台北で開催中、きゃりーアートワーク展を台湾モデルの紀ト心ちゃんがレポート!

25.August.2017 | SPOT

台湾・台北にオープンした「華山 Laugh & Peace Factory」にて、 きゃりーぱみゅぱみゅの世界観を体感できるアートワーク展『KYARY PAMYU PAMYU ARTWORK EXHIBITION 2011-2016 IN TAIPEI』が開催されています。

開催期間は2017年8月12日(土)〜10月1日(日)の51日間、本展の海外での開催は今回が初めて!

 

kimi8 copy

今回MMN編集部は、きゃりーの台湾コンサートにも遊びに行ったことがある!という台湾の人気モデル紀ト心ちゃんと一緒にアートワーク展『KYARY PAMYU PAMYU ARTWORK EXHIBITION 2011-2016 IN TAIPEI』へ遊びに行ってきました。

 

 

『KYARY PAMYU PAMYU ARTWORK EXHIBITION 2011-2016 IN TAIPEI』では、18枚のCDジャケットビジュアルを中心に、撮影で実際に本人が着用した衣装やウィッグ、CDアルバムに付属のフォトブックの未公開作品などとともに、世界中で話題となったきゃりーぱみゅぱみゅのアートワークを一挙公開。

今回は紀ト心ちゃんと一緒に、展示会の楽しみ方をレポートします。

 

1:カラフルな展示会を堪能しよう♡

kimi1 copy

展示会のどこを切り取ってもカラフルな作品が並んでいます。ポップだけど少しグロテスク、かわいいけどちょっとダーク。

カラフルポップに溢れた作品の中でも紀ト心が選んだのはこちら。自分のコーディネートにピッタリ合った作品を探して写真撮影してみよう!

 

紀ト心:今日の私の服装にピッタリ!展示会の全部がカラフルで可愛すぎる♡

 

 

2:積み重なるクマと遊ぶ

kimi2 copy

立体的な展示も多数用意されている展示会。中でも一番に目を引くのがこのクマたち。紀ト心が開いているドアの向こうには何があるのか・・・?実際に足を運んで確認してみて!

 

紀ト心:今日はちょうどクマちゃんの服を着てるー!このクマたち全部持って帰りたい・・・かわいい・・・

 

3:きゃりーのモノマネをしてみよう

kimi3 copy

変顔だけどかわいらしい。カラフルな衣装に身を包み、色々な表情をしたきゃりーが「これでもか!」というくらい展示されています。

くるくる変わるきゃりーの表情、ぜひモノマネして楽しんでみよう。

 

紀ト心:頑張ってきゃりーの真似をしてみたけど、目が真ん中に行かない涙

 

>>次のページ きゃりーの世界観を堪能!

1 2

TALENT PROFILE

きゃりーぱみゅぱみゅ

高校を卒業した2011年夏に、ワーナーミュージック・ジャパンから、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースによるミニアルバム「もしもし原宿」(8/17発売)でメジャーデビュー。2012年5月に発売した初のフルアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、オリコンデイリーチャート初登場1位、さらにiTunesでも日本総合チャートや世界各国のエレクトロチャートで1位を獲得。その後、自身初となる全国ツアー、日本武道館単独公演、NHK紅白歌合戦初出場と快進撃を続ける。 2013年には、初めてのワールドツアー(8つの国と地域、13都市)を大成功させ、2013年6月に満を持して発表したセカンドアルバム「なんだこれくしょん」は、オリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 そして2014年、2度目となるワールドツアー(11の国と地域、15都市)も大成功で終え、サードアルバム「ピカピカふぁんたじん」は、北南米、欧州、オセアニア、アジア圏など世界4大陸、15ヶ国(地域)で同時発売。2作連続となるオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。そして約3万5千人を動員したホールツアー 「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」(15都市17公演)、さらに自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの からふるぱにっくTOY BOX」(9公演)が大盛況のうちに終了した。 そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US