誰でも気楽に体験することができる。

     

    昔ながらの銭湯の良さを再認識しながら、 “湯ったり”と、京都銭湯×ホテルステイを楽しんでみては?

  • サウナ後の定番ドリンク「オロポ」BEAMS監修グッズが「竜泉寺の湯」にて登場

    26.July.2021 | FASHION / SPOT

    オークランド観光開発が運営する温浴施設「竜泉寺の湯」にて、2021年7月22日(木)から9月26日(日)までの期間限定で、ビームス監修のアフターサウナの定番ドリンク「オロポ」をテーマにしたTシャツやバッグ、フェイスタオルなどのグッズが販売される。

     

    オロポストア

    オロポかき氷

     

    オロポTシャツ 全3種類 白 2,500円(税抜)/黒 2,500円(税抜)/グレー 3,500(税抜)円

    オロポトートバックブルー/生成り 全2種類 各2,700円(税抜)

    オロポフェイスタオル 1,000円(税抜)

    オロポハンドタオル ブルー/白 全2種類 各900円(税抜)

    オロポジョッキ 2,500円(税抜)

     

    「オロポ」は、サウナ愛好家に愛されているアフターサウナの定番ドリンク。オロナミンCでポカリスウェット割ったドリンクで、サウナ浴で失われた水分・ビタミン・ミネラル・塩分・糖分を同時補給することができる。サウナー界では“ととのいメンテナンスドリンク”と言われている。

     

    サウナー御用達の「オロポ」に焦点を当てたグッズは、黄金率で配合できる目盛付きのオロポジョッキやポップアップストアキャラクター“オロポくん”がプリントされたTシャツなどオロポファン垂涎のグッズがラインアップ。

     

    またグッズ販売期間中には、オロポ専用ジョッキでの「オロポ」が館内提供され、「かき氷の女王」原田麻子がレシピを考案した“オロポかき氷”も販売される。

     

    サウナ愛好家必見のレトロでカワイイ限定アイテムをチェックしてみては?

  • 千葉県流山市で2022年春オープンの銭湯オリジナルグッズをBEAMSが監修

    06.July.2021 | BUSINESS / FASHION

    2022年春、千葉県流山市にオープンするスーパー銭湯「竜泉寺の湯 スパメッツァ オオタカ」のオリジナルアイテムをビームスが監修。開発されたグッズはオープンにさきがけ、2021年6月28日(月)より「竜泉寺の湯」公式通販サイトにて販売を開始した。

     

    オリジナルアイテム

     

    メッシュトートバッグ 各2,970円(税込)

    メッシュサコッシュ 各2,420円(税込)/メッシュポーチ 各1,980円(税込)

    塩枕 2,970円(税込)/塩アイマスク 3,300円(税込)

    シャワーサンダル 各2,200円(税込)

    タオル 各1,980円(税込)

    ソックス 各1,980円(税込)

    アクリルキーホルダー  各1,540円(税込)

    抱き枕 3,850円(税込)

    Tシャツ 各2,970円(税込)

    缶バッジ 各300円(税込)

    ウォーターボトル 各1,650円(税込)

     

     

    今回発売されるのはオークランド観光開発株式会社が2022年春、千葉県流山市にオープンする新店舗「竜泉寺の湯 スパメッツァ オオタカ」のオリジナルアイテムで、ビームスのエグゼクティブディレクター・南馬越一義が監修した。通気性の良いメッシュ素材のバッグ類やシャワーサンダルといったスーパー銭湯に欠かせないアイテムの他、人気イラストレーター・オカタカオがデザインしたTシャツや抱き枕、中川政七商店に別注した湯上がりの熱を取る効果のある塩枕とアイスマスク、今治製のフェイスタオルや老舗ブランド「GLEN CLYDE」とのコラボソックスなど、リラックスタイムをさらに充実させる、楽しくて使い勝手の良い商品が揃った。

    ビームスはかねてより、セレクトショップ運営で培ったノウハウを活かしたソリューションを他企業に提供する活動を多数行ってきた。2019年にはビジネスプロデュース部が発足し、商品開発やコンテンツ制作、店舗スペース活用やプロモーションなど、BtoB領域の事業体制を整え、ビームス ビジネスプロデュースとしての活動の幅を広げていまる。本件においてもグッズ開発のみならず、館内着、ユニフォーム、休憩スペースのインテリア、施設名称やサイン、通販サイトのプロデュースも手掛けている。

