大分魅力を特集!10月開催イベントをチェック

23.September.2017 | FOOD / SPOT

九州・大分県は日本一の「おんせん県おおいた」の名の通り温泉の湧出量、源泉数ともに全国1位。昨年、一昨年とPR動画「シンフロ」も大きな話題となったが、温泉だけにとどまらず、グルメや特産品、観光地などの“味力”や“観力”も豊富。そんな大分県の観光や物産、芸術、文化といった旬のミリョクを紹介。

 

【大分県の観光・体験】

大分県国東半島宇佐地域

sub5 copy

大分県国東半島にある「六郷満山」は2018年で開山1300年。それを記念して九州国立博物館では、神仏習合の発祥の地といわれている六郷満山の謎に迫った特別展を行う。国指定重要文化財4件をはじめとする貴重な文化財なども展示され、中には12年に1回しかご開帳されない仏像(文殊仙寺 文殊菩薩)も含まれる。

▼Information

六郷満山特別展覧会

会期:平成29年9月13日(水)~11月5日(日)全8週間

会場:九州国立博物館 文化交流展示室

 

 

非公開文化財特別公開/ライトアップ&特別イベント

sub4 copy

六郷満山エリアの各寺院では10月28日~12月9日にかけて日没から二時間ライトアップを点灯し、汁物等の振る舞いが行われる。また、期間中は神楽等の伝統芸能公演も開催。

 

 

 

 

 

【秋の行楽シーズンに行きたい大分県のスポット】

言わずと知れた日本新三景の名勝「耶馬渓」「久留島氏庭園」

sub2 copy

中津市の名勝として外せない「耶馬渓(やばけい)」。中心にある「一目八景」は、周囲の岩峰群が一望できる代表的な景勝地となっている。岩肌と紅葉のコントラストは一見の価値あり。

sub9 copy

耶馬渓の紅葉が終わるタイミングとともに見ごろを迎えるのが「御霊(ごりょう)もみじ」。苔むした参道階段の両脇にある紅葉のトンネルと色とりどりの落ち葉の絨毯は、思わず息をのむほどの絶景だ。

sub7 copy

玖珠町の名勝、旧久留島氏庭園(くるしましていえん)。庭園は、1829年に完成されたと言われている。3つの庭園から構成されているので、ゆっくり庭園を散歩しながら、歴史に思いを馳せてみても楽しめそうだ。

 

sub8 copy

大分県と宮崎県にまたがる「祖母・傾・大崩山系」は、美しい景観と、手つかずの自然を併せ持ち、希少動植物の宝庫。四季折々で表情を変えるその独特な景観が、訪れる人々を魅了している。例年、一番の見頃を迎えるのは、10月中旬から10月下旬。自然と人間社会の共生ができているモデル地域として、ユネスコエコパーク(生物圏保存地域)として認定された。

sub6 copy

玖珠郡九重町にある渓谷「九酔渓(きゅうすいけい)」は、2kmも続く絶壁が迫力満点。断崖に広がるのは、九州でも珍しい原生林と、美しい渓谷。高さ173mの「九重“夢”大吊橋」からの眺めもおすすめ。紅葉シーズンは、多くの登山客を迎え賑わっている。

 

 

 

ミニ四駆の愛好家グループが小学生限定レース開催

sub3 copy

日田市のミニ四駆愛好家のグループ「THMFヒタハシリ」が常設コースを市内に開設した。小学生は利用が無料で、地域の子供たちが気軽に集まったり、ミニ四駆を通じて大人と交流したりしている。また、無料配布のマシンで遊ぶイベントも開催。その後も毎週日曜午後2時から『小学生限定レース』開催しており、第2・4土曜日の夜はナイトレースが行われている。

▼Information

小学生限定ミニ四駆レース

場所:〒877-1365 大分県日田市水目町273-1

日時:平日15〜20時、土日祝10〜21時営業、月曜定休

電話:080-1776-1208

 

 

 

【大分県のスポーツ・体験】

いま大分でラグビーがアツい!!

sub1 copy

ラグビー世界一決定戦のW杯が開催される大分では、今ラグビーが盛り上がっている。ジャパンラグビートップリーグ2017-2018シーズンのリーグ戦の第5節が、9月24日(土)に大分銀行ドームにて開催。熾烈な戦いに期待が集まっている。

