菅田将暉主演、田村由美原作のドラマ「ミステリと言う勿れ」、Blu-ray・DVDのPR映像を公開

14.June.2022 | MOVIE

2022年8月3日(水)にBlu-rayとDVDが発売される「ミステリと言う勿れ」のPR映像がポニーキャニオンVIDEO YouTubeチャンネルで公開された。

 

「ミステリと言う勿れ」は、2022年1月クールに放送され、TVer再生回数が民放ドラマの歴代最高記録を大きく塗り替えるなどで話題となったミステリードラマ。先日、完成披露試写イベントや、キャスト陣のクランクイン&オールアップ集、菅田将暉、尾上松也、永山瑛太の誕生日をお祝いしたバースデー映像、緊急座談会映像など豪華映像特典の内容が発表された。

 

 

今回公開されたPR映像には、菅田将暉演じる主人公・久能整が発する「なぜ?」「どうして?」や、心に刺さる名言などが散りばめられ、『ミステリと言う勿れ』を見ていたファンにぐっと来るシーンが盛り込まれているので、ぜひチェックしてほしい。

 

@田村由美/小学館 ©フジテレビジョン

RELATED ENTRIES

  • 大人気漫画「君に届け」が実写ドラマ化決定!Netflixにて2023年に全世界独占配信

    09.September.2022 | MOVIE

    大人気漫画「君に届け」が、Netflixとテレビ東京の共同制作にて実写ドラマ化が決定した。主人公の黒沼爽子役を南沙良、風早翔太役を鈴鹿央士が演じ、2023年3月よりNetflixにて全世界独占配信される。

     

    原作は、2006年から2017年まで「別冊マーガレット」(集英社)で連載され、第32回講談社漫画賞(少女部門)を受賞した椎名軽穂の代表作。高校生のリアルで甘酸っぱい恋愛模様が男女問わず人気を集め、アニメ化・実写映画化・ゲーム化など様々なジャンルで魅了し続けている。

     

    本作の監督を務めるのは、「あすなろ白書」や「イグアナの娘」、「僕の初恋をキミに捧ぐ」などの少女漫画原作の恋愛ドラマ、映画を数多く手がけてきた新城毅彦と、「ハローグッバイ」や「望郷」を手がけ実力派として知られる菊地健雄が監督を務める。

     

    大人気「君に届け」の実写ドラマをお楽しみに!

     

  • Eveの楽曲「約束」から生まれた物語のラジオドラマ化が決定

    01.August.2022 | MUSIC

    Eveとアニメスタジオ「CloverWorks」のコラボレーションによって制作され、2020年10月に発表された楽曲『約束』。その後、物語投稿サイト「monogatary.com」での公募により、この楽曲から「色が泳いで、息をした」という物語が生まれた。さらに、その物語を元に脚本が書き下ろされ、声優たちによって新たな命を吹き込まれたラジオドラマ”ガクのネ「Eveラジオドラマ ~色が泳いで、息をした~」”が全4回にわたってニッポン放送にてOAされる。

     

    2020年10月に配信リリースされ、EP「廻廻奇譚/蒼のワルツ」に収録されている楽曲「約束」はアニメスタジオ「CloverWorks」とのコラボによりMVが制作され、新プロジェクト「WonderWord」の1st Music Videoとして、800万回再生を突破。「WonderWord」は、”誰しもの人生に物語があり、そこに共鳴する言葉は音楽となって、アニメーションに帰結する。それをあなたたちと共有し、共に創り、繋がっていきたい。垣根のないクリエイティブの広がり”をコンセプトとして掲げているプロジェクトだ。

     

    ひとつの楽曲がさまざまな色を纏いながら広がった末に辿り着いたドラマの世界を楽しんで。

     

     

  • 菅田将暉・原田美枝子主演 映画「百花」からヴァーチャルアーティストKOEがリアルデビュー

    21.July.2022 | MOVIE / MUSIC

    映画プロデューサー・脚本家・小説家として『告白』『悪人』『世界から猫が消えたなら』『君の名は。』など多数の映画を製作してきた川村元気。映画製作の一方で、数々の話題作を小説家としても生み出してきました。そんな川村が2019年に発表した自身4作目となる小説「百花」(文春文庫刊)。川村自身の体験から生まれたこの小説は23万部を超えるベストセラーとなり、この度、原作者である川村元気自身が監督・脚本を手掛け、映画化。