  • 日本のファッション史を紐解く展示会にBEAMSがアーカイブ史料を出品

    15.June.2021 | FASHION

    ビームスが、国立新美術館で2021年6月9日(水)から9月6日(月)までの期間中に開催される、戦後から現代までの日本のファッション史を紐解く世界初の大規模展「ファッション イン ジャパン 1945-2020 ー流行と社会」に、1970年代後半のBEAMS創業の頃の商品やショップバッグや1980年代後期の「渋カジ」スタイルを出品する。今年45周年を迎えたBEAMSが、時代が遷り変わる中で誕生し、約6.5坪の小さいショップとそこに集まったコミュニティが日本のファッション史において担った役割について、解説と共に貴重なアーカイブ史料を展示。また、創業当時の店舗に掲げられた「American Life Shop BEAMS」のロゴを商品化したスーベニアグッズが、会場限定で販売される。

     

    展示品(一部)

     

    1977年頃のBEAMSショップバッグ

    「渋カジ」スタイル(1980年代後期)

    会場限定BEAMS初代スーベニアグッズ

     

     

    「戦後の日本におけるユニークな装いの軌跡を、衣服やアイデアを想像するデザイナー(発信者)サイドと、衣服を着用し、時に時代のムーヴメントを生み出すこともあった消費者(受容者)サイドの双方向から択え、新聞、雑誌、広告など時代ごとに主流となったメディアも参照し、概観」(同展パンフレットより引用)する壮大な展示の中で、BEAMSは、1970年代半ばから後半にかけてのカジュアルウェアの広がりと価値観の多様化に一翼を担ったとして、日本を代表する数々のブランドやデザイナーと並んで紹介される。1976年に東京・原宿にオープンした1号店で販売していたシャツ、シューズ、ネズミ捕りなど商品の一例と、1977年頃のショップバッグ、そして1978年にトラッドなメンズスタイルの店としてオープンした「BEAMS F」と1号店の店舗模型などが、同時期に創刊された雑誌「ポパイ」の誌面と共に展示され、スタッフの熱意と感性でライフスタイル提案型のショップが形成されていった様子が解説される。

    同企画の島根展が先月終了したが、東京展では新たに、1980年代後期の「渋カジ」トレンドを代表した紺ブレスタイルと当時のショッピングバッグを、BEAMSより出品。さらに、同企画展の関連イベントとして、7月3日(土)にトークイベント「ライフスタイルの提案 雑誌『POPEYE』とビームス」の開催が予定されている。開催形式や観覧・視聴に関する詳細については後日発表。

  • サステナブルをテーマにしたkate spade new york×ビームスコラボコレクション誕生

    20.May.2021 | FASHION

    ビームスが、アップサイクルとハンドメイドをコンセプトに掲げるレーベル 「BEAMS COUTURE(ビームス クチュール)」において、ニューヨーク発のグローバル・ライフスタイルブランド「kate spade new york(ケイト・スペード ニューヨーク)」が、BEAMS COUTUREに共感を寄せたことで、日本発信となる初めてのコラボレーションが実現。5月27日(木)より、限定カプセルコレクション「kate spade new york × BEAMS COUTURE(ケイト・スペード ニューヨーク × ビームス クチュール)」を発売する。

     

    kate spade new york × BEAMS COUTURE

     

    ラインアップ

    cherry tote 80,300円

    bella plaid tote 80,300円

    american plaid tote 99,000円

    cherry small pouch wristlet 49,500円/american plaid small pouch wristlet 66,000円/
    bella plaid small pouch writelet 49,500円

    furoshiki clutch 16,500円

    patchwork dress 110,000円

     