▼Information

ジャパンラグビートップリーグ2017-2018シーズン リーグ戦 第5節

日時:2017年9月24日(土) 14:00キックオフ

場所:大分スポーツ公園 大分銀行ドーム   大分県大分市横尾1351

URL: http://orfu.jp/?page_id=2095

 

 

大分×熊本 なんでも2倍の「倍旅キャンペーン」実施!

sub10 copy

熊本地震から1年経ち、大分や熊本は復興に向かって元気に営業をしている。そこで、別府と阿蘇が元気も、楽しさも、おいしさも、温泉も、なんでも2倍の新しい旅、「倍旅キャンペーン」を実施。

10月3日(火)には関西エリアにくまモンとめじろんがタッグを組んで登場。JR大阪ステーションシティーアトリウム広場など中心にイベントを実施する。

▼Information

倍旅キャンペーン

電話:097-534-3500

 

 

 

 

【大分県の食・体験】

大阪で大分が誇る焼酎・日本酒が楽しめる宴「大分 蔵フェ酒 2017」

sub14 copy

大阪市北区・ホテル阪急インターナショナルで、“お酒の宴(エン)ターテインメント”をコンセプトに、「大分蔵フェ酒2017」が開催される。

伝統の麦麹による麦100%の本格焼酎、そして蔵元が 丹精込めて作り上げる日本酒。 大分が誇る自慢のお酒をメインに、郷土料理やご当地自慢など、“お酒”を通じて大分県全体の魅力を体感できるイベントだ。

▼Information

大分蔵フェ酒2017

日時:平成29年10月13日(金) 19:00~21:00(受付18:15~)

申込締切:9月25日必着

参加費:3,900円

会場:ホテル阪急インターナショナル 6階 『瑞鳥』 大阪市北区茶屋町19-19

URL:http://www.oita-sake.or.jp/kurafeshu2017/

 

 

かぼすを使ったメニューが味わえる「大分かぼすフェアin GINZA」

main copy

かぼすが旬を迎えるこの時期に、「大分かぼす」を使ったメニューを提供するフェアが銀座で開催される。今年はバーを中心に、日本料理や寿司、フレンチ店等も参加。銀座の一流店によるかぼすメニューを堪能しよう。

▼Information

大分かぼすフェアin GINZA

日時:平成29年9月15日(金)~30日(土)

 

 

食べて、叫んでストレス発散!由布院 牛喰い絶叫大会開催

sub11 copy

今年で43回目を迎える「由布院 牛喰い絶叫大会」。大自然に囲まれた広い牧草地の中で、「豊後ゆふいん牛」をふんだんに使ったバーベキューを楽しんだ後、参加者が各々の思いや叫びたいことを絶叫し、声の大きさや内容の面白さを競う。

▼Information

由布院牛喰い絶叫大会

会期:2017年10月9日(月・祝) 定員/先着600人

参加費:中学生以上3500円、小学生以下2000円

会場:由布市 湯布院町川上 並柳牧場

TEL:0977-85-4464

HP: http://www.yufuin.gr.jp/

 

スケジュール(予定)

◎9時~入場券販売

◎10時30分~入場

◎11時30分~絶叫参加者受付

◎12時~絶叫大会

◎13時~お楽しみ抽選会

◎14時~審査発表・表彰式

 

 

「おおいた豊後牛」のサポートショップ「炭火とワイン」

sub15 copy

『炭火とワイン』は、大阪京都東京に8店舗のお店を展開するお肉とワインの専門店。おおいた豊後牛は体にやさしく、味、風味、食感ともに優れている大分のブランド牛。他にも、きめと柔らかさが特徴の「九重夢ポーク」、ムール貝も大分県産を使用。大分愛を感じられるお店だ。

▼Information

炭火とワイン 京橋店

住所:大阪府大阪市都島区東野田町1-5-1 京阪高架下 Kぶらっと

TEL:050-5570-6706

 

 

 

別府湾が望める、天空の温泉「CITY SPAてんくう」

sub16 copy

JR大分駅降りてすぐ、「JRおおいたシティ」内の日帰り温泉施設「シティスパてんくう」。地上80mという高さにあるため、別府湾や高崎山、鶴見岳の景色が見渡せる。天然温泉は茶色く色付いた「ナトリウム-炭酸水素塩泉」。ツルツルとした浴感があるお湯で贅沢な気分に。