     

    記憶を失っていく母と向き合うことで、母との思い出を蘇らせていく息子・葛西泉を演じるのは菅田将暉。すべてを忘れていくなか、さまざまな時代の記憶を交錯させていく母・葛西百合子を原田美枝子が演じる。さらに、泉(菅田)と同じレコード会社で働き、初めての出産を控える泉の妻・葛西香織を長澤まさみ、百合子(原田)の「秘密」を知り、「事件」と深い関わりを持つ男・浅葉洋平を永瀬正敏が演じるほか、北村有起哉、岡山天音、河合優実、長塚圭史、板谷由夏、神野三鈴も加わり、日本映画界を牽引する実力派豪華俳優陣が、感涙必至の愛と記憶の物語を描き彩る。

     

    この度、本作の主題歌アーティストが解禁となった。主題歌を歌うのは、劇中に登場する“ヴァーチャルアーティスト”KOE。前代未聞の“ヴァーチャルアーティストによる映画主題歌”となる。

     

    劇中で泉(菅田将暉)と香織(長澤まさみ)が携わる音楽プロジェクト、それは“AI”に<数々の音楽の記憶>を学習させ、理想のヴァーチャルヒューマンアーティストをデビューさせるというもの。そのヴァーチャルヒューマンアーティストこそがKOEなのだ。そんなKOEが“映画のストーリー同様”にデビューする異例のプロジェクトを発表。音楽プロデューサー・Yaffleのプロデュースにより、主題歌「Hello,I am KOE」で現実にデビューする。

     

    『キャラクター』など映画の音楽制作や、藤井風などへの楽曲提供など、今最も注目される音楽プロデューサー・Yaffle(ヤッフル)がKOEをプロデュースし、さらに、新進気鋭のアーティストDoul、この映画のサントラも手掛ける音楽家・網守将平といった一流のクリエイター陣が、本作の主題歌を含むデビューアルバムを手掛けた。実は、5月末より【100日後に世界デビューするアーティスト】としてSNSが開設されており、アーティスト名が不明であるにも関わらず、映画公式アカウントをはじめ出演キャストのアカウントとの相互フォローがSNS上で話題に。今回、正式に2022年9月7日にデビューするヴァーチャルアーティスト・KOEが発表された。

    川村元気監督は今回のプロジェクトに関して、「菅田将暉演じる泉が、目の前で記憶を失っていく母を目の当たりにしながら、仕事においては記憶を集めて作るアーティストと向き合っている。覚えていくことと、忘れていくこと。そのコントラストの中に“人間とは何か”を浮かび上がらせたいと思いました」と述べ、「Yaffleを中心とした気鋭のアーティストたちに“記憶のアーティスト・KOE”を創造してもらいました。主題歌となった楽曲「Hello, I am KOE」はどこか懐かしく、儚く、人の記憶を辿るような美しさに満ち溢れており、映画の世界を何倍にも広げてくれました」と話している。

     

    主題歌を制作したYaffleは楽曲制作時を振り返り、「お題を聞いた時、とても面白そうだと思いましたし、光栄でした。今の時代ならではのテクノロジーとの向き合い方を自分なりに表現しました。」とコメント。さらに「今回のように複数のアーティストで、存在しない1人のアーティストをつくりあげるというプロジェクトは後にも先にも無いんじゃないかと思うので、とても貴重な経験でした。」と語っている。

     

    さらに、本作の主演(*原田美枝子と共にW主演)であり、自身も音楽アーティストとしても活動する菅田将暉からのコメントも到着。楽曲を聞き、「洗練されていながら、何かが欠けているような、何かを探しているような切なさを感じました。記憶を辿る物語がまた何層にも膨れ上がる楽曲だと思います。」と語っている。

    そんなKOEが歌う主題歌「Hello,I am KOE」、美しく透き通った声が印象的な主題歌は、先月解禁となった予告篇の一部に使用されている。

     

    心を震わす「主題歌」と「映画」、そのどちらにも注目してほしい。

     

    ©2022「百花」製作委員会 

  • RADWIMPS、新曲「人間ごっこ」がドラマ『石子と羽男-そんなコトで訴えます?-』主題歌に決定

    12.July.2022 | MOVIE / MUSIC

    2022年7月8日(金)夜10時からスタートしたTBS金曜ドラマ『石子と羽男-そんなコトで訴えます?-』に、RADWIMPSが書き下ろしの新曲「人間ごっこ」を主題歌として提供することが発表になった。