    本コレクションは、時代や世代を超えて受け継がれる「アメリカン・キルト」がテーマ。「kate spade new york」に眠るデッドストックのプリント生地を活用し、「BEAMS COUTURE」が日本の伝統的な要素を取り入れながらハンドワークを多用することで、トートと風呂敷のバッグ2型、ポーチ1型、ドレス1型の全4型として蘇らせた。「素材の無駄を減らし、キルトのように長く愛されるものに仕立てることで、サステナブルな未来に繋げたい」という「BEAMS COUTURE」のデザイナー・水上路美の思いが込められたコレクションになっている。

    刺繍や和装のテクニックなどの⽇本のクラフツマンシップが活かされた、世界に⼀つだけのアイテムとの出会いが楽しめるカプセルコレクションは、全国のBEAMS JAPAN3店舗のほか、BEAMS公式オンラインショップ、kate spade new yorkの国内限定ショップ、及び公式オンラインショップ、そして国外では、kate spade new yorkの⽶国限定ショップ、及び⽶国公式オンラインショップにて取り扱う。

    サステナブルな⽇本の伝統を取り入れたケイト・スペードとのスペシャルコラボアイテムをお見逃しなく。

  • 山形県の田んぼに浮かぶホテルにサウナが登場しリニューアルオープン

    08.May.2021 | SPOT

    田んぼに浮かぶホテル「スイデンテラス」が、これまで以上の環境の充実と癒やしの体験を目的にサウナを新設し、天然温泉・フィットネスを含む施設であるスパ棟を、2021年4月29日(木・祝)にリニューアルオープンした。また、開放的なテラスで行う朝ヨガや、レストランでは自社栽培野菜を使用したヘルシーなメニューを準備するなど、新たにスパプログラムも登場。

     

     

    本格的なフィンランド式サウナ

    新設されたサウナは、県内ホテルでは初となる、セルフロウリュを備えた本格的なフィンランド式。ロウリュとは、 熱したサウナストーンに水をかけて水蒸気を発生させることにより、体感温度を上げて発汗作用を促進するサウナ入浴法だ。本サウナでは、ヒバの香りを感じることができるアロマ水を使用している。

     

    サウナの特徴


    男性用サウナ

    建築に合わせた六角形のデザインが目に留まる男性用サウナは、天井の木屋根、天窓、椅子、水風呂まで、六角形で統一された、まさにデザイナーズサウナ。サウナ室内の椅子は一部可動式となっており、好みの温度や高さに合わせての調整が可能だ。サウナ室内からは、のどかな田んぼの風景も望め、露天風呂と一体となった外気浴スペースでは、水風呂後のととのいタイムを楽しむことができる。

     

     

    女性用サウナ

     

    紙管を模したベンチが特徴的な女性用サウナは、さくらんぼやラ・フランスなど、山形県産の果樹で製作したウォーリュ(ウォール(壁)でロウリュすること)を設置。パネルに水が自動で流れる事によって、水蒸気とともに木の香りがサウナ室内に広がる。じっくりと汗を流した後は、お待ちかねの水風呂と外気浴を堪能し、眼前に広がる水盤と空を眺められる開放感は、まさに自然との一体感を経験することができる。

     

    湯あがりにはバー・ラウンジへの立ち寄るのがオススメ。県産の地ビールや、地酒とワインの飲み比べ、フルーツジュースに、ジェラートを味わいながら、隣接するライブラリで「一冊一献」「整える」など、7つのテーマに沿った1,000冊の本を読むことができる。読書に没頭したりソファでのんびり寛いだりと、思い思いの時間を過ごしてみては?

     


    さらに、フィットネスやマッサージに加え、6月からは、田園風景が目の前に広がる開放的なテラスで、朝ヨガがスタート。レストラン「MOON TERRASSE」では、今回のリニューアルに合わせ、ヘルシーなメニューが誕生。有機農業に取り組む自社栽培の野菜と、地域食材を使用した料理やドリンクを味わうことができる。また、これらの癒やし体験を堪能できる宿泊プランも登場した。

     

    田んぼに浮かぶホテルの中で、心と身体を癒やす時間を過ごしてみては?

