恵比寿に“美味しくて楽しい”日本の伝統・割烹料理のお店がオープン!

16.September.2017 | FOOD / SPOT

日本の伝統的な割烹料理を提供する、「割烹 明美」が2017年9月13日(水)恵比寿にグランドオープンする。料理は、和食の老舗「なだ万」で修行を積んだ料理長による本格的な和食がベース。しかし格式張った雰囲気はなく、店構えもお品書きも気取っていないのが特徴だ。和食の王道メニューから少し変わったメニューまで幅広く、食べる前から楽しめる、少し変わった割烹料理となっている。

 

【 メニューの一例 】

 

・島根県産 のどぐろ煮付

 

・黒切大根

 

・ディープ鱚(きす)

 

・A5黒毛和牛”かつべ牛”ステーキ ~煎り酒~

 

なかには目を疑うようなネーミングもあるが、味は格別。どんな料理なのか実際にお店で確認しよう。

Print

割烹明美で使用する食材は、独自のルートで仕入れたものが多くを占める。水揚げ当日にお店に届く活きのいい魚介や、日本酒でほろ酔いになりながら育った「黒龍吟醸豚」など、珍しい食材が数多く扱われる。なかでもイチ押しの食材は、島根県産の黒毛和牛「かつべ牛」。神戸牛や近江牛の100分の1程度の頭数しか出荷されないという、貴重な黒毛和牛。これまで数々の賞を受賞しているが、あまりの貴重さに「幻の牛」とも呼ばれている。

そんな個性的な食材を、季節に合わせて様々なアレンジで楽しむことができる。

 

カウンター以外の席も充実しており、気分やシーンに合わせて楽しみ方を選ぶことができる。まずはスタンダードにテーブル席。グループでの会話も食事もじっくり楽しみたい!という欲張りな人はテーブル席を選ぼう。飲み会だけでなく、デートや接待など幅広いシーンで使えそう。

 

そして、特徴的なのが「半立ち」席。高めの椅子とテーブルで、本格和食をさくっと味わって帰るのにぴったり。仕事帰りや二件目で気軽に立ち寄る時に活用したい。

 

特等席はやはりカウンター。料理長の華麗な手さばきを間近で見ながら食べる料理は格別。時には、料理長から語られる料理や食材へのこだわりを聞きながら飲むことができるのも、割烹の醍醐味。

 

 

どこまでも気取らない本格和食を味わおう。

 

■Information

店名:割烹 明美(あきみ)

住所:東京都渋谷区恵比寿西2丁目11−9 プラネックス ボルタ 1F

営業時間: 17:30~23:00(L.O 22:30)

定休日:9月中は無休

 

「割烹 明美(あきみ)」ティザーサイト

https://kappo-akimi.com/

 

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US