奈良県・大和文華館が 「日本のやきもの-縄文土器から近代京焼まで-」展を開催

14.January.2022 | FASHION / SPOT

大和文華館は、2022年1月5日(水)から2月13日(日)までの期間限定で、「日本のやきものー縄文土器から近代京焼までー」展を開催する。

 

重要文化財 染付山水文大皿  有田(伊万里)大和文華館蔵

青磁石蕗文瓶 七代錦光山宗兵衛作(大正) 個人蔵 

 

この展覧会では、館蔵の縄文時代から江戸時代までのやきものと、特別出陳の近代京焼を展示する。日本のやきものの歴史は、縄文土器より始まる。土器の時代が長らく続いた後、古墳時代にはろくろ成形し還元焼成する須恵器が、奈良時代には人工的に釉薬をかける施釉陶が登場。中世には、素朴な焼締陶が多く作られ、日常の雑器として広く用いられた。桃山時代には、茶の湯の隆盛にともない、斬新な茶陶が盛んに作られ、やきものの世界が活性化した。江戸時代には、まず有田において磁器の焼成に成功し、日本各地で様々な陶磁器が生産された。特に京焼では、江戸時代前期、野々村仁清によって陶器に上絵具で絵付けする色絵陶器の技術が大成され、多くの典雅な色絵陶器が作られるとともに、江戸時代後期には磁器の焼成も可能になり、文人趣味的な清雅な器も好まれた。明治維新後には衰退の危機もあったが、技術やデザインを磨いて進化し、多様な魅力を持つ近代京焼の作品が生み出された。

 

日本のやきものの悠久の歴史とあくなき創造に注目してほしい。

 

RELATED ENTRIES

  • 奈良 蔦屋書店にて日本の伝統文化「おちゃとうつわ」にフォーカスした『HAPPA STAND』フェア開催

    21.December.2021 | FASHION / SPOT

    年末・年始の贈り物の季節に合わせ、奈良 蔦屋書店は、2021年12月21日(火)から2022年2月13日(日)までの期間限定で、『HAPPA STAND』フェアを開催する。NOT OLD, BE CLASSIC. 「時代を越える粋なモノ」をコンセプトにした、日本の伝統文化である「おちゃとうつわ」を現代の粋なライフスタイルに落とし込んだブランドフェアを堪能してほしい。

     

     

    美しい美濃焼の和食器、京都宇治産のオーガニック抹茶など、四季の移ろいを映し出す日本の食文化や自然の色気、職人の技を様々な食品やプロダクトに落とし込み、粋なライフスタイルをグローバルに提案するHAPPA STANDは、重要伝統的建造物保存区である岐阜県美濃市のうだつの上がる街並みの一角に存在する。

    自身が海外生活中に経験した「なんちゃって和食」や間違った「日本風」解釈に、このままでは日本の伝統文化が変わってしまう、日本人として自分が何かしなくてはいけない!という危機感から行動を起こしたという代表の佐藤氏。紆余曲折を経て2018年にHAPPA STANDが誕生した。

     

    築150年以上という古民家をリノベーションしたスタイリッシュな店舗はとても印象的だ。茶葉は、すべて契約農家のある京都府宇治田原町で栽培されたものを使用しており、陶磁器は、すべて岐阜県産の土から生まれた美濃焼。「日本の御茶を日本の土から生まれたうつわで飲んでもらいたい」という想いが込められている。縁起の良い八角形を取り入れたデザインも特徴的なので注目してほしい。

     

  • 「同級生」漫画家・中村明日美子デビュー20周年記念展が新潟市マンガ・アニメ情報館にて開催中

    28.November.2021 | ANIME&GAME

    累計販売数150万部「同級生」シリーズなどで知られる人気の漫画家・中村明日美子デビュー20年を記念する大規模展覧会『中村明日美子20年展』が新潟市マンガ・アニメ情報館にて2021年12月12日(日)までの期間限定で開催中。

     

    中村明日美子がこれまでに手掛けた作品の中から、自らが選んだ原画展示や作品に対する解説、その他貴重な作品資料展示など、作品の世界観や魅力が堪能できる内容となっている。また、20年展巡回締めくくり記念の特別企画として、中村明日美子のオンライントークイベントも12月12日(日)にて開催予定なのでこちらもお見逃しなく!