  • 銭湯の魅力を発信するコラボイベントがBEAMS JAPAN新宿でスタート!バーチャル会場も登場

    03.May.2021 | FASHION / SPOT

    日本の魅力を発信するBEAMS JAPAN(ビームス ジャパン)と、牛乳石鹸共進社株式会社が、銭湯の素晴らしさを伝えるコラボレーションイベント「銭湯のススメ。2021」を2021年4月26日(月)より、BEAMS JAPAN新宿でスタート。また、このイベントの一環として、銭湯とスポーツの相性の良さに注目し、銭湯の店主がお薦めしたスポットを巡るランニングコースを紹介する「銭湯ランのススメ。」を、ミズノ協力のもと、始動する。

     

    「銭湯のススメ。2021」寿湯の壁画の前で(左から)牛乳石鹸共進社株式会社 常務取締役 福井 弘志 様、スポーツキャスター 寺川 綾 様、漫画家・文筆家 ヤマザキ マリ 様、寿湯 第3代目店主 長沼 亮三 様、株式会社ビームス 取締役 社長室室長 池内 光

     

    BEAMS JAPAN(新宿)1F「銭湯のススメ。2021」ポップアップ

    BEAMS JAPAN(新宿)1F「銭湯ランのススメ。」ポップアップ

    BEAMS JAPAN「銭湯のススメ。2021」バーチャル会場

     

     

    地域の人や情報が集まり、心身を癒やす銭湯は、古くから全国いたるところで人々の生活を支えてきたが、生活様式の変化とともに銭湯離れが進み、施設の老朽化や後継者不足などの課題に直面し銭湯の数は減少し続けている。「銭湯のススメ。」は、銭湯が持つ文化的価値を絶やさないために、銭湯の楽しみ方を発信するイベントとして2019年1月から2月にかけて第一弾が開催され、「銭湯のススメ。2021」は、本企画の第二弾。今回は、スポーツと銭湯のマッチングで、心と身体のウェルネスを意識するアクティブなライフスタイルに受け継がれる、生き生きとした現代の銭湯の姿を紹介する。

     

    4月26日(月)の「銭湯のススメ。2021」本格スタートに伴い、BEAMS JAPAN新宿では、銭湯の脱衣場をイメージした空間が登場。「テルマエ・ロマエ」やオリンピア・キュクロス」の作者であるヤマザキマリが描き下ろした「銭湯のススメ。2021」のイラストがウィンドウや内装を彩り、銭湯の店主のお薦めのスポットを巡るランニングコースを紹介する企画「銭湯ランのススメ。」の特設コーナーも併設されている。この様子は、バーチャル会場として特設サイト内に登場。4K3Dで再現された店舗内の様子を、実際にその場にいるような臨場感で、全国どこからでも体感することができる。

     

    おうち時間を「銭湯のススメ。2021」を楽しみながらゆったり過ごしてみては?

  • 環境問題に取り組むビームスがビニール製ショッピングバックを廃止

    30.April.2021 | FASHION

     

    ビームスが、事業におけるサステナビリティを改善する取組の一環で、これまで長く親しまれてきたビニール製のショッピングバッグを廃止し、同じ形のコットン製のショッピングバッグを全国の店舗で2021年5月1日(土)より販売。プラスチックの使い捨てをなくし、天然素材で長くリユーズできるものに置き換えることで、サステナブルな選択肢を提供していく。

     

    1986年以降、渋カジ旋風の中で定番化したショッピングバッグ

    2021年5月1日より販売されるコットンバッグ

    BEAMSオリジナルパッケージの紙パック水(非売品)

     

     

    BEAMSが創業10周年を迎えた1986年に誕生したビニール製のショッピングバッグは、ドローコードで口を絞って斜めがけできる利便性や繰り返し使える耐久性などから多くの人に様々なシーンで愛用され、渋カジと共に記憶に刻まれるBEAMSの代名詞的アイテムとなった。無料で提供するショッピングバッグでありながら、インクの載せ方や組紐の編み方など細部に至るまで服作りさながらのこだわりで、繰り返し使ってもらえるように工夫を凝らしたものだった。時代の流れの中でアップデートされたのはデザインや形だけでなく、廃棄時に分別しやすいようにハトメの素材を変え、石油資源への依存を軽減するために植物由来の原料を一部使用した素材に切り替えるなどの改良も重ねてきた。

     