     

    RADWIMPSが民放テレビ連続ドラマの主題歌を書き下ろすのは今回が初。野田洋次郎がドラマのコンセプトに共感し台本を熟読し、『最愛』『MIU404』『アンナチュラル』など数々のヒットドラマを手掛けた、演出を担当する塚原あゆ子氏や新井順子プロデューサーらと打ち合わせを重ね、楽曲を完成させた。

     

    ドラマ『石子と羽男-そんなコトで訴えます?-』は有村架純と中村倫也がW主演するリーガル・エンターテインメント。4回司法試験に落ちた崖っぷち東大卒のパラリーガル・石田硝子と、司法試験予備試験と司法試験に1回で合格した高卒の弁護士・羽根岡佳男。正反対のようでどこか似た者同士の2人が、“カフェでスマホを充電したら訴えられた!”など、人々の生活の中に潜んだトラブルに挑む中で自らのコンプレックスに向き合い成長していく姿をオリジナル脚本でコミカルに描く。

    新曲「人間ごっこ」は今夜10時放送の『石子と羽男-そんなコトで訴えます?-』第1話で初オンエアされ、7月15日(金)からデジタル配信がスタートする。

     

    RADWIMPS・野田洋次郎コメント

    このドラマは爽快で明るくテンポ感のある作品でありながら、今の時代の現実もしっかりと映す役割を果たしたいというお話を塚原監督との打ち合わせでお聞きしました。

    現実に今日本で起きている裁判などの話を聞き、それを頭で反芻する中で歌詞の断片を紡いでいきました。

    この曲がドラマ「石子と羽男」と一緒に育っていってもらえたら幸せです。

    音楽的にもふんだんに挑戦をさせてもらいました。是非週末の入り口に、頭をブンブン振りながら気持ちよく聞いてもらえたらと思います。

     

  • 佐藤勝利主演「赤いナースコール」主題歌に、みゆなの新曲「凝視」が起用

    05.July.2022 | MOVIE

    2022年7月11日(月)午後11時6分から放送される、秋元康が企画・原作を務めるテレビ東京オリジナルドラマ「赤いナースコール」の主題歌に、みゆなの「凝視」が起用されることが発表された。

     

    ドラマプレミア23「赤いナースコール」は、企画・原作 秋元康、主演 佐藤勝利で贈る、病院を舞台にした史上最恐ミステリー&ノンストップラブサスペンス。

    その主題歌に起用された「凝視」は、みゆなの個性的で力強い歌声と曲中に散りばめられたセリフ調の歌詞が特徴の疾走感のあるナンバーで、手に汗握るような不気味さと目まぐるしい展開が、テンポよく繰り広げられた迫力のあるトラックへと仕上がっている。

     

    本楽曲は7月11日(月)に先行配信され、8月24日(水)にリリースされるみゆなの1st Full Album『ガイダンス』にも収録される。

     

    また、みゆなの1st Full Album『ガイダンス』の収録曲・ジャケット写真と新ビジュアルが解禁された。本アルバムには、昨年1年ぶりのリリースとなった9月からの連続配信「神様」「奇術」「頂戴」「甘苦」「秘密」(テレビ東京ドラマ「汝の名」主題歌)に加え、ライブで披露されファンがリリースを待望していたエネルギッシュなナンバー「埋葬」のほか、飾り気のないストレートなサウンドでみゆなの想いを歌った「願い」など、新曲5曲を含む全12曲収録されるとのこと。

     

    さらに、「凝視」の先行配信に合わせ、オンライン会「ありがとう!頑張って5000回凝視したんだね会」などが当たるLINE MUSIC限定キャンペーンが開催されるので、、みゆな公式SNS・オフィシャルホームページをチェックしてほしい。

     

     

    ドラマプレミア23「赤いナースコール」北川プロデューサーコメント

    美しさと繊細さと力強さが共存するみゆなさんの歌声。「凝視」はそんなみゆなさんの魅力が目一杯詰まった楽曲ではないかと、勝手ながら思いました。

    ヒリヒリするほどの曲の疾走感、そして俯瞰的かつ超越的に物事を見つめている歌詞。「病院というクローズドサークルで起きる恐怖と人間ドラマ」という「赤いナースコール」の全体像と、それはもうビックリするぐらい見事に合致しております。ドラマの終盤、或いは盛り上がりどころで流れる「凝視」。必見必聴です。ご期待ください。