▼Information

CITY SPA てんくう

住所:大分市要町1番14号 JR大分駅直結JRおおいたシティ19F−21F

TEL:097-513-2641

 

魅力が詰まった大分で、素敵な秋を過ごそう。

 

 

RELATED ENTRIES

  • 古民家をリノベーションした1日1組限定宿が新潟県南魚沼市にオープン

    15.July.2021 | SPOT

    デザイン事務所「自遊人」が、1日1組限定、貸し切りタイプの宿「里山十帖 THE HOUSE」を2021年7月に開業する。新潟・魚沼地域に残る貴重な古民家をフルリノベーション。豊かな森と美味しいお米が育つ棚田に囲まれ、眼前には百名山・巻機山の絶景が広がる。誰にも邪魔されることなく、プライベートな空間で、雪国の暮らしを堪能することができる。第一弾として開業するのは、南魚沼市の泉盛寺という棚田が広がる集落に佇む「IZUMI」。

    絶景を望む露天風呂

    リビングルーム

     

    築150年の古民家をフルリノベーション。豪雪に耐えてきた立派な梁や柱。「おえ」と呼ばれる囲炉裏の間を囲む、柱や差し鴨居は総欅という、この地域でも貴重な建物だ。今では保存樹木や保存樹林になっている欅の巨木を切り出して、何十年も寝かせて乾燥させた上、製材して建てられた古民家となっている。そして囲炉裏の間に大家族が集う昔の生活に、想いを馳せて欲しいとの思いが込められている。

     

    南魚沼のなかでも特に美味しいお米ができると言われているのが西山地域。なかでも「IZUMI」の建つ場所は、西山でも特別な樺ノ沢地区を眼下に望むことができる。そして、昼夜の寒暖差、豊かな水、地形、土、その全てを「IZUMI」から確認することが可能となっている。特に重要なのが昼夜の寒暖差だが、この寒暖差と盆地地形が「雲海」を産み出す。

     

    「IZUMI」は棚田が連なる田園集落の丘に建ち、まさに雲海ハントに絶好のロケーションに位置する。壮大な景色を独り占めできる露天風呂が作られた。ちなみに、南魚沼の雲海出現率は日本有数で、秋と春には70%以上の確率で雲海が現れる。

     

    貴重な古民家が解体されるいちばんの理由は「寒さ」と「暗さ」。「古民家を守ろう」と声高に叫んでも、実際に住んでいる人々は「現代住宅に住みたい」と思っている。そこで古民家の典型的な間取りをほぼそのままに、現代でも暮らしやすい住宅としてリノベーションした。里山十帖同様、今後100年以上使えるように、躯体はもちろん、土台から根本的に修繕した。特に古民家の弱点「寒さ」については、現代の断熱技術を取り入れて完璧に克服し、しんしんと降る雪を眺めながら、真冬でも快適に過ごすことができる。雪国らしい古民家の風情はそのままに、洗練された北欧家具を設え、モダンな空間へと生まれ変わった。

     

    夕食の選択肢は3つ。1つ目は「ミシュランガイド新潟2020」で一つ星を獲得した里山十帖内の「早苗饗」での夕食。2つ目は周辺に点在する「ミシュランガイド新潟2020」でビブグルマン、ミシュランプレートを獲得した店へ。3つ目は自分で調理する。すぐ近くに道の駅があるので、地元の食材で料理を楽しむこともできる。

     

    日本百名山の巻機山、霊峰八海山など、標高2,000メートル前後の上越国境の山々を望む絶景露天風呂が用意されている。コンパクトながら小窓から壮大な景色を望む内湯も登場。夜には満天の星空を眺めながら温泉に浸かることができる。塩分を感じる温泉は、すぐ近くに湧出する「越後ゆきぐに温泉」と言う源泉で、宿泊施設として入浴できるのは「里山十帖 THE HOUSE」だけという貴重な温泉でもある。また、夕食を里山十帖で食べる人は、里山十帖の「湯処 天の川」にも入浴いすることができる。2つの異なる温泉で日々の疲れを癒してみては?