     

    ©︎中村明日美子/茜新社/太田出版/幻冬舎コミックス/集英社/白泉社/芳文社/リブレ

     

  • ヘドラに特化した『ゴジラ対ヘドラ』公開50周年記念展が渋谷PARCOにて開催

    11.November.2021 | MOVIE / SPOT

    パルコは、ゴジラシリーズ『ゴジラ対ヘドラ』の公開50周年を記念してサイケデリックかつアーティスティックなヘドラの世界観に特化した展覧会を2021年11月12日(金)から11月23日(火・祝)までの期間限定で行う。



    会場には、映像作家「中山晃子」によるサイケデリックな映像、シャンデリアアーティスト「キム・ソンへ」がフィギュアの端材を使用して製作した大型作品を展開しヘドラをイメージした世界を表現。特撮で実際に使われたヘドラのスーツやジオラマ、50年前の撮影時の貴重な写真も展示する。

    また、「伊藤桂司」や「Coin Parking Delivery」等のアーティストが彩色を手掛けた貴重なアーティストコラボヘドラフィギュアの展示・販売、さらに本展覧会限定カラーのヘドラフィギュア「ムービーモンスターシリーズ へドラ (ヘドラ50周年展ver.) 」販売も予定だ。



    ヘドラ生誕50周年を記念した祝祭感あふれるサイケデリック空間へ足を運んでみては?

     

  • 初披露の原画含め約300点を展示!「ハムスター助六の日常展」池袋PARCOにて開催

    07.November.2021 | SPOT

    2021年11月12日(金)より、PARCO FACTORY(パルコファクトリー)にて、日本だけでなくアジアで大人気の「ハムスター助六の日常」の、日本初の大型展覧会「ハムスター助六の日常展」を開催する。

     

    本展は、イラストレーターGOTTEが描く、リアルで微笑ましい「ハムスター助六の日常」の日本初の大型展覧会。 会場では、本展覧会の為にGOTTEが描き下ろした作品や、初披露の作品、過去にSNSで発表された作品などを含む、約300点の原画を展示する。

     

     

    ひまわり畑をイメージした空間で、ひまわりをモチーフとした原画を集めたコーナーも登場するほか、展覧会初となる「助六の部屋」の一部を再現したコーナーでは、作品ができるまでのメイキング映像や、作中にも登場するさまざまなコスプレ衣装を着た助六のマスコットの展示も行う。

     

    会場内ショップでは、複製原画の販売の他、今回描き下ろした作品のアートを使用したグッズも登場予定。

     

    日本初の「ハムスター助六の日常」大型展覧会で、助六にゆるりと癒やされてみては。

     

  • 様々な形態で存在する “語り”を紐解く展覧会「語りの複数性」開幕

    19.October.2021 | FASHION / SPOT

     

    「語りの複数性」会場風景 撮影:木奥惠三

     

    2021109日(土)より、東京都渋谷公園通りギャラリーにて、展覧会「語りの複数性」が開幕スタート。視覚を使わずに見る人、手話を使って話す人がいるように、人の身体の数だけさまざまな形態で存在する 語り。本展では、見えない語りを自分の経験として受け取り、表現するさまざまな試みを描いた作品を通して、訪れる人の想像する力を借りて、鑑賞することがそれぞれの独自の体験として立ち上がる場をつくる。

     

    「語りの複数性」会場風景 撮影:木奥惠三

    「語りの複数性」会場風景 撮影:木奥惠三

    「語りの複数性」会場風景 撮影:木奥惠三

    建築家・中山英之 Photo Takashi Kato

     

    8名の作家による写真、絵画、模型、描譜、映像、音といったさまざまな形態の作品は、全体像を把握するための情報が予めないことが特徴だ。完全に情報が揃っていないからこそ、想像する余地があり、鑑賞者それぞれの想像力によって、同じ作品から複数の、鑑賞者独自の体験が生み出される。

     

    鑑賞者の想像を後押しする展示空間の会場構成を担当した建築家・中山英之は「建物というのは、名前のつけられた、定まった用途を与えられた場所の集まりです。今回の会場構成は、そんなまとまりのなかに、できるかぎりそうではない可能性としての複数の場を、探り当てていくような時間でした。ひとつに思えていた世界が、もしかしたらそれぞれに異なる受容体としての私たちの数だけ、少しずつ違ったかたちで複数ある。この展覧会のそんな想像力に、重なり合うような空間であったらと願っています。」とコメント(一部抜粋)。

     

    目が見える人と見えない人が集まって、バラバラな「見方」を持ち寄ることで、自分なりの写真を見る経験を立ち上げることを目的に、読書会を行った。展示会場では、目が見えない4人が読書会のなかでとらえた川内倫子の写真絵本『はじまりのひ』を、言葉や言葉以外の方法で展示する。

    自分がまだ知らない語りの形を体感してみては?