     

    みゆな コメント

    このような素晴らしいドラマに私の楽曲「凝視」を選んでくださりありがとうございます。

     

    この楽曲を作るにあたって

    誰かを見つめる

    誰かに見られている

    という関係は時に面倒で、厄介で、

    特別なものなのではないか。

    見つめる先の相手は果たして自分のイメージ通りの人なのか。

    そして見つめられている私は相手のイメージ通りの人なのか。

    半信半疑で過ごしている毎日でも

    「相手のことが好きだから」という、とてもシンプルな糸で繋がれているのではないかなと思いました。

     

    このような感情で作った楽曲が、きっとドラマの内容とリンクする瞬間があると思います。

     

    狂気と愛で満ち溢れた「赤いナースコール」と、私の楽曲「凝視」が皆様の脳に焼き付く瞬間を体感してください。

     

  • 菅田将暉、ミスド新商品「misdo meets BAKE INC. 第1弾」のCMに出演

    05.July.2022 | FOOD

    ミスタードーナツは、株式会社BAKEの焼きたてチーズタルト専門店「BAKE CHEESE TART」、焼きたてカスタードアップルパイ専門店「RINGO」と共同開発した「misdo meets BAKE INC. 第1弾」を、2022年7月6日(水)から発売する。

     

     

    ベイク チーズタルトドーナツ 本体価格230円(税別)

    リンゴ クロワッサンドーナツ カスタード 本体価格210円(税別)

     

    第1弾では「ベイク チョコチーズタルトドーナツ」や「リンゴ クロワッサンドーナツ カスタード」など5種が登場。それに伴い、俳優の菅田将暉が出演する新TVCM 「チョコとチーズがタルってる(リンゴ)」篇(15秒)が同日から全国で放映開始となる。

     

     

    ベイク チョコチーズタルトドーナツ 本体価格230円(税別)

    ベイク チーズホイップ 本体価格180円(税別)

    リンゴ クロワッサンドーナツ レモンカスタード 本体価格210円(税別)

     

     

    今回の新CMでは、新商品のドーナツを菅田将暉が初体験。手に取ったドーナツを不思議そうな目で眺めた後、今まで味わったことのないおいしさに気づき、納得の表情を浮かべるストーリーを通じて、チョコとチーズという意外な組み合わせが楽しめる「ベイク チョコチーズタルトドーナツ」をはじめとした『misdo meets BAKE INC. 第1弾』の魅力を訴求していく。

     

    さらに、「misdo meets BAKE INC.」の発売を記念して、菅田将暉をキービジュアルとしたスペシャルテイクアウトボックス(ドーナツ持ち帰り用ボックス)を、第一弾は7月6日(水)から、第二弾は8月3日(水)からそれぞれ数量限定で提供予定!ファンの方はぜひチェックしてみて。

  • 「推しが武道館いってくれたら死ぬ」が松村沙友理主演で実写ドラマ化決定

    04.July.2022 | MOVIE

    2015年より「COMICリュウ」(徳間書店)にて連載され、累計発行部数は100万部を突破、2020年1月にはアニメ化もされた平尾アウリによる大人気漫画、通称”推し武道”こと「推しが武道館いってくれたら死ぬ」が、ABCテレビの2022年10月クールのドラマL枠にて実写ドラマ化することが決定した。

    岡山県のマイナー地下アイドル”ChamJam”(チャムジャム)の人気最下位メンバー・市井舞菜に人生の全てを捧げる熱狂的ファン・えりぴよを演じるのは、地上波連ドラ初主演となる松村沙友理。元乃木坂46でアイドルだった松村がアイドルオタクをどう演じるのか、注目される。

    監督は、映画『4月の君、スピカ。』をはじめ、同じ名前を持つ女性のかけがえのない友情を描いた大人気コミックを実写化した『NANA』でも好評を博した大谷健太郎氏。『私の夫は冷凍庫で眠っている』、『家電侍』、『私(あたい)のエレガンス』などを手掛ける脚本の本山久美子氏とは初タッグとなる。