  • コロナ禍の酒蔵をサポートする日本酒文化応援プロジェクト始動

    22.June.2021 | FASHION / FOOD

    東京に集まる面白いモノやコトを「オンライン商店街」という形で販売するアーケードトーキョーが、コロナ感染拡大による飲食店休業の影響で出荷と消費が激減し、今後危機的な状況に置かれる可能性がある日本酒とその文化継続の一助となるためのプロジェクト「WAX&WANE(ワックス・アンド・ウェイン)」を立ち上げた。

     

    それぞれの個性が光る、12の酒蔵が大切に造った12種類の日本酒をラインナップ

     

    その日の気分に合わせて選んで楽しめ、日本食以外の様々な料理にペアリング可能

     

    各日本酒の個性を表す手ぬぐいパッケージ

    本プロジェクトは、参画した全国12の酒蔵によって造られた他では飲めない限定の日本酒を返礼品として、2021年6月10日(木)よりクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて支援受付を開始する。全国の12酒蔵と連携して日本酒の新たな価値提供を実現するブランドを生み出し、日本酒文化を未来に残し、日本が誇るべきプロダクトとして日本酒を世界に広める事を目指す。

     

    多くの人に日本酒を手に取ってもらうきっかけとなる様に、各日本酒の個性を表現したタイダイ染の手ぬぐいを作り、これをパッケージとして使用している。日本酒の味わいや、作り手の人柄から受けたインスピレーションをもとに、様々なストリートブランドに作品を提供しているタイダイ染クリエイターのYUKIDYEによるデザイン。

    日本酒文化応援プロジェクトにあなたも参加してみては?

  • 幻想的な光に包まれる「山中温泉・吉祥やまなか」の蛍鑑賞ツアー

    07.June.2021 | SPOT

    「吉祥やまなか」は、2021年6月15日までの期間、蛍鑑賞ツアー付き宿泊プランを発売する。

     

     

    北陸随一の渓谷美と謳われる鶴仙渓、大聖寺川沿いに佇む加賀コンシャスな湯宿「吉祥やまなか」。「ミシュランガイド北陸2021特別版」旅館部門では、三ツ星(非常に快適)を獲得している。

    そんな「吉祥やまなか」が、初夏の風物詩ほたる鑑賞ツアーをスタート。ほたる鑑賞スポットへの無料送迎や、金箔煌めく「ほたるカクテル」などのおもてなしが用意される。

     

    ゲンジボタルが舞い自然が奏でる幻想的なイルミネーション、感動の光景を楽しもう。

  • ホロライブ所属VTuber雪花ラミィプロデュースの日本酒誕生

    02.June.2021 | ANIME&GAME / FOOD

    「ホロライブ」の所属VTuber「雪花ラミィ」が、「自身の手で日本酒を造る」という夢を実現するため、明利酒類の全面協力の元で2021年2月に立ち上がった「ラミィの日本酒づくりプロジェクト」。「雪夜月」という、世界でここでしかない、最高峰の大吟醸となってついに発売される。

     

    「ラミィの日本酒づくりプロジェクト」は、ホロライブ5期生の雪花ラミィが、江戸時代から続く酒蔵である明利酒類の全面協力の元、原料米や精米歩合、酵母、アルコール度数に至るまで全てイチから考え抜き、茨城県水戸市の蔵で自らの手で日本酒をつくる、という全く新しい、チャレンジングなプロジェクト。

     

    世界最大の日本酒・ワイン品評会のIWC2020年 SAKE部門で 金賞を獲得した「副将軍 大吟醸」をベースに、 麹米に山田錦、掛け米に美山錦を取り入れることで、 淡麗辛口でありながら、 フルーティで華やかな吟醸香を表現した、最高峰の大吟醸。ボトルには、雪花ラミィが敬愛するイラストレーター肋兵器が描いたデザインを用いて、パッケージは、漆黒の夜に月が輝く雪夜月をイメージし、ブラックとシルバーを基調にしている。

     

    雪花ラミィがつくる世界観とともに、 奥深い日本酒の味わいをお楽しみに。

  • 東北に伝わる幻のどぶろく製法を再現したお酒が数量限定販売

    01.June.2021 | FOOD

    haccobaが2021年2月に立ち上げた酒蔵「haccoba -Craft Sake Brewery-(ハッコウバ)」から、初の一般販売商品が登場。東北地方に伝わる幻のどぶろく製法 “花酛” を再現したお酒「はなうたドロップス」を、2021年5月24日(月)より数量限定で販売開始。

     

    はなうたドロップス

    ©︎ Puddle Inc.