  • 世界最大の「和紙」限定国際版画展「アワガミ国際ミニプリント展2021」が徳島県で開催

    13.October.2021 | FASHION / SPOT

    1300年の歴史を持つ阿波和紙の啓蒙と継承を目的とし、多様な活動を行う一般財団法人 阿波和紙伝統産業会館が、世界58カ国から集まった1800点を超える版画作品を一堂に展示する「アワガミ国際ミニプリント展2021」を2021年10月9日(土)から11月7日(日)までの期間限定で開催する。

     

    本展覧会は、用いる素材を「A4サイズの和紙であること」とし、版表現を行う国内外のアーティストから作品を公募する国際版画公募展。アーティストの作品発表の場を増やすと同時に、地域住民には世界のアートに触れることで、地場産業である阿波和紙という文化を通した世界との繋がりを感じてもらうことを目的としている。本展覧会は、2年に一度開催され、今回で5回目を迎え、本年は、新型コロナウィルスによる影響で、作品の郵送の遅延など課題のある中でも、総勢1375名もの国内外のアーティストからの応募を受けた。鋭意をもって創作された版画作品を、一堂に展示公開することで、日頃、版画に馴染みのある人ばかりではなく、アートや工芸に関心のある多くの来場者が存分に楽しむことができる見応えある展覧会となっている。


    国内外のアーティストが和紙で表現するアートの世界に触れてみては?

  • ミニチュア写真家・田中達也の展覧会第2弾が広島で期間限定開催

    11.October.2021 | FASHION / SPOT

    世界中から注目のミニチュア写真家・田中達也の展覧会「MINIATURE LIFE展2 ~田中達也 見立ての世界~」が、そごう広島店本館9階催事場にて2021年11月26日(金)から12月13日(月)までの期間限定で開催決定。

     

    会場限定グッズ

     

    トートバッグ

    マウスパッド

     

    国内外で150万人以上を動員、大好評だった「MINIATURE LIFE展」が、さらにパワーアップして帰ってきた。巻き寿司の機関車が線路を走り、クリップが待合室のイスに、レタスは気球で空を飛ぶ…?鹿児島在住のミニチュア写真家・田中達也は、誰もが知っている身近なものを別のものに見立て、ユーモアたっぷりの小さな世界を作り出す。

     

    独自の発想力が生み出す作品とそのタイトルは、思わず「くすっ」と笑えたり、「さすが!」と唸ってしまったりする遊び心満載のものばかり。海外にもファンが多く、インスタグラムのフォロワー数はおよそ320万人!鹿児島から世界へ、ミニチュア・アートを広く発信している。待望の第二弾では新作を含め、選りすぐりの作品約170点が展示され、会場限定グッズや作品で登場するミニチュア人形などを購入することができるのでお見逃しなく。

     

    いつもの日常がユニークな世界に生まれかわる「MINIATURE LIFE展2 ~田中達也 見立ての世界~」をお楽しみに!

     

     

  • 日本を代表する漫画家が参加する漫画展が東京都現代美術館にて開催

    21.July.2021 | ANIME&GAME

    Tokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13のひとつである漫画「もしも東京」展が、2021年8月4日(水)から9月5日(日)までの期間限定で東京都現代美術館にて開催することが決定した。入場無料の事前予約チケットの受付が7月13日(火)より開始した。

     

     

    描き下ろし新作漫画作品の一部イメージ

     

    「TP」より ©浅野いにお

    「Tokyo Sound」より ©石塚真一

    「東京の青猫」より ©松本大洋

    「East East」より ©大童澄瞳

    ※画像はすべてイメージです。企画・展示は変更になる場合があります。

     

    漫画「もしも東京」展は、「ピンポン」「Sunny」の松本大洋、「ソラニン」「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」の浅野いにお、「岳 -みんなの山-」「BLUE GIANT」の石塚真一をはじめ、日本を代表する20名の漫画家たちが“東京”をテーマに描き下ろした20の作品を展示するアートプロジェクト。漫画家が制作した20点の「もしも東京」作品は、“読む東京、歩く漫画”をコンセプトに、東京都現代美術館の地下2階講堂や、中庭等、館内のパブリックスペースも含め展示される。

     