    今回、創業45年を迎えたBEAMSは、パンデミックからのサステナブルリカバリーを目指す世界的な気運の高まりの中にいる。年間39万枚を用意していたビニール製のバッグを廃止することで、いずれ廃棄されるプラスチック資材の量を減らし、再利用可能なコットン製のバッグを有償で用意することで、ファッションの買い物において都度ショッピングバッグを消費する前提を変えていきたいと考えている。これまでのオレンジカラーのビニールバッグの形状を踏襲しつつ、GOTS認証(オーガニック繊維の認証制度)を受けた100%オーガニックコットンで作った新しいショッピングバッグは、商品を購入した人を対象に税込550円で販売される。


    1999年より続けてきたREDUCE活動では、全国のBEAMS店舗で会計の際にショッピングバッグ不要の申し出1件毎に100円を、公益財団法人オイスカ「子供の森」計画へ寄付。これまでの寄付額は3000万円を超え、海外の子供たちの緑化活動や人材育成に役立てられている。この度のコットン製ショッピングバッグの導入に合わせて、REDUCE活動は今後、このコットンバッグの売上の10%を寄付する形で継続する。

    この他にも、BEAMS OUTLET各店では2020年11月より、BEAMS GOLF各店では2021年1月より、ショッピングバッグを全て、環境に配慮した製品であることを証明するFSC認証紙を使用した紙製のものに切り替えた。袋本体に加え、表面のラミネート加工、取っ手部分に至るまで、石油由来の素材を紙やコットンに置き換えて、ほぼ全てのショッピングバッグがリニューアルを完了している。また、本社オフィスと一部店舗では2020年9月より、来客用に提供する飲料水として、オリジナルデザインの紙パック水を導入しています。それまで使用していた年間約6万本のペットボトルを紙パックに置き換え、非売品ながらもオリジナルデザインを施すことで、サステナブルな選択を楽しむBEAMSの姿勢を伝えている。

     

    次世代に続くサステナブルなショッピングバッグをチェックしてみては?

  • 牛乳石鹸×BEAMS JAPAN「銭湯のススメ。2021」が人気銭湯「寿湯」をジャック

    30.April.2021 | FASHION / SPOT

    日本の魅力を発信するBEAMS JAPAN(ビームス ジャパン)と、牛乳石鹸共進社株式会社が、銭湯の素晴らしさを伝えるコラボレーションイベント「銭湯のススメ。2021」を開催する。このイベントの一環として、 2021年4月23日(金)から東京・東上野の銭湯「寿湯」の外観や内装、壁画などを「テルマエ・ロマエ」や「オリンピア・キュクロス」の作者であるヤマザキマリが描き下ろした「銭湯のススメ。2021」のイラストでジャックする。

     

     

    制作風景

     

     

    「銭湯のススメ。2021」が、寿湯の暖簾・壁画などをジャック

     

    寿湯でファッションシューティングを実施

     

    「銭湯のススメ。2021」限定グッズ

     

     

    地域の人や情報が集まり、心身を癒やすことができる銭湯は、全国いたるところに点在し、人々の生活を支えてきた。しかし、生活様式の変化とともに銭湯離れが進み、施設の老朽化や後継者不足などの課題に直面し銭湯の数は減少し続けている。「銭湯のススメ。」は、銭湯が持つ文化的価値を絶やさないために、銭湯の楽しみ方を発信するイベントとして2019年1月から2月にかけて第一弾が開催された。

    第二弾となる「銭湯のススメ。2021 」では、スポーツと銭湯の相性の良さに注目し、 「テルマエ・ロマエ」や「オリンピア・キュクロス」を手掛けた漫画家・文筆家のヤマザキマリがイラストを描き下ろした。さらに、ヤマザキマリが手書きしたイベントタイトル「銭湯のススメ。」の文字がプリントされた暖簾がかけられ、その他、寿湯店内のさまざまな装飾が「銭湯のススメ。2021」仕様に変更される。運動とお風呂をテーマに、スポーツ競技6種目、車いすバスケ・スポーツクライミング・やり投げ・サーフィン・柔道・バレーボールと風呂桶や手ぬぐいをかけ合わせたデザインになっている。

     

    期間限定の描き下ろしイラストを眺めながら寿湯でいい湯に浸かってみては?

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US