    東洋のホップ「唐花草(カラハナソウ)」

     

    haccoba のつくるお酒は、米や麹をつかう日本酒の伝統製法はそのままに、発酵過程でフルーツやハーブを加えるなど、自由な醸造スタイル。かつて各家庭で醸造を楽しんでいた日本の発酵文化の源流にもとづき、お酒をつくる楽しさを分かち合う。今後、ビールの原料であるホップと日本酒の伝統製法をかけ合わせたお酒を、メインプロダクトとして展開していく。

     

    かつて各家庭でどぶろくづくりを楽しんでいた時代に行われていたとされる幻の製法、“東洋のホップ” と言われる「唐花草(カラハナソウ)」を用いて、まるでビールのような製法でつくられるどぶろく。「はなうたドロップス」は、東北地方に伝わるどぶろく製法 ”花酛”(はなもと)を再現したお酒となっている。お米がもつ和三盆のような甘みを引き出す黄麹に、レモンのような酸味が特徴の白麹をブレンドし、甘酸っぱい味わいに仕上げた。発酵由来の自然な発泡感もあるため、爽やかに飲むことができる。

     

    お米と麹と唐花草、素材のピュアな味わいを堪能してみては?

  • 埼玉県温泉銭湯で本物のアヒルが登場するリアルなお風呂登場

    01.June.2021 | SPOT

    昭和レトロな埼玉県の温泉銭湯 玉川温泉が、温泉道場10周年を記念したイベント「おふろ万博」の一環として本物のアヒルによる「リアルアヒル風呂」を2021年5月29日(土)から土日祝日に開催する。

     

    これは玉川温泉玄関前に設置されたレトロなタイル浴槽で遊ぶアヒルの様子を来館したゲストが鑑賞するというもの。玉川温泉では土日祝日におもちゃのアヒルをお風呂に浮かべる「アヒル風呂」を開催しているが、今回、支配人の新井が温泉道場の行動指針《「本物」を届ける》をもとに、「おもちゃではなく、本物のアヒルとの触れ合いを」という想いから企画。自宅でアヒルを卵から孵化させることに挑戦し、誕生した2羽のアヒルがこのたび玉川温泉デビューする。アヒルはまだ小さいため、現状ではイベント開催時間は明確にされていないが、アヒルたちの成長を一緒に見守ってほしいとの思いで開催される。

     

    ここでしか体験できない「リアルアヒル風呂」をチェックしてみては?

  • 【松山の魅力を知る vol.4】 一度は訪れたい日本の名湯「道後温泉本館」と「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」

    27.May.2021 | FEATURES / SPOT

    国の重要文化財にも指定されている道後温泉本館

     

    道後温泉別館 飛鳥乃湯泉は飛鳥時代の建築様式を取り入れた湯屋がコンセプト

     

    松山の中心・大街道に観光案内所「愛媛・松山観光インフォメーションセンター」が5月27日(木)、誕生します。ショッピングにグルメ、レジャー、そして歴史文化もそなえる松山の魅力を、今回もしもしにっぽんは観光案内所のオープンを記念して松山の魅力を短期連載でお届けします。松山の新しい発見とともに面影に触れてみてはいかがでしょうか。第4回目となる今回ご紹介するのは、これも松山観光には外せない道後温泉です。

     

    日本最古の温泉として有名な道後温泉本館は、道後温泉駅からおよそ250m続く道後商店街の中を歩いていきます。道後商店街は「道後ハイカラ通り」の愛称で親しまれており、明治ロマンを感じることができます。道後温泉本館は、道後の中心にある温泉施設で、木造3層の造りが珍しく、1994年に日本の公衆浴場として初めて国の重要文化財に指定された以降も未だ現役の公衆浴場として営業を続けています。

     

    そして、120年を超える道後温泉本館を次の世代へ受け継ぐため、2019年1月より保全修理工事が開始されました。重要文化財の公衆浴場を営業しながらの保全修理工事はなんと日本初となります。

     

    約7年間にわたって行われる工事ですが、その期間中にしか体感することができない特別なコンテンツを「道後REBORNプロジェクト」として展開しています。日本を打表する漫画家・手塚治虫氏がライフワークとして描き上げた「火の鳥」が、道後温泉の再生の物語を見守っているのです。ライトアップやオリジナルアニメーション、プロジェクションマッピングなど、今しか見ることができない道後温泉は魅力たっぷりです。

    (新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、プロジェクションマッピングは2021年5月31日まで休止中。)

     