    また音楽は日向萌氏、音楽制作はポニーキャニオンと、音楽関連はアニメと同じ制作陣が担当。原作者の平尾アウリ氏も「アニメの雰囲気を好きでいてくださっていた皆様にも楽しんで頂けると思っていますし、ドラマ版では更にアニメとはまた違う楽しみ方ももちろんあるかと思います」と期待を寄せている。

    マイナーで小規模ながらも、ひたむきに活動するアイドルたちと、彼女たちを応援する熱狂的なファンたちのまっすぐで懸命な姿を描いた今作。ドラマ公式サイトが開設され、今後随時情報を発信していく予定。10月放送を楽しみに、ぜひチェックしてほしい。

     

    ©平尾アウリ/徳間書店

     

  • 板垣瑞生、ゆうたろう等出演のドラマ「ニューワールドメイカーズ」がAmazon Prime Video他にて配信決定

    17.June.2022 | MOVIE

    2022年3月まで、定額制コンタクトレンズ『メルスプラン』の20周年を記念し、YouTubeにて全12話が配信されたオリジナルWEBドラマ「ニューワールドメイカーズ」。現代を生きる若者たちのリアルな心理描写がSNS上で大きな話題を呼んだ本作に追加撮影・再編集が行われ、長編作品としてリリースされることが決定した。2022年6月17日(金)よりAmazon Prime Videoをはじめとする、各動画配信プラットフォームで順次配信される。

     

    本作は、新時代を切り開く若者たちの葛藤と成長を描く青春群像劇。本人役として出演する浜辺美波がドラマのミューズ的な役割を担い、劇中で流れる動画がキーワードとなり物語が展開していく。


    メインキャストには、多くの映画・ドラマを中心に活躍が目覚ましい、NEXTブレイク必至の俳優、板垣瑞生。ヒロインにはアンニュイな雰囲気と、憑依系女優として支持される芋生悠を起用。そして、様々な役柄を演じ個性派俳優として注目を集めるゆうたろう、女優として話題作に出演する傍ら、アーティスト・ainoとして歌手活動もする栗林藍希。さらに、注目作への出演が続く三浦獠太、若手ながらいぶし銀の芝居が光る大友一生といった、最旬の若手俳優陣が出演する。そして、不破万作、雛形あきこ、二階堂智、アンミカ、濱津隆之などといった、名バイプレイヤーたちが脇を固める。元作品がWEBドラマとは思えない、本格キャスト陣によるオリジナルの長編作品が完成した。



    監督は『いなくなれ群青』などのメガホンを取った柳明奈氏が脚本・編集も担当。主題歌にはラブソング界の新生児としてZ世代から圧倒的支持を得ている次世代バンド、マルシィの「絵空」を起用し、ドラマチックでエモーショナルなサウンドが作品を盛り上げています。

     

    TALENT PROFILE

    ゆうたろう

    透明感ある中性的で綺麗な顔立ちと独自のファッションスタイルや思考がテレビを中心に話題となり、10〜20代の男女を中心に絶大な支持を集めるモデル。 映画「3D彼女 リアルガール」、「おじゃる丸」実写ドラマ、舞台「笑う吸血鬼」「ひらがな男子」等にも出演するなど、その独特な存在感で俳優としても活動の幅を広げる。

    公式LINE LIVE
    https://live.line.me/channels/488

  • ミスタードーナツ新商品『misdo meets 祇園辻利 第一弾』TVCMに和服姿の俳優・菅田将暉出演

    29.March.2022 | FOOD

    ミスタードーナツは、宇治茶専門店「祇園辻利」と共同開発した『misdo meets 祇園辻利 第一弾』を2022年3月25日(金)から期間限定発売開始。「ポン・デ・リング 生」に祇園辻利の宇治抹茶を練り込んだ「生ポン・デ・宇治抹茶」など、第一弾は4種が登場する。それに伴い、俳優の菅田将暉が出演する新TVCM 祇園辻利「抹茶に、生に、追い蜜に。」篇(15秒)が、全国で放映を開始した。

     

     

    生ポン・デ・宇治抹茶

     

    生ポン・デ・宇治抹茶 黒みつきなこ

     

    宇治ほうじ茶もちふわ わらびもち

     

    宇治ほうじ茶もちふわ ホイップ

     

     

     

