最恐ホラー体験!USJの『ハロウィーン・ホラー・ナイト』初公開

10.September.2017 | SPOT

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、秋のシーズナル・イベント『ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン』が9月9日(土)に公開されるのに先駆け、9月7日(木)報道陣に初公開した。

main

18時半過ぎに夕闇が訪れると、パーク史上最多・20種類のゾンビが突如として大量発生し、逃げ惑うゲストを襲った。今年初登場となるのは、雨の日だけに姿を現す「海賊ゾンビ」。パークのいたるところにゾンビが溢れかえるありえない光景を目の当たりにしたゲストは、避難するためにSWAT(特殊武装部隊)の指示で退廃した不気味なバスの中へ逃げ込んだ。

 

しかし安心したのも束の間、バスの外にいるゾンビにバスを揺らされ、車内はパニック状態に。パークのいたるところで繰り広げられる、他ではありえない恐怖体験にパーク中が大絶叫で包まれた。

 

体験したゲストは「もう恐くてわけわからない! チェーンソーが恐くておかしくなっちゃいそう。今日から叫んでハロウィーンを楽しみたい!」、「ゾンビと目があったらめっちゃ怖い! わけわからないぐらい叫び過ぎて楽しいし、気持ちいい! ハロウィーンを楽しみたい。仮装もしたい!」と興奮冷めやらぬ様子で語った。

sub1

また、今年初登場のウォークスルー・ホラー・アトラクション『デッドマンズ・フォレスト ~死の森からの脱出~』では、ゲストはパーク内に突如出現した不気味な“死の森”の中へ。そして無数のゾンビたちから逃げ回り、大絶叫しながら与えられたミッションに立ち向かった。約100通りの選択肢の中から“生きるか死ぬか”と思うようなギリギリの感情で脱出を試みる究極のサバイバルホラーを体験したゲストたちは「自分たちで進んでいく道を決めて、またゾンビたちに追いかけられて叫んだり笑ったりしてテンションが上がりました」、「早く脱出したいという焦りと森のリアルな世界に入り込んで、怖さが増していきました。でも最後は脱出出来てスッキリしました」とその恐怖を語った。

sub2

この日はパーク史上最長の新メイズ『トラウマ3 ~最悪監禁実験室~』や『カルト・オブ・チャッキー ~チャッキーの狂気病棟~』も初公開し、ゲストはそれぞれのアトラクションで異なる最恐ホラーに大絶叫。

sub3

『ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン』の『ハロウィーン・ホラー・ナイト』は9月9日(土)から11月5日(日)まで毎日開催される。

 

最恐で忘れられないハロウィーンナイトを体感しよう。

 

■Information

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン:http://www.usj.co.jp/

 

 

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US