    120年以上続く歴史ある道後温泉本館と、そして飛鳥時代の建築様式を取り入れた湯屋がコンセプトの「新湯」道後温泉別館 飛鳥乃湯泉は、2017年にオープンしたばかり。道後温泉本館と同じく、全国でも珍しい加温も加水もしていない源泉かけ流しの「美人の湯」を満喫することができます。

     

    道後温泉本館と道後温泉別館 飛鳥乃湯泉をつなぐ道後商店街は、「道後温泉駅」から道後温泉本館を結ぶL字型のアーケード。屋根があるため、雨に濡れずに道後温泉本館まで辿り着くことができます。両側に並ぶ約60の商店の中を浴衣姿で歩いてみれば、道後の雰囲気を丸ごと楽しめます。明治ロマンを感じさせる道後商店街を訪れ、古き良き時代にタイムスリップしてみてはいかがでしょう?

  • 北海道函館市に津軽海峡が一望でき歴史的な名湯を誇るホテル新誕生

    16.May.2021 | SPOT

    コアグローバルマネジメントが、「函館湯の川温泉 海と灯(うみとあかり)/ヒューイットリゾート」を2021年7月1日(木)より開業する。当ホテルの開業にあたり、書家の金澤翔子がホテル名「函館湯の川温泉 海と灯」の揮毫を担当した。

     

    大浴場・天海

    ブッフェレストラン「月舟」

    和食処「雲波」

    畳風呂

    焚火イメージ

    客室一例

    客室一例

     

    北海道三大温泉郷のひとつに数えられる名湯、湯の川温泉。江戸時代には後に松前藩藩主となる松前千勝丸、幕末には旧幕軍の総裁である榎本武揚も湯浴みをしたと言われるこの名湯を持つ「函館湯の川温泉 海と灯/ヒューイットリゾート」は、古き良き函館湯の川を感じることができる温泉リゾートホテルとなっている。

     

    屋上では雄大な津軽海峡を眺め、夜にはホテル名「海と灯」の由来である、津軽海峡に浮かぶ月と漁火の灯に包まれる癒しのひとときを演出する。歴史ある名湯で癒しのひとときを過ごしながら、函館の地酒で月見酒を楽しむことができる。また、日本では珍しい畳風呂も有しており、足元を気にすることなく子供から高齢の人まで安心して利用できる。目の前に広がる雄大な海峡を朝、夕、晩。それぞれの景色をインフィニティならではのスケール感で体験してみては?さらに、ホテルの庭園ではスタッフが毎日焚火をたいてゲストを出迎え、温かい甘酒やお団子を提供し、朝にはプチ朝市が開催され地元のお土産などを購入することができるのでこちらもお見逃しなく。

     

    津軽海峡に浮かぶ月と漁火の灯に包まれるホテル「海と灯」へ足を運んでみては?

  • 磐梯山温泉ホテルで会津の伝統行事「赤べこ夏祭り」開催

    11.May.2021 | SPOT

    福島県磐梯(ばんだい)山麓に位置するリゾートホテル「星野リゾート 磐梯山温泉ホテル」では、2021年7月10日(土)から8月31日(火)までの期間中、会津の文化を楽しく体験できる「赤べこ夏祭り」を開催する。

     

    「赤べこ夏祭り」4つのポイント

     

    1会津文化に楽しく触れる屋台

     

    赤べこ射的

    赤べこサンバイザー・お面づくり

    わたあめづくり

     

    赤べこは、福島県会津地方の郷土玩具。「べこ」とは東北地方の方言で「牛」という意味である。赤べこ夏祭りでは、会津文化に楽しく触れられる屋台が並ぶ。赤べこの形をしたゴム鉄砲を使った「赤べこ射的や」、赤べこサンバイザー・お面づくりなど、会津の郷土玩具をテーマにした屋台や、会津地域で作られているご当地飴を使った「綿あめづくり」で、「会津山塩飴」や「市あめ」など好みの飴を選ぶことができ、子どもから大人まで楽しむことができる。

     

    2 野外の会場で磐梯山を望みながら踊る「会津磐梯山」

    民謡「会津磐梯山」は、古くから「盆踊り歌」として歌い継がれていた曲に囃子(はやし)言葉を加えてアレンジされもの。「ちょいさ」や「えんや」といった軽快な掛け声とともに輪になって踊る。祭りのフィナーレには、会場に設置されたやぐらの上で、地元の民謡歌手が歌と囃子の生演奏。ゲストは、歌詞に出てくる磐梯山を望みながら、やぐらを囲んで踊る。