    地下2階講堂では、松本大洋の「東京の青猫」、浅野いにおの「TP」をはじめ、18の小部屋の中の一つ一つが、漫画家の描いた「もしも東京」の世界になる。街の路地のような道を抜けて、漫画のコマのような小部屋の門をくぐると、そこには“まだ見ぬ東京”が並ぶ。中庭の壁面には、石塚真一の巨大な1コマ漫画作品「Tokyo Sound」が、展示される。100を超える東京らしさが描き込まれた作品の中に、あなたの知っている東京らしさを探してみては?また、水と石のプロムナードでは、水の敷かれた屋外スペースに、大童澄瞳の「East East」が展示。空間の奥行きや、水上という場所の特性を活かして表現された、新しいカタチの漫画展示となっている。

     

    新しいカタチの漫画展へ足を運んでみては?

  • 増田セバスチャン×フェリシモのカワイイ三輪そうめんが期間限定発売

    13.July.2021 | FASHION / FOOD

    フェリシモがアーティスト増田セバスチャン×フェリシモとのコラボレーションで展開するKAWAIIでみんなをHAPPYにするプロジェクト「KAWAII COMPANY (カワイイカンパニー)」で販売中の「KAWAII COMPANY 170年の技術が輝く 5つの味のカワイイ 三輪そうめんの会」は、伝統的な手延べ式そうめんに、天然の素材で色や味をプラスする高度な職人の技術で作られたカラフルで美しい三輪そうめん。7月7日の「そうめんの日」にあたり、通販でしか購入できない商品を期間限定・数量限定で店頭購入可能なポップアップを発表し、千寿亭で2021年7月11日(日)から8月31日(火)までの期間中に、手に取って購入することができる。

     

     

    KAWAII COMPANY 170年の技術が輝く 5つの味のカワイイ 三輪そうめんの会

    月1セット 2,420円(税込)

     

    デジタルカタログ「 5つの味のカワイイ 三輪そうめん」

     

     

    KAWAII探訪vol.2 奈良県*三輪そうめん編(後編) https://feli.jp/s/pr210707/5/

     

    奈良県で創業170年以上の歴史を持つ老舗「池利」で作られる三輪そうめんが、カワイく進化。一本一本手のべ式で作られる「池利」の細く美しいそうめんは、ゆでると宝石のように輝き、紫いも、うめ、かぼす、青じそ、あお(プレーン)の5つの香りをふわりと楽しむことができる。パフェのように重ねて“萌え断(萌える断面)”を楽しんだり、いろいろなアレンジができる

    SNS映え間違いなしの魅了的な進化系そうめんは、増田セバスチャンの作品によるKAWAII COMPANYのキービジュアルが5面にプリントしており、金色の箔押ししたロゴが光る奈良の木箱職人手作りのオリジナル木箱入り。

     

    見た目だけでなく、味や伝統にもこだわりを追求するカワイイ三輪そうめんを夏の贈り物にいかが?

    TALENT PROFILE

    増田セバスチャン

    1995年に”Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MVの美術で世界的に注目され、六本木ヒルズ「天空のクリスマス2013」のクリスマスツリーや、原宿の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」の世界時計のモニュメントなどを制作。 2014年に初の個展である「Colorful Rebellion ‒Seventh Nightmare-」をニューヨークで開催し、国内外での知名度を高める一方で、11月には1979年に制作された実写人形アニメーション映画をCGや3D加工、色彩処理した『くるみ割り人形』が初監督作品として公開される。同作品で、ゆうばり国際映画祭「京楽ピクチャーズPRESENTSニューウェーブアワード」を受賞。

  • アーティスト近藤亜樹作品展示会が奈良蔦屋書店にて期間限定開催

    02.July.2021 | FASHION / SPOT

    奈良蔦屋書店では2021年7月1日(木)から7月15日(木)の期間限で、近藤亜樹作品集「ここにあるしあわせ」In NARA TSUTAYABOOKSを開催する。

     

     

    近藤亜樹 作品集「ここにあるしあわせ」

     

    近藤亜樹 作品集「ここにあるしあわせ」特装版

    会場展示予定のドローイング作品抜粋

     

    アーティスト近藤亜樹にとって初めてとなる作品集「ここにあるしあわせ」が2021年3月に出版された。大胆で伸び伸びとした筆致や鮮やかな色使い、ユーモラスで想像力を掻き立てる イメージの数々は多くの人の心を捉えてきた。その一方で、近藤の制作は東日本大震災や身近な喪失の体験を経て、常に独自の死生観のもとに描かれている。

