簡単にできる “キャラ弁”ならぬ “キャラごはん” レシピを紹介!今回の料理は “キティーちゃんのいちご大福”

30.July.2017 | FEATURES / FOOD

毎日の料理にひと手間加えてかわいらしいキャラクターに変身させてしまう、Kaoriさんの連載。少しのアイディアでいつものレシピがかわいく生まれ変わります。

今回は“キティーちゃんのいちご大福”をご紹介。

 

■1:材料(6個分)

1

・いちご  6個

・白玉粉 120g

・砂糖(上白糖かグラニュー糖)  20〜25g

(キビ砂糖など茶色のお砂糖だと大福が白くならないので白いお砂糖を使  います)

・餡子(白餡)  180g

(黒餡にすると、餡がすけて白いお顔にならないので白餡を使います)

・水   150ml

・色ペン (黒・黄色)

・キティーちゃんのリボン(ダイソーのpicを使用)

 

2:いちごはヘタをとり洗い、キッチンペーパーなどで水分をよく拭き取ります。餡子は30gずつに分け丸めます。ラップの上に平にした白餡を置き、その上にいちごをおいて丸めていきます。

※このとき先端が尖っているいちごだと餡子から飛び出てしまうので少しカットしておくと綺麗に包まります。

2

3:白玉粉にお砂糖を入れ、少しずつお水をたして、白玉粉の粒が残らず滑らかになるまでよく混ぜます。

3

4:3のようになめらかになったら、ラップをして500wで2分10秒加熱します。

加熱したらまたよく混ぜます。この時はまだ少しざらついた生地です。

さらに混ぜたらラップをして1分加熱します。

4

5:加熱し終わったらこの写真のような滑らかな生地になるまでよく混ぜます。

5

6:片栗粉をひき、その上に生地をだします。

※とても暑いので火傷に注意して下さい

手にも片栗粉をつけながら、7等分にカットします。(大福6個分と残りの1個分はキティーちゃんの耳に使います)7等分にしたそれぞれの生地を平にしたら、先ほど丸めた白餡をのせて包みます。生地がちゃんとくっついたら片栗粉を手につけて、お団子をつくるようにくるくると丸めて形を整え、閉じ目が下にくるようにして置きます。

6

7:すべて丸めたら残った生地で耳を作ります。三角にカットしたら、切り口に片栗粉がつかないようにしておきます。(片栗粉がついてしまうと、頭にうまくつきません)

7

8:三角にカットした生地の切り口を下にして頭につけます。

(片栗粉がついてしまったり、乾いてしまっていたら少量のお水をつけてから固定します)

耳を固定したらリボンのピックをさし、チョコレートでお鼻→目→髭の順番でバランスを見ながら描いていきます。

8

 

出来上がりです♡

9

 

Kaoriさんの記事では様々な”キャラごはん”を紹介予定!

インスタグラムではたくさんのキャラごはんが紹介されているのでチェックしてみてください。

 

■プロフィール

窪田香理 (@kaopan27)

北海道在住、お料理、お菓子、パンでキャラフードを作ることが大好きです♡

家族が喜ぶ顔が見たくて、ちょっとしたひと手間でキャラフードや可愛いご飯に変身させることを楽しんでいます♡

Instaglamでキャラフードやキャラ弁をご紹介しています→ @kaopan27

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US