     

    3 踊りに欠かせない「うちわ作り」

    無地のうちわに赤べこや起き上がり小法師など会津にちなんだ絵柄のスタンプを押し、オリジナルの絵柄のうちわを作ることができる。

    ※起き上がり小法師は、福島県会津地方に古くから伝わる縁起物・郷土玩具の一つである。

     

    4 親子おそろいの半被を貸し出し

    赤べこが描かれたオリジナル半被を貸し出しする。半被は子ども用もあり、親子おそろいの衣装で参加でき、お祭り気分を盛り上げる。

     

    会津では、7月から9月中旬にかけて各地で夏祭りが開催され、屋台が並び、会津磐梯山を踊る。この夏祭りは「お日市(おひいち)」と呼ばれ、古いものでは400年以上前から続くといわれている。当館では、会津で古くから親しまれているお日市をヒントに、「赤べこ夏祭り」を開催し、会津文化に楽しく触れることができる。

     

    会津の伝統的な夏祭りをホテルで堪能してみては?

     

  • 山形県の田んぼに浮かぶホテルにサウナが登場しリニューアルオープン

    08.May.2021 | SPOT

    田んぼに浮かぶホテル「スイデンテラス」が、これまで以上の環境の充実と癒やしの体験を目的にサウナを新設し、天然温泉・フィットネスを含む施設であるスパ棟を、2021年4月29日(木・祝)にリニューアルオープンした。また、開放的なテラスで行う朝ヨガや、レストランでは自社栽培野菜を使用したヘルシーなメニューを準備するなど、新たにスパプログラムも登場。

     

     

    本格的なフィンランド式サウナ

    新設されたサウナは、県内ホテルでは初となる、セルフロウリュを備えた本格的なフィンランド式。ロウリュとは、 熱したサウナストーンに水をかけて水蒸気を発生させることにより、体感温度を上げて発汗作用を促進するサウナ入浴法だ。本サウナでは、ヒバの香りを感じることができるアロマ水を使用している。

     

    サウナの特徴


    男性用サウナ

    建築に合わせた六角形のデザインが目に留まる男性用サウナは、天井の木屋根、天窓、椅子、水風呂まで、六角形で統一された、まさにデザイナーズサウナ。サウナ室内の椅子は一部可動式となっており、好みの温度や高さに合わせての調整が可能だ。サウナ室内からは、のどかな田んぼの風景も望め、露天風呂と一体となった外気浴スペースでは、水風呂後のととのいタイムを楽しむことができる。

     

     

    女性用サウナ

     

    紙管を模したベンチが特徴的な女性用サウナは、さくらんぼやラ・フランスなど、山形県産の果樹で製作したウォーリュ(ウォール(壁)でロウリュすること)を設置。パネルに水が自動で流れる事によって、水蒸気とともに木の香りがサウナ室内に広がる。じっくりと汗を流した後は、お待ちかねの水風呂と外気浴を堪能し、眼前に広がる水盤と空を眺められる開放感は、まさに自然との一体感を経験することができる。

     

    湯あがりにはバー・ラウンジへの立ち寄るのがオススメ。県産の地ビールや、地酒とワインの飲み比べ、フルーツジュースに、ジェラートを味わいながら、隣接するライブラリで「一冊一献」「整える」など、7つのテーマに沿った1,000冊の本を読むことができる。読書に没頭したりソファでのんびり寛いだりと、思い思いの時間を過ごしてみては?

     


    さらに、フィットネスやマッサージに加え、6月からは、田園風景が目の前に広がる開放的なテラスで、朝ヨガがスタート。レストラン「MOON TERRASSE」では、今回のリニューアルに合わせ、ヘルシーなメニューが誕生。有機農業に取り組む自社栽培の野菜と、地域食材を使用した料理やドリンクを味わうことができる。また、これらの癒やし体験を堪能できる宿泊プランも登場した。

     

    田んぼに浮かぶホテルの中で、心と身体を癒やす時間を過ごしてみては?