    「ここにあるしあわせ」のモチーフは、生を祝して贈る花、生を労われて贈られる花、彼方へ眼差しを 放つ子供、重なり合う空のコップなど、他者と関わりながらも、個々に明滅する命の姿でもある。 如何なる状況下においても絵画から離れることなく、また悲壮な表現に甘んずることなく、今生きることを力強く肯定する作品を描き続けてきた。

    作品集は、近藤作品の魅力が十分に伝わるよう、デザイン、造本、印刷といったあらゆる面で試行錯誤を重ね、ずっと手元に置いておきたくなるような素晴らしい1冊に仕上がっている。

    また、作品集とともに、「A Hundred Flowers」と題し「花」をモティーフにした描き下ろし作品が、布貼りの特製函に収められた貴重な特装版も部数限定で販売される。さらに、会場では近藤亜樹による生き物をモチーフとした多彩なドローイング作品も、あわせて展示販売する。

     

    関西では初となる展示をお見逃しなく。

  • 刺繡グラフィックのエコバックフェアが期間限定で開催

    14.May.2021 | FASHION / SPOT

    奈良蔦屋書店 が、2021年5月11日(火)から6月17日(木)までの期間限定で「Ball&Chain」フェアを開催。「Ball & Chain」とは、厚手のポリエステル生地を中心としたボディに、刺繍によるグラフィックワークを施した魅力的なエコバック。カラフルでオリジナリティ溢れる大人気のショッピングバッグが勢ぞろいする。

     

     

    「Ball&Chain」は、デザインやプロダクトの力を通して、世の中を元気にしていきたいという想いから生まれたショッピングバッグ。目指したのは、すぐに飽きて捨てられることがないよう高品質なデザイン性と耐久性を持ち、大切に使い続けることができる、本当に持ちたいと思えるショッピングバッグだ。グラフィックデザインをそのまま「刺繍」で表現し、撥水性に優れた厚手のポリエステル素材を使用することで高級感と耐久性を持つショッピングバッグを完成させた。

     

     

    この捨てられることがない地球環境に優しいエコバッグは、デザインの力を通じモノを大切にする気持ちを生み出したいという想いの結晶。「Ball&Chain」のショッピングバッグは、毎日の暮らしをエコでカラフルに彩るファッションアイテムとして、きっと活躍してくれるだろう。また今回のフェアは、定番の[RED LABEL」に加え、新たなモデル「BLUE LABEL」発売のタイミングに合わせての開催となる。最新モデルを楽しみながら、地球環境にも配慮した、本当に持ちたいショッピングバッグを見つけに足を運んでみては?

  • 西日本最大級の金魚ミュージアムがオープン

    06.May.2021 | SPOT

    西日本の金魚三大地として称される奈良県奈良市の複合商業施設「ミ・ナーラ」に、日本最大級となる金魚エンタメ・アクアリウム空間が、2021年4月27日(火)より進化を遂げ、リニューアルオープン。

     

    アクアリウム×パワースポットの「AQUA oasis(アクアオアシス)」

     

    アクアリウム×ディスコの「JAPANESE AQUARIUM DISCO(ジャパニーズアクアリウムディスコ)

     

    JAPONE小路

     

    16世紀初頭の室町時代に、中国から日本へ伝来したといわれる金魚は、日本人の暮らしのなかでも馴染みある観賞魚。なかでも奈良県大和郡山市は、日本最古の金魚養殖地として称されているが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、夏祭りやイベントが相次いで中止となり金魚養殖の需要は減少している。そこで、観光誘致の一環として、奈良県初の常設金魚ミュージアムである複合商業施設「ミ・ナーラ」に、金魚を見せるだけではなく空間全体を楽しめるプロジェクションマッピング、アート、ディスコ、パワースポットを取り入れ、約2倍の面接で500坪となる西日本最大級の金魚エンタメ・アクアリウムとしてリニューアルオープンした。

     

    アクアリウム×パワースポットの「AQUA oasis(アクアオアシス)」や、日本初となるダイヤカットのオリジナル水槽を使ったアクアリウム×ディスコの「JAPANESE AQUARIUM DISCO(ジャパニーズアクアリウムディスコ)などの新しいエリアが誕生。さらに、身近な品種から希少種まで、国内屈指38種類の金魚を観賞することができる。各ルームには、フォトジェニックなスポットがあるので、カメラを持って写真撮影など子どもから大人まで楽しめる癒しの空間となっている。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US