    今回の新CMでは、新商品を手に、菅田将暉が凛々しい着物姿で登場。祇園辻利の宇治抹茶を練り込んだ「やわもっちり食感」の新作抹茶ドーナツに、菅田自ら、抹茶と相性抜群の黒みつをかける“追い蜜”を楽しむストーリーを通じて、「抹茶に、生に、追い蜜に。」、おいしさが盛りだくさんの「生ポン・デ・宇治抹茶」をはじめとした『misdo meets 祇園辻利 第一弾』の魅力を訴求していく。

     

     

    インタビュー


    ――新商品「生ポン・デ・宇治抹茶」「生ポン・デ・宇治抹茶 黒みつきなこ」を召し上がった感想をお聞かせください。
    めっちゃくちゃおいしかったです。いつもと違うしっとり感と香りが印象的でした。
    あとは、やっぱり追い蜜。あれはみんな大好きなやつですよね。

    ――「追い蜜」にちなんで、菅田さんは普段、どんな「追い○○」をしますか?
    にんにくとかネギとか、薬味系が多いです。けっこう好きで、ミョウガとかチーズとか、なんでも足しちゃう方ですね。

    ――新商品「宇治ほうじ茶もちふわ わらびもち」「宇治ほうじ茶もちふわ ホイップ」の方はいかがでしたか?
    いや、たまらないですね。普通に買っちゃうと思います。そんなに苦味はなくて、食べた後、ふわーっとほうじ茶の香りがして、すごくおいしかったです。それにしても、こんなスパンで毎回毎回新しいドーナツを出すのって、すごいよなと思いました。お芝居のセリフみたいに、一晩で暗記してできるというものでもないですからね。

    ――抹茶とほうじ茶、普段はどっち派ですか?
    うわ、むずかしい(笑)。両方好きだなぁ。基本的に抹茶味は大好きですけど、でも、ほうじ茶味の方がレアな気がするから、ラテとかチョコレートとか、普段はけっこうほうじ茶系のものを選ぶかもしれません。

    ――ミスタードーナツCMでは初めてとなる“和装”での撮影はいかがでしたか?
    すごく軽くて、気持ち良かったです。スタイリストさんに聞いたら、全部シルクでできているそうで、着心地もいいし、リッチな感じがしました。着物や着流しは持っていますが、普段は稽古ぐらいでしか着ないので、お祭りで、こういうのを自分でサラッと着られると、いいですよね。ちょっと憧れます。

    ――新CMの放映開始頃(3月25日)は、卒業式シーズンですが、20代最後の1年に、菅田さんが今年こそ卒業したいと思っているもの・ことはありますか?
    そっか、20代最後なんですね、俺。そういうこと、考えたことがなかったなぁ。僕らの仕事だと、すごく丁寧に、皆さんが接して下さって、ついつい色々お任せしてしまっていることも多いので、そういうものから卒業しなきゃなと思うことはあります。
    例えば、集合場所へ自分だけで行く時、なんで朝、あんなに余裕がないんでしょうね。もう10分早く起きろよ俺、みたいな。そういう自分は早く卒業しなきゃなと思います。

    ――今年成人する皆さんや春から新生活を迎える学生や社会人の方々に向けて、人生の先輩である菅田さんが、これだけは守っておいた方がいいぞ、と伝えるとしたらどんなことを伝えますか?
    成人すると、仕事以外でやらないといけないことが減ってくるんですよね。だから、プライベートな時間で毎日コツコツなにかをやるとか、ずっとできる人はスゴいなと思います。日々積み重ねられる習慣みたいなものは10代の頃からやっておけばよかったなと思って、去年500円玉貯金をやってみたんですよ。やっぱり一年続けるのは大変で、4万円ぐらい貯まって結局満足したので、もうやってないですもんね。そういう毎日コツコツやれる能力って、本当に大事だなと思いました。

     

    いつも頑張る自分のご褒美に“追い蜜”がたっぷりかかった抹茶ドーナツを堪能してみては?