  • 熱海の自然の中で心身を整える特別温泉宿泊プラン登場

    22.April.2021 | SPOT

    温泉宿SOKI ATAMIが、資生堂のスキン&マインドブランド BAUMとのコラボレーションで、新緑シーズンに合わせたイベント「SOKI ATAMI × BAUM 〜新緑と養生〜」を2021年5月1日(土)より開催。4月14日(水)より、SOKI ATAMI公式サイトにて特別宿泊プランの予約受付を開始した。

     

    予約先着100名限定BAUM ギフトバッグ

    樹木など自然の香りでより深いリラックスを楽しめる、サシェ作り

    星空の下でキャンドルナイト

     

    今回のイベントでは新緑の鮮やかな季節に合わせ、樹木を取り入れた養生を提案。特別宿泊プランは、熱海の奥座敷に位置するSOKI ATAMIの中でも、周辺の新緑をより感じることのできるヒバの半露天を備えた山側に位置する「フォレストツイン」にて用意され、樹木の恵みを感じるBAUMのハイドロ エッセンスローションをはじめとするアメニティを楽しむことができる。さらにイベント期間中は館内にて、樹木の香りを楽しめるサシェ作りや、キャンドルナイトなどが登場する。SOKI ATAMIは、熱海の土地で湯治の文化や食を感じながら、心身ともに養生できる現代の湯治宿だ。新緑がまぶしく、爽やかな風が吹く季節だが、五月病や梅雨などで心身の不調の出やすい時期とも言われている。今回のイベントを通して、ストレスや緊張を和らげる樹木の香りと、リラックスや安眠効果、発汗してデトックス効果があると言われる温泉入浴との相乗効果で、季節の養生を体験して欲しいと考える。

     

    今回の特別宿泊プランでコラボレーションするBAUMは、樹木の「貯水」「成長」「環境防御」に着目することで、肌本来の力をサポートし心身ともに満たされることを大切にしているスキン&マインドブランド。都会の喧騒から離れた自然の中で、心身ともに整える体験を届けたいとの想いや世界観が一致し、本企画が実現。さらに、予約先着100名限定で「誰もが心地よくサスティナブルな活動と共にあることを感じてもらえるように。普段使いもできるように」とつくられた、BAUM ギフトバッグがプレゼントされる。

     

    最上階の茶寮では、檜を使ったサシェ作りが体験可能となっている。檜のチップにふりかける蒸留水は、天竜材の端材や里庭で取れたハーブなどを自家蒸留して作った自然由来の香りに加え、イベント期間中は、湖畔の林に吹く風のような清々しい香りをイメージしたBAUM アロマティック ルームスプレーが登場。檜の安眠・鎮静効果と、樹木など自然の香りによる深いリラックスをお楽しみに。また、立夏と夏至の時期には、特別イベントとしてBAUMのアロマティック キャンドルを使用したキャンドルナイトを実施する。当日は会場となる最上階の茶寮の電気を消し、キャンドルの光だけで熱海湾の夜景と星空を眺めらながら、林浴のように穏やかで清々しい香りとともに、心を整える空間を堪能することができる。

     

    自然に恵まれた空間で心身を癒しエネルギーチャージしてみては?

     

  • JR千葉駅にて日本酒プレミアムラウンジがオープン

    12.April.2021 | FOOD / SPOT

    昨年秋、ペリエ千葉えきうえひろばで好評を得たイベント「一献風月」が、たくさんの要望に応えて、ペリエ千葉 チバコトラボ3Fに、2021年4月28日(水)より常設オープンすることが決定。空港ラウンジのように過ごせる落ち着いた空間は、旅の始まりや日常に上質なひとときをプラスする。

     

    CHIBASAKE.COM SHOP with PERIE Onliine SHOP

     

     

    スマートフォンやタブレットを活用したお酒選びや購入が可能な、県産日本酒のセレクトショップが、同時オープン。ラウンジで気に入った銘柄の購入や、ここでしか買えないCHIBASAKE.COMオリジナルの限定酒、RIEDELの純米グラスをはじめ酒器や地域産品の肴などが勢揃い。また、日本酒の豊かでふくよかな「うまみ」を味わってもらうために、創業260年ワイングラスの老舗RIEDEL社が8年かけて開発した純米酒専用グラスで、サービスを提供する。更に、イタリアンレストランEST! Prossimoが、千葉県産食材や、千葉県産酒を用いたオリジナルメニューを開発。千産千消型イタリアンとのマリアージュを堪能することができる。

     

    大人のためのラウンジで旅をスタートしてみては?

     

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US