  • 日本発のコメディドラマ『The Benza』の新シリーズ「The Benza シリーズ2」が世界配信

    21.December.2021 | MOVIE

    インディペンデント映像制作チーム Tokyo Cowboys が制作したコメディドラマ作品「The Benza」の新シリーズ「The Benza シリーズ2」が、2021年12⽉11⽇よりAmazonプライム・ビデオで配信された。 全7話のTVドラマシリーズとしてこの秋に完成。現在第1話〜第4話までが配信中で、 第5話~第7話は2022年3月の配信が予定されている。

     

    今回新たに配信される全7話のコメディドラマ「The Benza シリーズ2」は、2019年に配信された「The Benza シリーズ1」の続編となっており、元は2018年に製作された14分の短編映画「The Benza」をベースにしたもの。その後海外での高い評価を受け、オンデマンド配信を視野にシリーズ作品として制作をスタートした。 本シリーズは現在まで国内外の映画祭において”最優秀作品賞”、”ベストコメディ賞”、”最優秀主演男優賞”を含む32タイトルも獲得している。

     

    オフィシャルトレーラー

     

    ドラマ「The Benza」シリーズも短編映画に引き続き、⽇本の映像制作チームTokyo Cowboysが2019年から制作。 ジャンルは低予算冒険コメディ作品 であり、ユーモア、文化、異次元、アクション、下ネタ、メタ表現など現代らしさを象徴する作風となっている。2021年12月現在、Amazonプライムビデオ、PLEXで世界190カ国以上、8⾔語で配信されている。

  • MIKIMOTO、グローバルキャンペーンに菅田将暉を継続起用し新ビジュアルとショートムービーを公開

    16.December.2021 | FASHION

    MIKIMOTOは、「PASSIONOIR」を身に纏う菅田将暉の新スタイリングビジュアルとショートムービーを、特設サイトにて公開した。また、公開されている「PASSIONOIR」オリジナルムービー最終第6弾と新スタイリングビジュアル及び新ショートムービー「JAPANNED x MASAKI SUDA」のメイキング動画も公開中だ。

     

    「PASSIONOIR」メイキング

     

    新スタイリングビジュアルと新ショートムービーは、俳優、表現者として異なるシチュエーションに対峙する菅田将暉の存在感や、彼しか持ち得ない個性的な空気感を通して、彼が魅せる”情熱”をより深く捉えている。それぞれ4種類ずつあり、12月9日(木)、10日(金)、13日(月)、14日(火)に順次公開された。
    メイキング動画では、ビジュアルの撮影風景や、菅田将暉の“情熱”、「PRESENCE」=”存在感”を捉えるまでの過程に迫る。なお、「PASSIONOIR」オリジナルムービーは、ニューヨーク・東京で活躍するアーティスト6人のそれぞれが持つ“情熱”を捉えた動画となっている。9月22日(水)より6週連続で公開し、10月27日(水)に菅田将暉が出演する最終第6弾の公開をもって完結した。



    「PASSIONOIR」とは、PASSION(情熱)とNOIR(黒)を合わせた造語。真珠の更なる可能性を追求し、真珠がもつ無垢な美と、強さ・神秘・漆黒の世界がひとつになって誕生した。MIKIMOTOとして初めて“黒”の世界観に染まった、これまでとは一線を画すコレクションをお見逃しなく。

  • さなり出演のFODオリジナルドラマ「ギヴン」が地上波放送決定

    19.November.2021 | カテゴリーなし

    18歳ラップアーティストで俳優の”さなり”がメインキャストとして出演するFODで配信中のドラマ「ギヴン」の地上波放送が決定した。
    2021年11月22日(月)24時55分から放送開始、以降毎週月曜深夜に1話ずつ放送となる。

     

     

    「ギヴン」は、4人のロックバンドのメンバーたちを中心に、彼らの恋愛や成長していく姿を繊細に描くキヅナツキ原作のBL漫画で新書館の「シェリプラス」にて2012年ハル号から連載されている超人気作。2016年にはドラマCDが発売され、2019年7月〜9月にフジテレビのノイタミナ枠では初のBLコミック原作のアニメ化として放送、さらに2020年8月にはアニメ映画化。この不動の人気を誇る「ギヴン」がついにFODにて実写ドラマ化し、全6話を配信している。

     

    俳優としての連続ドラマ初挑戦のさなりは天才的な歌唱力の持ち主で、バンドを通してもがきながらも才能を開花していく佐藤真冬を演じる。バンドメンバー4人が限られた時間の中で練習を重ね、リアルに演奏しているライブシーンも見どころの一つ。彼らの恋愛や成長する姿を繊細に描く青春群像劇に、原作ファンもドラマで初めて見た人からも「キュンキュンする」「演奏シーンがカッコいい」など称賛の声が多く、今回の地上波放送が決定した。

     

    ©︎キヅナツキ・新書館 /フジテレビジョン

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US